« 神戸戦@神戸ウィング:第10節・2005.5.4...1-0 | Main | 身体を休めつつ千葉戦へ »

May 07, 2005

海外で働くといふ覚悟

同居していた父方の祖父が亡くなったのはわたしが高校受験直前、つまりは中学3年生の12月。

祖父は元々肝臓が悪く、入院した盛夏の時点で末期の肝臓癌ということがわかっていた。秋を過ぎ、何度か危なくなったり持ち直したりを繰り返しながら、73度目の正月を迎える前に亡くなった。

当時、父は働き盛り、子供は受験期ということで欧州某国に単身赴任中。父はだから数週の間に…結局欧州・日本間を3~4往復していたような気がする。まだ社会主義の国々との関係が微妙で、直行便というものが存在しなかった時代、片道12時間くらいはかかっていたかな…。

ただ、危篤の知らせを受けて急遽帰国できたので、幸い死に目には立ち会えた。

そう、幸いなことに。

だって、やはりアメリカに駐在していた叔父は帰国のタイミングが合わず、その場に立ち会えなかったから。

…そして時は流れ、何の因果か…弟が(職種は違えど)父と似たような道を歩み、現在トルコに駐在中。いつ帰ってくることやら。

奴にそういう覚悟があるかどうかはわからないけれど。

そしてわたしもまた、海外での生活の可能性を、少しだけ狙っていたりもする。

だったらわたしにそういう覚悟があるだろうかと、可能性を探りながらふと思うことがある。

親の死に目にあえないこともあるというのは、ジャパニーズ・ビジネスマンをはじめ、海外で働く人にとって、ある種の覚悟が必要なことなのかもしれない…けど…日本にいる間に二人の父を失ったギドは、さぞや辛いだろうなと思う…。

というか、これを書きながら勝手にその気持ちを想像していたら、思わず泣いてしまった。


わたしが最近あまり使っていないNikonの一眼レフカメラ・F501。

まだ航空会社のマイレージというものが今のように一般的ではなかった頃、父が何往復もしてたまったマイレージの賜物だったりする…手先が不器用な父がフィルム入れに失敗してから放置されていたのを引き取って以来、何も言わずにわたしがずーっとガメてますが(^^;)。

だからデジカメも持ってはいるけれど、そういう意味での勝手な思い入れは強く、一生手放すことはない、大事にしたいと思っているカメラ。

そしてまた、祖父の死後に見つかった孫4人の名義の4枚の通帳。孫のためにこっそりこつこつ(毎月2千円ずつ)貯金していたのだった。そのお金で買ったノートPCも、わたしにとっては大事な大事なパソコンだ。すでにその金額以上の月給をもらえるようにはなっているけれど。

そうやって、多かれ少なかれ故人の思いを感じてしまったモノものを、簡単に手放せなくなっている自分がいる。


現在も実家の居間のテレビの上には祖父の写真が飾ってある…父が単身赴任中に祖父母をスイスに案内したときに写したもの。祖父がアイガーの北壁を背に父のジャンパーを借りて羽織ってくつろいでいる写真。

欧州で飛行機のチケット買う方が日本で買うよりなぜか航空運賃が安かったらしいが、現在のような格安のチケットはなかったのではないか。また、国際電話だって頻繁にかけるのは憚られるほど高かった時代…父の声を聞きたくても早口になってしまっていた。円もまだまだ安かった。もちろん今のようにメールもない。

そんな状況で単身赴任中の父が、毎晩仕事から帰るたびに郵便ポストを開けるのを心待ちにしていたと聞くと申し訳ないと思いつつ、でもそんなに頻繁に手紙を書くわけでもなかった馬鹿な娘は、去年実家を出て独立し、やっぱりそうそう頻繁にメールするでもない阿呆な娘のままです…。そのくせ、どうにもファザコンの気たっぷりありありのまま、負け犬街道驀進中なのが、なんだかなぁ、全くもう。

小6~高1という大事な時期に父と暮らしていないというのは決して良いことだとは思わないのですが…そうすると人生に重要な影響を与えた、あの高校時代を過ごしていなかったかも知れないし、結果的にどう転んだかはわからないから、結局そのときの選択を最善と信じるしかないけど。


いろいろ夜中に物思いにふけりつつ、とりあえずさっき父にとりとめもないメールを書きました。

つまりは、もう少し実家に顔を出し、メールを書こうという宣言。


ギド・ブッフバルト監督のお義父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

|

« 神戸戦@神戸ウィング:第10節・2005.5.4...1-0 | Main | 身体を休めつつ千葉戦へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 海外で働くといふ覚悟:

« 神戸戦@神戸ウィング:第10節・2005.5.4...1-0 | Main | 身体を休めつつ千葉戦へ »