« April 2005 | Main | June 2005 »

May 31, 2005

最近のいろいろ…雑感

Philips Lighting International Soccer Sevens:フィリップス・ライティング国際7人制サッカー大会に出場するとは知っていましたが、そこで浦和レッズが優勝したとのこと、やほぉーい!(^0^)

しかもセル君が大会MVPの、40歳以上の部門のMVPがバインとか。映像がないとどうも実感がない(^^;のですが、何はともあれ「優勝」というのが素晴らしいです(^-^)きっと自信になるよね!


…萌たん(;_;)…浦和でまた一緒に頑張ろうね。


明日はHSV戦…バルサ戦と同様、平日なもので、当日どうなるかわからないくせに自由席の値段はステキな感じだからチケを買えないでいるのですが…ちょっと明日頑張ればどうにかなるか?

…ってバルサはチケ売り切れですか…そうですかorz…まぁ埼スタならどっかでどうにかなると思うのですが…甘い?…でも埼スタだから行きにくいというのも一方であるわけで。浦和美園まで電車だけで1時間。火曜に水曜というのがこれまた。きっついなー。

ちなみに磐田戦に参戦できたのは木曜の夜7時だったからです(笑)。


今日の埼大の講義について。

森さん「時間があれば、選手の移籍に関する裏話なんかもしたかったのですが・・・」(おふぃさるより)

90分でまとめる準備して、裏話を話す時間を作っておくれよぉ...orzそれがプロってものさ…たぶん…きっと(微妙に逃げ)。

…しかし、下の聞き取りメモは全角換算で7千文字少々…1時間半弱、ひたすら打ち込んで、さすがに逐一全部を打ち込めるわけではないので、あとでそれを修正する感じ。あまり手間はかかっていないのですが、文字数だけもかなりの量になっていました。ココログ・無料の範囲内だと畳むとかいう機能がないので、ひたすら長くてスミマセン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2005

森さん@埼大:2005.5.30

(10:25到着…ちょい遅刻...orz)

以下聞き取り書きです。


浦和にサッカーチームを。当初あった本田の話がなくなった。そこで三菱の話が。それを聞いて心の中では「しめしめ」と。思っていながら「少し検討させてください」とその場では答えた。

91年に参加が決定
92年プレシーズン
93年Jリーグスタート

93年、「お前監督をやれ」と言われ、やらなきゃいいのに監督を引き受けた。ご存じのように最下位で、93年で契約?終了。

その後マリノスと福岡と渡り歩いたが…レッズは同じサッカーのチームだが心のふるさとというか。外にいながらいつも気になるチーム。

覚えているのは99年に二部落ちが決定したときのこと。最終戦をマリノスと福岡で対戦中。90分で浦和が勝ち、福岡が負ければよく、2対0でマリノスに負けていたが、レッズが延長になってしまった。福岡と勝ち点が並んでレッズは2部と落ちた。横浜?でTVを見ながら、福岡が負けているのに「それでいいんだー」と。

2001年の終わり、2002年の直前、塚本・前社長から電話が入り、浦和に戻って強化の手伝いをしてくれないかと。曰く、Jリーグ始まって10年経つのだが、その間、監督が10人変わっていた。半年で変わった人も2年で変わった人もいるが、積み上げてきたものがない。チームの規律の問題とか、どうあるべきかと、一から積み上げてくれる監督を捜して欲しい。

その時のチームの状況を落合チーフマネージャーや中村・やまじんチーフマネージャーとかと話を聞いて、最後2人に絞った。オフトともう一人。名前は言えないがブラジルの代表チームの元監督。どちらにしようか悩んだ。

当時、レッズの外国人選手が3人ともブラジルの選手だった。エメ・トゥット・あと一人MF…名前を忘れちゃった…(場内・笑)…最近物忘れがいいんですが。だからブラジルの監督の方がいいかなぁと言うのもあったが、でもチーム全体で基礎から積み上げていける監督を優先と言うことにしてオフトへオファー。

オフトはゴルフ中だった。電話で浦和の監督を引き受けてくれないかという話しをしたら、間髪を入れずに「very interesting!」という答えだったのでソッコーで契約への手続きへ。

2002年からチームを強くするための強化計画を立ててきて今年で4年目。

組織表(10:37)
GMとはなんだ?
→チームによっては広報や運営を統括しているところもある。サッカーを知らない人が社長になることも。GMが全体を統括するようなチームもある。

(PP:組織表)

クラブの経営のためのトップチームの魅力が一番重要であるという話しを社長がしたと思いますが、イイものが出ればいいものが欲しい、人気が出る、経営の安定につながるというのがある。そのあたりわたしが責任者として携わっているわけで、責任が重い立場だと自覚している。

選手の動き
浦和の場合U-12のチームを持っていないので、サッカースクール等となっている。そのあたり落合さんの方から普及グループの話があると思うので、わたしの方からは話しをしない。

(PP:選手の動き)

選手によっては少年団から大学まで行く人もいるし、少年団からスタートして浦和のU-15→U-18→トップという人もいる。あるいはJの他のチームからという選手も。

3カ年計画浦和レッズ3カ年計画について。

中心に置いた「常に優勝を争い、地域に根付いたチーム作り」。その周りに8項目のテーマを置いている。

2002年夏(PP:2002年夏作成)

「良い選手の確保」
1つは良い選手の確保が重要。表現は悪いが海岸でその辺の石ころを拾ってもなかなか光らない。ダイヤモンドの原石なら磨けば光る。タレントの確保が重要。3年4年とチーム力を維持するためにはそうした人を確保するのが重要

「施設の充実」
芝のグラウンドを維持できるか、クラブハウスもきちんとしたものがあるか。冬は身体が冷えるからジャグジーで身体を暖かくできるとか、現在大原には一昨年できた素晴らしいクラブハウスがある。

DFのある選手、アーセナル出身?の選手と契約の話しをした。給料等の条件的に合意。日本に行ったことがないからと一度日本に来た、埼スタ・駒場を案内した。夜食事をした。悩み始めた。「あのクラブハウスでいつも練習するのか?」と。結局合意に至らなかった。アーセナルのクラブハウスは素晴らしいものだったし、昔の大原のクラブハウスではしょうがないかなと。

PPにないが、吾亦紅という寮を持っているので、管理栄養士のたてたスポーツマンにふさわしい食事なども含まれる。

「メディカル」
日常的に怪我が多い。ドクター以下のメディカル体制が揃えられている。すぐに診断すぐに治療。正しくできるだけ早く治したい。リハビリをやり、戻れるよう。メディカル部門の使命。ただし、焦るとリハビリの最中に再発してしまう。野崎トレーナーがこの講義でお話しをすると思いますが、トレーナーの経験にも基づいたリハビリと治療のさじ加減。

「海外とのパイプ作り」
世界に向けたチーム作りの中でこれからますます需要が高まると思うテーマ。

「ユース部門の充実」
要するにトップチームへの人材の確保のためにいくつかのルートがあるが、海外からのクラブからの移籍でいい選手を取ってくるのはお金がかかる。自前のチームから選手を育てるということの重要さを大切にしようと。

「人づくり」
勝てばいいのか?という、勝つためには手段を選ばないというチームでは愛されない。強くて成果を上げなければいけないが、人間としてモラルのある、精神を持った選手・チーム・クラブになっていかなければいけないと言うことを1つのテーマに掲げてある。

今年度までにしっかりやっていこうという姿勢で努力してきたし、努力しているし、これからもしていこうと思っている。

具体的施策(PP:具体的施策)

前のと同じようですが赤い文字が入っています。

この年には山瀬選手を獲得しました…もう出てしまいましたが(場内・笑)。あと書いていませんが、エジムンドという選手もいました…2ヶ月でいなくなりましたが(場内・笑)。

柱谷コーチ:闘う姿勢を植え付けてくれる存在。

澤村コーチ:ユースのゴールキーパーコーチ。なでしこの方に駆り出されることもある。今オランダに行っているのだったかな…あ、ソ連・ソ連・ソ連。(…ソ連って何だよ、という雰囲気が漂う(笑))

ドクターというのは従来は試合の時に来てもらい、怪我が起きたら病院で見てもらうというのはあった。が我々が望んだのは、練習にも毎日来てもらえるような体制になれないかと。川口○○病院の○○外科部長というポストを捨てて、あ、離れて、いつも来られるような契約を締結することができた。

特に内科系とか素人では判断できない部分もあるし、それをすぐにチェックして、監督に報告、こまめな選手のコンディションを練習計画に反映できるようになった。今日は一緒に練習をしない方がいいだろうとか。おかげでレッズは変な怪我が少なくなった。たとえばその年、ある外国人選手1人を除いて肉離れが一切なかった。選手も安心してプレイできる。

ギドとアドバイザー契約。現在は監督ですが、当時ヨーロッパに住んでいて。レッズにいた海外選手…チキとかペトロとかのOB連中とのパイプをしっかり。西野さん:海外に向けてインターナショナルな英語の話せるスタッフが必要になってくる。

大原:サポーターの席が200席。GWでは1000人を超えた。車の違法駐車で近所の住民から電話が来てしまうのだが…サポーターの皆さんに関心を持ってもらう。

ユース:与野八王子…ユース用に人工芝の施設を。

プリンスリーグ:日本の高校と(同年代の)クラブチームが出場できる大会。

U-18に40人?いるが、浦和の場合、これまでユースからトップでレギュラーで活躍した選手が出ていないという現実がある。ぜひここからトップにつながる選手を育てるというニーズがある。

強化指定選手制度:トップに可能性がある選手は学費を免除して寮に入れて特別待遇で迎えるという制度。

わたしは必ずしももいいとは思わないが?、広島のように高校2年生でトップチームに出るとか、卒業したらトップで活躍しているチームを見るとそういうことをやっているし。甘やかすといけないと言う部分もあるが、いい待遇にすることでサッカーへの動機付にするためにこういう制度をつくっている

2004年に向けて(PP:2004年に向けて)

ゼリッチは良い選手だったが、肉離れが繰り返され、完治しない状況があったので、2003年で契約終了。代わりにニキを取った。彼もシーズンで肉離れをやった。初めてだったらしいが30になった選手は一度肉離れをやるとコワイ。そして昨年の途中で今のアルピーをとった。

左ききのサントスを獲得。そして水戸にいたリーダーシップを取れる選手ということで闘莉王を獲得。彼は啓太とか達也と同じ歳で。偉そうで(笑)。あ、いや、"のふうど"で(尾道方言で"生意気"というそれかな?)。試合中に声を出せる選手として。もちろん取ったのはそれだけが理由ではないが。

あと酒井選手。27歳…かな?元五輪代表で、去年チームが苦しい時に本当によく働いてくれた。誰かが出られない時にもアイツが中盤に出てくれるとか、目だってはいないかもしれないが、クラブとしてはそういう評価をしている選手。

U-15の中1で取ると高3までは育てられる。が、中1の時に実力がありそうだととったものの、年を追うごとに他のスポーツに向いているのでは?あるいはもう選手では出られないという子も…で10年やってきた。それでU-15からユースに上がる時にふるいにかけるようになった。ユースに上がる時に高校ですることを勧めたり。逆によそで優秀な選手をU-18のときに取れるようにした。

これから実際にアクションをとろうと思っているテーマですが、現在、家・学校・練習場の(動線の)三角形がある。中学生は放課後いったん家にかえる。ユースは学校から直接来られますが。中学生はそこから通える範囲が限られてしまう。今後は埼玉や群馬や栃木から、埼玉が重要ですがそれ以外からも本当に実力のある選手の受け皿(寮なども含む)を作ってトップにつながるチームへしたい。

埼スタの施設利用:
レッズの練習場を作りたいという構想があって、そういう案があったがそれは潰れた。

メインとサブを含めた利用にお金がかかる。埼玉の方でそれを有効利用するための委員会ができたらしい。7億?それだけ稼がないと赤字になる。公共施設を民間に委託する制度ができるそうなので、レッズもひょっとしたらそれに関与するかも?(詳細はまだまだ未定)

解雇される選手が次に需要がなく、サッカーを止めなくてはならない選手がいる。Jリーグ機構もそういうことを考えているが。この講義に選手が1人や2人いてくれればいいのだが、そのように止めたあとのことも考える選手が増えてくれるといいなぁと思う(←選手たち、きいてる?(笑))。

資金の確保:
移籍によって従来ない補強ができたと思う。それなりの成果が出た。今後同じようにお金を確保していくというのは難しい。駒場で2万人しか入らなかったのだが、6万人というスタジアムができて、たくさんの人に見に来てもらえるようなこと可能になった。スタジアムが浦和のホームとして使えるようになったのは非常によいタイミングだった。そこで資金を得ることで補強ができたという点で。

今年度を迎えるにあたり、ギドと話して2005年は選手を取るのは止めよう、将来有望な選手を取って育てようということに。

計算違いが、山瀬が1月のあの時期になってマリノスに移籍をせざるを得ない状況になった。トップ下の要員の計算がくるった。いいのがいたら埋めたいと思う。近々埋めたいと思うのですが(場内・笑)相手のあることですし。2~3日中には何らかの動きがあるのではないだろうか?


2002年は小結。リーグは11位。ナビスコで決勝へ。
2003年は関脇。ナビスコで優勝。いい時はぐわーっといいけど、若さで行っているような所があった。後半8勝1敗でその後6連敗とか。
2004年はJリーグ2nd優勝。年間を通じて初めて勝ち点が1位になった。大関になった。

少しずつ地力がついている。
2005年に横綱になるんだと、シーズンを終わったらクビになる覚悟でやっている。

…ここまでで質問ありませんか?

会場からの質問:さらなる海外とのパイプ作りについて、これに携わっている人はどういう人ですか?元選手か、三菱から派遣された人か?

回答:三菱からの派遣はない。浦和レッズのOBと、新規にわたしや中村さんと、そこから徐々に海外のクラブ関係者とか、エージェント(代理人)とのネットワークが増えている(増やしている)。

「レアルのフィーゴはどうなっているか?」(場内・笑)という状況を聞けるとか。

海外には専属に契約したスタッフがいるチームもある。レアル(←聞き間違いかも)やマンUにはいるが、当然それなりの費用がかかる。そうなればいいと思っているが。

以上でよいですか?

強化本部についての話しは以上で終わり、雑談のような話しになるが

(PP:ここで1枚撮影しそこねるorz…まぁエンブレムの入ったタイトルスライドでしたが)

要素サッカー選手として身につける要素としては…

(PP:要素)

わたしの経験として、反復練習すれば上手くなる。ただ、イヤイヤしているのと、自分からやるのとでは成果が違ってくる。わたしも高校時代の盛夏の合宿で、当時左のウィングのポジションをやっていた…今ならサントスがいる辺り?…そしてパスをして走って中にあげるという単調な練習。30本ぐらい走る。でもコーチが下手くそで、あげるのに失敗したものは数に入れない(笑)。ふらふらになってくると、一生懸命走っているスピードは遅いのだが、ボールしか見えないのだが、ふらふらだから余計な力が入っていない→ボールの芯を捉えることができた。いかにボールの中心をミートするかが重要なのか、単調な練習の中で身に付いた

…千本ノックと同じで、運動生理学者にいわせれば・・・だが(ここを正確にメモ取れず--;根性とかそんな単語だったような記憶)、実際には極限の中でつかめるものもある。今の代表監督のジーコもそうだっただろうが、練習のあとに30分とか40分とかを加えることでフリーキックの名手として上手くなったのでは?

こういうときにはこうするといいと7・8割当たるという戦術・理論が出てくる。教えるのは指導者だが実際にやるのは選手なので。

たとえば長谷部がスルーパスを出した…この間の決勝点ですけれど…岡野がセンターリングをあげる。エメがシュートする。

パスを出せるのは技術。タイミングとスペースを見つけるのは戦術眼、瞬間的に判断している。サッカーのいいプレイというのはいつもこういうサイクルが成立している。常にここに行ったらどういう風になるということを常に考えているのがいい選手。ボールが来てさてどうしようというのではいい選手になれない。自分で局面を判断する選手でないと一流の選手になれない。自主性がいかに重要か?

イギリスにいる有名なコーチがいっている、選手に重要な要素とは。
 3B:brain・ ball control・ body ballance

球を出した長谷部も受ける岡野もゴール前に詰めたエメも瞬間の判断。次に何が起こりそうかということがクリエイティブに想像される。そういう選手を育てないと。

そこが指導者にとって難しいところだが。

たとえば少年団が…(レーザーポインタで説明しようとするGM)…白いページ出してください(慌ててPCで白紙のページを挿入するスタッフ?<お疲れ様です…だのに…)これ(スクリーン)あげてください…黒板使わせてください(…をいをい)。

板書○が味方で×が敵でいるとする。

子ども(センターサークル左の○)がボールをもらった…一番外側にいる選手が走った(点線矢印で移動)、そこ(斜線のエリア)に蹴ろうとした…が、途中の敵のMF(×印)に当たってしまった、結果として失敗した。監督が怒鳴った

でもわたしはあとで監督にいった。彼は空いているところに出そうとしたのではないか?狙い・考えたことはよいのだが、技術は未熟だからミスになってしまった。特に成長している子どもというのは、怒られると次そういうことをやらなくなってしまう。「怒られたらコワイから止めよう」子どもが育っている中でそういうのがある。

こうすればこうなるということは言えるわけではないが、いつ発揮するか難しいところがある。

(時計を見て)…時間もよろしいようで。

(11:49)

もう少し時間があったら話したいこともあるが。

(場内拍手)


終わって後ろを見たらハートフルの隆正コーチがいた。あとたぶん落合さんも。

括弧内はSamemoon!のツッコミとか補完とかそれ系。そんなふうに適当に語句やら主語やらを補っている場合があります。間違いはあるかもしれませんが、ホラを吹くつもりはないので(笑)、やさしくつっこんでください(はぁと)。ただいま外出先なので帰ったらPowerPointの画像を入れる予定。

■追記■

画像を加え、一部加筆修正しました。画像はクリックすると大きくなります。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

May 29, 2005

Happy Birthday!<Alpay Özalan

ア~ルパ~イAlpay Özalan選手、32歳のお誕生日おめでとうございまーす(^-^)

そうだな、とりあえず「ゲットゴール」「ヒーローインタビュー」はぜひとも達成してほしいな(願望)。ついでに全選手抱っこも可(笑)。

浦和レッズでの日々がアルパイ選手の人生の中で輝かしく幸せな時間でありますように…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神戸戦@駒場:ナビスコ杯予選4・2005.5.28...1-0

喜びのエメ&ギド

ちょっとピンぼけですが。歓喜の状態だとどうしてもぶれやすいな…(--;

ヒラおんぶこれまたピンぼけですが。おんぶされるエメも、おんぶするヒラも嬉しそうなので。

そんな今日の得点もPride of Urawaの最中でした。駒場はバックスタンドで東西が分断されてしまうので、そこを統一するのが時に難しいのだけれど、でもPride of Urawaの時は比較的拍手がそろいやすい…と思う。

新潟に比べると好き勝手させてもらえなかったけれど、そこそこ見せ場もあって。啓太のプレッシャーがうまくいって球を奪ったりインターセプトしてみたり。何よりロスタイムでゲットした勝ち点3は大きいです。(^-^)

「ぢみ」じゃないっす(笑)今日もディフェンスに大活躍のお二人。ホリのシュートもあったし(惜しかったー)。うっちーの良いクリアも見られたし。そして時に前へあがってみたりして。わくわくどきどき。今日のMDCはホリだったしー。

後半の祈り今日もネコさまのお祈りの効果が1回?後半のは危なかったのぅ…(--;。前半もやっておられましたが、残念ながら旗に遮られて写真に納められず(目視確認はしました^^;)。

値千金のパス!岡野のセンタリングにつながるパスは長谷部からですたvvドリブルもあったしー。

暢久のヘディングの競り合いも結構良かったなぁ。

MDPでギドが「7/3までホームゲームがない」とあるのでちょっと意外でしたが、そうすると今日勝ったことはやっぱり大きいですね。気分的に楽になりました。とはいえ油断は禁物。大宮戦も新潟戦も気を抜かずに戦いましょう。

では、腐な方へ…。

お姫様だっこ!(笑)

お姫様だっこ、キター!!ヽ(゚∀゚)/あひゃ。

試合終了後の場内一周で起こった一こまですが、アルパイ、すっげーうれしそうっ!岡野は…どうだろう…^^;

今日もアルパイへのコールはたくさんありました。試合後に起こる「あーるぱーい」コールはひょっとしたらチームで一番じゃないかと思うくらい。それに応えてくれるアルパイもステキでつ(^-^ゞ

アルパイ球もよく奪っていたけれど、なんか、そろそろアルパイのゴールでもきそうな雰囲気がぷんぷんなんですが…次節は出場停止かぁ…残念。

最後の最後でこんなにステキな勝利を収めた試合、スタジアムで分かち合えたのはたった16,000人。んーもー。せめて18,000人越えは達成したいなぁ…。ナビスコは予選だって重要なんだよーぅ。今年はお菓子も配ってくれるし(^-^)。ナビスコさんも浦和様々?(笑)。浦和が3年連続で決勝に行ったことでかなりその存在意義も高まっているのではないでしょうか、と書いてみる。


□バックスタンド・初見参□

今日は巡り巡ったチケで初めてバックスタンドに座らせていただきました。幸い今日はヤジラー・シジラーは少ない場所で、わたし的には良い席でした(写真撮り放題)。でも、試合中にエルゴラを見入っているファンにはちょっとびっくり。何も今それ見なくてもいいじゃん(--;…ま、中にはそんな人もいるか…。ロスタイムに立ち上がって帰って行ったおっさん、あれを見ていないとしたら負け組だなぁ(笑)。

わたしはいつもどおり拍手メイン&細々と念送り。自分でいうのも何ですけど、拍手は結構響かせられますよ^^…試合終了後に手がじんじんいっているのは自分なりに頑張った証。ま、それも勝利となれば疲れも吹っ飛ぶわけで。

スタジアムに来られた人も、職場から自宅から遠方から念を送ってくれた人もお疲れ様でした。


□おまけ□

今日は仕事用の資料をとりに図書館へ寄ってから駒場へ…と思ったら、デジカメのメディアを忘れたことに赤羽で気づくorz。幸い取りに帰るぐらいの時間はある…悩んだものの、家に帰ることに。これで1時間弱くらいロス。まぁ、お姫様だっこの写真も釣れたし、取りに帰って正解でしたが。何より、いつも通り早めに家を出ていたからよかった。気をつけねば。


□追記□

兄いさま、TBありがとうございました~(^-^)
昨日のアルパイ兄も格好ようございました。そんな瞬間が写真に切り取れて幸せでした。またよろしくどうぞ。お礼の書き込みにいったらcgiにはじかれましたorzので取り急ぎここでお礼まで。

| | Comments (10) | TrackBack (2)

May 28, 2005

深夜に塗り塗り

…キリンカップ、途中で眠ってしまいましたorz

うーん、疲れているなぁ。さっき目が覚めたのですが、あ、赤星君のお誕生日、昨日のうちに祝ってないじゃないですか、ごめん。19歳のお誕生日、おめでとうー。今頃香港で頑張っているでしょうかー。蒸し暑いと思うので体調など壊さないよう。香港は今をさかのぼること……ウン十年前に住んでいたらしいですが、赤ん坊じゃさすがに記憶にねーよ(笑)。

そいえば今年は神戸戦の前後が浦和選手の誕生日という、惜しい年ですね。


さて、kojyaさんのところで募集されていた…かどうか定かではないですが、深夜にペイントを使って塗り塗り。

ペイントでの塗り絵の作り方を手抜きで説明すると…

1.Vodafone×Redsのサイトから塗り絵の元絵をDL(…あ、Vodafoneのアドが微妙に変わってる…。)

2.ペイントで元絵を開き…塗り絵に加工
 1)「変形」→「キャンバスの色とサイズ」→色の「白黒」にチェック
 2)もう1回同じところで「カラー」にチェックし直す
 3)線の繋がっていないところを微調整(靴下のあたり)

3.黒白の線だけのレディアに、"れっつ・ぬりぬり"

所要時間、5分もかからないですよんvv…ここで美しさを求めてはいけません(笑)。ペイントはWindows標準装備のお絵かきソフト…だけどGIFが使えないものもあるらしい…ですがそれについては…これじゃ無理ですかね。

で、明日の神戸戦に向けて、手っ取り早く遊んでみた。成果(ただし塗った原図25%縮小・jpeg化)は↓

神戸風色塗りの塗り分けにもセンスが問われるようで...orz。塗ること自体はちゃっちゃとできるけれど、それぞれのチーム風に見せるにはなかなか修行が必要そう。レディアの体色の塗り分けが難しいなぁ。

しかしペイントなんて…何年ぶりに使った?(笑)画像ソフトが入っていない上司のパソで何かをいじったときだな…あ、キャプ画像をプリントする必要が出たときかな。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

May 27, 2005

雑誌「ゴール」~完結編(笑)

そして雑誌「ゴール」のことを知っていたわたしと弟以外の1人とは…。

尾崎加寿夫さんの妹さんだったりします(笑)。

なんで会ったことがあるんだ、といえば、某スキー学校でスキーのコーチをされていまして。たまたま参加したツアー会社主催のスキースクールがその学校にお世話になっていたわけで。で、ひょんなことで尾崎さんの妹さんだと知り、雑誌「ゴール」のことを話したらすごく喜んでくれました(たぶん)。

…そりゃー喜ぶだろう…サッカーやっている小学生でもないと知らないようなマイナーな雑誌を小学生のオンナノコが読んでいてくれて、それが目の前にいるなんて(笑)

で、あとで尾崎さんのブンデスリーガー時代のはがき大の選手カード?にサインを入れて送ってくれたのでした…(当時在籍中のチームだった…が、1部から落ちて2部だったような…って徐々に自分の年齢を特定できるような情報が増えている気が(笑))。今も実家のどこかを探せば見つかる!はず…(汗)<捨てちゃいないものな


そうそう、雑誌「ゴール」に連載されていた漫画のエピソード(子供の頃お兄ちゃんに泣かされていたシーンがあった^^;)について尋ねたら、

「あー、あれ、ウソウソ(笑)<あんな風に泣いてないわよぉ」

ですって(笑)。そっかー、やっぱり"作る"んだなぁと子供ながらに思った記憶が。

尾崎さんのルーツも三菱。思えば導かれていたような...(とこじつけてみたりして)。でも、同じスキースクールに参加していたからといってスキーの実力別クラス分けがされる訳なので、必ずしも妹さんの担当したクラスに回されるとは限らないし、縁というのはあるものだなと、そう思うことにします。今もお元気なのでしょうかねぇ…と時々思います。

ちなみに尾崎さんが代表のユニを着ていた頃は、岡田武史、柱谷幸一、金田喜稔、原博実、山本昌邦、とかとか、今そんなにサッカーを知らない人でも聞いたことがある有名な選手たちが名を連ねている時代でした。その中で当時わたしが知っていた選手はいなかったけれど(汗)

っていうか、ホントにゴールという雑誌は幻の存在になってしまったのか?当時のサカマガは月刊だったけど、今は週刊になっているから少年少女はそっちを読んでいるのかなぁ…。今は彼ら向けのサッカー誌は…あるのか…?…aiは除く(笑)


今日、キリンカップ。バーレーン戦に向けた試合。伸二も帰ってきたし、坪井もアレも出るし、怪我のないようにね…これからまったり見ることにしますか。

おー、第4の審判が吉田さんだよ!(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2005

雑誌「ゴール」ネタはまだ続く(笑)

今の世の中、雑誌の一つや二つ、探せそうなモノですが…

ググっても「ゴール」というのがあまりに一般的な検索単語のようで、ヒットしないんです。しかも当時の記事の思い出話とか、してくれる人が見つからないのですよ!

