« チャット初体験~福岡戦(天皇杯4回戦)@博多の森 | Main | まだまだblog建設中 »

November 15, 2004

福岡戦:2004.11.14~一夜明けていろいろ

昨晩スポーツニュースのハシゴをしたものの、とにかくゴールシーンを中心とする映像以上の情報がなく(永井のコメントがあったテレ東を撮り損ねた…--;)、あとは伝え聞く試合内容の報告から想像するしかないのですが…。前半は浦和がシュート数で圧倒していたもの、互角の戦いと見る向きが多いようです。

でもスポーツナビで宇都宮徹壱さんが天皇杯についてコラムを書かれていて、今回の福岡戦について面白いコラムが。

『「危険な選手」という存在感』

あの圧倒的なゴール数の差といったデータ上の実態と、観戦しての感想との乖離。それは浦和が試合をコントロールしてたという見方もできるんだなぁ。所詮わたしは素人なんで、それらしく書かれているだけで納得しちゃいますが、実際に見ての報告、しかも浦和びいきでもなく、いろいろなチームの試合を見ている人の見方だからか?なるほどと思い、ちょっとほかのサイトとは違って新鮮で興味深かったです。

これは…どこのサイトでいつ見たのか…新潟の反町監督が2ndの埼スタでの試合に負けた後、なぜ今の浦和があれほど強いのか、それを選手に諭した…でもそのあと新潟は自らの悪いところを見直すことにより連勝できたとか…。そんなコメントをどこで読んだのか…記憶になくて&今見つからなくて、見つかったらまた補足したいと思いますけど…。

福岡はJ1への昇格がまだ残されている今、ともに競う山形との直接対決を含み、あと3試合を控えている。つまり、浦和とのこの闘いでの反省点諸々が浮き彫りにされ、J1昇格の闘いに少なからず良い影響を及ぼしていたりしたら、それは浦和サポとしてとっても嬉しいと思う。

でも今JリーグのJ2ページ・トップを飾っているのは梅田ではないか!頑張ってるなー。やっぱまだまだ試合出ないとねー。うーん、そっちも応援したいし(笑)

11/6の清水戦とこの福岡戦、カップ戦とリーグ戦の違いは当然あるのだけど、2つの試合に対するギドのコメントを見ても、ぼろくそに言われていた清水戦と、"よいしょ?"と思うくらいのエールを送っていた福岡戦。単に引けばいい、カウンタで狙ってあわよくば点が入ったらそれを守りきる、なんてことはサッカーの神様が許しちゃくれないだろうよ。その典型的ともいえる試合が清水だったんだな。そう言う意味でも勝ってくれてよかった…しみぢみ。

やっぱりなにより試合として面白くなくちゃ。

鹿島戦は真っ向勝負を挑んできて、そう言う意味では一目置かねばならない存在なんだろうなぁと。でもそれってよーく考えればおかしな話なんだが(笑)。サポの荒れ具合についてはアレですがね。

今更ながら鹿島戦の映像が見たいなぁ…。こういう時ピンでの観戦が多いとネットワークがなくて弱いです。もし誰かDVDに残していて、可能でしたら貸してくださいね(はぁと)と書いてみる。


さ、週末に向けて頭ん中は完全にそれモードです。相手は去年、瑞穂で2nd優勝の最後の望みを完膚無きまでに打ち砕いてくれた鯱。目の前で優勝決定の瞬間を見せようぞ(にやそ)。

あぁ、つくづく去年の最終戦は優勝決められ戦にならなくてよかった…<またYear DVD 2003を見ているらしい(笑)

といいつつ、家に帰るまではあやうく優勝決められ戦になっていたなんて心配もしていなかったんですが<をい。いやまぢで。場内一周と、1年間の総集編ビデオと、そしてオフトの胴上げと(笑)。最終戦、初めて参戦して感じた独特の空気にしみじみした後、心満たされつつ、雨に冷えた身体を抱えながら家に帰って…。祖母にすごかったねーと言われ、改めて3カ所同時中継みたいなサッカーニュースを見てようやく知ったくらい。

今と一年前、去来する思い。

でも心は至極穏やか。<ちょっとウソ(笑)

|

« チャット初体験~福岡戦(天皇杯4回戦)@博多の森 | Main | まだまだblog建設中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 福岡戦:2004.11.14~一夜明けていろいろ:

« チャット初体験~福岡戦(天皇杯4回戦)@博多の森 | Main | まだまだblog建設中 »