« February 2005 | Main | April 2005 »

March 30, 2005

大宮戦@駒場:ナビスコ杯予選2・2005.3.25...2-1

終わってみれば、♪この道は~いつか来た道~ぃ、でも逆転されなかったよ、とか。前半2点で折り返すと理由もなく「なんかイヤな感じっ」と思っちゃうとか、そういう試合だったのですが。

それはそれ。

基本的にはイイところを忘れないでいたいのでそれを中心に適当に列挙します。

祝・今季初ゴール

・浦和のミニモニ。っていうかダブルユー?なエメ&達が揃ってゴール決めたですvv。エメが切り込んでいって止められて、そこにちゃんと第二波の達也が詰めていてゴール。これこれ、って感じでした。

・啓太がグラウンドに戻ってキター。ベンチ入りしていたー、まずは復帰へ第一歩。とはいえ交代には起用されなかった…翌日のサテの試合には出たようなので、トップでの復帰までもう少し。

試合前の控え組
開幕が待ち遠しいね<啓太


・都築、ナイスセーブですっ。1点はデジャブな飛び出しで失ったけど、一方で彼のところで防いだ危ないボールもいくつか。いや、だからこそ試合終了後にすっきりしなかったわけですが(笑)。今日は試合前にゴールポストに念を込めていたからそのおかげかも、とかとか。


エメ

・試合終了後の挨拶で、キッズスペースに駆寄るエメ。もうすぐパパだね~。


・MDPのカニちゃんのインタビューで、ネットを見て、そこに流れる彼への期待の大きさを感じている様子、何となく嬉しかったです。わたしは大原に行っても帰りに選手に声をかけるようなことはしないつもりですが、ネットでは声を大にして書いておく。

期待しているよ~、カニちゃんvv(^-^)vv

次はぜひベンチ入りできますように…。


・ナビスコだけど、全体的にちょっと空席が多くて残念でした。たとえば、チケを持っているシーチケ保有者で来られない人もいたのでしょうが、できればそのチケットを気軽に誰かに譲れる手段があればよいのにな、と思う。入場者数から判断すると満員まで2000人少々?ということは一般売りされるチケの半分くらい?の数の席が空いてしまっていたわけかな、と…それがちょっと悲しい。わたしはバックスタンドへはほとんど行ったことないのですが、去年までもう少し混んでいたようですが…ちらほら空席が見えて、それもちょっと微妙な違和感。

・ゴミ拾いは今日はあまりしませんでした。わたしがいたエリアはグループのサポが多いせいか、捨て置く人は見かけませんでした。彼らがゴミを持ち帰ることを期待して一足お先に失礼しました。


勝ったけれど、ちょっとすっきりしなかったせいか、試合終了後のWe are DIAMONDSは正直いまいちのれなかった…。あぁ、何かサポートが足りなかったのかなとか、悶々と。

でも浦和駅に向かう帰り道、ひとりで歩いていたら、白髪交じりのおじさまに声をかけられまして。

「今日はどうでした~?」

と。見ず知らずの方からそうやって質問されるのも初めてではなくて、何の抵抗もなく結果を答えるわけですが(笑)。

「2-1で勝ちましたけど、追いつかれそうになってやっと勝ったのでちょっと消化不良ですぅー」

とそんな風に答えましたら。

「でも勝ったならよかったじゃない(^_^)」

みたいにおぢさまに言われて…あぁ、そうだよねぇ。上を上を求め反省する気持ちも忘れちゃ行けないけれど、知足の気持ちもどこかに置いておかないと。ちなみに知足はわたしにとって座右の銘だったりするわけですが、気をつけないと満足する気持ちもいつか忘れてしまう、それは逆にまずいのではないかと思うので。カップ戦の予選はこういう勝ち方もあるかなとか。今日の成果を認めて次の試合につなげて行かなくちゃ。そういうことを帰りの電車の中で考えながら、ちょっと気分が上向いたのでした。

おぢさん、どうもありがとう。そんな会話が成立する浦和がやっぱり大好きだ。


…でも、次はドキドキさせない試合を頼むよ。何より次はリーグ戦だからさ。大分くんだりまで行って情けない試合はどうぞ勘弁(切実)。


□おまけ□

今日なんとなく面白く撮れた写真2枚。暢久ぽーず&なぜか一人短パンにシャツを全部入れて走る気合いの?アルP。

暢久ぽーず
気合いのシャツ入れ?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 28, 2005

にんじんは大分戦

風邪の後遺症で、喉の詰まりと時折出る咳が気になりますが、それ以外はまぁいつも通りですが、先週休んで寄ったしわを今週中にまっさらにするべく、まだまだ頑張るです。

それで土日は大分に行くです、参戦するです、勝ち点3!奪取してくるです、関アジ関サバ食べてこようです、立ち寄り温泉@別府に入ってこようですvvv

というにんじんぶらさげて、今週も頑張る宣言!


…っていうか、なんか、この感覚、でじゃぶ?っていうかつい2週間前と同じ状況?

…っていうか、土曜日の観戦記をupしている時間がないやーーいヽ(`Д´)ノくそぅ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 27, 2005

2005.3.19神戸戦・道中記その2:ツマガリに行ってきました、他(BlogPet)

浦和で、パー帰京するつもりだった?


*このエントリは、BlogPetの「楓」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2005

観戦終了(個人的日記部分のみ)

というわけで、観戦記にならないレベルの個人的な日記だけ。

今日は試合に行く前の洗濯がいつもより多め。というのも風邪で汗をかいて何度もかえた寝間着、ひととおり交換した寝具のカバーなどの洗濯に手間取り、おかげで予定より1時間遅れくらいの到着でしたが、ゴール裏・西より東寄りの定位置(エリア)に陣取れました。居場所ないかなぁ、と思っていたけど、あっさり確保できたのはナビスコだったからか?

昼間あれだけ日差しは暖かかったですが、風は時に強くふき寒かったので、風邪治りかけ&跳ねられないサポとしてはフリースの膝掛け、耳あて、手袋、マフラー完備で大正解。一方で日差しは強くなり始める時期でもあり、日焼け止めを塗ってみたり。風邪のおかげで鼻周りが肌荒れでひりひりしてますが、日焼けのリスクには変えられない…と思いまして…どうなんだろう。

そして試合始まり、後半が始まる頃には太陽も傾き、次第に寒さが体力を奪い始める…。膝掛け1枚、なかったら三度風邪がぶり返したのではないかと思うほど。やっぱり3月で夕方の試合はまだ寒いよね。さすがに去年の五輪予選ほどではなかったけれど。うーん、大分戦もこれは膝掛け持参した方が安全かなぁ…。

試合終了後は浦和に出てティッシュを箱で買おうと思ったら…200組×5という組み合わせを全く発見できず、徒労に終わってしまった…orz

これって花粉症と風邪の季節だからかなぁ、やっぱり。今わたしの部屋に置いてあるティッシュは去年の柏戦の帰りに買ったもので、過去の傾向を見るとおおむね1箱/月ペースで消費しています。で、最近ある150組入りとかで妥協したくなかったので、結局自宅そばにある生協でコンパクトタイプの200組×6を買いました、はい。ペースもわかったし、ストックがなくなりそうな時が花粉と風邪の季節に重なる時は注意が必要ということですね、はい。

あー、11月なら198円/5箱だったのにっ!(<価格比で今日買った方が1.3倍くらい高かった)

…ホントに日記ですな(笑)

あー、そういえば風邪引いてすっかり忘れていた瓦斯戦のチケット、引き替え期限が過ぎる数十分前に気がついたんだよな…。あーあー、取り直さねば。

そういえば、闘莉王の怪我はどうなんだろう…心配。


□追記□

駒場での定位置は西ではなく東でした…orz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2005

Year DVD 2004を見始めました

火曜日に職場に届いていたはずのDVD、風邪で休んで受け取れず、水曜日に引き取ってきたものの高熱にうなされるように横たわっていればDVDなんて見ている余裕は全くなく、木曜日は一日外出。今日ようやく見始めることができました。59分くらい過ぎたところでイラン戦が始まりそうだったので中断してあります。ちょうど2ndシーズンに入ろうかというところでしょうか。(そういえば今日イラン戦、何時だっけ…まだ始まってないんだっけ…と調べ始めたのが21時過ぎだったのはココだけの話…。)

今日見た映像の終わりの方、アテネ・オリンピックの代表に選ばれた2人が神妙な顔で映る記者会見の様子…その世代の国の代表として選出され送り出される二人を見て、選ばれなかった二人のことをまた思い出して、そして今日はまさにイラン戦で、ちょっと涙目になってしまいました。国を代表するって…生半可なコトじゃないんだろうな…想像したところで理解を超えた世界なんだろうけれど。

