« 何はなくとも… | Main | ここ数日の出来事 »

May 17, 2005

横浜F戦@日スタ:第12節・2005.5.15...1-0

おぉぉぉ

ゲートをくぐる前、入場待ちのために牛歩している時には小雨がぱらつき、席を見つけてジュニアユースの試合を見ながら食事をしている時にはまた陽光で明るくなり、トップの試合が始まる時にも、選手はゲームが止まるたびに盛んに給水をしていたくらい暑く太陽が輝いていたのだけれど、いつのまにか空が暗くなり、15時台でありながら照明に灯がともりだし、気がついたら降り出したがすぐに大粒で激しくピッチに降り注ぎはじめ…。

No.9の後ろ姿まさにその間に決まった永井の滞空時間の長いシュート。

そして歓喜のコールを求めるかのような、両耳に手をやるポーズ。(^-^)

しばらく雨は続いたものの、試合終了の笛が吹かれる頃には雨脚が弱くなり、清掃活動を終えてからスタジアムを後にする頃にはすでに傘なんていらないくらい晴れ上がっていた空。

…たかが4時間程度の滞在だったのに、なんと目まぐるしく変わった空模様。


いつもよりちょっとだけ早めに始まった気がしたPride of URAWA、選手達を鼓舞できたのかなぁ…タイミングが良すぎるくらいにそれが流れていた間に永井のゴールが生まれ、わたしの身体も一気に熱を発したような気がした。実はわたしはその数分前から、ゴールを予感するかのようにちょっとだけ顔が火照っていて、熱く感じた顔に何度も両手を当てたのですが、両手だって手拍子し続けて真っ赤だった。

びしょぬれで退場するギドロスタイム、長々と歌っていたPride of Urawaからウォーリアでカウントダウン。安のシュートに一瞬ひやっとするも、都築の好セーブでそれは決まらず万事休す。

点をとられそうな予感は千葉戦の方が何倍も濃かった。そんな、落ち着いているんだか冷めているんだかなんだか、相変わらずよくわからない相手、鞠戦の90分。

とにかく、とにかく、中断前に鞠を相手に勝ち点3。

選手も監督もコーチも現場組のサポも遠隔地のサポも……お疲れでした。


終了後の笑顔都築が絶好調なのもうっちーが絶好調なのも、ここ数試合がそうだからネタにならん(^-^*)…ネタって言うのはたまに起こるものを取り上げるからネタになるのであって<そう、枠に行った啓太のミドルのように(笑)。やっぱミートした時のその威力はすごいなぁ。雨ということを差っ引くにしても、跳ね返すのが精一杯だったみたいだし。

ぜんはーんネコさまのお祈りはいつも通り写真に収めましたから"祈り萌え"な方、どうぞ召し上がってください(^^)<2回も直撃だったもんなー(汗)。後半だけ見ましたが、敵のGKはとくに願掛けとかはしていなかったように思い。いやいや、祈っとくもんだねと今回もつくづく思いました。こうはーん


□おかえりvvアルパイ□
アップ中~ツボ&アルPとりあえず画像三連発(笑)

アップ終了後試合終了後・アップ中にバックロウアーから野太い声(笑)で「あるぱーい」という掛け声。それに応えていたアルパイ。
・アップ終了後の呼びかけにもちゃんと応えてくれていたアルパイ
・そしてなにより安定感と高さのあるプレー

おかえりーーーー。

戻ってきてくれてありがとう…。

家で映像を見たら、試合終了後に写ったアルパイの笑顔、すっげーステキだ。


□アップ中のちょっとした出来事□

いつもと何かが違っていたんですよね。

まず左右にランニングですが、そのあとのボールを使って2人一組でやるセット、なぜか黒い装いのコーチ陣が混ざっている……で、遅れて入ってきた控えとおぼしき人々が鳥かごを始めるも、ギシを入れても4人しかいない…よく見たら先発隊?に11人いた。怪我と聞いていたエメもいるし。うっちーとアルPとツボと闘莉王がいるし…って4バックなのか。これは横浜に布陣を知られないため?