ちなみに、ヒットしてビンゴだったのはココとか。

当時わたしは小学生。弟が神奈川の少年サッカークラブに所属しており、その影響で読むようになったのですが…

「マラドーナ」とか「奥寺康彦」とか「尾崎加寿夫」とか「ジョージ与那城」の漫画を夢中になって読んだことある人、いませんかーー!?(笑)

…その前後、時代はキャプ翼が全盛を極め、どちらかといえばわたしもそちらに傾倒していき(腐ってはいません(笑))、一方で、リアルで天皇杯なぞ観戦に行き、また中学、高校と進むうちにサッカーとは縁のない時間を過ごしてしまいましたが…

「そんな時代もあったよね~」

というコアな小学生時代の思い出を持つ人が…いないのかなぁ。

運痴でオンナノコなわたくしが、当時サッカー教室に行く可能性は0だったですけれど…東京に住んでいれば弟ですら電車乗り継いで通っていた、そんな野球のリトルリーグ全盛時代。今ならサッカー好きなオンナノコだったら、ちょっと頑張ればチームを探せそうな時代。一回り違う従妹はサッカーをやっているし。いいな、と思う。数日前、某新聞にアフォな記事もあったけれど、そのおかげでちょっとこんな思い出話を書いてみました。

…「ゴール」ネタはもう少しだけ続きます。「ゴール」の存在を知っていた、わたしと弟以外のあともう1人のこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2005

続・「ゴール」という雑誌を知っていますか?

これまでに3名から手を挙げていただきました。ありがとうございます。

…が、残念ながらわたしの捜索対象ではなかった(^o^;)ので、もう少し情報を追加します。

・たしか季刊
・購読対象は少年
・1号が出たのは昭和50年代終わり(笑)←生まれていないと言う人は黙って読み飛ばしてね(はぁと)
・出版社は日本(笑)


そうかー、Goalという雑誌が橙色のチームやアルPのふるさとと縁があったとは!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 23, 2005

「ゴール」という雑誌を知っていますか?

…知っている人、ぜひ手を挙げて下さい(笑)

特に何がしたいというわけではないんですが。今までこの雑誌を知っている人にあったことがないので。浦和のサポなら知っているかなぁとかとか。

…いや、一人いたな。その人のことはまた後で書くかも。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

新潟戦@埼スタ:ナビスコ杯予選3・2005.5.21...2-1

まず1点

揺れる赤い旗の向こう。啓太・堀之内・長谷部・達也の喜びの輪。

うっちーとタッチバー直撃、GK正面と惜しいシュートが続いて、やっと決まったゴール。フェスタで「まず1点」という目標が達成できて良かったねー。去年はなかったからねぇー(^^;一昨年もナビの時に入れたと思うけれど、「啓太はナビスコに強い」…とまでいえるのかどうか。

そして幾度と無くエメ・達也・永井が有機的に繋がったライン。あぁ、それそれって感じ。長谷部の球もあと少し。永井のオフサイドも流れは良かっただけに、微妙だよなぁ。鞠戦や千葉戦に比べれば、特に前半の新潟の状態を見ればもう少しラクに闘えたような気もするけれど、予選は6試合しかないし何より勝っていかないと。

交代直後のセルとエメの会話セルの初ベンチ入り&初出場。

「……それってエメ?」

みたいなステップやロスタイムのボールキープっぷり、粘ってCKもらうところなんて、全く「本当に16歳でつか?」と。セル→エメの球出しとか、これからかなりわくわくできそうです。えーっと、これまでの最年少記録は永井?…でも高校は卒業していたよね?早生まれな誕生日の関係もあるか?

ん?ん?あの後ろ姿は?朝井さんによる試合前の選手のコメント紹介。エメが「息子が浦和のサポーターとして初めてスタジアムで観戦する記念すべき日」なんてことを聞けて、それでゴールですよ、ゆりかごですよ。

…まぁ、Jr.はほとんど眠っていたっぽいですが(^^;)

試合終了直後のアルP&ヒラ今日は何度もアルP→ヒラというラインが成功していた気がする。高速で駆け上がれるヒラにボールが通った日には萌え萌えですよvvvっつか、何度も何度も通させすぎだろう<新潟。

試合終了間際、あわやCKか?というところ、諦めないで球を追っていったホリがサイドに出し、スローインにしていたのが良かった(「スローイン!スローイン!!」のジェスチャーつき(^^))…あれでツボ並みに旗をへし折れば完璧!(笑)…そのほか、今日もいいところにいたと思う。

お助け隊試合終了の少し前…両足が攣った船越を助けていたホリ&都築…。それぞれ右足と左足を一生懸命押してあげていた。放置しない2人がステキ。ってか、誰か助けにいってやれよ…新潟…(--;

そして、大きなものから小さなものまで、あれこれ見所満載のこんなステキな試合に駆けつけた浦和サポは3万人弱ぐらい?(新潟サポを除いたとして)。ナビの観客動員数が少ないのはうちだけではないけれど、消化試合ならともかく、まだ予選通過も決まっていないんですけどねぇ。予選から参戦してこその決勝ですよ!?

状況は違いますが、発表会でスポットライトを浴びる舞台に立っていても、暗い観客席の入り具合ってよく見えるんですよね…。そう思うと、5万と3万ってかなり違って見えるような…選手にとってはどうなんだろう…ゴール裏もいつもより少なめでしたが、でも中央付近から漂ってくる空気は、それほど変わっては見えなかったです…不思議なことに。

…まぁ今日はそのくらいの入りのせいか、バックロウアー中央寄りに近い席で座れました。コールのない時間帯、啓太とか?が叫んでいる声が聞こえてきまして…それもまた乙なものでした。独り身の気軽さで、次の試合もまた中央寄りの席を探してみたいと思います。


前半□今日のお祈り□

今回は直撃によるゴール回避はなかったように思い。ちなみに後半が始める前にチェックしたところ、新潟の野澤君はバーで懸垂してますた(^^;)ま、いいけどね。むしろそれで啓太のゴールを演出か?(笑)…PKは変なバランス感覚というか、あれは神戸戦にもらったPKと相殺だと思うことにするわ…(-_-;後半


□今日も清掃活動□

目の前にいた親子(父・娘2人)、暑くなったのか前半終えたら席移動?…あ、あの、椅子の下に置いてあるそのでっかいゴミは?(汗)…ペットボトル2本と31アイスの容器2つとケンタの紙袋と…ありえなーい#。目が点になったというか、呆れました。76?とかいうTシャツを着ていたおやじっ!

わたしの周りはそのバカおやじファミリー以外はおおむね綺麗に退場してらっさいました。なので隣のブロックの方まで遠出し、ペットとコップを片っ端から回収。バックは試合中ずーっと陽があたっていたので飲み物の消費も多かったようです。空きペットだけで16本、コップへの飲み残しは集めたら500ml4本分ぐらい。やっぱり埼スタではペットで買うと紙コップがついているっぽ…無駄だな。


マスター西野□アフターバー□

入場者数が少なかったせいか、試合終了から30分後くらいに到着した割には近めのエリア(地べた)に陣取れました。今日もバーのマスターは西野さんです。MBA持ちだけにな…(・m・*)ぷぷ

ゲストが来るまでの間、西野さんはマイクを持ちながら立ち位置を移動してお店の紹介…わたしのいた位置からはよくわからなかった(^^;)なんか途中で豚トロ?か何かを手にしていた模様。

かんぱ~い本日のゲストはつっちー&太コーチ、ハートフルの隆正コーチの3名。3人が登場する直前に「水内はギャラの高い仕事に行ってしまったので来られない」というのを遠くで聞いていたようで、開口一番「安いから呼んだの?#」みたいなつっちーのツッコミが(笑)。

今日はバーっぽく、ゲストにビールが出ました。というか、つっちーが「ビールお願いしまーす」と要求してたのですが(^^;。用意ができるまでに何か場をつなごう…と思って話しを振る西野さん、でも答えるつっちーはやっぱり「・・・ビールお願いしまーす」みたいな(笑)。

で、乾杯の後、西野さんが「5連勝…でしたっけ…いや、引き分けがどーのこーのになったから、負けなし?」みたいなことを言ったら「わかりにくいなー、5試合で1失点と言って下さいよ」と(笑)。守備陣も調子がいいのだけれど、攻撃陣が前に行く意識が高く?とにかく前が調子がよいと後ろも守りやすいとか、そんなことを言っていたような。あー、太さんもいろいろ言っていたけれど…ごめんなさい、忘れてしまいました。

ってなトップコーチ陣のインタビューは今日は短め。

ハートフル体操そのあとハートフルコーチの隆正コーチへインタビュー。なんでも今日はハートフルのキャラバンで出かけていたんだけれど、車に乗っていたら西野さんから電話がかかってきて「今日のアフターバーに来て」と。それで来てくれたコーチは偉い!…31日発売のハートフル体操DVDの宣伝という意味があったようです。そしたら試合終了後?、そのDVDのちらしがどこかに落ちていたそうです!(笑)…わたしもらってないなー(^^;

そして、お約束というか、隆正コーチ、浦和サポの「♪浦和レッズ×2、ららららーら・らーら・らーらー」の口伴奏に合わせて踊ってくれました、さらに偉い!(笑)

その後始まった質問コーナーではハートフルに参加している(いた?)お子さんのお父さん2名、そしてまさに参加している(いた?)女の子1名の計3名が質問。そのみなさんの質問によってわかったこと。

隆正コーチは…
・子供の目線に立った(もちろん身長という意味ではなくて^^;)、優しくて怒らないコーチングが評判らしい
・たとえばハートフルで子供に殴られても蹴られても"かんちょー"されても怒らないらしい
・子供達の名前をちゃんと覚えていて、それで「あぁ、○○ちゃんのお父さん!いつもお世話になってます!」「あれ?○○ちゃんじゃない!?」とかいう会話になっている
・模範のために今でもリフティングの技を磨く練習は欠かさない(デモは上手かったですよー^^)
・そして池田伸康コーチ仕込みな「笑える決めポーズ」も忘れない(笑)

ついでに「西野もやれー」的なサポのコールで、西野さんもリフティングのデモを。スーツとそれなりの靴にもかかわらず、なかなかなものでした。「その気になるから乗せないで下さい!」ってことは「もっと煽って(はぁと)」という意思表示と見ていいですね?(笑)

その後、森GMが登場。簡単に今日の試合を総括。サポからの「藤田はー?」という野次にも話せる範囲での今の状況を説明してくれました。今日の観客が3万人のところを5万人だったらもう少し違約金を払えたのに、の話には笑いました。

まぁ、でも、勝てば気持ちよく過ごせるものですね。


関係ないですが、G大阪VS東京Vのあのゴール合戦は…正義さんですか、そうですか。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 21, 2005

「まず1点」達成

やったね、啓太!(^-^)

あ~るぱ~い…の横顔^^;セル君も出たし、啓太のゴールも見られたし、3万人弱の浦和サポは勝ち組ということでいいですか?(笑)。まぁ、鞠戦や千葉戦のことを思えば、もう少し楽な展開もできたように思いますが…。PKは「上川さん、それをとるか?」と思ったけれどしゃーない。今の守備陣を見ていると、普通のプレーなら点を入れられる気がしないんですが。そいえば、場内一周の時にユニを脱いでアンダーシャツになっていたアルPは、筋肉隆々でユニを肩にかけて漢!でございました(写真では腰に吊していますが^^;)。やっぱり野太い「あ~るぱ~い」という声に両手を掲げて応えてくれていた。おふぃさるの試合後のコメントも嬉しかったしvv

…ってな心地よい疲労感の中で、ただいまビデオで復習中。

というわけで参戦記はおいおい。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

3つの忘れ物をとりに

まずはさっさと抜け出しましょう…全く、ここのところいつもギリギリ滑り込みなんだから!

そして有望だけど控えに甘んじている選手達に実践の機会を。


チケの売れ行きはいまいち…みたいですが、わたしはいつものように、わたしのできる限りでサポートするだけです。一歩一歩、霞ヶ丘行きの切符を手に入れる階段を上るべく。行かれる人も遠くから思いを寄せてくれる人も…頑張りましょう。

明日、埼スタ14時キックオフです。お天気も良いみたいです(^^)


追伸:
ついでに…28日@駒場のチケを万一余らしている人がいたら、譲り手確保はなにとぞお早めに。明日看板掲げればすぐに捌けるのでは?と思いますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2005

ここ数日の出来事

昨日まで仕事の山があり、疲れて帰宅した→お夕飯まで一眠り→一旦起きて→また横になったら寝入った…orz。

…最後のが余計だな(笑)。というわけで変な時間に起きてしまいました。ここ数日の出来事を備忘録代わりに。


□山岸選手、お誕生日おめでとうございます。

…遅くなりました。5/17はギシ27歳のお誕生日でした、おめでとうございます^^。パパにもなったばかりでお祝い事がつづく日々ですね。残念ながら控えに甘んじている日々ですが、毎試合upしている様子は見られるので、お元気なんですよね。胸のところをポンポンとやってサポを鼓舞する姿が戻ってきて嬉しいです。

奇しくも先日のMDPに田北さんの記事が載っていましたけれど、力の拮抗したGKが競い合うというのはご本人たちはさぞかし…と思います。サポにとっては何かあった時にこれ以上頼もしいものはないのですが…。いずれまたスタメン入りできる日も来ようかと思いますので…その日を楽しみに。現在はライバルの都築がバー&ポストを味方につけてホント、絶好調ですよね…。またどこかで都築が代表に呼ばれないとも限らないですし(…可能性は低くても、絶対無いとはいえないよね)。


□前園選手引退

浦和の選手ではないですが。

…ゾノがメインで中田がサブだった某CMが懐かしい(トホイメ)。

前園にしろ、城にしろ、短いサッカー選手人生、つくづくその選手のピークがどこに来るかというのが難しいなぁと思う。ある年代で青いユニを纏っていても、A代表にたどり着けるとは限らない。逆にU-23を過ぎて初めて青いユニを纏うことになる選手もいるはず。

そろそろどっかでどうですか、長谷部とか、長谷部とか。

…監督変わらねーと無理だっぺ。

ま、今年はまだ浦和の選手がアピールできるほどの好調さは見せていないか…無理かな。悪いなりにそのなかでしぶとさが身に付いていくような錯覚がするのはわたしだけか。それだけじゃ代表には選ばれないけど、しぶとさが身に付いていればさらに武器になると思うので、浦和の子たちにも期待したいです。でも、代表の試合に呼ばれるのは10回に1回くらいでいいんだけど…<浦和で見たいので(笑)。そもそもは青いユニが見たいのではなく(それはそれで嬉しいけれど)、大事なのは代表に選ばれることで得た経験とかを、戻った浦和で発揮して欲しいだけだし。間違っても怪我を負って帰ってこないよう#

…サカダイのツボのインタビューはよかったですね。あの曇りのない笑顔がステキでした。

サカダイといえば、ミカがベストイレブン?(立ち読みで済ませたので違うかも)に選ばれていた?元気そうで何よりだと思う。

京都といえば、京都のウェブサイトのデザインは結構お気に入り。自分でサイトを作る時の指向性に似ているので。紫って難しい色だけれど。目にいたくない。

サイトといえば、DreamWeaver...欲しいなぁ。安くは買えるので、使いこなせるようになったらUpdateすればいいかな、とか。

…って次々に連鎖的に連想していってどうする(笑)。


□萌タン、U-20

まだ残っています、おめ。最終選考に残りますように・残りますように・残りますように…。

ついでにカニが追加招集されますように・されますように・されますように。


外が明るくなってきたなぁ…もう一眠り…できるか?するのか?(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 17, 2005

横浜F戦@日スタ:第12節・2005.5.15...1-0

おぉぉぉ

ゲートをくぐる前、入場待ちのために牛歩している時には小雨がぱらつき、席を見つけてジュニアユースの試合を見ながら食事をしている時にはまた陽光で明るくなり、トップの試合が始まる時にも、選手はゲームが止まるたびに盛んに給水をしていたくらい暑く太陽が輝いていたのだけれど、いつのまにか空が暗くなり、15時台でありながら照明に灯がともりだし、気がついたら降り出したがすぐに大粒で激しくピッチに降り注ぎはじめ…。

No.9の後ろ姿まさにその間に決まった永井の滞空時間の長いシュート。

そして歓喜のコールを求めるかのような、両耳に手をやるポーズ。(^-^)

しばらく雨は続いたものの、試合終了の笛が吹かれる頃には雨脚が弱くなり、清掃活動を終えてからスタジアムを後にする頃にはすでに傘なんていらないくらい晴れ上がっていた空。

…たかが4時間程度の滞在だったのに、なんと目まぐるしく変わった空模様。


いつもよりちょっとだけ早めに始まった気がしたPride of URAWA、選手達を鼓舞できたのかなぁ…タイミングが良すぎるくらいにそれが流れていた間に永井のゴールが生まれ、わたしの身体も一気に熱を発したような気がした。実はわたしはその数分前から、ゴールを予感するかのようにちょっとだけ顔が火照っていて、熱く感じた顔に何度も両手を当てたのですが、両手だって手拍子し続けて真っ赤だった。

びしょぬれで退場するギドロスタイム、長々と歌っていたPride of Urawaからウォーリアでカウントダウン。安のシュートに一瞬ひやっとするも、都築の好セーブでそれは決まらず万事休す。

点をとられそうな予感は千葉戦の方が何倍も濃かった。そんな、落ち着いているんだか冷めているんだかなんだか、相変わらずよくわからない相手、鞠戦の90分。

とにかく、とにかく、中断前に鞠を相手に勝ち点3。

選手も監督もコーチも現場組のサポも遠隔地のサポも……お疲れでした。


終了後の笑顔都築が絶好調なのもうっちーが絶好調なのも、ここ数試合がそうだからネタにならん(^-^*)…ネタって言うのはたまに起こるものを取り上げるからネタになるのであって<そう、枠に行った啓太のミドルのように(笑)。やっぱミートした時のその威力はすごいなぁ。雨ということを差っ引くにしても、跳ね返すのが精一杯だったみたいだし。

ぜんはーんネコさまのお祈りはいつも通り写真に収めましたから"祈り萌え"な方、どうぞ召し上がってください(^^)<2回も直撃だったもんなー(汗)。後半だけ見ましたが、敵のGKはとくに願掛けとかはしていなかったように思い。いやいや、祈っとくもんだねと今回もつくづく思いました。こうはーん


□おかえりvvアルパイ□
アップ中~ツボ&アルPとりあえず画像三連発(笑)

アップ終了後試合終了後・アップ中にバックロウアーから野太い声(笑)で「あるぱーい」という掛け声。それに応えていたアルパイ。
・アップ終了後の呼びかけにもちゃんと応えてくれていたアルパイ
・そしてなにより安定感と高さのあるプレー

おかえりーーーー。

戻ってきてくれてありがとう…。

家で映像を見たら、試合終了後に写ったアルパイの笑顔、すっげーステキだ。


□アップ中のちょっとした出来事□

いつもと何かが違っていたんですよね。

まず左右にランニングですが、そのあとのボールを使って2人一組でやるセット、なぜか黒い装いのコーチ陣が混ざっている……で、遅れて入ってきた控えとおぼしき人々が鳥かごを始めるも、ギシを入れても4人しかいない…よく見たら先発隊?に11人いた。怪我と聞いていたエメもいるし。うっちーとアルPとツボと闘莉王がいるし…って4バックなのか。これは横浜に布陣を知られないため?

それでも途中から永井が控え組とボールを回し始めたので彼が外れるのかなぁと思いましたけど。

こういうこともあるんでしょうかね。


□ゴール裏を中心とする人々□

たぶん今日たくさん歌ったチャントは永井へのもの。控えの選手が調整しているハーフタイム中にも歌ったし、確かホリのオーバーヘッドの後?、ゴールを入れた直後、試合終了直後、そして暢久へのチャントを挟み、ヒーローインタビュー終了後にゴール裏に駆寄ってきた時と、何回も歌った。

そんな、Curvaの中心の皆さんの仕事は相変わらずステキだと思う。常にCurvaから遠くに位置取りしてしまうわたしですが、いつもいつも双眼鏡ごしに息を潜めながらその中心を見つめ、そこに次第に高まっていく緊張感を静かに感じています。今日もKick Off前、横浜の選手達の姿がオーロラビジョンに流れる頃、雄叫びが開始。選手達に聞こえていたかな。きっと聞こえていたよね。^^

長谷部のためのチャントもちょっと久しぶりだった気がしたけれど、浦和には長谷部がいる。この日何度もブーイングを浴びせた相手とは対照的に、明るいチャントだったと思います。

鞠側のCurva&その前…余所んちのゴール裏はどーでもいい話なんですが、向こうさまのCurva…とおぼしきエリアが1階の屋根の下でした。でも雨が降ったらCurvaより前に陣取ったサポは普通に傘さしてました、軽いカルチャーショックです。本来の用途は雨用なんだかリゾート用なんだかは不明ですが、少なくとも今日はトリパラも普通に雨よけとして使われていました、さらに驚きです。わたしだって降られるところならカッパを着る覚悟はあるのに。

浦和側Curva中心地あ、ちなみに、今回濡れた方はおそらく1階および2階の前部にいたサポと思われます。わたしのように2階の通路の上側にいた方はほとんど濡れていないかと。なのでちょうど右の写真撮影時で陽の当たっていたエリアの人は多かれ少なかれ雨に降られたのではないかと思われ。お疲れ様でした。風邪など引かれませぬよう。

そういえば「赤がウザい」と書かれていた鞠サポのブログも見ましたが、社長の音頭取りにもかかわらず、青、やっぱり少なかった…。でも日スタの座席も青いので着て行かなくても中に入っちゃえば別にいいのか?そうか。ユニは着ていかないけれど、マフラーは自宅から腰にぶる下がってるSamemoon!です。ちなみにお守り代わりに小さなコバトンがどこかに鎮座しています(笑)。

鞠のユニ旗が出てました箱がでかすぎてユニ旗も小さく見えましたが、何より52,000人入った割には空席が目につきました。浦和戦以外は2階の開放エリアも狭いし、CSを勝ち抜いても集客に結びつかなそうな鞠のフロントも大変だな。それは簡単に答えの出る問題ではないのですが。

Jリーグの公式記録を見ると、12節を終えてうちの集客が一番多いのはまぁ妥当な結果(笑)なんですが、その分ゴール裏の雰囲気作りとか、いろいろ課題も浮き彫りになるとか…そのあたりが誠に難しいなと思う。埼スタだと確実に5万コースだからなぁ。去年までは2ndでもまだ3~4万をうろうろしている試合も多かったのに。関連して、新潟が頑張っているのと同様、大分もあの地の利の割には健闘していると思う。大分以外のチームのサポなら飛行機でないとあまりにアクセスが悪いし、それはもちろんうちらも駆けつけるんですが(笑)、何よりホームから人が集まらないとあの集客にはならないよね。大分、頑張れ!<浦和戦以外で(笑)。

着ぐるみ大活躍改めて家に帰ってきて復習してみても、青色の声、手拍子、聞こえないですね。赤い中にいるから聞こえないかと思いましたが…。現場で見ていると カモメの着ぐるみ マリノス君?マリノスケくん?は孤軍奮闘というか。試合中も立ちっぱだった。雨の時は…どうだったかな、見てないや。とにかくレアもの・レディアとかと大違い(笑)ですた。千葉サポのブログで「アウェイのサポにとってはツチノコ並み」と書かれているのを見て笑ってしまったけど。いや、ホームの人にとっても、スタジアムで見る確率ってすごい低いですよ。8日はわたしもレディア&フレンディアは遭遇しました。うん、遭遇という表現がふさわしいと思う。1月のフェスタで見るまで、生レディアは見たこと無かったかも(笑)。


□山瀬のこと□

ボールを持つたびにブーイングされてました。試合前、アウェイ側のオーロラビジョンにはホームの鞠サポ向けに選手達の意気込み?の映像が流れていた。もちろん山瀬のも写っていたけれど、わたしのいた席からは音声は聞きとれませんでしたので、何を喋っていたのかは不明(アウェイ側正面のオーロラビジョンはどってことない案内が表示されているだけ)。ただ「古巣との対決」みたいなテロップはありましたけど、それも含めて浦和側はほとんど無反応でした(たぶん)。

山瀬への思いは浦和のサポでも千差万別だろうけれど、わたしはこの試合で完全にすっきりした気がする。ただ、あとで自宅でビデオを見たら、★3つをつけたユニを着ているのを見て、そのうちの1つの★はお前につける資格があるんか?と改めて思ってしまいましたけど。でも選手として普通にプレーしている姿、わたしは嬉しく思いました。それはヘルニア?から復帰のくぼたつ君や去年のCSで松葉杖をつきながら集合写真に写っていた安選手に「怪我から復帰して良かったね」と思う気持ちと一緒。ま、90分プレーできていたとはいえ、「なんでそこに詰められるんだ」というような絶好調のプレーにはまだ遠かったしな。鞠のサポに大事にしてもらえますように…弾幕1枚しか発見できなかったけど。


□清掃活動□

今日はわたしの周りは比較的捨て置きが少なかったです。コンビニ袋3つ分くらい。ただ、日スタはリユースカップを導入していたのですが、残念ながらそれが置きっぱなしになっているのも回収してきました(8つくらい)。そのほか中味入りの紙容器とかはペットは不浄へGo!です。でもポイントは「人が残っているうちに集めはじめる」だな(メモメモ)。ある場所で拾おうとしたらそれは近くにいた人のゴミだったらしく「…すみませーん」とさっさと手に持ってくれましたvv…いや、わたしも「捨て置きかな、どうかな…(・_・)」と迷いながら集めているのですが…嫌みに映ったらスミマセンです、そんなつもりはさらさらないのですが、ムツカシイ。


□雑感□

・入場前、鞄の中味チェックがなかった…ような…なんでだろう…。

・なぜかアレ・フォルツァ浦和レッズのチャントが2小節ぐらいずれた。途中からペットで修正しようとしていたようですが、それでも修正は難しいらしい。結局途中でピンチかチャンスになった時に切り替わったように思いますが。

啓&ハセ・前半終了後、意識のすり合わせ?に一生懸命な啓太&長谷部。

・ハーフタイム、はりきった?永井が大きく外したシュート、アウェイ席に向いて立っていた警備員さんの後頭部直撃(笑)…大丈夫だったかなぁ。

・ホリのオーバーヘッドに萌える(笑)。

・とくにホリが出てきてからのDF陣はすっげー安定していたと思う。というか、最近になく、すごく安心してみていられた。アルPも高さがあってvv

・うっちーが今回はボランチだったみたいですね。何回か前目にあがってきましたから「シュートか!?」と心躍ってみたり(笑)。

・主審の片山さんは流す系だったですが、ピッチの石ころ状態で、球の流れもイレギュラーに変えてしまうのではと、それだけはドキドキ(笑)。

・家に帰ってきてから復習。17番ユニが2階から下がっていたんですね。

・NHKではちゃんとWe are DIAMONDSまで流してくれていますね。スカパー!の録画だと切られちゃうかな。何はなくとも国営放送ということか。

というわけで、身体はくたくたですが、心地よい眠りにつけました。あでゅー。


■おことわり■

一部、単語表現を直しました。('05.5.17 14時すぎ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2005

何はなくとも…

勝ち点3、無事げっつ。

・アルパイ、お帰りvv
・都築は相変わらず絶好調。そしてやっぱりポストに神宿る(笑)。
・くるくる変わる天気にびっくり。
・復習のために見たビデオでよく声が拾われていたのでピッチにいた選手に届いていたかなと思う。
・そして永井の両手を耳に当てる例のポーズ(^-^)v
・ホリのオーバーヘッドに萌える(笑)<何より最近の中では比較的安定していたDFライン。
・片山さん、うぇるこね&ぐっじょぶ。
・おふぃさるの途中経過、少なすぎ(--;)

とか。詳しい参戦記はまた明日…(たぶん)。

みんなお疲れ。疲れたけれど、でも気分良く1週間を迎えられそうです…よね?

…でわ、お休みなさい。くぅ。(--)Zzzz...

| | Comments (3) | TrackBack (1)

May 14, 2005

心ここにあらず(^^;

あー、なんか、明日に向けて心ここにあらずなのか。

昨日の夜、某所でおいしそうなケーキの画像を見ていたらケーキを食べたくなったので、夕方、近所の有名なケーキ屋さんで看板メニュー2品をお買いあげ♪

…と思ったら!

鞄の中に財布が見つからねぇ…orz<これじゃサザエさんだよ…。

「あ゛、あ、あ、すぐ家に戻ってお財布取ってきます」と言ったら。そしたら。

「ご近所の方ですか?今度いらした時でいいですよ(^-^)」

と店員のおねぇさんの優しい笑顔…。660円とはいえ、名前だけ控え、電話番号も聞かず、なんて太っ腹な!…アド街なら余裕で取り上げられる有名店なのに、さすが地域で何代にもわたって愛されるお店は違うねぇ。

…でも、実際にはすぐに家に戻り、ちゃんと払ってきましたよ。だって、わくわくしながらケーキを食べようというのに、借りっぱなしでは美味しくいただけないような気がしたので(笑)。どちらにせよお財布を取りに行かないと今日の夕飯の買い物、できなかったし(^^;


ここのところ貧血っぽいし、喉頭炎なら風邪みたいなもん?とにかくしっかり栄養摂らなくちゃ、と夕飯におかずを作りすぎた…(疲)。余ったら明日のお弁当にしようとは思っていたものの、手軽にマグロの漬け丼+αのはずが、気づいたら6皿も並んでるよ...orz

あー、変な力の入り具合が明日、空回りとなりませんよう(笑)。いつものように、いつも通りにサポートしよう。といってもチャント、手拍子諸々は端っこからCurvaのあとについていくだけですが…横浜の選手紹介の時には「We are REDS」コールでもするのかしら、とか…いろいろ思いを巡らして。

中断前最後の横浜の試合というと、なんとなく2003年の良いイメージがあるんですが。まぁ今年はナビスコもあるので真の中断ではないかも知れませんが。なんとなく苦手なイメージがついているスタよりいいかなぁ…とか。

さ、「アウェイに余計な金は落とさない」の原則に従い、これからおにぎり3コを握って、おかずを詰めて、そろそろ明日に備えるかな。

スタジアムに参戦される方も、さいたまや遠方から声援を送る方も、明日は(明日"も")どうぞよろしく。幸い関東近辺の方ならNHKの地上波で放送があるのでおうちにいられれば見られる方も多いですよね。

では、5/15の14時@横浜の日スタで頑張ろう(^0^)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちけちけちけ…

ふぅ、今日はナビスコ・大宮戦@埼スタのチケ、10:06にローソンで無事ゲット完了~。

今回は埼スタでも"アウェイ"なので(笑)、ホーム仕様のいつもの自由席区分ではなく、調べたところ席種もいろいろですが…ゴール裏は天皇杯並みに狭い(--;…必然的に濃ゆい自由席になりそうなので、跳ねられない自分がご迷惑をかけないよう不快な思いをさせないよう、居場所をどこにしようかと思いましたがカテ2・3は広いゾーン指定自由…にしては一番安いカテ3で2500円…うーん、これは早く行かないと2階席に回されそうだ…メインアッパーならまだしもならバックアッパーか…。カテ2はロアーだけど、メインがいっぱいなら、いつも1800円で座っているバックの席に3000円かぁ…。

[結論]
普段(ホーム仕様で)は座れないようなカテ1(3500円)にしてみました~(´▽`)♪選手の入場が正面から眺められるぞぅvv

あ、10:12にみたらカテ4アウェイは完売ですたね。10:30に見たらカテ1アウェイも終了。しかしカテ4の1,300円って安いよなー。埼玉まで使わされて働きに行くと、リスさんのチケットやらポスターやらは結構配布があるらしいですが…さすがにアウェイチケまでは配っていないようで。


さいたま"しちー"杯はどうも外れたっぽ...orz<ちきー(笑)

サッカーとは別の、某アーティストのコンサートチケ。ファンクラブ先行予約第2弾で行けそうなものが4つ。でもうち2つは海外出張がほぼ入るはずの日程なので断念。残り2つを申し込みましたが…それも当たったら1枚8000円!

…サッカーって安いなぁ。

…でなくて…チケット貧乏だなぁ…(遠い目)。

給料がそれほど上がるわけでもないので、貯金率を落とすか、そのほかの予算を落とすかになりそうですが…最近服とか買ってないもんなー。もともと化粧品代はほとんどかけないし。独身女性がこれでいいのか(笑)。


今年からシーチケにご縁があったので、ゲットに走る回数は激減しましたが、やっぱりどきどきしますー(^^;...。土日なのに9時過ぎに寝坊しないよう目覚まし2個かけるとか(笑)。普段からそうしろよって感じですが。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 13, 2005

マンU戦チケ[短報]

埼玉県インターネット優先販売で1枚確保できたので行ってきま~す(^-^)

…やっぱ喉の調子が悪い(-_-;)ので、明日は病院行ってこよーと思います。でないと安心して横浜にも行けないわぃ<結局それか(笑)。山瀬の元気な姿を見るのはこの上なく複雑だと思うけど。アルPも帰ってくるみたいだし、ここ一番の試合に勝てるよう、一生懸命拍手・手拍子しないとね。とにかく選手にアウェイと思わせないよう。わたしだって、行けばどこも感覚はホームになるけど…。

そういえば「スタジアム丸ごと『Colored Blue』でいきませんか!」 なんて社長に言わせるなんて変な対抗意識を持たれるのが微笑ましいやら…つд`)・。ですが、うちを破っての代表で行ったはずのACLで予選敗退ですか…まぁホームで負けてたからな(汗)。審判がどきゅ…だろうと傷心だろうと疲労だろうとなんだろうと、そこを叩かないと行けないんだろうな、あの世界には。

それと、もし横浜に行く方は、当日料金は割高なので、土曜日までに買わないとです。決断はお早めに。

サカタのタネDAYとか、そういう冠付きの試合…浦和で記憶にないのですが。どうなんでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2005

千島&つぼパパ、おめでとう

明日の仕事の準備をして気がついたら…すでに日付変わってたorz...遅くなってごめんよ。

24歳の千島はお誕生日おめでとう。同年代では何より先頭を走っていたと思ったのだけれど、今はどうぞ、どうぞ焦らずにリハビリを…そしてその秘密兵器のベールを脱いでくれないとね。

新米パパのつぼは…オフィシャルのゆりかご写真が微笑ましくて良いですね。なんか、手、おっきくないか?(笑)

突如、ベビーブームですが、オトコノコばっかりですね。男親は嬉しいのかな。でもわたしの知り合いの男友達でオンナノコが授かって、早くもボーイフレンドや嫁に出す心配をし出す野郎ばっかりをみていると、オンナノコの授かった殿方の方がいろいろ楽しみだったりする…って、負け犬の書くことはくだらねーなー(笑)。

あーそーいえば、我が父はわたしが生まれた時も弟が生まれた時も母のそばにいられなかった(海外赴任中だった)ので、未だに恨まれているっぽ(笑)。エメもギシもつぼも立ち会ってはいないかも知れませんが、すぐに駆けつけられる距離にいたのかな。とにかくおめでとう。(^-^)


RHBのブロガーさんは踊るのが好きですねー(笑)。わたしゃ踊りませんよ。だってフィーゴに来てもらってもねぇ…。

フィーゴは2年前の来日の際、有楽町を通訳?と2人歩いているのを偶然見かけた記憶があまりに強烈。オサレな街に近いのに"ちょと場違いなスポーツマン風"(Tシャツに短パンにスポーツシューズ、みたいな)で、しかも景色も良くないのに写メっている人がいたので「?」と見たらTシャツの背中ところに「れある・まどりっど」の文字。「へっ!?」と首の上を見たらあの濃ゆい顔(笑)。写メできる携帯は持っていなかったのですが、その年の12月のボーナスでいつもバッグに携帯できるようなカメラ(約5マソ)を買ったのはフィーゴのせいだ、どーしてくれる(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2005

みなさん、体調は大丈夫ですか?

千葉戦では心身ともに疲れてしまったサポの方が散見されたように思います…RHBなどの一部を拝見した限りですが。またこの春に環境が変わった方などは五月病に襲われてはいないでしょうか?

…かくいうわたしもRHBすべてを巡回する時間も気持ちの余裕もなくてくたくたで。しかも体調を崩して、今朝になって微熱が出てしまいました…ボディブローのようにきいてきた感じです(笑)。

それでもわたしにできる範囲のサポートを止めるつもりはさらっさら無いので、今日は大事を取って家で仕事をすることにし(PCさえがあればそれなりにいろいろできますから…orz)、日曜日の試合に向けてふつふつと充電中です(もう熱は下がりましたのでご心配なきよう)。

わたしの経験上、心・精神が疲れると身体にもきてしまいます。眠りに向かう時間も長くなる気がしますが時間が許す限り睡眠をとると良いようです。

そして明日の天気予報は、東京でもさいたまでも最高気温15℃とか?今日と比べても寒い数値が出ています。どうぞ暖かくして過ごしましょう。職場付近ではすでに「素足にサンダル」みたいなギャルが闊歩していますが、わたしはそんな無理できませんよ(^o^;;)

仲間達の元気が回復しますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2005

千葉戦@埼スタ:第11節・2005.5.8...0-0

絶好調のネコさま人のことをとやかく言えないのですが、一言で言うと選手の身体が重そうな感じを受けました。というか走り込めていないなぁというのが印象。でもそれって体力の問題?意識の問題?あとサポの気合いも少しバラバラしていたように思います。わたしもときどき集中がとぎれていました、すみません。

そして何より、予想通り、ボールに対するジェフの動きが忠実でした。トラップして前に出たボールを拾う、球の出しどころを迷って弄んでいる風の選手に素早く詰めていく、球の出所を読んでその先に詰めていく、キック・パスの正確さ、FW3人には必ず2人以上で対応する、等々、全てジェフの方が上回っていたと思います。はい。だから、「球を出せば取られるんじゃないか?」と恐れてドリブルばっかりになっていたような印象を受けました。あるいは出しどころがないから必然的にドリブルに頼ざるを得なかったのか。

一方、市原が守備をする時には浦和のFWの前に最大8人ぐらいいて、でも球さえ奪ったらあとは連携で球をつないでシュートにつなげていく。この間の神戸とは全く違うタイプの怖さ。ただしココを抜かれたら危ないという時にはカード覚悟で奪っていたけれど。あれで最後の決め所で決められる選手がいたらもっと危なかったな(汗)。

決して有名な選手ばかりではない中で戦える千葉は、やはりオシムさんの指導の賜物なんだなぁ。千葉サポにとっては球が繋がって見えてそこそこ楽しいサッカーだったんじゃないだろうか。

今日の審判のじょーじさんは微妙です。よっぽど危ないプレーでもない限り千葉は取られなかったような。で、浦和のファールは取られたような(…終わってみれば恨み節かな…^^;)。

ということで。

ネコパンチ…2回成功。
ネコさまのお祈りの効果…2回有効。
千葉の決定力不足…それなり。

ネコさまの祈り~後半…下手したら4点以上入っていたぞ、おぃ(滝汗)。負けなくてよかったなぁ。

祈れ、祈れ…両方のサイドで絶対忘れるなー。

…という念をこれからも送らずにはいられないでしょう…。

っていうか、「かーっ、毎回毎回、よくもポストに助けられやがって#」と思うのはわたしだけですか?

旗、邪魔orz□おまけ□

いちおうね、前半の祈りも写真に収めようとしたんですよぉ、でも旗が…(涙)。実はエコ計画の熊ちゃんの顔のあたり、脚だけ薄~く写っていたりしますが<わかんねーよ…orz


■清掃活動■

なんとなく肌寒くてイヤな予感がしていたのですが、やはりコップ内飲み残しが多かったですね。500mlペットボトルに移し替えて何とか不浄に持ち込みましたが計6本。念のため持っていったペットの蓋が役に立ちました。そのほか、捨て置かれたビニール袋を拾いつつ、それにいっぱいになるくらいのゴミを拾いつつでやっぱり4袋ぐらい簡単に集まりました、はぁ…(ため息)。まぁ、地道に続けていきますけどね…。


■雑感■

普段着のサンちゃんと赤星?に挟まれ、一人スーツを着ていた萌たんはこれからどこかに行くのでしょうか?ネクタイにエンブレムがある、きっと選手のお揃いのスーツだったのでしょうが、一人で着ていると違和感があって、でも正直、ホ○トに見えた(汗)。高校卒業したてのオトコノコなのに!(笑)…生まれ持ってのオーラなのかしら…。

帰りがけ、南ゴール裏のコンコース付近にあるW杯2002の準決勝の写真、ブラジル対トルコ、試合前の集合写真には当然アルパイが写っていて。まさかその選手が浦和来ることになるとは当時誰も思いもしなかったろう…。MDPにアルパイのコメントも載っていたけれど、今なお審判について発言できるアルパイはなんて勇気がある人なんだろうと思わずにはいられない…早くピッチに帰ってきてね。しかし、浦議のメインについては駒場バック自由から放たれるヤジラー・シジラーと同じ臭気を感じるので、最近は開きもしないですな。元々あまり行きませんが。2chの板は見たことないです。

あと、MDPの「アイツの素顔」はうっちーvv…ツッコミどころはもちろん「酒が入った時のブラックウッチー」でしょうか<うわぁ、それ一度見てみてぇ(笑)。今更ながら、チームメイトにも"うっちー"と呼ばれているんですね。それ以外の素顔は想定範囲内だけど、でも具体的なエピソードで聞くとやっぱり心をほかほかさせてくれる人だなぁと思いました。(^-^)

西野さん&泰さん今日のアフターバーは西野さんと泰さんでした。そのあと埼玉新聞の河野さんが合流しました。寒くなってきたのでわたしはその途中で帰ってきてしまいましたが、泰さんの近況として、書く仕事をしている、とのこと。で、例えばエルゴラとかREDS PRESSで記事を書いているのですが

「書いてますよねーとは言われるが、その先が続かない。つまりいいとも言われない(笑)」

ってなことを言っていました、あははは(^m^)。今度会うことがあったら「記事、イイ」と言ってあげましょう、みなさん。わたしは読んだ記憶がない(笑)<ダメダメ...orz


えーっと、お知らせです。

現在の見込みでは、しばらくの間、仕事が忙しくなると思われ、ココの更新ペースが落ちることが予想されます。あしからずご了承下さい。

ただ、仕事の関係で自宅でもネット落ちはする予定はないので、ホットラインをご存じの方はメールで。そうでない方も、何かご用の際はコメント欄に書き込みいただくとniftyが迷わない限り通知されますのでご利用下さい(たまーに通知されないことがある(汗))。

…ぶっちゃけ、GW中に家でやろうと思っていた仕事が全然進まなかったんじゃいっ。

と書きつつ、いちおう啓ポンの感想文は出したらしいですぜ(<告知されてからずっと構想は練っていたので書き上げるのにかかった時間は1時間ほどでした)。

で、次の対戦は…横浜ですか…どうなんでしょう、あの兄弟は。まだチケット買ってないんですけど…。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

May 07, 2005

身体を休めつつ千葉戦へ

DVDレコーダーのHDD空き容量があと1試合(2時間分)も録れなくなっていた(汗)<標準で70時間録れるはずなのにっ。まぁ、ここのところ試合も続いたし、生放送とそのあとのスカパー!の再放送と両方で録画しているとか、ナビスコは2時間半で録画されているとかしているので、そういうのを整理してようやく13時間分空けた。5月中はこれで何とか。6月辺りの中断中にまたHDD→DVDへとダビングしないと。念のためダビング具合を確認とかしないとね、とか思うと手間が。ただ使い方とか設定に慣れてきたせいか、高速ダビングモードを駆使して数分でダビングが終わったり、チャプターを生かす形でダビングできたりと、なんとかその機能が使えてきたなぁという感じです。

昨日は1ヶ月ぶりにマッサージに行き、その後、立ち食い寿司を食べ、明日への英気を養え…た…かなぁといったところ。ただ最近どうにも夢見が悪いのでそれがちょっと疲れさせてしまいますが。

とにかく明日もただひたすら勝利を信じて、埼スタの大歓声をピッチの上から横から、350°くらいの囲み加減で、千葉イレブンにお見舞いしてやらなくちゃ、と思っています。

今季、千葉のホーム試合の合計はリーグ戦だけですが5試合分で42,456人。ということはこのあいだの鯱戦@埼スタだけで1万人以上おつりが来ます(^0^)/<いえぃっ。千葉のアウェイ5試合の合計でも61,235人。一番入った試合でアウェイの鯱戦で17,239人。

一方の浦和は埼スタ3試合でどれも5万超え。アウェイでも2~3万は当たり前という感じですから(←なにより駒場が少ないというのは一種の罠ですか?(笑))、浦和イレブンが大観衆にびびるわけはない。むしろ力に変えてくれるはず!(^-^)...埼スタのゲーム後、楢﨑に「大観衆が全部敵だし、声も聞こえない」と言わしめたバックアップで浦和の選手たちの背中を後押ししないと。

明日も良い天気みたいです。わたしは神戸戦にも被っていった帽子と日焼け止めを忘れずに(笑)。

では明日5/8の14時に埼スタでお会いしましょう~。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

海外で働くといふ覚悟

同居していた父方の祖父が亡くなったのはわたしが高校受験直前、つまりは中学3年生の12月。

祖父は元々肝臓が悪く、入院した盛夏の時点で末期の肝臓癌ということがわかっていた。秋を過ぎ、何度か危なくなったり持ち直したりを繰り返しながら、73度目の正月を迎える前に亡くなった。

当時、父は働き盛り、子供は受験期ということで欧州某国に単身赴任中。父はだから数週の間に…結局欧州・日本間を3~4往復していたような気がする。まだ社会主義の国々との関係が微妙で、直行便というものが存在しなかった時代、片道12時間くらいはかかっていたかな…。

ただ、危篤の知らせを受けて急遽帰国できたので、幸い死に目には立ち会えた。

そう、幸いなことに。

だって、やはりアメリカに駐在していた叔父は帰国のタイミングが合わず、その場に立ち会えなかったから。

…そして時は流れ、何の因果か…弟が(職種は違えど)父と似たような道を歩み、現在トルコに駐在中。いつ帰ってくることやら。

奴にそういう覚悟があるかどうかはわからないけれど。

そしてわたしもまた、海外での生活の可能性を、少しだけ狙っていたりもする。

だったらわたしにそういう覚悟があるだろうかと、可能性を探りながらふと思うことがある。

親の死に目にあえないこともあるというのは、ジャパニーズ・ビジネスマンをはじめ、海外で働く人にとって、ある種の覚悟が必要なことなのかもしれない…けど…日本にいる間に二人の父を失ったギドは、さぞや辛いだろうなと思う…。

というか、これを書きながら勝手にその気持ちを想像していたら、思わず泣いてしまった。


わたしが最近あまり使っていないNikonの一眼レフカメラ・F501。

まだ航空会社のマイレージというものが今のように一般的ではなかった頃、父が何往復もしてたまったマイレージの賜物だったりする…手先が不器用な父がフィルム入れに失敗してから放置されていたのを引き取って以来、何も言わずにわたしがずーっとガメてますが(^^;)。

だからデジカメも持ってはいるけれど、そういう意味での勝手な思い入れは強く、一生手放すことはない、大事にしたいと思っているカメラ。

そしてまた、祖父の死後に見つかった孫4人の名義の4枚の通帳。孫のためにこっそりこつこつ(毎月2千円ずつ)貯金していたのだった。そのお金で買ったノートPCも、わたしにとっては大事な大事なパソコンだ。すでにその金額以上の月給をもらえるようにはなっているけれど。

そうやって、多かれ少なかれ故人の思いを感じてしまったモノものを、簡単に手放せなくなっている自分がいる。


現在も実家の居間のテレビの上には祖父の写真が飾ってある…父が単身赴任中に祖父母をスイスに案内したときに写したもの。祖父がアイガーの北壁を背に父のジャンパーを借りて羽織ってくつろいでいる写真。

欧州で飛行機のチケット買う方が日本で買うよりなぜか航空運賃が安かったらしいが、現在のような格安のチケットはなかったのではないか。また、国際電話だって頻繁にかけるのは憚られるほど高かった時代…父の声を聞きたくても早口になってしまっていた。円もまだまだ安かった。もちろん今のようにメールもない。

そんな状況で単身赴任中の父が、毎晩仕事から帰るたびに郵便ポストを開けるのを心待ちにしていたと聞くと申し訳ないと思いつつ、でもそんなに頻繁に手紙を書くわけでもなかった馬鹿な娘は、去年実家を出て独立し、やっぱりそうそう頻繁にメールするでもない阿呆な娘のままです…。そのくせ、どうにもファザコンの気たっぷりありありのまま、負け犬街道驀進中なのが、なんだかなぁ、全くもう。

小6~高1という大事な時期に父と暮らしていないというのは決して良いことだとは思わないのですが…そうすると人生に重要な影響を与えた、あの高校時代を過ごしていなかったかも知れないし、結果的にどう転んだかはわからないから、結局そのときの選択を最善と信じるしかないけど。


いろいろ夜中に物思いにふけりつつ、とりあえずさっき父にとりとめもないメールを書きました。

つまりは、もう少し実家に顔を出し、メールを書こうという宣言。


ギド・ブッフバルト監督のお義父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2005

神戸戦@神戸ウィング:第10節・2005.5.4...1-0

とにかく心臓に悪い試合でした(^^;)…最後まで気が抜けませんでした。おかげで今回は「Pride of URAWA」を歌う雰囲気にはなかなかならなかったですね。手を叩きながらわざわざ自腹で参戦してこんな苦しい思いをする自分ってすっげーMかも、とか一瞬思ったのはここだけの秘密(笑)。

だからもう何度祈りを捧げ、在宅組のサポたちの存在にすがり、思い出したでしょう(^^)<在宅組の皆さんもお疲れ様でした。後半は神戸の方が優勢だったし、浦和はゴールの気配はほとんどしなかったし、とにかく長かったー。っつーか、神戸、あれは最下位のゲームじゃないだろぅ(ピンチにはカード覚悟で止めに行ったのでカードは多かったけど)。セカンドボールが取れなくても、うちの最終ラインのDFのスライディングとかは良く足に行っていて、そして最後の最後では都築が防いでくれていて、押され続けた割には良く守ったと思う。あぁ、1点差を守り切れたというか。

ベンチに駆寄る達也

この日の貴重な得点は達也でしたvv。最初に歌った「Come on super Tatsuya」のチャントがゴールに結びついたのかなぁ、とかとか。神戸のワンツーを奪って暢久の出したボールも良かったし(名古屋戦に続いて得点の起点になっているじゃん)、いいところに走り寄っていたと思う。でも得点の直前に歌っていたのはエメのチャントのような気がする(^^;)。それと嬉しそうに駆寄ってきた啓太もそのあとバー直撃のシュートが惜しかった!やっとゴールポストが小さく見えてきたじゃん(笑)。

後半15分くらいの三浦淳からのFKをいっちゃんがヘディングして都築が防いだアレは危なかったなぁ。でもニッカン式で見ると枠に行っていないことになっている…むぅ、そうか。三浦淳がいる限り、神戸のCK&FKは常に冷や汗ものです。

その後、ホージェルがシミュレーションでイエローが出た。それが出るまで結構「シミュレーションじゃねーのぉ?」というプレーがあったように思ったので、わたし的にはやっと出たか、という感じだったのですが、これはただの浦和ひいき目による印象かも知れない。でも今回の穴沢さんは流れを変に切ったり、不必要にカードを乱発して別世界(笑)に連れて行っちゃったりするようなジャッジではなかったと思う。

交代したホリがDFというよりは少し前目にいたなぁ。元々はMFですが。やっぱり試合に出ているというのは大事だね。チャンスさえあればセットプレー以外でもシュートをねらえる位置。同時に交代したヒラの久しぶりの攻めあがりは良かったけれど、シュートは惜しかった。

GW中のきつい日程で勝ち点3。もらったカードもイエロー1枚。それらに勝るお土産なし。


以下、雑感。

煙る神戸側これはなぜだかわかりませんが、ウォーミングアップに向かう神戸選手が入場する時と神戸の選手紹介の時のBGMがその時だけ妙にでかくて、つまりはすっごいうるさい(ナビスコ予選の時にもそう思った)。まぁ埼スタのBGMもうるさいといわれることはありますが、GRGで流れに沿って盛り上げている感があるのですが。神戸のそれは浦和のブーイングを消すためか、神戸の気分を盛り上げるためか、効果がよくわからない…あれはいつも流れているんでしょうか?あと、今日配られた広告の裏が神戸カラーで、試合前に掲げてスタジアムを赤く染めよう!みたいに放送で呼びかけていましたが…多分失敗。浦和サポが協力するわけないし、かといって神戸側も微妙。何より赤いチーム同志がやってもね…。ついでに発煙筒もなんだったんだろう(不思議)。

後ろに座っていた人がいちおう浦和寄りに応援してくれていたようですが2・3・4拍子のチャントや拍手だけのチャント(調べたらカルメンのハバネラらしいっすね)を「あら、意外に難しいわねぇ」とか言っているのを聞いていたので、どうも地元?のファンらしい。と思ったら達也が引っ込むと知った途端「え゛ーー引っ込んじゃうのぉ」と聞いた瞬間、頭の中で(ーー#)きっ!…となっていたのは内緒だ(笑)。

祈り~前半それと浦和のネコさまは今回もお祈りを2回、きちんと忘れないでくれました。その成果かどうか、ヒーロー"いんたびう"なんてものもさせられていたようで(笑)…そしてメンバーが1周した後に達也と一緒にゴール裏へ。ネコパンチで逃げるのではなく、キャッチしていたしね。ってか、あんまりGKが活躍する試合というのもどーかと思うが。祈り~後半そういえば今頃気づいたんですが、アウェイのユニは去年と同じ形の首周りなんですね。キーパーのユニはそうだなぁとかねて思っていたんですが。家に帰ってから見た"いんたびう"の映像、バリバリな関西弁、最後に"にこっ"と笑うのがえぇなぁ…vv

闘莉王、大丈夫?闘莉王の脚の状態は大丈夫かなぁ…up中にテーピングの具合がイマイチだったらしく、既にしてあったテーピングをさらにぐるぐる巻きにしていましたけど…(汗)。途中ファウルで引っかけられて転がっていた時に大丈夫かなぁと心配でした。結局90分プレーしていたけれど…気が気じゃなかった…(--;。

試合終了後、アウェイだから挨拶はゴール裏だけと思ったんだけれど、バックスタンド→アウェイスタンド→メインスタンドと浦和のサポがいっぱいいるところで挨拶してくれました(^^)vv…最初にバックスタンドに導いてくれたのが誰だったか…チェックしてくれていた人はいませんか?嬉しい出来事でした。

そして1対0と、辛勝という試合だったけれど、We are DIAMONDSを歌っちゃいました。へへへ。アウェイだから許して(はぁと)。「ラララ~」の部分は倍速バージョンで(←結構好き)。

永井&市衛どーでもいいんですが、いっちゃんの左薬指のテーピング?が微妙に気になるこのごろです(笑)。

最後に。

今、チームに必要なのは、内容よりも勝ち点だと思う。これから1つ1つ勝ち点を積み重ねていって最終的に優勝をつかみ取りたい。 みなさんの声援があってこそ、このきつい連戦を乗り切れると思います。 遠く神戸まで足を運んでくれた仲間達には感謝しています。本当にありがとう。 次の埼スタでのジェフ戦も絶対に勝ちます。(byうっちー~浦和の公式サイトより)

うっちーうっちー、仲間に入れてくれてありがとう(はぁと)。そんなことを言われたらまたどこまでも行っちゃうじゃないか(笑)。おかげで心ホカホカです。(^-^)

さ、あと中3日。また千葉戦がやってきます。向こうはこの5連戦で一番遠いのが日本平(笑)。そんなチームには負けたくないんです。わたしも明日だけはよく働いて、それ以外は良く休んで、あともう1試合、頑張るぞぅ。


あ、そうそう、今回は最近にないくらい非常に喉の調子がよろしくて!久しぶりに(わたしにしては)大きな声が出せたのっっ!!…超嬉しい…(>_<)今までなら咳き込んじゃうところがほとんど咳き込まずに行けました。やったー。

…とりあえず明日はイイもん食べて、マッサージしてもらうかな。


□ぽけもん&アルトバイエルンDay□

050504mon

・ヴィッセルシート?のアウェイ寄りでポケモンのフラグが広げられていた
・彼らにはなんかポケモンのタオルを配ってよくわからない応援をれくちゅあしていた
・中央で踊っていた着ぐるみの声は"神戸も浦和も頑張れ"みたいな声援だった(笑)
・ピカチュウに至ってはデモンストレーション終了後、アウェイ寄りの出入り口?から退場してたようなのですが、退場間際に「おぉいぃ!!」と呼びかけていたアウェイのゴール裏に寄っていって媚び売ってどうする!(笑)
・MDPによれば、神戸勝利ならMOMの表彰があってスポンサー提供の賞品が神戸牛50人前とのことですが…浦和勝利なので"なかったこと"になったのかな…
・「アルトバイエルン」が"アルパイと・・・"と目に飛び込んできてしまった壊れた脳に幸あれ(笑)

□清掃活動□

ゴミ拾い活動はそこそこ。横に座っていた小学生4人(どうも春に後ろに座っていたガキと同じっぽ(^^;))のお行儀が良すぎて、カップラーメンのゴミやら食べ残しのおせんべいやら#、これでもかと言うほど残して立ち去りました。くそぅ、親の顔がみてぇ。ジャンパーを置き忘れていたので取りに来たら一緒に渡してやろうかと思いましたが、ゴミの収集をするまえにジャンパーを取りに来たので間に合わなかった…ちっ。あとはペット9本くらいと。しかしゴミ箱は目を覆いたくなるくらいの山になっていました。分別も何もあったもんじゃない…神戸さんもきちんとスタッフを配してゴミ箱があふれないようにお願いしたい…です。せっかくの飲み残し用バケツもペットが突っ込まれていたし…。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

May 05, 2005

神戸戦・道中記'05.5.3-5

とりあえず、神戸戦・道中記です。

温泉外観バスは神戸タワーそばの駐車場でおろされて、わたしはとるものもとりあえず温泉へ。というか仮眠を取りたくて(笑)<バスを降りたあたりですでに腰痛の予兆があったし。下調べ通り、三宮の向こうの神戸クアハウスへ…わかっていたとはいえちょっと遠かった。昼間の仮眠コースが2300円ということだったので行ったらなぜか1900円だった、結果オーライ<9時過ぎだったからかな?それで入湯料(920円)貸しガウン・タオル大小付き(460円)込みだったので結構お得だったかも。

入り口利用感は…どこでも眠れて雑魚寝が平気な人なら余裕で行けますな(笑)。あとは今回は時間帯が微妙だったので途中で掃除機かけられたり、隣のスペースが食堂だったりしたのですが、それでも平気なら…<繊細な人にはダメかも(笑)。わたしにとっては横になって4時間眠れてアノ値段で温泉も入れて…なら十分ですた。空間はもちろん男女別です。特に入り口に専門の係の人とかはいませんでしたが、監視カメラがついているとの貼り紙があったのでまぁ大丈夫かと。建物は新しくないと思うのですが、お風呂とかの掃除は普通に行き届いてたと思われ。わたしの基準は「また使うかどうか」なのですが、わたしが同じ状況で神戸に行くことになったら普通に利用しようと思います。

とにかく、バスの中でも一応眠ってはいたのですが、やっぱり横になって眠って&お風呂に入れてすっきり~♪

そのまま途中のパン屋でサンドイッチとカレーパンとロールケーキを購入、花時計のところから地下鉄で御崎公園まで。ココでハプニングというか、地下鉄の最後尾が女性専用車両で、浦和のサポで混雑している他の車両を尻目に余裕で座れてしまったvv…実際にはその後に「空いている」と見たサポが男女の別なく乗車してきてしまったけれど(笑)。気がついて居心地悪そうな男性サポもいたけれど…(^^;ま、いっかみたいな。

到着したのはKick Off1時間40分くらい前。それでも春に比べれば明らかに観客多い(汗)。わたしは席を探すのに困るということはなかったのですが。いよいよ席が見つからなそうになると係の人が「空席があったら右側に詰めて下さい」というハンドマイクを使った指示でブロック一斉に席詰め→左側の通路に近い席が空くという、それはなかなか効果的な席詰めだったと思う。


~試合についてはあとでアップする参戦記参照下さいのこと~


試合後、集合場所に指定された神社は事前にスタジアム前の交番の地図でチェックしてあったものの、実際には入り口まで大回りしてしまい(裏道があったのかも知れませんが)、しかも歩道にはサポがいっぱいで意外に手間取る<ちょっと遅れてゴメンナサイ。もっと遅れた人もいたけど…。そこで時間を取ったせいか、帰りの道路が混んでいたせいか、元町方面での一時解散場所についたら意外に自由時間が少なかったので、復路での温泉利用は断念で残念。

1時間半少々、元町の大丸へ行き、いつもどおりツマガリでお土産のおやつを買い、中華街で夕食を。同志達が結構うろうろしていました(笑)<格好ですぐわかります。ラーメンと豚まんと…どこがおいしいかわからないので、比較的その場で作っていそうなものを購入。だって作り置きで「冷めてますけどイイですか?」みたいに断って売っているようなお店では買いたくないよなぁ^^;

阪急交通社さんのツアーバスというわけで、今回は東京発着の便があったので阪急交通社さんのバスツアーをこっそり利用させていただきました、どうもありがとうございました。3台のバスが出ていました。また現地のバス駐車場からスタジアムまでの往復の集合方法も柔軟で助かりました(そのおかげで仮眠・温泉コースが実現しましたし^^)。また機会があったらお願いします。新潟戦を考え中なのですが…さいたま新都心6:30…それもきついけど、夜行は身体の負担がもっと大きいことが再確認できたので(笑)。阪急さんだとチケも申し込むと手間が省けそうだし、となると申し込みは明日まで。あと少し悩むことにしま。

□追記□

やべっ、阪急さん、キャンセル待ちになってる…。チケット取ってから考えるか?っていうか取れるんか??(汗)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

神戸遠征終了(超短報)

ただいま。

…お休みなさい…zzz

管理人、お休み中につき、しばし子猫画像でお楽しみ下さい。

こねこ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 03, 2005

神戸戦展望。というか、自分用メモ。

神戸おふぃさる(5/2)より

JL-10・5月4日(水祝)vs.浦和レッズ(16:00@神戸ウイング) 「伊藤ハムアルトバイエルンデー」&「ポケモンin神戸ウイングスタジアム」 →「メイン指定席」、「バック指定席」に続き、「ヴィッセルシート」、「ビジターシート」が完売しました。

ヴィッセルシート 完売
メイン指定席 完売
バック指定席 完売
メイン自由席 販売中
バック自由席 完売
サポーターズシート 販売中
ビジターシート 完売
親子割引券 完売

ポケモンで客呼んでどうするの?…(汗)

まさかそのせいで完売かっ!?

…そういう本質から外れたアフォな演出だけはしないでくれる浦和のフロントがありがたいと思う。

つーか、なぜサポーターズシートがまだ販売中なんだ(笑)。メイン自由は…なんでだ?わたしはメイン自由で行きますが、見やすくてよい席ですよ。ただ呉越同舟になってしまうと痛いかも(入り口は特に区分けがない…なんとなくアウェイ寄りとホーム寄りにはなる…まぁホーム&アウェイの区別のないメイン指定席よりは動けるのでイイかな)。4月の時のようにアウェイにしては少し早め(2時間前くらい)に行って席を取った方がよさげ?2時間前なら超余裕でしたが。

わたし的・神戸戦持ち物ほかメモ

□ 神戸の地図 (→スーパー銭湯の場所をチェック済)
□ エアー枕 (→夜行バスの必需品)
□ バスの乗降案内
□ 洗面用具類 (→出張ならホテル調達なので持参しないが(笑))
□ 日焼け止め (→14時にはスタジアム入りしているとすれば)
□ スカパー!の予約 (→珍しく306chで生放送されるらしい)

幸か不幸かホテルでの泊まりはないので、PCとかの荷物は持っていてもしょうがないのでいらないな。今日のうちに準備はしてしまおう。スカパー!の予約もしたし。着替えは…仮眠をとる予定だけど、1日分で大丈夫かな。うん。雨具は…微妙だけど、いざとなったら現地調達でも大丈夫そうな確率。今年は不思議なことに降られないし(とか書いていると降られそうだが(笑))。日焼け止めは、メインスタンドはあまり日が当たらないんで比較的安全なんですが。持っているに越したことはないでしょう。

明日は2ヶ月ぶりに髪を切ってきて(←おおむね1.5~2ヶ月に1回行くペース)、実家に顔を出してから日付変わる頃の深夜に東京から神戸へ出発予定。レディースには行かれないな、残念。で帰りは5日早朝の予定。その日一日はきっと眠って過ごすだろう?…そんで翌日は仕事、と……やっぱりGWはちっとも連休じゃないYO!…マッサージに行ってから参戦したい気分でいっぱいだけど、どーせバスで往復すれば背中バリバリになるだろうから、GWあけの6日の仕事が終わった後に行くのが費用対効果が高いかも…(<あほう)

今朝は意外に、というか早めに眠ったにしては身体が疲れていて、起床時間自体はゆっくり仕事に向かうペースで目は覚めたものの、昨日のMDPを読みながら目を覚まそうとしたにも関わらず、やっぱり目は覚めず、再び眠りに誘われたのだった…orz...わたしも赤豆さんのように糖分&ビタミンCを補給してこようかなぁ。デニーズでスイーツ祭りか?と思ったらもうイチゴからマンゴーに模様替えだ...orz。あ、いや、マンゴーは好きなんでいいんですけど。ほら、頭ん中、イチゴになっていたので。

…うーん、今日も既に眠い…(汗)。明日はupしない可能性があるので、待ち合わせ場所の確認だけ。

5月4日16時@神戸・ウィングスタジアム

自宅参戦組の方の気持ちもちょっとだけお願いします…あ、3日じゃないですよ、フライングなしですよ(笑)。

昨日の勢いと気持ちのまま突っ走りましょう。(^-^)


U-20、カニちゃんが外れ、追加招集の萌タンが選ばれたようですね。萌タンは最終選考までもう少し頑張って♪カニちゃん、応援してるから、元気に&腐らないでプレーしてくれる姿を見せておくれ。ほら、またいつ追加招集があるかわからないから!(^-^)

今年のU-20はスカパー!で全戦ライブで見られるらしい!…時代は変わったなぁ…1999年の時なんて…(>_<)…というのは今度soccerzのネタをageる時にまた。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 02, 2005

鯱戦@埼スタ:第9節・2005.5.1...3-0(その2)

タツ試合内容は…タツ・エメ・エメということで。
とくに達也、出場100試合目をゴールで決められておめでとう!(^-^)後半疲れている時、鯱側がDFのところでもてあそんだり、タッチラインを割りそうになったりしている球をきちんと追ってくれていてありがとう。そう、それをわたしは見たかったんだよ。

エメ1点目後の歓喜エメ2点目後


永井もゴールの香りがぷんぷんしていたので、あるいは、と思ったのですが…アノ感覚は忘れないで神戸戦に臨んで欲しいなぁと思います。

なにより、審判の基準がぶれず、黒子に徹して普通に裁いてくれていた……(つд`)・。

って当たり前のことじゃないか#

試合の流れが切れなかったせいか、3人の交代枠を使い切る際、交代を表示してから実際に交代するまで、結構待ち時間がありましたね。


はい、それと連載(笑)「今日の守護神 ネコ 都築さまのお祈り」わっ。

お祈り1お祈り2

Kick Off前に都合2回捧げられています(笑)…コイントス?(ってしてるの?)のあとにサイドが変わったので。片足あげるところがミソだよね(たぶん)。

とはいえ、今日は向こうのシュートが3本じゃ…。ポストの神様が入れさせないでくれたのかな、感謝感謝。

それから、靴ひも注意<ツボ。一瞬冷やっと(汗)。あそこで点が入ったら洒落にならんから。

そんでもって、うっちーってすごいなぁと、やっぱり思わずにはいられなかった。

浦和の中では特別に目立つようなセールスポイントは…堅実さとか、冷静なひたむきさとかはあると思うのですが。ドリブルとか、走りとか、シュート(笑)とかそういうのがトップクラスで目立つわけではなくて、でもなんだろう、先を読んでそこに詰められる力とか嗅覚とかいうものなのかなぁ…それが経験から来るものなのか…よくわからないけど。

とにかく、サカダイのインタビューで「努力をしたつもりはない。ただサッカーを好きなだけだった」といううっちーがこれからも浦和のイレブンとして活躍してくれますように。


□試合終了後□

バー第1部埼スタに来る時、KickOff1時間半くらい前に乗った赤羽岩淵→浦和美園行き。乗った時点で座席満席(汗)。赤羽から座れなかったのって初めてかも。これは帰りの電車も乗るだけで大変だろうと、何より勝って気持ちよかったので、埼スタの余韻とごろにゃんしたくてアフターバーへ。今日は2部構成との声がスピーカーから聞こえてきます。埼スタのデッキの階段のところからハートフルサッカーのことを話している西野さん、杉山さん、正樹さんを遠目に眺めつつ、でもマイクから聞こえてくる声があまりハッキリしないし、寒くなってきたので下へ。

なんか、予想外にお客さんが来たのか、飲み物が長蛇の列でした。次回以降改善されるとのこと。まぁ今日は勝ったしなぁ…。

第一部の終了間際に懐かしい正樹さんのチャントが(笑)。

そしてしばしご歓談。第二部のゲストを待つ…。あ、この前のバスツアーでも一緒だったIさんが走ってきた~笑顔だ~(^-^)いぇーい♪

あ、白いジャケット?の朝井さんたちも歩いてる~。朝井さんのウォーミングアップ中の「××選手、頑張って下さーい」の声が大好きなので、今日はその言葉の通り、勝ててよかったなぁ。

おっと、向こうから警備員に囲まれた黒い人がやってくる!…でもギドではないのは遠目からでもわかる(身長が違った(笑))。代わりにいらしたつっちー&太さん。つっちーからギドの伝言とのことで、曰く、ゲーム終了後のフォローのため申し訳ないが今日は帰りますと。またの機会にということでした。ま、別にいいんだけどね。そうわかっていれば。だってうちらはまだ復活の階段を上り始めたばかりだし。でも森さんに危害が及ばないよう…(合掌)。

後ろの方から聞いていたので正確ではないかも知れませんが、今日のMVPはみたいなことで、審判のことが。で、「岡○とか?「西○とか?」の名前が出て、拍手喝采を浴びていた(笑)。なんか、サポーターと思うところは一緒なんだなぁと思ってちょっとだけ嬉しかった。

会場からの質問で選手時代に印象に残っていることはという問いに太さんは「DFだったけど決めたシュート」の話、つっちーは…なんか遠い目をしている感じだった(笑)。太さんもリフティングされた後シュートを決められた苦い思い出に遠目をされていたようで。あと、締めの言葉でお二人とも「応援をよろしく」ではなくて、「変わらぬサポートをお願いします」といった表現をされていたのがとても嬉しかったです。

あーっと、でも、つっちー、小学生相手におやじギャグかまさないように(笑)。

第二部が終了したら早々に駅に向かいました。そしたら駅が空いているのはもちろんなんですが、思った以上に電車の座席が空いていてビックリしました。試合終了から1時間半近くすぎていましたが、うーん、これならアフターバー、お酒飲めなくても(…あとは時間帯とイベントにもよるかな)、時差帰宅の一つとして寄るのもありかも、と思いました。とくに埼玉高速鉄道に長く乗られる方はオススメかも。


□清掃活動□

ペットボトルと紙コップの置き去りが増えてきましたー。中味が残っているケースは減ってきましたが、それでも集めたら500ml×4本分は不浄にゴメンナサイしてきました。やっぱりグループでまとめて散らかしているとおぼしき捨て置きが目立ちますね。食い散らかしの飲み残し。もったいないもったいない。

少しずつ少しずつ。


□いろいろ□

Curva中心地付近


55,000人超え。去年のCS2戦が59,715人。ちょうど1年前のGWの鹿戦や秋の鞠戦の方が今回より多かった。でも人数的なもの以上に、勝たせようという「気」が充ち満ちていたように思う。南ゴール裏寄りバック自由席に座りながら、バックロウアー指定席やアウェイ寄りの南ゴール裏に座る人々をふと見ることがあった。北のゴール裏の声にあわせる形で、両腕を高く挙げたり、手を叩いたり、声を出したりという姿は、いつも以上に多かったと思う。必ずしも人数ではないんだな、なんだろうなー。

セルくん、早くも記者席で他の人々(中村君とか)と一緒に並んでいたと思われ。

黒旗が途中で大きく裂けているのが見えました(汗)…大事に使っているのでしょうが、痛んでいるのでしょうね…。

試合直前の三色旗

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2005

鯱戦@埼スタ:第9節・2005.5.1...3-0(短報)

萌え~勝ちました。快勝。最高。GW恒例の鯉のぼりも空を泳いでエメのゴールを祝福(笑)。

久しぶりにエメ教の教祖降臨♪エ~メ~。

あー、なんかいろいろageたいものとかメモとかもあるんですが、もう眠いよ(笑)。つまりは疲れたので1枚だけ写真を。あと、これから"オトコは走り"祭り(笑)画像を昨日のに追加して。

ほか、また明日upします。

っていうか、また中2日で試合かー(トホイメ)

でもこのままの勢いで突っ走らないと!!

ただし、個人的には「神戸・スーパー銭湯で仮眠コース」ぜってー決定…そーでもしないとおばばの身体は持ちませんです。

…なら夜行バスなんて使うなって話だが(笑)。GWだから格安チケとかないからなぁ。6日仕事に行ったらまた週末だから何とか頑張ろう。土曜日が試合じゃなくて助かったなぁ。

あ、これだけ書いておこう。

今までずっと不甲斐ない試合が続いていて、サポーターのみなさんに情けない気持ちにさせてしまっていた。今日はスタジアムに人が来てくれないんじゃないかと思ったけど、5万5000人もの人たちが来てくれた。(J's Goalより)

…んーもー、マコちゃん、わかってないなー、っていうかホントに来ないとでも思ったのかYO(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

平川選手、お誕生日おめでとー

「オトコは走りっす」約2名@エコパヒラさん、26歳のお誕生日、おめでとうございまーすvv

今年も「オトコは走り」な姿を心待ちにしてますぅ。

…なんだ、この日付変わった瞬間にお祝いする気合いの入れようは、と思いつつ。しかも写真付きだし(笑)。

ま、贔屓ってやつです、はははっ。(*▽*)vvv

明日は出られますかねぇ…。


ひたすら体力の回復に努めた2日間という感じでした。正直まだ疲れは取れていない感じです…。明日はいつもにも増して動けないかもorz...

んー、夜行バスで参戦予定の神戸戦では、早朝についたらKickOffまでスーパー銭湯で仮眠でもしようかなぁ。

と、浦和と全く関係ないですが、大家さんの庭で野良が子猫を5匹生みました。目も開ききっていないくらいの生まれたてで、激まぶ(死語)なんですが…明るい未来が子猫ちゃんたちにあるのかと一抹の不安。

明日できたら写真を撮ろう。


□追記□

浦議の赤菱のイレブンが更新されていた<ニヤニヤ。あの審判ネタで赤菱となれば、浦議でしか載せられないのだろうか、やっぱり。

□追記2□

負けへんで弾幕5/1の「負けへんで弾幕」が「男は走り」でした(笑)。ぐっじょぶ。さりげなく今日のHappy Birthdayに読み上げられた平川選手、会場からも大拍手。そしてMDPのお祝い欄に記載された住所は「レッズ」(笑)。

オトコは走りーズ

ベンチスタートでしたが、up中は終始和やかでした<走りーズの方々。というか、今日は皆さんよく走っていました(^-^)vvvやっぱりオトコは走りっす(はぁと)。岡野もヒラも交代でしたが出場できて何より。


ゲート旗お祝いのゲート旗を作られた方が見えましたので記念撮影。ヒラの目に映っているとイイですね♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »