« October 2005 | Main | December 2005 »

November 25, 2005

2005年リーグ戦・ホーム最終戦

リーグ戦のホーム最終戦というものに初めて行ったのが2年前。それまでは駒場だったのでとてもとても買えませんでした。

エメの劇的なゴール、試合が終わったあとも雨の中、旗を片手にスタジアムを一周する選手達の姿と、オフト&ヤンセンと共に集合写真を撮る姿が今でも忘れられません。勝ったわけでもないのにね(笑)。だからしばらくパソコンのデスクトップには、オフィシャルで公開されたあの時の集合写真が置かれたものでした。

実はあの試合で決めたエメのシュートが鹿の望みを砕き、また目に見えない優勝カップがいろいろなチームの手をすり抜けて行ったことは、帰宅したあと…複数のチームの様子をTVで見ていた祖母に聞いて初めて知りました。

浦和には優勝の芽が完全に消えた試合、あの時あの場所でのあの90分間は、何を求めて2階席に座っていたか記憶にありません。屋根はあるけれど2階席の上の方は雨が降り込んで寒くて大変だった、けれどもただ、ひたすら自分たちのチームに向けて手拍子していたように思います。今と同じように。

何か心満たされてそこを去りがたく、そしてふとオーロラビジョンを見ると、その年1年の総集編の映像が流れていました。クラブからのメッセージ。確かナビスコ決勝の映像も流れたはずで、優勝するということを改めて実感した瞬間。ホームの最終戦ってこういうことなんだぁ…と思わず釘付けになりましたっけ。意外に見ている人が少なくて、勿体ないなぁと思った記憶もあります。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

その1年後のホーム最終戦は、幸いにも最後のチャンピオンシップという場でむかえることになりました。

結果は悔しくも望んでいた最上のものではなかったけれど、ゴミ拾いをしたあとに見た総集編の映像にまたふるふると感動していました(参考:去年のエントリー)。1年前に学んだ通り、きちんと準備して映像を記録におさめたものの、家のパソコンではスペックが貧弱で見られないので、見たいときには職場のパソコンでこっそりみて愛でたりした。そういえばその映像も最近は見てないなぁ。保存版としてCD-Rに焼いておかないと。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、明日、リーグ戦でのホーム最終戦を向かえます。

・・・今年はどうなるだろう。

そして試合終了後、場内一周があるのか、どんな総集編が流れるのか、あるいは流れないのか。まだアウェイでの最終戦を残している、というのがわたしにとっては初めてのことなのでよくわかりませんが。いちおう道具は用意しておきたいと思うのです。

がぁ…。

実は去年職場から拝借した動画に強いデジカメは、あいにく同僚が海外出張の折に忘れてきやがって、はてどうしようかと(笑)。だいたい5分程度は必要と思われるんですが、わたしが今持っているデジカメはそんなに録れない(;;)。普段は使わないのだから手軽に動画が録れる安い道具でもないものか…明日試合の前にビックカメラに寄ってから行くかな。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そんなことをつらつらとotteruさんのエントリーを見て思いました。


■追記■

おふぃさるにのっている試合案内の写真、トミー(32)&ロビー(29)のあれは、たつ(22)&まこ(21)の向こうを張っているんでしょうかやっぱり。(^m^)

| | Comments (3) | TrackBack (1)

November 24, 2005

気晴らしに大原詣で

さいたま方面の用事(仕事)があったので、その帰りの足で大原へ行ってきました。

すでに練習も半ばと見えて、東半分を使ってサテ組が通常の半分の面積でミニゲーム?(5対5?)をやっているところでした。

一方、遠く北側のところで昨日の先発組が鳥かごをやっている風に見えたけれどどうだったでしょう。気がついたら坪井と堀之内と都築がグラウンドに座って(寝っ転がって?)サテの様子をみていたり、啓太とトミーが向かい合って蹴鞠していたり(←なんてゆーんだ?(^^;))、またそれぞれが座りながら器用にリフティングをしたり(腿とかお尻が攣りそう(笑))、啓太と社長が話し込んでいたり、あとは岡野がいるように見えました。さすがに昨日先発した選手達は早めに上がったようです。

また、中村が大原を時計回りに一周、近藤が大原の右半分を反時計回りに一周(北西の角から南東の角まではゆるゆるランニング→そのあと笛の合図で南東から北東、北西に向かって全力疾走)、と、それぞれリハビリのプログラムをこなしているようでした。あとはうっちーも大原の西半分のエリアをゆるゆるランニング。

グラウンド縦1/4使用の2対2のゲームは初めて見ましたが迫力あるね。キーパー二人の大きな声も聞くことができて、選手達の声という大原の醍醐味を味わったように思う。

2対2が終わってからも代志也くんは居残って柱谷コーチらにボールの受け方のレクチャーを受けているようでした。ボールをもらいに行くときに相手に背を向けて位置取りしてボールを触らせないようなやり方。たぶんトップの人たちは息をするように普通にできるプレーなんだろうけど。

千島も元気で嬉しかったなー。

そういえばギシと加藤と代志也くん?が引き上げる途中、大原の真ん中を南北に置いてあるついたてに接近した状態でボールを蹴る→ついたてを超えることができるか?…という遊びをやっていた。GK2名は1発で成功、予想通り代志也くんだけ×...^^;先輩達は上手(うわて)だねぇ。

こんちゃんは他の人が上がってもしばらくそのゆるゆるランニング→全力疾走を繰り返し繰り返しやっていて、あぁ早く戻ってこないかなぁ…と、わたしは回りに誰も人がいなくなっても、最後の最後までじとーーっと見てました(←かなり怪すぃ女^^;)。

昨日スタジアムで観戦していた誰かが、ギドを問いつめたらしいということを耳にしてそれを聞いただけでは正直イヤだなと思ったけれど、でもその場にいたわけでもないので、本当のことはわたしにはわからないんだろう。なにより大原に行ってみれば幾分気分が晴れて、また明日働いて、そして埼スタに向かう準備をしなくちゃね、とそんなことを改めて思いながら、夕暮れの大原をあとにしました。