それでも途中から永井が控え組とボールを回し始めたので彼が外れるのかなぁと思いましたけど。

こういうこともあるんでしょうかね。


□ゴール裏を中心とする人々□

たぶん今日たくさん歌ったチャントは永井へのもの。控えの選手が調整しているハーフタイム中にも歌ったし、確かホリのオーバーヘッドの後?、ゴールを入れた直後、試合終了直後、そして暢久へのチャントを挟み、ヒーローインタビュー終了後にゴール裏に駆寄ってきた時と、何回も歌った。

そんな、Curvaの中心の皆さんの仕事は相変わらずステキだと思う。常にCurvaから遠くに位置取りしてしまうわたしですが、いつもいつも双眼鏡ごしに息を潜めながらその中心を見つめ、そこに次第に高まっていく緊張感を静かに感じています。今日もKick Off前、横浜の選手達の姿がオーロラビジョンに流れる頃、雄叫びが開始。選手達に聞こえていたかな。きっと聞こえていたよね。^^

長谷部のためのチャントもちょっと久しぶりだった気がしたけれど、浦和には長谷部がいる。この日何度もブーイングを浴びせた相手とは対照的に、明るいチャントだったと思います。

鞠側のCurva&その前…余所んちのゴール裏はどーでもいい話なんですが、向こうさまのCurva…とおぼしきエリアが1階の屋根の下でした。でも雨が降ったらCurvaより前に陣取ったサポは普通に傘さしてました、軽いカルチャーショックです。本来の用途は雨用なんだかリゾート用なんだかは不明ですが、少なくとも今日はトリパラも普通に雨よけとして使われていました、さらに驚きです。わたしだって降られるところならカッパを着る覚悟はあるのに。

浦和側Curva中心地あ、ちなみに、今回濡れた方はおそらく1階および2階の前部にいたサポと思われます。わたしのように2階の通路の上側にいた方はほとんど濡れていないかと。なのでちょうど右の写真撮影時で陽の当たっていたエリアの人は多かれ少なかれ雨に降られたのではないかと思われ。お疲れ様でした。風邪など引かれませぬよう。

そういえば「赤がウザい」と書かれていた鞠サポのブログも見ましたが、社長の音頭取りにもかかわらず、青、やっぱり少なかった…。でも日スタの座席も青いので着て行かなくても中に入っちゃえば別にいいのか?そうか。ユニは着ていかないけれど、マフラーは自宅から腰にぶる下がってるSamemoon!です。ちなみにお守り代わりに小さなコバトンがどこかに鎮座しています(笑)。

鞠のユニ旗が出てました箱がでかすぎてユニ旗も小さく見えましたが、何より52,000人入った割には空席が目につきました。浦和戦以外は2階の開放エリアも狭いし、CSを勝ち抜いても集客に結びつかなそうな鞠のフロントも大変だな。それは簡単に答えの出る問題ではないのですが。

Jリーグの公式記録を見ると、12節を終えてうちの集客が一番多いのはまぁ妥当な結果(笑)なんですが、その分ゴール裏の雰囲気作りとか、いろいろ課題も浮き彫りになるとか…そのあたりが誠に難しいなと思う。埼スタだと確実に5万コースだからなぁ。去年までは2ndでもまだ3~4万をうろうろしている試合も多かったのに。関連して、新潟が頑張っているのと同様、大分もあの地の利の割には健闘していると思う。大分以外のチームのサポなら飛行機でないとあまりにアクセスが悪いし、それはもちろんうちらも駆けつけるんですが(笑)、何よりホームから人が集まらないとあの集客にはならないよね。大分、頑張れ!<浦和戦以外で(笑)。

着ぐるみ大活躍改めて家に帰ってきて復習してみても、青色の声、手拍子、聞こえないですね。赤い中にいるから聞こえないかと思いましたが…。現場で見ていると カモメの着ぐるみ マリノス君?マリノスケくん?は孤軍奮闘というか。試合中も立ちっぱだった。雨の時は…どうだったかな、見てないや。とにかくレアもの・レディアとかと大違い(笑)ですた。千葉サポのブログで「アウェイのサポにとってはツチノコ並み」と書かれているのを見て笑ってしまったけど。いや、ホームの人にとっても、スタジアムで見る確率ってすごい低いですよ。8日はわたしもレディア&フレンディアは遭遇しました。うん、遭遇という表現がふさわしいと思う。1月のフェスタで見るまで、生レディアは見たこと無かったかも(笑)。