今、テレビでは日本対イラン戦をやっています。たった今、失点しました。ふと見れば、ファミマとか朝日新聞とか広告が見事なまでに…とか。 伸二は大丈夫か(人のことを心配している場合でもないけれど)とか思いつつ、これをupしたら念送りに専念したいと思います。最近のインタビューにもあったように、今の日本代表に頑張ってもらわないと、本大会に浦和の選手が出る可能性を完全に0にされるのはイヤなので。

-------------------------------------------

そして明日はダービーです。体調が完璧でないのにゴール裏はアレですが、いつもいるエリアがそれに指定されたことを心からホッとしながら、いつも(埼スタ他)のどこよりも早めに、つまりは駒場時間では通常通りのタイムスケジュールで、スタジアムに向かうことにしたいと思います。ただし参戦前に今回の発熱のおかげで大量に出た洗濯物、片づけてからでないと…晴れるみたいでよかった(^-^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2005

気管支喘息もちが風邪を引くと

熱と咳と痰の症状が出ます。咳が体力を奪い、さらに悪化させるという悪循環です。

とにかく昨日の昼間あたりから熱が37度を下回らなくなり、昨日の深夜あたりから今日の昼間は38度前後をうろうろと。でも今回は短めですみそうです。夕方一眠りした時に一汗かき、それで37度台前半に…。それでも平熱が36度代前半なのでいくらか高めですが、38度の時に比べるとだいぶラクですなぁ。

というわけで遅くなりましたが少しずつコメントにお返事書いたりしてますのでよろしくです。

------------------------------------

今から1年半くらい前でしょうか、風邪が一向に治らず、抗生物質をもらってもダメで、結果的に気管支喘息の診断をいただいたのは。風邪の薬では全然効かなかったのが、喘息の薬に変えたら症状がぴたっと止まったのは可笑しかったです。結局その時は1週間仕事休みましたねぇ…。去年に実家を出て、そのちょっと前にやはり同じ症状に見舞われたのですが、喘息とわかっていたのでさすがに1週間は休まずにすみましたが、でもこの年になって高熱が出るようになると、なかなか(…それまでは風邪といえば腹に来たタイプ(笑))。

実は先日実家に帰った時、わたしに気管支喘息という診断を下した先生が、ガンで亡くなられていたことを知りました。享年79歳だったそうです。先生は我が家を3代にわたって診察して下さり、とくに祖父と同郷だったということもあり親しくさせていただいたのですが…2月から病院をお休みしていたとは聞いていたのですが、しかし亡くなるとは…突然のことでビックリでした。小学生の時には腹痛や風邪といっては苦い薬をもらい、大学生の時は運動のしすぎで鉄欠乏症貧血で何度も注射を打ってもらい、そして社会人になってからも足の指の骨折や喘息の際もお世話になり…本当に地域のかかりつけのお医者さんという感じだったのですが…。

こうやって徐々に何かを失いながら、生きていかないとならないんですね。一方で何かも得ないと行けないのでしょうが、まだ自分の家庭も作ってないし、貯蓄を崩しまくり?...orz

| | Comments (5) | TrackBack (0)

March 20, 2005

神戸戦@神戸ウィング:ナビスコ杯予選1・2005.3.19...2-1

祝・今季初勝利!

ようやく待ちに待った勝ち点3げっとです。(^-^)

試合終了後、選手が挨拶に来た後にWe are DIAMONDSもしっかり歌ってきました~気持ちえぇ~♪


さて、ゴール裏の皆様の、腹から発せられるそのコールは、味方ながらいつも惚れ惚れしますが、この日も試合前の浦和レッズコール…身震いしました。それを聞いた瞬間「今日、勝つかも」と思ってしまったくらい…(^^;

神戸でにぎやかだったのは大音量の放送席?本来なら神戸の声がもっと聞こえてきそうなところでやたら大きなBGMと司会者の声。ちょっと興ざめ。

記憶が確かなら今日の選手の歌は最初が暢久だったと思うのですが…そのせいか先取点奪取直後と試合後にも歌ったせいか、頭の中で暢久の歌がエンドレスで流れております(笑)

エメPK

エメ蹴る

止められる

エメ詰める

シュート!

ゴール!!


…つい最近どっかで見たようなシーンだなぁ(笑)

ま、とにかくその点のおかげで勝ったです。

いまいち調子が絶好調とは言えないエメ&達のコンビですが、今日もベストでは決してなかったですが、それでも!来週以降のゲームに希望をつないでくれるような動きを所々見せてくれたのが良かったです。ドリブルで切り込んでいく達也の姿に、去年の美しいサッカーを一瞬思い出しました。完全復活まではもうちょっとかもしれないかな。

友ちゃんほり&岡野&うっちー

でも今日も何より動いていたのは"じみーず"の方々です、っていうか、もうじみーずとは呼ばせねーって感じでしょうか(笑)。試合前、ゴール裏から起こる内舘&堀之内コール、2人ともそれに応えて手を振ってくれて、試合が始まってみればとくに前半は危ないところを何度も救ってくれたし、友ちゃんは友ちゃんで川崎戦に続き、前へ後ろへ動いていたし。なんか、啓太やネネやアルPやツボに

「簡単にはこの席に戻らせないからな」

と行動で示された感じ。でも後半は相手が上手く動き出したのか、うちが止まっていたのか、彼らの働きは目に見えて鈍くなっていたけれど。

暢久&いち

いちも元気にプレーしてたよ~。まだ膝のテーピングが痛々しいですね。いちは身長の割に痩せていると思うのですが、あのぴちぴちユニは彼をさらにスリムに見せていたように思い(笑)。選手紹介の時のブーイングは1、2を争う大きさだったかもですがBGMがうるさくて確証なし。

祝・帯同&ベンチ入りそして!近藤ですぜぃvv…まさかこんなに早く見られるとは。たぶんFestaの時に握手したような気がするのですが、いまいち確証がないので書いていませんでした…どうなんだろう。写真で見た時はいかにも「キャプテン」な面構えをしていると思いましたが、トップの中にいるとやっぱりまだ身体が高校生なんだなぁと思ってしまいました。


集合写真今回のわたしの座席はメイン自由。2500円也。安さではアウェイゴール裏の1500円には敵いませんが、集合写真が前から撮れる、わたしにとってはとても良い席で、その値段はお値うちだと思う。コーナーがお望みならその前もメイン自由エリアです。わたしが座った席はメイン指定のすぐ上でしたが、サッカースタジアムゆえ何の問題もなく見やすかったですし、メインスタンドながらアウェイ・ホームの区別はなく、自然とアウェイ寄りに浦和サポが集まります。「神戸の応援以外禁止」なんて但し書きはチケにも書いてありませんし、普段指定組の方にもお勧めかも<今回はガラガラでした(笑)。しかしメイン自由とバック自由が同じ値段なのがまた不思議ですね。その2つならわたしは絶対メイン自由で。


卒業式祝辞by三浦部長
試合前、サッカースクールの卒業式なるものが挙行されました。防衛大の卒業式のように、最後にボールを一斉に蹴り上げるシーンはなかなか…ジーンと来ました。もちろんそういう時は敵味方の区別無く温かい拍手ですよ♪~それは先週の川崎戦のハーフタイムで行なわれた浦上さんの引退セレモニーも同じでしたね。


ゴミ拾い運動もいちおう活動してきました。観客が少なかったので自分のいるブロックを中心にコンビニ袋に3つ+ペットボトル5本。後ろで見ていた4人組の小学生が非常にマナーが悪く、ゴミを下に散らかすわ、見たらカップホルダーにぱんぱんに詰め込んだまま帰るわで、最悪。親の顔が見たい。MDPは無料で配られて座席に捨て置かれたものがありましたが、いちも載っている号だし、ゴミにするのは忍びなく、せめて古紙回収に回そうと思い東京まで持ち帰りました。

ゴミ拾いをしていたらボランティアのおぢさまに

「ありがとーねー、きりがないからいいですよ~」

と言われてしまった。むぅ。細々とでも活動していこう、せめてどこのスタジアムでも「ゴミはゴミ箱へ」が常識になるまで。

あ、神戸ウィングではきちんと「ペットボトル」専用のゴミ箱と中味を入れるバケツがおいてありました。あれはいいと思います。専用のゴミ箱があると心ある人はそれに従って分別してくれることを期待できるし、飲み残しはしないのが原則ですが、せめて各自トイレで処理する方がいいと思いますが、現状を考えるとバケツをおくことで何か気づいてくれる人がいるかなぁと思うので。


