« XEROX、見てしまった(笑)&わかばさんに感謝(BlogPet) | Main | アウェイツアー by 阪急交通社 »

March 12, 2005

ネットの存在意義を改めて考え中

今週、浦和の名前を借りたある1つの活動が、主にネットを通じて世に出て、そして数日のうちに終わりを告げました。

わたしも今週は仕事が忙しく、限られた時間でネット上で知らされた内容を見た限りでは、結局は飲み会レベルで始まった話が、いろいろなところで思わぬ方向に流れていったらしく、当事者たちの思惑と違った形で表出していったようです。つまりは最終的には、わたしが懸念、心配していたようなものとは違っていたのだろうと思っています。当事者たちやそれを表に出した人々の意識は軽率であったとは思うのですが、でもこれも今、終わってみれば…というお話なのでしょう。

このように、いわば杞憂という形で収束してみれば、正直、1週間もしないうちに収束に向かったことで、それによりまた自分の中にまた別の釈然としない気持ちが沸き起こっており、何が正解なのか、今もやはり考えている。

どれくらい考えたところで、たぶん明確な答えは出ないのだろうけれど。

状況は全く違いますが、2004年2ndの磐田戦でのある事件のことを思い出しました。あれも磐田サポのサイトの管理人さんが図らずも巻き込まれていて、ネットの存在意義と怖さを端から感じていましたが…。

たかがネット。されどネット。

ネットは、実際に身体を動かして行なう活動を補完してなんぼだと常々思っているので、わたし自身、ネットを通じて広がった世界もあるけれど、でもネットで心が消耗してしまったことも実際に何度かありました。それはどう考えても本末転倒であり、ネットという存在が負担になった時点で一旦ネットから離れることが不可欠だと認識しています。

世に対するわたしのこのブログの影響力はそれほど大きくはないでしょう。しかしこういう事態はまた起こり、あるいはわたし自身が図らずも巻き込まれる可能性も十分にあり得ます。ブログをupするようになって半年を迎えようとしている今、少なくとも徒に迎合したり、流されたりすることなく、常に自分の心の声に耳を傾けながら、自分のペースでエントリーを紡いでいこうと改めて思いました。

|

« XEROX、見てしまった(笑)&わかばさんに感謝(BlogPet) | Main | アウェイツアー by 阪急交通社 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59025/3263167

Listed below are links to weblogs that reference ネットの存在意義を改めて考え中:

« XEROX、見てしまった(笑)&わかばさんに感謝(BlogPet) | Main | アウェイツアー by 阪急交通社 »