« 四国上陸準備 | Main | 瓦斯戦@愛媛:天皇杯5回戦・2005.12.10...2-0 »

December 10, 2005

道後温泉とFCの街~松山道中記2005

すでに松山市内に投宿しております。行きの飛行機の中からホテルまで、同志がちらほら。マフラーがわかりやすくていいわv

では忘れないうちに道中記、れつぎょ…。


7:25 ANA583便 羽田→松山

もう国内移動では距離感覚がかなり麻痺してきました(笑)。念押しされなければ四国ほぼ初上陸だという感覚が0です。機内ラジオで小田さんの特別番組をやっているのにきづかなくて凹む。ま、帰りに聞けるからいいや。

9:25ごろ松山空港からリムジンで市内へ移動

9:45ごろ松山市駅到着(荷物をコインロッカーに入れるため)

J2昇格・愛媛FC市駅の駅前に見つけた幕。

今日はこれだけではなくあちこちの街角でJ2昇格を祝福する文字を見ました。なんか、嬉しいなぁ、と思う。

1dayチケット市内観光に便利な1dayチケットを購入。明日も買っちゃうかも。市内電車とループバスに乗り放題のチケットが1dayで300円(笑)(通常大人1回が150円)。長崎の市電は10年ほど前に行ったとき100円だったけど、1日券は500円だった。それに比べるとかなり使いでのある松山のいよてつ。やっぱ明日も買うか(←可能性up)。ほかにも坊ちゃん電車とかいう特別仕様の市電やデパートの上に作られた観覧車の割引券にもなっていて、結構使えそうです。興味のある方はどうぞv

堀之内そこから市内の図書館へ←住居表示がある地図が欲しかったのでコピー。その図書館は堀之内という場所にあるわけで(笑)<こいつは縁起がいいや^m^(つまりは城のお堀の中にある施設)。新潟に行く途中にもその名前があるし、また何かやってくれないですか。…帯同しているよね…(汗)

さらに市電で移動して、さるサッカーショップへ立ち寄る。中に入ってみたらお父さんが一人いて、一軒丸ごとサッカー用品だらけで、わたしが浦和のサポであることを告げたところ、少しいろいろお話を。愛媛におけるサッカーの地位とか、愛媛FCの話とか。昇格を決めたときの愛媛新聞の記事のコピーをくださいました。埼玉新聞がそうであるように、地元のチームを取り上げてくれていて、全国紙からからはわからない状況が伺われますね。

で、途中、「FC」「FC」と話題に出るものの、なんか話が違うなぁと思ったら、FCは瓦斯ではなくて愛媛FCのことだったというわけで…ごめんなさい。愛媛では依然野球が強い地位をしめて坊ちゃんスタジアムと並んでもう一個マドンナスタジアムとかができるとか?と憤っておられました。明日の試合も「不便なところにあってね」ということで。話している途中、明日のチケットを買いに来られた方がいて「田中達也はやっぱりまだ出られないんですか?」と聞かれて、嬉しいけれど残念な気分でいっぱい。

なんか、Jリーグが始まって13年過ぎようとしていて、ようやくJ2に上がったチームがいて、5年後にJ1にあがるぞとそんなチームを応援しているとか。1度山形との戦いにいわきまで15時間かかって行ったことがあるらしくて相当だと思われ^^;。いつか浦和と闘う日が来るといいなと思わせてくれた、心温まる時間をありがとう、お父さん。なんか名刺をいただいたところではブログもやっているようで、あとでチェックしてみよう(…チェックしました…かなり本格的です…興味のある方はこちら)。思いがけずおみやげまでありがとうございました。何をもらったかは…ココに書くのがはばかられるほどのびっくり(汗)

本日の昼食昼食は大街道のアーケードから一本入ったところで見つけたお安いランチメニューのお寿司。「すし徳本店」さんというお店の名前。これで730円でした。ほかにも地魚にぎり2000円というのにも惹かれたけど、昼食だしね。そこまで豪華にしなくてもね。

午後は松山城方面へ。ロープウェイとリフトがあるというので、いちおうそちらの方に行きましたが、往復500円…でも脇に登山道があるし、500円払う気にならなかったのでてくてく歩いて登っていきました。まぁわたし的には歩いて正解だったかな。

お城は残念ながら天守閣が工事中でしたが、さすがにあれだけ高いところにあると眺望もなかなかで、土足ではなくスリッパで歩くそのお城は、昔の急な階段そのままで、良い残され方をしていると思いました。天守閣の入場料は500円でしたが、ロープウェイに乗るなら天守閣に逝っておけ…と思われ。

ココで一旦荷物を取りに行き、ホテルへチェックインすることにしました。宿泊パックのツアーなので、いつも泊まるビジネスホテルよりは広いのかなぁ…。まぁ立地も便利だし。

道後温泉1時間ほど休んでから道後温泉方面へ移動。日は落ち、昼間よりいくぶん寒くはなっていますが新潟に比べれば楽勝ですね。いよてつで移動した道後温泉、とりあえずは温泉の本館に行かないと話にならない。いろいろなコースでお茶付だったりするわけなんですが、明日の夜は土曜だし、仲間で少し混んでいそうだから、今日のうちにお茶付コースを体験。おせんべいが2枚付いて800円。お風呂だけなら400円か?なかなかよぅございました。下調べ通り、Edyで支払えました。

鯛めし夕食は道後温泉本館に行く途中で見かけた見本に釣られて鯛めしを。

ウマー。お吸い物も付いて、これで1000円也。そうそう、ここもEdy対応。お店の名前は「味倉」さん。アーケード入ってすぐなのでわかりやすいかと。うわー今回は魚ばっかり食べてそうだ。

十万石…でわないやっぱり「うまい、うますぎる、うまいってば」みたいな十万石×1.5倍にしたようなCMでもあるんでしょうか(笑)

仕事に使えそうなものからこんなくだらないものまで、今日はスマメ1枚使い切らんかの勢いでいろいろなものにカメラを向けていました。撮れば撮るだけそれがネタになるんですが、さすがにあげきれないのでこれでもポイントだけ。そのほか、旅行貯金をしたり(←意味のわからない人はググって下さい>説明が面倒くさい...^^;)、

とりあえずそんなところか(実はめっさ眠かったりする)

では明日も頑張りましょう。埼玉に帰ってくるのを待っている仲間がいっぱいいるはずだしね。

|

« 四国上陸準備 | Main | 瓦斯戦@愛媛:天皇杯5回戦・2005.12.10...2-0 »

Comments


★ひとみさま

はじめまして!こんにちは~v
ひとみさんも味倉行かれましたか!つい店頭のディスプレーに釣られて鯛めし、逝ってみましたが、食べやすかったです(値段も量も手頃だったし、山芋が好きな自分にはそれもgoodでした)。大人数で行ったらまた別の楽しみ方があったのかもしれませんが、これはこれで胃袋満足でした(^-^)

十五万石のネタは埼玉に縁のある人しかわからないですよね、きっと(笑)。わたしはおみやげを全く買わなかったので写真のネタに拝借。

松山(主に道後?)のEdyの充実っぷりは驚きでした。東京界隈では市場?も大きくSuicaもEdyもまだ発展途上だと思いますが、使ってみれば便利には違いないですね。

Posted by: Samemoon! | December 15, 2005 at 23:26

はじめまして☆

あたしは試合があった日の夜に、味倉へ行きました。
同じく鯛めしをたべました♪
美味でしたねぇ。
さっぱりしていて、食べやすかったです。
そしてお土産はすべて十五万石でそろえました(^_^)

松山の街はEdyが充実していましたよね。
びっくりしました。

Posted by: ひとみ | December 14, 2005 at 19:46

★ちよさま

笑顔で帰ってこられました(はぁと)

新潟でつましく過ごしたので、そのぶん食べてきましたよ~。残念ながらリサーチ不足で松山牛というのは食べられなかった…。

せっかく前日入りしたのでそのぶん、頑張って写真をageたら当日入りのオトコマエ13さんがお友達と「堀之内」を探しに行ってくれたり、某kさんの食欲をそそったり(笑)、いろいろな反応を聞けると嬉しいです(写真を入れるとやっぱり時間がかかるんですけどね)。道中記の続きがまだageられていませんが。

Posted by: Samemoon! | December 13, 2005 at 01:34

おはようございます。楽しんでますね。
これだけ栄養を摂取すれば、きょうの
戦いはバッチリですね!

笑顔でのご帰還を信じています(^^)v

Posted by: ちよ | December 10, 2005 at 08:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59025/7546848

Listed below are links to weblogs that reference 道後温泉とFCの街~松山道中記2005:

» F組に決定 [小田急沿線レッズサポ]
 ワールドカップの組み分け抽選結果、ブラジル、クロアチア、オーストラリアと同組。  ブラジルは別格として、クロアチアとはフランス大会以来か、たしかあの試合は良い試合だった。当時と比べて、日本代表が力がどうなのか興味深い対決になるだろう。初戦のオーストラリアに勝つとして(これが最低条件でしょう)この試合がkeyとなりますな。  それにしても開催国というのは、ずいぶんとくじ運もあるようで。W  G組の韓国も日本と似たようなものか、私的にはH組に入りたかった。  天皇杯は実況はないものの、BS... [Read More]

Tracked on December 10, 2005 at 09:20

« 四国上陸準備 | Main | 瓦斯戦@愛媛:天皇杯5回戦・2005.12.10...2-0 »