« 大分戦・湯上がり温泉記~前編(2005/4/2) | Main | アルPのこと。 »

April 05, 2005

大分戦・湯上がり温泉記~後編(2005/4/3)

昨日は何も調べなくてもバスやら電車やらの接続に恵まれたのですが、今日は一転して朝からbad timing。大分駅をその5分前に電車が出ており、次の鈍行は40分後...orz

夕方の飛行機まで、できる限り温泉を回るぞー。ということで、今日もまずは遠くの温泉から制覇。大分から別府を通り越して亀川駅まで移動。

10:45大分駅・発
↓\360
11:04亀川駅・着

浜田温泉「浜田温泉」

ここは造りは昔風ですが、建物自体は新しかったですね。別府の中心街からは離れていたせいか、地元のおばさまばかりという感じ。ここでもまた石鹸を拝借。受付に人はいましたが、設備も脱衣場と湯船があるだけという簡単な施設。もちろんわたしは温泉に入りに来たので問題なしですが。

そして駅に戻るとまた電車は行ったばかり…。ちょっと高そうだけど、30分近く待つよりは…と別府まではバスで移動することに。今日もトキハさまにお世話になる予定だったので、バスの方が何かと便利という理由もありましたし。


11:40ごろ亀川駅BS発
↓\300
12:00ごろ北浜BS・着

北浜のBSからは大分空港行きのエアライナーもあるのでとっても便利♪(^-^)お昼過ぎの便で帰るとおぼしきサポの姿もちらほら。わたしも帰りのバスの時間を調べてからトキハさまで今回2度目の荷物預け(感謝)。昨日書いたように、そのあと2Fの無印に行って石鹸をご購入。これで晴れて石鹸所有者に(笑)。残りの温泉はここから徒歩圏内にあるので、動線に無駄がないように移動。以下はすべて徒歩移動です。

竹瓦温泉「竹瓦温泉」

砂湯が併設されている大きな施設でした。年季の入った…昭和13年の建物…だったかな。案内よく見ないで目の前の入り口に入ろうとしたら、砂湯と普通湯は全く別で、間違えて砂湯の方に行こうとしていたらしく、受付のおばさまに突っ込まれる。砂湯は玄関を入ってから左、普通湯は右の奥にある入り口が正解です(笑)。砂湯は今回の無料開放の対象外だし、時間もないのでパス。また来た時に入ればいいや、ということで。

ココもそうでしたが、なぜか脱衣場から階段を下りていくと湯船がある…という造りの銭湯がいくつもあったのがわたしには不思議でした。別府の常識なんでしょうか?そして一見すると神社みたいな建物もいくつか(実際に祠があったものもありますが)。あと脱衣場と湯船の間に扉はなくて。だから貴重品はロッカーに、という貼り紙もありましたが、そういうわけで脱衣場から目を離さないようにお風呂に浸かっていました。


浜脇温泉「浜脇温泉」

湯都ピア浜脇という施設の裏、マンションとか商業施設に囲まれるような感じで作られた施設。なので建物自体は公民館のような入り口。でも温泉自体は年期入った造りの湯船に見えたのですが…温泉自体は古いのかなとか想像しましたけど…どうでしょう。ここも湯船まで階段で下りていく造り。有料でマッサージ機とかがありました。それとちょうど温泉まつりの浜脇会場で催しが行なわれており、太鼓の共演がにぎやかでした。


永石温泉「永石温泉」

ちょっと奥まったところにあったせいか、今回一番お客さんが少なかった温泉。そのせいかちょっと水温が高く、水で薄めざるを得なかったです…薄めるのは本意ではありませんが、入れなきゃしょーがない(笑)。造りは昔ながらの木造で階段を下りていくパターン。そしておばさまは相変わらず親切でした。あるいは「色、しろいねー」と言われれば悪い気もせず(笑)「はぁ、ありがたいことで」みたいな受け答えを。そんな、ひっそりしていた雰囲気が何となくお気に入りの温泉でした。昔"風"よりは昔の木造の温泉の方が雰囲気がステキです。