阪急交通社・添乗員さん、こと福島さんのブログが更新されていましたが…西野さんが見習い添乗員って何っ!?(笑)

「いつか浦和と仕事をしたい」と思い、願い、それを形にされた人なのかな、と勝手に想像しております。今まで手作りでツアーを企画されてきたサポの皆様がたくさんいらっしゃると思いますが、このたびスポンサーという形でその道のプロが支えて下さるようになったのは、やはりありがたいことなのかな、と思います。しかもいろいろ特典いっぱいみたいですし。

わたしはホームアウェイを問わずたいがい一人参加なのですが、とくに地方への遠征は多少割高でもツアーが便利な時もあるかな、と思っています。なので阪急交通社さんのにもいつか参加してみたいなぁ。安く行くのはいろいろ方法があると思いますが、深夜バスだと座席2人掛けのバスに隣が男性だとやっぱり気まずいし…とか思うと、安心料として浦和のツアーに参加するのもアリかな、とか。

そういえば神戸戦のMDPでも神戸のスポンサー?によるアウェイツアーの告知が出ていましたが、他のチームの参戦ツアーも気になるこの頃です。


しかし体力つけないと遠征もおぼつかないなぁ…。疲れたし、なんか喉の具合も芳しくなく…。遠征のために体力作りに励むか?と思ってしまった1泊2日の旅でした。MDPに神戸では「おとなのサッカー教室」を開校するとの案内が!…羨ましい。と思ったけれど、レッズランドではやりそうだよな、そういうの。でも埼大向こうのグラウンドだよな…それじゃ通うだけで大変だ…orz

ハートフルを見ていても思うけれど、地元への還元がされている状況が羨ましくもあり。いつか結婚して子供が生まれたらそれだけで

「…浦和へ…引っ越そっか?」

と一瞬思っちゃうかも(笑)<単純


□おまけ□

近藤くん、初ベンチ入り記念(笑)。

控え組・試合前の鳥かご?控え組・アップ中

こういう写真はあまりネットにあがらないよね…。今回は合計80枚くらい撮りましたがこれでも少なめ。夜のゲームになると暗くて失敗が多くなるのでもっとガシガシと撮るせいもあります。

| | Comments (3) | TrackBack (2)

March 19, 2005

2005.3.19神戸戦・道中記その3:帰京

とにかく勝ちましたー。いぇぃっ!ナビスコで初戦を制しましたね!しかも近藤が帯同の上ベンチ入りですよ、控えとはいえ素晴らしい。(^-^)

でも今日勝ったのは試合前の審判紹介で

「今日の主審は川上

と曰ってくれたお姉さんのおかげかもしれません。上川さんじゃなかったのです、あれは。っていうか耳を疑ったけど…(^-^;聞き間違え?

…といった観戦記はまた別に(明日以降書くことにして)。でもスカパー!の再放送は4月の頭らしいので詳しい振り返り記の部分はしばらく書けないですね。

とりあえず東京に着くまでの間に、今日はおまけの道中記を(飛行時間45分だそうです<短いな(笑))。

今回の飛行機はANAなんですが、窓際がいっぱいで、なぜか2階の通路側が空いていたのでそれを選んだら2階の一番前席でした♪あと、時間がもう遅いせいか、動き出したら離陸までの時間は短かったです♪羽田では離陸待ちの飛行機の行列ができていたけど(笑)。そういうところでは今回はいろいろついている気がします。

ただ、妙に手荷物検査のところが混んでいて、ゲートをくぐって音が鳴って、そこでやおらポケットからケータイを取り出す人とか!(--#…何度も何度もゲートをくぐって、それでも音が鳴り止まなくて、お友達に笑われているおねぇちゃん、じゃらじゃらいわせたチェーンのベルトやら指輪やらを全部外してもダメで(笑)、最後に外した髪留めが犯人だったとか!…かくいうわたしもピン留めで鳴らした経験あるけど(^-^;)、係の人ももう少し犯人の心当たりをつけて欲しいですなーと。そんなことを思いながら搭乗口に。そういえばテロの翌年にアメリカに出張した時にはいちいちPCの電源を入れさせられたけど、今はどうなんだろう。


…赤ん坊の頃から眠くなると身体が温かく(熱く)なると言われて、母に笑われてきましたが…今飛行機の中でコレを書いていますが、すっげー身体、熱いでっす(笑)。スルッと関西2Daysの元を取るべく、精力的にあちこち動き回ったので…(<貧乏性というか実際に(以下略))。

と書いていたら着陸態勢に。続きは自宅で。


さて…帰宅後、夜食を食べながら打ち込み再開…と思ったら。押入の突っ張り棒が落下していて洋服も全部落下でべっこりです…。

あー、やっぱり身体が疲れているなぁ。今日はスパサカだけ見て眠ります…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.3.19神戸戦・道中記その2:ツマガリに行ってきました、他

ケーキvv西宮にあるケーキ屋さん、ツマガリに行ってケーキ大人買い(はぁと)。クッキーは大丸で買えるけど、ケーキは本店でしか買えないので、関西に行くたびに何か買って帰ります。今回は空いている今日のうちに行ってきましたvvホテルでパクついています、ウマーでやす。チョコの方は明日の朝に食べます。幸せー。明日も行っちゃうかも(笑)。

神戸のポスターこんなポスターがところどころに。

…でも、神戸ユニのレプリカは結局今日いったお店では1回も見かけなかったぞ…(オフィシャルのお店はあるのかもしれないけれど行ってません)。いちどあの"ぴちぴち"さ加減を確かめたかったのに(笑)。あれはレプリカとしての市場性はどうなんでしょう。着る人を選ぶよなぁ…。わたしがレプリカを買わない理由の一つは上手く着こなせないと思うからだったりするし。レプリカと言えば…いろいろなお店に行ったけれど、日本の何倍も海外のユニが多かったな…(^_^;…関西のチームはなわばりがあるのか、全部揃っているなんてことは少なかったなぁ。ガンバはあるのにセレッソはないとか。一方で関西なのに浦和のユニは売り切れで次回の入荷未定なんてお店もちらほら。お店によってはホーム&アウェイと見かけたけれどね(サイズはバラバラだったかも)。


ホテルはシングルがいっぱいでレディースルームに案内して下さるなど、とても快適ですが、あいにくネット環境がよろしくないので(無料ですがダイヤルアップ--;)、今晩はこれだけで。他のブログにもお邪魔したいのですが…ちょっと遅れて帰京後に書き込んだりするかもしれません…。

さ、エネルギーも補給したし、よく寝て明日に備えよう♪


どーでもいいですが、さっき、たまたまTVをつけたら探偵!ナイトスクープをやっていて、あまりのヴァカヴァカしさに脱力した(笑)。というか、普段家にいても見ない番組なので関西にきたなぁと実感。

あと、昨日は実家に泊まったのですが(羽田に近いので)、帰宅する途中で、今回持ってきた地図は大阪だけ、よく考えたら兵庫も必要だ、と気づいて鬱になる…うっかりした。

なによりスカパー!の録画の設定を忘れて関西にきちまったよ(べっこり)…739は再放送、されるんだっけか。

余裕がないってこういうことだなー(涙)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2005

2005.3.19神戸戦・道中記

虹

1時間ほど前に伊丹空港につきました。虹が出ていました(はぁと)…↑の画像でうまく虹が見えるかしらん。とにかく幸先よいです。(^^)

直前まで雨だったのではというツッコミは受け付けません(笑)

PHSは画像とかを写して送る機能と対極にある機種なので、PCで無線LANポイント(もちろんタダのヤツ♪)を見つけたら繋がろうと思ったら。千里中央でFreespotの掲示を発見、そこからモバッています。しかもPCを開くのに丁度良いテーブルありのお休みどころがあるので(笑)

しかし老若男女、みなさん関西弁なので、大阪に来るとどうもいつも芸人に見えてしまう罠…。すみません…。


あー、今週は仕事忙しかった…。今日明日と楽しみたいと思いますvv


■追記■

Lawson Ticketのサイト見たら…瓦斯戦のアウェイGI、売り切れてたorz

売り切れるの、早すぎだよっ(T_T)

…くそう、こっちが接続できない間に!

