« March 2005 | Main | May 2005 »

April 30, 2005

磐田戦@エコパ:第8節・2005.4.28...2-2

本日の萌え画像(笑)

アレだな、浦和のゴール裏の声っていうのは、さしずめ「たたかいのドラム」だなと。

浦和の選手たちをまさしく"鼓"舞すべく打ち鳴らされるもの。

記憶に間違いなければ…いつもより長めに流れていたエメのチャント(YMCAのやつ)の向こうで永井の1点目が入った。そして後半37分とかそういう時に始まったPride of URAWA…と、その向こうで磐田の2点目が入ったけれど、負けじと2点目で追いついた時にも声が流れていた…と思う(PKの時は都築のコールがあったかな)。違ったらスミマセン(スカパー!の放送が明後日なので違ったら訂正入れます…)

角田さん以下、スタジアムに響き渡る太い声・声・声。それで、今さらながら、選手たちのための声と知りつつも、改めて(勝手に)惚れ直しちゃったというか(*^^*)

かくいう自分は、PKで再びリードを許したあとのチャントは、喉の調子のことを頭の隅に置きつつ、それでも声を出してしまったものだから、帰りのバスではげほげほと咳き込んでスミマセンでした。使えないなぁ…自分。相変わらず「休みなく拍手」「念送り」専門ですた。でも、前半のロスタイムでは在宅組の皆さんのことを頭の隅に思い出しながら祈ったので、願いは通じるかもですよ、みなさん(^^)


この試合でわかったことは、というかエメ、怒りのゴールで気づかされたことは…やっぱり、試合は奪ったゴールが多い方が勝つのだ、という至極当たり前のこと。

いっそ、11人+αを敵にするんでもイイ、クソ審判に当たろうと、それをぶちまかすような得点をすればいいじゃない。

大丈夫、浦和の選手ならできるよ。自信を持って。

一緒に1つ1つ前に進もう。

絶対忘れないこと!それと、都築はもう絶対「ポストに願いを」を忘れないように。でないと、あたしゃ安心してみていらんないよ(笑)。前半、またポストが1点救ってくれたじゃないですか。

システムとか、戦術とか、選手起用とかは、ギド以下がきっといろいろ練ってくれていると思うので、文句はいわないよ。あぁ、そうだとも。たとえ前半途中でなんでDFを交代しなきゃいけないんだとか、なんでホリがベンチで友ちゃんとカニは名前すら載っていないんだとか、なんでいい加減オフサイドがとれないんだとか、エメもゴール決まったあとにゴール裏に駆寄る前にもう1点取り行ってよ(思わず"戻れ、まだ間に合う!!"ってなことを叫んじゃったよ(笑))、でもエメもこれまで苦しかったんだろうな、とか、いろいろ思うことはあるけれど、文句じゃありません、文句じゃ(笑)。

前半はうちがバタバタでよく終了間際に追いついたな、とか。後半は向こうがばてばてだったんだから、そこでもう少し攻められたらPKの1つや2つ取られてもビクともしなかったでしょ、2003年のナビ準決の清水戦@駒場のように。あのときもひどかったよなぁ…レッド出された都築が「俺はやってない!!」って。


それらをふまえて、審判のこと、もろもろ。

「温厚な浦和・ブッフバルト監督が微妙な判定に激高。」(スポニチさんより)

都築、止めに入っとるし(笑)…って、誰だ、ギドが温厚なんて見出しに書いたのは(笑)。ピッチ以外の普段は温厚…かもしれないが。しかも「判定は微妙」なんじゃなくて「誤審」。変に浦和寄りな記事は書かないでいいから、いい加減、公平であるべき存在に疑問を投げかけてくれないかなぁ。しかも(理由の如何を問わず)怒ってただ感情に任せて抗議したと思われてしまった都築やギドの姿勢を問うコミッショナーのことを紹介する前に、全然改善されない審判の資質についてとか、物事の本質を取り上げて議論してくれないかなぁ。それとも協会にたてつくと取材をさせてもらえないとかあるんですか?マスコミやジャーナリストまでが協会の犬ですか?

それから、浦和が思うような結果が出なくて、ギドが弱気な発言をしたかのような記事を見かけますが、あの負けず嫌いのギドの辞書に「弱気」とか「諦める」とか、そんな言葉があるはずがない、そんなことをいうはずがないことは私たちがよく知っている。

あるとしたら記者の中の先入観。あるいは情報操作の一環か。

まぁそういう認識でいるので、基本的にスポーツ紙は話半分で見るようにしているのですが。大分戦の時に感じたことと同じで、結局、触れて欲しいことは触れていないのだということは確認できました。でも、うっちーと都築の声が紹介されていたのはよしとしよう。でもそれ以上にTrue Faithさんのところで紹介されていた今朝のラジオ情報の方がよっぽどウッチーとか啓太とか都築の言葉が詳しく紹介されていてありがたく思いました。

思えば、負けなくて良かったなと思う。負けて審判にくってかかったように言われかねない。もちろん勝って文句を言うというのがよりよかったんだけど。

以下、備忘録代わりに。

デイリーさんによれば、「触っていない。審判はしっかりやってほしい」とうっちーが主張したとのこと。うっちーのコメントが抜かれるなんて珍しい。あと、都築も「今まで見た中で一番ひどいPK。抗議したら審判に“黙れ”と言われた」って(汗)…ひどいんだけど。貴様、何様だ。

サンスポさんによれば、森さんがマッチコミッショナーから都築とギドの抗議に注意を受け、また、ビデオを見てから今季2通目の意見書提出するかも?(示唆した)とのこと。1通目に対する回答とかはなかったんでしょうかね?形だけでも「意見を真摯に受け止めて今後に役立てる」なんてことを言ってくれたりしないんでしょうかね、審判委員会ってやつは。それとも回答が来たけどフロントが発表しないんですかね?その辺は全くわからないんですが。どうなんでしょう。

大分戦の時にも書いたけれど、一過性のサッカーというゲームの中で、一度出た判定自体が覆るわけではない。審判の笛は絶対なんだから。また悲しいことですが、誤審が0になるということはないでしょう、残念ながら。

だから、それでも誤審を一つでも少なくしてくれるよう、審判も厳しく自分を律するたゆまない努力をしてくれないことには、そして第三者がしっかり見張ってくれるような体制になってくれないことには、我々は困るんです。これはどんな職業でも同じだと思う。プロとして働いているのならミスというのは「起こしてはいけない」もの、だからといって「絶対にない」なんて言えない。他人との関わりの中で生じるミスもあるだろうし。そういった危機管理の中で起こりうるミスを回避するために、そしてもしも起こってしまってもそれをさらに傷を広げることなく回復・収拾するために、大人は努力しているんだと思う。違うかなー。

浦和の選手もわたしたちも、それをなくさないようにしたいと思っているに違いない"誇り"というものが、プロの審判として関わっている人の中に少しでもあってくれているのなら。というか、あって欲しいことを祈らないといかんのか…orz



愛野駅からエコパへの道。磐田ファンの父&男の子がわたしの後ろを歩いていた…。

子「浦和ってどこにあるの」......<をいをい
父「埼玉県だよ」
子「へぇ、埼玉から来ている人いるのかな~、んふっ」

…ガキに鼻で笑われちゃった…(つд`)

くそぉう、目にもの見せちゃるっ(笑)

ロハなのか?それと、今日は「新市誕生記念」という副題が付いていたらしく、"お客様"がたくさん入った結果、3万人と相成ったようであります。大変だな、磐田フロントも(笑)。

TVで映っていたかどうかわかりませんが、ホーム自由席のエリアが、ゴール裏からバックスタンドの2階すべてまでかなり広く指定されていまして、Kick Off後にやたら通路を人が動いているなぁ、と思い、気づいたらかなりの数で埋まっていました。おそらく仕事が終わって初めて観戦に来た人も多かったように思われます。

…まぁ、それだけいてもわたしの耳には浦和のコール、チャントしか聞こえませんでしたが(笑)。

はいはい、あとは俊哉さんのコト(笑)。

MDC&キットカット

あちこちのブログで既出ですが、今日のMDCは藤田!<磐田、わかってらっしゃる(笑)

弾幕弾幕も出ていたし、試合後だったか、俊哉?コールも聞こえました。移籍先に浦和の名前が挙がっていようとも、水色のユニを着ている間はブーイングの対象となるわけで。でも一番大きかったのは監督かも。


中2日かぁ…半日働いて東京戻って磐田日帰り参戦で深夜に帰宅…運動不足な身体にはさすがにきついなー。

今日お昼近くに起きたら(汗)、足がいつもより疲れているなぁ…と。昨日オサレ靴で東京→さいたま→静岡→東京と移動したせいみたいです(たぶん)。しかもちょうど夕方のラッシュだったので、静岡で新幹線をおりて愛野まで約50分立ちっぱ(汗)、そのあと重い荷物(書類とノートPCでパンパン)を持って…緩い坂道をエコパまで15分くらい?埼スタに行くのより辛かったかも…orz

でもいっちゃん大変なのは選手だよね。今日も練習しているはずだよね。

永井~vわたしはスミマセンが今日はまったり休んで(洗濯とか風呂の掃除とかはやったけど)、明日また家でする仕事をして、明後日に備えよう。まぁ、永井の萌え画像でも手元に飾ってエネルギー充填しますわ(笑)。それと歩いても疲れないオサレ靴を見つけようと思いました(^^;;)


★おまけ★

ふと某ブログのエントリーを見て魔が差してマインスイーパーをやってしまったorz...昔(学生時代)それで何度も徹夜したこともあるので(<ヴァカ)、ノートPCでは封印していたのですが…5年ぶりぐらいかな(笑)。当時の最高記録は89秒だったけど、さすがに腕が落ちたなー。久しぶり過ぎて200がなかなか切れなくて、153秒が記録できたところで記念にキャプってから再封印決定(笑)。シミュレーション系と単純系はきりがなくて…ぶっちゃけ身体壊しそうになるくらいやるヴァカ者なもので手を出さないのが吉。


□追記□

相変わらず長いエントリーだなー(^_^;)

そうそう、1つ書き忘れたこと。前田のシュートが決まった時、つまりはゴールにボールが刺さった時の乾いた音が「ぱさっ…」って聞こえたの!!「「ぱさっ…」って。(>_<)...アノ悔しさというか、耳に残る音を忘れちゃいけないな。

□追記2□

地味にゴミ拾いしてきました。バスの集合時間が決まっていたので、迷っても大丈夫なよう控えめに。周囲2ブロック&5列+通り道くらい。比較的お行儀が良かったのか、ホルダーに残された紙コップを6個くらいとそのほかのゴミの類を少々。不思議なのはエコパに「紙コップ用」の専用ゴミ箱があったことか。

良かったなぁと思ったこと。わたしは手早くゴミを拾いつつ、でも周りにいた人々がグループでゴミを置き去りにされないよう、「そのゴミ、どうするんですか?置いていくんですか?」視線でゴミを何度も見たのが功を奏したのか、きちんと袋にまとめて持ち帰ってくれました。

それと、今回の観客席の入り口でのチケット再チェックは年配のおじーさまだった(結構てきとーだったけど<ホントにチケット見てるのかな?みたいな(笑))。スタジアムのボランティアの方なのか?帰りにも「ありがとうございました!!」と大きな声で見送っていただき、嬉しくなりました。思わず会釈しちゃったけど。わたしも埼スタへ参戦に来たサポは温かく迎えるようでありたいと思います、はい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2005

か、帰って来られた(;ー;)

JRさまが最終電車の接続をしてくれたおかげで、磐田戦のツアー解散後に乗りたかった山手線外回り・品川行き最終電車に間に合いましたー。それが遅れなかったら池袋で漫喫コースだった可能性が(^_^;;

…その代わり、コバトンもらわないで帰ってしまった…orz

ツアーの幹事の皆様、ありがとうございました。また、面が少しずつ割れてしまってきたので、あまり悪いことできないなぁ、とか、とか(笑)。今後ともよろしう。

とりいそぎわたし的ツアー終了のご報告まで。

試合のことはまた明日ゆっくり…#

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 27, 2005

梅田選手、誕生日おめ&磐田に向けて

今日は梅田選手の27歳のお誕生日。おめでとうございます。(^-^)

お帰りなさいの今年もなかなかトップのベンチ入りが思うに任せない日々が続いていますが、どうぞその高さのあるプレーがトップでも見られますよう。


今日もちょっとだけ残業中の職場にエネルギー補給♪と称してコージーコーナーのシュークリーム2種類を買って配った…やっぱり誰の誕生日でもないのに(笑)。

うー、このまま浦和戦のたびに配るようだと、うちの職場の同僚が日々肥え、わたしのお財布が痩せてしまう...(^^;;

まぁ、明日、往復に使う新幹線代他諸々でかかる万単位の費用を考えれば、金額的なことは大したことないか。そう、人の金銭感覚なんていい加減なもんだ(笑)。


試合のチケットはすでに買ってお財布に入れてあるし、何時に乗れるかわからないから、新幹線は自由席で、その特急券&乗車券(ただし静岡下車で料金の方を微妙に浮かせる計画はあり(笑))は朝のうちに買っておこう。

ツアーの幹事さんの連絡先も封筒に入れた。明日の書類の中に紛れないようにクリアファイルに入れておこう。

鞄の底にマフラーを忍び込ませて…タオマフにしようか2nd優勝マフにしようか…ちょっとそれは暑いかな…いや磐田の夜は冷えるかも。

明日の服装はえんじ色のシャツ(ちょっと鹿っぽいけどこの際赤系ということで目をつぶる<真っ赤じゃさすがに出先の仕事に着ていけない…orz)、下は黒いスカートで、足下もえんじ色のおしゃれ靴でなんとか。未だ外では袖に腕を通していないレプリカも忍ばせておくか?

