« July 2005 | Main | September 2005 »

August 31, 2005

明日以降に引きずらないため

とりあえず模様替えします。

しばらくころころ変わっていますがあしからず。

さーて…あとは鹿島戦に向かう前に、厄落としで髪でも切りに行くか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いざ、千葉をむかえうたん

はい、このエントリーを目にした参戦予定の方は、チケットの確認を。なにはなくともチケットです。あとはたいていのことは金でどうにかなります。チケの現地調達も手を尽くせば不可能ではない気がしますが、でもその労力はチケを忘れなければ必要がないモノですから。

そのときもてる力はすべて前後半の90分に。


今年は準決勝もホーム&アウェイ方式なので、選手もサポもなかなか大変ですね(←他人事じゃないぞ(笑))。

つまり、2004年の忘れ物その1を取り戻すための舞台へのきっぷは2枚1組です。たとえ第1戦を10対0で勝とうとも、第2戦を0対11で負けてしまえばThe End。しかもなぜか第1戦と第2戦で1ヶ月以上の空白期間があるということは、極端な話、その間で全く別のチームになってしまうかも知れないということ。

水曜の19時に駒場集合はそれはなかなかハードです。でもきっと臨海に行くよりはハードルが低いのでしょう。しかも勝ち上がってきたのが磐田でなかったのが幸いというか、水曜の19時に磐田だったとしたら…ってそりゃ何回も無理ゆーな(笑)って話で。

もちろん行かれない方は可能な限り思いを駒場に向けていただけたら、あとは現地組が後押しできる…はず!

参戦組のかたは雨の準備もぬかりなく。雨にはめっぽう強い…というほどの勝率でもないですが、初タイトルを決めた日も雨でしたから、それほど悪い気分はしないモノで。むしろ心配なのは笛吹男の面子^^;;

相手は知将・オシム監督率いる千葉。相手にとって不足無し。

とにかく目の前にあるホームでの第1戦におごることなく臨み、勝ち点3をとって臨海に向かいませう(^0~)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2005

鯱戦@瑞穂:第21節・2005.8.27...2-0

試合終了後のご挨拶はCurva…で一旦帰りかけ…終わるのかと思えば、バック→メインと3か所でご挨拶(朝井さんのいんたびうを終えた闘莉王はバック→Curva→メイン;啓太は足を痛めたのか、Curva前だけで引っ込んでしまいました…大丈夫?)

交代したトミーもロビーもきちんと回ってくれましたvvトミーは足に氷を巻いて、靴は手に持っての靴下で歩いてますた(笑)。早めに交代して裏に引っ込んで、しかもシャツを着替えた永井はいなかった…かな…。

ロビーのちょいと練習が必要な新しい応援歌も出たし、それは試合前にCurvaから起こったそれで練習したのですが、でも現場でトミーの歌かロビーの歌かよくわかっていませんでした…状況的にロビーかな~と思いつつ^^ゞ(<帰宅して某HPでロビーと確認)。

もーいっこの拍手がある奴「○ォ○(パンパンパン)」はトミーの歌なの?と思ったら浦議のQ&Aによればそれもロビーのらしい。うわぁ2曲もあるんだ~v。とにかくその2人の補強の効果が、如実に見られたのがよかったです。トミーも名前をよんだだけであれだけ喜んでくれるならいくらでも歌いますわん(笑)。トミーは1点目に詰めていったのとか、縦横無尽に駆け回っていたのとか、前に後ろにプレッシャー駆けまくりの奮闘ぶりがよかったです。

ちなみに、「ロぉぉぉ・ビ・パンパンパン」は、スカパー!で見た人なら試合後に流れているそれ。音階でいうとラとファ#な感じです(笑)。割り振りは1小節4/4拍子としたらロを2拍のばし、ビ・パン・パン・パンを♪(8分音符)でやる感じなのですぐ覚えられるかと思われ。一方難しい方は…紙上採録が難しい^^;;

---------

さて、1点目は入った瞬間は何が起こったのかよくわからなかったです^^;。ただ、うちの選手たちが喜んでいて、闘莉王がものすごい勢いでギドの方に駆け寄っていたので闘莉王かな?と。自宅で映像を見たらロビーのキックが尋常じゃない!!わけなんですが、それをトラップなしでボレーしてほぼ枠内にとらえられた闘莉王もすごいでつ。しかもトミーが詰める一方で、名古屋の選手たちがぼーっとしているのはなぜ!?(笑)

2点目もゴールとすぐにわかった点で1点目よりはましでしたが、やはりあの傾斜のないスタジアムで完全に向こう岸だったのでよくわからず…オーロラビジョンもなく(;;)…トミーと知って大喜びしたものの。PKもよくわからなかったですが、イエローを与えたプレー自体が微妙な感じだったので^^;…心配だったのはそれを止められることによって向こうが息を吹き返しかねないのでは?ということくらい。2対0という試合展開は怖いですから。まぁでも後半になったらなぜか藤田とクライトンが引っ込んだので「???」でした。確かに交代で出てきた本田のプレーは怖かったけれど…。

後半は名古屋ゴール寄りに風が吹いていて、都築が蹴るボールを次触るのが楢崎ということもしばしば。名古屋向きに吹いていたのは悪い気がしなかったです。

堀之内はもぅ手放しでえーなー、えーなーと(完全に安心しまくりの萌えまくり(笑))。アップ中にユニバ組3人が写っていたのでageておきます。なにげに向こうで家族が営業ちう。愛嬌振りまいています。

闘莉王はシュートしてヨシ、守ってヨシでしたが、HTのイエローは余計だな…。なにか蹴飛ばしたのは見えたので「ひゃーー(汗)」と思ったのですが、帰宅して確認したらやっぱりカードもらってますた…阿呆。

都築のお祈りはいつも通り、忘れずにやってくれたです。お手々と頭で祈って、足でちょこちょこ蹴るいつものそれ。足の回数は写真撮りながらなのでいつもよくわからないです。しかも今回は前半は旗竿が入っているし^^;、後半の写真はちょいピンぼけですが、それしか撮れなかったのですがいちおうage。

そして!!おかえり達也♪(^-^)試合の感覚を呼びさまして市原戦に備えるのか?程度の軽い出場でしたが、試合前、先発組から遅れるようにして控えがアップを始めたとき、達也の姿を発見したCurvaの方から「レエー オオー」のチャントが流れました。そして達也もきちんとそれに応えて手を振ってくれましたvv

あと、これはホームではあまりないことですが、試合前とか試合中でも、チャントの合間などのふとした静寂、選手の声が聞こえることがあって、それが楽しみだったり。

朝井さん、HTに見かけた姿格好でそれとわかったんですが「何でいるんだろう」と思ったら今日はレポーターだったんですね(^-^)

帰京してニッカン式を見たら名古屋のボールの支配率が57%とあるのにびっくりした。それくらい実質的な球の支配はうちが勝っている印象だったので。なんか、球をとられることはあったんだけど、向こうの攻めが単調な印象があり、漂う空気としてはほとんど危なげなかったんじゃないだろうか…。うちもシュート9本で決してイケイケではなく、しぶとく勝っているなぁといえばいいのか。

----------

そーだ、冒頭の写真、試合終了後のご挨拶、靴下おろしてシャツを外に出している何人かの姿に軽く萌えてもイイですか<まるで女子高生みたい(笑)

前回の瑞穂はナビ準決勝で、いろいろな意味(内容も写真もツアーも)でわたし的には去年の五指に入る試合だったのですが、今回は写真はあまり期待できなさげ(←夜の試合&スタの照明がいまいち)だったのですが、やっぱり、載せる写真に困りますた(涙)

しかも珍しくアウェイ恒例の席つめに応じてしまった^^;;ので前から5列目とかに陣取ったらおっきな旗の真後ろで…写真に旗写りまくり(笑)。でも今回は何となくそんな気分で強制されることなく寄っていったので、それはそれで満足でした、はい(^-^)…大声は出せませんし、跳ねもできませんが、それでも手拍子と立ちっぱで、わたしにしては戦闘モードMaxに近い感じです。ホームではCurva方面から遠く離れているので…^^ゞ

試合終了後、スタジアムが盛り上がった瞬間vv

帰宅後に結果だけ見て岡田主審が吉田さんに降臨?と鹿系ブログをこそーり巡回したんですが、今回は特に吉田さんが暴れたというよりは「岩政、いい加減にしろや」という感じの流れだったみたい?

あぁ、鹿戦はだれが吹くんだろう(不安)

うちが大宮、柏と落としたように、今きっと鹿島が弱っているということなんだろう…。とはいえおそらく地力はあるのだろうから、ここで叩いておかないとね。

かくも通年で闘うということはムツカシイ。

向こうは1週間の休みがあって気が抜けているかも知れませんが、うちは休む暇なく中3日→中2日、スピードを緩めることなく、エンジン全開で参りましょうや。

それから、東京Vにはこの勢いで次節もナイスアシストをよろしく(はぁと)。

■ゴミ拾い■

今日はバスツアーではなく、のぞみに走る必要もなく、0時近くに名古屋を出発する"ながら"で帰るので十分ゴミ拾いをしてから帰りました(ビニル袋4個分ほど)。暑い夏の日、アウェイのゴール裏はロングベンチで区切りもなく、椅子の下の隙間もない座席で、もちろんカップフォルダーもないのが幸いしてか、ペットボトルの捨て置きが比較的少なかったです(比較対象:埼スタ^^;)。中身入りのペットも少なかったし。それでもアイスクリームの空き容器とか、お弁当の空き箱とか。全く、置いて帰る人の頭ん中がわからんねぇ。

えーっと、それから試合前に席詰めするのはイイですが、いくら無料だからって席詰めの際、MDPとハズレくじとうちわを放置して移動しないように!(-_-#)一人一人が捨て置かなければわざわざ拾い歩かなくても済むのになぁ…。あぁ恥ずかしいっす。綺麗にして帰りませう。

…そういえば入場時に手荷物検査がなかった…なんでだ?


■向こうさま■

向こうの海外のDJ風アナウンスでさかんに「名古屋が8勝20敗で勝ち越し」云々を聞かされましたが、お互い降格がないという前提だと…最も単純な計算で6年もかかるのか、先輩が残した遺産の借金返済は!

ということは…あと6年も聞かされるの?(笑)

アーレー アーレー 俺達の名古屋
おそれることないさ さあ前を向いていこう

のフレーズが頭の中をぐりゅんぐりゅん(笑)。それしか聞こえなかったわけではないけど(同音異字のケータこーるもあったし^m^)。帰京後、名古屋的にあの試合はどうだったんだろうと思ってそれ系のブログを徘徊したのですが

・試合前になんか新曲があったらしいがうちの声にかき消されたと凹んでいる(←当然こっちにゃ聞こえない)。
・グラ一家による毒抜きはホームに対してのみ有効だったらしい(←トコトコ人形がぎょうさん当っとる)
・というか、アウェイ席にはほとんど来なかった(バックの境あたりまで)
・グラ一家がそろい踏みだったのは久しぶりだったらしい
・HTにも営業していた

うーん、相変わらず"きゅぅーとv"で罪作りな存在ね(はぁと)

さて。元セレソンがどーのとか、よそさまのお家事情はまぁよいのですが、横取りした藤田選手があまり生き生きとしていなくて、なにより選手が可哀想だった。うちとの試合も終わったことですし、飼い殺ししないよう、上手く使ったってください。しかし…豊富な資金にモノをいわせているにしては…あぁ勿体ない…。全体的に何をしたいのかよくわからない試合展開だった。

■おまけ■

それではポンデリング企画のむこうを張って、トミーがゴールを決めるたびにクロアチア料理を食べ……

って無理無理!(笑)

でも京橋にあるクロアチア料理のレストランはウマーです。予算的にもそんなに高くないです。そのわりにお店全体のおもてなしも優雅で、こぢんまりとした規模も手伝ってか、ゆっくりディナーをいただけます。

ちなみにW杯2002がきっかけでできたお店なので、そのとき来日したクロアチアのナショナルチームのサイン入りボールが飾られていたりv

以前、ランチとディナー含めて1ヶ月に1回くらい通っていたら店長さんに帰り際「いつもありがとうございます」といわれて「うひゃー(汗)」となって以来あまり行っていませんが(^^;)、近いうちにまた行こうっと。そういえばトミーが来てから行ってないや…。

ランチをセットにすると1600円とかでちょっと高めですが、でもディナーで食べるよりお得感があるし、なによりセットで来るパテが激ウマで(〃▽〃)。はじめていったときはそれが衝撃的で、バカみたいにパテとパンを食べていたら(パンはお代り可)、サラダとメインと、デザートはお皿に3種類がどーんと乗っていて、そのボリュームに倒れそうになりました(意地で完食)。が、2回目以降は前菜が軽くなりました(サラダがなくなったのかな…)、あぁよかった(笑)。

ランチで行かれる場合はお昼休みを十分とれる日か、仕事が忙しくないときに行ってみてください。でないと労働意欲を無くします(笑)

[クロアチア料理レストラン]
ドブロ

| | Comments (7) | TrackBack (0)

鯱の国への道中記2005

まずは、アウェイ恒例の道中記です。今回は温泉は無しで、食い道楽に走りました(はぁと)。


■往路■

普通or快速電車を乗り継いで約6時間ののんびり旅行です。"ながら"に乗れなかった時点で万博会場の入り口くらい拝んでこようかという望みは断念。

07:40 東京
 ↓
09:30 熱海

朝は寝不足だったので、どうにかエクレアをお腹の中へ。うとうと…うとうと……としていたら熱海に着いた(笑)。隣のコンパートメントにいたぶちゃこさんとオトコノコのかぷーる1組はぶちゃこさんの声が妙に響いて眠りをそぐこと^^;


09:39 熱海
 ↓
12:45 豊橋

ここで1つ誤算が。熱海から豊橋へ向かう途中、うとうと…としていたら静岡で後ろ3両が切り離されることを静岡駅到着直前のアナウンスで知る…そんなこと知らないで熱海の時点で最後尾に乗ったがな…orz。幸い静岡の次の駅で降りるおばちゃんの席に首尾良く座れたのですが、そうでもなきゃ目も当てられないところ。

[教訓]
切り離しのことを念頭に置くべし。

12:56 豊橋
 ↓
13:42 名古屋

ここは順調に新快速でとばします。うとうと…としていればやっぱりすぐに着きますね。


■食い道楽1■
名古屋名物・味噌煮込みうどん

14:10ごろ 「山本屋本店」エスカ店

10年くらい前に名古屋で開かれた学会で教授に連れられて以来、名古屋に行くたびに寄るお店。今回で4回目か?

普通の味噌煮込みうどんは\1260だったと思いますが、2年に1回来るかどうかという名古屋、ここでケチってもしょうがないので「名古屋コーチン入りの味噌煮込みうどん」(ご飯なしの単品)\2205(税込)をいただく。

注文するとお漬け物とお茶が運ばれてくる。きゅうりと白菜と薄切りのタマネギ。生姜が添えられている。ウマー。

お漬け物とごはん(今回わたしは頼んでいないですが)はお代わり自由。でも特に言わないでも「お代りいかがですか?」とお盆に一杯のお漬け物を持ってテーブルの間をまわってきてくれるので助かる。味噌煮込みでちょっと疲れた舌をさっぱりしたお漬け物でリフレッシュすると食が進みまふ。

ゆっくり1時間くらいかけてごちそうさまですた。すでに豊橋の時点で外が暑かったのでどうかな…と思っていましたが、実際は6時間の移動で身体がいい感じで冷えていたので(汗)、ちょうど良かったようです(^-^)

食べる前には温かいおしぼり、食べている最中に冷たい水を運んできてくれて、食べ終わったあとには新しく冷たいおしぼりとお茶を持ってきてくれる。やっぱりまた名古屋に行くたびに行ってしまいそう^^…いつも混んでいるので少なくとも13時とか14時くらいにピークをはずして行くことが多いです。

ちなみに、入ったときに隣にいた人はきっと同志(笑)


■食い道楽2■
名古屋名物・味噌カツ

15:20ごろ下見 「矢場とん」(16:10ごろ再訪)

さすがにまだお腹いっぱいで食べる気はさらさらないのですが(笑)、naka0419さんおすすめの味噌カツを目当てに、うどんを食べたお店と同じ地下街にあるお店へてくてく。テイクアウトのお弁当があることはcheck済みなので、一旦下見をしてから再度お店に戻り、今日の夕食用にひれとんかつ弁当\1575(税込)を注文。中で食べていた人や、同様にテイクアウトしようとしていた仲間を発見(笑)。

結局スタジアムではまだお腹がすかず、食べたのは22時過ぎ(^^;)


■食い道楽3■
名古屋 伊勢名物・赤福

16:00ごろ 「赤福」

三越内の売店で2個入りを購入。220円也(税込)。3個入り(280円)にしようか迷うが「おいしいものは少し食べるのがイイ」との信念の元、2個入りをチョイス。夏場の賞味期限は2日なので、KIOSKで売っている一番小さな箱(8個入)は独り身に辛い(笑)。いや、好きですが、赤福。さすがに一気に4個とかになるとおいしさも半減する気がするので。

…あぁ、赤福氷も食べたかったなぁ、夏なら。とにかく胃の中が味噌煮込みうどんでいっぱいで(笑)。あ、ぜんざいはね、まだ食べたことがないんです。冬場にあちらの方に行ったことがないモノで。


これも写真は撮ったものの、やっぱりスタジアムでは食べられず、結局東京に戻ってきてから家で食べました(笑)

16:30ごろ名古屋
 ↓地下鉄・桜通線
17:00ごろ新瑞橋

帰りのことを考えて、一番空いていそうな駅からアクセス。3つの駅が使えるって便利ですね。しかもどの駅も近くてイイ!


■復路■

22:00ごろ 新瑞橋
 ↓
22:30ごろ 名古屋

結局スタジアムを出るのが遅くて(^^;)、駅はガラガラでした。


23:55 名古屋
 ↓
04:42 東京

"ながら"で無事帰京。お疲れ様でした。

どこにいっても同志がいるのはいつも通りです(^ー^)

■おまけ■

今回、初めて…といってもいいと思うのですが、往復の車内で他チームサポのユニをいろいろ見ました。

1.鞠→G大阪戦への道中…横浜あたりで発見…帰りにもいたような…ったく、つくづく空気の読めない鞠め…#
2.仙台(^^;)→京都での戦いのようでした
3.鯱(笑)…関東在住の方のようですが、帰りの"ながら"で東京まで一緒だった…そう、背中のリュックより大きいグランパスくんのぬいぐるみを抱えていたあなたですよ(笑)。わたしの座っていた指定席車両に立っていたので、指定席券がとれなかった静岡あたりの参戦者かと思ったら、東京駅で再発見してびっくりした…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 28, 2005

鯱の国より帰ってきますた[超短報]

30分ほど前に帰宅しておりますのでとりいそぎのお知らせです。

同じ"ながら"でも鯱の国からだとパルほかの国より2時間くらい長く眠れるせいか、車中泊とはいえやっぱり眠った気がするもので。

一昨日の夜のうちにうっかり水やりを忘れた鉢物が帰宅したらしおれておりますた…ので慌てて水分補給。昨日はやはり暑かったのでしょうか。

自宅参戦の方もお疲れ様ですた。無事勝てて何よりです。

コメント諸々へはまた後ほどで何卒よろしう…

おやすみなさいませ~。

イイ夢見られそうだ~(^ー^)vvv

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2005

行ってきます!

"ながら"の予定がなぜか今夜は都内某所のホテル泊です…

が、明日は朝からとろとろと瑞穂に向かえます。

そこにいたるまでは紆余曲折ありましたが、まぁどうにか明日の参戦は可能になったので、行ってきますのご挨拶。

では、明日こそ勝ち点を失うことなく満点で奪ってきましょう。

在宅組の皆さんも一緒に頑張りましょう。

まだちょーと用事があるので…とりいそぎ。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

市原臨海チケ

朝から晩まで用事が詰まって、しかも妙になつかれた外国人のわがままっぷりにぶったおれそうな管理人です、こんにちわ。

さて、Lawsonで第二志望のチケを押さえたものの、i浦議の掲示板で親元のびうぷらざにアウェイゴール裏の残券が!との情報があったので行ってみたら私の第一希望(notアウェイゴール裏)が買えました(はぁと)

さすが元締めといいたいところですが、実際は今日の発売日にもかかわらずその案内が各支店に届いておらず、その大元の問い合わせ先がさらに大混乱だった模様(同志さま、おつ(笑))。

わたしはゴール裏は敷居が高いので、コーナー自由メイン(\2,700)をさくっと買ってきました(Lawsonはブラウザエラーでこれが買えなかったorz)。

ちなみにアウェイ自由は売切れですがわたしの買ったその席はまだ90残っているとの話でした(AM11:40ごろ時点)。

□追記□

Lawsonでおさえた、コーナー自由バック大人1名\2,500、ご入用の方はコメント欄に連絡先いただければ善処いたします。いらっしゃらなかったら流します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2005

神戸戦@駒場:第20節・2005.8.24...2-2

30分近くの遅刻で写真撮っている余裕無しでした。全部を見ているわけでもないのであまりいつものようにあーだこーだと言うアレもないんですが(録画もし忘れたし)、なんかチームもあまり余裕がなかったように思えました。が、あの時間帯に追いつけたのでヨシ…としたいような、でも逃した勝ち点2は大きいとしたいような、でも常に点を取られてから追う展開で、結果としてよく失ったものを時間内に奪えて行っていたような、あーうーあーうーのエンドレスでした<ちよさんとのそんな帰り道(笑)

まぁでも「ちょっと前のうちなら絶対に3、落としていたよな」とか。努めて前向きになるしかないです、一サポとしては。しかし不思議なチームだねぇ、あれで最下位なんだもの。

さて、明日もあさっても早くから夜遅くまで用事が入っているので、ひょっとしたら名古屋に行く直前まで、エントリーもできないかもです。コメント等々が書けなかったら、そーゆー大人の事情が発生しているのだなぁ…ということでなにとぞよろしう。

しかしいつもの居場所からの退散直後に遭遇した管理人2号さん(仮)と交わした会話が

「ぢゃ、次は名古屋で…ノシ」

で終わるという、恐ろしいことになっています。かように中2日というのは非常に厳しいですが、それについてはJ1のほとんどのチームと条件が一緒。さらに私たちは来週も同じような日程ですから、それはさらに一歩上に行くための試練だと思って、そこをコンディション整え、結果を落とさないで闘っていきませう。

それからネットでしか知らないブロガーさんにお会いしたりして、楽しかったです。またどこかでお会いしたらよろしう(ぺこり)。そういえばSamemoon!の発音を訂正するの忘れちゃった、えへ☆ミ(<よく間違われるのでプロフィールに書いておこう^^;…)

おっと、なによりせっかく買ったストラップが先週と丸かぶり…○TZ...あ、あ、あのーこの間と今日でまだ4個しか買ってないんですが。これは「買うな」というお告げと見ました(笑)ので、'98awayと'95-96homeを'03awayと'03homeと交換してくれる人激しく募集~。そしたらきっぱりやめ…たいなぁ(笑)…といいつつまた買っちゃったりして(<阿呆)。


…最後に、暢久、J1・300試合出場おめでとう。元気に生んでくれたご両親に感謝。あとは気合いの注入をいつもむら無くお願いします(^^;)

遅刻して中に入ったときにうっちーがキャプテンマークを付けていたので「すでに交代or退場か?」「駒場での勝利を優先するために先延ばししたか(<ばこっ)」といろいろ想像しましたが、後半から出てきてほっとしたような微妙な気分でした。

それと、次からは記録がかかっている場合はあとでニュースにするように!<マスコミの中の人(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (2)

August 23, 2005

As usual...

聞くところによれば、このまま何事もなければ明日、暢久のJ1・300試合出場らしいですが、まぁいつも通り、駒場だからとか、相手がどことか関係なく、しっかり勝ち点3を取りに行きましょう。

なにかしらのタイトルがかかるとか、「誰かのために」とか「じっちゃんの名にかけて(違)」とかいうことは、そのこと以上に、我々に雑念が入るということかもしれないので、というか、過去ろくなことが起こってないような…そんなヤワな記憶しかないので(笑)。

気負うことなく、浮き足立つことなく。

34分の1を、いつもどおり、努めて平常心で闘っていきましょう。

私たちはまだまだchallengerであることを忘れちゃいけないのだ。


そしてチケ、忘れないようにね(はぁと)。困ったときの現地調達はかなり難しいっすから。

間違っても埼スタ行くなよぉ~それから31日のチケと間違わないよう(これはありそう)、眠る前にもう一度日付を確認だ!(笑)

では、24日@駒場に19時でGoです♪(^-^*)/

| | Comments (0) | TrackBack (1)

レッズJr.ユースの優勝

Jr.ユースくんたちが4年ぶり2度目の優勝を果たしたとのこと。おめでとう!(^-^)

ユースもジュニアもサテもレディースも、それぞれが頑張っていて、可能なら全部見に行っちゃいたいくらいですがそうもいきません。トップの試合だけでいっぱいいっぱいです。

そんなふうですから、いろいろな方がそれぞれの視点でレポートをあげてくださるのは本当にありがたいことだなぁと思います。

中でも参戦されたGlutrotem Beineのglutrotem12さんのエントリーを読んでいたら、なんか嬉しくなりました。頼もしいんだけど、まだまだ少年の部分が可笑しくて(^m^)

確か5月の鞠戦の前哨戦でも彼らの試合がありましたよね?そのときは負けちゃったけれど、試合終了後に礼儀正しく浦和のゴール裏に来て、我々もコールして、挨拶をしてくれた小さな浦和の戦士たちに、とても清々しい思いをしたものでした。

何年か後が楽しみだなぁ。


さて。しばらく試合続きで忙しいですね。

まぁ試合自体はここのところ勝っていますし、いいのですが、それ以外の時間、なんとなく気持ち盛り上がらないというか、沈み気味なので、こういうときは作業的な部分としてブログのリンクを整理したり、RHBですませていた自分の巡回コースをMyBlogListに追加したり、blognpetのお友達登録をしたり紹介文を書いたり(どうしても長文になってしまう自分^^;)…そんなことを細々とやってみました。

今年も暑いんだけど去年ほどではないのかなぁ…毎日作る麦茶の量が減ってきた?とか思っているといつの間にか、風が秋の気配というか、そうなると日の短く秋に向けて気分が盛り上がらなくなってくる傾向にあるので、気をつけないとなぁと思っているこのごろです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 22, 2005

瓦斯戦@埼スタ:第19節・2005.8.20...2-1

ぽぽぽぽポンテ…呼び方はロビーの方がいいの?

その力をサポの前でこれでもかと見せてくれたロビーことポンテ。

すげーな、おぃっ!!と。

ササは出会い頭の一発というか、早すぎたおかげでむしろ緩んだうちのところを締めてはくれましたが、なんかロビーは役者が違う。

そりゃーわたしも萌え萌えでしたから、これはもーネット上でポンテ祭りが繰り広げられていることは容易に想像がつくわけで、でも昨日帰宅して映像を確認しようとしたものの前半だけで眠気に負けて断念^^;…起きてお昼過ぎに見たRHBのタイトルだけを見たら、やっぱりそれだけでお腹いっぱいなくらいまさに祭り状態。

しかしなんだろう、あの技の数々わっ。

シュートを打って決めるわ、アシストに絶妙の球出しはするわ、ボールを奪い取るわ、キープはできるわ…これでもまだ100%じゃないの?え?どうしよー(萌え萌え)。

トミーはまだもう一歩…今日はまぁ先日の写真で隣り合わせにさせられたジャーンによく守られていたと思うということにしておくか。でもトミーもロビーも今までになかった攻撃のバリエーション(の可能性かな、まだ)を感じさせてくれて、それに達也が加わって!?わぉ、これからの試合がますます楽しみ!!になっています(萌え萌え萌え)。

試合前、5試合連続無失点を狙うようなコメントを某DFが宣うていてイヤだなぁと思ってたのですが、前半5分であっさり崩れて内心ほっとしていたりして(笑)。狙ってとれるもんじゃないだろうと。

そんなふうに前半開始早々に点を取られて、瓦斯のプレスもなんかわからないけれど意識が高いのかボールへの寄せも早く、なんかこれは市原戦のようになったら嫌だなぁーと思ってたのですが、前半45分のさらに前半の方しか持ちませんでした(^m^)…あれはなんだったんだろう…息切れにしてはあまりに早かったけれど。それからスタンドに座っていたら、時折なんか不規則で嫌な風が吹いているように思えましたが、それすら後半には全く気にならなくなりました。あるいは前半の失点もそれに影響されたと思えなくもなく、ただそれだけのせいではないですが。数字上はともかく(ニッカン式によれば59%の支配率だった模様ですが)、リードされても中盤ではよく球を拾っていたし、都築の蹴ったキックも風の割にはサイドを割ることもなかったと思われ、いつもどおりのコントロールで、しかもかなりの確率でうちが拾ってそのあとの主導権を握っていたと思う。だからあまり気持ちの上で焦るところはなかったです。

土肥だけは反応というか、調子よかったなぁ。あれで何点防いだんだろう。土肥に限らず、帰ってから見たTBSの解説でいちいち"日本代表の"とつけるのが癪に障りますが、まぁいちおうそれでも代表GKということなのか。都築の方がふさわしいとは思うけどね。

結果としては1点リードされて2点入れて逆転という爽快感を味わえたゲーム。まぁ次スタジアムで瓦斯にまみえるのは…いつになるんでしょうねぇ。ナビスコも予選落ちされちゃったし…(^ー^)

石川のシュートがバーに守られたのはきっと都築のお祈りのおかげね(はぁと)。前半はまだ端っこにNewデカユニが見えています。

さぁ、いい形でスタートを切れたと思いますが、浦和はやっぱりまだトップを守るという立場に慣れていないように思うので、下手に今頃からトップをキープするよりは、じりじり詰めていく方が気持ち的に楽かも…ってそれは小心者のわたしだけなりか?(笑)…常勝軍団というにはまだまだ…と思うし。


■アフターバー■

気持ちよーくペットボトル30本くらい(うち中身を集めて6本ぐらい処理)+αのゴミ拾いを終えてからバーへ。団扇を1000枚配ると言っていたからかどうか、いつも以上にすごい入りだったように思いました。

第一部?は水内さんと西野さんですでに始まっていました。水内さん、最近はあまりTVの仕事はしていないらしいです。お茶漬けのCMに出ているんですか?なんでもそのせいでサラリーマン風に見せなきゃいけないとかで髪を黒く染めたとのこと。

と思ったらゲスト登場で大きな歓声が…第二部は驚きのギド(&通訳の山内さん)・社長!あひゃ。

ギドのご発声は日本語だった!うーんと「ミナサン、コンバンハ」だったっけ?あとは通訳を通じてナビスコも勝ち進んでいるし、再開したリーグも頑張っていきましょう、みたいなそんな感じのコメント。

社長は…「きいたら1位も2位もこけて(ここで盛り上がる会場)、やっと浦和の時代が来た」と(笑)。「勝ったらギドが、負けたらわたしがと言っていたら○○(由比?)さんにそんなこと言っていたらもう2度と来られませんよと言われたので今日来ました」とヽ(゚∀゚)ノ

まぁぶっちゃけ三菱の新車のプロモに合わせてという気もしないではないですが^^ゞ

でギドによる乾杯のご発声「カンパーイ」と。

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

西野さんによれば「ホントはいつものように選手のケアのため一緒にバスに乗って帰らなくちゃいけないんですが、無理言ってきてもらえた」らしいです。でもそのあと寮に行くらしいとのこと。ありがたいことでしたね。

次は…優勝が決まったあとかな。

主役が帰ったあとに第三部?…サポからの質問コーナーで水内さんに「結婚生活は?」と質問するサポがいて「実はその質問が出るのを俺も待っていた」と西野さんが言っちゃったり(笑)、質問の代わりに水内さんがミサンガをプレゼントされたり、西野さん曰く「寮で一緒だった水内のことだから部屋がそんなに綺麗なはずがない」とか、そんな西野さんに二人目のお子さんがもうすぐ生まれるらしいとか(おめでとうございます!)、水内さんに子供が生まれたらサッカー選手にしたいかという質問に「俺の子だから上手くならないだろう」とか、女の子なら「スポーツはやらせたいけど別に"なでしこ"じゃなくていい」とか、水内さんと同じ誕生日生まれの人に三菱自動車さん提供のレディアでかぬいがプレゼントされたり。あぁ、勝ったあとのバーはやっぱりいいねぇと思わせてくれる、そんな感じの和気藹々としたバーでした。

今日は辛党のサポお楽しみのキリンのビール専用車?が来なかったらしいですね。ステージが三菱の展示専用のでかいトラックだったせいか、2台は無理なんです、と西野さんの言。


■MDP■

今日のMDPのALL of Himが「まるごと堀之内」なんですが、なんかすっげー自分と同じにおいを感じます(笑)。たとえばわたしの比較的近くにいる人がよく聞かれるらしい質問にこういうものがありまふ。

「ねぇ、Samemoon!さんていつもあんな感じ?」
「ねぇ、Samemoon!さんて昔からあんな感じ?」

どういう意味なんだろう?(^o^;;…っていうか"あんな感じ"って"どんな感じ"なんだ。

ホリもきっとそうなんだろう?ねえ?(笑)あ、わたしはまぢめじゃないです、念のため(←外面がいいだけ)。
それはともかく、長谷部評の「誰の控えとかじゃなくて普通に出てほしい」というのは激しく同意です。今日は負傷退場のポンテ(<大丈夫?)に代わってホンのちょっとだけ出てきただけ。残念。

でもうっちーに続いてブラック堀之内もいるみたいなんで(^m^)、いつかそんな話が聞けるのが楽しみvv…きっと親御さんと周りの人がきちんとしているじゃないんだろうかとふと思い。


■そのほか雑感。■

・暢久はなんで前半の途中まで眠っていたんだろう(--;…後半には闘莉王の絶妙のパスを受けて打ってくれたけど。

・長谷部が一回ものすごーく素敵なサイドチェンジをしていて萌えた。で次節は停止なんですかorz…友ちゃんの出番かな?

・試合終了後のインタビュー、本来ならロビーなのかもしれないけれど、負傷退場してはその役は永井しかいないわけで、はじめ南に歩いていった永井。気配を感じたのか速度を速める永井を小走りで追いかける水上@広報さん、そして腕を捕まれて(笑)という構図が面白かったです。

・上川さんのジャッジは微妙だけど、鹿戦の岡田よりはましだ。何より鹿戦に岡田が回されることはあるまい(嬉)ということが何よりの吉報…まさか西○だったりする罠(汗)

・瓦斯によるササのチャントは何か出てきそうだ。

・そんなササはなんで途中から交代しちゃったんだろう…。

・ギドのコメントが...萌え萌えしすぎですから!^^;…中の人、壊れていない?^^;;;(スカパー!の録画を見たらケータイがなっているのが笑えた)

・いろいろ用事があったりして、エントリーをあげるまでは、とRHB巡りもまだあまりしていません。と思ってさっき見たら「おもいっきり赤浦和」さんのところとネタがかぶっていた。そんなこともありますね、ははは。旗の裏ではいろいろあったようですが、端から見ればそれだけ綺麗なデモンストレーションに見えましたよ(^^)v

・くだんのストラップユニ、売り子の声にひかれて2個買ってみた。さすがにダブらなかった^^ゞ…'98awayと'95-96homeかな、たぶん。いや、なかなか良くできているよ。コンプリートはさすがに無理そうだけど、気が向いたらまた買っちゃおう。そうそう、浦和のグッズでは買ったことがないんですが、「ピンバッチ」というのはわたしの地雷なので、それが出ないことを祈る(笑)。でもこのストラップの形状もわたし的にはピンに近いなぁ。

あぁ、今日はあまり気に入った写真が撮れなかったなぁ。まぁそんな日もありますね。

でーー、伸二は来ていたの?どうなのよ?(笑)


■おことわり■'05/8/22

一部下書きをコピペしたときに欠けていた分を書き直して挿入しました。確かに書いておいたのに消えていた…なんかときどきパソが怪しい動きをするなぁ(汗)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 21, 2005

でかユニ七変化


・・・解説は…いらないッすよね(笑)。

でもいちおう。旗もろもろの演出の最大の目的は間違っても相手サポ&チームに見せるものではないわけですが(対抗意識を持たれるのは勝手ですが)、少しせかされ気味に発声を始めた瓦斯サポを横目に静かにCurvaの動向を見守る…と思ったらいつもより早いタイミングでデカユニがあがっていく…「古いユニだ…選手はまだ階段の下で控えている…?」と思ったら入れ替わるように、新しいデカ旗が降りてくる。PAJEROユニは中央の通路にしまわれていく…そのときちょうど選手が入場だったわけです(オーロラビジョン参照のこと)。

それらを支えていたみなさん、絶妙のタイミングで、いつも以上にぐっじょぶでしたvvv

それから事前に新ユニが出るとの情報をくれた管理人2号さん(仮)、ありがとう。デカユニを撮るときはテレコンレンズつけたままだとズームが強力すぎて全景が入るようにするとダメなんですよ、けられちゃって。事前情報のおかげでレンズ外したまま準備してたら一部始終をしっかり撮れましたvv

とにかくこの七変化をageたくて単独エントリーにしてみました。

・・・試合自体のレポは追々^^ゞ


■追記■

試合後に17も出てますた。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 20, 2005

あした、はれて、がすせんへ

明日はカップ戦の清水戦以上に勝ち点が重要になってきます。

わたしは赤い服に身を包んだ彼らを信じてバックアップするしかできないけれど。

内容如何を「ツマラナイ」なんて自己評価できる、さらに高みを目指して自らに足りなかった何かを感じ、それに反省の弁を述べる彼も頼もしいけれど、でも同時に今の自分に達成できたことを過不足無く評価できること、それに満足することも忘れちゃいけないよ。

「浦和にだけは負けられない」とギアを入れ替えて来るであろう相手のひとつから、いつもどおり90分で手に入れられる最高の勝ち点を奪取して、そろそろ伸二を安心させてやろう。



かくいうわたしは明日の出勤が無くなりました\(^o^)/いえぃ♪…相変わらず体調はいまいち(中空飛行状態)ですが(^^ゞ

並びの皆さんは明日はいつも以上に予想気温が高いようです。熱中症から日焼けまで、どうぞ体調管理に気をつけて。緩むことなく、力みすぎることなく臨み、気持ちよくリーグ再開のスタートを切りましょう。

ではスタに行かれる方も行かれない方も、待ち合わせは18時埼スタでよろしくお願いします!(^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2005

瓦斯戦へ&数日の出来事

そうこうしているうちに瓦斯戦が近づいていきました。向こうは休養十分でしょうが、こちらとら負けられない試合つづきで試合勘は十分です。わたしは仕事があるのでギリギリの到着になりそうですが(こういう時の18時スタートはちょっとタイミングが悪いな^^;)、駆けつけますので頑張りましょう♪

…と書いたので忘れないうちにチケをお財布に入れておく(笑)。いつもならチケホルダーなんですが、仕事の日ということでホルダー自体を忘れる可能性が否定できない^^;;ので今回はお財布に入れておきます。

以下はほぼ自分のための備忘録です。


■サカマガ・サカダイ立ち読み■

暢久のマイペースっぷりが改めてよくわかったり、あちこちでの長谷部の期待されっぷりもよくわかったよ…。長谷部が青いユニを着ている姿を頭の中で想像しただけで萌えるもんなぁ…。あとは師匠の期待されなさっぷりも(^m^)

そういえば忙しさにかまけてなんとなく図書館に行きそびれているうちに、立ち読みですませて借りてこないままの号が溜っているようなので、図書館で予約することにしたのですが…どこで誰が特集されたか忘れてしもうた…orz

うちの区の図書館では誌名だけでは特集までわからないので、いちいち検索するのが面倒。とはいえ、ほかの図書館の検索システムも借りながらなんとかわかるものだけ何冊か予約入れておきました。なにせ最寄りの図書館ではサカダイの方は入っておらず、現物を確認せずともネットで予約できるところはやっぱりありがたいです。

そういえばエメと達也が表紙の奴も借りてなかったな。


■歴代ストラップ■

手を出そうかどうしようか迷うこのごろ。フロントもエラいもん出しやがって(笑)

自分のことだから、手を出したら際限なく買いまくりそうで。しかもストラップはわたしが購入を検討する、数少ないグッズ(アイテム)なんですが、それでも優勝グッズ以外でストラップを買ったことないのに!(笑)

いちおうわたしの優先順位は

記念グッズ>紙もの>DVD>タオルマフラー

という感じでしょうか。

COLTユニを持っていない分、それは欲しいんですが。。あぁ、白COLT…(まだ言ってる^^;…でも初めて「欲しい」と思ったユニなので持っている人がホントに羨ましぃです…出張に行くたびにスポーツ用品店を覗いてますが、さすがにもう買えないんだろうなぁ…;_;)


■横浜に行ってきた■

といっても用向きは代表戦ではなくて、こっちのライブへ。PRESS会員専用の先行発売があるんですが、恐ろしいことに申し込んでも外れることがあるので2日連続のライブでも一応両方申し込んでおいて、で、今回は2日連続で行ってきました<阿呆

でも癒されたからいいの(はぁと)

・・・9月の東京公演には行かれないしね。でもって今回のツアーのスタートがエコパだったという(笑)<今回は行ってないけど。そんなエコパのアリーナじゃない方に2回も行きましたのでさすがにお腹いっぱいです。ちなみにPRESS会員の先行発売とかがないときにはツアーのチケが買えないことを恐れて浜松公演とか行ったこともあるけど、そのときにはまだエコパはなかったんじゃないかと思われ。

今回のツアーの演出でもなぜかバスタオルをぶんぶん振り回す曲があることがわかっているので、浦和の優勝マフラーを持って行こうかと悩んだ末やめました。でも1度は振り回してみたいので、10月には持って行こうと思います(はぁと)。これだけ浦和の試合に行っていると、選手を鼓舞することに心を砕いている側にいるので、ライブに行っても1度なんか向こうにサプライズなことをやってみたいわぁvと思ってしまっている自分はやっぱヘンかなぁ。

さて。17日の方はおりしも横浜で代表戦があり、時間もほぼ一緒だったので(うちは19時開演22時終演でしたが)、桜木町とか横浜あたりでは青い人がたくさんいました。

君が代がまっさんだったとか、アレがアシストをしたらしいとか、あとで聞きましたが、あいにく録画しなかったので…。まぁしょうがない。

それより僕にはむしろこの残り少ないDVDの空き容量のことが気がかり。っていうか、HOT5だかHOT6だかの再来に備えて可及的速やかにあけないと!


■そろそろリーグ戦再開■

J'sGoalに行ったらいきなりトミーの写真が大写しでびくりつ(笑)。

で、コピーは「J1再開・熱帯夜3連戦」だそうですが…。

中2日or3日で5連戦のチームが4/18チームあるわけで。

ふぅ…幸せだけど大変だ。


■ナビ準決勝のチケ■

で、8/31のチケはシーチケの先行販売で無事に入手できたのですが、普段はゴール裏のチケでも、こういうときはバクスタと選べることになっているので、今回はそっちを買ってみた。元々バクスタの住民で実はゴール裏に行っている、そんなサポの需要が多いのか、あるいはバクスタの住民が水曜の夜だから買い控えたのかは不明ですが、販売2日目(16日・火曜)の午前中でもバクスタが買えたので、あるいは一般発売で買える確率はいつもより高いかも知れません。チケの入手を心より望む熱いサポーターに、1枚でも多くのチケが回りますよう…。

…あとは臨海のチケか。職場からがんばりまっす。


■国外脱出の準備着々■

9月の連休のあたりに10日ほど日本を留守にするんですが、いろいろ準備中です。用向きであるところの都市は日本からの直行便がないので乗り継ぎで現地の航空会社に申し込んだんですが、ネットで料金がわからないでやんの(詳しくは問い合わせろと書いてある)。電話して申し込んだんですが、出入国の日にちをいって、希望の便名をいって、あとはもう言い値ですよ(笑)。今時そうなのか?しかも国際便で乗るチケも、国内便のチケも、ガソリンが高いおかげで燃料税がバカ高いです#くそぅ。でももう行くことは決定なんでしょうがない。何も考えずにカード切ってます^^;

これで宿と飛行機が決まったので最低限の部分は決まり。ただネットで宿を申し込んだ際に一悶着。某機関に6日分の宿を申し込んで、確認したメールの指示に従いその保証金(1泊分の宿代)をカードで払い「別途○○$をカードで払ったのでよろしう」とさらに確認メールまで送ったのに、申し込みの際にわたしの手違いで日付を入力し忘れたらしく(←向こうの言い分…困ったことにsendとしてしまうとその内容すら画面上で確認するとかメールで送られて来るとかのフォローがない--;)、1週間以上経っても確認のメールが来ないなぁ…と思って「宿は取れていますか?」と送ったら「あなたが日付を入力されていなかったので確認できません」とメールが来て、「かーっ#あらかじめ確認までしたのに黙って○○$受け取って音沙汰なしかよっ」と心の中で怒ったものの、泊まれないことには話にならないので、改めて到着と出発の日を知らせて無事確認してもらった…はぁ…けど…海外のやりとりは疲れるなぁorz…まぁ確認しておいてよかった。

そういえばなんだかんだいって毎年国外に行っているし、国内の旅行もカバーできるようなANAのEdy兼用の保険つきカードあたりにでも入会しようかと思うこのごろ。最近はクレジット付きの会員カードが増えたよなー。普段は必要のあるカード以外は持ち歩かないようにしていますけどね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 15, 2005

清水戦@埼スタ:ナビ準々決勝2nd・2005.8.14...1-0

おぉぉぉ!…おぉ!

後半42分で席を立った大学生ぐらいのオトコノコ4人組、あんたら一体何しに来たんだ…(--;

清水サポの掲げた横断幕「最後の0.01秒まで全力で」走っていたぞ、浦和の選手は。

21歳のベテラン(笑)スペースがあいたらうちのもの。わかっていても、あの時間帯では前に行かざるを得ない清水。点を入れたのは長谷部、J'sGoalの記事によれば本人も「ゴール自体はおまけみたい」と答えています。でもアレからの球の出所に走り込み、一人かわしてゴールを決めた21歳のベテラン(笑)、削られることにも「ケズられる前にボールをはたくこと」なんて答えているけれど、でも怪我には本当に気をつけてね。

うっちーもう一人のヒーローインタビューは都築、DF陣の代表として、ということだったのでしょうが、闘莉王にしろ堀之内にしろうっちーにしろ、今日も頑張っていたなぁ(とくに今日は闘莉王かな)…お疲れ様でした。あなた達がしっかり守ってくれるから前線が動けるのだろうし。

いんたびう都築といえば一番上にageた写真のように最後の場内一周、ふつーに手を挙げて走り去ろうってところを、ゴール裏の人々の煽りに合わせてきちんと笑顔で万歳してくれたあなたが素敵ですvヒーローインタビューの時に手袋を外して見せたおっきなお手々も素敵でしたvvv

それと、ほかの選手たちに追いつくべく走っていった長谷部に対し、ゴール裏から長谷部のチャントが流れたわけですが、それに手を振ってくれた長谷部も素敵です。というか、前に「自分の歌を聴いたことがない(!?)」とかいう雑誌記事があったと思うので、今日は少し落ち着いて耳に入れてくれたかなと思うと良かったなぁと思う。ランラン♪

啓太&ポンテ啓太…あなたは一体何語でコミュニケーションとっているの?(笑)気がつけばいつもいろいろな人と会話しているよね。ありがとう。

写真ではタコぐちになっちゃったポンちゃんは今後を期待させる動きを随所に見せてくれましたし、トミーもその位置取りはカウンターから攻め上がるお得意のいつものパターンとは別の可能性を見せてくれました。これからプレーにハマっていくことを考えるとわくわくします(^-^)達也も怪我をしっかり治して戻ってきてね。

達也??途中交代の友ちゃんはやっぱり去年の清水戦を彷彿とさせるようなミドルも炸裂していたし、あぁ、控えなんて勿体ない…今日のMDPの表紙でしたね。

清水のチェのドリブルはあの独特の間というか、リズムというかがイヤな感じ。というか危うーいです。堀之内にしろ、闘莉王にしろ、よく守っていたと思います。そしてチョのレッドは「やっちまったよー( Д) ゜゜」という感じでしたが、でも松村さんの審判もなんだかなぁ(--;;…家に帰ってビデオ見たけれど、ファウルの判定自体は気の毒だったと思う。でもあんなにわかりやすい切れ方は去年、やっぱり清水戦の終了間際に某選手もやっていたから、チームとして気をつけた方がいいと思います。そして相変わらず怖い澤登。彼が出てきてからのセットプレーはいつもドッキドキです。

あと、オフサイドが蹴った瞬間ではなく、触るまでになったんでしたっけ…なんか、非常にやりにくいです、見てて。日本の審判のレベルではオフサイドだろうと自己判断するのは非常に危険だし、わかりやすくオフサイドでもDFたちは走って行かざるを得ないし、走っていってやっぱりオフサイドか…と安心はするけれどその徒労感がなんとも。逆(うちのFWが攻め込んでいくとき)もまたしかり。

終了間際のPride of Urawaは始まった瞬間に「あと何分残っているんだ?」と思ってしまうわけですが、今日はおそらくロスタイムを入れて10分といったところ。この時点でまだ0-0。気がつけばなぜか清水の応援とリズムがあっていた。もちろん声の大きさはうちが凌駕していた思うのですが、奇妙なシンクロ。まさかあの歌を歌っている間にあんなことが起こったとは。点が入ったあとは太鼓のリズムが半分になる。自然に手拍子も1拍に1回から2拍に1回のゆるやかなペースに。

そして試合終了。準決勝進出決定。待ち受けるはオシム監督率いる市原。オシムサッカーは嫌いではないですが(むしろオシムさんは好きですが)、こと浦和と闘うとなればそれは別の話。臨海は…未踏の地。今年ココで試合があるとは思いませんでしたが、もう行くことがないのではないかと思っていましたが、参戦はまたいろいろ調整が必要そうですが、頑張っていけるようにしなくちゃ。

さて、闘いのあと、所用でCurva方面に出かけました。試合中はあれほど激しく躍動していた心臓部に、闘い終わったあとの穏やかな、でも清々しい空気が流れているように思えました。そして散乱するペットボトルの山が、激しい躍動の名残を見せていました。わたしはあそこの住民にはなれないけれど、いつも遠くから頼りにしています、感謝。


今年は皆勤目指して参戦を続けてきましたが、諸般の事情で広島戦と横浜戦の欠席が決まっています。その代わりというのではないでしょうが、あともう2試合、浦和の試合が見られることになりました。さらにあと1試合増やせるよう、また頑張りましょう(^-^)/


■そのほか■

後半の祈りです今日はあまり体調が良くなく、そのくせ気合い入れて弁当用におかずを作ったりご飯を炊いていたりしたらフラフラしてきた(<阿呆)。結局お弁当という形では持って行けず(<とことん阿呆)、ギリギリまで横になっていましたが、まぁ試合には行けそうなのでなんとかキックオフに間に合いました。どれくらいギリギリって、あちこちで売り切れたMDPを必死になって探していたらネコさまの祈りを見逃したくらい...orz

MDPは去年のナビ準々決勝の鞠戦で買えなかった苦い思い出があるのですが、今回はそれでもバック中央の普通の売店で何とかゲット。これが試合後に…とか思っていると買えないんだよな。

試合前の第一声はかろうじてスタの外から聞くことができましたが、いつもと変わらぬ気迫。あぁ、今日もスタジアムに熱い血がめぐるであろうと。そんなことを思いながら階段を上っていました。気がつけばアッパーにはおそらく関係者と思しきメインの住人のみ。それ以外はすべてロウアーにおり、その分みんなの気持ちが集中していたのかな。お盆等で残念ながら参戦できなかった人もいるとは思うけれど、いつも来る人というのは3万5千とか、そのくらいなのかなとか思ったりもした。とはいえ浮動票であっても浦和のクラブの一部は間違いなく彼らに支えられているわけであり、アッパーを解放せざるをえないくらいにチケが売れる、つまりそういう人たちに決勝以外の試合にも足を運んでもらえるようになるにはクッキー3枚だけじゃダメらしい(笑)。

そうそう、入り口の持ち物チェックで見てもらった警備の方はおばさまで、チェックが終わったら「行ってらっしゃい」の一言。なにげに嬉しかったなー。席はいつものように1人だと前から8列目ぐらいでもあいているモノで、くだんの4人組オトコノコとご夫婦の間に滑り込ませていただきました。

---

終わったあと。Curvaに寄り道してから帰ったので、バーはちょっと覗いてから帰りましたが、ギシにインタビューする形での車の宣伝?「ギシにとって車とはどんな存在?」と女性のインタビューアーが聞いていましたから、きっとそんな感じの映像(聞いたのが途中からだったので違うかも)。そして「今日はこれだけです」という西野さんの声。たまにはそういうこともあるらしいです(笑)。でも西野さん、MCのEXP値がどんどん上がっています。MBAにMCにどんどん技が増えますね。

■今日のゴミ拾い■

今日いたエリアは比較的ゴミが少なく、自分のポッケからゴミ袋を出すことになりました(嬉)。なんか、最近積極的にゴミ拾いをしているせいか、ゴミ袋がゴミで埋まることに妙な快感を覚えてしまい(笑)、最近は捨て置かれたペットボトルが宝物に見えてしまう危ない人と化しています。やばいです。そんなわけで今度はものすごい大きなゴミ袋もって、ちょっと遠出もして宝物集めに行くかもデス(笑)。

あ、今日もゴミ拾い仲間がいました。一言二言声を交わせるだけでもこんな独り者には嬉しいモノです。お疲れ様でしたvv


すりあわせ中?啓太&ポンテ談笑♪■追記■'05.8.18&20

せっかくなので啓太&ポンちゃんの写真を追加してみよう(さらに3コマ漫画風にしてみた(笑))。

上でageたタコぐち写真はちょうどこの2枚に挟まれる形。やっぱり啓太ってすごいなぁ。

足の形…やっぱペンギンかも?(笑)

| | Comments (10) | TrackBack (2)

August 14, 2005

スタジアムに行こう。まずはそこからです。

本題に入る前に。

明日のキックオフは18:05です。お間違いなきよう。<これ見て慌てる人が3人くらいいませんか?大丈夫ですか?(笑)


さて。ナビスコの決勝といえばチケット争奪戦が3年連続話題になった(誰のせい?<うふv)にもかかわらず、当事者の我々の試合ですら、予選の段階ではその売れ行きは芳しくなかったわけですが。

去年だって9/4の準々決勝は鞠で28,977人。同じ相手もリーグ戦(10/17)だとなぜか58,334人と、埼スタなのに2倍以上も違う、9/4に来ないで10/17に来た人には「なにが違うんだ」と、むしろその理由を教えて欲しいものです。とにかく、準々決勝は3-2で勝ち進め、リーグ戦は0-0で引き分けと、準々決勝に行った約2万9千人がいろいろな意味で完全に勝ち組でしたね。

また去年の8月の中断あけの最初のホームは8/21。この日も出足は鈍く、3万2千。ふたを開けてみればダブルハットトリックで7-2の勝利。この人たちも勝ち組でしょう。

そして明日のチケット、アッパーを解放していないにもかかわらず、チケットの売り上げが芳しくないようです。

8/10時点のおふぃさるの残券情報をざっと計算しただけですが、明日の清水戦の合計はロウアーのみで1万5千強、来週の瓦斯戦はアッパーを解放して1万8千弱。席割りが違うかどうか定かではないのですが(アウェイが極端に狭いのか?)、明日はとくにA席の残券が目立ちますね。

売れ行きがいまいちだと勝つ、というほど単純ではないはずですが、それにしてもトミー&ポンテの新人2人のでびう戦を見逃す手はないと思います。「行けたのに行かなかった」で悔しい思いをすることのないよう、ぜひスタジアムに

さぁ、明日は何が起きるでしょう。いや、何を起こしましょうか。楽しみですね。

わたしはといえばお弁当の準備のため、ガッツリ食材買い込んでしまいました(笑)。ある意味武者震いですよ。

2度あることを3度起こす。ここで勝って次に駒を進めましょう。今年見られる試合は1試合でも多い方がいいもの。

明日も一人参戦ですが、そういうときに大切にしたい言葉。

We are REDS!!!

一緒に頑張りましょう。


そういえば…そろそろ予選・準々決勝・準決勝の試合の半券提示で優先購入、というのも検討していいのではないかと思うこのごろ。シーチケは既得権があるのでもちろん外して。そうすればもう少しましになるんでは。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 13, 2005

日々ひとりで参戦中

「一人観戦」by猫柳さま
 ↓
「私も1人観戦組み~!」byナオッコさま
 ↓
「私も一人参戦」by N-AKAさま

それから、「一人観戦バトン(仮」by redchantさま、
「おいらも、一人参戦」by たけやすさま

あたりを読みながらわたしも書きたくなったので便乗します(ぺこり)

内容はメリット・デメリット・持ち物・過ごし方という感じですね。


■一人参戦のメリット

・席取りがしやすい

これはみなさんが指摘していらっしゃいますが、やはり最大のメリットは座席の取りやすさでしょうかねー。埼スタは言うまでもなく、駒場の東寄りのエリアでも1人なら開門時間にいなくてもどうにかなります。また1時間くらい前でも、グループできている方が余分に席取りをしていたりして(それはそれで困るのですが…)、ひょっこり空いた席に陣取れることがあるのも1人の利点ですねー。

そんなわけですので、座席のあるエリアでしたら、なにとぞ席は詰めていただけると幸せです。未だに席を荷物置き場にしている人を見るとはり倒したくなります(実際心の中ではり倒しています(笑))。通路に人が座っているのに平気で席を空けておく人はなんか頭悪いなーと思う。逆に、グループなのに席に何もおいていないのは空席に見えますので、頼むから何かおいてください。「あったv」と思って入っていこうとすると「あ、来るんですっ!」って空いとるやんけ#と思うから。

・試合に集中できる

二人観戦の時もありますが、基本的に放置しておいても平気な人しか連れて行きません。Curvaから離れたエリアにいると、まわりにシジラー、ヤジラー、あるいは俄評論家気取りのグループが意外に多いのがウザいなぁと思うことも(あまりにひどいときは席を移ります)。5人とか6人とかいて、拍手するでもなく、声を出すためでもなく、そんな解説を聞かせるために朝から席取りしているんだろうか…と。よくわからないデス。


■一人参戦のデメリット

・アウェイの参戦方法の選択肢が少し狭まる

一人だとおおむね割高傾向なのは確かだと思う。ホテルつきの団体旅行ならシングル料金は数千円高いのが普通。でもある程度事前に足を確保しておかないと、安く行く方法がどんどん減っていくので、適当なところで手を打つ。だから最安値はなかなか実現しない。夜行バスも二の足を踏むかな、いちおうオンナノコなので(笑)。でも"ながら"は平気なのか?(<いちおう車内が明るいし夜行バスよりはましかな、というところか)

最近はサポ主催のバス旅行にも仲間に入れてもらったりするので、そこからお知り合いになった方もいるしv<いつも遊びに来てくださってありがとうございます(^^)


・奪取に失敗したチケットの手配

表のルートで失敗しても浦議とか、その気になれば手にはいるのですが、でもやっぱりこれはきっとグループで手分けして…というのが便利なんだろうなぁと思います(想像)。

だからシーチケが手にはいるようになったのはすごく大きいです(超重要)。

最近はチケ屋2号さん(仮)経由で団体割が利くくらいのまとめ買いに混ぜていただく機会も増えたので助かってます、感謝感謝。

このあたりはネットや携帯の恩恵に浴するところ大です。7~8年前なら東京にいてひとりで参戦して…を実現するのはもっと大変だったはず…というか考えられなかったと思う。


・でも実はあまりない(笑)

たとえば寂しいとか感じるよりも、たまに見知らぬ人とハイタッチしたり、グーでこぶし同士を合わせてみたり、あるいはたまたま隣同士の人と交わす会話とか、そっちの思いがけない出来事を楽しむ喜びの方がわたしは好きみたいです。あまり人見知りせず、もともと世界のどこに行ってもいろいろな人から話しかけられるクチ(笑)。でもさすがに旅行先で道を聞かれても困るんですが。


■一人参戦の持ち物

普段のわたしの持ち物、というだけですが。

・チケットホルダーとチケット(参戦前に気づいたときに入れておく)
・現金2~3千円・小銭200円(MDP用)
・デジカメ+テレコンレンズ

…だけは何が何でも絶対に持って行く。なので、忘れたら家に取りに帰ります。以下は忘れてもどうにかなるか、最悪現地で(金で)解決できるか、諦められるもの。

・Suica
・パスネット(埼スタの時)
・双眼鏡
・カッパ
・傘
・日焼け止め・サングラス
・マフラー
・ペットボトル用のふた
・ゴミ袋
・帽子
・縁起物(最近はペンダントと指輪がイイカンジ)
・パイプ椅子(駒場)

・飲み物(ペットボトル500ml1本:最近のマイブームは粉末茶葉入り水出し緑茶)
・お弁当(可能なら家で作る)

あたりでしょうかね。

最近気をつけていることは、貴重品を持って行かないということかな。ほら、無くしものをすると勝率が高いので(笑)、知らないうちに無くしたら困るようなものを持って行かないようにしています。クレジットカードやキャッシュカードが詰まったお財布を持って行く代わりに、チケホルダーにお札を2枚くらい。パスネットを買うならその分を忍ばせ、あとは小銭入れに1000円弱入れておけば往復してスタジアムで楽しむだけのお金は足りると思う。

あーそうそう、誰かと会う約束でもしていない限り、PHSも持って行かないですね。


■一人参戦の過ごし方

暇つぶしは…結局並びをしない分、最長でも3~4時間でしょうか。短いときは30分とか。

ホームならまずMDPを買って。ボーイズマッチがやっていればそれを見るし。あとは写真でも撮って、双眼鏡で選手がスタンドの下に顔出さないかなーとかしていると駒場の3時間とかは結構平気です(←変!?)ノートPCを持って行ったこともあるんだけど、雨が怖くて荷物になるので最近はほとんどしていません。仕事の文書が読み終わらなくて、でも参戦したくて往復の電車内で読む用の道具は持参したことも(笑)(<そんなときに参戦するなって)

ぼーっとしているのが慣れているのか?<をいをい

うむ…でも実際は写真を撮っている時間が多そうだ。スマメ128MBだと250枚くらい撮れますから(笑)。バズーカみたいな一眼レフみたいに、とくに高機能なデジカメでもなく、所詮200万画素なので、自己満足の域を出ませんが、自分なりに好きな表情が切り取れたときはとても嬉しい。でも一番撮っているのはやっぱりup中なんですよね。試合中撮るのはホント、よっぽど余裕があるとき。試合が中断したときとか。だから当然ギリギリの試合をしているときほど枚数が少ないです。

あとは、ブログのネタを考えているときもある(笑)

PHSはほとんど使わないので、それをもてあそぶという選択肢は皆無です(ウェブも見られないし)。

試合終了後は可能な限りゴミ拾いをして、気持ちをクールダウンさせて(笑)から帰ります。負けているときほどその効用は大きいです。ゴミ仲間(…なんつー表現だ…)を見て「この辺ひどいですね~」みたいな感じで会話を交わせるとなんとなく嬉しい。両手で持てるだけのゴミを拾って処理したら、あとは埼スタであれば天気を問わず、翌日に響かない程度にバーをのぞいてから帰ります。下戸なので飲みではなく、むしろ西野さんの司会ッぷり(・∀・)とゲストを楽しみに

それが一段落する頃には電車も空いてイイカンジ。



そんな感じでしょうか。結構気楽に一人参戦、楽しんでますよー(^ー^)

とはいっても、グループの人々と一線を画すとか、嫌っていることは絶対にないです。同じ対象にありったけのエネルギーを注いでいるのであれば参戦のスタイルを問わず勝手に同志と思っているし、こういう場でブログを紡いでいるのも、どこかで薄く広くつながりを持ちたいと思っているからだと思いますし。

もちろん請われれば「浦和戦に拉致ってv」という物好きな友人を連れて行くのもやぶさかではないです。

まぁ、グループでの参戦がアリなように、一人でいるのもアリという、ただそれだけのことなんですけどね。

| | Comments (6) | TrackBack (4)

August 11, 2005

日本平道中記2005

さて、日本平への往復、スタジアム以外で起こった出来事をつづる、恒例の道中記です。


[往路]

ぷらっとこだまで品川→静岡。4500円也。

途中下車不可等々、JRの企画旅行?の一種なので、普通の乗車券や特急券とはちょっと違うものですが、変更などがないのであれば、安くて使える便利なきっぷ。

今回は品川で仕事を終えてから乗る予定だったので、きちんとそれで購入。値段は変わらなくても、東京駅から買ってしまうと途中乗車もできないはずなので。

仕事から品川駅に向かうスタートダッシュにちょーっと失敗。品川で荷物を1つコインロッカーに入れようとコンビニの時計を見たらもう出発時間(頭の中、滝汗)。そんなはずは…と時計を見たらコンビニの時計が少し進んでいた模様。でもココで乗り遅れたらしゃれにならないので、とにかく新幹線ホームへ。て、ギリギリでホームに滑り込み(ちょうど入ってくる新幹線を迎えた感じ)。セーフ…。イヤな汗をかきました。

品川17:04
 ↓
静岡18:22

途中、本を読む予定でしたが、前の日に眠ったのが遅かったせいか、眠くなってきたのでものの数分で読書を断念。座りながら暫しうとうと…。

そうそう、"ながら"の指定席券を押さえてはいたものの、3駅(清水、静岡、東静岡)の位置関係をなんとなく、

 浜松--清水--静岡--東静岡--東京

と勘違いしていたのですが

 浜松--静岡--東静岡--清水--東京

が正解です(前の日に気がついた(笑)…静岡を降りたらあやうく在来線の下りに乗るところでした^^;)。


静岡18:32
 ↓
清水18:43

…の予定でしたが、電車が遅れ、また車両の切り離しなどもあったため遅れは短縮されず、実際に静岡を発車したのは18:40近く。10分後くらいに清水駅に降りたら改札の外にきちんとバス乗り場案内のプラカードを持った係の人がいたので、迷うことなくそちらの口へ出られました。きっぷはロータリーに設置された臨時切符売り場で購入。

清水19:00
 ↓
スタジアム19:22ごろ

途中、いくつかのバス停で赤い人やオレンジ色の人を拾いながらスタジアムへ向かいました。


[復路1]

スタジアム21:15?20ごろ?
 ↓
東静岡21:55ごろ?

シャトルバスは行き先別に列が分かれており、静岡・東静岡・清水のそれぞれの駅行きとなっていましたが、東静岡だけが異様に列が少なかったです、はい。わたしは東静岡に用事があったのでそれに乗り込んだわけですが、列に並んでからもバスは2台しか来ず(急いでいなかったので座った方が良かろうと1台見送る)、それに相応しい並びの人数でした。

行きと同様、切符売り場があったのに気づいたのは列に並んでから(汗)。まぁでも並びの人数が少なかったので、荷物を置いてひょいと買いに行きましたけど。あの辺のアナウンスがあると親切だなぁと思う(わたしは気づかなかったので)。

東静岡までは意外に遠かったですね。バスは病院の脇を通り、駐車場に向かうと思しき同志たちを追い抜きながら、山を登り畑を過ぎ…暗くて周りはよくわかりませんでしたが、イチゴ狩りの看板がそこかしこに。

バスに立っている人はたぶんおらず、35分を座って行けたので、意外によい選択だったかもしれません。中には21:58発の東静岡発下り電車に乗り、22:24静岡発の新幹線でとんぼ返りの同志がいたようで、脱兎のごとく飛び出していましたが、あの調子ならおそらく電車には乗れたこと思います。

まぁ、でもたとえ下り電車を乗り過ごしても、駅前にはTAXIもたくさんいましたし、あの時間にバスが着いておれば、東静岡から静岡までTAXIでとばしても間に合ったんじゃないかなぁと思います。あとでわたしはTAXIに乗ることになるわけですが、10分かかったかな、という距離でしたから。少なくとも同じ時刻に静岡行きの長蛇の列に並ぶよりは早くバスに乗れたかも。ご参考までに…って、保証はしませんけど。


[ブレイクタイムvv]

アウェイ恒例の温泉タイムですv

今回の立ち寄り湯は東静岡駅南口から歩いて10分くらいの駿府天然温泉「天神の湯」ですた。

温泉vv

夜間券(入浴料)1500円…のところ、その場で入会無料のWelcome Friends Cardに入ると200円引き♪もちろん事前に印刷して持って行きましたが、ひょっとしたら現地でも用意されている?(未確認)

入ってみれば場内はこれ以上ないくらいに清潔。

あと、入浴等に必要なものはすべて中で自由に使えるようになっていて、よっぽどこだわりのスキンケア道具を持っている方でもない限り、持ち物は一切いらないです(実際わたしは何も持ち歩かなかった)。館内着に着替えるよう指示されたあと、お風呂に入ろうとすればバスタオルやフェイスタオルの類はもちろん、歯磨き、カミソリ、浴用タオル、シャワーキャップ、シャンプー、リンス、せっけん、ボディソープ、サウナで使う布、化粧水、乳液、整髪料、ドライヤー、綿棒etc...etc...わたしが欲しいアメニティ用品はすべてそろっていました。使い終わったタオル類は係の人がこまめに回収に回っているし、床の掃除も随時されているので、非常に清潔感も高いのが好印象。

お財布すらいらないのは、場内では牛乳の自販機を使わない限り、お財布の代わりにロッカーキーについたバーコードですべて後払い精算可能な仕組みなので、これがまた良くできていたと思う。だから場内にある別途有料のサービスはそれで管理している=お財布を持ち歩かなくていい=すごく安心できる。また、貴重品は利用無料のセーフティーボックスに入れておけばよい。うん、いいぞぅ。

で、肝心のお風呂は…癖のない温泉で、あまり温泉温泉していなかったので、それが物足りない人もいるかもしれません。多少加温されているようで、いくつかの浴槽はすべて温度計つきでした。あとサウナは2種類。中庭風の露天風呂あり。

で、22時10分頃に入館しまして、当初は23時30分ごろに東静岡を出発する下り電車で静岡に行き、そこで2時間くらい時間をつぶす予定でしたが、あまりに快適すぎて、1時すぎまで(3時間近く!)中で過ごしていました。お風呂で2時間くらい(脱衣所にいた時間も含む)、あとはマッサージ機に座ったりして。あやうくそのまま眠りこけたい衝動に駆られる(笑)。あぁ、時間が許せばもっといたのにっ!

いやー、至福至福。

焼酎2000種の居酒屋さんは、金・土のみ深夜2時まで延長営業していたようですが、そっちの嗜好がないもので、スルーいたしました(笑)。お腹もすいていなかったし。

ちなみに、オーバーナイト(2~9時)となると入館料にさらに2000円ぷらすすることで館内に滞在できます(つまりは宿代わりになるってことだな)。2~6時は入浴不可ですが、6~9時に入れば良いわけで。

とにかく施設としても充実度と満足度が異様に高いです。

これで1300円かよっ。

…日本平だけでなく、エコパ帰りに寄ってもいいかも。いやまぢで。


[復路2]

さぁ、あとは東京に帰るだけです。すでに電車はないですから、TAXIを呼んで静岡駅まで送ってもらいました。TAXI会社は公衆電話のところに番号があったのでそこに「天神の湯にいます」とつげるとものの5分もしないうちに来てくれました。深夜2割り増しで1000円ちょい。複数名いればさらにお得ですね。

静岡2:02
 ↓
東京4:47

本日も静岡駅のホームには同志がいっぱいですv

ながら92号は通常のながらより数分遅れて到着するので、そのあとの乗り継ぎに少し難がありますが、まぁ、1本で寝ながら帰ってこられるので、便利は便利なのでしょう。でも通常のながらの方が車体も良いし、やっぱりそちらがとれたらそっちの方を優先したいですね。


名古屋戦は名古屋からのりますが、今度はしっかり眠れるかしら…。静岡からでは実質2時間半ですからねぇ…。

[おまけ]

「落とし物をすると勝つ」という縁起も継続中orz…今回はボールペンの先っぽをくるくるしていたらうっかりバネにはじかれ、無くしてしました…落とし物ではないけど…無くしものか…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 09, 2005

清水戦@日本平:ナビ準々決勝1st・2005.8.6...1-0

花火

どーんと鳴った花火が綺麗だな~♪

…いや、実際は気が散ってならなかったっす(笑)。向こうに攻め込んでいた清水的にあれはアリなのか?


とにかく今日は…

マコさまvマコさまvvマコさまvvvマコさま・マコさま・マコさま、という感じでいいですかね?(笑)

妙にシュート打つなぁ、と思ったら半分が長谷部のものだったらしいし。そっか。

セルくんとカニはスタメンの2トップを張るにはあまりに若く、実績もまだあるとはいえないけれど、それをおにーさんたち(いちおうみんな"にーちゃん"ということにしておくか…)が後ろから支えている、そんな試合だった気がする。都築の前に球が上がるとそれはドキドキしたけれど、あとは清水の攻めが結局はゴール周辺だけ見れば単調なものに終始していたようにも思えたし。そんな試合をコントロールしていたのが長谷部で、シュートまで決めるし(そこ以外にもフリーになる時間、結構あったように思い)、念願のトップ下就任に一歩近づけましたかね?

後半の祈りのみ確認啓太も友ちゃんもよく球を拾っていた。あとはもう少しロスタイムの時間稼ぎを危なげなくやってくれると安心なんですが、今日はそこまでは期待し過ぎかなぁ…。

都築、後半の途中で交錯していたらしくドクターが呼ばれて「交代!?」とドキドキさせられたけど、いちおうキックしていたから大事には至らなかったのかな…。でも心配。

□雑感□

初めての日本平、鈍行が遅れて18時45分頃に清水駅到着。で清水発のシャトルバス最終は19時発だとorz。出発を待っている間、運転手のおねぇさんがスタッフの人と話していて

「こっちの方がいい」「お客さんもわかりやすいって言ってる」

とか。どうも祭りだからいつもと違う口のロータリーが臨時発車場所になっていたのですが、それが双方にとって良かった、ということらしい。

で、19時出発、20分少々の遅刻。

…でも19時に街中を走ってみてもとくに渋滞もなく、本当に祭りだったのか?との疑問は消えません。まぁ提灯はぶる下がっていましたし、浴衣で歩いている人もいましたが。

さて、着いてみれば外はすでに暗く、仕事の荷物(パソ&書類入り)と参戦の荷物を計2袋抱えてバスから見えた「ビジター」の文字の看板を頼りに急な坂を下りていってしまったら、これが大失敗。ちっ。あんなに急な坂を下りていって見れば、さらにテニスコートを大回りさせられて、さらにさらに、今度は急な坂を上る羽目に。運動不足のくせにあんなに重い荷物を持って小走りだったので、おかげでチケットチェックのところで声でませんでした。

これがアウェイの仕打ちですか?orz…全く、ややこしい看板立てやがって#あの看板が余計だよなぁ…とにかくこの恨みは忘れられないからなー。

教訓
…シャトルバスを降りたら、焦ってバスから見えた急な坂を下りてはいけない。スタを左に見ながら反時計回りに歩くのが正しい(メモメモ)

前半はおかげで息を整えるのに精一杯…カメラ取り出す余裕もなし(--;

まぁ、腹立たしかったのはそれくらいで、マコさまのゴールには間に合ったし、試合前のパルちゃんショーは見られなかったけれど、ハーフタイムに「踊る」の「踊らない」の「はっぴを着ろ」だの「着たら踊りたくなっちゃったよ」みたいな、よくわからないパル芝居をしたあとでやっぱり踊ってた。ほんっと、ツチノコ扱いされるレディアと違って大活躍だなぁ(笑)

何より勝ったからパルちゃんへの視線もやさしめで♪


わたしは1階席に座っていたのですが、駒場の1階席上段ほどではないものの視線のちょっと上を2階席が覆うような感じ。でも総じて見やすくて良かったです。ただ、上の人々が跳ねていると思われるので、思わずスタジアムの構造と強度を心配する(笑)。帰宅してビデオを見てみれば、TVカメラが時にすごいことになっていた(汗)。地震の時の中継みたいです(--)。いつか破壊しかねないんじゃないかと。次はA席にしておくか。


□余談□

清水はホンット、ぬいぐるみ好きだと思ったら、次回ホームゲームでは、ビーニーベイビーズぬいぐるみプレゼントとの情報も某所で発見。

清水の道中記はまた別途。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

August 07, 2005

帰ってまーすv…[いつもどおりの超短報]

40分ほど前に無事帰宅です。いまビデオで長谷部のシュートを確認、えぇわぁ(はぁつ)。(←日本平ではパルちゃんショーと背景に花火は流れても(笑)、映像は流れない…)

忘れちゃいけないのはリーグ戦とくっついて都合、清水戦三連戦だけど、あくまでホーム&アウェイの2試合。だから次が重要だってこと。向こうは3たては喰らいたくないだろうし。大宮戦みたいにモチベーション高めてこられたらイヤなサッカーになりそう。気を抜かずに頑張りましょう。

はい、めでたくここにまた、初参戦スタに白星がつきました。(^-^)

○:日本平('05)

今回は珍道中ではありませんでした(笑)。でも温泉は満喫してよかったっすよ。

あと、やっぱ臨時列車の"ながら"92号(←92号ってなに?)より普通の方が寝心地いいことを身をもって確認。ま、当然か。

今日も昼間~夜出かけるので、次回のアップは早くて夜以降です。

ではおやすみなさい、くぅ…

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 04, 2005

ちょっと早いですが日本平

その日は6ヶ月以上も前から所用(仕事とも言うorz)が入っていたのですが、対戦相手は清水で、用事がまた都合のいいように品川なんですよ。10分で新幹線ホームに着くぜ(笑)。

これが鯱戦だったり、所用が埼玉であったりしたらあきらめるのに。

…問題は…祭りか。あと到着が遅いので席がないかも。まぁ、どーにでもなれっ。

てなわけで、行きはぷらっとこだまで。帰りはながらという、微妙に節約して行ってきます。今週は暑いようなので体調には気をつけないと。

まぁ、到着はキックオフちょい過ぎくらい、当然のことながらパルちゃんショーが見られなくて残念ですが(笑)、ここまでして行こうという大きな理由はアウェイの初参戦スタジアムの負けない確率の良さかなぁ…。

わたし、アウェイ参戦を始めたのが比較的最近ということもあるんですが、アウェイスタジアムに初参戦したときはあまり負けないんですよねー(勝率100%でわない)。

○:味スタ('03)
○:神戸ウィング('05)
○:大分ビッグアイ('04)
○:瑞穂('04)
○:日立台('04)
△:横浜('04)
△:等々力('05)
△:柏の葉('03)
△:エコパ('05)

あたりは勝ちか引き分け。ダメだったのは新潟か。国立の浦和戦がホームかアウェイかわからない(笑)。たぶん鹿戦?市原なら勝ってますね。

そんなわけで、自分のビギナーズラックにちょっと頼ってみようかと…<担げる縁起は何でも担ぐぞ(笑)。日本平の神様は強力だし、今のうちにジンクスは払拭しておかないとねっ。

というわけで…明日は…ageられない可能性があるので、早めに頑張る宣言。


□追記□~8/5深夜

柏の葉とエコパを書き忘れていたので追加。ついでに勝ちと引き分けも○と△で入れてみました。覚えていえる限りで年も入れてみたら結構覚えていた。よくわからないのが霞ヶ丘か…と思って実家から持ってきた箱を見たらちゃんと手帳がありました(笑)。

で見たところのホームは

△:駒場
○:埼スタ('01)
×:霞ヶ丘('01)

ですた。あとはアウェイ扱いでカウントすると

○:埼スタ('05)
○:霞ヶ丘('03)

てなめっさ都合のいい星勘定に(^^)…ついでに

○:熊谷('05)

も入れていいですか?(笑)

ではまた明日、頑張りましょう。遠征組のかたは道中お気をつけて(^-^)/…わたしは…といえば、まずは仕事の準備と遠征の準備のどちらも忘れ物がないようにしないといかん(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (1)

August 03, 2005

達也のミドル!

はぅ…静かな住宅街、窓開けっぱで思わず

やたーっ

と叫んでしまいました…<もちろん"よっしゃー"のガッツポーズつき

あー萌え萌えvv

達也、早く浦和に帰ってこないかしら、もー、ますます切れまくったらどうしよぅー(身悶え)。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

東アジア選手権2005TV観戦中

えー、ただいまご飯を食べながらTV観戦中です。

初戦の感想のエントリーもあげていないわけですが、その北朝鮮戦といえば実家で見ていたわけですが、数日経ってみれば結局は

達也の2人(3人?)抜きに萌え!

以上(笑)。

とにかく「早く達也出せー」とそればっかりつぶやいていたので(笑)、あのプレー見ただけで実家をあとにしようかと思ってしまったくらい(<をい)。でもあそこを見逃したらほかに見るべきところは…すでに思い浮かばない…かも^^;。

あれはきっと浦和のサポなら三度の飯より好きvと言っても過言ではないくらい、達也お得意のプレーですから、今日の総入れ替えの試合でも楽しみにしてるよ、達也。逆にココで結果を残さないと今後厳しいかもしれないな。どーせ初戦の面子もまた何事もなかったように戻ってくるんだろうし…(--;

…でも総入れ替えするくらいなら、はじめから連れて行く選手全員そうしろや(--;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2005

Alpay, congratulations!

Alpayの再就職決まった!!かねて話のあった1. FC Kölnのおふぃさるにのった!

と言うことは…決定ですね(<この間は1の文字を抜かしてごめんな^^;)。

ここにブンデスリーガーのアルパイ誕生。

…これで独和の辞書を実家で発掘して持ってきた甲斐があった(笑)。超基本的な文法書も持ち帰ったし。

...マンU戦のレポも、青ユニの達也の感想も仕事諸々で忙しくてあげてないけれど、とにかく嬉しいニュースなのでそっち優先!

よし、これで今日は心おきなく眠れる…^^ゞ

おふぃさるのニュースはこちらから。

| | Comments (5) | TrackBack (2)

« July 2005 | Main | September 2005 »