« ふつふつと休日を過ごす | Main | げ…坪井代表復活って…(絶句) »

December 20, 2004

瓦斯戦@埼スタ:天皇杯準々決勝・2004.12.19...2-1

永井がすごかった。


試合終了後

ギドのコメントによれば

永井は腰に痛みがあって、試合前のドクターの判断では出場できても20分

だったということですが…まぢですか(汗)。確かに前半結構早い時点で腰を押さえていたし、それにも関わらず終わってみればフル出場、ましてや後半大活躍するようにはとても見えなかったのですが。特に2点目は直前に瓦斯の誰かに身体を寄せられて、でもファールにとってくれなかった線審に「あれ、ファールでしょ?違うの?そうでしょ#」みたいな感じで詰め寄り視線モードだった直後のことだったから、すごい気迫のあがり&センタリング、そしてアレ得点、という一連の流れが強烈に頭の中に残っています。

長谷部と啓太の運動量はあいかわらずだし、でもシーズン終わって一度緊張の糸が切れたら…とちょっと心配。もー、とくに啓太なんて、あれだけ動いて球を奪えるなら「枠に行かなくてもイイ」とか一瞬思っちゃいました(笑)。いや、たまには入ってくれていいんですがね。バスケのスリーポイントじゃないけど、あの距離からでも「たまに入る」と「絶対入らない」では、守る側の意識も大きく違うだろうと思うわけで(笑)。

しかし試合中、なんかいつもより平川が下がっているなぁとは思いましたが、でもまさか家に帰ってJ's Goalで試合終了後の関係者のコメント等々をチェックしたら「今日は4-4-2、しかも中はダイアモンド型」って(汗)、ホントにシステムが違ったんだ!(<あまりシステムとか考えずに試合を見ているわたし)。この時期にそのシステムを試合でやってみたんですか…びっくり。指示する方も指示する方だし(笑)、でも応用型という感じでそれを実践できてしまう選手も底力がついてきたということなんだろうなぁ…うるうる。

瓦斯の方はかなり土肥に救われて、あと加地がたびたびあがっていて、それが嫌な感じだった。でも終わってみれば瓦斯の枠に行ったシュートは2本で(ニッカン式参考)、後半は目に見えて足止まっていたと思う。それはナビスコでも同じだったから90分以内で勝てて本当に良かった…(実感)。それとカードも控えめだったし(笑)。ただ瓦斯には数少ない枠内シュートのうちの1本を決められたのが痛かったねぇ…そりゃー、瓦斯に比べれば味方ゴール前で守るDFは少ないけど(っつか瓦斯が多いんだけど…芋洗いじゃあるまいし#)、カウンターで前に蹴りこんだ球をDF(ネネとか…ネネとか(笑))が追い切れない、あるいはその状態に陥れるという時点でもう少し気をつけてもらいたいんですが、数少ないチャンスを相手に与えてしまっている同じ状況の繰り返しの気がする…はぁ。かくいうネネもブラジルに里帰り?ということですが…家庭の事情ってなんだよぉ(笑)。準決はうっちーが出るのかな。それはそれでいいか。ん。

アルパイは肋骨にひびって、それもまぢですか?(汗)…ときにドリブルで相手を交わしながらあがっていくプレーは感動しましたよぉぉー(涙)。普段DFでも、たまにあぁやってあがっていくのはバリエーションが増えていいのでは、と素人ながら思いました。

試合終了後、ヒーローインタビューのアレが浦和のイレブンの後を追うように、場内を一周。普通の気勢のあげ方とは違う、あのアレ独特?の動き(ホップステップジャ~ンプ、みたいな)はヒーロー限定という感じでなんか良かった。オリジナルなんでしょうか?でも、準決の2日後に結婚披露宴、って当然関係者も呼ばれるんだよね(笑)。初の決勝進出を決めて、よい気分で望んでくれますよう…。

それから…今日のMOMの次点はもちろんクロスバーで(笑)。あれ入っていたらやばかった…(汗)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

あとはつれづれに。

・試合前、天皇杯は両イレブンの握手、から始まるんですね。

・アップする合間にピッチに座ってストレッチする都築の様子が日向ぼっこするネコに見えた(笑)

・アップで控え組の中で走るナマ坪井…(>_<)早くスタメンに戻ってこれますよう…!

・選手紹介はホームアウェイの区別無く平等のテンションで行なわれていたが、直前のBGM&爆発音、いつもの奴を使ってくれたのは誰かの努力のおかげでしょうか。

・ぴあのサイトを見た限り、確かアウェイ側の自由席から売り切れていたのですが、てっきり天皇杯だから、半々の席割り、よっぽど瓦斯サポが気合い入れて買ったのか、と思ったら、いつもの埼スタのアウェイ側配分に見えました(ただしちょっと広め)…あれはどういうことだったんだろう…埼スタルールなの?ま、あの広さだから早めに売り切れたということか…。

・記者席に座っていた山瀬が大阪帰りの徳重と笑って話す様子がよかった。あー、なんか仲間と一緒に笑ってるなぁというのが…ホッとした。清水戦の時にはなんとなくほかの選手たちから離れ気味に観戦していたので。ただそれだけ。

・試合終了後の瓦斯サポのブーイングが…ちょっとね。んんー。わたしが同じ立場だったら連戦の疲れをねぎらうための拍手にしただろうな。

・ガンバが勝ち上がった時点で霞ヶ丘当確とは思いましたが、帰宅直後にPCで準決の会場チェック。霞ヶ丘で間違いないようなのでソッコーでLoppiへGo!…SS席買っちゃった♪<自分へのXmasプレゼントということで(笑)。ついでに天皇杯のチケも押さえておきましたが…指定は軒並み売り切れだったので最悪の事態に備えて自由を確保。これも浦和の進出を信じて買っている人だけでなく、普通に注目されるゲームだから、ゲッターは早めに買っているんだろうなぁ…と勝手に想像して腹を立てている。

nikkansports.comの右上、「サッカー注目コーナー」で

横浜、PK戦制し連覇

というのが一瞬なんだかわからなかった(笑)。まだ1週間前のことなのに。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

それといつかネタにしようと思っていたんですが。湯浅健二さんの「J」ワンポイント、あれは誰かが聴き語りを書き留めるという形で急ぎアップしているのでしょうか。文末の、わざわざカタカナにして「~ですネ」「~ですヨ」と書いているのが、とにかく鼻についてしょうがない。最近になって読むようになったサッカー雑誌の記事でも、湯浅さんの名前で記事を見つけることはありますが、そのあたり(文体)で引っかかった回数は少ないような…(記事の内容はこの際おいておく)。あと気になるのは異様にカタカナ英語とかカタカナ日本語(笑)が多いこと。そういう人はわたしの仕事先でやりとりが生じている「使えない割にうるさい商社の人間」に多いので好きになれないみたいです。どういう考えでネット上に記事をアップしているかは存じ上げないのですが、文体なんてそれは個人のクセですがぁ、好き嫌いの範疇と言われればそれまでですがぁぁ、単なるサッカーヲタが趣味で作っているblogぢゃあるまいし、多少なりとも文筆活動で飯食っている方なら、本来そのあたりもう少し配慮が必要ではないかと思っています。

もちろんhtmlの作り方なんてものは二の次になっているのですが、たとえば行間ということで言ったら、そりゃーかの清尾さんのコラムも特に指定はされていないですが、あれはメニューが横にあるので画面いっぱいにブラウザを広げても湯浅さんに比べれば読みやすさはマシなわけですよ(…愛読しているのにやり玉に挙げてスミマセン<清尾さん)。同じく河野さんの埼玉新聞の記事(Web埼玉のフリーキック)とかも、行間は狭いけれど、あれは横幅を指定してあるし(重要)、あるいはメインの試合報告については適宜写真を織り交ぜて構造に変化を持たせているので、ひたすら横に広がっているサイトに比べれば格段に読みやすい。

そのほかにも言いたいことはあるが(ファンよりはサポって言って欲しいよなとか)、それはもうきりがないので書ききれない(笑)。とにかく文体が気になるのはもちろん、さらにはhtmlとしての読みやすさとか、そういうものはもう望むべくもないな、という感じです。わたしはこのブログとは別に運営しているサイトがある関係で、常に他の人のサイトを批判的に見つつ、良いところは自分のところに取り入れられないか(…もちろんパクるとか言うことではなくて)、悪いところは自省のきっかけに…と思いながら見ております。このブログは@niftyのココログ無料使用範囲内で書いているのでカスタマイズに限界があるのですが、もう一つの方はちゃんとドメインも取って、結構いろいろ気にしながら作っているわたしから言わせれば、アマチュアの趣味のサイトでもこれくらいできるのにとすら思ってしまう(ってうぬぼれですかね)。だからプロがせめて自分の分野で書いているサイトなら、それなりに気を遣って欲しいなぁと思うのです。

と、わざわざ文句ぶーたれている理由は…今回の準々決勝についての記事について気になったという次第で。

「一体どうしたんだ・・スタジアムが半分しか埋まっていない(実際は3万人強といったところ」
「要は、リーグの試合だけでファンの皆さんも疲れてしまったということなんでしょうネ。」

って、そもそも販売の段階で2階席は開放していないと聞いていますが(汗)。冒頭に持ってくるコメントとしてそれはどうなんだろう。現実的には、たとえばいつもの席配置と違うため自由席買おうとしたら売り切れていて泣いた人がいるとか、その割によくわからない空間(メイン中央の特等席)とか空いていたとか(誰か招待を怠ったか?#)、瓦斯席は狭すぎて「アッパーを開放しましたので瓦斯サポで小さいお子さんをお連れの方は移動して下さい」みたいな案内が後半のゲームのいいところで出たとか…(誰だ、そういう馬鹿げた案内をあのタイミングで出したのは…もう少し早く出せよなー…っていうか移動した人はいるのか?)。とにかく実情を正しく伝えてないよね。33480人ではご不満ですか、そうですか。

ま、湯浅さんの記事だけ読んで信じる人はそれはそれでいいのか、そうか?でも「スタジアムが半分しか埋まっていない」という文を見た時点で「えっ?ロウアー席は結構いっぱいだったんじゃ?そりゃ、CSほどじゃなかったけど」と一瞬思いましたもん。わたしの周りにも、サッカーといえば代表戦、しかもTVでしか見たことのない人も多いですが、いつか一生に一度は生で観戦してもらって、それが浦和だったらいいなぁ…願わくばそれがきっかけになって何人かが仲間になってくれないかな、とかいろいろ願望が多いので、たいした記事ではないだろうけれど、なんつーか、全体的にすごい損だなぁと思って読みました。って、それはいつものことか(笑)。

…初めはこんなに長く書くつもりもなかったんだけど、よっぽど言いたいことがあったらしい。サイトの構造あたりは中味にふさわしい体裁といえばそうだと思うので、とくに本人にメール送るようなことはしませんけど、スタジアムの入り具合云々については…送ってもいいかなぁ、JAROに(笑)。あ、広告じゃないから聞き入れてもらえないかな。

|

« ふつふつと休日を過ごす | Main | げ…坪井代表復活って…(絶句) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 瓦斯戦@埼スタ:天皇杯準々決勝・2004.12.19...2-1:

« ふつふつと休日を過ごす | Main | げ…坪井代表復活って…(絶句) »