それでは皆さん、現地に行かれる方も、行かれない方も19時に磐田でお会いできることを楽しみに。

では!ノシ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2005

後顧の憂いをなくす日々

明後日木曜日。平日。普通に仕事。

わたしは当日14時過ぎまでさいたま市内にいますが…でもそこから東京に戻り、新幹線に飛び乗って参戦します。荷物はどうしようかな…と思いますが、下手したらノートPCと書籍数冊と辞書と印刷物の入った鞄のまま向かうかもです。マフラーくらいは鞄にはいるはずだけど、それ以外はあまり参戦な服ではないかも知れない(^^;)…わたしの観戦スタイルとして跳ねるわけではないから、靴やらジーンズやらまで持って行かなくてもいいだろう。でないと鞄が2つか3つになってしまって大変なことになりそうだし。

復路はツアーバスに乗せていただいて、終電に間に合うのを祈りながら、でも新宿で漫喫初体験もいいかな、とか心の端っこで思ってみたり(笑)。

今日は少しネットから離れて、soccerzのユース特集を読みながら、自分のこの10年間を生暖かく(笑)、時に苦く思い出しながら、明日の仕事に備えて早めに眠ろう。GW前に通常の職場に入るのは最後だから、海外へのメールはすべて出し、連休中の連戦、心おきなく闘えるよう、備えるのだ。

どうでもいいけど、soccerzを見るとorzと認識してしまうアフォな目はダメダメだなぁ。(-_-;;

さっきぱらぱら見たけれど…友ちゃんがしっかり写っていたよ(笑)<改めて浦和へようこそ、だな。


それはそれとして。

んー、やばい。

10年ぶりくらいに貧血の疑い…氷が食べたくてしょうがない(←貧血にありがちな症状)。

とりあえずファンケルでサプリメントを買い、つとめて肉と貝を食べるようにし始めている…気をつけねば。10年前は結構理由がはっきりしていたのですが(←運動のしすぎ)、今回は…なんだろう…(汗)。実家を出たことによる栄養不足か?前回は投薬で治療しましたが、食餌療法+サプリメントでどうにか…ならないか。


オフィシャルでようやくレッズランドの着工についての告知が…。なんで許認可が解決しない段階であんなにハッキリ着工開始のようなことを口にしたのか、それは大いなる疑問として残ります…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Happy Birthday!<Gert coach

ゲルトコーチ、48歳のお誕生日おめでとうございます。

…って闘莉王と同じく年男か!

…ってドイツ人にそういう話が出るのかどうかはわかりませんが…ま、縁起物ということでいいか(笑)

どうかその豊かな経験で、浦和の迷える若き子羊たちに良き導きを…。


28日午後に磐田に向かうため、ちょっと家での作業諸々にとりかかるため、ここのエントリーのペースと量が落ちる可能性があります、あしからず。

とりあえず明日は職場の新しいPC3台(もちろんすべてhp製(笑))のOSをすべて入れ替えなくては…。今年入れたものも含めて合計13台がhp製かな。ソフトはともかく、あまり中味のことは詳しくないと思っていたのですが、今の職場ではわたしが一番詳しいことになっていて、請われて掌握するようになったのを良いことに、リース期間の終了を期に導入したものは9割以上hp(笑)。ユニスポンサーは外れてもCompaq&hpさんには長年の恩があると思っているので…これからも求められればhpを入れると思います。個人の財力でできることには限界があるからね、へへ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2005

藤田選手のこと~浦和の子たちが移籍する日を思って

祭りで踊らされるわけではなく、冷静に考えてみました。<ウラツウで更新を知ったので(笑)

サンスポ.comの記事を見ても、思い出すことと言えば、寝耳に水状態で1月に踊らされた状況。あれを経験してみれば、「もう決まっているんでしょ?」と思えてしまう。なんつーか、どんな経験も人生において無駄にはならないというか(笑)。

でも今回の渦中の人はきちんと自分の言葉を伝える手段を確保しているんだなぁ。

そこが大人というか、人生経験というか、違うんだろうな。

移籍する理由が(サポから想像する限り)クラブ内部には見つからなくて、ただひたすら混乱して、そして情報を渇望して。一方でいわくつきの代理人の存在とか、スポーツ紙から漏れ出づる情報とか、真実にたどり着けない状態で流された情報に釈然としないまま踊らされた時とは違う。

どうみても性格とかは違っていそうだし、どういう方法がベストかは人によって違うかも知れないけれど、10年後にはきちんと自分の言葉を語れるよう、かつそれを伝える手段をもっている大人になっていて欲しいなぁと。藤田のことを見て、ちょうど10歳年下の山瀬のことに思いを寄せてしまった自分。

もし、藤田が来ても来なくても、自分の言葉で語れる人の出した結論なら、それを信頼し納得できると思う。

だから、浦和の子たちも、いつか新しい世界に旅立つ日が来るかも知れないけれど、その時のために自分の言葉を間違いなく伝えられるよう、その手段を今から確保しておいて欲しいなぁと思う。ネットが好きじゃなければ別にそれにこだわる必要はなくて。たとえば、きちんとしたプロで大人の代理人を通じてでもいいと思うし。


なんか作業が進まなくて…そんなことを深夜に考えてしまった。早く眠らなくちゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2005

Happy Birthday!<闘莉王選手

闘莉王選手、24歳のお誕生日おめでとうございます。(*^^*)

怪我からまだ100%復帰とは行かないようですが、どうぞ悪化させることのないよう、この連戦に立ち向かえますよう。

今日からまた一歩一歩、新鮮な気持ちで階段をあがって行こう。その節目に貴方の誕生日があたった巡り合わせに何か期するものを感じたりしながら、一人のサポとして、できることをしていこうと改めて思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2005

C大阪戦@駒場:第7節・2005.4.23...1-2

啓太の100試合
カニの初ゴール
ギシの復帰

それらを勝利で飾れなくてくやしい。

むぅ。

どっか、浮き足立っていたのかもな。

あと4日間、出直してきます。


試合とその前の時間帯、太陽は高く昇り、ビール屋とアイスクリーム屋は大繁盛。次第に日に焼けて真っ赤なサポもたくさんいました。わたしはといえば曲がり角をとっくの昔に過ぎている&色白なので日焼け止めは完全装備。顔も当社比200%くらいでしっかりガード。どうやら日焼けは免れた模様。

前節の勝利の影響か、試合後に買いに行ったMDPは売り切れ、憮然としながらRVへ。店頭にはなく、なぜかレジに行って出してもらうシステムらしい。でも、円形のレジの下にホリの顔が見えなければ、ひょっとしたら買わずに帰るところだった、勘違いして。もちろん売り切れとも書いていなかったけれど…確認するために長い列に並ぶのも…と思ったし。何か買い方の表示があったらなぁ…と思わなくもない。

うむ、どうも歩きたばこの煙を浴びてさんざん咳き込んだせいか、いつもにも増して喉の調子が悪い…。

試合後の混雑で歩きたばこは勘弁いただけますかね。鼻が感知したら急いでBダッシュで抜いていかないときついっす。(--;


□追記□

怒るというより呆れた気持ち、感情にまかせて書いて後悔をするよりは、と。上のエントリーをあげながら自分の中で少し寝かせてみた。ネット(というか浦和の情報)から離れ、ゆっくりお風呂に入っても、まったり好きなアーティストの音楽を(久しぶりに)聞いても、やっぱりダメ、消えない。

だから書く。

ひっでぇ試合だったなぁ…。

ホームであんなにふざけた試合を見せられたのはいつ以来だろう…。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

チケ放出最後のお願い&5連戦を一気に突っ走るぞっ!

昨日行ったさいたまで、「5/15はさいたま市長選」であることを知る…と直接あまり関係ないですが、

最後の、最後のお願いに参りました

という台詞が何となく思い浮かんだので。

参戦を断念するけれどまだ手元にチケがをある方は、ぜひ放出へのお力添えを。1人でも多くのサポの声が選手の背中を前に押せるよう、どうぞ、あと少しだけお手伝い下さい…。

駒場に足を運ばれてチケを当日探す方・手に入れる方もいらっしゃるようです。お持ちの方と探している方が引き寄せられるように第2グラウンドに集まり、開門を待つ間にも、どうぞ友好的な交換が成立しますよう…祈らせて下さい(<飲み会帰りでちょっと夢を見ているかも)。

明日は15時集合@駒場ですね。お祈りの台詞は「100試合記念の啓太に祝砲1点」(なんとなくちよさんのブログに影響を受けてみる)

おっと、わたしはツアー代金も持って行かなくちゃでした。(^^;


簡単に予定を確認。

4/23(土)
 (中4日)
4/28(木)遠征
 (中2日!)
5/1(日)
 (中2日!)
5/4(水)遠征
 (中3日)
5/8(日)

これまで1ヶ月半弱かけて6節まで終了したのが、2週間であともう5節分追加。序盤の山場。わかっちゃいるけど、ココを押さえると押さえないとでは今後に影響するってもの。

…ってあれ?GWって大型連休じゃなかったっけ?orz

さ、明日初っぱなで負けたら目も当てられませんから。リーグ戦・ホーム初(うわっ^^;)の勝利と行きましょう。


…J's GoalのLet's Voteで現在のテーマが

「J1得点ランキング上位者で、10,000ゴールに最も近いのは誰?」

に浦和からはホリのみが出ているっていうのが微笑ましくてステキ(^-^)。他のチームのサポからしたら「どちらさまですか?」と突っ込まれかねないかもしれないけれど。「ふふふふっ( ̄ー ̄)」と不敵な笑みを浮かべていればいいや。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2005

セレッソ戦に向けて

さー、日付変わりましたよー、セレッソ戦前日に突入ですよー。そろそろ踊り終わりましたか?(笑)

あと1日で試合。いい加減、臨戦態勢に気持ちを高めていきますよ~。

今夜は駒場のチケットのことについて。

チケ保有者で週末のC大阪戦の不参戦が決まっている方は、きちんとその嫁ぎ先を見つけて下さいましたか…。

今年に入って駒場で行なわれた試合は2つ。

その1.ナビスコ予選でしたがダービーということで注目されたであろう大宮戦の入場者数は17,494人でした。
その2.平日の夜&雨がふるか?という予報のあいにくの条件で、15,760人。


去年を振り返ってみると

3/27(土) 大分戦 :18,543人(ナビ予)
4/10(土) 神戸戦 :20,558人
4/18(日) 大分戦 :19,232人
5/15(土) 市原戦 :19,618人
6/5(土)  清水戦 :19,098人(ナビ予)
6/16(水) 柏戦  :18,029人
7/17(土) 市原戦 :18,475人(ナビ予)
9/26(日) G大阪戦:19,497人
11/20(土) 名古屋戦:21,192人

参考になるのは柏戦あたりか。

うーん、ざっとみても2000人以上は少ないわけだから、実動員数の大幅な減少には何かしら大きな要因がありそうだけど。これは指定席が全部シーチケになったせい?なんでだろうねぇ。今度の試合も(土)だから清水戦よりもう少しは多く入るとは思いますが、でも大宮戦の人数でも、土日にしては1000人くらい少ない…さらに減る可能性、否定できないよね。

…う゛ーん。

2003年あたりだと、水曜の夜なら当日でも買えたような気がするのですが…最近ではそれも無理そうですね。記録をひっくり返している時間がないや。

ケータイを持っている人も多いはずだし、当日チケット難民救出所みたいなのが作れるといいのかなぁ…とか。想像力だけは働かせてみたけれど…。どう運用できるか、席取りの方で忙しい人も多いかな、とか。通年組とか、問題はいろいろあるんだろうけど、まずは何より1人でも多くのサポがスタジアムで選手の背中を押せるよう、死にチケが1枚でも減る方策があるなぁといいと思います。


とりあえずこの場でチケの放出を呼びかけるくらいしかできないですが。

どうぞ心当たりの方はよろしく…。「当日プラカードを持っている人に譲る」とか「声を出して探している人に譲る」とか、何でもいいんだけど、いろいろな流れが増えるといいなぁ。


今回の祭りがセレッソ関係者発のガセでないことを少しだけ祈って(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2005

ここ数日の浦和な日記。

ここのところ年度初めというかなんというか、木曜日の仕事連絡?用に新しいブログをこっそり作ったり(さらにもう1コ作る予定でいる)、よくわからないけど配付資料の印刷で3回も刷り増しするはめになったり、リソグラフで手が真っ黒になったり…でちょっと忙しく、RHBもROMってました。

で、先ほどいつもより少し早めに帰宅…RHBをチェック。うっわぁ、ブロガーさんが踊ってますな(笑)。エントリーを確認してもいないのに何が起こったかわかるじゃないですか。わたしはスポーツ紙を読むこともないので、その詳しい情報を知るわけもないし。

「なんだ、そのために背番号が中途半端に空けてあったのか?(だとしたらとてつもなくすごいな)」と思ったらすでにkojyaさん@JAFCのコメント欄に書き込みが…(ネタが被るとアレなので、これをupするまではそれ以上巡回しないことにした(笑))。

「家庭事情っていうのがなんだろう?」と思ったらただいま単身赴任中と言うことですか。寮住まいをしていたという井原さんと逆パターン?そりゃー家族は大事にしないとね。

…折しも28日は磐田戦…わたしもいちおう不可避な仕事が終わったら直行する予定ですが(をいをい)、彼はベンチ入りするの?だとしたら試合前に両チームからどういう反応があるのが楽しみなのですが(にやにや)。森さんが語る会で言っていた「ベンチ入りしている選手が上手くマッチングしてということがあれば」みたいな話がこれの伏線だったりしたら…恐るべし。ひょっとしてマコさまの良き道しるべ?も期待大?…って一回りくらい違うのか。

しかし、お金で換算できない経験をひっさげた選手が今の時期に浦和にくるとは!…雑誌をちらっと見た記憶では今の浦和でキャップ数が一番多いのってアルPじゃないのか?アレも多いけど…日本人で浦和に来てくれる可能性がある中では、もー、三顧をもっ…ても迎えられるかどうかの選手だと思うのですが。

そりゃーブロガーさんも踊るわな(笑)。

あー、わたしもなんかわくわくです。

おかげで今日の明け方に見た「なんとなくレッズ風?の夢~出演:社長&大野さん…のみorz」という微妙な夢のすっきりしなさ加減(笑)、も晴れた気分vv

でも、容姿をネタにして、いつかそれをネタにされることになりませぬようにね<男性諸君、といちおう書いておくか。だって、DFと競り合う達也やエメに「あぁもうあと10cm(以下略)」と思うのと同じだし…つまり読んでいてなんかちょっと哀しい気持ちがしたから。


そのほかのここ数日の浦和な出来事。

浦和の某所にある懇意にしている商店。店内には浦和のポスターとフラグ。仕事で浦和に行く時があるといつも行く。というわけで今日も行ってきた。いつも配達に出ていて留守がちな旦那さんと今日は会えました。「あれ?今日試合だっけ?」と軽くぼけられながら、代金の精算をしながら話すことといえば浦和の話。今日は来月以降に予定されているバルサ他との試合のこと。「チケ、どっかから手に入んないかなぁ」とか、「一番安くて3000円って、皆勤なら最低9000円(*)だよっ…って全部行けるかっ#(*→追記2におことわりあり)」とか、「やっぱチキは来るんだろうか」とか、何も説明せずに会話が成り立つのがステキな環境だと思う。