そういえばちょうど関係者の門のところで都築かなぁ…と思うようなデカイ車とすれ違ったような気がする。いつもより少ないながら待っている人の列を見ながら「こんな日はファンサなんてしなくてもいいのになぁ…」と思うのはわたしだけなのかな。


ココログのフリー版が開始されたようなんですが、なんが、畳めたり、アクセス解析ができたり、公開日時の指定とかTB・コメントの一時保留ができたりカスタムCSSも使えたり。今のところ@nifty会員が無料で使えるベーシックよりもデザイン機能が充実して見えるのは気のせいですか?(汗)…ま、3月をめどにバージョンアップされるらしいですが。4ヶ月待てってことか#

| | Comments (2) | TrackBack (0)

千葉戦@フクアリ:第32節・2005.11.23...0-1

日曜日の試合は向こうのジウ選手の投入が転機になったように、今日は若いの2名が入ったところからずるずると全体的に後退したと思うし、そこでもかろうじて均衡していた微妙なバランスがやっぱり退場によって崩れたとは思うけれど…。なんか、2003年最初の長谷部の退場をふと思い出してしまった。

押している時間帯で点が入らないとなぁ…。

今年の初めからずーっとTVのところに置いてある駒場の芝入りカード。15人の選手がいて、今日出ている(or控えの)選手は7人しかいないんだ…と思ったら、今日の戦い、それだけを見れば良くやったと思いたい。っていうか思わせて(T_T)。ヴェルディ戦よりはよっぽど丁寧に戦っていたと思うよ。

苦しいなぁ、苦しいなぁ。

それでも土曜日は磐田戦だし、来週は新潟で最終戦を迎える。その予定に寸分の狂いも迷いもなく。


さて、噂のフクアリでした。

感想。

ピッチに近いね。

以上。<え゛?(笑)

さすがに横浜のデカいスタジアムのピッチ+トラックの面積に収まるというだけあるな。もちろん臨海よりは歩く距離が短いという点と作りもましだけど。それは比較の問題であって。

だってー、作りは増設による駒場の2段構造よりもはるかにちゃっちーし、いつか早々に崩れるんじゃないかと心配だった。トイレも少ないし(手を洗っただけで個室には入らず…混雑していたし)。細々とあちこちに作られた階段はコンパクトに押し込めるのにはいいかもしれないけれど(<いいのか?)、なんか、ピッチの見晴らし以外のいろいろが犠牲になっている気がする…。一気に上に行ける階段はないのか(←ない)。

あとは、たかがあの人数(1万6千?)で帰り道が牛歩の大混雑(しかもゴミ拾い後だからそこそこ時間経っているのに、ですよ)。歩道を片側しか通させず、どうやっても脇道にいかせないの#!味スタの方がまだマシ(駅への歩道は両側通行できるという点で)。わたしは時間つぶしと脇道探訪をかねて某ショッピングセンターへの道を進んでみましたが、どうもそのセンターがサッカー観戦客の駐車場になっているようで(笑)、迷惑だからやめるようにアナウンスしていたけどねぇ^^;...途中(横断歩道一切無し)の道であえて警備員の制止を振り切って横断すれば多少楽に帰れそうですが。

出口でゴミを回収していたシミスポの若い兄ちゃん達は新しい袋を手際よく広げるなど、よく働いていました(比較対象:神戸ウィング・長居)。乙。

スタジアムの構造は壊れなければまぁいいとして、それ以外の運営についてはもう少し改善されることを切に望む次第です。

わたしはキックオフギリギリの到着だったので、最上段の通路目当てで行ったら、親切な仲間の兄ちゃんが導いてくれた。一人だったから良かったのかな。でもハーフタイムで座ってみれば空席が隣にもう1席あったのがわかった…立つとわかんなくなっちゃうのよね…(しかも横幅のある人だったりすると(汗))。


と、試合終了後に比べ多少冷静になっているのは、京葉線車内での40分ほどのうとうとと、帰りがけにデニーズにノートPCを持ち込んでバッテリーの残量一杯(少し使ってあったので60%…時間にして3時間半ほど)の作業をがーーーっと集中してきてクールダウンしたからにほかならず。

帰宅してやっとネットを軽くチェックしてみたら、福岡が昇格を決めたみたい(正式には理事会の承認を得てからなので昇格内定の扱い)。去年までの悔しい思いを力に変えられたようで何よりでした。おめでとう。福岡には仲の良い友がいるので、ついでに会いに行けるだろうと思うと、それだけはわたし的にもなんか嬉しいです(お財布には厳しいけれど^^;)。

それと、澤登選手が引退するとのこと。そっかー。出てほしくないなぁ…というベテランの雰囲気は失われていないと思うのですが。お疲れ様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2005

いくぞフクアリ~千葉戦

仕事もちょこちょこ片付けて、明日はフクアリまで行ってきます。

気負いすぎるのはダメと、今年は何回も神様にいわれたので、残り3試合、努めて平常心(笑)。

蘇我から徒歩で行ける、という情報なので、あまり考えずにおりましたが、それなりに時間を調べ、向かうことにいたします。

明日入れて残るは3試合。わたし的には新潟戦の寒さ対策もかねて、防寒のシミュレーションもしてみようかなと思っておりやす。去年在庫一掃セールの時に入手したウォッチキャップというタイプの帽子を持って行こうとか、耳当てをしていこうとか。ブーツはまだいいかなとか。ちなみに、新潟スタの明日の天気は曇りがちで10度いかない模様(ぷるぷる)。

週半ばであまり余裕もないのでこの辺で…。明日も頑張りましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2005

ローソンチケットの逝く末

今年からシーチケの恩恵に浴するようになったから、総じてチケット奪取の負担が軽減されてはいるのですが、それでも新潟戦とか、千葉戦@蘇我スタとか、柏戦@日立台とか、キャパが少ないor争奪戦になりそうなところで行われると思われる試合にはそれなりに手段を揃えておかないと、不安なわけですよ。

