« 気持ちが悪い | Main | 空気を読んだ人々 »

October 31, 2005

川崎戦@埼スタ:第29節・2005.10.29...3-2

今日勝てたのは、川崎のそれが、ほかならぬ我々の通ってきた道だからかも知れないと思いました。

それはほんの少しだけ前のこと。昔というには最近のこと。

いい試合をしてもあと一歩で勝負に勝てない、そんな悔しい思いを何度もしてきたということ。

ファールをしても止めることができない、そんな速さを持ったFWに依存し、彼を生かすためのサッカー。かつてそれをしてきたということ。そしてそのFWが自チームにいたことで、ほかならぬ我がGKの状況判断に生かされて、最後の最後のところで何度もその球を止められたのに無関係ではないのだろうとか(それにしてもDFは抜かれすぎ)。

そのほとんどを得点に結びつけられる必勝パターンは当然あっていいけれど、それに+αのカードを何枚持てるかが、いろいろにきっつい試合で勝負を決めるのに重要だということ。闘莉王が前に出てくるのは想定の範囲内だけど(笑)、家に帰ってきて映像を見直してみたら、決勝点に繋がるプレーの直前に上がってきたうっちーがいた。

どんなに不条理なジャッジをされても90分を戦い抜く我慢強さ。これで「ペナルティエリア内での転倒→シミュレーションの法則」が適用されるようになってくるとさらに辛抱強くなるんだよぉー(^^;)

…冗談はさておき、中盤で詰める、あるいはセットプレーでそのこぼれ球を確実に拾えて浦和のゴールを脅かそうとしていた川崎の選手たちは少なくとも今日の浦和を凌駕し、よく訓練されているなぁという印象。また一方で、徒にシミュレーションに頼るような気配は感じられなかったし、総じてサッカーをやってくれたと思う(ってわざわざ書くほどのことか?(笑)<ヤダヤダ)。さらに審判に乱されない冷静さとか、あと一歩前に進められる力が全体に備わる、あるいは決め手となる選手が入ればものすごく怖くなる気がする。今ある駒の中で、チームとしての方向性や意識が統一されているんだろうなぁ。いい監督でいいチームだなぁと思った。あの順位は妥当な結果でしょう。


PKはイヤな間合いになったけれど、目の前でアレが決めてくれた、あぁ、浦和にいてくれて良かったー(笑)。どうもドキドキしちゃいますわ。

闘莉王はこのままだと浦和の得点王確実なのか?おいおい。

友ちゃん、いいところで球を奪っていて、下手したら相手のいいリズムになりそうだったりして、あーゆープレーをして救ってくれるとすごく頼もしい。あぁだのに試合には出させてもらえない(;;)。

…あとは…とくになし(笑)。

いつもならヒーローインタビューとそれに拉致られなかった選手の場内一周が同時に始まるために、場内にいるとなかなか落ち着いて聴けない、あるいは音声がよく聞こえないことも多いヒーローインタビュー、今日はなぜか全員で場内一周を終えてからインタビューという段取りになったおかげで全観衆の注目を一身に浴びる闘莉王、そして退場間際で呼び止められたアレ。そのアレは最後の最後に

「今日は僕を見に来てくれてありがとう」

と曰って場内大爆笑。一人で美味しいところを持って行ったアレは「やっぱり天然のいぢられキャラ?」と思ってしまいました。スタでリプレイを見ていたら2点目を決めたあとにTVクルーに向かっていってゆりかごしていたんだねー、しっかりカメラ目線でグッジョブ(笑)。ちょっと遅くなったけれど、トミーも一緒に揺らして、改めておめでとうv

それから、平川&都築は足の具合は大丈夫なんだろうかねぇ…。都倉の出場にそういえば中坊くんは見ているんだろうかと思っていたら、危険なプレーで一発退場となってしまった。あぁいうのは達也のこともあるし怖かった。若くてがむしゃらな球追いは故意ではないだろうとはいえ、一つ間違えれば大事故に繋がりうるプレーで、そのあたりのことをなんからの方法で改善できないんだろうか。こうみると川崎の選手全体が最後まで審判と上手く折り合いをつけられないでいたのかなとも思いました。浦和はトミーがペットボトルを蹴り上げるなど確かに途中までいらだっていたけれど、前半に比べ後半は全般的にかなり落ち着いていた、結果としてそれが対照的で功を奏したのかなとも思う。でも都築もカード喰らってよりによって万博が累積で停止ですよ、とほほ。大事なおみ足はよく治してね。ひょっとして天皇杯もギシになるのかぁ?

でも何より長谷部がシミュレーションをとられたおかげでリーチになってしまったのが痛い。長谷部はシミュレーションなんかしねーだよ。しかもあんな時間帯に。なんの参考になるわけでもないが、今年振り返ってみれば、彼の場合6試合連続でカード無しというところもあるので、あと5試合、もらわないで済むこともあり得るかなとか…そんな期待はしたいけど。

審判のことはねぇ…。特に川崎寄り・浦和寄りかとではなく「不安定」の一言につきるなぁと思う。川崎幻の3点目は、千葉戦@臨海で見たばっかりだし、まー、あーゆーこともあるんだということはわかっているし。それでもなんでも、ゴールをたくさん決めることができた方が勝つ。サッカーというスポーツはそれ以上でもそれ以下でもなく。今日の試合でも、ジャッジで乱されていたリズムの中、2点目を入れたときにそんなことをアレに思い知らされた!と思ったもの。願わくは、ギドがジャッジのことを試合後のコメントで少しでも述べてくれれば、もっと良かったなと思う。また負け試合でしか文句いわないとかいわれるのも癪だし。

そして本当に3点目を手に入れたのはうちで、そのバックに流れているのは右腕を空に突き刺すポーズのあの曲。点が入る曲、点を取られない曲、審判に乱されない曲、最後の力を振り絞れる曲、それらを奏でる一助ができれば幸せだなぁと思う。


他試合の結果が流れたとき、大宮が勝ったというニュースで場内に拍手が起こったことを書いておこう。うん。

今日もゴミ拾い。徐々に寒くなってきたせいか、飲み残しが気になりだす季節。最近は中身が残っていても、それがお茶とお水ならその場に流すことにしちゃいましたが、ビールやジュースはべたつくのでそうもいかず、少しずつペットボトルに集め入れて不浄へ。わたし的には今まで使い道のなかったクリーニング帰りの透明のビニール袋が再利用できてイイカンジです。大きさも45Lゴミ袋くらいはありそうです。今日は1袋しか持って行かなかったのが失敗。少なくとも2つはないと(ペットボトル用とその他のゴミ用…もう1つあれば可燃・不燃で分別可)。

After Game Barへ着いたのは少し遅め。堀さんと清尾さんがゲストで、西野さんがMCでした。先日お披露目され、今日配られたらしい「たつはせ」ポスター、西野さんが…なんていったっけかな…「あのいやらしい笑顔」とかそんなことを(笑)。曰く、あの歯はなにも白い処理をしていないのに真っ白だとか。その「いっしょもっとweb」の宣伝や試乗レポーター募集のお知らせとか、入院している達也の様子と復帰の見込みとか、堀さんのユースサハラカップの簡単な告知とか、清尾さんと堀さんのエピソード(以前MDPにものっていた「レッズどうしたんですか」発言)とか、すでにネットで知っていることもあるけれど、そんなことをきける場が提供されて、みんなで共有できて同じ埼スタでもやっぱりホームはいいなぁと思いました。

おしまい。

□追記□

後半、南バック側からCKをする際、ブーイングするスタンドににらみをきかせた(ようにみえた)川崎の某選手、直後のキックは大きく外れてしてやったりだった。逆に前半でアレが同じ場所に立ったときは「アレー」とか拍手が起こった、審判にいらだちながらも仲間が醸し出す雰囲気はいつもよりちょっとだけまとまっていた気がして、ちょっとだけ役に立ったかなと思う。

自己満足かも知れないけれど。

帰ってきてみた映像で…無防備に大あくびの啓太が抜かれていた…いいオトコが台無し(^_^;

|

« 気持ちが悪い | Main | 空気を読んだ人々 »

Comments

★MASAさま

こちらこそご無沙汰しています。体調も復活された由、何よりと思います(^-^)ネットも心と身体が元気でないと更新できないような気がしますので、お互い健康管理に気をつけましょう!…わたしも実はちょっと元気減退だったもので(^^ゞ

とにかく自分たちは目の前にある試合に全力でぶつかるべし、わかっていても、昨日のようなことがあって試合数と対戦相手を見ていくとやっぱり気になりますねー。

リーグ戦も重要ですが、まずは山形戦ですね。万一そこで不覚を…なんてことがあればそれこそリーグ戦に響きますから、集中して望みたいと思います。

★Quezmanさま

あぁ、名前が変わられたんですね^^;...元Sさんでしたか…。ブログの体裁とエントリーの内容(対象)が似ているなぁとは思ったのですが。

そうですね、いいチームでしたよね、あの川崎は。あのまま行けば、来年のナビスコあたりではひょっとしたら怖い存在になるかも?と思ったりも。高速FWの足が鈍ったときにリードしてない状態から攻められるのか等々、J1再昇格1年目ではまだ発展途上だとは思いますが、でも姿勢というか、そういうものを見る限り、サッカーのガチンコ勝負が見られそうな相手だと思いました…<あとは審判さえまともなら#。

今年でいうと鞠戦アウェイのような試合がもっと増えるといいなと思います。まぁもちろん我々が勝ったからこそですが(笑)

偉そうなことを言うためにはそれにふさわしいところに行かないとですね。頑張りましょう。

Posted by: Samemoon! | October 31, 2005 at 23:56

こんにちはえ~っと前は違う名前でしたが・・・

川崎に前の我々をってのは同感ですね。
審判に苦しめられたり前と後ろが完全分業だったり早い助っ人FWの高速カウンターだったり良いチームだなって印象は残りました。

まあそれだけじゃ勝てないんだけどと偉そうな事を言いたいですが勝ち取ってからにしましょう。次の万博です。

Posted by: Quezman | October 31, 2005 at 14:15

Samemoon!さん、ご無沙汰しています。パソコンの調子が悪く、ずっとブログを休止してて最近ようやく復活しました。川崎戦はTV観戦でした。不可解な判定の家本にかなり荒らされましたが、何とか勝ちをもぎ取ることができて良かったです。まさか瓦斯がガンバに勝つとは、、と驚きながら首位と4差に迫ったことに気付きました。次の山形戦は参戦します。一つ一つ大事に勝って行きたいですね。We are Reds!

Posted by: MASA | October 31, 2005 at 03:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59025/6769296

Listed below are links to weblogs that reference 川崎戦@埼スタ:第29節・2005.10.29...3-2:

» Urawa Reds News(42) vs Kawasaki Frontale (1) [MASA-NET]
We continue to win.... Heutenachmittag fand ein Fussballspiel (meine Urawa Reds gegen Kawasaki Frontale) im Saitama Stadion 2002 statt. (Urawa Reds 3-2 Kawasaki Frontale) Alessandro Santos erzielte erstes Tor beim Elfmeter nach dem Regelverstoss von... [Read More]

Tracked on October 31, 2005 at 03:03

« 気持ちが悪い | Main | 空気を読んだ人々 »