…うーん、いちおう自由のAで押さえておくか…。まぁ、たぶんGIははねられる方が多いからAでいいのかなとも思いますが、いつもながら高いのだけがムカツク。しかも瓦斯で。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 16, 2005

週末に向けて頑張るっ

…宣言です(笑)。そうでもしないと何かに負けそうで。

でもあと少しで神戸戦+αの旅に出かけられます。

風邪を引かないよう、もう少しだけ頑張るのです。たとえ残業で遅くなって、日付変わってうどんを食べていても…orz

睡眠時間を減らさない程度に、明日へのエネルギ源を求めて、これからちょっとだけRHB巡りしてから眠りたいと思います…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2005

先輩と後輩の関係~浦和につづく正のバトンを見て思うこと

しばらく暢久のサイトで更新されていたメッセージに気づかなかった(笑)。更新頑張ってね<キャプテン

さて、昨日あたりはゆっくり時間もあったので、つねづね書こうと思っていて、ここのところ忙しくてかけなかったネタについて書いていました。 

家でしなくてはいけない作業については気づいていないことにしま(以下略)


Sportiva4月号で、岡野がいくつかのオファーの中で浦和に来た理由は、大学在学中の練習参加の際に対応してくれた福田さんなどの親切なところに惹かれたから、といったような記事が載っていたと思います(雑誌が手元にないので表現が正確でないのはご容赦)。

こういうのって浦和を浦和たらしめていている重要な要素だったりしないでしょうか?

そんなことを自分の母校である某公立高校とオーバーラップさせながら思っています。


わたしが卒業した高校は、単純にいれば「後輩を可愛がり先輩を尊敬する」学校であったと思っています。もちろん、実際のつきあいということで言えば、きれい事ばかりで片づけられるものでもなく、うるさい先輩もいたし、クソ生意気な後輩もいたけれど(笑)。でも、誰かにいわれたから可愛がるのでも尊敬するのでもなく、それが自然に、理屈抜きで行なわれる高校でした。

そうした雰囲気に一番大きな影響を及ぼしているのは、やはり「後輩として可愛がられた」記憶だと思います。先輩と後輩の関係は卒業してから何年も変わらず、後輩と一緒に食事すれば、いくつになっても先輩が少し多めにお金を払ったり…でも意見を言う時は常に一人の人間として対等、という感じ。ある意味、完全な年功序列の関係。でも「先輩だから」「後輩だから」と盲目的に服従を強いられたわけでもないから、先輩になってもそれを意識して回避し(少なくともわたし自身は)、必要とされたらはじめて口と手を出すような…あとは¥も出し(笑)。イメージとしては陰から見守る飛雄馬のねーちゃんみたい?(ちょっと違うかも)

わたしの母校だけでなく、それなりのエネルギーを持って人が集まるところであれば、そこには中で過ごした人にしかわからないであろう、独特の空気というものがある・できるはずで、わが母校の場合は、たとえば不思議なことに全く同時間を過ごしたわけでもないのに、初対面やネット上でのやりとりでも、旧知の仲のような関係を築ける…そんな母校をやっぱり愛しているのだと思う。

こうした気持ちを抱くのは、卒業した中学校がいわゆる「荒れた」学校で、不条理に先輩と後輩の関係が厳しかった時代を経ていたからかもしれません…たとえば部活の先輩に廊下ですれ違った時にきちんと大きな声で立ち止まって挨拶しないとシカトされるとかな<あふぉくさ。まぁわたしはそういうのがイヤで帰宅部でしたけれども。

目に見えないけれどある場所に確実に存在する雰囲気、そこに脈々と受け継がれ、かつ受け継ぎたいと思うものを「正のバトン」のようなもの、とわたしは思っています。

わたしの出身校でもそれが今も受け継がれていたのだと、母校を通して知り合った人々や現役生の動向を見るたびに安心しつつ、ほかの学校ではそういうやりとりがないのだろうかと、常々興味を持ちながら、真相はわからないままでいます。


…自分の話が長くなってしまいましたが。


Jリーグにその身を置いていれば、なにより一人のプロのサッカー選手として、ポジションが近ければ近いほど、チームメイトのほとんどはライバルであるし、そういう意味で年齢も何も関係なく対等だけれど、それを離れればやはり先輩と後輩として良い関係を築いているのではないかと。

岡野のインタビュー記事
暢久とハセの対談
井原さんと啓太&ハセのトーク
カニのニックネームが誕生した時の逸話、つまりは岡野とカニちゃんの関係
そしてカニちゃんと大山の対談

そんなところから垣間見ながら、なんかうまくバトンが繋がっているような感じを受けており。


そして川崎戦での岡野とカニのコンビネーションときたら!

さすが危険な香り漂う19歳ですよ(違)。


サッカーで、あるいは私生活で、プロとして生きる姿勢を見せてくれた先達に習って、その背中を見て大きくなった中堅どころ、若手たちがさらにその下にバトンをつないでいってくれますよう…サポとしては祈るばかりです。


関連して…他流試合…ではないけれど、別の世界を知ることについて書きたいこともあるのですが、それについてはまた別の機会に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2005

浦和と別の趣味の話~チケットげっつ繋がりで

わたしのHNは某アーティストさんのファンなら一発でそれとわかるものなんですが。

忙しさにかまけて…そのファンクラブみたいなものの会報を未開封のまま置いておいたのですが、今日周りを整理した際に開封したら…

3年ぶりのツアーのチケ先行予約のお知らせが!Σ( ̄□ ̄;;)

…あ、あぶねー(汗) ←15日〆切

ここのところ(3年弱)の興味は浦和に重心が置かれるようになっていましたが、そのアーティストのことも未だにもちろん大好きで、久しぶりの東京公演には行くつもりvv

コンサートの類は、土日が拘束されるサッカーと違って、だいたい仕事が終わった後に駆けつけられるようなタイムスケジュールのことが多いので、今回の日程を確認…水曜と木曜日か…やっぱ2日行かないとね、微妙に出し物が違うはずだから。まさかサッカーはないよなー、と手帳を確認したところ。

水曜日に東京V戦@霞ヶ丘が!...orz

んー、しょうがない、木曜日だけで我慢するか。


さて、当然まだチケットが手元に来ていないのですが、先行予約にあたって、印刷物の中に規約が記載されており、それによると

・チケットの買い戻し制度があるらしい(所定の条件で買い戻し可能)
・チケットの券面に会員番号と氏名が印字されるらしい
・チケット転売情報の登録が行える(ぶっちゃけ、たれ込み可ということか(笑))

つまりは、営利目的会員の退会、営利目的行動の抑止、善良な会員の利益を守ること、という目的で定められていると規約の冒頭に明記されています。

す、素晴らしい!

ひょっとしてQRコードでも印刷されていて、入場時にチェックするのか?そこまでしたらすごいなー。

ちなみに、このファンクラブのようなものは、浦和のサポよりはずっと少ない会員数だったような…。こうした取り組みは一筋縄ではいかないだろうけれど、まずは姿勢を示すこと。そして実現に向けて具体的に取り組むことが重要なのでしょう。関係諸氏の努力に感謝します。

というわけで、よろしくね<犬飼社長

| | Comments (2) | TrackBack (0)

公開講義@埼大

ある程度期待を込めて予想していたとはいえ…

埼大で公開授業 一般聴講生募集 J1浦和 (WEB埼玉より)

キターーーー。

>一般の受講が可能

…4月時点で在学中の学生は受講できるってコトか?ってことは(以下略)


>定員150人

…少なっ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

川崎戦@等々力:第2節・2005.3.12...3-3

大活躍の友ちゃん&復活ツボ

あーもー、わたしの涙はこんな試合のために目に浮かぶものではないはずなんですがっ。ラストプレーで追いついたのを見て思わず涙目に。

負けなくて良かった…orz...<ぐったり

3点目なんて誰が入れたか家に帰るまでわからなかったよ…闘莉王だったのか(アレだとばっかり)。

袖の切り替え部分とか
開幕戦はぎりぎりの到着だったので気づかなかったのですが、練習着にもいろいろバリエーションがあるんですね。アップの内容も去年までとはちょっと変わっていました。みんなと一緒に横一列に走るのが最初かと思ったらしばらく思い思いに走って、そしていつもの横一列が始まって。そのほかも微妙に違っていた。

試合前の始球式?…は気合いがそがれるから逆効果だと思われ。

試合が始まってみればとにかく最初の十数分は選手が起きてなかったな…。

坪井がジュニーニョに抜かれていたけれど、さすがJ2を記録づくしであがってきたチームというべきなのかなぁ。それでもガチンコで向かってきてくれた方が、守りきられるよりもずーっと戦いやすい気がする。

なんか、トラップの精度も甘くてそこを取られるとか、立った状態でボールを待っているからそこに詰められて奪われて。そんなのが何回もあったなぁ…やれやれ。出す球は川崎の方が正確だったから、そこでいろいろピンチを招いたように思い…うー、啓太ーー!