吠えるホリの写真に導かれるようにエルゴラを手に取る。130円。中のインタビューで「ゴールした瞬間は頭の中が真っ白」とあるので、吠えている時の自覚はないのでしょうが、普段それほど感情を出しそうに見えないし、DFがゴールを決める可能性の少なさを考えると、人生の中でものすごく熱い瞬間だな~と思う。これでうっちーもツボも抜かして、ヒラに並んだのかな?サポーターによる変則コール(^^;)、「声援だけは…耳に響いてきました」なんて書かれるとまた嬉しくてコールしちゃうんだろうな。っていうか、コールできるように次の試合も、またその次の試合も期待してますよぅ。

エルゴラの野々村さんのコラムを「うんうん」と読む。「判定基準の講習会…見せられるのは審判にとって都合のいいものばかり…ミスがあったシーンは絶対流されない」って…(汗)。そりゃー、基準を揃えることも必要だけど、どうしても回避できないミスを減らしていくには真摯に反省するのが大切なんでは…。それでも、審判のレベルが上がることを祈るしかないんですね、わたしたちには。

忙しかったけれど、浦和系・GW過密スケジュールを前に、ある意味普通どおりに過ごせる(た)1週間だったみたいです。

さ、セレッソ戦に向けて、また気持ちを盛り上げていくかな。


□追記□

…RHBの巡回再開。

だ、だれだ!!早くもあそこをウラツウに登録した奴わっ(はぁと)。コーヒー吹き出しちゃったじゃないか(笑)。(教えて下さってありがとうございます。<kizakiさま)


□追記2□

う゛( ̄д ̄;)…マンU戦、3500円~かよっ。上記の会話の時点では@3000円計算したため少し違っていますので、ココに追記させていただきました、あしからず。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

April 18, 2005

都築選手お誕生日おめでとう、ほか

都築選手、27のお誕生日、おめでとう。GKというレギュラー取りが難しいポジションで、"正"GKの座についている時に迎えられて何よりでした。ただ、ギシも着実に回復しているようですから油断はできないでしょうね。でもお二人が切磋琢磨しながら浦和のゴールを固く固く守ってくれないかしら、というのはサポの誠に勝手な願い(^^;

今日は練習がオフだったみたいですが、そういう時は卵&小麦粉、ないんですよね(にやにや)。それとも明日あるとか?自宅に襲撃するほどの熱い仲間はいるのか?(笑)…そういう意味ではオフシーズン中に誕生日がある人はかえっていいのかなぁ、とかいろいろ想像しています。選手で試合の日に当たるとラッキー…とか言うのはあるのかな。日程によっては土日にわかれちゃうし、ホームに当たるとは限らないので、「来年こそは」と思っていながらがっかり…というのはサポにもありそうですね。まぁそれでもわたし自身がオフシーズン中生まれ組なので可能性があるだけ羨ましいですけど。

今週末は闘莉王が一日違いで惜しいー。5/1はヒラが当たり!(^-^)でも赤星&アルPは5/28の前後賞でそれぞれ惜しいー。


お誕生日のことを調べようと改めてMDPを手に取ってみると、今年からMDPの過去の出場記録ページにきちんと主審の名前が印刷されるようになったとか(にやそ)、週末のセレッソ戦で発行されるMDPのJ1得点ランキングの17位に堂々とホリの名前がきっと載るんだなぁとか(わくわく)、一方で望月さんのコラムが読めなくなって残念とか、試合のない日にふと眺めてみても面白い。1週間は十分に噛みしめられそう。


今、BGM(Back Ground Movie^^;)に瓦斯戦の映像を流しているのですが、終了間際のPride of URAWAはかすかに聞こえる瓦斯サポの声を囁きのような声にまでかき消していますね。ゴール裏の人、リードしてくれてホントにありがとう。


えー、前にも書いたと思いますが、そろそろうちのノートPC(5年4ヶ月もの)のスペックではネットの動画を見ることがおぼつかないようです。Jリーグ選手協会のヒラの動画を見ようとしたら…一瞬で固まりました。orz…これじゃツボもマコちゃんも無理っぽ。

J's Goalですらクリックするのにドッキドキな状態では、浦動の動画なんてとてもとても。入り口までしかいったことがありませんがな。

そういえば最近は大学生も入学時にノートPCを買わされるそうですね(驚愕)。ノートも安くなったしなー。わたしが大学入学の頃はようやく研究室にPCが入り始めた頃で、当然個人でもつものではなく、理系の学生は関数電卓に毛の生えたようなポケコンを買わされていたような…。いつしか当時のHDDをはるかに上回る容量のメモリが普通に搭載されるようになり…。まぁ、HDDの換装とかメモリの増設なんてのは造作ないことですが、変えられない部分の性能が力不足となると…困っちゃうよなぁ。普通の文書作成やメール、ネット巡回にはなんの支障もない。やっぱりmac mini?とふらふらしちゃいそうですが。

それと、相変わらず届く「女性を紹介してくれる(笑)spam」と泣き寝入りせずに闘っているのですが、次から次へとまぁやまないですねぇ。タイトルだけでもすごいっすよ。とてもココにかけないですよ、そんな単語で検索ヒットされたらたまらんので(笑)。無難なところでは「新生・奥様会」から来た「Subject: 4月から新しく代表になりました。」とか「☆*:-可愛い妹が欲しくありませんか?-萌ぇCLUB-:*☆」とか…せめて妹を弟に替えてくれればと思うのに…(<をい)

そして今日驚きだったのがあるブログで必要があって入力したアドレス宛に新たに海外からのロト当選のspamが...orz。それを見て、ふとうちのブログもメールとか名前とかを入れてもらうようになっていたのを思い出し、とりあえず外しておこうかなぁと。今ぐらいのペースで、良識の範囲内で書き込み・TBがされるのであることを信じて。

あぁ、一日一日、過ぎていくのが早いっす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

埼大に行ってみた&今日の浦和のNewsより

埼大行きバス乗り場そっち方面に用事があった先週の木曜日。ちょっと偵察に。明日から件の公開講座兼1年生用共通教育授業が始まりますので。

埼大への最寄り駅が歩いて25~30分はかかるであろう南与野駅。徒歩・チャリ圏内にいない人は、やはり公共交通(バス)を使っていくのが王道か。志木・与野からのバス、等々ありますが、本数が多いのは北浦和駅西口からのバス(南与野駅経由)。

木曜日に行ってみたら去年までと乗り場が変わっていた!<うどん屋の前になっていた!(公園前の旧バス停にも止まる(笑))これは便利だ。公園前の信号待ちでイライラするとか、目の前でバスが発車しているのを見送ることがないぞ。

南与野駅北入口途中の南与野駅は北浦和からのバスの経由地ですので、もしも北浦和から学生や浦和サポをはじめとする受講生でいっぱいだと、数名で満車になってしまう危険性があります(しかも4月中は学生さぼらんし(笑))。裏技としては次のバス停まで歩くというのがありますが、これも有効なのは1名か2名でしょう。なので、もしも南与野駅から乗られる方は満車になっても大丈夫なように少し早めに行くか、北浦和駅から乗ることも考えられると良いかも知れません(バス運賃20円高いですが)。

埼大正門それではよい受講生活を!(^-^)


時間割



萌タン、U-20追加招集おめ!精一杯アピールしてきてね。

サテでギシが復活している!嬉しい!それからアルP、サテでプレーしている!嬉しい!!…しかし、なんて贅沢な試合だ。

レディースもユースも勝ったみたいだし。嬉しい週末でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2005

瓦斯戦@味スタ:第6節・2005.4.16...2-0

むかーしむかし…

調布の京、味スタ城下に、高い税金で苦しめられた浦和領地(飛地)があったそうな。そのパワーは計り知れなく、一揆へ向かふ団結力をそぐため、味スタ城を統括する者たちは、浦和領内を中途半端に縦に二分する長い長い柵を設けたとな。メイン寄りのGIエリア、バック寄りのAエリア、それらは税金も違い、入領には厳しい手形チェックがされ、領地内の行き来を難しくしていたそうな。

さて、試合直前に行なわれるアウェイ恒例の寄せ、試合に向けて一体感を生むべく、いつも通りに心持ちメイン寄りのクルヴァの中心地に向けて臣民が集められたそうな。

そして徐々に、しかし柵にそって不自然に縦に空くGIエリア、見れば幅10席ぐらいで空席が延々と灰色の壁を生みださんとしている…。未だ勝ちの見えない浦和領内の臣民、一体感を目指して寄ったものの、これでは意味を成さない。さて、どうする?


…ここでどのような会話が交わされたかは、その現場にいなかったものは知るよしもない。


が、気づけばAエリアに配された勇気ある臣民が、一人、また一人とGIエリアに侵入していったのだった!

その瞬間に領内から沸き起こる拍手。遠目に見守る臣民にもなんと頼もしく見えたことでしょう。

入り口であれほど厳しく行なわれていた手形チェックも、中に入ってみれば実は国境に配された警備員の数も少なく。しかも越えるのが不可能なほど高い柵ではなかったらしく、あれほど見えていた灰色の壁も、すぐに赤く染められていったそうな。そしてさらにAエリア内でもGI寄りに席移動がなされ、みるみる密集した赤い壁が選手の背中を後押しせんと臨戦態勢へ、一気に緊張が高まったのでした。

事態を重く見た味スタ警備隊は、その後10数名の警備員を配したもののすでに後の祭り。2時間後には浦和臣民の歓喜の雄叫びを苦々しく耳にすることになるが、その時にはもちろん知るよしもなかった。

手形なしには不浄への行き来もままならなかったであろう困難の下、あえて越えていった臣民のおかげで目に見えない一体感がこれ以上なく高まったと…。

こうして後に言う「味スタの柵越え」は「鹿スタの旗止め」(J暦12年)と並び、後々までその功績が語り継がれるようになったそうな…

めでたしめでたし。


いや、ホントにトイレとか、大丈夫でしたか?(^^;)

…いちおうこんな感じの写真が撮れました(小さくすると全くわからないので今回は縮小画面にプラスして少し大きめの画像をおいておきますです)。

民族大移動統一ビフォアー(左)&アフター(右)

わたしの後ろにいたご家族連れは何が起こっていたのかわからなかったようですが(^^;)

つか、アウェイ席ゴール裏を中途半端かつ不自然な柵で区切るのは止めて欲しいなぁ。しかも両方自由席なんだし(<わけわかんない)。

…今回はアクリル板でなくて良かったですね(はぁと)。その時はそれで壁に向かってCurvaが重心を移動させたことでしょうけど。


試合終了後のエメ&ツボ

オフィシャルのエメのコメントに涙が出そうに。キックオフ前に、歌ったエメのチャント、両手を振って応えてくれたよね。ゴールを決めてくれてありがとぅ。これからドンドンよろしくね。

今日は試合が始まる前から浦和サポの気合い十分。選手のup中にチャントが始まるなんて…記憶にないんですが(笑)。

またそのころ同時に行なわれた寄せ。選手は気づいていたかなぁ…。それから選手入場前、瓦斯の"緩"ネバを跳ね返すくらいの声量で響く浦和のチャント…。

そして都築のナイスセーブの直後、試合終了約10分前に始まったPride of URAWA、これ以上ないタイミングだったと思う。

試合終了後、笑顔の選手たちがゴール裏へ。沸き起こる歌声は「威風堂々」。ステキでした。そしてテレビ埼玉のインタビュー?を終えた暢久がひとり遅れてゴール裏にやってきて万歳。さらにそのあとにゴール裏から発生する水内さんへの「入籍祝い」の雄叫び(笑)。そしてそのチャントを聞いて、きちんとゴール裏に駆寄って来て、その少し前の暢久と同じように万歳のコールに応えてくれる水内さんがとってもステキだと思う。本当におめでとう!

もちろんWe are DIAMONDSも歌ったけれど…どのタイミングで歌ったか忘れちゃった。でも気持ちよかった。最高でした。

家に帰ってみて、瓦斯がシュート数で勝っていたことを知った。今日の試合をしてくれるなら瓦斯が攻撃的サッカーといっていてもまだ許せるかな(笑)。


以下、ビデオを見ながらの復習編。

信じるものは救われる前半12分の石川のは、あれが入っていたといないとでは試合の流れが全く変わっていたんじゃないだろうかと思うほど。ポスト、グッジョブ。今日も都築が前半始まる前にお約束の「ポストに願いを」、忘れずにいたおかげ(信じるものは救われる)。もちろんツボ、グッジョブ。都築がまえがかりになって、たとえば"ぽかーん"というシュートをされても、後ろにフォローのDFがいるといいんだなぁ。それはロスタイムにもあったけれど。

前半15分頃の暢久の「触ってないよー」アピール、良かったと思う。時々下がっていたので、4バックに見えたけど…というか時折前に出ていたから3.5くらいかなぁ。いろいろなネットの記事を見るとやっぱり4バックにしたみたいですね。キックオフの瞬間にははっきりと3-4-3のラインだったのですが。

そのあとのルーカス…シミュレーションに見えるのですが(汗)…その前にホリが洋服をいっぱい引っ張っているから(笑)合わせ技かな…。それがイエローで、でも直後のエメの"PKかっ?PKだろっ!?"的なファールはむしろイエローが出ないのが一番不思議だ。

アレのフリーキック、バー直撃わっ!はぅ!!惜しぃー。しかしアレのチャントはムヅカシイ。

それと、前半終了直前の坪井がフラグを空手の技ばりにへし折ってしまっている(@-@)!すごい(笑)。ポールの急所に命中したのか途中でぽっきり折れているよ!どーりで修復に苦労していたわけだ。そして修復中に沸き起こるブーイングは、応急処置もままにならない味スタスタッフに投げかけられたもの。

試合終了後のホリと仲間たち

浦和祭りは後半の復活エメゴールからvvそしてホリのゴール!!しかもセットプレーからなんてvvv球の行方が見えてそのままゴールに吸い込まれていったよ。しかも後半のいい時間に入ったゴール。一時的にとはいえ、ホリが浦和の得点王になるとは誰が予想したでしょう…去年からファンタジーで使い続けた甲斐があったよ、これで値段あがっちゃうなー、どうしよっかなー(くねくね)。

2点リードして、気がつけば瓦斯の4バックも前半のようには効いておらず、かえって浦和向けのスペースができていったように思い。達也のキーパー抜きもゴールが見えたんだけどなぁ…ちょっと角度が足りなかったかー。

ビデオで見ても、試合を通じて、ほとんど浦和のチャントしか聞こえないです。それくらい終始歌って、コールしていた気がする試合でした。コールリーダーの方、お疲れ様でした。


ヒロミさん「うちとやる時は、意外とレッズはうちにあわせてくるんだよね。」(J's Goalより)

…そりゃーそっちが不自然なまでにうちだけギア入れ替えてくるからやろっ!(笑)

散切りヒラ昨日の「あと1cm」という台詞が、今年の目標「身長180cm」のホリの背中を押したのかどうか(笑)。

エメに負けないくらいの勢い(^^)でギドに飛び込んでいったホリの後ろ姿はわたしの脳裏に強烈に残っています。

あとは腐なところで。

髪が短くなったヒラ&マコさま、やっぱりイイ(笑)。変に染めたり伸ばしたりしないで、さっぱりと黒くしてくれると…萌える腐な女子が増えて大変です(たぶん)。


先日の清水戦@駒場で余裕がなくて(笑)書き忘れたんですが、そういえば選手紹介の時の背景CG、新しくなっていたよね?選手名がテロップ横流れみたいになるんじゃなくて、いきなり表示されるような…(上手く説明できない…イメージで補って下さい...--;)

さ、次は1週間空くぞ。しっかり23日に備えましょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 16, 2005

お疲れ!(^^)

はぅ、疲れました。

勝利がこんなに心地の良い週末を生み出してくれるとは!

帰りに、なんか"ごろにゃんごろにゃん"、新宿の街とうろうろ戯れてみました。

観戦記はまた明日ゆっくり…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

選手の背中を1cm前へ押すために

勝ち点を奪うべく、明日に向けてふつふつと、短い時間でわたしにできることを考えて実行しようと。そこでやった行動とは…。

すこしやっかいな仕事、来週に持ち越すことなく、今日中に片づけてみよう。
まー元々「美味しいものは先に」という感じで仕事に取りかかる柔い性格なのですが(笑)。ここは勝負に集中、後顧の憂いなく土曜日に望めるようにということ。さらにこれで時差のある相手先にも5通ほど吉報をお届けすることができたはずだし(功徳功徳♪)。いや、投げたボールがすべて即来週に返ってくると死んじゃいそうですが(笑)

さらに強制的かつ強引に功徳?を施してみた
…神社仏閣は行っている時間がなかった。でもそれ以外にあまりに具体的に思い浮かばなかったので、お昼休みに外に出たのを見計らい、デパ地下でロールケーキを2本買って帰った。だから誰の誕生日でもないのに、職場のおやつにロールケーキが振る舞われたのは、"功徳を施したことにしてくれないかなぁ~?"という下心ありありの行動によるものです。(^^;;

というわけで、今日の成果は

「後顧の憂いなき態勢の確保」
「功徳を施す」(ちょっと下心アリ)

の2点。

まぁ…心構えとかそういうあたりのことは直結しないかも知れないけれど…ちょっとした余裕になればいいかな。

正直、もう中2日ではこれくらいしか思い浮かばなかった。(^^;

さ、あとはこれからおにぎりを作って明日のお昼にすることで「アウェイに余計なお金は落とさない」ようにし、さらに早めに寝て明日早起きして家事を一通り済ませてから早めに集合場所に向かい、そして余裕を持って15:30に始まる闘いに備えることにいたします。できれば神社仏閣の類にお参りしてから向かおうかなと。


…チケットの売れ行きも好調なようで、A自由(前売\2500)は既に売り切れ、U自由も残りわずか。

その時点でもなぜかGIIホーム自由(同\2000)に残券があった罠。

(瓦斯の公式サイトによれば4/15・ 20:42の時点でGIIホーム自由410枚残っているとのこと…実際22時過ぎに7のぴあで確認したら残っていたし)

ひょっとしてまたホームにしちゃうのかしらん~♪(わくわく)

チケが余っている柏戦が羨ましっ★ミ…とか言ってみる(にやそ)

しっかし、いつものことながら、瓦斯のあのアウェイ高めの料金設定は腹立たしく、っていうか、うちのアクリル板計画よりもよっぽどえげつないと思うの、わたしだけですか?


さて、先日、最後の期待を密かにかけて、MDPの社長の言葉を信じるというエントリー、あえてあげたのですが…。

今回また報道されている社長の台詞に暗澹たる思いにとらわれました……全くもー、頼むから口だけは開かないでくれと。そう叫びたい気持ちでいっぱいです。明らかにおいしい言質を取りたがっている人が多くいる場所であっても、口さえ開かず、黙って踵を返してくれれば「誤解を生む発言」に結びつかないでしょ。それでもまだ誤解した報道がされているのであれば、MDPだけでなく、しかるべき手段で否定して欲しい。

でないとMDPを買いたくなくなってしまうではないか。

舌禍で失脚したトップっていうのは枚挙に遑がないってこと。それくらいわかってくれよー。

「Be careful」

サポのブーイングと同様、漏れ出でてくる社長の言動では、とても選手の背中を1cm前へ送り出すことはできないと思う。

苦しい時は誰よりも選手が一番苦しいはず。

なにとぞよろしく。

待ち合わせは明日15時半@味スタ、合い言葉は「あと1cm!」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 15, 2005

清水戦@駒場:第5節・2005.4.13...1-1

試合終了の笛を聞いた瞬間感じた正直な気持ちは「このまま全チームに"引き分け儲け"&"あわよくばカウンターで1点を"みたいに持って行かれたらたまらないなぁ(汗)」ということでした。似たような感覚は去年の2ndステージ後半でも時々そう感じたと思うのですが…。それを打ち破るには今年はあと1歩、なにかが届かないみたいです。

「ゴール前に6人も7人もいる、清水の目指すそれが"サッカー"なのか?」という暗い気持ちと一方で「目の前の勝利は?」という問いかけ。ジレンマ。そして「わたしにあと何ができるのだろう」という自問自答。長い目で見てサッカーの発展に貢献できるのか?それとも…ぐるぐるぐるぐる。

そんなことを落ち込みながら20時間くらい過ごしていたのですが。

湯浅さんのサイトで紹介されていた試合後のギドのコメント?と、公式サイトの英語版の充実っぷりを見て、こんなところで落ち込んでいられないなぁ…とちょっと復活してきました。でもあり得ないくらい古いページが見つかるのは直した方がイイと思う…旧エンブレムでヒロミさんがいる写真はちょっと…

とにかく、長期的に持続可能であり、かつ短期的な成果の両立を目指す浦和の方向は間違ってないよね?

相変わらず独特の文体は好きにはなれないですが(スミマセン)、でも毎試合、公式・協会などから漏れているギドのコメント等をきちんと紹介して下さる湯浅さん、どうもありがとうございました。


暢久、お疲れ様でした。焦る気持ちはあるだろうけど、シーズンは長いのでどうぞ無理しないで下さいね。

マコちゃん、今季初ゴール、良かったね。また美しい弾道が見られることを待っているよ。今度はぜひ笑顔でゴールを喜べますよう…。


選手の皆さんは強硬なスケジュールで体調管理が大変だと思いますが、どうぞ怪我の無いように準備して下さいね。わたしもまた土曜日に味スタに行くから、また闘いましょう。

あとはもうちょっと、わたしに何かできることはないか、考えよう…。



15時早退の予定が17時過ぎにずれ込みましたが何とかキックオフ30分前くらいに到着でした。スタンドには仕事帰りのサラリーマンとおぼしき人々も。スーツと革靴とそれに合った仕事用コート、でも首にはちゃんとマフラーが巻かれ(^-^)…意外にオサレかもです(笑)。

それからチケットのこと。年度初めの4月、急に予定が入って参戦断念の方もおられましょう。それでも使われなかった5千枚以上のチケットのことはやはり悲しかったです…。

23日も駒場。チケットは完売のようです。週末ですからもう少し多くの方が参戦されると思います。駒場で隣に座っていらした方とちょっとお話ししたのですが、23日のチケットを探しておられました。ほかにも探している方はいらっしゃると思います。今日のチケットも急に来られなくなった友人のチケを譲りたいという方がカードを掲げているのを見ました。嫁ぎ先が見つかっていればいいのですが…。もしも23日のチケを持っているけれどすでに参戦不可能が決定ということであれば、ぜひその譲り先を見つけてあげて下さい…なにとぞ…。

そしてちょっと気になっていた磐田-千葉戦。千葉が快勝といって良い勝ち方でした。オシム監督、千葉に残ってくれてありがとう…。うちはまだ余裕がないけれど、浦和の次に応援してますから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2005

レッズランド建設予定地に行ってみた。

昨日の試合のことはひとまず置いておいて…ですね(<下書き&復習準備中…今夜中のupは無理っぽ<元気出てきたので暗い気分を払拭すべくup完了)。

すでに土曜日の試合、万一チケを確保していない人は前売り価格で買っておくように!(必修!!)とだけ軽く自分に注意喚起しておいてですね。

今日はレッズランド建設予定地を見てきましたよ、さいたまに行ったついでに。「そろそろ何か準備でもされているのかなぁ」とわくわく期待しながら行きました。

堤防の向こうに夢の国が!?

この丘の向こうに王国が着々と築かれているのね(はぁと)


フットボール場予定地?


…(・・;)


フットサル予定地??

…何にも始まってなかったYO!

っていうか、どこがその用地なんだかすらわからなかったYO!ヽ(`Д´)ノ

駐車場・テニスコート予定地???


ひょっとして下調べが間違っていて、見当違いのところを歩いているのかと思ったけれど…帰宅して地図を見た限りでは間違っては見えなかったし…。

DASH村のように実は秘密の場所で着々と建築中?…地下に秘密裏に作って一夜城を作り上げようという計画??

せめて王国浦和の旗くらい掲げてくれないと臣民は不安になるのでは?

公式サイトの語る会の記録を見ると

社長「3月1日からいろいろな工事に入るんですが…」

工事ってどこで進んでいるんだろう…大丈夫かなぁ…不安だなぁ。


ところで、浦和の公式サイトには、レッズランド構想についてPPデータを使ったgif画像ありますのでそれを見て、駐車場にかけるスペースが広いなぁと…(全体の何分の一かを占めそう)。もったいないけどしょうがないよなぁ…行ってみて、やっぱり徒歩ではちょっと不便だったし。さいたまはなんだかんだ言って車社会だからなぁ…。


中村くん、誕生日おめ!

ちょっと波に乗り遅れましたが、図書館でサカダイのバックナンバーを借りてきました。うっちーのインタビュー、にこにこ。岡野のスーパーさぶっ!!劇場に思わずぷぷっ(^p^)。

ま、そんなことをしながら土曜日に向けて発電ちう…という感じであります。


□追記□

お、水内さん、結婚おめ!小倉アナとは、こりゃまたべっぴんさんを。どうぞお幸せに(^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

頼むよぅチケットホルダーさん

5000枚以上のチケが泣いているよ~。

…orz

駒場から浦和駅までの道中はひたすら「風呂入りたい」「風呂入りたい」を繰り返しておりました。沸かしたお風呂に先ほど入って身体ようやくぽかぽかですが…。

今日の試合のことはまた明日書きます。仕事、家に持ち帰ったので!...orz

くそぅ、土曜日までもう少し頑張るぞぅ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2005

待ち合わせは明日19時@駒場!

↓□はチェック欄(∨)にご利用下さい(笑)。

職業持ちでありながら明日参戦予定の人用
□ 職場との関係は問題ない?
□ 普段から「浦和?…ならしょーがないな」と諦めていただけるような思考回路を埋め込んである?
□ 有給、とった?
□ 午後半休の予定はなんとかOK?
□ まさか親戚の誰かを病気にしたりしませんよね?
□ 休みは取れなかったけれど定時ダッシュの準備だけはぬかりない?
□ 間違っても退社直前に仕事を言いつけられないよう、心の準備はOK?
□ スタジアムに直行できるよう、チケット、出かける時は忘れずに!

家族持ち・相方持ちでありながら一人参戦予定の人用
□ 日頃からきちんと家族・相方サービスに努めておきましたか?
□ たとえ家族や相方に泣かれても試合に行く?
□ でも間違っても浦和離婚とかいう危機はないですよね?
□ 家族の健康管理、問題ないですね?

後ろ髪を引かれながら現地参戦できない(;_;)人用
□ どうにかTV参戦はできそう?
□ 外出先での放映場所は確保?
□ ネット上の中継なら何とかOK?
□ リアルタイムの参戦も難しいけど気持ちを送る先は間違いない?場所は浦和の駒場、時間は19時で覚えましたか?←埼スタじゃダメですよ~。
□ 元気玉を送る準備はできていますか?
□ シーチケ保有者で行けない方は駒場のチケットを死にチケにしないでくれましたか?


そうそう、現地参戦組の人は雨具の準備も抜かりありませんね?木曜日、いつも通りの生活を迎えるためには風邪を引かない暖かい格好も必需品ですよ。


みなさん、準備はよろしいですねっ?勝ち点3、狙う気満々ですね?

よし、それじゃあと21時間後に!身体と魂を駒場に集結させましょう♪


…ちなみにわたしは午後3時早退予定ですが何か(笑)<職場提出の予定表にも織り込み済みです♪…理由は浦和とは言っていませんけどね。(^-^;


カニちゃん、U-20選出おめでとう!嬉しい!

明日はRV、22:30まで営業を延長だそうです、ぐっじょぶです。これで試合前に慌ててRVまで寄ってMDPを買いに行かなくてもいいな!


今、出張中に放送されたガンバ戦@スカパー!の放送で復習しました。生を録画したNHKではわからなかったゆりかごby浦和が見られました。バーの神様が2回も浦和に降臨した瞬間も確認しました(汗)。


□追記□

こんなチェックリストですが、なんとホントに使って頂いた方がいらっしゃいました(^-^)、ありがとうございます。

「URAWA Red Beans《浦和赤まめ日記》」 by 赤豆さま
「小田急沿線レッズサポ」  by odakyuredsさま

準備はぬかりないつもりでしたが、もう少し何かが足りないようです。今日のきちんとしたエントリーは明日の夜にでも。ただいま家で仕事作業中なので(>_<)<正確には逃避行動中(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (3)

April 11, 2005

G大阪戦@埼スタ:第4節・2005.4.9...1-1

選手は常に前へ行こうとしていたか?

少しでも手を抜こうとしたか?

試合が終わったあとの場内一周でヘラヘラ笑っているようなことはあったか?

審判はどきゅ…だったか?

選手はベストメンバーだったか?

そしてわたしはその試合にできる限りのサポートをしたか?

試合が終わったあとに引き分けで絶望するような試合だったのか?


…全てを自問自答してみて、それで引き分けだったということならそれを受け入れるしかないのかな、と。

清水戦、頑張ろう。

それがとりあえずわたしの目の前にあってできること。


あ、そうそう、職場への根回しもね(笑)




ホリ、げっつごーるこの試合で一番嬉しかったことは、もう絶対ホリのゴールです(^-^)。ホリの初ゴール、生で見られて良かった。それ系で言うと去年のヒラのゴール@市原戦を見た時以来の嬉しさ。リプレイの時の叫んでいる様子もこれがまた(^-^)。いちおうゆりかごもしていたみたいですが、こっち(南側)を向いていなかったので、見えませんでした。たぶん北を向いている時に揺らしていると思しき写真は撮れたけど。でも、まさかホリがゴール入れるとは思わなかったからか(^^;)、選手がゆりかごをしなれないせいかなんなんだか、とにかく同点に追いついたガンバのゆりかごの方がずっと板に付いて見えたのがムカツクちょっとくやしい。

ゆりかご…の裏側(笑)
そう思えば、引き分けとはいえ、点が入ったからゆりかごもできたんだな(<努めてプラス思考)。

よし、清水戦ではギシ's babyによろしこ。

あと、エメのゴールもよろしこ。


前半はやっぱり啓太が効いていたのかなぁ…よくボールの出先をつかんでうちの攻撃に繋がっていた気がする。後半はガンバが立て直したのか、うちが息切れしたのか、前半ほどは上手く回らなくなって…それで失点したと思うのですが。

願掛け…いつもどおり南側に座っていたんですが、後半に2回、ポストに救われました。背筋が凍りましたけど…これもきっと都築がハーフタイム終了後に南のポストに願掛けをしていたからに違いない。いつもいつもしているのか、それはわたしは確認していないけれど、言霊とか八百万の神とかそういうモノを信じているわたしは、どうか忘れないようにポストの神様に願をかけて欲しいなぁと思っていたりして、都築のことを見守っています。


試合後のゴミ拾いはいつも通り、基本は「両手にもてるだけ」。昼間暑くなったせいか、飲み物の消費が増えたらしく、そのあたりの残り物が多かったです。でも暑いと飲み残しは少ないので、紙コップに残っていたものは500ml3本分くらいに集められた量くらいで、それは楽でした。CSなんか半分以上飲み残しとか、そういうことがあったからなぁ(涙)。

これは前から不思議に思っているんですが、スタジアム内で清涼飲料をペットボトルで売ってその場に紙コップに入れ替えるのではなく、別途紙コップを渡しています?違ったらすみません(スタジアムで飲み物を買ったことが1回もないもので^^;)。でも観察しているとどうもそういうような印象を受けるのですが…もしそうだとしたらそれに意味はあるんですかねー?…スタジアムの入り口で入れ替えたものならともかく。普通に考えてゴミが増えるんですけど。ビールは紙コップ売りしているのに、ジュースは別途ボトル移し替えるのではなく、ペットボトルに紙コップをつけて売っているとしたら、その意味がよーわからんです。飲み残しの処理が大変なのでどっちかに統一して欲しいなぁと思う。あ、あと紙コップの大きさに2種類あって、上手く重ねないとかさばってしまうこととか。

あと、拾っていて思ったのは、所によりゴミのマナーが悪いところがあるということですかね。全体の雰囲気として少しずつゴミ拾いの流れができればと思いますが、南は大きなグループできている人が少ないのがちょっと難点だな、と。

とはいえ、見ていると階段を上って退場していくおじさんが、目についたゴミをひょぃっと自然な所作で拾い上げて去っていったとか、わたし以外でも袋に集めている人が増えていたとか、少年サッカーチームのリーダーが「周りのゴミ、拾っていけぇ~」みたいに呼びかけている様子とか、ゴミを気になる人の意識は増えているかな、とそのあたり期待大vv

今回、埼スタには専用のペットボトル回収箱があることを発見(<遅っ)。今度から「もえるゴミ」「もえないゴミ」「ペットボトル」くらいで分別すれば良さげな感じ?少なくともペットボトルはしっかりわけて回収すると幸せみたいです。今回はペットボトルを回収箱に入れられなくてごめんなさい…もえない方に入れてしまいました。


いろいろな方のブログを見ると、北側のゴールの雰囲気がちょっと違っているとか、そういうことはかねてブログなどで見聞きしていたわけですが、ゴール裏から遠いところで比較的静かに参戦しているサポとしてはそもそも「ぬるぽ」とか言われる口だと思うので、ゴール裏に口を挟む立場ではないのだろうと…思っております。

ただ、そんなわたしにも試合後のゴミ拾いを終えたあとに向かった浦和美園の切符売り場で見た切符購入のための長蛇の列はあれは何だったんだろうと、それを見る限りにおいて、今まで埼スタに来なかった人でも新しく足を運ぶようになったのかな?と伺えるわけです。あと、電車に乗っていて、目の前にいたねーちゃんがパンプス系な靴で「ゴール裏?」みたいな話しをしているのを見ると…「をいをい、その格好で跳ねるのか?」とか心配になったり…(その後ゴール裏にいったかどうかは知るよしもないですが)。そういう人たちがたくさん、しかもいきなりゴール裏に行くようになっていたらそれはきついかな、とか。新参の方を排除するとすればそれは傲慢だけど、でも空気を読めない人はゴール裏に限らずどうだろう、とか。入場の列も南側は空いていたけれど、しばらくは通路が閉鎖されて行き来できないようになっていたようで、去年までなら結構早めに(2時間前くらいなら余裕で)埋まっていたバックロアー自由に結構空席があり、北側は入場だけで大変になっているのだろうな。抽選も1000とか?

でも、少なくとも南側かバックの自由に通うようになって4年目を迎えようとしているわたしからみても、南側での拍手は大きくなっている。それは間違いない。たぶんCSを経て、南でも拍手をするとか声を出すとかいう風潮、少しずつそっちの流れになっていると思う。味方がコーナーに来れば大拍手、敵が来ればブーイングの音量も前よりずっと大きいよ。CSは、だからそういう意味でも貴重で、無駄ではなかったと思う。隣に座っていた足下もおぼつかないオトコノコも、息子に連れられてきたと思しき老夫婦も、大声を出せないわたしも同居できる南。わたしが拍手と念を送りながら小声で念仏のように「ガンバレガンバレ」とつぶやいたり、チャントにあわせて首から上でリズムを取ったり、拍手をしたりして、一方で後ろの方で声を出せる人がPride of URAWAのソロをはったりして(<カコイかったですよ、お兄さん(^-^))、それは跳ねる人にははるかに物足りない席かもしれないけれど、そんな南にこれからもやっぱり通うと思う。北のコールリーダーからは遠い位置だけれど、これからも向こうの端からついていかせて下さい…。


ずぃーこあと気になっているのが、隠れファンクラブ会員のジーコが何を見に来たかと言うことかな…どきどき…まさか今更誰か召喚されてしまうんだろうか。ヒロミさんはやっぱ今度の瓦斯戦の偵察か?またうちの試合だけギアを入れ替えて向かってくるのか?え?



萌たん萌たん、まさかもう登場の機会があるとは思わなかったけれど…どきどきしたねー(笑)。位置的に友ちゃんの代わりだったようですが、コーナーとかでセットプレーがあるとDFが上がって代わり啓太と友ちゃんとヒラが残っていたと思うんですが、そこに萌たんとなるとすっげードキドキしたのが正直なところ(…っていうかイヤな汗をかいた)。しばらくしっかり身体を作って、サテで経験を積んで、それでまた堂々とトップで出られるよう、祈ってるよ、ねーさんは(←誰?(笑))。たぶん今回トップに出られたことが前に進む原動力になると思うので。

近藤そうそう、「はじめたん」と打てば「萌たん」と変化するようにATOKにも仕込んでおいたからね!(<関係ねーよというツッコミは聞こえません(笑))。

神戸戦に帯同された近藤も、ホームでのベンチ入りは初めて=写真が上がったのも初めてなのでベンチ入りは2回目だけどいちおう記念age。



これまでのエントリーでもそうですが、正直、勝つための戦術とか選手起用とか、わたしはよくわからないです。それがよーくわかりました。わからないのにここであーだこーだ、あーやればよかったとか、そんなこと言えないよな…なので自分の体験と見聞きしたことと、そしてそこでわたしの感覚にピンときたこと、美しいサッカーや、流れるボール、必要な時に選手がコントロールしているボール、それは理論的にわからなくても大体「あ、これ、いいな」とか思うのが不思議だけれど…で主に良かったことを褒めるしか能がないな、と改めて思いました。あとは萌えたとかいう腐女子的な発言か(笑)。

つまりは言い訳です、スミマセン。

とにかく、わたしの中で生まれたエネルギーを選手にいっぱい返せるよう、そして勝ってまたどんどん前に進めるよう、試合中、その前後に頑張るだけですな。

今日は仕事中に内職ができたので長~いエントリーとなっており…と思ったら途中から私物PCが強奪されて眠いレクチュアを聞く羽目に(涙)。っていうか、PPを使いたいって自分が言ったんならPCぐらい持ってこい!…とは言えないよな、レクチュア自体を頼んだ側からしたら…(--;

以上、関西のとある城下町からお送りしました、はい、おしまい。夜になったらなんか寒くて、暖房を入れております。加湿器のあるホテルで助かったー。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

社長のことはMDPを信じることにする(BlogPet)

きのうガンバで、表試合したかったの♪
そこできょう楓は、浦和に確認するはずだった。


*このエントリは、BlogPetの「楓」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2005

社長のことはMDPを信じることにする

せっかくガンバ戦で買ったMDP、途中で落としてしまって今手元にありません。気がついたのが東川口で乗った武蔵野線の車内。すでに人の流れに抵抗することはできず、ひょっとしたら乗る時に入り口で落としたかも?とそのまま武蔵浦和まで。でも存在を確認できなくて、すぐにUターン。東川口へ戻り、構内をくまなく探したところ、エスカレーター下の「燃えるゴミ」用ゴミ箱のところで、MDPと一緒に丸めて鞄にさしておいた楽譜は発見!…でもMDPは見つかりませんでした(しくしく)。楽譜がゴミ箱にあったということは、誰かが拾い上げて、その人には何の価値もない楽譜は捨て、おそらくMDPだけは浦和のサポに拾われて里子にもらわれていったのだと信じよう。ゴミに捨てられたらイヤだな、と思ったので、それだけ確認できただけでちょっとすっきりした。

だから思い出しながらの記になってしまいますが。

アルPの解雇云々の件は、社長にはその気はなくて、あぁいう形で記事になってビックリしたらしい。確かに、記事にも「示唆」とかそういう言葉で書かれているから、それが巧妙なところで。

そういう風に書かれた時点で、社長から何か行動があったらまた違ったのかも知れないけれど、本人の意図しない形でとりあげられたことで、そこで初めて沈黙という選択をしたのかも知れないな、と思っております。実際あのあと表に出てくるのは森さんばっかりになったと思うから。

あの試合から1週間。本人の生のコメントを聞けない以上、どの情報を信じるかといわれれば、MDPが今のところ一番確からしさが上だ。なので、少しでも疑ってゴメンナサイと謝っておきます(…でもどこかで弁明があったら違ったのにと思わなくもないけど)。来週の水曜日にまた試合で浦和に行ってMDP買い直すから許していただければ…(<安っ)。アルPへの審判の言葉が「be careful」だったとか、森さんが審判委員会に何を送ったとか、清尾さんのコラムでステキなルビが振られていたとか、あれはもう一度読み直さねばと思っています。

…だいたい、社長が表に出てくるチームってそんなにないよな…。狙われたのかもとか。社長共々、わたしはいろいろな意味で敵対する相手に囲まれてサポートをしているのか?とちょっと疑心暗鬼な春の夜でした。

試合のことは…ホリのゴールはあり得ないくらい超嬉しかったし(しかも昨日彼のことをほんの少しネタにしたし)、萌たん出場にはハラハラどきどき(笑)させられたし、浦和の隠れファンクラブ会員のヒロミ・ハラ&ずぃーこの姿を発見して可笑しかったとか、今日は少なくとも審判にイライラせずにサッカーの試合を見せてもらえたなとか。いろいろあったけれど明日新幹線の中ででも書くことにしよう…今日は時間がなくなっちゃいましたので。

サクラ…そうそう、書き忘れましたが、普段降り立たない東川口になぜ降りたかといえば。花見をしてきたんですよ。夜の大原で。

…早起きして見に行けっちゅーねん<自分

寝坊して午前中に行かれませんでした…来年は昼間に満開の桜が見られますよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つれづれなる一日Part2<やっぱりReds色

なんか、週末あけは天気悪いみたいじゃないですか。関西からの出張から帰ってきたら大原に桜を見に行きたいと思っていたのですが、間に合わないっぽ?知らないけどこの陽気なら間違いなく大原、桜咲いていますよね。でも日曜日は朝から所用で都内某所に出かけ、そのまま出張にGoだし…。残っているのは明日の午前中~お昼くらいか。サテでも見に行くか、萌え萌えしに(笑)。でもそこから埼スタに行くとなると…。いちおう大原→埼スタへの地図は入手。というか職場で印刷してきた。

で…直線距離で7km?うーん、歩けなくもないけどな。


ホリの出身中学で教育実習した時、担当したクラスのオトコノコに「この町の印象はどうですか」みたいなことをきかれたので褒め言葉のつもりで「緑がいっぱい残っていていいところね♪」と言ったら「それって田舎ってコトですか」と言われてしまって返答に窮したことがある(^^;)。あのあたりは今も緑が残っていると思うのですが、埼玉県内の大学に入学するまで田畑を見ない土地で毎日生活してきたわたしにとって、浦和は本当にいいところだと思ったのですが、その時のオトコノコはそのありがたさを気づいてくれているかしら、と思ったりする。

地図で見たら大原と埼スタの途中くらいにあることになるのね。実習中は北浦和からバスで行っていたし、何より大原も埼スタも、当時のわたしの頭の中にそれが存在するはずもなかったから。


kojyaさんのところで紹介されていたエントリーで、リバプールvsユベントス戦の深い歴史を初めて知ったのですが…正確に言うとプラティニとその悲劇自体はきいたことがあると思うけれどチーム名とは全く結びついていませんでした…わかっていれば間違いなく録画した…はず。

で、その代わりに昨日の深夜にフジテレビでやっていた準々決勝の総集編映像を、ゆるねば聞きたさに録画したのですが…それ自体はよくわからなかった(^^;。でも握手する意匠のマフラーを掲げるサポの姿は、そういう歴史を知ってみれば、アジアの何も知らない一人のサッカーファンにとってすら感動的なシーンでした。CSの時に売れ残っていてわたしには雑巾に見えてしまった浦和&横浜FMのロゴが染め抜かれたマフラーとは重さというか、なにかが大違いだなぁ。というか、UEFA杯とかではそういうマフラーを普通に作るものなのでしょうか…(UEFA杯自体ですらその重要性とか興奮する加減とかは何も知りませんが…試合自体のすごさはたまに見る映像だけでもすごいなぁとため息つくことも多し)。

というか、ゲストに澤 穂希さんと川上直子さんがいた。

あぁ、この人がkojyaさんの(^^;

川上さんが出演している映像ははじめて見ましたが、こんな深夜に大変だなぁと心配しましたが、録画ですよね(笑)。


仕事先の知り合いからイチゴを送っていただいたらしいのですが、実家に届いたので仕事のあとに取りに行ってきました。

なんで届いた(送られた)のか、よーわからなかったのですが、ちょっと頼まれたA4で5枚くらいの調べもの(単に某サイトで調べて印刷しただけ(笑))がイチゴ4パックに化けたらしい、ウマー。両親に1パック、祖母に1パック置いてきました。

イチゴ、赤い、赤いよー(強引に赤いベクトルへとこじつけてみる)。


両親が数年前に定年後の家を建てたのですが、その元地主さん(の奥さん)と母がお出かけした時の会話とかで。

「××さんに『知り合いでお見合いの相手を捜している人がいるんだけど、お宅のお嬢さんどうかしら』って言われちゃったから、いきなりであれだけど知らなかったって言われるのも何だからいちおう知らせておくね

…だからどうしろと?orz<お母様

…反応に困ったので「あ、そ」と、さらっと流して帰ってきました。

さー、明日もガンバ戦のサポート頑張るぞー(棒読み)

…いや、まぢでどうしろというんだろう(^^;


エメ、息子さん誕生おめでとう!\(^O^)/…明日は何か、やってくれそうな気がする。っていうかやってくれぃ。わたしは知らないんですが、ゆりかごは浦和でもやるんですか?


あー、永井のブログ、閉鎖ですかぁ。別の形で会えると嬉しいけれど。選手のサイトはスタジアムでは見られないような素顔が垣間見られるのが楽しいので。写メっぽい写真とか、面白かったんだけど。でも、ま、しょうがない。

…やっぱ、暢久のとこ並みに尻を叩いてくれそうなシャッチョが現われないと頻繁な更新は無理かな(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 07, 2005

つれづれなる一日<基本的にはReds色

新井くんは20歳、そして一日遅れてしまいましたが大山くんは19歳のお誕生日おめでとう~。その若さに頭くらくらきますが、良い一年になりますように。

しかし、いわゆる保母さん泣かせの早生まれとしては、4月生まれのオトコノコと聞くとそれだけで条件反射的にくらくらするね、全くもう(←意味不明・でもたぶん腐)。


昨日、大分戦のビデオを見ました。ちょっと作業をしながらだったので、映像に釘付けだったわけではないのですが、後半15分くらいから始まったPride of URAWAに思わず身体が反応しました。確かにそれ以前よりひときわ大きな声だった。小さいながらも声を出せた自分もあの中にいたのかと思うとちょっと不思議だった。

今週末も頑張ろう。

あー、声が出せない自分が恨めしい。しかも月曜の夜くらいからいつもにも増して喉の調子が悪くて、昨日も昼食に食べたパンが気管に入り、激しく咳き込んでまた死ぬような思いを(汗)。気をつけねばー。

そういえば…今週末も天気予報がよくてびっくりですが。どうなっているんだろう、わたしの雨力は(笑)。


なんか微妙にカウンタが伸びているのは気のせいか?バトンのことやアルPのこととかでいつもより頻繁に更新(当社比1.43倍(<をい))しているからかなぁ…と思いつつ、ふとアクセスログでリンク元を見てみたら…

…さっかりんにうちのブログが登録されている!!Σ( ̄□ ̄;;...びくりつ。ありゃ。

どうでもいいんですが、どこぞで既出かも知れませんが、さっかりんの浦和マークurawa「グランパスくん」に見えて仕方ない管理人です…。


ところで、来週から7月くらいまで、毎週木曜日に仕事で浦和に出かけます。普段は東京の山手線沿線で働いているので、浦和に行く、それだけでわくわくします。余裕があったら大原にも行きたいけどなぁ…。少なくとも桜の咲く大原は制覇しておかないと!

…でも今度の日曜の夜から火曜日までは関西出張が入りました…。忙しいなぁ…。でもまぁ、出張手当が出ると思えばいいか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

待ってました<のぶひさからのメッセージ

やっとのぶひさキャプテンのメッセージが更新されていました(>_<)

「全く、いつまでぬくぬくしてるんだよっ!」と悪態の一つでもつきたい日々でしたが(<温温さんとは関係ありません、念のため)、文面は相変わらずでした。(^^;

でも、

「シミュレーションで脱臼する人はいません。」

の静かな抗議の一文に、早く良くなってくれることを祈るばかり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あなたを見つめて~to Alpay

鯱戦@ナビ2004準決

ナビ準決の鯱戦でのアルP,..去年撮れた写真で一番好きな写真vv

そしてもう1枚…ちょっとピンぼけだけど、親子でお揃いの優勝記念Tシャツに身を包み、場内を一周する3人の背中の写真がやっぱりお気に入りだったりする(元々背中写真はわたしの萌えツボ(笑))。ジュニアの手には図らずもアルPが表紙のMDPがある(そこもお気に入りポイント)。

鯱戦@2nd優勝の日


何も求めない 今何も望まない
明日 あなたに 会えれば それだけで

一緒に闘おう…そして優勝しよう。



今回心を乱された社長の言動、彼の生の声を直接聞いたわけではないので、最大限好意的に解釈できるとすれば第三者がリアルな形で伝えていたかどうか、本当は定かではないのかもしれない。でも否定の痕跡も認められないのであれば黙認といえなくもない。とにかくスポーツ紙をはじめとする記事は何だったんだろうと、その釈然としなさ加減は山瀬の時以来だ。一方で心理学で言うところのドア・イン・ザ・フェイス・テクニックに近似する行為だったのかと思ったりもする。どっちなんだろうな。あるいはどちらでもないのか。

…ドイツの代表を務めたギドが監督でいてくれてよかった。伝え聞いたところによる審判のありえない言動…なんだよ、それ#…これまでどれほどプライドが傷つけられただろう。ギドが投げた石がリーグ全体にどのような反響があるか、それはまだわからないけれど、こんな審判たちの元で、半分以上翼をもがれた形のプレーを余儀なくさせている・させようとしているのかと思うと申し訳ない気持ちでいっぱいだけれど、アルP、しばらくは貴方の前に棘の道は今後も続く可能性が高いと思うけれど、それでも私たちと一緒に闘ってくれますか?(<だんだん弱気...^^;)

とはいえスタジアムにおける審判へのブーイングは何の後押しにもならないと信じ、今後も少なくともスタジアム内で審判に声を上げることはしない…ようにしたいと思う…なるべく。...(^^ゞ

応援している気持ちがアルPに伝わるのなら、3をつけたグッズを身にまとうのもアリかも、と気持ちぐらぐら(<レプリカは予算組んでないのでちょっときついなぁ(^^;))

…とにかくわたしに何かできないだろうかということは常に頭の片隅に置いておこう。


ホントはまたフラれるんじゃないか…と怖くて、職場からエントリーをageてしまってた弱虫な自分に萎え…(j_j)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビデオ提出byフロント

埼玉新聞のサイトによれば、浦和のフロントがJリーグ審判委員会に件の試合のビデオを提出したとのこと。

記事によれば森さん自身が抗議のためではないと言うことだし、試合の結果が今さら覆るわけではないだろうが、それにより審判の資質が少しでもあがることは期待できるだろうか?それとも闇に葬られるなんてことは…あるのだろうか?

ボールはフロントからJリーグへ投げられた。そのボールはさらにどこへどう投げられるだろう…。今後どういう流れになるのか…少し見守りたい。

と同時に、経過と結果について、確かな情報を得たいなぁと切実に思う。

ジャーナリズムになお良心というものが残され、携わる人々が真実を伝える責務を感じてくれるなら、煽りや誇張を回避するための言葉を大事に選んで、わたしたちに知らせてくれることを期待する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2005

あなたにとって、浦和レッズとは?

あなたにとって浦和レッズとは?赤巻紙のちよさんからバトンを受け取りました。しがらみが少ないのでフットワークは軽いですが、スタジアムの中では跳ねたり大声出したりできない軟弱なわたしでもいいのかな、と思いつつ、お引き受けいたしました。


わたしにとっての浦和レッズとは…

たとえて言うならば「わたしが前に進むためのエネルギーの源」です。

その正体はときには熱く燃える石炭や石油のようなものだったり、沸々と熱い思いの溜まる地熱のようなものだったり、ときには人を冷たく冷やしながら(汗)一方で潤いをもたらしてくれる水のようなものだったり、あるいは光をもたらす太陽のようなものだったり、前へ進むための背中を後押ししてくれる風のようなものだったりするけれど、"わたし"という生物体は種別を問わず、臨機応変に都合のいい方向に解釈してそれを前進のエネルギーに変えられるので大丈夫♪(^-^)

つまりは1年後や10年後という遠い未来のことではなく、明日も明後日も生きたいと思うような気持ちを保つのは、時にものすごい心のエネルギーが必要なわけで。わたしの場合、今はとくに人生の相方がいるわけでもないですし(<自虐orz)、生きるための心のエネルギーを自給自足している生活を支えてくれる貴重な存在、それが浦和なのかなぁと。

その「浦和」には選手だけではなくフロントはもちろん、浦和を愛するサポ・同志まで、当然すべて含めますよ、決まっているじゃないですか。さらにわたしの中で生まれたエネルギーが選手にフィードバックされて1つのエネルギー循環のサイクルができていたら幸せだなぁと(はぁと)。


そういえば細々とゴミ運動に取り組んでいるのも、会場のゴミをエネルギー源にバイオマスとして働かせてようとたくらんでいるのです、たぶん。

…ってそれはたぶんこじつけすぎ<自分...(^^ゞ



よい機会なので浦和とのなれそめを思いつくまま書いてみますれば…。

Jスタートの瞬間は特にどこを応援しているということもなく、実は川崎V対横浜Mの試合を見に行ってました<あれ?(笑)(ちなみに席は横浜M側)。だから実家のどこかに青い旗とか写真とかエアクッションとかがしまわれているはず…(^^ゞ。また、キャプテン翼世代の一人であったり、弟がその世代にしては珍しく少年サッカーをやっていたり(東京ではクラブがなく横浜まで通っていた)、父がやはりサッカー観戦好きで小学生の時に天皇杯に連れられたりしたので、元々サッカー志向の土壌はあったのだと思います。

東京生まれ東京育ちのわたしに赤い血が吹き込まれたのは、やはり進学した大学が埼玉県内にあったからに他ならず、赤いチームを応援することになるのは自然の成り行きだったのでしょう。研究室にも旗がありましたし(笑)。でも試合ということになると「都民には駒場のチケというのは手に入らないもの」と思っていたので、せいぜいTVで観戦するのが関の山でした。今のようにネット経由で手にはいるとか交換できるとかいうこともないですし。まぁ、本気を出してコネを作るとかするまでの気合いもなかったわけなのですが。だから元々の身分は外様なのだろう、と思ってみたりする。

そして浦和の試合をはじめて見に行ったのは駒場で、ただ正確な日時がちょっと手元に手帳がなくて確認ができないのですが…。試合は確か引き分けで、試合前はずっと雨が降って、試合開始直前に雨がやんで、ピッチには伸二がいて…までは覚えているんだけど。

そのチケットを手配してくれた友人Aは大学時代の研究室仲間で、浦和市民だったから県民優先か何かで手に入れられたんだよね、確か。その日はもう一人の研究室仲間の友人Bと、計3人で階段に縦に並んで3段分に座って、西よりの自由席で観戦した記憶があります。夕食は前もって伊勢丹の地下で大学芋やコロッケをおかずに買っていきました。友人A曰く、2時間前に行っても座れないのが普通で、っていうか座席のあるスペースは少なくて、とか彼女の言っていることが全く訳がわからず(笑)、でもスタジアムに行ってみて、中に入ってみて「・・・」となって通路に座ったとか、今思い出すと可笑しい。

その後間もなく迎えることになるJ2の時代はわたし自身が人生の鬱な時代で、とても浦和に思いを寄せる余裕はなく、J1に戻ってもしばらくはなかなか精神的・経済的余裕が取り戻せなくて、再び浦和戦に行き始めたのは2001年くらいですかね(ただし自力で取れたのは霞ヶ丘中心)。埼スタができてチケが比較的容易に手にはいるようになったのも幸いでした。

今、初めての観戦から何年も経って、気がつけば友人Aは諸般の事情で県内の奥の方に引っ込み、「福田の妻になる!」(<をいをい)と豪語していた友人Bも一児の母となり、今となってはわたしの方が足繁く通っているわけですが(笑)。

シーズンの予定が決まれば即手帳に書き込み、アウェイ参戦の可能性をうかがい、万難を排して参戦を計ろうとする日々。

いつまで続くかな、と思わないでもないのですが、所詮はヘタレな軟弱サポなりに、身体にも心にもお財布にも(笑)無理のない程度に参戦して、浦和との幸せな関係が細く長く続くといいなぁと思っています(*^^*)


さて、つづくバトンは"nakaのまったりしたBLOG"のprideofurawaさんにお渡ししたいと思います。ただいま磐田戦のツアーのとりまとめでお忙しいところかとは思ったのですが、打診いたしましたところ快諾のお返事を即頂けました、ありがとうございます。

ついでに磐田戦ツアーへの関心が広がって参加者が増えると割安になっていいなぁ…と淡い期待をしてみたり…なSamemoon!@復路参加予定です。


末筆ながら、ちよさん、prideofurawaさん、Jinnoさんに感謝。みなさん一面識もないはずなんですが、ちょっと不思議な気持ち気分。

…アルPの件での追加エントリーもアップの予定でしたが今夜は時間切れ。明日仕事から帰ってきたらupしたいと思い準備はしてありますが。あとコメントへのレス等々も明日いたしまする。公式のランダムな選手画像がやっと今年のものに変わっていて嬉しい。何より浦和なアルPの姿にまた会えるとわかって嬉しい夜。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 05, 2005

バトンが回ってキター(笑)

時々…はからずもネット上で交換日記を公開している(笑)、赤巻紙のちよさんから「あなたにとって、浦和レッズとは?」(produced by Jinnoさん)のバトンが回ってきました。

えーっと、帰宅したらupしますー…ノシ

とりいそぎ職場より(<をい)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルPのこと。

今回の行為に対しては厳しい処分が下されるはずです。わたしもそれはすべきだと思います。

でもまさか…対外的なパフォーマンス、つまりはshowman的な処置を取るようなことはないですよね?<社長


一方で、仏の顔も3度という言葉と、2度あることは3度という言葉が頭ん中を行ったり来たり。(ぐるぐる)

もう1回やった時のクラブへの影響の大きさを想像すると、今の時点で解雇という選択も全くないとは言い切れない。本当のことを知るよしもないけれど、選手たちの間で不協和音が生まれているとしたらそれも心配。

何より、すでに色眼鏡で見られるようになっている彼が、強制的に下駄を履かされた状態でのプレーを余儀なくされていることで、本来の裁定以上のカードをもらうことは、残念なことだけど十分あり得ると思う。あるいは浦和の選手そのものがそう思われているかもしれないとも。

もし解雇という結果になっても、それを受け入れる心の準備はあるつもりだけれど、一方で今回の原因の一つであろう「審判の判定基準と実践の乖離」に対して、クラブとしてしかるべき機関にしっかりとした意見書を提出してくれないのでしょうか?それはクラブとしての義務ではないのですか?たとえしかるべき機関の存在が形骸化しているのだとしても、しかるべき人がしかるべきところに対処してくれないのでは…サポとしては何を信じればいいのかわからないんですが。アクリル板やアフターバーといったパフォーマンスで片づけられることではなく、サッカーの根元に関わる問題と思うのですけどね。

審判というのは試合中、絶対的な存在なのだとしても、審判とはいえ人間だから誤審というのは付き物だろうけれど、その判定の過程はブラックボックスではないはずで。なぜアルPのあれにイエロー(1枚目)やネネのそれにレッドで、啓太や暢久の行為がイエローで、長谷部やヒラやアレたちへの大分の行為に対する判断がそれなのか。済んだことが覆らないだろうとはいえ、このままだと釈然とはしないよね。


そしてマスコミはわかりやすい"点"で起こった行為や言動のみをとりあげて「解雇」「解雇」と騒ぎ立てているけれど、90分という長い線としての審判の行為について分析し、公平に取り上げてくれることはないのでしょうか。スポーツ紙が「理不尽な判定に激怒するギド」という切り口から短い記事をあげるだけでしょうか?マスコミにとってJリーグの審判とは不可侵な存在なんでしょうか?

そんなジャーナリズムなんて、くそくらえだ。ヽ(`Д´)ノ


最後に、願わくばアルPがもう一度浦和のユニを着てプレーをしてくれることを…。怪我の身体で天皇杯を戦ってくれた、気迫のプレーを思い出しながら。


湯上がり温泉記の前編・後編の間にアルパイのことを挟むのもあれだと思ったので、立て続けのエントリーになってます…。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

大分戦・湯上がり温泉記~後編(2005/4/3)

昨日は何も調べなくてもバスやら電車やらの接続に恵まれたのですが、今日は一転して朝からbad timing。大分駅をその5分前に電車が出ており、次の鈍行は40分後...orz

夕方の飛行機まで、できる限り温泉を回るぞー。ということで、今日もまずは遠くの温泉から制覇。大分から別府を通り越して亀川駅まで移動。

10:45大分駅・発
↓\360
11:04亀川駅・着

浜田温泉「浜田温泉」

ここは造りは昔風ですが、建物自体は新しかったですね。別府の中心街からは離れていたせいか、地元のおばさまばかりという感じ。ここでもまた石鹸を拝借。受付に人はいましたが、設備も脱衣場と湯船があるだけという簡単な施設。もちろんわたしは温泉に入りに来たので問題なしですが。

そして駅に戻るとまた電車は行ったばかり…。ちょっと高そうだけど、30分近く待つよりは…と別府まではバスで移動することに。今日もトキハさまにお世話になる予定だったので、バスの方が何かと便利という理由もありましたし。


11:40ごろ亀川駅BS発
↓\300
12:00ごろ北浜BS・着

北浜のBSからは大分空港行きのエアライナーもあるのでとっても便利♪(^-^)お昼過ぎの便で帰るとおぼしきサポの姿もちらほら。わたしも帰りのバスの時間を調べてからトキハさまで今回2度目の荷物預け(感謝)。昨日書いたように、そのあと2Fの無印に行って石鹸をご購入。これで晴れて石鹸所有者に(笑)。残りの温泉はここから徒歩圏内にあるので、動線に無駄がないように移動。以下はすべて徒歩移動です。

竹瓦温泉「竹瓦温泉」

砂湯が併設されている大きな施設でした。年季の入った…昭和13年の建物…だったかな。案内よく見ないで目の前の入り口に入ろうとしたら、砂湯と普通湯は全く別で、間違えて砂湯の方に行こうとしていたらしく、受付のおばさまに突っ込まれる。砂湯は玄関を入ってから左、普通湯は右の奥にある入り口が正解です(笑)。砂湯は今回の無料開放の対象外だし、時間もないのでパス。また来た時に入ればいいや、ということで。

ココもそうでしたが、なぜか脱衣場から階段を下りていくと湯船がある…という造りの銭湯がいくつもあったのがわたしには不思議でした。別府の常識なんでしょうか?そして一見すると神社みたいな建物もいくつか(実際に祠があったものもありますが)。あと脱衣場と湯船の間に扉はなくて。だから貴重品はロッカーに、という貼り紙もありましたが、そういうわけで脱衣場から目を離さないようにお風呂に浸かっていました。


浜脇温泉「浜脇温泉」

湯都ピア浜脇という施設の裏、マンションとか商業施設に囲まれるような感じで作られた施設。なので建物自体は公民館のような入り口。でも温泉自体は年期入った造りの湯船に見えたのですが…温泉自体は古いのかなとか想像しましたけど…どうでしょう。ここも湯船まで階段で下りていく造り。有料でマッサージ機とかがありました。それとちょうど温泉まつりの浜脇会場で催しが行なわれており、太鼓の共演がにぎやかでした。


永石温泉「永石温泉」

ちょっと奥まったところにあったせいか、今回一番お客さんが少なかった温泉。そのせいかちょっと水温が高く、水で薄めざるを得なかったです…薄めるのは本意ではありませんが、入れなきゃしょーがない(笑)。造りは昔ながらの木造で階段を下りていくパターン。そしておばさまは相変わらず親切でした。あるいは「色、しろいねー」と言われれば悪い気もせず(笑)「はぁ、ありがたいことで」みたいな受け答えを。そんな、ひっそりしていた雰囲気が何となくお気に入りの温泉でした。昔"風"よりは昔の木造の温泉の方が雰囲気がステキです。

お風呂を出たあと、ここでドーナツ2つを食す。


不老泉「不老泉」

阪急交通社さんのツアーでお泊まりになった方は、ココの前の「亀の井ホテル」さんに泊まったようですね。ココも公民館的な建物の1階が温泉でした。そしてやっぱり階段で下りていく造り。湯船の大きさは今回入った中で一番かも。おばさまの「石鹸はあるかい?」というおきまりの質問にも「大丈夫ですよ~」と。でも、なぜか混んでいて洗面器が足りない様子(それは困った(笑))。なので湯船に入っているおばさまに身体を洗う時にちょっとだけ借りる。別府駅に近く無料開放だったのでいつもより一見さんが多かったせいみたい(どこの温泉でも常連さんはmy洗面器持参が多い)。

別のおばさまに「ちょっと熱いくらいのお湯でも思い切って浸かると入れるものよ~で、すぐに出るを繰り返すと大丈夫~薄めたら効果も減るから」みたいなことを伝授される。と言いつつ脱衣場のところで「心臓の病気でニトロが手放せなくて…」とニトロ入りのロケットを首にかけるおばさま!大丈夫ですか!(汗)。ココもたぶん普通の銭湯よりは熱めの湯。わたしは比較的熱好みなのでOKでしたが、入れない人には今回わたしが行ったほとんどの温泉が苦しいだろうなぁと思ったり。

「あれかい、だんなさんと一緒?」と聞かれたので苦笑いしながら「いーえ、一人です」と答えたら「そうかい、よっぽど温泉が好きなんだねぇ」と。えぇ、まぁ。


田の湯温泉「田の湯温泉」

線路をくぐって向かった先は、住宅の真ん中に作られた建物。神社風でもなく何となく銭湯風というか補助金で建てたトイレ風というか?(謎)

とにかく湯船の規模の割にお客さんが一杯でした。不思議。ここではあまり話しかけられなかったな。うん。なので印象が薄いですが。設備も特別なものはなく。


海門寺温泉「海門寺温泉」

別府のメインストリートで御神輿やらが練り歩いている裏で、わたしは最後の温泉へ。バスの時間的に見てもここが最後になることは確定だったのですが、急いで洗髪まで済ませられました。幸いわたしの髪の毛はもう何年もせっけんシャンプー育ちゆえ、固形石鹸でも余裕で泡立ちますから、シャンプーがなくても平気なの~ドライヤーなしでも髪もすぐ乾くし~♪というか、単に東京に帰ってからまたお風呂にはいるのが面倒だっただけですが(笑)。

今日最後の温泉は町中にあったせいか、ほかより一見さんが多かった模様。最後の最後にやっぱり階段で下りるタイプのお風呂。「腰が弱くてねぇ」というおばさまに、わたしが直前で荷物を置いたはじっこの棚を譲ってあげたのですが(その脇に椅子があった)、客層を見ても段差の多いお風呂はちょっと危ないなぁと思いながら見ていました。そういえば「御神輿が終わると途端にココも混むはずだからいいタイミングできたね」みたいなことを言われた。そっか。


というわけで、4/2~3の無料開放の温泉・10カ所コンプリート達成~♪

荷物を引き取ってから急いでバス停に移動したらバスの時間を10分間違えちゃって、のろうと思っていたバスの次の便になってしまいました。が、定刻の20分くらい前から並びがスタート。そしてわたしのあとからサポやら普通の人やらが並びはじめ、結果的にはこれでよかったのかなと思うことにします。フラストレーションも溜まらずに希望のバスに乗れたので。

16:18ごろ北浜BS・発
↓\300
17:00ごろ大分空港・着


大分空港、ANA最終便のチェックインをしようとしましたら…。

「混雑が予想されるので4/4・AM10時の便に振り替えて下さる方がいたら20000円または15000マイル差し上げます・別途宿泊費も負担します

みたいな貼り紙を見て心千々に乱されるサポが一人(笑)

2万円!1.5万マイルって!あんたっ!

・それだけあれば来年の大分戦がマイルで来られるぞ!
・それだけあれば今回の遠征費が半分以上浮くぞ!
・あ、あ、あ、明日の仕事、午前休とかで大丈夫かな!?<ヴァカ

等々、かなりそそられましたが、さすがに1泊2日フル稼働で疲れたので帰京決定で葛藤終了(笑)。

…むしろ、来年も大分に来るとは限らないし、とか言ってみる(^^;

チェックイン終了後は、ちょっと早かったけれど、3階のレストランで今日の夕食を。お昼にミスドのドーナツ2つ食べただけだったのでちょっとだけ豪勢にしっかり食べました。ふと見たら同じレストランにキャシー中島さん&娘さんもお食事中でした…お嬢さん、カワイイなぁvvと思ってみていたら慣れた手つきで煙燻らせていた様子に…ちょっとむむむと…。お二人はJALの最終便に向かわれましたとさ。

1カ所しかない国内線の入り口はものすごい並び。まぁ、普段はあれでよいのかも知れませんが。きっと数時間前に一足お先に帰京したはずの選手たちに思いを馳せながら、わたしも帰京の途につきました。

帰りの飛行機の中で啓ポンの続きを読みました。かねて彼があちこちでクチにしているままに、サポーターへの愛情をこれでもかと活字にしてくれているわけですが、ちょっと落ち込んでいる心模様も手伝ってまた涙目に。またガンバ戦に向けて気持ちをつなぎ、そして土曜日のサポートをわたしなりに頑張ろうと思いました。

家に帰るまでが遠征です。というわけで、4/3午後9時近くに帰宅で終了。お疲れ様でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 04, 2005

大分戦・湯上がり温泉記~前編(2005/4/2)

大分空港に到着。赤い人があちこちに。赤くなくても「ヲタはヲタを見抜く」の法則により、大体赤い匂いがしてきますが<お互い様か(笑)。

さて、普通にいったら大分市内まで1500円、別府市内まで1450円、往復切符でも2500円かかるところを、ピンのサポをナンパして「大分・別府市内行き・4枚綴り回数券(4000円)」を無事げっつ&シェアで900円の節約♪情報ありがとうございました(^-^)<某所管理人さま

午前中には大分・別府市内に到着の予定。スタジアムの開場は16時半。さすがにここに来て席がないということはあり得ないので、16時くらいに出発の心づもりでOPを計画。大分の粋な計らいか 今回はちょうど「別府八湯・温泉まつり」の開催期間にぶつけていただき(笑)、4/2・3に無料で入れる温泉が10カ所あるということなので、そこを中心に巡ることに決定。4/1は100カ所以上が無料開放だったのですが、まぁ10カ所もあれば十分ですわ、はい。

温泉まつりステージ

さて、これまた某所に載っていたウェブサイト経由で知った情報を元に、市内最大のデパート・トキハさまにて、無料で荷物を預かっていただく(感謝)。買い物の有無にかかわらず笑顔で預かっていただいては、やはり銭を落とさずにはいられないわけで。4/2にはお昼の鶏飯を、4/3には無印で石鹸を購入。ついでに4/2の夕食は大分市内のトキハさまでご購入。どうせどこかでは買わなければいけないものでしたから、コインロッカー代が浮いたと思えば双方ピースフルということで、めでたしめでたし。

というわけで、身も軽くなったところで、湯上がり温泉ツアーにれつぎょ。まずは遠いところから制覇です。


11:50すぎ別府駅西口バス停(以下BS)より出発
↓\380
12:25ごろ明礬・BS着

鶴寿泉「鶴寿泉」

明礬の温泉は初めてかも?普段は白いそうですが、今日はなぜか透明だとのこと。外で火照りをさましていたおばさま曰く、いつもならお風呂に入った時に足が見えなくなるくらい白いのだとか…。

入る前に鶏飯で腹ごしらえ。空腹で風呂の中で倒れると困るので(^^;)

ここでは近所のお当番のおばさま?に石鹸を借りるなど親切にしていただく。わたしは純せっけん派なのですが、草津の時のイメージで、何となく泡立たないような気がして持ってこなかったのですが(言い訳)、やっぱり持っていた方がよさそう。湯船に入るたび、身体を洗っていたことになったので、結局その後、何度となく石鹸を借りまくることに(汗)。というか向こうから「石鹸、持ってないの~?これ使いなさい~」の繰り返しでした…。一見さんな様子を見てか「どこから来たの?」と何度も聞かれました。

教訓:別府は石鹸持参が吉。


13:20ごろ明礬・BS発
↓\190
13:27ごろ鉄輪・バスセンター着

「鉄輪」とかいて「かんなわ」と読むそうです(ニホンゴ、ムズカシイネ←who?)。歓楽街もある、古き良き時代の温泉街という感じでした。

渋の湯「渋の湯」

入ったら誰もいなかった(笑)。でも、わたしのすぐあとから「うら若き乙女」と呼べるお嬢さん2名と一緒になるが、湯船のお湯がありえないくらいの温度になっていたので3人で一生懸命水を入れる!混ぜる!水温を下げる!(笑)…5分ほどでどうにか浸かれる温度に。いやー、はじめは痛かったです…入れなかったです。

ここは管理人さんらしき人がいないタイプの温泉でした。そのせいか、設備も最低限。

熱の湯「熱の湯」

ここでお嬢さん2名に再会。えーっと、ぶっちゃけ、この2名以外で温泉でご一緒したご婦人の9割以上が「わたしの年齢×2(以上・推定)」ばっかりでした(笑)。ひそかに若い娘ごがもう少しいるかと期待したのですが(←何の期待やっちゅーねん!)

こちらはおばさまがたくさんいらしたせいか、適温でvvv

そしてココでも石鹸を借していただく(感謝)。「シャンプーは?」とまで言われたけれど、洗髪にはまだ早い(笑)。ので丁重にお断り。いやー、どこでもおばさまは親切です。わたしもどちらかといえば人見知りさんではないので、どこでも心地よく会話を楽しめました。もちろんお邪魔する時の挨拶は必需品ですが。

脱衣所でおばさま&お嬢さん2名とお話ししたのですが、東京からサッカー観戦に来たというと「ほーぅ」と(笑)。3人とも地元の方だそうで。まず東京から来ただけで「ようこそ!」「うぇるこね!」という反応。さすが九州でも有数の観光地というだけあるなぁという感じ。うーっと、何というか、ホスピタリティというものが市民の間に浸透しているという感じか。



14:25ごろ鉄輪・バスセンター発
↓\330
15:55ごろ北浜・BS着

ここでトキハさまから荷物を引き取り、別府駅まで徒歩移動。駅到着後のちょうど5分後くらいに大分行きの各停が来るとわかり慌ててホームへ。

15:08別府駅・発
↓\270
15:21大分駅・着

ホテルにチェックイン。でっかい目(笑)が閉まらない可能性があるとの情報があったので、いちおう雨カッパ持参(結局は閉まったので使わずに済んだ)。

16:20ごろ大分駅前特設バス乗り場?・発
↓\350
16:50ごろスタジアム・着

去年もそうでしたが、スタジアムへのバスが頻繁に配されるのはよいことです。1本待てば確実に座れますし、すぐに次のが来ますし。

<観戦のことは観戦記を参照下さい。>

21:25ごろ?スタジアム・発
↓\350
21:50ごろ大分駅前・着
22:00ごろ Hotel帰着
22:20ごろ?Hotel出発

「あたみ温泉」...\300(No Photo)

大分駅前から徒歩数分の銭湯が温泉でした。今回入った温泉で唯一お金を払った温泉(笑)。去年泊まったコモドホテルは温泉でしたが、今回の宿は温泉ではなく、せっかく温泉がある街でユニットバスは悲しいので、てくてく歩いて入りに行きました。既にこの時点で「石鹸、持っていった方がいいなぁ」とわかってはいましたが、宿には備え付けのボディソープしかなかったので、温泉で借りられることを期待してタオルだけ持って行ってきました(結局やっぱりおばさまに借りることに<しかもシャンプー&リンスまで)。広い湯船に昔ながらの高い天井。いわゆる銭湯。

ほんのり硫黄の香りをさせながら、大分市内をしばしお散歩。コンビニで朝食を仕入れ、ハーゲンダッツのアイスクリームを購入<お酒が飲めるクチなら一杯かっくらいたいところですが(笑)。それと某所でおなじみの「いよや」さんの入り口前も通過しましたが、赤い人たちが臨時のテーブルを囲んでいるその様子を遠目に見ただけで今回も輪には加わらずに失礼しました。

ホテルに帰ってきたら思いの冷めないうちに観戦記を簡単にup。同時にRHBの一部を巡り、参戦できなかった同志たちの声を読み、そして少し落ち着く。やっぱり気持ちは同じところにあると。そう信じています。TVの向こうから思いを送ってくれていたはずの遠くの同志に我々の声が届いたように、選手にもPride of URAWAの声は届いていたでしょうか………(>_<)


□おまけ□

トリニータ応援の広告
別府市内を走るバスにも、トリニータの応援ツアーの広告?が。ちなみに翌日には早速「4月23日神戸」に貼り替えられていました(写真撮り忘れたけど)。

温泉記のつづきはまた明日。忘れないうちに下書きはしてありますが。あと、観戦記の方もちょっと追加しましたのでご興味のある方はどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 03, 2005

2005.3.19神戸戦・道中記その2:ツマガリに行ってきました、他(BlogPet)

きのう浦和で、一つも録画ー!
でもきょう楓は、ガンバでケーキは探偵♪


*このエントリは、BlogPetの「楓」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大分戦@大分:第3節・2005.4.2...0-1

9人の戦士たち

2つの最悪が…重すぎました。_| ̄|○

残った選手はよくやったと思うよ…上の写真を撮った時はこの人数であの広いフィールドを走り回っていたのかと思ったら涙目になってしまいました。


4分で宙を舞うボトル、弧を描く液体を見た時はくらくらしたよ…。同時に、その時同じ空間にいたであろうわかばさまのことを思い浮かべてしまいました…orz。全く、貴方の辞書には「学習」って言葉が載っていないのかと小一時間(以下略)。

ネネの方は「一発レッドものか?」とわたしの席からはよくわからなかったので、家に帰ったら映像を確認してみたいと思うけれど…。

2枚とも、出された瞬間って、味方のサポーター席が凍るね…。声って出ない。スタジアムの声はホームの歓声で構成されていたと知る。

後半20分くらいからPride of URAWAを歌い続けたのですが、30分くらい歌うのかと思ったら…またくらくらした。わたしなりに裏声で声でも出したし手も叩き続けたし、念も送ったけれど…。あぁ、ネネアルPの退場の時のウォーリアは祈りだったと思う。

あぁ…サポート不足で済みません…(>_<)


ただ、大分のプレーは何の怖さも感じず、むしろフィールドプレーヤー8人の浦和が幾度となくボールを奪っていたのが印象的だった。贔屓目といわれようとも。

そして…負けておいて何だけど、大分さん、9人の浦和を攻めあぐねていた時間、どうでしょう。ここで一時の勝利に酔うことなく、きちんと考えないと、今年まぢ、まずいと思いました。大分にも温泉にもまた来たいと思うのでよろしく。


今朝のANAでなぜかエメが一人でのっていて(広報の某氏と一緒に)ラッキーと思ったのに…あーあー。遅刻?ひょっとして産まれたんですかね?サポがいっぱい乗っていて、もし選手に遅刻者が出た場合、キャンセル待ちとかするんだろうか…席見つからなかったらどうするんだろうかとかいろいろ想像していました。あと、バス代節約のため、某所で仕入れた情報により大分空港でピンの人をナンパして(笑)首尾良く安くあげられたとか、別府では無料で荷物を預かってもらったとか、いいことはいっぱいあったのですが…肝心のゲームが…orz

なお、温泉は入りまくっておりますです。今日だけで別府で3湯、大分で1湯。正直からだが硫黄臭い(笑)。明日も夕方の飛行機までにいっぱい入ろうと思います。っていうか、もー、温泉にでもつからなきゃ、やってらんないわぃっ#

そして何より大分の人はみなさん親切です(^-^)

というわけで、今回の宿はネット環境が良くないので、帰京したら追加upしたいと思いますが、今日は取り急ぎそんな感じで。



□追記□

昨日書ききれなかったことを思い出すままに。いちおうそう思った時系列で並べてあるつもりですが。

・サブに啓太・永井・うっちー・岡野って贅沢だなっ!と。試合前にピッチの様子を確認に来たのか、永井がサンダル履きでふらふらしていたのを見ただけで心が躍ったもの。復帰はガンバ戦くらいかなぁと思っていたので。試合前のupの時の4人衆も終始和やかで嬉しかったし。

・水曜日に戦ったばかりのアレが先発すると知ってまたびっくり。

・これは前々から思っているのですが、up中に靴下をすねの辺りまでしかあげていないのを見ると「高校生のルーズソックス」に見えてしまう(^^;…今日はツボがそうでした。でも引き締まった脚が美しくて萌えるのでアリ(* ▽ *)(<をいをい)

・試合前の大分の選手コールメドレー?は相変わらず脱力系…でもあのリズムというか音階というかが頭から離れない罠。

・中津江村村長?挨拶張り切りすぎ!キャラは愛すべきものでしたが(試合を目の前にして「浦和のファンなんです」と言っちゃうとか<をいをい)。おかげで県知事の挨拶になった途端(というかもう選手入場が近いのがわかっていた時間帯に突入したので)、FORZA Urawaコールが容赦なく浴びせられることに。でもちょっと失礼したかな、という気持ちもあったりする…。というわけで、もう少しきちんと進行させて下さいってことで関係者にお願いいたしたく。

・ウォーリアのタイミングがネネの時だったかどうか、イマイチ自信がなくなっています…映像を見て確認して、違ったら直します。いつもより早いテンポだったのは間違いないけど。

→※ビデオを見直したらネネではなくアルPの退場の時でしたので修正してあります(この文のみ4/6深夜追記・訂正)

・ハーフタイム中、控え組がupのためにピッチに立っていた時は、当然のことながら試合前のような笑みは顔から消えていました…(>_<)

・今日は交代した選手(not退場者)が交代後もベンチにいたのがよく見えました…。応急処置をしたらしく肩を固定した暢久は黒の上下に着替えて立ったり座ったり、啓太と交代した友ちゃんはしばらくユニのままコートも羽織らずにベンチに座っていました…(気がついたら途中からジャージに替わっていたけれど)。永井と交代した達也も、upの必要のなくなった岡野も、通訳のお二人も仁賀Dr.もベンチで戦況を見つめていました。


・そして…審判に文句の一つや二つ、三つや四つ…(中略)…言いたいところはあるけれど。不条理だと思ったよ、思ったけれど!サポが文句を言って影響があるならいくらでもそうするけれど、サポまでが審判に敵対する、たとえイメージでもそう見られてしまうとすれば、そのマイナスの方が大きいと思うから、というか、プラスに変える方策が思い浮かばない今回も、我慢我慢(>_<)うぅ…ココで思いの丈を思いっきりぶつけるような言葉は控えるけれど、みんな気持ちは一緒だと思うからっ!


というわけで、向こう側から聞こえる歓喜に酔いしれる歌声を背に、いつもどおり粛々と清掃活動。今日はコンビニ袋4つくらい回収&袋のまま捨て置かれた残骸を2つほど回収。ペットボトル4本。最終バスは21時20分という告知だったと思うのですが、確か去年の経験から推測するに、列に人が残っていればバスがなくなると言うことはないだろうという予想の通り、今回もその予告よりあとまでバスは出ていました。それでもいちおう21時10分には清掃活動を終了させてバス停に急ぎましたけれどね。

そしていちおう書いておきます。あんなふうに試合に負けて悔しかったのはわかるけど、アウェイ席に残る赤いガムテープの残骸はみっともない。横断幕を掲げてくれたサポの人も、手すりからテープをきちんとはがして、そして後始末までしっかりやってから帰ろう。

選手が美しいサッカーを目指してくれるのと同じように、サポとしてできることはまだまだ他にもあると思う。まずはそれからです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2005

大分、行ってきます

今日は仕事が終わった後に我が職場の新人くんの歓迎の一席が設けられ(ただしわたしは下戸なのでウーロン茶専門)、そしてさきほど洗濯物を取り込むために一旦帰宅(笑)。旅の荷物を持ってこれから実家に向かいます。

今晩は実家に泊まり、明日の午前中に大分に向かう予定。

それでは大分参戦の皆さん、スタジアムのどこかでよろしく。試合終了後は意味もなく市内を徘徊するかも知れませんが、そしたらどこかでよろしく(笑)。去年参戦した経験上、試合終了後、一部の飲食店、コンビニをのぞくと街は静かで、でも赤い人しか見かけなかったような。

今回の旅のお供は 京ぽん 啓ポンです(←いつものごとく勝手に命名)。文字が多そうなので往復くらいは楽しめそうだし、紙質が心持ち軽かったので旅によいかなと思い、さっき東京駅でお買いあげ。

では、行ってきます!(^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「バネ・持って・来い」

…という迷訳を「Spring has come」という英文に贈った高校生がmy fatherのお友達にいたらしいですが、とにかく、東京にようやく開花宣言!です。NHKのニュースで聞いた限りでは大分もお揃いで開花宣言されたようです。今年も花粉症は回避できたかなぁ…と思っていますが…どうだろう(どきどき)。まぁ、気管支喘息自体が一種のアレルギーらしいですが。幸い「粘膜をひっくり返してじゃぶじゃぶ洗いたい」という感覚にはまだ襲われずに済んでいます…。


もう十年以上も前にさだまさしさんのラジオで聞いた話ですが…十何年前の今日、イギリスでこんなTVニュースが流れたことがあったらしいです…。

キャスター「イタリア・××地方ではスパゲティーが豊作です。(向こうでスパゲティーを刈り取る映像が流れる)」

キャスター「今年は美味しいパスタが食べられそうですね。(^-^)にこり」

そして何のツッコミもなく普通にニュースが流れたとか。これくらいの余裕がステキ。っていうか、刈り取り映像は懲りすぎ(笑)

というわけで、職場のボスの指令により、職場のサイトのトップ&インフォのページにJavascriptで一日限定のメッセージを仕込みました(はぁと)。わたしもそういうノリが嫌いではないので(むしろ大好きなので)、嬉々として仕込んだわけですが。今確認してきたら、ちゃんと表示がされていました(^-^)<反応が楽しみなような怖いような。っていうか、信じる人、いるのかな(笑)


日付変わってしまいましたが、サンちゃん、お誕生日おめでとうございました。そして浦和の新人くんたちは高校の卒業式はとっくに終わっていただろうけれど、今日から正真正銘、晴れて社会人ですね。浦和から社会人生活をスタートさせる新人くんたちに幸多かれ♪

昨日のバーレーン戦、アレ、ぐっじょぶ。試合の内容は………えーっと……と言葉に詰まるけれど、貴方の姿が見える度、貴方の名前が聞こえる度、ちょっとだけ誇らしく感じた自分がいて。えーっと。浦和でも代表でも出場時間が長いってホントにすごいなぁ…。そうだな、大分では…アレに会えるのかなぁ…とか。

わたしの風邪もようやく一段落?…あと一日、お仕事頑張ります。それが終わったら大分へ向かう準備です。わーい、温泉だー、温泉だー♪ヽ(^-^)/

あ、いや、ちゃんと参戦してきます、はい(^-^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »