« 鯱の国への道中記2005 | Main | いざ、千葉をむかえうたん »

August 29, 2005

鯱戦@瑞穂:第21節・2005.8.27...2-0

試合終了後のご挨拶はCurva…で一旦帰りかけ…終わるのかと思えば、バック→メインと3か所でご挨拶(朝井さんのいんたびうを終えた闘莉王はバック→Curva→メイン;啓太は足を痛めたのか、Curva前だけで引っ込んでしまいました…大丈夫?)

交代したトミーもロビーもきちんと回ってくれましたvvトミーは足に氷を巻いて、靴は手に持っての靴下で歩いてますた(笑)。早めに交代して裏に引っ込んで、しかもシャツを着替えた永井はいなかった…かな…。

ロビーのちょいと練習が必要な新しい応援歌も出たし、それは試合前にCurvaから起こったそれで練習したのですが、でも現場でトミーの歌かロビーの歌かよくわかっていませんでした…状況的にロビーかな~と思いつつ^^ゞ(<帰宅して某HPでロビーと確認)。

もーいっこの拍手がある奴「○ォ○(パンパンパン)」はトミーの歌なの?と思ったら浦議のQ&Aによればそれもロビーのらしい。うわぁ2曲もあるんだ~v。とにかくその2人の補強の効果が、如実に見られたのがよかったです。トミーも名前をよんだだけであれだけ喜んでくれるならいくらでも歌いますわん(笑)。トミーは1点目に詰めていったのとか、縦横無尽に駆け回っていたのとか、前に後ろにプレッシャー駆けまくりの奮闘ぶりがよかったです。

ちなみに、「ロぉぉぉ・ビ・パンパンパン」は、スカパー!で見た人なら試合後に流れているそれ。音階でいうとラとファ#な感じです(笑)。割り振りは1小節4/4拍子としたらロを2拍のばし、ビ・パン・パン・パンを♪(8分音符)でやる感じなのですぐ覚えられるかと思われ。一方難しい方は…紙上採録が難しい^^;;

---------

さて、1点目は入った瞬間は何が起こったのかよくわからなかったです^^;。ただ、うちの選手たちが喜んでいて、闘莉王がものすごい勢いでギドの方に駆け寄っていたので闘莉王かな?と。自宅で映像を見たらロビーのキックが尋常じゃない!!わけなんですが、それをトラップなしでボレーしてほぼ枠内にとらえられた闘莉王もすごいでつ。しかもトミーが詰める一方で、名古屋の選手たちがぼーっとしているのはなぜ!?(笑)

2点目もゴールとすぐにわかった点で1点目よりはましでしたが、やはりあの傾斜のないスタジアムで完全に向こう岸だったのでよくわからず…オーロラビジョンもなく(;;)…トミーと知って大喜びしたものの。PKもよくわからなかったですが、イエローを与えたプレー自体が微妙な感じだったので^^;…心配だったのはそれを止められることによって向こうが息を吹き返しかねないのでは?ということくらい。2対0という試合展開は怖いですから。まぁでも後半になったらなぜか藤田とクライトンが引っ込んだので「???」でした。確かに交代で出てきた本田のプレーは怖かったけれど…。

後半は名古屋ゴール寄りに風が吹いていて、都築が蹴るボールを次触るのが楢崎ということもしばしば。名古屋向きに吹いていたのは悪い気がしなかったです。

堀之内はもぅ手放しでえーなー、えーなーと(完全に安心しまくりの萌えまくり(笑))。アップ中にユニバ組3人が写っていたのでageておきます。なにげに向こうで家族が営業ちう。愛嬌振りまいています。

闘莉王はシュートしてヨシ、守ってヨシでしたが、HTのイエローは余計だな…。なにか蹴飛ばしたのは見えたので「ひゃーー(汗)」と思ったのですが、帰宅して確認したらやっぱりカードもらってますた…阿呆。

都築のお祈りはいつも通り、忘れずにやってくれたです。お手々と頭で祈って、足でちょこちょこ蹴るいつものそれ。足の回数は写真撮りながらなのでいつもよくわからないです。しかも今回は前半は旗竿が入っているし^^;、後半の写真はちょいピンぼけですが、それしか撮れなかったのですがいちおうage。

そして!!おかえり達也♪(^-^)試合の感覚を呼びさまして市原戦に備えるのか?程度の軽い出場でしたが、試合前、先発組から遅れるようにして控えがアップを始めたとき、達也の姿を発見したCurvaの方から「レエー オオー」のチャントが流れました。そして達也もきちんとそれに応えて手を振ってくれましたvv