エメはまだまだ冬眠から覚めやらぬ、なのかなぁ。

平川はよかったと思うけど、肩、大丈夫?

岡野&カニの同時交代は訳もなく萌え(笑)。そしてセットで2点目演出ですかー。岡野、かっちょよかったー(^-^*)

後半35分過ぎたくらい、2点目を入れた後、祈るようにPride of Urawaを歌い始めてから最後の点入れられたのが嬉しかった。っていうかサポが歌ったおかげか?<をい

でも…イマイチぴりっとしない中でも、負けを覚悟した試合で何とか同点に追いつけるようになったのは去年の経験の賜物かなぁ。そしてまたしてもロスタイム3分に救われたな…。あれが2分だったりしたら同点劇はなかったもの。

都築、とりあえずPK、よく止めました(はぁと)。そのあとの球の流れは…まぁしょうがない。でイエロー1枚か…控えが徳重…うー、いきなり不安になってしまった…。



以下、帰宅後にチゲ鍋風な食べ物を突き、ビデオを見ながらつらつら思ったことを。

・友ちゃんの1点目はよく浮かしたなぁ…vv

・倒れているヒラをそのままにプレーを続行した浦和の選手たち…しょうがないんだろうけど…時間長かったなぁ。

・前半43分の達也のシュートは惜しかったんだなー(浦和のチャンスのリプレーはやらなかったような…記憶にないので)。

・あれでもいつもよりAnother Worl度は弱めだったと思う(まぁ誤審はあったけれど、カードは少なめだったということ、ただそれだけで)。

・川崎の3点目はこれはしょうがないなぁ。とにかくファウルをもらわないようなプレーをして下さいな…。入った時間帯が早かったのが浦和にとっては良かったかなぁと思う。そこから良く追いついたよ…。わたしも諦めずに念を送り続けましたけど。だからうっすら涙が出たのか。

・岡野&カニの交代直前のうっちーはよく戻れたなぁ(汗)。間一髪だ…おとろしー。

・収容人数25,000に対して本日の入場者数24,332人、って超満員だなぁ。

・終盤、川崎が隙あらば攻めあがろうとしていて、下手に守りの姿勢にならないでくれて助かった。ロスタイムに入っても徒にボールを回すっていうこともしてないし。追いついたの48分10秒だよ!(驚)…リプレーで見たら闘莉王の向こうで川崎の選手が倒れ込んでいるし。


そういう意味では、総じてともに攻めあがろうとした結果のシュートの応酬で(浦和の前半開始十数分をのぞく)、単なるサッカー好きが見れば手に汗握る面白い試合といえたかも知れないけど。

サポとしてはたまんないよっ ヾ(`Д´)ノ...ったく


ゴミ拾いは、開幕2戦目というで、1戦目同様Jリーグからの配布物があり、また、ホーム応援用の青い新聞紙の配布物等々、それをそのまま捨て置く人がかなりいました。ペットボトルはなくなりませんねぇ。でもいつもよりはマシだったかな、と思います。ビニール袋いっぱいになるまで拾いましたが、かなりのエリアを拾って歩けたので。

15時半キックオフで、1時間ほど前に行ったのですが、入り口の選択を間違えたせいか、ぐるりと廻ってバックスタンド1階にようやく席を見つけて入り込みました(ちなみに今回はホームです)。メインの方がなぜか自由席だったのですが…そちらは入り口に近かったせいか、たった1人でも座る席を探すのが無理でしたねぇ…。

通りに揺れる旗
町の様子はこんな感じで、よーわからんけど気合い入ってました(笑)。

カーネルさん

←優勝したら多摩川に投げ込まれるらしい

後半からはもう寒くて寒くて。サッカー観戦にはまだちょっと寒いな。

お疲れ様でした。っていうか疲れたよ。明日、肩痛いんじゃないか?力はいりすぎて(笑)

来週はナビスコかー。今年こそは最初から突っ走ってくれるんだろうか…いつも最後まで安心できなくて、それでも滑り込んで、どうにか3年連続で決勝進出なんだけど…。


□追記□

今日起きたら股の付け根が痛かった(笑)。どこかで力がかかっていたのだろう。

J's Goalの記事に、長谷部の活躍が後半おとなしくなったのはそういうことかと(あまり大局的に観戦していないので、心の中にメモメモ)。何より見ている人は見ているなぁ…と思った<カニちゃん、やっぱりイイ。わたしはうるっって背番号に8という数字を見せて戻って行った人しか気づかなかったけれど。川崎の最後の選手交代に「?」と思ったのは覚えているんだけど。

2005.3.13 PM1時頃 追記


□追記2□

書き間違えたところを修正…頭ん中ではわかっているのに、文にして時間をおいて読み直すとPride of URAWAを歌い出したタイミングの表現が変だったのでなんじゃこりゃと、その箇所を。


2005.3.13 PM4時頃 追記

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 12, 2005

アウェイツアー by 阪急交通社

今年からスポンサーになっていただいている阪急交通社さんのツアー、いつの間にか追加されていました。

…とりあえずGWのは申し込んでおくか(笑)。新潟も申し込んじゃおうかな。電車ではなかなか行きにくい感じですし。


今日、職場で18日の研修が神戸戦とかち合うことがリーダーに ばれたので 言い当てられたので(しかし勘のいい人だな(汗)<わたしの普段の行動を見ていればわかるか(^-^;))

「仕事と浦和とどっちが大事なの?」

と聞かれたけれど

「浦和のゲームに行くために働いています」

と答えましたが何か(<深刻な聞かれ方ではないし、きちんと仕事はしていますので念のため)。さらに

「浦和が(わたしに)何を与えてくれるのか?」

と聞かれたけど…。


…うーん。


なんだろうねぇ…。


とりあえず「興奮」と答えておきましたが。

ちょっと違うかな。ついでに

「職場と違ってぴちぴちしたオトコノコがいっぱいいるから」

とも言ってみた(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ネットの存在意義を改めて考え中

今週、浦和の名前を借りたある1つの活動が、主にネットを通じて世に出て、そして数日のうちに終わりを告げました。

わたしも今週は仕事が忙しく、限られた時間でネット上で知らされた内容を見た限りでは、結局は飲み会レベルで始まった話が、いろいろなところで思わぬ方向に流れていったらしく、当事者たちの思惑と違った形で表出していったようです。つまりは最終的には、わたしが懸念、心配していたようなものとは違っていたのだろうと思っています。当事者たちやそれを表に出した人々の意識は軽率であったとは思うのですが、でもこれも今、終わってみれば…というお話なのでしょう。

このように、いわば杞憂という形で収束してみれば、正直、1週間もしないうちに収束に向かったことで、それによりまた自分の中にまた別の釈然としない気持ちが沸き起こっており、何が正解なのか、今もやはり考えている。

どれくらい考えたところで、たぶん明確な答えは出ないのだろうけれど。

状況は全く違いますが、2004年2ndの磐田戦でのある事件のことを思い出しました。あれも磐田サポのサイトの管理人さんが図らずも巻き込まれていて、ネットの存在意義と怖さを端から感じていましたが…。

たかがネット。されどネット。

ネットは、実際に身体を動かして行なう活動を補完してなんぼだと常々思っているので、わたし自身、ネットを通じて広がった世界もあるけれど、でもネットで心が消耗してしまったことも実際に何度かありました。それはどう考えても本末転倒であり、ネットという存在が負担になった時点で一旦ネットから離れることが不可欠だと認識しています。

世に対するわたしのこのブログの影響力はそれほど大きくはないでしょう。しかしこういう事態はまた起こり、あるいはわたし自身が図らずも巻き込まれる可能性も十分にあり得ます。ブログをupするようになって半年を迎えようとしている今、少なくとも徒に迎合したり、流されたりすることなく、常に自分の心の声に耳を傾けながら、自分のペースでエントリーを紡いでいこうと改めて思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2005

XEROX、見てしまった(笑)&わかばさんに感謝(BlogPet)

楓がマリノスはネットっぽいサポートしなかった?
でも浦和まで公言しなかった?


