« ギドと眼があったので~EL GOLAZO浦和特集号(勝手に命名♪) | Main | 本日発売の2冊~Footival特集&日刊スポーツグラフ »

March 04, 2005

続・Sportiva 4月号

なんかねぇ…ギドのインタビューが目に痛かった…(x_x)…おかげでそのあとの西野さんと山本さんのページが目に易しかったこと!(笑)

あと、ドイツ人同士の会話をあとで翻訳するという形式だったせいか、通訳を介すことにより醸し出される雰囲気と違う、なんというか、自然な感じがよかったのかも。

岡野はカコイイでした。岡野のインタビューも、文末に書いた理由により、わたし自身は雑誌で見た記憶がないので、先輩に大事にされ、後輩を可愛がるところとか、自分の出身校のようですごく温かい気分にさせられました。

大原の様子と社長とGMのインタビューもさらっと読んで。


いちおう打倒すべきものとしておかれている鞠は、立ち読みした限りではページ数も少なく、不完全燃焼でしたけれど。タイトルを取ったのに違いはないんだけど…その過程って、サポ的にはアリなのかな、と鞠の戦い方を見て思う。それと、相撲以外のスポーツに興味のない人が書いたというチーム名の記事はなぜその人がそういうことを書いているのか全く意味のわからない、何かへんてこりんなページだった。

というわけで、結局、立ち読み@7-11で済ませたという次第。結局、以前ネタにしたように、雑誌を買うという行動があまり身に付いていないせいか。

ちなみに、今日も増刊号が発売されましたが、比較の対象がないわたしには、それが普通のことか、浦和特需なのか、お財布を期待されているのか、その辺がイマイチよくわからなかったりします。

でも、まぁ大人買いできるくらいの経済力がついたってコトでよしとしよう。

|

« ギドと眼があったので~EL GOLAZO浦和特集号(勝手に命名♪) | Main | 本日発売の2冊~Footival特集&日刊スポーツグラフ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 続・Sportiva 4月号:

« ギドと眼があったので~EL GOLAZO浦和特集号(勝手に命名♪) | Main | 本日発売の2冊~Footival特集&日刊スポーツグラフ »