あと、これはホームではあまりないことですが、試合前とか試合中でも、チャントの合間などのふとした静寂、選手の声が聞こえることがあって、それが楽しみだったり。

朝井さん、HTに見かけた姿格好でそれとわかったんですが「何でいるんだろう」と思ったら今日はレポーターだったんですね(^-^)

帰京してニッカン式を見たら名古屋のボールの支配率が57%とあるのにびっくりした。それくらい実質的な球の支配はうちが勝っている印象だったので。なんか、球をとられることはあったんだけど、向こうの攻めが単調な印象があり、漂う空気としてはほとんど危なげなかったんじゃないだろうか…。うちもシュート9本で決してイケイケではなく、しぶとく勝っているなぁといえばいいのか。

----------

そーだ、冒頭の写真、試合終了後のご挨拶、靴下おろしてシャツを外に出している何人かの姿に軽く萌えてもイイですか<まるで女子高生みたい(笑)

前回の瑞穂はナビ準決勝で、いろいろな意味(内容も写真もツアーも)でわたし的には去年の五指に入る試合だったのですが、今回は写真はあまり期待できなさげ(←夜の試合&スタの照明がいまいち)だったのですが、やっぱり、載せる写真に困りますた(涙)

しかも珍しくアウェイ恒例の席つめに応じてしまった^^;;ので前から5列目とかに陣取ったらおっきな旗の真後ろで…写真に旗写りまくり(笑)。でも今回は何となくそんな気分で強制されることなく寄っていったので、それはそれで満足でした、はい(^-^)…大声は出せませんし、跳ねもできませんが、それでも手拍子と立ちっぱで、わたしにしては戦闘モードMaxに近い感じです。ホームではCurva方面から遠く離れているので…^^ゞ

試合終了後、スタジアムが盛り上がった瞬間vv

帰宅後に結果だけ見て岡田主審が吉田さんに降臨?と鹿系ブログをこそーり巡回したんですが、今回は特に吉田さんが暴れたというよりは「岩政、いい加減にしろや」という感じの流れだったみたい?

あぁ、鹿戦はだれが吹くんだろう(不安)

うちが大宮、柏と落としたように、今きっと鹿島が弱っているということなんだろう…。とはいえおそらく地力はあるのだろうから、ここで叩いておかないとね。

かくも通年で闘うということはムツカシイ。

向こうは1週間の休みがあって気が抜けているかも知れませんが、うちは休む暇なく中3日→中2日、スピードを緩めることなく、エンジン全開で参りましょうや。

それから、東京Vにはこの勢いで次節もナイスアシストをよろしく(はぁと)。

■ゴミ拾い■

今日はバスツアーではなく、のぞみに走る必要もなく、0時近くに名古屋を出発する"ながら"で帰るので十分ゴミ拾いをしてから帰りました(ビニル袋4個分ほど)。暑い夏の日、アウェイのゴール裏はロングベンチで区切りもなく、椅子の下の隙間もない座席で、もちろんカップフォルダーもないのが幸いしてか、ペットボトルの捨て置きが比較的少なかったです(比較対象:埼スタ^^;)。中身入りのペットも少なかったし。それでもアイスクリームの空き容器とか、お弁当の空き箱とか。全く、置いて帰る人の頭ん中がわからんねぇ。

えーっと、それから試合前に席詰めするのはイイですが、いくら無料だからって席詰めの際、MDPとハズレくじとうちわを放置して移動しないように!(-_-#)一人一人が捨て置かなければわざわざ拾い歩かなくても済むのになぁ…。あぁ恥ずかしいっす。綺麗にして帰りませう。

…そういえば入場時に手荷物検査がなかった…なんでだ?


■向こうさま■

向こうの海外のDJ風アナウンスでさかんに「名古屋が8勝20敗で勝ち越し」云々を聞かされましたが、お互い降格がないという前提だと…最も単純な計算で6年もかかるのか、先輩が残した遺産の借金返済は!

ということは…あと6年も聞かされるの?(笑)

アーレー アーレー 俺達の名古屋
おそれることないさ さあ前を向いていこう

のフレーズが頭の中をぐりゅんぐりゅん(笑)。それしか聞こえなかったわけではないけど(同音異字のケータこーるもあったし^m^)。帰京後、名古屋的にあの試合はどうだったんだろうと思ってそれ系のブログを徘徊したのですが

・試合前になんか新曲があったらしいがうちの声にかき消されたと凹んでいる(←当然こっちにゃ聞こえない)。
・グラ一家による毒抜きはホームに対してのみ有効だったらしい(←トコトコ人形がぎょうさん当っとる)
・というか、アウェイ席にはほとんど来なかった(バックの境あたりまで)
・グラ一家がそろい踏みだったのは久しぶりだったらしい
・HTにも営業していた

うーん、相変わらず"きゅぅーとv"で罪作りな存在ね(はぁと)

さて。元セレソンがどーのとか、よそさまのお家事情はまぁよいのですが、横取りした藤田選手があまり生き生きとしていなくて、なにより選手が可哀想だった。うちとの試合も終わったことですし、飼い殺ししないよう、上手く使ったってください。しかし…豊富な資金にモノをいわせているにしては…あぁ勿体ない…。全体的に何をしたいのかよくわからない試合展開だった。

■おまけ■

それではポンデリング企画のむこうを張って、トミーがゴールを決めるたびにクロアチア料理を食べ……

って無理無理!(笑)

でも京橋にあるクロアチア料理のレストランはウマーです。予算的にもそんなに高くないです。そのわりにお店全体のおもてなしも優雅で、こぢんまりとした規模も手伝ってか、ゆっくりディナーをいただけます。

ちなみにW杯2002がきっかけでできたお店なので、そのとき来日したクロアチアのナショナルチームのサイン入りボールが飾られていたりv

以前、ランチとディナー含めて1ヶ月に1回くらい通っていたら店長さんに帰り際「いつもありがとうございます」といわれて「うひゃー(汗)」となって以来あまり行っていませんが(^^;)、近いうちにまた行こうっと。そういえばトミーが来てから行ってないや…。

ランチをセットにすると1600円とかでちょっと高めですが、でもディナーで食べるよりお得感があるし、なによりセットで来るパテが激ウマで(〃▽〃)。はじめていったときはそれが衝撃的で、バカみたいにパテとパンを食べていたら(パンはお代り可)、サラダとメインと、デザートはお皿に3種類がどーんと乗っていて、そのボリュームに倒れそうになりました(意地で完食)。が、2回目以降は前菜が軽くなりました(サラダがなくなったのかな…)、あぁよかった(笑)。

ランチで行かれる場合はお昼休みを十分とれる日か、仕事が忙しくないときに行ってみてください。でないと労働意欲を無くします(笑)

[クロアチア料理レストラン]
ドブロ

|

« 鯱の国への道中記2005 | Main | いざ、千葉をむかえうたん »

Comments

レスが遅くなりましてすみません。

★redchantさま

いえいえ、機会がありましたら行かれてみてください。
…わたしもトミーの回復を願って行ってこないとなー(←行く理由は何でもイイのかお前)
でもミルコ並み?の顔面の強さなのか、骨折にもかかわらず歩いて帰ったトミーにはびっくりです…心配ですね…;;

★naka0419さま

インド人のnaka0419さんこんにちわー(^m^)
カレーは国による違いとかもそれぞれ面白いですよねー。わたしはココナツの入ったタイカレーが結構好きで以前派遣で働いていた会社のそばにあったテイクアウトのお弁当をよく食べていました。

クロアチア料理は立地がちょーっと奥まっているので(知らないとあまり通らない通り)、初めは新聞でも紹介された割にあまりお客さんがいなくて、少ししたら閉店しちゃうんじゃないかと心配でしたが、気がついたらランチはそこそこ盛況でほっとしているところです。

ランチでお気に召したらディナーも行かれてみてください。構造上、半地下っぽいお店なので窓はないのですが、内装もランプの明かりもむーでぃーで、馬鹿話をするお仲間よりはむしろ"おでぃつ"用…(以下略)

Posted by: Samemoon! | September 01, 2005 15:54

クロアチア料理のご説明ありがとうございます。

今日の夜はクロアチア料理、ってわけにはいかないので
浦和東口のMOGMOGでチキンカレーを食す予定です。
きっと見つかったらまた食べてるとか言われても

実は自分インド人なんで(笑)

Posted by: naka0419 | August 31, 2005 17:15

samemoon!さん、クロアチア料理詳しく解説くださってありがとうございます。
やっぱり ( ´ρ`)ウマソー

クロアチア料理食べてミルコ目指します(トミーじゃないんかい!

Posted by: redchant | August 31, 2005 14:01

…えーっとココはいちおう浦和系の赤いブログだったはずですが(笑)

★redchantさま

こんにちわ~。
いや、現地ではロビーのありえない曲がり方のセンタリングも、闘莉王のボレーも、それと見えてませんから(汗)
次参戦するときにはそのたまったエネルギーの放電をがっつりお願いします(ぺこり)
わたしも大分戦のあと2試合は現地に行かれませんので、一生懸命!念を送ることにします…南半球から(遠い目)

確かにおいしそうなエントリー、増えましたよねー(<荷担してる?(^^;))せっかくアウェイに行くんだから、ウマーなものか温泉でも…と思うのが小市民です(笑)

クロアチア料理は…現地に行ったことがないのですが大使館肝いりのはずなのできっとそれほど違ってはいないかと思われます。印象としてはオリーブオイルベースのパスタがあるところはイタリアンちっくなんですが(トマト系もクリーム系もあり)、豆のスープとか煮込みが旨いところとか、すっぱ系のキャベツとか東欧系の香りもそこはかとなく漂い、総じて魚貝類好きの日本人の口には合うんではないかと思われます。が、書いていたら数年前に行ったルーマニアの料理の記憶とごっちゃになってきますた(汗)。そういえばあんまりバターでこってりということもないような。デザートも甘すぎず。ただ、わたしが絶賛している自家製パンとパテは好き嫌いが分かれるかも知れません。パンは堅めで、パテとの相性はいいですが、チーズがサワークリーム系だったように思うので、それが苦手な人は×でしょう。あ、わたしはくさい青カビ系のチーズ、大好きですから(笑)

★naka0419さま

矢場とん、おいしかったです。しかも冷めてもおいしいのはお肉もごはんも実力がある証拠ですよね^^…おかげさまで夕食難民になることもなく、ウマーなカツをいただけました。感謝。

トルコ人が世界一と思うそれは実はあまり食べたことがないので今度仲のいい友@九州在住が上京の折にでもまた行きたいですねー(←アラビアづいていて留学経験もありの友)

クロアチア料理は上に書いた感じなので、食べ歩きがお好きなら1度お試しアレ。万人受けするかはわかりませんが、わたしは好きです(^-^)

★ちよさま

くだんのクロアチア料理レストランはちょっと1本入った奥まったところにあるのですが、メインストリートに立っている看板はやはりクロアチアちっくに赤と白の格子模様が(笑)。

クロアチア関係のサイトを見たりするとトミーの名前があったりして、なんかちょっとだけその国が身近に感じられるのがイイですよね。
http://homepage2.nifty.com/hrvgo/
クロアチアはそれこそレストランにある写真とか展示会で目にしたパンフで美しい国だなぁと思った国なので、いつか行ってみたい国の一つです。

ちなみに、行ってみたい国のベスト5は
1.ブータン
2.トルコ
3.クロアチア
4.ロシア
5.チェコ
となっております<どういう趣味や(笑)

そうなんです、赤鯱さんことグララちゃん?…の背中はキューティーハニーも真っ青な"はぁと"(〃▽〃)なんですよ。それは萌えますわ(^^;)ぬいぐるみよりも何よりも着ぐるみが一番かわいいというところ、アウェイ限定(<当然)のあたり、三等身に丸っこいシルエット、しかも緩やかなカーブを描いた腰つき(<を)、等々、萌え要素の詰まったグラ一家に栄光あれ(着ぐるみ対決をさせたら不戦敗で白旗に決まってます)

明日…ん?また一緒に帰りますか?(笑)

Posted by: Samemoon! | August 31, 2005 01:29

Samemoon!さん、こんにちは~。
クロアチアと聞くと、ミルコ・クロコップを思い出す私って…。
クロアチア代表のユニもなぜか昔から好きでした。
ところで赤鯱さんのおしりって はぁと なんですね(^。^)
では、あした駒場で!(駒場で、なに?)

Posted by: ちよ | August 30, 2005 17:49

おつかれさまーでしたー。
矢場とんはテイクアウトでもおいしいっす。
名古屋で降車しても食べる価値ありです。

なお、銀座にも矢場とんがあるんですが
味はエスカ>>銀座です。

クロアチア料理っすか、はつみみっす。
どんなのだろう?今度なんかの機会に試します。

トルコ料理は会社の近所にアルパイ行きつけだった
ところがあります。かなりウマーですた。
国立近所のシュラスコやさんは昔エメがよく来てたそうです。

Posted by: naka0419 | August 30, 2005 13:25

おつかれさまでした。
私はというと負け組です。
たとえ見えにくかったとしても、闘莉王のミラクルボレーとトミーさんのJ初ゴール、そして瑞穂で勝点3を奪ったレッズをみれなかったのは負け犬だ、負け犬ですよ。ええ負け犬ですよ。
なんていじけてみました。
でも、なにより羨ましいのがみなさんおいしそうなエントリをUPしてくれてて( ´ρ`)ウマソー

はたしてクロアチア料理とはどんなもんなのか?
エントリ読ませていただく限り
( ´ρ`)ウマソー
て思うばかりです。
なんか特徴があるんですか?

Posted by: redchant | August 30, 2005 01:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鯱戦@瑞穂:第21節・2005.8.27...2-0:

« 鯱の国への道中記2005 | Main | いざ、千葉をむかえうたん »