« 清水戦@エコパ:第18節・2005.7.23...1-0 | Main | 8~9月の遠征の予定 »

July 26, 2005

清水戦・道中記~エコパ

参戦記以外の珍道中記です。

[自宅→エコパ]

最寄り駅...12時台出発
 ↓
東京駅...12:43
 ↓
熱海駅...14:37
 ↓
愛野駅...16:55

…というスケジュール。早く着いても特にすることはないので(席に困ることもないし)。往復を鈍行で行くので体力温存という意味もあって観光は今回考えませんでした。

「静岡駅での乗り換えは座れない」ということを磐田戦の時に学習済みなので、なるべく乗り換えの少ないタイムスケジュールで組みました。案の定、静岡ではいっぱい乗り込んできて超満員。計算違いは熱海で乗った電車にトイレがなかったことでしょうか…。途中、2時間プラス2時間くらいのまとまった時間が取れたので、PCで暇をつぶすことに。さすがにそれだけ時間があればいろいろできますね。ちょっと原稿を書いたり(←それって仕事だよ(笑))。

途中、掛川駅の直前で「関東地方に大きな地震があって新幹線が止まっている」とのアナウンスが。ちょっとドキドキする。あとで予想以上に大きかったと知る…のにわたしは静岡にいる^^;のはなぜ。

[エコパ→温泉]

愛野駅...21:36
 ↓
袋井駅...21:39

(実際には5分遅れくらい)

温泉今回寄った温泉は、エコパ付近にも看板がある「遠州和(やわらぎ)の湯」。

@niftyでの口コミの情報も良いし、電車組にとっての難点はアクセスですかね。最寄り駅の袋井からも2.5kmとか、歩くには辛い距離。今日は勝って気分もいいし雨も降っていたし、ちょっと奮発して往復タクシーでした。行きは850円。帰りは深夜なので2割り増しの送迎料金で1050円。1台でシェアできるグループなら安上がりだったと思います。昼間なら送迎バスもあります。わたしが行ったときは試合終了後だったのでそれもなかったのですが、その分空いていたので相殺かな。17時以降だと1000円の入浴料が800円に割引なのも嬉しい。帰りのTaxiはフロントで頼むと呼んでくれました。これまたありがたい。5分くらいで来るとのこと。入館する際のフロントのお姉さんも、なんというかイイ感じで、わたしの姿格好を見て「スタンプ…はいりませんよね(苦笑)」という感じでした(きっとたくさんたまると何か特典があるんだろうけど)。

マイカー参戦と思しき、赤い仲間もちらほらいましたが、夜10時近いと近所の方は少ないようで、空いていて良かったです。閉館ギリギリまで1時間半くらい過ごせたなぁ。それでも夜遅い割に駐車場はいっぱい。昼間はさぞかし…と思います。

わたしは当然ここは初めてだったのでサウナ以外の一通りのお風呂につかりましたが、噂の源泉風呂が確かに良かったですねー。30分ぐらい漬かっても全然のぼせないくらいなので、半身浴ぐらいの感じで往路と参戦の疲れを癒しました。

また、手入れも行き届いていて、あのような露天もある施設にしてはすっごい清潔だったと思う。ボディタオルも自由に使えて、消毒済みのブラシも使える。入浴料以外に必要なのは身体を拭くタオルぐらいなのでは?

グラウエコパに来たときはまた行きたいと思うのですがやっぱり難点はアクセスか…次回、温泉まで送ってくださる人、激しく募集中<をい。あるいはTaxi代をシェアしてくださる方でも可。

でもホント、温泉はおすすめですよんv

営業は24時までですが、入館は23時まで。ゆっくり時間をとって入れるといいと思います。

あ、行方不明でそのまま退団しそうなグラウもいた(笑)。穴の位置が微妙に低いので実際に顔をはめて撮った人はほとんどいないと思われ。


[袋井→浜松]

袋井駅...0:02
 ↓
浜松駅...0:19

袋井駅で終電1本前の電車に乗れず、終電に乗ることに。まぁ、"ながら"の上りは浜松を1:14発なので間に合うのは間に合うんですが。

が、ここで思いがけないことが起こります。

30分後くらいにくるはずの電車を待っていたら一人のおっちゃんに「おねぇさん、学生さんかい?」と話しかけられ(…激しく違うよ^^;)、なんか穏やかに身の上話が始まって逃げるに逃げられず(^^;;;)、しょーがないんで話を聞いてあげていたら、浜松在住というおっちゃんと電車でも一緒に座る羽目になり、しかもなんか気に入られてしまい、浜松でも「ほら、浜松に来たんなら春華堂のうなぎパイ、買ってあげるから!」って…キオスクもやってないよ、おっちゃん…(笑)。「実家の住所教えてくれれば送ってあげる」とまでいわれた…。そして「時間まだあるからお茶をごちそうしてあげる」とデニーズに行き(ここは元々時間をつぶす候補地として事前にチェックしてあった…面識のない仲間たちもいたよ)、電車に乗り遅れないようにとハーブティーを頼み、20分くらいしかいられませんでしたから慌てて飲み下し…そこでおっちゃん、なんと万札をわたしに預けてそれで払えと。そしておつりを決して受け取ろうとはせず、って、あのーおつりは9000円以上あるですが(汗)。帰りにTaxiで駅まで乗っても残金から払わせようせず「明日の朝飯のお弁当を買え」と(いくらの弁当を買うんだよ(笑))。独身だと知れば「おねぇさん美人だから、きっといい人が見つかるよ」と保証までしてもらい(^^;)、今回の旅の目的をサッカーだと知れば、誰のファンかと聞かれたのでしょーがないから長谷部のファンだと答え「その長谷部くんとかをまた応援にくるときは連絡してくれよ、おじさん、うなぎ弁当もってスタジアムに駆けつけるから!」といった具合に妙になつかれてしまった(磐田ファンなのにいいのか?)…あは、あははは…(汗)。これって新手のナンパなのか?

危険な香りは全くなかったのですが、おっちゃん大声だし、いや、参りました^^;;;…こういう場合、悪意のかけらもないように見えるときの上手い断り方があったら教えて欲しいよ…。

しかし、今回に限らず、世界のどこに誰と行っても、わたしにだけよく声がかかります…なんでやろ(・・;)。どーも無害そうに見えるのか?(←顔が観音系)


[浜松→東京]
浜松駅...1:14
 ↓
東京駅...4:42

嵐のようなおっちゃんとの出会いをやり過ごしたあと、浜松駅で予定通りに無事"ながら"乗車。ホームにも赤い人がうろちょろしていました。面識のある仲間はいなかったのですが、心の中でお互いお疲れ様でした、と。そんな風に思ってみたり。

さて、ながらは10年前の大垣行きで乗った車両とは大違いですごく豪華だった(特急・東海と同じ車両?)。ネットで調べたとおり、アイマスクは絶対必要、エアー枕も必携という感じ。耳栓は今回はなくても平気でした。でもうるさい乗客がいることも考えられるので、かさばるものでもなし、持って行くと安心でしょうね。

途中2回くらい目が覚めましたが、まぁ3時間でそれくらいなら普通かな。行きにかかった4時間よりははるかに短く感じられました。これなら名古屋戦も往復ながらでいけそうかも。行きは到着してから少しだけ仮眠できるところを探して。帰りは日曜日に体力回復を図る感じでどうでしょう。


[備忘メモ]

定価:4310円×2(愛野・浜松間は途中下車で)+510円(ながら指定)=9130円
今回の計算:2300円×2+510円=5110円
(4020円節約)

今回は往復18きっぷだったので、1枚あたり2300円以上かかるところで使いたいところ。その分が安上がりになりました。

|

« 清水戦@エコパ:第18節・2005.7.23...1-0 | Main | 8~9月の遠征の予定 »

Comments

>naka0419さま

台風、恐れていたほどは降らなかったようです。というか「強制終了命令」をいいことに早めに仕事をあげて、遊び歩いてたのは内緒(笑)<遠征の準備とかサッカー誌の立ち読みとかですが(^^ゞ

>もてる女性はええのう(謎

おじー(66歳とか言っていた)にモテモテv…ってちっともいくないですよ…(こうしてストライクゾーンには振り向かれない罠...orz)。

和の湯は良かったですよv次回は是非寄れるといいですね。

「ながら」はコミケでもあるんですか?愛知万博?まさか仲間か?(笑)…確かに「東京→名古屋」だと普通席はおろか、コンパートメントまで喫煙しか残っていませんでした…びくりつ…10時に処理してもらったのに…臨時もなくなっているから?まぁでも慌てずに区間を指定し直せばなんてことはないんですけどね、所詮「ながら」ですから(サンライズ瀬戸とかと違って)。


>maoさま

こんにちは♪
…maoさんも清水のおぢさんの洗礼を浴びてましたか(^^;)わたしは浜松でしたが。ガテンな方だったので同一人物ではないでしょうね…ということは静岡の文化なのか?…(トラックの運ちゃんとかで、妙に東京とか横浜の道にも詳しかったです…)

と…数多?いる赤い静岡出身の選手たちも40~50年後はあーなのかとこっそり思っていたりします(^^;)。いや、フレンドリーなのはいいんですけどね<こっちも人見知りしないで会話できるクチ。

でも「電話したらホントにうなぎ弁当を持ってスタにくる」可能性が高いです…。これで藤枝東出身の長谷部の名前も覚えてもらった?し、まぁ良しとしよう…。

Posted by: Samemoon! | July 26, 2005 at 23:54

お疲れ様でした~。
清水のおじさんってみんなそんななののでしょうか?
私も一昨年の大阪( http://boohoo.blog11.fc2.com/blog-entry-5.html
 )で、清水駅で話しかけられました。
うーん、これは郷土色なのかなー?と。
確かに去年の清水でも私は街の人の人なつっこさに驚きましたし。
…お店の人が自ら「これ今の時期はまずいからこっちにしな」って自分の店の商品を言うなんて!とか(笑)。

Posted by: mao | July 26, 2005 at 22:07

台風を前に少し穏やかでない午後でございます。

もてる女性はええのう(謎

>遠州和(やわらぎ)の湯
最初ここに行く予定でしたが停めた駐車場が
逆方向だったので
断念。それが朝までドライブのスタートでした。

8/26東京発の「ながら」は相当な争奪戦だったようで・・・。

Posted by: naka0419 | July 26, 2005 at 14:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59025/5154426

Listed below are links to weblogs that reference 清水戦・道中記~エコパ:

« 清水戦@エコパ:第18節・2005.7.23...1-0 | Main | 8~9月の遠征の予定 »