« 最近のいろいろ…雑感 | Main | Vodafone杯キャンペーン開始 »

June 01, 2005

HSV戦@埼スタ:PSM・2005.5.31...0-2

まー、なんというか、行ってきたわけですが。観客席、ガラガラでしたねー。そうかと思えば、市内から招待されたと思しき少年たちがわさわさうるさかったですが(…ちなみにバッタユニやさんは入れ食い状態…儲かっただろうなー(笑))。

で…みなさんがどのような感想を持たれるかはわかりませんが。

そーだな、個人的には、まだまだ浦和にはやることがあるなと。そんなことを再確認させられた試合だったなぁと。今の時期にPSMをやることには賛否両論というか、否定の方が多いと思いますが、何より興行的にどうよと小一時間(中略)ですが、でも、HSVの基本に忠実な技術とでもいったらいいのかなぁ。トラップした球の行方とか、ボールを持っている選手へのプレッシャーのかけ方とか、自陣に攻め込まれた時に球を外に出して逃げるのではなく自分の足下に奪って逃さないDFとか。もー、浦和、全然ダメ!(笑)

というわけで…今日、自覚したであろう、自分たちのアラというかがこの時期にわかったというのはいいんじゃないですかね(超前向き思考…過ぎるかな(笑))。まー、それを自覚するためにPSMという形が最善だったかといえばかなり微妙なんですが。個人的にも恐ろしくコストパフォーマンスが悪かったですが、でも…先行投資と思うことにします。

今日の経験、特に普段サテでしか出ていない選手たち、生かすも殺すもそれぞれの自覚次第ではないでしょうかー。昨日の森さんの講義の通りなんじゃないかな。練習すればそれに呼応する形で上手くなる部分だと思う。

あとは…セルくんは何か空気を持っている子だな、とか。堀之内も意外に(←失礼?)足は遅くないのか?とか。アルパイの球の奪い方はさすがだなとか。こんちゃんは初スタメンの割には交代もさせられず頑張っていたなとか。浦和は最後の最後にスピードでどうにかするんじゃなくて、細かい技術を習得することで、そこに持って行かせないとか。そのあたりを考えないと、身体にきついんじゃないか?とか。試合が終わったらやっぱりゴミ拾いをしてしまったとか(笑)

あー、なんかとりとめもなく書いてますが。

…っていうか、眠いとです(笑)。


比較的早めに引き上げた長谷部は相変わらずボウシスキーだな、と。気がついたらベンチに座って都築と何か喋っていましたが、そんな場にいてもキャップをかぶってらっさいました(笑)。見れば今日は啓太も同じような帽子だった。わたしもかなりのボウシスキーなのですが(…持っている数は…20はくだらないと思う)、キャップは似合わないのでほとんど持っていません。

…っていうか、思わずDVDまで買っちゃったよ!(笑)…全く。

帰ってきて見ながらコレを書いていますが…うぉ12年分の美味しい画像がたった5分弱の時間、コンパクトに、かつ満載じゃないですか。わたしが映像として持っていない画像も多いので、もー、涙ちょちょぎれそうですよ…(涙腺ゆるっ(笑))

…2500円は高いとか言わないぞー(^^;)


これは個人的な事情で…埼スタに行くため職場の仕事を明日にうっちゃり、明日の夜にやる予定の分を今日の帰りに近所のデニーズで3時間作業してきたら1時半帰宅ですよ、嫁入り前の娘が(笑)

|

« 最近のいろいろ…雑感 | Main | Vodafone杯キャンペーン開始 »

Comments

>otteruさま

こんばんは!コメントとTBをありがとうございます。otteruさんのブログもよく伺っています(レポの独特の文体が印象的なので…^-^)。

そうなんですよね、興行的には「・・・誰か得をした?」という試合でしたが、選手たちにとって今後に生きるような授業だったとあとからでも思えるようになれば、もー無限にプライスレスだと思います。あまり海外のチームを知っているわけではないですが、おぼろげながら派手さはなくても堅実なイメージのあるドイツのチームで良かったかなと思います。1万少々という観客の中でプレーさせてしまったことは気の毒だったかなと思いつつ。

おぉ、叱っていただけましたか、素晴らしいです。わたしには勇気も貫禄も備わっていないのでそれをするのはまだまだ無理そうですが…。「浦和で育った子供は人間としても一人前」という世界に向けて、密かな理想があるものの、ゴミ拾い一つとっても、まずは大人からなのかなぁと(情けない--;)。でもまぁ昨日は子供の団体が多すぎましたね…^^;しかもそれを統率する大人もいまいちというか。なによりわたし自身が自分で子供を育てる人生に乗り遅れておりますorz

Posted by: Samemoon! | June 01, 2005 23:24

練習試合やサテライトリーグでは得られない何か、を感じ取ってくれていたら・・・HSV戦は成功と言えるのでしょうね。しかし子供たちがバタバタやかましかったです。ゴール裏まで進出してきた子たちに向かって思わず“うるせぇ”と言ってしまいました。「大人気ない言動にちょっと反省」してません。僕が一番子供だったということなんですね。

Posted by: otteru | June 01, 2005 20:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference HSV戦@埼スタ:PSM・2005.5.31...0-2:

» ゲルマン魂(ハンブルガーSV戦) [「誇」-URAWA REDS-]
南北線に乗り一眠り、目覚めるともう東川口だった。空いている車内、乗換客は子供ばかり。直前になって「引換券」を手にした少年たちなのか。こっちは3000円払ったのになぁ。   元気な選手の中でのベストメンバーがこの日のスタメンなのか。兎に角、これ以上怪我人が出ませんように・・・ 一方のHSVの選手は皆、背が高い。特に2番と4番の選手、達也の倍はあるように見える。体格も良く、なんだかアルパイが11人い�... [Read More]

Tracked on June 01, 2005 20:12

« 最近のいろいろ…雑感 | Main | Vodafone杯キャンペーン開始 »