*このエントリは、BlogPetの「楓」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2005

一鹿島サポとお話しした

ま、職場の先輩が鹿島サポなので(笑)。

その元・旗振り隊員のサポをして、

「あれぢゃ、今年はダメだ」

…と。

あんな勝ち方をした鹿と磐田に対し、浦和と横浜は…負けはしたものの、それがかえってオフあけのぬるい空気を引き締めてしまったのでは。今年は浦和と横浜だね、と。そんな話をしてくれました。

なんか、シーズン初めから白旗出されて、全く闘う意欲なし(笑)。

むぅ、つまらんのぉ。


Footivalと日刊スポーツグラフ、実はまだ読破していなかったりします…仕事が忙しいせいもあるんですが、どこを開いても浦和の記事なので、それが嬉しくて少しずつ読んでいたり。なんか、読み終えるのがもったいなくて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マコぽん&高校のサイト

…やっとわたしの活動圏内の本屋さん@東京都内で見つけましたので、マコぽん、読んできました。

というわけで、右手にPC&仕事の資料ほかたくさんを抱えながらの、気合いで立ち読みです(笑)。もう夜9時近かったし、周囲の目も気にせず、堂々と最初から最後まで文字を追ってきましたです。だって、あちこちのサイトで"文字少なっ"といわれていた時点で、買う気はさらさら無かったので。

----------------------

しかしデカかったー。

しかし文字、少なかったー。

----------------------

構成のほとんどが写真で、文字といえば見開きの写真の隅にあるサポーターorチームメイトからの数行のマコ評と、泰さんとの対談と古沢さんの4コマ漫画と読者からの似顔絵投稿紹介と。REDS系もすべてを買っているわけではないので、写真が既出かどうかすらわからないや。

いちおう浦和での3年くらいの写真と藤枝東時代のもざーっと見たけれど、マコさまはやっぱり茶髪より黒髪の方が似合うと思うよ。

感想といえばそんなもんか。

とにかく、本屋の普通の書架に入らないので、一番向こう上のラックに立てられていましたが、読み終わったらそこにまた戻すのに一苦労。少なくともあのサイズはどうにかして欲しいなぁ。うちの本棚に縦では入らないのも購入意欲、マイナスへ。

マコちゃんはサッカーで魅せてくれる上に可愛いけどさー。どうなの、これは。


家に帰ってきてから、そういえば藤枝東は中学の成績が20番目くらいでないと…みたいなことを書いてあったと思うので、さっそくサイトに行ってみた。

おぉ…サッカーボールが転がっているよ(笑)。さすが、沿革のかなりの部分にサッカーの記載がある学校だけあるなぁ。そうですか、県立の進学校なんですねぇ(<無知)。

しかしビルターで作ったとわかりやすく、そういう意味で高校らしいサイトだなぁ…(^^;

ちょっと前に自分の母校のイマイチなサイトのテコ入れに口を出したことがあるのですが、そのときさんざん余所の高校のサイトを斬りまくっていたら、かなりの確率でビルターかWordで作ったかの見分けがつくようになったのが嬉しいやら悲しいやら。そのくせうちの母校への意見は受け容れられず、未だにイマイチです。あの時間はなんだったんだろうなぁ(遠い目)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2005

We are REDSのWeの一人として

浦和には、浦和をサポートしたいという気持ちで繋がった、何万人もの大切な仲間がいる。名前と顔が一致する人は両手で足りるくらいだけれども、ブロガーさん、スタジアムにいる人々、その思いの温度や強さにたとえ差はあろうとも、わたしの頭の中では勝手に(ただしこっそり)サポ仲間に認定させていただいております。


浦和サポに対する世の評価・評判はどんなもんか、その中に入ってしまえばホントのところはよく知りはしないのだけれど、たとえば商業的な価値から言えば、きっと少なからず売り上げを見込める存在として期待されているのだろう。

だって、2004年2nd Stage優勝のご褒美なのかどうか、これまた事情は一向に知らないけれど、というかわたしはそう思っていますが(笑)、ここ数ヶ月で多くの浦和本が出版され、わたしも喜んで財布の口を開け、何冊も手に入れてきましたから…いい加減にして欲しいなぁとか悲鳴を上げてみたりも(マコぽんは浦和本ではないと認識していますので買ってませんが)

そんな一定の方向を向いた団体、その指向性にもかかわらず、多種多様な年齢層・職業・性別等々に支えられている存在に期待して、スポンサーとして付いてくれたり、そこから浦和レッズの活動を支えるための強固な基盤を確保してくれたり、レッズランドとかの実現に動いてくれたりしていると思えるのなら、それはそれで歓迎いたします。


でもね…


いくら崇高な思想であろうとも、それを伝えるために、一部の……ホンの一部の人たちに、その他大勢があずかり知らないところで「浦和レッズ」の名前を利用して欲しくないんだよね。


浦和レッズって、それを大事に思うみんなの思いの集合体ではなかったの?



15年以上も前に、家族4人で旧西ドイツ・某市のブンデスリーグの試合を見に行ったことがある。それを知った大学時代の担当教官(ドイツ留学経験あり)に

「女子供が行って危なくないか?ブンデスリーグは政治的に偏った人が行くんだよ…」

みたいなことを言われて驚いたことがある。ブンデスリーグのこともよくは知らなくて、それが本当なのかどうかはやはりこれまた知らないのだけれど(世の中知らないことだらけだな^-^;)、その翌年?に2部に落ちたほど弱々のチームだったせいか、わたしがまだ子供と呼べる年齢で鈍感だったせいか、少なくともスタジアムに行った限りではそれほど危ないと言うことは感じなかったのだけれど…。


浦和やJリーグがそんな風になって欲しくない。


ゲームがあって、スタジアムがあって、行きたい時にチケットを買うお金があって。もちろんチケット自体が入手可能で。

ゴミ問題をはじめとするマナーのこととか、ひとつひとつ解決する問題はあるのだけれど、わたしにとっての1つ1つの幸せの積み重ねと、勝っても負けても得られる非日常性への期待、それが裏切られない場所として、わたしの足は浦和に向いているわけで。


そういう1つ1つの幸せと今回の言動…。


なんだかなぁ。


…釈然としない。



わたしは時に釈然としない思いをかかえることがある。

前にも書いたことがあると思うけれど、わたしは別に管理しているウェブサイトなどのために、サーバーを借りている。今借りているのは2軒目だ。実は1軒目とちょっとトラブルがあって、移転を迫られたのだけれど、その時に口の利き方を知らない管理会社のスタッフと1ヶ月以上メールでやりとりをした。トラブルの原因にコチラに非があったのかも知れないけれど、とにかく「釈然としない思い」は最後まで解消されず、慇懃無礼なメールの応酬に、終いにはメールボックスを開くのが恐怖になるくらい、精神的にほとほと疲れてしまった。

状況は違うけれど、それはまた山瀬の時の思いも「釈然としない」というのがピッタリで、やっぱり疲れる出来事だった。

今回のことはそこまでは重症にならないと思いたいけれど。

しかるべきところに行動を起こしつつ、ちょっと動向を見守りたい。


なんていうかね。センスってそれぞれの人がそれぞれの人にもって生まれたものとして与えられていて、それは努力とか、そういうものがあまり効かない部分だと思っているんですが、そういうことも含め、理由がわからない(はっきりとまとまらない)段階でも「なんかイヤだなぁ…」と思う感覚・センスは大事にしたいと思うのです。たとえ上手くそれがピッタリの言葉で表現できなくても。



月曜日の夜、仕事のため、某所に泊まることに。これ、ホントいきなり言われて、全く予定外のことでして…シャツや下着や靴下を慌ててユニクロに買いに行ってしまうくらい(笑)。どちらも「今日のままでイイじゃん」とリーダー(♂)に言われて「あり得ないー」と買いに行ったんですが、男の人ってみんなそういうものか?

PCは持っていったものの、泊まる理由になった翌日の作業のこともあり(そしてまたロビーに行かないと接続できなかった)、結局さっき2日ぶりくらいにネットに繋がり、ブログを巡ったらこんな騒ぎになっていて…。そしてまたさっきJリーグのサイトを見たらアルPは2試合停止になっていて…orz

なんか、やれやれだ。

上記画像は日本活動蹴球倶楽部・kojyaさんから頂いてきました。


□追記□

今回の件は、わたしが24時間ぶりくらいにネットに戻ったところ、いちおうの収束を見せたようであります。他力本願で恐縮ですが、True Faith by 木崎育ちさんに詳しくまとめられています、いつもながら感謝…。その経緯などを拝見しながら、ホッとした部分と、そしてまだ注意深く見守りたい部分と。

わたし個人としては、政治とサッカーは全く無関係ではないと思っております。身近なところでは、たとえば浦和ゆかりの議員さんのサイトへのリンクを貼るかどうか…しばらく悩みました。でもいくらチケット収入で選手のお給料をまかなえるようになったとしても、たとえばあれだけ大きくて充実したスタジアムをホームと呼べるようになるためには、サポーターやスポンサーによる力をはるかに上回る何らかの力が必要だったのでは?あるいはあのパレードを成功させるために動いてくれた人がいるのでは?等々、今のところ断片的に自問自答をしているだけで、自分の中でもハッキリこうといえるような意見はまとまっておらず、今回の一件を通して改めて考えているところです。

kojyaさん製のバナーはしばらく貼っておきます。今回の戒めとして。

2005.3.10 AM1時台

Samemoon!


□追記2□

件のバナー、しばらく貼り付けの予定でしたが…ご本家でもう外されており、それで傷つく方がいる可能性が十分にあり得ることを考え、今回は外します。よろしくお願いします。

2005.3.10 PM7時台


□追記3□

このエントリー冒頭に掲げてあったバナーも削除いたしました。

2005.3.16 AM2時台

| | Comments (4) | TrackBack (1)

March 06, 2005

4/2大分戦・準備完了

4/2の大分戦、本日チケット発売で準備完了です。あとは飛行機のチケが届くのを待つのみvv

それと同じく本日発売の4/28・磐田戦…大人の事情で参戦できない予定でしたが…数日前に某所から送られてきた指令文書によると、予定が少し(1時間半ほど)繰り上がったっぽく…普通に参戦できそうなんですが<ただし新幹線利用で(笑)。うーん、どうしよう…。でも日帰りは無理っぽそうだし…帰りの足が確保できないとねぇ…。

掛川か浜松あたりに徹夜可能な漫喫とかスーパー銭湯とか、ありますか?(笑)

エコパなら当然ながらまだチケは売り切れていないので(^^;、しばらく悩もう…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2005

鹿戦@埼スタ:第1節・2005.3.5...0-1

雪か?氷点下か?との心配も杞憂に終わり、太陽が顔を出す、3月としてはまずまずの観戦日和でした。明日はうってかわってまた寒くて雪ですか?みたいな予報が出ています…谷間で良かったですね。

文字旗

アルPの退場の経緯がよくわからなくて、きっとまた師匠が何か陥れたんだろうなぁ…とは思っていましたが。家に帰ってきてからビデオで確認。

…あー、もー上手く倒れやがって#…でも赤は厳しかったなぁ…。1発目は冤罪だと思うけど、カードを喰らった後の行為は褒められたものではないので、ここはぐっと我慢ですよ、アルP。

それから、余計なカードをもらうなよ、頼むよ<闘莉王

スタジアムに立つ選手たち

前半終了間際に岩政が大げさに倒れて担架でピッチを出た瞬間、すくっと立ち上がって何事もなかったように走り出したのは呆れた。もちろん大ブーイング。それを知ってか知らずか、ボールが鹿側にあるので急いでピッチに戻ろうとするのを、主審の吉田さんが一プレー分くらい流してくれたのは良かったと思う。それから線審のオフサイドの誤判断をあっさり流して続行させたところもなんか主審らしくて良かった(なんだそりゃ(笑))。でも、吉田さん、ネネに出すなら長谷部に対する鹿の汚いプレーにもう少しカードを出してくれたら…とはビデオを見ながら改めて思いました。

去年の1stの瓦斯戦もそうだったけれど、カードの応酬はみていてちょっと悲しい。でも時に前にあがりつつ、後ろでしっかり詰めていく右の平川(^^)、再三ボールを奪取していた友ちゃん、久しぶりに走るエメ、何度も狙われながら、伸びた髪をゴムで留めてチャンスをうかがうマコちゃん、最終的にはFWを4人も配し、その結果いろいろな選手がいろいろな位置で動く様子…記者席には新人くんたちも先輩たちのプレーを見つめていて。

エンブレム旗

やっとシーズンが始まったなぁvv

試合前に揺れた、パレードで使ったとおぼしき大きな旗、市役所ではあれだけ大きく見えたのにスタジアムにあるととても小さく見えてしまった(笑)。右上の写真からもわかるように、改めてデカユニって大きいんだなぁ!

ピッチの周囲に配された看板も回転式になっていて、闘莉王が得点したらそれに上れるんだろうか、壊して損害賠償とか…とちょっと心配したけれど、その向こうにちゃんと昔ながらの固定式の看板も置いてあった<きっと闘莉王仕様(笑)。


今日の試合を見る限り、鹿に往年の怖さは全く感じられなくなっているように思ったのはわたしだけでしょうか。


試合終了から1時間以上経ってようやく電車に乗ったけれど、なんか、すごい混んでいたなぁ…。何度も入場制限して。家に帰るまで2時間くらいかかってしまった。パブ?は大にぎわいだったと思うし、デッキが開放されたのはすごく良いことだったと思うけど…まだまだ改善の余地はあるみたい。帰るだけでちょっと疲れちゃいました。

ゴミを拾おう運動の成果
それと、今日の成果。

その場で拾った(!)45L入りぐらいの透明のビニール袋にたくさんの食べ残しとか、お皿とか、新聞とかを詰め込み、家から持参したビニール袋にペットボトルを十数本。紙パックのジュース2つ回収。なぜかビールの缶も発見(--;

今日悲しかったこと。

床に捨てられていた今日のMDP。座席に貼り付けられていたボーダフォンのステッカー。コップの中に飲み残されていたアクエリアス?に気づかず、空だと思ってその上に1つ重ねたら中味があふれ出てしまった…orz


…まだまだ道のりは遠そうです。


■修正■

タイトルの付け方を去年のエントリーで確認して今日のタイトルをつけたつもりが清水戦の日付になってしまってました...orz(<直しましたけど)

■追記■

そういえば、駅からスタジアムへの長い道中、ダフ屋に声をかけられなかった(会わなかった)気がする…。気のせいですか?てっきりもっとたくさんいると思ったのに。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

March 04, 2005

本日発売の2冊~Footival特集&日刊スポーツグラフ

昨晩は仕事先から実家に帰りました。今日、近所の本屋で値段も中味も確かめず、Footivalの特別編集&日刊スポーツグラフのGo Ahead Urawa Redsの2冊を大人買いしてきました。幸せvvv

仕事を終え、昨日寄れなかった図書館で先週号のマガ&ダイを引き取り、マガの最新号の表紙に

「…丸顔のわたしはツボの脇に立ちたくないなぁ」

とか思いながら、藤枝東出身・先輩後輩の対談をざーっと読んでいきました。雑誌を読みあさるようになったのは、ここ半年くらいのことなので、知らないことばかりでどの記事も面白いです。また予約をかけて、来週借りてこよう。

そして、夕飯を食べながら、とりあえずFootival特集冒頭のマコさまの記事をさらっと読んで。おぉマコさまの異性の好みは「お互い空気みたいのがいい」ですか、そうですか。ちなみにわたしの好みもそうなんですが、わたしの場合もっとひねくれていて「空気の中の7割は窒素なので、そこはあってもなくても関係ないんだろうけど、残りの酸素の部分は必要とするような関係がいい」とか言っていたら、今日まで長々と独り者で来てしまいましたなにか...orz。やっぱりそういう話で理屈をこねすぎるのはいけないらしいですよ、マコさま。でもほら、酸素は適度にないと燃えるものも燃えないし!<まだ理論武装をはかろうとする(笑)


長谷部はおじいちゃん子だそうですが、わたしはたぶん、おばあちゃん子です。

父が男2人兄弟で初孫のわたしがオンナノコ。それは喜ばれたようです。そしてまた、わたしは人より少し長めに学校に行ったのですが、その進学を認めてくれたのは他でもない、祖母でした。祖母はその歳にしては学校に行かせてもらった口で、女子師範を出ています。祖母の母(つまりわたしにとっての曾祖母)がやはり師範の学校に行っていたので、進学ということを非常に理解している家でもあり、祖母自身が自ら実感し、評価してくれている人です。人並みに社会人になることを望んだ母と、時に衝突したわたしにとって、祖母の応援はとてもありがたく、勇気づけられたものでした。

母と祖母は世によくあるように嫁と姑の確執を孫娘に見せており、今でも分かり合えてはいないはずですが、今日の実家では普通に会話していました。二人とも角が取れたのか…。


今日、実家に2ヶ月ぶりくらいに帰ったら、

祖母「1月2日以来会っていない(;_;)」

とか日付指定でいわれてしまったし、近いのでもう少し帰ろう(反省)。弟夫婦も海外赴任中で日本にいないことだしね。


祖母は元気で自分の足で歩き、電車に乗り、習い事をし、そしてまたそれを人に教えてもいる。その祖母に請われて、今日、3月一杯で販売を終了する磁気式イオカードに代わり、Suicaの使い方を伝授してきた。

チャージとデポジットの説明が難しかったよ…orz

Suicaを買うのに「2000円入れたら1500円分入っているんだよ!」と言っても

祖母「残りの500円はどこにいったの?」

…と2回ほど繰り返して説明。

もー、磁気式イオカードはせっかく使い方を覚えたのに!(^-^;)

いちおう、さらに3000円分チャージしてあげて、あとは実際に目の前でやって見せて「わたしの真似をして、自動改札のところにSuicaをお財布に入れた状態でかざしてね」と伝えてきたけれど…どうなることやら。

でも好奇心はある人なので、慣れたら大丈夫だろう、たぶん。


そんな祖母、85歳。

わたしが中学生の時になくなった祖父の分も長生きして欲しいなぁと思う。



そんなことをつらつら思ったあと、またページをぱらぱらめくってみましたら、当然のことながら対象がすべて浦和の関係者ということに今さらながら萌え萌えして。

うーん…これは食べながらで読むべきではない!(笑)

というわけで、これからお風呂に入り、もう少しゆったりしながら、じっくり読もう。そして、雑誌の内容について、追記したいことが出来たらまた書くことにして。明日に向けて気持ちを落ち着かせよう。


そして明日、いつも通りの格好で、ちょっと用事を済ませてから参戦の予定。

ではみなさん、また明日!

