« 駒場を満杯にしよう | Main | 気持ちが悪い »

October 17, 2005

柏戦@駒場:第27節・2005.10.15...7-0

良かったこと。

・トミーのハットトリック。しかもうち2点はジャンプ一番!ヘディングシュートv(←なぜかうちは苦手よね)
・達也→ロビー、啓太→達也、それぞれナイスアシスト&ゴール
・見知らぬサポと何度も何度もハイタッチできたこと。終わりの方の得点になると「はーい、はいはい」と…愛が薄くてごめんな<友ちゃん&カニ
・永井はやっぱり右ー!とうなりたくなるくらいキレキレだったこと
・赤星、リーグデビュー戦であわや初ゴールか?のシュート、新潟アウェイ(ナビ)とは見違えるようで、また萌たんもセルも、サテでの成長、トレーニングの成果を物語るような動きに明るい将来を見たこと
・DF陣への負担が少ない試合だったこと、そして代表帰りのツボを初め皆頑張っていたこと
・友ちゃんが慣れないポジションでよく頑張っていたこと
・トミーがヒーローインタビューのあとの駆け足で場内1周したとき、6箇所ぐらい(通常は4箇所か?)で立ち止まってそれぞれ直立不動→上半身90度曲げのおじぎに萌え
・久しぶりに駒場で勝ったこと
・久しぶりにWe are Diamondsを歌えたこと
・帰ってきてから映像を見たら友ちゃんのシュートは実は技ありドリブル&シュートだったこと。現場では「誰でも蹴れば入るんじゃないか状態?」と思ってしまってた<ごめん、友ちゃん。っていうかアレをよく見ておくように<永井


悪かったこと。

駒場に16000人少々しか集められなかったこと。

…そして…わたしたちの大好きな彼の歌をしばらく歌えなくなってしまったこと。



昨晩から今日にかけて、DVDレコーダーのHDD内の整理とか、お洗濯とか、風呂場の掃除とか家計簿つけとか、あまり考えず処理できる、あるいは無心になれることに手をつけました。ついでに普段しようと思ってできないでいたノートPCの画面の掃除とか、キーボードの掃除とか(かなり埃が溜まっていてそれは綺麗になったのですが一方でEnterキーの取り外しに失敗したらしくちょっと反応が悪くなってしまった…最悪)。

昨日、浦和の駅まではnaka0419さんとご一緒して、会話の中で共通の知り合いも発見され(世間は狭いでつねっ(・∀・))、RVで買い物があったのでそこで別れたのですが、ストラップを箱買いしようかどうか迷っていたら大画面で流れていたのがさっき終わったばかりの試合の映像。列に並んでいたらちょうど後半、2人目の退場が出たあたりで…。

ゴール裏・最も東寄りのエリアにいたわたしの目の前で起こったことが否が応でもフラッシュバックされる。


2人目の退場でまだ選手達が浮き足立っているところに達也の前方へ絶好球が出た。達也なら絶対に追いついてチャンスにつなげられるはずであろうことは、浦和のサポならわくわくするほどに明らかだった。
そこに必死になって駆け寄る相手DF。
追いついて身体を寄せるだけではなく、2人の足が絡み合うのが見えた。
トップスピードのタイヤに棒を突き刺して止めるような急ブレーキ。蟹挟みのようだった。あれが柔道なら相手の首に手がかかって一本の技が決まったような。
普段は穏やかそうな仁賀先生がこのときは躊躇なくピッチに足を踏み入れ、一直線に達也の元に走り寄る。その様子に思わず去年の2nd新潟戦を思い出す。
担架に乗せられても痛そうな達也。
怒るロビー。

そんな様子が頭の中をぐりゅんぐりゅんして、家に帰ってきても、なんか、ネットを巡る気力も起きなかったですが。

でもなんか情報はないかと、J'sGoalのギドのインタビューを見てもまだわかっていない様子。つづいてRHBを覗いてみたらなんかタイトルが見えて、慌てて公式にいったら珍しく早い段階での診断結果の速報が。

右足腓骨骨折。

…それにしては足首の曲がれ具合が尋常ではなかったように見えたんだけど。

翌日になって発表された診断結果にはさらに脱臼の文字がついていました。

全治5~6ヶ月ということはどういうことを意味するのかはわからないけれど(つまりトップでキレキレの達也が見られるまでさらにあと何ヶ月かかるんだろう…)。

でも、わたしたちはその日をずっとずっと待ってるからね。その日には今度こそ心から喜んで「歓喜の歌」とあなたの歌を大声で歌おう。

仁賀先生、達也をよろしくお願いします。

トップスピードの選手の身体と身体がぶつかりあうこと、それが時としてこんな激しい結果をももたらしうるものなのかと。寒気立ちました。しかも目の前で一部始終を見てしまうことになるとは(今でも思い出すと軽く胸やけのような感覚が)。

今日の明け方に目が覚めて、そしてまた寝て再度目が覚めて、それでも夢だったら良かったのにと。窓から見える鈍い空を見ながら、何度思ったことか。


主審と柏のDFの選手へ。

あなた方があの試合とそれを終えたあとになにも感じないほど鈍感だとは思わないし、今も苦しんでいるのではないかと…だからプロとして2度とこのようなことが起きないよう、今日の試合のことを肝に銘じて、この先の人生を生きてくださることを祈ります。

|

« 駒場を満杯にしよう | Main | 気持ちが悪い »

Comments

★naka0419さま

シラスの躍り食いってまたハードル高いなー(笑)。でもシラスのぬいぬいってこの世にあるんでしょうか(素)

噛み付くクセ…だからお口にチャックがされて無口なんですね!

…いや、ホントに口がないんだってば。

Posted by: Samemoon! | October 19, 2005 01:43

いやー、セリタンが
日本人がよく食すものを食べたい
と言ったもので用意してみました。

味については生きたまま食べたので
吸盤が口の中にこびりついていたい
と申してました。

今度はしらすの踊り食いにチャレンジしたいそうです。恐るべし。

なお、本物は基本的には草食らしいですが
噛み付くクセがあるようです・・・。

Posted by: naka0419 | October 18, 2005 14:10

★naka0419さま

悪いことできないのはお互い様です(・∀・)にやにや

しかしゼリタソ、タコ食べますか(笑)

Posted by: Samemoon! | October 18, 2005 01:45

土曜日はどうもお疲れ様でした。
いやぁ、世間狭すぎます(笑)。

小生は浦和の中では悪いことが
きっとできないですねぇ。

ゼリッチ(謎)は今日は家で
留守番しています。

Posted by: naka0419 | October 17, 2005 14:32

★しずぅーさま

おはようございます。
そうですか…複雑~とかいう文字がなかったのには胸をなで下ろしました。脱臼とはそういう物ですか…では感謝しなくてはいけませんね。わたしが足の指を骨折した瞬間は気持ち悪くなって、いまも感じるのはそんな感覚です。

わたしも浦和のコ、ましてや達也ならできると、信じてます。(^-^)

Posted by: Samemoon! | October 17, 2005 10:54

脱臼を伴っているからこそ軽くて済んだんだと思ってます。
達也の精神力と肉体を信じましょう。

Posted by: しずぅー | October 17, 2005 10:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 柏戦@駒場:第27節・2005.10.15...7-0:

« 駒場を満杯にしよう | Main | 気持ちが悪い »