« Take Off Together Now < Yeah!! (MDP Extra Season14より)(BlogPet) | Main | 語る会@さいたま市文化センターその1(第一部) »

February 24, 2005

落書き事件から思ふ…ゴミ問題への声

北朝鮮戦や、例の東京で起こった落書き事件と前後するように、サポーターのマナー、とくにゴミ問題についてエントリーされている方がいらっしゃいます…。

・RED QUESTさん:「画像で送る...日本2ー1北朝鮮...雑感。」
・Republic of URAWAさん:「ゴミの放置、格好悪い」「世界一のサポーターになるために」
・日本活動蹴球倶楽部さん:「僕たちが出来る事」

わたしも以前から同じようなことを考えていて、ホントは草津戦前の土曜日に、改めて今年の決意代わりにエントリーしようと思っていたのですが、ちょうどいいので便乗させていただきます。

昨年末に書きましたが、わたしもCS2戦の時、試合後にメイン・アッパーで泣きそうになりながら後かたづけをしましたクチです(こんな感じ)

そして、天皇杯の準々決勝(瓦斯戦)で、試合には勝ったものの、やっぱり情けなくなりながら座席に残ったゴミを片づけようとしたのですが…紙ゴミや食べ物のかすはまだイイ!蓋の開いた中味入りペットボトルや紙コップには殺意すら覚えました…というか1度で持つのはペットボトルを両手で6本が限界でした…orz

で…

「トイレに行って中味を捨てる」
 ↓
「ゴミ箱に投入」
 ↓
「座席に戻って6本集める」
 ↓
「トイレに行って…(繰り返し)」

…orz

これまた2回が限界でした。だからって、途中で通路に流すわけにいかないでしょう?

…なので、今季からは蓋だけ持って入場する予定です(←結構マジです)。というか、中味入りの紙コップ用にマイ・バケツ持っていこうか、とすら考えていましたが、さすがにそれはどうだろう。代替案として、持ち運び用の段ボールをどこかで拾って繰り返し使おうかと思案中。ジュースをたくさん買った時にもらえるのかな。


こういう状態ですから、ホント、分別回収なんて夢のまた夢なんですが…。せめて自分が出来ることからやっていきたい。そして、周りにその活動が波及しますよう、少しだけ願っていたりもします。


そういうゴミの問題もそうですが、一度ついたマイナスのイメージを払拭するのはなかなか大変なことだなぁ…と実感してもいます。なぜなら、わたしが浦和のサポだというと、未だにスタジアムに発煙筒を持っていくとか、怒って乱入するとか、暴れるとか、卵投げるとか…(以下略)…そういうイメージを持たれる一般の方はやはり多いのです<わたしは発煙筒は見たことないんですけど(笑)…っていうか応援し始めた頃、駒場のチケットは「取れないもの」という認識でした…(今思うと努力する方法はあったのかも知れないけれど、県外に住んでいる時点で諦めていた)。

それがわたし自身、精神的にも経済的にも余裕が出来、そして埼スタが出来、行きたい時に試合を見に行くことが出来て…浦和のことを考えただけでも、すごく幸せな生活を送れています。だからこそ、去年12月14日のエントリーでも書きましたが、例の上空から撮影された紙ふぶきがぶち撒かれた時の映像をバックに、CS第2戦終了後に流れたテロップ、

私たちが信じ、愛し、誇りをもって身を置いたこの空間にカップが輝きました

にものすごく、ものすごく感動したのです。

もう一度書きます。

カップが輝いたこの空間。少しでも綺麗にして帰りたくないですか?


そして、それはもちろんアウェイでも同じです。CSの後の天皇杯・磐田戦の国立でもゴミは拾いました(…あまり拾った拾ったと自分から言うのはカコイくないですがご容赦)。指定席だったせいか、イベント的にいらっしゃった方が多いように思いました。試合には負けたし、ペットボトル抱えながら、やっぱり泣きそうでした。というか、12月の終わりでは、昼間の試合とはいえコップやペットボトルの中味を残している人があまりに多く、途中で諦めざるを得ませんでした(<トイレが遠かったので)。でも家から持参したスーパーのゴミ袋、いくつも抱えて拾ってもなかなか終わらず、「もう会場、閉めますので…」と係の人に言われ、やっと退場したけれど…まだまだゴミは残っていた…。悲しかった。


大原のマナーも大切。
スタジアムのマナーも大切。
チケット購入の最低限のルールも大切(…いくらなんでも後援会の番号入力は…ねぇ…)。

そして、浦和を心おきなくサポートするため、周りとの関係も大切(<だから平日はしっかり働くよ!)

常に浦和のプライドを胸に生きるということ。それはスタジアムでサポートする時だけじゃないよね。


□追記□

…と書いておいていきなりアレなんですが、昨日書いた研修会は、何とか回避しましたA(^-^;)

あ、もちろんわたしでなきゃまずいものなら行きますよ。実際、4月28日の磐田戦は回避不可な用事が入っていますし、9月下旬も海外出張が入りそうなので1~2試合は×です…。

|

« Take Off Together Now < Yeah!! (MDP Extra Season14より)(BlogPet) | Main | 語る会@さいたま市文化センターその1(第一部) »

Comments

kojyaさん、コメントをいただきありがとうございます。

飲み残しは食べ物を粗末にすると言う点でも問題だと思うのですよ。1度にトイレに持っていくのがペットなら500ml×6本分、飲み物を流すこと自体も手間なのですが、それをトイレで流している時の罪悪感といったら!(涙)

困った大人も多いのですが、せめて若者に対して周りの大人がもっとしっかり接すれば(<おばさん的発言)、また少し違ってくるかなぁ…と。わたしは独り者なので、自分のコに、ということはできませんし、電車の中で騒ぐ小学生に注意が出来るほど肝も据わっていません(小心者)。せめて主体的に黙々と清掃をすることで、ゴミを放置したことのある人が、いつか少しずつでも何か感じ取ってくれるといいなぁと思います。

浦和で育った子供は礼儀正しくなるとか、そういうのもステキだと思います(願望)。

Posted by: Samemoon!@管理人 | February 25, 2005 at 01:43

毎回の清掃ご苦労様です、
ホントに飲み残しには苦労させられますよ・・・

こうして「ゴミを拾おう!」と呼びかけている自分が
小学校の先生になったような気分で
情けないやら恥ずかしいやらですが、

「スタジアムには綺麗でいて欲しい」と願うばかりであります。

Posted by: kojya | February 24, 2005 at 12:37

takarusonさん、コメントを頂戴しありがとうございます。一連のブログを目にして問題を認識した人からでも少しずつ動いていただけるといいですよね。そして良い伝統は浦和の内外を問わず広がって、いつか「それが普通」になったら嬉しいなぁと思います。

で、わたしの究極の夢は

サポが全員チケット代以上のお金をスタジアムに落とすけれど、ゴミはすべて持ち帰る

なんですが(笑)。6万人のスタジアムではゴミ処理だって馬鹿にならないですよねぇ…。いつも山盛りになっているゴミ箱を見て…そんなことを思っています。

道は遠いかもしれませんが頑張りましょう。(^^)

…しかし拾っている拾っていると自ら声高に言うのはどうにもアレなのはどういうわけだと思う小市民…。

Posted by: Samemoon!@管理人 | February 24, 2005 at 11:17

こんにちは。
TB有り難うございます。
ゴミ問題もしかり、その他もろもろ問題が山積みですが、大好きなサッカーを後の世代にいずれ引き渡す時、当たり前でしかも胸を張れるレッズならではの伝統を作る事が大切ですね。

それが日本のスタジアムに広がる様になれば、浦和は真の王者です。
俺達も胸を張って『We Are Reds!』と言えるでしょう。

頑張りましょう。

Posted by: takaruson | February 24, 2005 at 10:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59025/3054769

Listed below are links to weblogs that reference 落書き事件から思ふ…ゴミ問題への声:

» ふつうのことがむずかしい [赤巻紙]
<観戦だめだめ物語>  『レッズの応援ってすごいんだって。見たいな。チケット売 [Read More]

Tracked on February 24, 2005 at 12:19

« Take Off Together Now < Yeah!! (MDP Extra Season14より)(BlogPet) | Main | 語る会@さいたま市文化センターその1(第一部) »