…晴れて暖かくなりますように(切実...>_<)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

続・Sportiva 4月号

なんかねぇ…ギドのインタビューが目に痛かった…(x_x)…おかげでそのあとの西野さんと山本さんのページが目に易しかったこと!(笑)

あと、ドイツ人同士の会話をあとで翻訳するという形式だったせいか、通訳を介すことにより醸し出される雰囲気と違う、なんというか、自然な感じがよかったのかも。

岡野はカコイイでした。岡野のインタビューも、文末に書いた理由により、わたし自身は雑誌で見た記憶がないので、先輩に大事にされ、後輩を可愛がるところとか、自分の出身校のようですごく温かい気分にさせられました。

大原の様子と社長とGMのインタビューもさらっと読んで。


いちおう打倒すべきものとしておかれている鞠は、立ち読みした限りではページ数も少なく、不完全燃焼でしたけれど。タイトルを取ったのに違いはないんだけど…その過程って、サポ的にはアリなのかな、と鞠の戦い方を見て思う。それと、相撲以外のスポーツに興味のない人が書いたというチーム名の記事はなぜその人がそういうことを書いているのか全く意味のわからない、何かへんてこりんなページだった。

というわけで、結局、立ち読み@7-11で済ませたという次第。結局、以前ネタにしたように、雑誌を買うという行動があまり身に付いていないせいか。

ちなみに、今日も増刊号が発売されましたが、比較の対象がないわたしには、それが普通のことか、浦和特需なのか、お財布を期待されているのか、その辺がイマイチよくわからなかったりします。

でも、まぁ大人買いできるくらいの経済力がついたってコトでよしとしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2005

ギドと眼があったので~EL GOLAZO浦和特集号(勝手に命名♪)

今朝、職場に急ぐ道中のKIOSKでギドの顔を見かけたので、久しぶりに買っちゃいました、ピンク色のエルゴラvv

っていうか、なんでオフィシャルで告知されていないんだ!水曜発行で販売期間今日までなんだから、あやうく買い漏らすとこだったじゃないか…ぷんぷん。これって地域限定販売のせい…?

中味はまだ見ていないのですが、「浦和レッズダイヤモンズ特集」とあるからには誰かが浦和のことをなんか書いているんだろう…くだらない内容だったらぶっとばす(笑)。まぁ、表紙にギドをおいた時点で130円払ってしまうんですがっ。


…これから明日まで仕事でネット環境から離れるため、更新等できないと思いますが、埼スタに詣でる予定のみなさん、雪などで風邪を召されませぬよう!

…あぁ、職場から更新するようになるとは(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3月…なぜかSKIに行くような心配を…

週末の天気ですが…わたし、強烈な雨女なんですが…降水確率0%でも降らせたことは数知れず…スキー場に行けば普通の雪をいつしか吹雪かせ…そんなわたくし、埼スタに逝ってもよろしいでしょうか?と問うて回りたい気分でいっぱいです…。

ま、100人に聞いて100人にダメって言われても行きますが<をい

なお、土曜日の仕事(研修会)は回避したのですが、別の理由で埼スタへはギリギリの到着になりそうです…。たぶん試合前のアップ中に到着、とかそういう感じです。

…まじめな話、実家に帰って靴をとってこないと(笑)。あと、首に巻くスキー用のグッズがあるので探し出して。毛糸の帽子も買うか。靴は雪仕様ではないので、滑り止めを買うか…長野オリンピックの団体複合を見に行った時には何度も滑りそうになりましたけど、くるぶしまであるので多少は温かいかな、と。あと、フリースの毛布は必需品だし、タイツはいて、カイロをいくつか持って…。下はジーンズに黒い化繊のパンツを重ね着するか…あとはスキーウェアの上を借りてくるか?…あー、下はもう20年前の代物で、サイズは変わってないけど、さすがに形が古すぎてはいていけないな…。

なんでこんなことに?…(T_T)



今朝は6時半に起きる自信というか、気力がなかったので、昨日はさっさとHDD録画して眠ったSamemoon!です。数十分後、出勤準備をしながら再生。あまり余裕がない中、選手へのインタビューで、サポーターへのメッセージを聞きましたが、細かい内容はスルーしてしまった…あとは試合後のパブの話しをスポーツ紙で取り上げられたらしくその記事の紹介と。まぁ結局はTBSによる開幕戦の番宣でしたね。

しかし、ちょっと浦和関係の情報をググって、なぜか自分が書いたすごくくだらないエントリーにヒットした時ってすごく萎える(笑)。というのも、Footivalで検索したらすごい上の方でヒットしたの…ごめんなさい、そんな言葉でココにいらっしゃった方は…と思わず謝りたくなるくらい。

マコさまの写真集…買ってませんよ(笑)。それをどうしろっちゅーの、全く。なんでもサイズがデカいらしいんですよね…。ただ、少しでも載っている記事は読んでみたいので、わたしの普段の活動領域(notさいたま)で月刊REDS系をおいてある唯一のお店に行ってみたけれど、写真集は売っていませんでした…orz

区内の図書館に予約を入れた先週のマガ&ダイ、登録内容が館内閲覧・禁帯扱いから開架扱いに変わった途端に無事2冊とも拉致られた模様。明日引き取りに行こうvv

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2005

一瞬Vodafoneの合成写真かと(笑)

毎年恒例のエメなしの集合写真…。

ボーダフォンのサイトですごいことになってます。

どこの誰がこんなステキなパロディーを合成したのかと思いました(笑)。どこに36人分を隠していたんだろう、ひょっとしてオフィシャルのを撮る時に既に隠し持っていたのかと、想像するだけでおかしいです。


しかも壁紙でダウンロードできます!

…こんなのを職場のPCに設定したら起動するたび笑っちゃって仕事にならねぇ…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2日連続、埼玉県へ

昨日は草津戦で熊谷でしたが、今日はお仕事でさいたま・さいたま~へ。大原に行く時間はナシだな!と思ったら今日はオフでしたか、そうですか。

さいたまに行くなら買わなくちゃね、と生涯初めてTVガイドなんてものをお買いあげ~。もちろん別冊付録目当てに(笑)。さいたま市内の本屋というので、あるかな~売っているかな~と思いつつ、某スーパー内の本屋に行ったら雑誌の脇にちゃんと限定別冊のポスターが貼り出してあったvv。中味は入れてないのかなーと不安に思ったけれど、レジの向こうに山積みになってました。つまりは買えってことか(笑)。レジへ持っていきましたよ、しょうがないなっ(<をい)。そして無事、8pの別冊をげっつ。

まだじっくり読んでいないけれど、あーゆー感じでフェスタのことを紙に残してくれる媒体は貴重かな、と。気になった記事は…というか写真ですが…まぁこれはわたしがフェスタの日にサッカー教室は見ていないので知らなかっただけなのですが…千島の鍵盤柄は帽子までそれだったとは!強烈。

それとSportiva、立ち読みしてきました<買わなかったらしい(笑)。その感想はまた近いうちに。

帰宅して、今日はきちんと草津戦の再放送が録れていました。よかった。とりあえず主審・高山、ナイス・パス(笑)

---------------------

なんか、背中から肩から首から頭からがちょっと痛いけれど…週はまだ始まったばかり!あー、でも、今週末の開幕戦、36分の1 34分の1を楽しみに、今週頑張るのです。まじで仕事がいろいろ押し寄せてきて。

…って…もう1年の6分の1が過ぎたのか!orz


□追記□

試合数、計算間違い、(ホーム+アウェイ)×17=34試合でした。あ、公式で試合後のコメントがupされていますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »