« 浦和レッズ・リーグ優勝!...か?(笑) | Main | 明日は鹿狩り!<鹿戦前夜 »

October 22, 2004

ナビスコ杯2004・決勝チケ争奪戦について一考

[浦和のシーチケのこと]

えー、12000席の浦和シーチケ保有者は超プラチナチケット・ナビスコ杯決勝2004「浦和vsFC東京」の購入券が与えられたようです。

…ぐふっ(吐血)

こう書くからにはわたくし、シーチケ、持っておりません。順番待ちのグループに入っておりますが、まだご縁には恵まれておりません。10月中旬に事務局から来た案内によれば、来年はもう少し割り当てが増えるようですが、まぁどうかな。祈るけれど。継続の意思表明もしたし。

シーチケもわたしにとって必要なのはぶっちゃけ週末の駒場戦のチケットで、キャパが6万以上の埼スタでやるようになれば、そうそうチケット争奪戦が繰り広げられることもないはずだし、埼スタなら埼スタセットチケでシーチケと同じ値段でふつーに手にはいるから!

…別にチケットが浦和柄の特殊仕様で萌えるとか(笑)、ぶちゃけA席が1枚2000円だろうが1800円だろうが、その200円くらいはどってことないんですよ、買えるなら。えぇ。…そりゃーね、積もり積もれば20万が18万とかなるわけですが(汗)。あと、人によっては入退場でこちらを向いてくれるSSでないとヤダ、そのためになら高いチケ代もいとわない!というカーストの高い方々もいらっしゃるかもしれませんが、わたしはA席で十分です、はい。

さて、問題はこのシーチケ保有者はシーチケ以外のチケットも時に優先的な購入が可能であるということ。

わたしもあるアーティストのファンクラブに入っていますから、手に入りにくいライブのチケット入手の時とか、その恩恵に浴しています(^^)。普段から熱心に応援しているファン、朝の抽選に並んで備えるサポが優遇される、それだけ見たら別におかしいことでもないんです。また、最初からシーチケを入手できた方は弱いあの時代から席を確保し、またキャンセル待ちの末見事シーチケとゲットされた方はホームゲーム皆勤!は当たり前~のはずで(基本的には)、フロントにとってもありがたい存在であるはずです。文句言うつもりはないです。反論する余地ありませーん(断言)。

でもね…

わたし、シーチケの保有者ではないんですが、2004年2ndのシーチケは一面識もないあるサポから譲ってもらったんですよ。詳細は書きませんけれど、諸般の事情により、席取りが必要な自由席で見ることがしばらく出来ないので、売りに出しました、とのこと。


・で、A席のシーチケ定価通り、14400円払いました。
・争奪が難しかった駒場のチケ2枚もとれて「らっき~」と喜びました。

でもね…

このように金銭的負担なくシーチケの権利をある程度継続的に保有したまま、入手の難しいチケットだけゲットって言うのはありなんでしょうか?

シーチケ譲ったからその期間のそのほかの優先チケットもどうぞ!なんていうありがたいお方はいるんでしょうか?…譲ってもらったわたしには当然そんな連絡は来ていないっすよ(いるわけねーって(笑))。

…シーチケだけゲットしたんだから満足すればいい?そういうもの?

だって、浦和のシーチケの権利を1度手放したら、いつまたその権利を手に入れられるかわからない!

2度と手に入らないかもしれない……

そういう人が継続の通知?が来た時に

そう易々とシーチケをキャンセルするわけがない(汗)


そりゃ半期毎に売り先探すよな、わたしも同じ立場ならきっとそうするよ!<ばこっ


すべては浦和の駒場のキャパが小さく、チケの絶対数がなかなか増えないと言うところに起因すると思うのですがぁ。


…なんか釈然としないなぁ(現在・ナビスコチケ争奪戦・負け組所属)。


[シーチケ保有者への優先販売に関する微妙に黒い噂]


「浦和戦のチケなら定価の数倍でも売れる」というのが定説なのでしょう。

おかげで行く気もないチケットゲッターがわらわらわらわら…鬱陶しくてしょうがない。にしても売り出し直後からAuctionに並ぶってなんなんだよ#ふざけんなよなーって。

しかもそれを買うバカがいるし(<そっちもむかつく)。

わたしは今、ナビスコ杯チケを持っておらず、ちょっとコネを使って手配できないかとは模索中ですが、過去2回とも、そして今回もコネで手に入れようとしているSamemoon!としてはあまり説得力に欠ける発言かもですが、もしそれでも今回チケットにご縁がなかったらおうちでおとなしくTVにかじりつきます。しょーがないじゃない。

とにかくホントに継続的にゲームを見たい浦和サポなら、一時の感情で定価以上のチケに手を出しちゃダメです!!

だって、そうすることでチケットゲッターが増え、ますます奴らの思うつぼじゃないですか。奴らが増えれば増えるほど、将来、同じようなプラチナチケットの入手がますます難しくなってしまいます!!


関連して、これは推測や噂ばかりで真偽のほどがわからないし、たとえ本当だとしてもごく少数と思いたいですが…シーチケ保有者の中には、これ以外にも優先的にプラチナチケットの購入ができるらしいので、行けないチケはYahoo!で高く売るとかいう行為は0ではないみたい。あと、これもまた別のアーティストのファンクラブの話で、ライブのチケットを売りさばく目的で人気の高いファンクラブの会員になっている人がいるとか。だから転売目的でシーチケを持っている人だっているかもしれないのでは?と、それが決して不可能ではないだけに、気にしだすとキリがないんです。

シーチケ保有者が高く売りさばくために入ったとは思いたくないけれど…実際チケットショップで定価の倍くらいの値段で委託販売されているシーチケ、見たことあるし…。なにより、チケット争奪戦に多少なりとも足を突っ込んでいる人にとって見れば、Yahoo!のAuctionは非常に腹立たしい存在だし、「いくら物事の値段は需要と供給で決まるのさ」とほざかれたところで、スタジアムの周辺にうろうろしている本来厳しく取り締まられるべきヤクザなダフ屋行為とどう違うのか、ダフ屋がやっていたらある意味マネーロンダリングではないのですか?そもそもそれを野放しにしているあの憤慨もののAuctionなんては消えてしまえ!(←それは言い過ぎか…ネットAuctionの存在意義についてはあると思うので下の方を読んで下さい)

「シーチケ」だから絶対転売しちゃダメとは思いません(売るなら当然定価以下でね)。出張とか病気とかで一時的に自分が行けないチケを転売することで全うさせてあげる。いいじゃないですか。1年とかがっつりスタジアムの通おうとすれば、それはやっぱり多少の負担はありますよ。少なくともそういう人から今年の2ndのチケを譲っていただき恩恵に浴した身としては、ありがたい部分もありました。


でも来年はわからないし~(棒読み)。


でもプラチナチケだけは確保しておきたいんだよね~。

とか思うと、わたしも悶々とするんですっ。

会場を訪れた人が最終的にどのチケットをどう入手して来たか把握することは不可能だけど、現状を鑑みて、現在の保有者の実態を把握するために「チケット捜査官(仮)」でも置いて、予算を付けて、フロント自らが少なくともAuctionやチケットショップなどで定価以上で売った人の出所を把握して、事の真偽を問いただす位してもいいんじゃないの、と、ぐらい思いますけど。無理ですかねぇ?


「常連サポーター」=「自ら足を運ぶ優良サポーター」


では必ずしもないことをフロントは考えてはくれないですかね。あれだけシーチケのキャンセル待ちが多いんですが、毎年どれくらい新しい所有者が増えるのでしょうか?かなり少ないんじゃないかなぁ

そのほかの選択として、ファンクラブ(後援会)への優先販売抽選とか言うのもあるとは思います。でもシーチケ同様、全員に割り当てられたらたまったモンじゃないですよね(汗)。

で清尾さんが100%の解決策がないと書かれているのもその通り。シーチケ保有者への優遇も一つの選択としてアリなんだと思う。わたしがもしシーチケ保有になってなんの憂いもなくずーっと通える身分になったら嬉しいもの。

[参考]清尾さんのコラム

方法は模索して欲しいですが、もしナビスコ杯なら、予選のチケの本体を保存してもらい、決勝の際はそれをセットにして申し込むようにする仕組みとか。

とにかく、優遇された権利を保有する人をまた優遇するのであれば、それなりの実態把握もまた努めて欲しい。


って結局権利を持たざる者のひがみですか?orz

ってか、悶々として意見がまとまらねぇ…(鬱)




[ネットAuctionの存在意義]

実はわたし自身、あるものを熱心に集めていたり、某アーティストのグッズを探していたりした時期は何度か利用させてもらったりしていたこともありました。ある人が求めているものが徒にゴミになってしまうことを思えば、たとえ手間はかかってもその存在の人生を少しでも延ばしてあげる行為。コレクターズアイテムとか、お店に売っていないものとか、かつてどこかに流通していたとか(←どれも「何でも鑑定団」の影響が大きいだろうと思う(笑))、あるいは自身には不要な日用品を適当な価格で売る、そういうバザーとか互助的な意味でのまたーりなほほえましいAuctionを否定する気はないです。それは今のネットの恩恵をフルによくしていると思うし…。

まぁ、わたし自身、登録料が取られるようになったり、あそこでネット販売をしている業者さんが出てきたりした頃から、徐々に、現在では一切足を踏み入れなくなりましたケド。


というわけで、Auctionなどで定価以上に転売して「小金を得てらっき~」と思うか、そういう行為は行けないと自らの行動を律するか。よく考えてみて下さい。

わたしの好きな言葉のひとつは

「因果応報」

だから、もし要らなくなったり、急に行けなくなったりしたチケットをお持ちだったら、そのチケは他のサポがものすごくほしがっているかもしれません。その手の情報交換の場はRVの掲示板とか浦議の交換板とか、探せばいろいろあります。もし心ある方ならば、ぜひそういう場を利用して、チケの生涯を全うさせてあげて下さい。

そういう人には、たとえば別の機会に、ひょっとしたら喉から手が出るほど欲しいチケットがどこからか流れてくるかもしれません。


それが引いては功徳を積むってコトなんじゃないの?

表だって「仏教徒だ」と宣言する強い思いはないけれど、こういう考え方は決して嫌いじゃない。

みなさんの良心を信じます。


|

« 浦和レッズ・リーグ優勝!...か?(笑) | Main | 明日は鹿狩り!<鹿戦前夜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ナビスコ杯2004・決勝チケ争奪戦について一考:

« 浦和レッズ・リーグ優勝!...か?(笑) | Main | 明日は鹿狩り!<鹿戦前夜 »