で、去年のCSのチケ取りにあたり入会したローソンチケットのネット販売のページ、ご存じのように"情報の誤表示"問題のせいで1ヶ月近く利用できない状況。その間に発売された新潟戦のチケット取りにも使えず#、そろそろ復活するかと時々見には行っていたのですがトップページの案内も変化がない状況。

そんなことを思っていたらローソンチケットからDMが。

「おすすめトラベル情報!!」

というメール。「あれ?暢気なメールだな、復活したのか?」と思ってリンク先にいったら相変わらず味も素っ気もないページ構成で(ま、それは別にいいんだけど)、復活はおろか、

「 ※お問合せ期間は、10月28日~11月5日の午前9時から午後6時」

とある11月5日以降の状況も不明(不信感150%up)。もう11月21日なんですけどね。わからないならわからないでいいし、見切り発車でシステムが怪しいままとかされると困るのでいいのだけれど、せめてその旨トップページには載せて欲しいなぁ。

と思って下書きしておいたら、ちょうど11月21日付でようやく更新されていた。

そうこうしているうちにステージパスの有効期限が切れる罠(今年12月いっぱいで満了#)。争奪戦の試合のチケットを取るために1890円払ったんだけど…あまりその恩恵は受けなかったな。

というか、新潟の最終戦の時に使えなかった時点で逝ってよし。

こうなってくると次はLEncoreカードに切り替えるかどうかも思案のしどころです(そっちはクレジットカード;年会費1,575円)。わたしのPHSからじゃ0570にかけられないしなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2005

東京V戦@埼スタ:第31節・2005.11.20...4-1

ヒーロー

11月20日というその数字(というか日付)に

・・・なんだっけこの日…誰かの誕生日…でもないし…(しばし熟考)…あ゛

みたいにとりとめもないけどアホな考えが頭を巡った管理人です、こんばんは。ココまで来てぴんと来ない人は去年のDVDでも見直してくださいねv

ってことは2年連続で誕生日をコールされたラッキーな人がいる訳か。こちとらそんな見込みは一生無いというのに(僻み)

途中まではどうなるかと思いましたが。ヴェルディの得点は狙ってはいるものではないですが、流れは確実に向こうでしたし、まぁそういうこともあると思います、サッカーとはそういうスポーツだから。

先発の平均年齢の高さとは対照的に、サブのメンバーの若さと言ったら!11人でサッカーをやるために選ばれた先発メンバーたち、中には長く控えにいた選手達もいてそれでも先発で普通に戦えて、そういう彼らがこれまでモチベーションを落とさずに頑張ってきてくれたのが有り難いなと思う(MDPの友ちゃんのコメントはくすっと笑ってしまってでもすぐそれを後悔した…ごめん…本当に有り難い存在だなぁ)。そうした選手も含めて今日はかろうじて最低限戦えるレベルの面子を先発で揃えられたのかな…。その中で岡野はまだまだ進化中ということなのか(恐)。ボールをけり出したところに詰めて再度パス&成功してそれがゴールに繋がるなんて、わたしの知っている岡野じゃなーい(笑)。

場内一周の時に両腕掲げてそれを左右に振り振りしながらゴール裏を移動していたロビーは可愛いね・・・今日はポンデリング、売り切れ続出でしょうか(笑)

しかし、今日ほどFC東京の勝利に沸いた埼スタがあったろうか(いや、無い)(反語←テストに出るよ<嘘)

今日、件の募金を埼スタで行うということを某所で知ったので、今年わたしの手元に来て実はその処理に困っていたあんなお金(^^;)や、なぜかCDで拾ってしまった千円やらをあらかじめ封筒に入れて箱に投入してきた。それでも足りなかったら今度はポケットマネーからまた出すかも知れないし、少し見守りたいと思う。公式サイトによれば今日一日のみ?、埼スタだけで211万6,003円集まったようですね。ボランティアの人々、お疲れ様でした。中学生の男の子達も、寒い中ジャージでお疲れ様でした。

観客発表に気づかなかったので帰宅後に確認したら43,636人。ゴール裏は最近になくびっしりだったよね。上下左右、躍動して見えました、いつもありがとう、お疲れ様でした。

しかしPride of Urawaの最強チャント伝説は続くのか(笑)。ココで来る!と思ったところで始まって、そこから立て続けに点が入るとは誰が予想しただろう。結果だけ見れば大勝で、そういえばファンサカは基本ポイントだけで75ptと最近になく好成績だった。

帰りはバーにも寄ったし、某ブロガーさん数名とあい、やきもきしながらも勝利をおさめた、気持ちの良い気分の中でさいたまを後にしました。

あとは週の中日にフクアリですが、ということはなにげに効率よく仕事を片付けないといけないので、また適当に追記するということで今日はお休みなさい。ageたい画像もあるし。

一言だけupする予定がやっぱり長文になってしまったとさ(笑)

■追記■

写真をup(2005.11.22深夜)。

妖星さんのゲーフラ発見しましたよ~(^-^)

妖星さんのゲーフラ

(ちょっとだけ画像をぼかしてあります) 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 16, 2005

吹田道中記2005

今回は2名以上で申し込み可能な1day大阪でれつぎょです。というわけで、珍しく旅のお供がいらっしゃいます(Oさまです(^-^)<手配から予約からお世話になりっぱなし)

[往路]

6:53 東京発 のぞみ303号

9:30 新大阪着

2時間半くらいの間ですがOさんとはこれまでほとんど面と向かって話したことはなかったので一睡もせずしゃべりまくり(笑)。おかげであっという間に時間が過ぎていきますね。

途中、京都駅で停車。赤い姿の仲間もちらほら(笑)。お互いの姿を認めては会釈をしたり、手を振ったり。どーせ数時間後には同じ場所に行きますから~(^ー^)

でも一般的に11月の京都と言えばきっと「紅葉」とかで行くのが正解でしょう(^^;)。紅葉でも見に行った仲間はいるのかな。今回の万博ならば1day京都で行くのもアリな距離ですし、食事類の選択肢は多いのがいいですよね。とにかく来年は京都があがってくるので最低1回は検討しなければいけないですね(メモメモ)。