お風呂を出たあと、ここでドーナツ2つを食す。


不老泉「不老泉」

阪急交通社さんのツアーでお泊まりになった方は、ココの前の「亀の井ホテル」さんに泊まったようですね。ココも公民館的な建物の1階が温泉でした。そしてやっぱり階段で下りていく造り。湯船の大きさは今回入った中で一番かも。おばさまの「石鹸はあるかい?」というおきまりの質問にも「大丈夫ですよ~」と。でも、なぜか混んでいて洗面器が足りない様子(それは困った(笑))。なので湯船に入っているおばさまに身体を洗う時にちょっとだけ借りる。別府駅に近く無料開放だったのでいつもより一見さんが多かったせいみたい(どこの温泉でも常連さんはmy洗面器持参が多い)。

別のおばさまに「ちょっと熱いくらいのお湯でも思い切って浸かると入れるものよ~で、すぐに出るを繰り返すと大丈夫~薄めたら効果も減るから」みたいなことを伝授される。と言いつつ脱衣場のところで「心臓の病気でニトロが手放せなくて…」とニトロ入りのロケットを首にかけるおばさま!大丈夫ですか!(汗)。ココもたぶん普通の銭湯よりは熱めの湯。わたしは比較的熱好みなのでOKでしたが、入れない人には今回わたしが行ったほとんどの温泉が苦しいだろうなぁと思ったり。

「あれかい、だんなさんと一緒?」と聞かれたので苦笑いしながら「いーえ、一人です」と答えたら「そうかい、よっぽど温泉が好きなんだねぇ」と。えぇ、まぁ。


田の湯温泉「田の湯温泉」

線路をくぐって向かった先は、住宅の真ん中に作られた建物。神社風でもなく何となく銭湯風というか補助金で建てたトイレ風というか?(謎)

とにかく湯船の規模の割にお客さんが一杯でした。不思議。ここではあまり話しかけられなかったな。うん。なので印象が薄いですが。設備も特別なものはなく。


海門寺温泉「海門寺温泉」

別府のメインストリートで御神輿やらが練り歩いている裏で、わたしは最後の温泉へ。バスの時間的に見てもここが最後になることは確定だったのですが、急いで洗髪まで済ませられました。幸いわたしの髪の毛はもう何年もせっけんシャンプー育ちゆえ、固形石鹸でも余裕で泡立ちますから、シャンプーがなくても平気なの~ドライヤーなしでも髪もすぐ乾くし~♪というか、単に東京に帰ってからまたお風呂にはいるのが面倒だっただけですが(笑)。

今日最後の温泉は町中にあったせいか、ほかより一見さんが多かった模様。最後の最後にやっぱり階段で下りるタイプのお風呂。「腰が弱くてねぇ」というおばさまに、わたしが直前で荷物を置いたはじっこの棚を譲ってあげたのですが(その脇に椅子があった)、客層を見ても段差の多いお風呂はちょっと危ないなぁと思いながら見ていました。そういえば「御神輿が終わると途端にココも混むはずだからいいタイミングできたね」みたいなことを言われた。そっか。


というわけで、4/2~3の無料開放の温泉・10カ所コンプリート達成~♪

荷物を引き取ってから急いでバス停に移動したらバスの時間を10分間違えちゃって、のろうと思っていたバスの次の便になってしまいました。が、定刻の20分くらい前から並びがスタート。そしてわたしのあとからサポやら普通の人やらが並びはじめ、結果的にはこれでよかったのかなと思うことにします。フラストレーションも溜まらずに希望のバスに乗れたので。

16:18ごろ北浜BS・発
↓\300
17:00ごろ大分空港・着


大分空港、ANA最終便のチェックインをしようとしましたら…。

「混雑が予想されるので4/4・AM10時の便に振り替えて下さる方がいたら20000円または15000マイル差し上げます・別途宿泊費も負担します

みたいな貼り紙を見て心千々に乱されるサポが一人(笑)

2万円!1.5万マイルって!あんたっ!

・それだけあれば来年の大分戦がマイルで来られるぞ!
・それだけあれば今回の遠征費が半分以上浮くぞ!
・あ、あ、あ、明日の仕事、午前休とかで大丈夫かな!?<ヴァカ

等々、かなりそそられましたが、さすがに1泊2日フル稼働で疲れたので帰京決定で葛藤終了(笑)。

…むしろ、来年も大分に来るとは限らないし、とか言ってみる(^^;

チェックイン終了後は、ちょっと早かったけれど、3階のレストランで今日の夕食を。お昼にミスドのドーナツ2つ食べただけだったのでちょっとだけ豪勢にしっかり食べました。ふと見たら同じレストランにキャシー中島さん&娘さんもお食事中でした…お嬢さん、カワイイなぁvvと思ってみていたら慣れた手つきで煙燻らせていた様子に…ちょっとむむむと…。お二人はJALの最終便に向かわれましたとさ。

1カ所しかない国内線の入り口はものすごい並び。まぁ、普段はあれでよいのかも知れませんが。きっと数時間前に一足お先に帰京したはずの選手たちに思いを馳せながら、わたしも帰京の途につきました。

帰りの飛行機の中で啓ポンの続きを読みました。かねて彼があちこちでクチにしているままに、サポーターへの愛情をこれでもかと活字にしてくれているわけですが、ちょっと落ち込んでいる心模様も手伝ってまた涙目に。またガンバ戦に向けて気持ちをつなぎ、そして土曜日のサポートをわたしなりに頑張ろうと思いました。

家に帰るまでが遠征です。というわけで、4/3午後9時近くに帰宅で終了。お疲れ様でした。

|

« 大分戦・湯上がり温泉記~前編(2005/4/2) | Main | アルPのこと。 »

Comments

odakyuredsさま

こちらこそはじめまして&コメントありがとうございます。と書きつつ、odakyuredsさまのブログもよく拝見させて頂いておりますし、なによりRHBに登録している方は勝手に旧知の仲と思っているフシがありますので、感覚として"はじめて"の気はしないわけなのですが…。

odakyuredsさまもあたみ温泉ともう1カ所に行かれたのですよね。わたしは今回は別府を優先させてしまいました、10カ所も無料で入れる機会はそうないので(笑)。温泉巡りにはよい季節&空模様だったと思いますが、でも11カ所って、改めてアフォだなー、自分でも思いました。真夏の温泉巡りはさすがに無理だと思いますので大分にちょっとだけ感謝してみたり(ホンのちょっとだけですけど(^^;))。今回わたしはおばさまたちとの会話が楽しかったですが、男風呂はどんなものなのか、気になっていたりします。

え゛ー、13:30の時点で1万円!倍々ゲームはあったのでしょうか?だとしたらすごいですね!<ウマー(笑)。ちなみに最終便はキャンセル待ちNo.11までが当選だったみたいですが。悪くない取引で心動かされました…次はそれも考慮に入れて月曜の予定を立てよう…なんて思うと起こらないんでしょうね。でも浦和サポは罪作りかも、と思いました、はい。図らずもとばっちりを受けた一般の方もいらっしゃったでしょうね…いつか誰かが飛行機をチャーターしないものかと密かに期待していたりするこのごろ。

今後ともよろしくお願いします。実は例のツアーにも片道だけ参加の予定ですので(^^)

Posted by: Samemoon!@管理人 | April 05, 2005 23:06

初めまして、別府10湯+大分1湯制覇ですか!すごいなぁ、わたしなど大分2湯でふやけてました。
ANAは13:30の便でも1万円で最終便に振り分けてました。これももらえば、3万円になったのでしょうか?

Posted by: odakyureds | April 05, 2005 18:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大分戦・湯上がり温泉記~後編(2005/4/3):

« 大分戦・湯上がり温泉記~前編(2005/4/2) | Main | アルPのこと。 »