□山瀬のこと□

ボールを持つたびにブーイングされてました。試合前、アウェイ側のオーロラビジョンにはホームの鞠サポ向けに選手達の意気込み?の映像が流れていた。もちろん山瀬のも写っていたけれど、わたしのいた席からは音声は聞きとれませんでしたので、何を喋っていたのかは不明(アウェイ側正面のオーロラビジョンはどってことない案内が表示されているだけ)。ただ「古巣との対決」みたいなテロップはありましたけど、それも含めて浦和側はほとんど無反応でした(たぶん)。

山瀬への思いは浦和のサポでも千差万別だろうけれど、わたしはこの試合で完全にすっきりした気がする。ただ、あとで自宅でビデオを見たら、★3つをつけたユニを着ているのを見て、そのうちの1つの★はお前につける資格があるんか?と改めて思ってしまいましたけど。でも選手として普通にプレーしている姿、わたしは嬉しく思いました。それはヘルニア?から復帰のくぼたつ君や去年のCSで松葉杖をつきながら集合写真に写っていた安選手に「怪我から復帰して良かったね」と思う気持ちと一緒。ま、90分プレーできていたとはいえ、「なんでそこに詰められるんだ」というような絶好調のプレーにはまだ遠かったしな。鞠のサポに大事にしてもらえますように…弾幕1枚しか発見できなかったけど。


□清掃活動□

今日はわたしの周りは比較的捨て置きが少なかったです。コンビニ袋3つ分くらい。ただ、日スタはリユースカップを導入していたのですが、残念ながらそれが置きっぱなしになっているのも回収してきました(8つくらい)。そのほか中味入りの紙容器とかはペットは不浄へGo!です。でもポイントは「人が残っているうちに集めはじめる」だな(メモメモ)。ある場所で拾おうとしたらそれは近くにいた人のゴミだったらしく「…すみませーん」とさっさと手に持ってくれましたvv…いや、わたしも「捨て置きかな、どうかな…(・_・)」と迷いながら集めているのですが…嫌みに映ったらスミマセンです、そんなつもりはさらさらないのですが、ムツカシイ。


□雑感□

・入場前、鞄の中味チェックがなかった…ような…なんでだろう…。

・なぜかアレ・フォルツァ浦和レッズのチャントが2小節ぐらいずれた。途中からペットで修正しようとしていたようですが、それでも修正は難しいらしい。結局途中でピンチかチャンスになった時に切り替わったように思いますが。

啓&ハセ・前半終了後、意識のすり合わせ?に一生懸命な啓太&長谷部。

・ハーフタイム、はりきった?永井が大きく外したシュート、アウェイ席に向いて立っていた警備員さんの後頭部直撃(笑)…大丈夫だったかなぁ。

・ホリのオーバーヘッドに萌える(笑)。

・とくにホリが出てきてからのDF陣はすっげー安定していたと思う。というか、最近になく、すごく安心してみていられた。アルPも高さがあってvv

・うっちーが今回はボランチだったみたいですね。何回か前目にあがってきましたから「シュートか!?」と心躍ってみたり(笑)。

・主審の片山さんは流す系だったですが、ピッチの石ころ状態で、球の流れもイレギュラーに変えてしまうのではと、それだけはドキドキ(笑)。

・家に帰ってきてから復習。17番ユニが2階から下がっていたんですね。

・NHKではちゃんとWe are DIAMONDSまで流してくれていますね。スカパー!の録画だと切られちゃうかな。何はなくとも国営放送ということか。

というわけで、身体はくたくたですが、心地よい眠りにつけました。あでゅー。


■おことわり■

一部、単語表現を直しました。('05.5.17 14時すぎ)

|

« 何はなくとも… | Main | ここ数日の出来事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 横浜F戦@日スタ:第12節・2005.5.15...1-0:

« 何はなくとも… | Main | ここ数日の出来事 »