Oさんとは一旦新大阪でお別れ。わたしは昼食の時間までしばし甘味道へ。

9:37 新大阪発

9:41 大阪着

10:00 梅田発

10:30ごろ 甲陽園着

万博で食ってましたいつもどおり甲陽園のツマガリさんとこで当面の間のおやつ仕入れ。それと本店でしか買えないフレッシュケーキを買って万博で食べる算段。今日はあまり時間がないので2階のクッキーショップは断念。ま、帰りに梅田の大丸に寄ってポイントでもらった商品券を使うつもりだからいいんですが。


10:45ごろ 甲陽園発

11:14ごろ 十三着(途中、夙川、西宮北口で乗換あり)

十三の乗換は端から見て難しそうだなぁと思ったらやっぱり難しかった(^-^;)。乗換のホームを間違え、1本電車を逃す。あとで調べたら逃した時点で梅田回りに切り替えた方が良かった模様。

11:25ごろ 十三発(途中、淡路で乗換あり)

11:58ごろ 恵美須町着

十三の失敗が響いてちょいと遅刻…慌てて通天閣の下を小走り、づぼらや本店別館という良くわからない名前のお店へ。12:00ちょいすぎに到着。すんませんすんません。

というわけで、Oさんと他2名の4名でふぐーv

ふぐ御膳Oさんはふぐの皮を湯引きしたものが大好きとのことで別途ご注文。ご相伴にあずかる。くにゅくにゅ感がたまらん一品ですね。1day大阪には3千円分のクーポンがついているので、メインはそれを利用してふぐしゃぶ御膳をいただく。しばらくしてきたそれはしゃぶしゃぶの具が別皿にやってきたもんだからテーブルにのりきらない(汗)。

しゃぶしゃぶの具唐揚げからふぐしゃぶから刺身まで、ひたすらふぐづくし。遠征にしては贅沢な食事~。お漬け物も美味しかったし、ご飯に添えられる山椒が関西クオリティー?

しかしお得だわ~1day大阪は。次は1day京都かな!(笑)

13:20ごろ づぼらや出発

そしてまたOさんと別れ、ほかの2人と一緒に一路万博へ。途中、動物園駅前に至新世界の姿は朝ドラの「ふたりっこ」やドラマのセットみたいで、初めて見たけれど濃ゆい世界でしたわ。うっかり写真を撮り忘れる。

13:30ごろ 動物園前発

14:00ごろ 千里中央着

14:15ごろ 千里中央発

14:20ごろ 万博記念公園着

太陽の塔を眺めながら駅前に見えるスタジアムへ移動。3人とも席種が違うのでそれぞれの入り口へ向かって入場しました。

そういえばスタジアムは持ち物チェックが一切なかったな…。


[復路]

混雑具合はわかりませんが、ゴミ拾いは混雑ピークを回避するという利点もあるのでモノレールでそのまま来た道を帰ります。モノレールは入場制限をするものの、待てばすぐ来るとのことでそれを利用です。聞いていたとおり入場制限がされていたので1本見送りましたが、次の電車にすぐ乗れました。入場制限のおかげか、それほどの混雑でもありませんでした。

18:55ごろ 万博記念公園発

19:00ごろ 千里中央着

19:10ごろ 千里中央発

19:35ごろ 梅田着

わたしは大丸のポイントカードを持っているので、来店ポイントをため、さらに予定通り貯まったポイントでもらった商品券を使ってツマガリのお菓子(クッキー類)を買い込む。これでしばらく(少なくとも1週間は)夜のおやつに事欠かないはず(笑)。ついでに夕食は…ハズレのない蓬莱の肉まんを2コ購入。これも大丸で。よく考えたら父のおみやげ以外で食べたことがないので「温かくて今食べられるのはどこで買えますか?」と聞いたら「全部できたてですv」と言われてちょっと恥ずかしい(笑)。そーかー。

蓬莱は…小田さんがご当地紀行で体験製作していたなぁ(笑)。

20:00ごろ 大阪発

20:05ごろ 新大阪着

20:30発の新幹線にはまだ時間があるので、温かいうちに豚まん2コを消し、さらにジューススタンドに「ホットカリンジュース」があったので、寒く冷えた身体を温めるべく1杯いただく。150円也。

20:30 新大阪発 のぞみ68号

23:06 東京着

ところが隣に来るはずのOさん、新幹線が動き出してもやってこず(汗)。まぁ乗ってはいるだろうと、しばらくしたら歩いていらっさいました(笑)。行きと同様、途中まで会話していたものの、さすがに途中で眠くなりうとうと。

やっぱりのぞみは快適だねー。うとうとしていても、いつ到着していつ出発したんだかわからないくらい揺れも一定で変わらず。しかも温かい車内。外は寒そうだし、身体はぽかぽかだしで、降りないでそのままどこかに行ってしまいたい気分。なんか負けたことがちょっと夢だったのかなぁと思いたい心境でしたけど…帰りの山手線車内の共同通信社?ニュースでわざわざ流しやがる#

来年こそ大阪のチームから勝利をあげなくちゃ。


今年は4回、関西方面に行きましたがそれぞれ違う行き方(飛行機宿泊パック利用1回・飛行機日帰り1回・往復深夜バスツアー1回・新幹線日帰り1回)。費用対効果(身体的負担)を考えるとやはり1day大阪は楽ですね。実質的な往復交通費は1万6千円ですか。飛行機日帰り(始発&最終便利用)も値段はまぁまぁ。

来年は神戸がなくなりそうで(<あ゛)その代わり京都が入ってくるので1day京都は使いそうですね。競争はありそうなので予定を早めに立てて、アウェイ+αをこなせればいいなぁと思います。


Oさんありがとうございましたvまたどこかでご一緒しましょう。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

November 14, 2005

G大阪戦@万博:第30節・2005.11.12...1-2

悔しい試合。

久しぶりのギシはサブにするのが勿体ないくらい安定していたと思うし、中盤の選手はファールにならない形で足下にあるボールを狙い、そして奪取に成功する姿も1度や2度ではなかった。アレのFKはやはり美しく弾道を描いてゴールに吸い込まれた。永井からトミーへ渡る絶好球もあったけれど最後までそれは決まらなかった。

一方ガンバのFWは一瞬の隙をカウンターで攻め上がるという少ないチャンスのいくつかをものにし、緩急をつけて闘っていたのかなぁ…と、あとでそんなことをぼんやり思った。またあれだけシジクレイの壁が厚い、それは宮本も外れるだろう…と妙なところで納得してしまった。

悔しいなぁ。

それでもわたしは歩みを止めないよ。可能性がなくなったわけじゃなし。

目の前の闘いに臨むのみ。

ただひたぶるに。

残り4試合。勝ち点差7。


試合前。ゴール裏に陣取った人々は、いつも以上に凝縮した姿。メインスタンドのアウェイよりの席からは一分の隙もないように見える。

選手達のアップ前、沈もうとする夕日をバックに、アウェイとしてはかなり多く掲げられる旗の数。

相手選手の登場のあと、浦和の選手達が登場。ふと気づくと一斉に片付けられ、そしてするすると広げられる3色旗。

「We are REDS」

の文字。あぁ、わたしが縫った部分もちゃんと文字になっている…。

三色旗そして三色旗はまたするすると引っ込み、また思い思いの旗が掲げられる。ゴール裏にいる人からメイン側に呼びかけられる声。それに応えて旗を振り返すメイン席の仲間達。

わたしもゴール裏の呼吸に合わせるように、赤巻紙のちよさんからお借りした旗を空に掲げる。それは、風に舞い、そして翻る。試合中にメインスタンドで掲げるのはどんなもんだろう…と旗竿に巻き付け、胸のところでずっと抱きしめていた。

ちよさんのLフラ(色調補正済(笑))試合中、ピンチに苦しくなって痛くなるくらい身体を硬直させてしまった自分の脳裏に浮かぶのは、遠くから声援を送ってくれるであろう人々のこと。TVの前、あるいはPCに流れる実況に臨んでいる姿、あるいは仕事中のところを想像し思い浮かべながら、選手達が前に進めるような拍手を送るエネルギへと変えた…つもりなのに、勝ち点得られず。現場にいながら力及ばず、申し訳ない。

そして点を入れられても微動だにせず果てしなく続くロングコール、リズム一つ変えない太鼓の音。それらはくじけそうなわたしの気持ちをすぐにピッチへと引き戻してくれる。帰りの千里中央から梅田に向かう地下鉄の車内で前に立っていたグループはCurvaで跳ねていたらしく

「夜中に足が攣って目が覚めるかも」

と…(>_<)・。本当お疲れ様でした…ありがとう…。



以下、備忘録。

メンバー発表万博の選手案内の仕組みはよくわからないのですが、15時20分前後、今日の選手を紹介する画面が現れ…てっきり淡々と「1番 ゴールキーパー 山岸範宏…」と先発イレブンを読み上げると思ったら…ですよ。控えも含めた選手の一覧をオーロラビジョン上に表示したものの選手名の読み上げはなく…少し間があって…

「以上、浦和レッズの選手ですた」

「はぁ~?!」みたいなアナウンスのみで終了。当然浦和側から一斉に「え゛ええええーっ!?」のツッコミとブーイングが。あ、ありえねー(笑)。画面だけでは先発と控えがわからないですがな。

結局そのあと、試合開始前20分くらいでしょうか、わたしがちょうどトイレに行っていた間に再度紹介があったようです。戻ろうと階段を上がっていこうとしたらいつものように「おおおおー」と言う例のコールがされていましたので。

選手のアップが終了する頃、ガンバ杯出場の少年達が場内半周。ホームゴール裏とバックスタンドの前を歩いていた。試合前に行われたその決勝戦は後半に逆転した橙色のチームが優勝したんだっけ…。

それから、万博にはチアーが登場、旗が形良く舞うほどの風があり、陽も傾きかけた頃に、ノースリーブ・ミニスカートで登場、元気よく踊っていたけど、見ているこちらが寒かった。

後半の30分を過ぎる頃から、残り時間が気になって時計を何度も見ていた。ところが時刻を示す時計の針、それを試合中ずーっと45分計?と勘違い。45の表示をさらに回っていても「ロスタイムも表示してくれるのか」と甚だしく勘違い<針が45分のところを過ぎている時点で気づけよ(笑)。中央からロスタイム表示を告げる人が現れてようやく自分が時計を見間違っていることに気づいた。とにかくかなりテンパっていたみたい。そこで「あぁまだ3分あるんだ…」と、気を取り直したものの、追いつくすらできませんでした、無念。

試合後、選手が帰ったあとはクールダウンでいつも通りにゴミ拾い。ガンバ側が入り口のところで無料のMDPと空気でふくらます例のへんてこりんな棒をわざわざ白い買い物袋に入れて配るものだからそれがゴミになってしょうがない。ま、意外に持って帰っていたようには思うけど。あと、ペットボトル自体やその飲み残しは少なかった!っていうか3本しか拾わなかった、よかよかv…万博はカップホルダーがないせいか?やっぱり紙コップに入れて売る埼スタの運営方法は一考の余地ありと思う。一箇所、ひどくゴミで汚れた箇所があった。チケットも捨て置かれてそれは小中学生用のものばかりだったから、サッカー少年達が残していったのであろうか…過去の例を思い出すとね。カップ麺やらお菓子やら焼きそばのケースやらの食い散らかし。親の顔が見たいねぇ…やれやれ。

帰りに救急車が止まっていた。ガンバの4番が終了間際に担架で運ばれていましたが…大丈夫だったのかな。



最後までわからないのがサッカーだと思うから、自分のできることをするしかない。大切なエネルギー消耗してこれ以上凹むのがイヤだから、この試合のビデオはまだ見てないし、昨日も今日もスポーツニュースやスポーツ紙のはしごはしないでゆっくり溜まった家事を片付けてみた。

週末の試合まできっちりお仕事して、美味しいものでエネルギー蓄えて、また少しずつあげていきましょう。あきらめの悪さにはちょいとばかり自信ありです(^^ゞ

ねっ?

| | Comments (6) | TrackBack (2)

November 12, 2005

んじゃ、ま…

行ってきますわ。

明日朝早いのですが諸々で帰宅が遅かったので、これからシャツ1枚、アイロンかけてから眠ります。そして今から眠り、5時間後には家を出ます。

ま、確かにいつもよりちょっと遠いけど…気分としては埼スタ1往復半くらいの感じかな(笑)。

何はともあれ、道中無事でありますよう、お互い気をつけていきましょう。在宅組の方もよろしく。スタジアムに入ったら絶対あなた方のことを思い出すから、なにとぞよろしう。

2005年11月12日16時Kick Off@万博です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 11, 2005

I'm ready to go.

去年の鹿戦がそうだったように、「ココで勝ちをおさめたことが重要だった」と言える日がきっと来る。

万博を新しい歴史のスタート地点にしよう。みんなで一緒に。

相手が連戦で疲れているであろうことは想像がつくけれどそんな邪念は置いておいて、残り5試合、平常心で臨むのみ。目の前の試合を1つ1つ勝っていくことは変わらない。

わたしの方は気負うことなく、準備オッケー。あとは行くだけ。



まだあと少しあるけれど…みなさんの準備はできているかな。万博に行かれる方は気をつけて。留守を守ってくださる方は時間を間違えないように。それぞれに必要な準備をして、11月12日16時スタートの試合に向けてあげていきましょう。

明日は帰宅が夜遅くなるかも知れない。土曜日は朝早くの新幹線で出発する…ということで、今日中に参戦グッズを準備しておきました。

■万博持ち物チェーック■

□試合のチケット(重要)
□新幹線チケット(重要)

□Lフラ
□旗竿代わりのつっぱり棒
□マフラー
□雨合羽
□傘
□タオル
□ゴミ袋
□大阪の地図(追記)

□カメラ
□テレコンレンズ
□スマメ
□充電池

□ビデオの録画予約

□Smile(^_^) 0円(追記)

※明日バッグに入れるもの
□お財布
□コンタクトレンズ
□PHS

※当日着用服
・'04レプリカユニ(130cm(笑))
・ジーンズ
・帽子
・黒ジャケット
・赤シャツ(追記:新しいTシャツ調達できず、いつも着るのを羽織ることにしました)

・・・Lフラと旗竿とレプリカ以外はいつもどおりだね。


万博の天気予報
11/10 23:00ごろ見たところでは雨具はいちおう必要そう。まぁいつ降っても大丈夫な準備というのもいつものこと。


天皇杯の愛媛行き、フライトの空きがないはずとおもったらあるところにはあるようで。阪急交通社さんが急遽ツアーを組んだようです。さっき見たらまだ席が用意できるとの表示でした。金曜日夕方発・土曜日試合終了後に帰京のコースで割高とは思いますが、フライトが指定できないツアーよりは安心ですね。何より「どうにも足が確保できなくて…」という方はいかがでしょうか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 09, 2005

向こう6試合の参戦予定

予定がほぼ決まりましたので備忘録。

11/12(Sat)@万博
[チケット]SM席…アウェイ自由席寄りを確保すること。
[行き方]日帰りで往復新幹線(1Day大阪)・ふぐ食ってくるぞーv
[持ち物]某さまのLフラと気持ちをお預かりして行ってきます。布だけお借りするのですが、棒は100均で買えるような突っ張り棒で大丈夫かなぁ…。服装はレプリカの予定。16時スタートで半袖はキツイので、重ね着用の赤い長袖シャツを調達予定。マフラーは赤いのがあるのでそれで。これでも寒いか?(汗)

11/20(Sun)@埼スタ
[チケット]シーチケなのでOK

11/23(Wed)@フクアリ
[チケット]ゼリッチ(仮)と引き替えに確保していただいたのでOK

11/26(Sat)@埼スタ
[チケット]シーチケなのでOK

12/3(Sat)@ビッグスワン
[チケット]Sスタンド自由を確保
[行き方]バスツアー日帰り
[持ち物]服装・防寒具を思案中

12/10(Sat)@愛媛
[チケット]未手配
[行き方]1泊3日のツアーに申し込み、12/9 東京発→12/11 松山発という行程で行ってきますです。1泊目の宿はなんとか取れて、2泊目は自由に好きなところに泊まってよい(ツアー料金に含まず)というプランを発見したので、普通のビジネスホテルに泊まってきます。しめて3万円ほど(実際にはホテルでクーポンを使う予定なので2万7千円見当)。



やっぱり、愛媛行きがなかなか大変でしたA(^-^;)

10日の試合終了後で間に合うフライトはすでに満席という情報があったのでさっさと諦め、3社ほど問い合わせた結果、某社のツアーでようやく決まりました。その某社も当初「飛行機は大丈夫だがホテルがだめぽ…」なので飛行機会社を通じてリクエストしてくれたらしい。

ツアーはいろいろ浮気して探しちゃうんですが(<を)、某社は融通が利くというか、どこをどう押さえたものか、過去の習いだと、最初はダメでも調整した結果OKということが結構多い。ほかの会社はけんもほろろなのに、しっかり希望に近い便を押さえてくれるので結局そこが安心だということが今回良ーくわかりましたよ…(しかもいろいろ探したツアーの中でも一番安上がりに済んだv)。他社は日曜の松山→東京が取れなかったり、土曜の宿が取れなかったりでアウト。あまりに取れないから「松山→大阪→東京」も覚悟。そんな中でフライトの変更(←わがままだな^^;)まで叶えてくれた某社のNさん、お顔は存じませんが、大感謝。素晴らしいね。プロだね。今度は信じて、慌てずにNさんの調整を待つことにします。

もちろんそっこーで入金してきたですよv

しかし、同じ会社で1泊3日なのに、春の大阪行きとほぼ同じ値段なのは不思議やね。

よーし、金曜日は有休を取ることにしたので一日観光にあてられるし、これで心おきなく道後温泉巡りを楽しむぞー。土曜日も泊まるので祝杯を挙げる準備万端ですよー!(<だから下戸だちゅーに(笑))

ちなみに初四国です。


■追記■

さすが瓦斯の国のモニーさまはやることが違うなぁ。しかしなんつータイトルだろう(笑)。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

November 07, 2005

2つの優勝

FOOTBALL WEEKLYのトップに載っていた六川さんが写したオシム監督の笑顔、とてもステキだと思いました。いつもはジャージ姿のオシムさん、この大舞台ではスーツを着用して臨んで頂点に立ったんですよね。

また、TBいただいたFC.VIRIDIS BLOGさんのエントリーとそのコメントとTBを眺めているだけで、いろいろなチームのサポーターやファンですら彼らの優勝を見て悔しく思うと同時に、祝福している、その様子を清しく感じました。

オシムさんが退任を示唆したとの記事も見ましたが、健康に不安があるとのこと。我々がとやかくいうモノでもないのですが、でも端からこの優勝を見るにつけ、今年のシーズン前にやはり同じ理由で躊躇され、また継投の条件であった選手たちが引き抜かれたのにも関わらず、少なくとも今年1年続けられたことは結果として良かったということですよね。

経済的なバックボーンの大きさが必ずしもタイトルを約束させるものではなく、良い監督とよく走るチームにタイトルが渡ったのは1つの光明なのだと思いました。なによりそれは優勝を経験していないチームにとって明るい光でしょうし、優勝を経験したチームであっても、その原点を大事にしないといけないんだろうなぁ。

実はぼやかした背景が銀杏の葉に見えてしまい(汗)、実際には彼らを支えるサポーターの黄色なのだろうと気づくのに数秒を要しました。そして今度はもちろんギドに笑顔を…でバックに赤い紅葉を色づかせよう。ぱっと見、サポーターとわからなくてもいい、控えめに後ろで支えていたいと思います。これからもずっと。


そして京都がJ1昇格のみならずJ2優勝を決めました、おめでとうございます。開始時刻の時差により、試合前に優勝が決まっていたらしいとはいえ、きっちり勝利で決めたのはさすが!ですね。負けても優勝が決まっちゃったどこかのチームとは大違い^^;。

そういえば、ミカが出ていないのは怪我か何かでしょうか…(汗)

一方、負けた草津は最下位決定だそうですが…J2に入って1年目。少しずつですよ、きっと。


いつもお世話になっているRHB(RED HOT BLOGS)さんの本拠地が移転されたそうです。旧アドレスもまだ有効なようですが、ブックマークされている方は更新をお願いいたします。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 06, 2005

つ回覧板「万博を赤に染めるぞ」

回覧が来ましたので少し編集して下にageます。

「万博はキャパが狭いですから、赤の密集度はかなりのものになるはずです。これはゴル裏だけでなく、メイン・バックにも波及させたいと思います」

というわけで。



『ガンバの青に対して我々の赤を思い切りぶつけよう』

具体的には

・レプリカ・L旗を持ち寄りましょう!
・ゴル裏は荷物をコンパクトにしてスタジアム入りしましょう!

(芝生=荷物置き場がない…という状況で密集度をより高めるため)


とのことです。

わたしはSM席(Aアウェイ寄りのエリア指定のメイン側)に陣取りますが、その中で頑張りますよー宣言。L旗は持ってないんですが…自分で作った小さな旗は持って行こうかと。それともL旗、作る?(笑)

臨海でも同じようなところだったし、臨海でできて万博でできないことないっしょ?

1週間、気張って準備しましょう。

何かあったら適宜追記します。

| | Comments (9) | TrackBack (2)

2005年11月5日の出来事~ナビスコ杯決勝(伝聞)と新潟チケとお祝いと

抜けるような青い空の下、初タイトルを手に入れたジェフのみなさん、おめでとうございます。

今日くらいは素直にお祝いの言葉を述べなくては。他人事ながらシーズン始まる前はどうなるかと思っていた千葉にタイトルが舞い降りたのは、総じて良いことだったと思います。もちろんうちを倒して上がっていったのだから、不甲斐ない試合をされてはイヤというのもありましたし(<あ(^^;))。とはいえ試合は見たくなかったので結果を確認しただけですが(←素直じゃない?^^ゞ)、様々な記事を拝見する限りは、PK戦までもつれ込み、サッカーとしていい試合だったのでしょうか。またサッカーがサッカーとして成立したのであれば、新しい客層にもサッカーの面白さは伝わったかも知れません。

そして怪我人という形ではなく、いろいろな意味で心身の何かを消耗してくれたのであればこのあとに対戦を控える我々にとっても好ましい(^ー^)


本当のことを書くと、ナビのステージの上で1列に並ぶジェフの選手達の画像を見たら悔しくて、ちょっと泣けた。

2年前、わたしたちは間違いなくあの眩しくて輝かしい場所にいた。その前の年と翌年は、輝かしい場所から少し離れた、その光が漏れた先で眺めているだけだった。

タイトルってやっぱりいいよね。

今年のナビは最後の闘いの1つ前で敗れてしまったからこそ、余計に悔しい。


サッカーのシーズンは毎年始まり、そして完結する。準決勝で敗れたときにも書いたと思うけれど、ナビはまた来年、1つ1つ積み重ねていこう。

そしてまだ、今年のサッカーはまだ完結していない。

これも去年悔しい思いをしたリーグ戦、そして天皇杯。残りの闘いを頑張っていこうね、みなさん。

とりあえず…

万博を赤く染めよう。


わたしは…'04ユニで行くかな…新しく130cmが手に入ったので^^;;(って、'04ユニ買ったの2着目だよ…←欲しくなったときにCOLT白ユニを買えなかった後遺症?)



今日、新潟戦のチケ取りに成功したあとは、かなり遅れて管理人1号さんに合流、おまけにお買い物にご一緒させていただきました。送っていただいたSさん、ありがとうございましたv

わたしは今回もネットでチケ取りに挑戦したわけですが、CN→ぴあとダメだった時点で楽天へ。送料はかかるけどココまで来たら取れたら御の字。繋がった時点で残っていたアウェイ席を取ろうかとも考えましたが、比較したりするとバッドエンドになることは過去経験済みなので、元々取ろうと考えていたSスタンド自由を1枚申し込み、無事成功しました、よかったよかった。あまりに順調すぎてそれほど難しくないのかと思ってあとでネットを巡回してみたら、今回はたまたま楽天が穴場だったようです。

あとはよくわからないのですが、楽天は「空席待ち」というのがあるようです。いまは全席その表示ですが、枚数を選んで先に進むとその受付がされるみたい。チケットが皆さんの手元に正当な価格で流れますように。


リーグ戦はあと5試合。
それが終わったら天皇杯が再開して4試合。頑張っていこう。


あ、愛媛行きの方法が決まってないんだっけ(汗)


ちょっと遅れたけれど、こんちゃんこと近藤徹志くん、19歳のお誕生日おめでとう。デビュー戦で大怪我なんてあまりに過酷で、そのあと辛い日々を送ってきただろうけれど、もう少しで帰ってこられるかな…。戻ってくる日を楽しみにしているからねー。

そして10歳年上^^のロビー、29歳のお誕生日おめでとうございます。残り試合、すっごく頼りにしてます、よろしくねv


■追記■(2005.11.6)

楽天チケの空席待ちの件。

そっか、わたしはカードで払ったけれど、コンビニ決済とか、銀行振り込みとかがあって、その〆切があるからこれはきっと〆切過ぎちゃう人(重複で取って流す人orうっかりさん)が出るってことでしょうね。まだチケが手に入っていないor望むチケットが手に入らなかった人は申し込んだ方が吉ということかも知れません。

払い込み方法はいくつかあるので便利なのかな。でも楽天チケさんを利用したのは初めてなので、慌てて画面を見ててっきりコンビニ発券があるのかと思ったけれど、入手方法は郵送のみなのね。でも手に入ったのでよし。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

山形戦@駒場:天皇杯4回戦・2005.11.3...3-1

勝ちました。

天皇杯の初戦が難しいって、ホントだなぁ。いい思い出ないもんなー。

…なんて、前半まではイヤな予感がよぎりますたねぇ。選手の人数もある時間帯までは山形の方が多く見えたし。

裏を狙われ続けたあげく失点し、我々も「あちゃー」と静まりかえって。そして途中でうっちーが怪我?でホリと交代したら格段に安定したように見え、また山形の足も気がついたら止まっていて。気づけばトラップが荒かったり、ミスしてサイドを割ったりするのを見ると、あぁ、やっぱり山形はJ2で、うちはJ1なんだと。

それでもなんでも、点を多く入れた方が勝つ。前半の時点ではうちがリードされていたわけで。セットプレーの数もなー^^;;

光明といえば、長谷部と交代した赤星は、まだおどおど感は否めなかったけれど、その才能の一端を見せてくれ、わたしをワクワクさせるに十分なパフォーマンスを見せてくれました。一方その長谷部は2点目を演出したにもかかわらず明らかに苛立っており、退場する際に壁かどこかを蹴って大きな音をさせていたように聞こえたのですが、足だったのかな…まさか自分の商売道具に影響するようなものではないよね?と思うけれど、ちょっとドキドキしたです。ほどなく黒のジャージ?に着替えてメイン座席下のベンチに座っていたのが見えました。

ロビーは審判に苛立っていたなー(汗)。これまたひやひやですた。

そしてそして、トミー、ゴールをありがとうv前線は永井も達也もいなくてスピードという面では厳しかったけど、点を取ってくれてありがとう。

あと意外だったのは、あれだけバックの2階に巨大な空席があったにも限らず、入場者数が1万5千を上回っていたことでしょうか。わたしが歩いた実感としては、いつもなら微妙に隙間が空いているバック、今年から排他的に区切られてしまったそのエリアにびっしり人が埋まっていたことでしょうか。かつてそうであったように。

ちょっと考えないとまずいよね、あの区切りは…と、そのあまりの違いを目のあたりにして、改めてそんなことを思いました。

そういえば、席割りがバックの1階すべてがホーム自由で、アウェイ自由はいつも通りあの狭い出島だけだったんですね。即売り切れたのも納得。

今年はほかのチームもJ1<J2という結果がないところを見ると、いちおう順当でしょうか。


リーグ戦が佳境に入ってきた段階で天皇杯の初戦を1試合だけこなし、そしてまた1ヶ月、あいだがあく。どうしようもないのかな…。

しかし何より、勝てて良かった。

さ、いよいよガンバ戦にむけて、少しずついろいろ準備していかないとですね。うちは一歩一歩前に進むだけですから。

 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2005

鹿サポの先輩との会話

小さな我が職場には約1名、鹿サポの先輩(♂)がいて、存在意義といえばわたしが「いくらサッカーにうつつを抜かしても前例がいるので理解を得られやすい」というそれのみなわけですが(笑)、今日わたしの顔を見るやこんなことを。

先輩「まーた優勝した気にでもなっているんだろうーっ!」

…いや、"また"もなにも、はじめからずーっと優勝する気ですから(^-^)

先輩「くそぅ、ぜってーどっかで談合してやがる…」

(・∀・)ニヤニヤ

先輩「次は…そーだな、引き分けでよろしく」

…勝ち点3奪ってきますからv

ちなみに、奥さんは鞠サポ、息子さん(その1)は大分サポだそうです。洗脳に失敗したとお嘆きです(笑)


ココログがいきなり大容量化したらしい。無料のベーシックがこれまで50MBだったのが一挙に2Gですよ、をい。ってことは40倍ですか。おかげで30%くらい占めていた使用量が1%にも満たなくなりました(^^;;)。

写真age放題?(笑)


さぁ、マガを読むか…。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »