« 新潟戦@ビッグスワン:ナビスコ杯予選6・2005.6.11...0-3 | Main | ナビスコ杯の組み合わせ決定 »

June 13, 2005

新潟戦・稲妻道中記

ビッグスワン

というわけで。夜行と早朝バスを天秤にかけ、衰えつつある(というか鍛えるという言葉から遠い)身体への負担を考えた結果、早朝バスで新潟に乗り込んできました。集合場所はさいたま新都心と川越の2カ所。距離的には川越の方が遠かったはずですが、集合時間に45分の差がありましたので結果的に新都心なら自宅発5時。川越なら5時半なので、起床時間の30分の差は大きく、東武東上線を利用しながら川越駅に向かいました。

今回は阪急交通社さんの稲妻大作戦でGoでした。

待ち合わせ場所に佇んでいましたら、諸般の事情で新都心の出発が遅れたという旨、川越にいた係の人に連絡があったようで、念のためトイレを借りにLawsonへ。もちろんお礼代わりにもしもの時の食料を買っておく(お菓子とも言う^^)。

7時過ぎに2台が到着。1号車と6号車だそうです。

わたしは1号車に配属されました…ってことは神戸戦もそうでしたが、添乗員さんは福島さんでした。お世話になります。ツアーを総括されているせいか、ツアーの顔なせいか、いろいろな情報が流れてくるのでおもしろかったです。

先行する2~5号車に追いつかんとす2~5号車は先に現地へ向かっていたようですが、途中のSA(上里)で合流。ちょっと長めの休憩を取る形で待っていたようで、我々がつくと同時くらいに出発されたような…。運転手さんが「先発隊は100kmで移動しているから105kmで走って追いつくよ」みたいなことを(笑)。

そうそう、途中で福島さんの携帯に電話があり、福島さんが大笑いしていたから何かと思ったら

福島さん「清尾さんから『車で今隣を抜かしたよ』と電話が入った(^-^)」

とのことでした(笑)。黒い車だったそうですが。清尾さんだけでなく、脇を走る車、バス、よく見ると赤いステッカーやらレプリカやらフラッグやらで誰がどう見ても仲間です(笑)。道中気をつけて参りましょう(^-^)/

…途中、新潟の山中の道で、バスががたがた揺れたところがありました…よく見ると道路案内が傾いていたり、路面が不規則に波打っていたり、山が崩れていたり。まだまだ完全復旧とは行かないのかもしれません。一日も早い復旧を祈りつつ。


しかし6台のバスが一斉にパーキングに寄って、しかも8割方赤い集団は一種異様です(笑)。もちろん同じようなタイムスケジュールで走っているお仲間もいますから。トイレなんて瞬間最大風速でかなりの赤い列。少し前に到着したとおぼしきほかの団体のおばさま方が

「少し早めに着いて良かったね」「タッチの差だったねー」

みたいな会話を聞いておかしかったけれど、清尾さんの「実は、好きなんです。レッズ」の記事でも、帰りのバスの福島さんの台詞でもそうだったように、まさに「イナゴの大群」という表現がふさわしいと思います。わたしはほとんどお店には立ち寄らなかったのですが、きっと食べ物の売り上げもすごかったでしょう。

そういえば、ビッグスワン最寄りの某コンビニも、ものすごーい売り上げを達成していそう…。

それと、J-COMというケーブルテレビのRGGという番組、局に許可を受けたとかで、2回分のビデオを見せてくれました。東の出島によく来る"お姉さん"が…インタビューしてました。選手たちは何となくテンション低め?でも話には聞いていましたが、我が家では見られないのでラッキーでした。

2カ所で休憩を取り、新潟へ。高速のインターを降りるとすぐにスワンなんですね。高速では一度横に見ながら通り過ぎる形になりますが、高速からのアクセスが非常に良く、しかも駐車場が広いですねー。TDLもびっくりです。


~試合のことは参戦記で…~


脱兎のごとく走り去る赤いバス帰り、駐車場から出る車が渋滞。高速につながる道路が工事中という理由もあるようですが。そして、途中で見えたクラブのバス。高速で後ろからやってきて、ものすごい勢いで追い抜かれました(スピードは大丈夫でつか?)。中に選手がいたのか、新幹線で帰らなかったのか、なんでいたのか等々は不明です。

上里・上り線で休憩中もっとわからないのが、とっくに埼玉に着いているだろうと思われたバスに上里で再会<え?なんで??(笑)

選手たちは乗っていませんでしたけど。みんな俄カメラマンと化し、バスは格好の被写体になっていました(^^ゞ)

それから、帰りのバスで今度は西野さんからメールが福島さんに入ったそうです。若手の経験になっただろうといった内容。帰りに成績発表されたトトカルチョは外れてしまいました、残念。もう少し事前にリサーチしていく必要がありそうです。

えーっと、福島さんのお話はおもしろかったです。ここに書けない話もいろいろありますが(笑)。

新潟戦は12月3日の最終戦がまたスワンだそうです…14時とはいえ寒そうだなー(>_<)。リーグ戦最後と言うことでまたいろいろ企画があるようですが…まだそんな先のことは考えられないなー(^^ゞそれより前に7月のエコパをどうしようかで悩み中ですから。

帰りでのお話。今後の稲妻ツアーを企画する上で、名古屋戦はどうしようとか…ホントに試合だけの往復にするか、夜向こうで街に繰り出して祝杯をあげて、深夜出発・翌朝帰京でどうだろうとか(それいいなー)。後半の大阪2試合は飛行機で1泊でどうだろうとか。でも面白かったのは、今後桃太郎で試合が組まれたらどうしようかというお話。新幹線にしようかバスにしようかと。で、今日のバスの運転手さんに聞いたら、岡山は神戸から3時間だそうです。神戸の経験上、前の日0時出発で昼頃にはつきそうなので行けそうだ、とのこと。で、それらを受けて。

福島さん「…今年の広島は…日が悪いというか三連休のど真ん中で飛行機でツアーを組む旨味がないんですよね…どうします?
サポ「…バス!(笑)」
福島さん「…運転手さん笑ってます」

…っていうか「どうします?」って言う時点で煽ってますね?(笑)

天皇杯も勝ち上がらないとキャンセルになるのが難しいところだとか。チャーター便は羽田の枠がきついので無理そうだとか。ほかにも面白い台詞はいろいろあったのですが、使い回しできなくなると気の毒なのでこのくらいに。わたしの記憶にとどめておくことにします。

でもサポーターのチャーター便がいつか実現したらカコイイですね(はぁと)

帰りはさいたま新都心で下車。お疲れ様でした~。

|

« 新潟戦@ビッグスワン:ナビスコ杯予選6・2005.6.11...0-3 | Main | ナビスコ杯の組み合わせ決定 »

Comments

★ふくしまだいすけさま

ちょっと日本を留守にしていましたのでこちらこそレスが遅くなってすみません。

いつぞやはツアーでありがとうございました。いつもメールをいただいているのですが、このときは忙しさにかまけてお返事を出さなかったような…(汗)

阪急さんがアウェイ参戦ツアーを催行してくださる一方で、なぜかサポ主催のツアーも増えているように思い。参加させていただくだけのわたしは非常にありがたいなぁと思うこのごろです。そういえば参戦したツアーはなぜか2回とも福島さん号で、"ここだけの"楽しいトークにいつも得した気分です(^-^)次にお会いできるのはいつかわかりませんが、新ネタもまた楽しみにしています。

そういえばこのときの絶対内緒!の話は…なんでしたっけ(^^;)…でも参戦記は通常試合の後、日を置かないうちにupするようにしていますので、やばそーなオフレコ話の取り扱いには気をつけているつもりで…すが、万一記憶抹消が不十分な所等ありましたらプロフィールにある連絡先あたりに耳打ちください(ぺこり)、早急に修正するようにいたしますので。

では明日も往復の道中に気をつけて頑張りましょう!

Posted by: Samemoon! | October 02, 2005 at 00:42

ツアー名と自分の名前をgoogleで検索して、ツアーの参加者のブログは結構チェックしているつもりでしたが、今日になってこちらのブログにたどり着くことができました。
遅くなりましてスミマセン。

ネタの使いまわしですが、最近は参加者の顔を覚えてしまうほどになったので、使い回しが聞かず、すこしづつ新ネタを取り入れているところです。
なので、何を書いてもいいですよ。

ただし、新潟戦のバスの中で見ていただいた「REDS GET GOAL」でレポーターをされている河合さんがバスの中で話すこと、それに加えて私が「このことはバスを降りたら忘れてください」と断ったうえで話したことは、絶対にナイショですよ!

さぁ、まだまだ諦めずに頑張りましょう!

Posted by: ふくしまだいすけ | September 25, 2005 at 16:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59025/4538347

Listed below are links to weblogs that reference 新潟戦・稲妻道中記:

« 新潟戦@ビッグスワン:ナビスコ杯予選6・2005.6.11...0-3 | Main | ナビスコ杯の組み合わせ決定 »