« November 2005 | Main | January 2006 »

December 31, 2005

2005年にどうもありがとう

・・・こんな時間に起きていて明日MDPを買いに行けるのか?(汗)…RV以外のお店の場所がほとんどわかりません(涙)

とりあえず去年は大晦日の夜に実家に帰る京浜東北線の車内で書き上げていた年賀状ですが、今年は55枚、30日(深夜まで^^;)の1日間で表と裏を印刷し、一言ずつを書き終わりました。カラープリンターは偉大だv

というわけで大晦日のお昼過ぎには実家に帰りそのまま天皇杯へ。その間PCは持参しない予定なので早めにご挨拶。


このブログを始めたのは2004年10月のこと。2004年途中からでしたが遠くのアウェイに赴くようになり、またサポのツアーなどに参加し、それはそれで世界が広がったものです。

そして2005年に入り、シーチケにも恵まれ、浦和が戦った全公式戦(PSMも)マイナス2試合に参戦。端から見ても自分で見ても、どっぷり浦和漬けの日々でした。

そして実は10月18日にひっそり1周年を迎えていたこの小さなブログを訪れてくださるばかりか、コメントを残してくださる方々のおかげで、さらに深く浦和の世界が広がりました。ブログをやっていなければ出会わなかったであろう仲間もたくさんいました。顔と名前が一致する仲間はそれほど多くはないけれど、時々出会うブロガーさんや訪問者との出会いはとても貴重で幸せな瞬間です。相変わらず毎日upというわけにはいかず、書きたいと思いながらなかなかエントリーできなくてお蔵入りされたネタもあるのですが、無理せずに紡いで行けたらなぁと思っています。

このブログを訪れてくださった延べ8万人ほどの仲間達に感謝。来年もどうぞよろしくお願いします。

さぁ、最高の形で2005年のシーズンを終えよう。2006年、元旦からスタートし共に戦う仲間達との1年に幸多きことを。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

大宮戦@霞ヶ丘:天皇杯準決勝・2005.12.29...4-2

長谷部のドリブル、そして長くて速いドリブルの最後に相手DFをかわす、その姿が一瞬達也に見えました。もちろん長谷部はほかならぬ長谷部なんだとわかっていたんだけれど。

円陣90分の最後の最後に追いついて"しまった"大宮は、のこり30分を戦うだけの力はなかったし、うちはうちで中2日で戦わなければいけなくなるしで、お互い不幸な部分があったように思うのですが、うちはその30分で山田の看板越え&ガッツポーズ数回やら、長谷部の走りッぷりやら(ビデオで見たら去年の永井@東京V戦並みに長いドリブルだなー)、赤星のシュートが見られるやら、お腹いっぱいの、さながら藤枝東Dayですたv…萌たんもカードはもらってけれど120分よく頑張っていたし、トミーはもぉ、なにをかいわんや。

長谷部&トミーの二人三脚風今日は長谷部が総じて前の方に行く機会が多かったせいか、トミーと長谷部という写真がいくつも撮れました。それだけ得点に絡んでいたということなのか。

スタンドから見ている限りでは負けるような試合とも思わなかったんだけど、すでに勝ち逃げ状態に入ってPride of Urawaの流れていた終了間際で同点に追いつかれたのは正直凹んで。でも気を落とさないよう、しばらく歌い続け…そのあと延長戦前半で2回目を、さらに後半が終了する間際に確か3回目のそれを内心ホッとしながら歌って。まるで生き物のよう。でもって家で見た映像の初っぱなが大宮のゴール裏なのにBGMは浦和のチャント(笑)。かなり違和感。

15時キックオフという時点で、ほぼ新潟戦仕様の格好で行って良かった…霞ヶ丘の上層スタンドが吹きっさらしになるのはアテネ五輪最終予選で学習済みなので、フリース毛布からブーツ、耳当て、カイロ、防寒仕様の下着に至るまで装着して行きましたが、手袋だけはしない方が手拍子が響くはずなのでしないでいたものの、延長戦は我慢できずにチャントに合わせてつけたり外したりを繰り返しました…唯一の誤算は30分延長が決まった時点で食料がなかったことでしょうか…うっかりした。

それから松村さんの笛もストレスを感じることなく120分を過ごせました。感謝・・・で、決勝は誰なんだよぅ。

いつも通りゴミ拾いもしました。残念ながら大きなゴミ袋が一杯になっちゃった時点で断念したけれど。カイロの袋とか、カイロ自体の落とし物が散見。あとはお燗できる日本酒のパック?とか。カップラーメンの容器とか。冬ですねー。

デカユニ2枚さぁ、天皇杯決勝だ。元旦をサッカーの試合で迎えられる日が来ました。オフ期間が短くなり、選手達は大変だと思うけれど、あと少し一緒に戦えることを幸せに思っていますよ(^-^)vv

長谷部の赤い写真につられて買っちゃったエルゴラによれば、清水は"丸亀で準々決勝を戦うとすべて決勝に行く"という縁起を信じているそうですが、決勝に行っても結果が1勝2敗ではまだ微妙な感じです。うちが手こずったC大阪と清水の相性(今季清水が3勝2分け)もわけわかんねーですが、その清水に対してうちは今季3勝1分け…。相性というものがあるなら清水という相手は悪くない、でも油断することなく、全力で臨みましょう。でないとタイトルなんて手に入らないっしょ。


さっき母と電話で話したら

「どうせ(あんたは)元旦はサッカーだってこっちではみんな噂しているけど」

"みんな"って誰!?・・・噂ってどんな噂だYO!

なんでも実家に時折来ているヘルパーの息子さんがどうも同志らしく(笑)、どーも同じような行動を取っているらしいのねー。チケットの心配までされたけれど、松山で購入済みなので心配しないように言っておきました(正直に"松山で"とは言わなかったけれど)。


と、参戦記のupが遅くなった理由は下のどれでしょうか?

1)年賀状をまだ書いていなかった(印刷すらしていなかった)から
2)家に帰ったらビデオ撮りに失敗していたのでめっさ萎えたから
3)ボーナスで買ったこんな物にうつつを抜かしてたから
4)実家の正月用の買い出しで忙しかったから

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 27, 2005

まだシーズンは終わらない

残り3日となった年内の仕事を片付けるべく、今日もわたしにしては夜遅くまで仕事をしていました。帰宅して見たのが大黒が怪我をしたといういわくつきの番組だったりして、そこに漂うオフシーズン的なまったり感を感じながら、録画なのをいいことにぼーっと見ていました。しかし収録をした時点はともかく、今の時点でまだオフシーズンに入っていないアレが奮闘する姿を見て(フリースローと手裏剣を超高速でクリアするかと思えば紙おむつ1800枚ってなんだそりゃ(笑))、もうちょっと考えて欲しいなぁと思いつつ、わたしたちにはまだ2試合を戦いうるという幸せを感じたりもするわけで。気持ちが行きつ戻りつしながら、確実に向かっている年末に向けて、公私ともにもう少しいろいろしないとね。

そして今日、新しいステージを迎えようとしている選手が登場したということ・・・わたしたちの17番が青いユニを着る日に向けて一歩をふみだすことになりそうだというニュースを目にしました。本当ならもっと早くに見られると思ったのだけれど、それが今というタイミングになったのは監督のどんなお眼鏡にかなったというのか、素人にはわからないけれど、とにもかくにも、1試合2枚のカードで退場となった2003年から、浦和で過ごした2004年、そして2005年という成長の日々をわたしたちは知っているから…今のA代表に選ばれることの思いがちょっと複雑であることは否定しないけれど、今年デビューを飾った達也につづき、なんとか代表に選ばれてそこで何かを打開して欲しいと思う。その一方で、浦和だけでは経験できないことをいっぱい積んで、そしてやっぱり浦和に戻ってきて欲しいんだなー、うん。

日程的にはキツイと思うけれど、相手ができない南ちゃんは寂しがるかも知れないけれど(笑)、怪我にだけは気をつけて!

おめでとう、長谷部選手。

あ…ってことはフェスタでは 握手できない あえないんだねー(;;)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 25, 2005

川崎戦@埼スタ:天皇杯準々決勝・2005.12.24...2-0

全く、誰があんなステキな演出を考えてくれたんだろう、と。

横断幕を手に愛媛で「サポにクリスマスプレゼントを」なんて大人な発言を聞かせてくれた暢久といい。やってもらって喜んじゃったよ、全く^^;

堀之内~v2点目がホリだったのも嬉しかったですよぅ。今日は決めたあとにロビー?に抱きついていったような…(^^*)いいOPだ。今は怪我人が多くて、でももしメンバーの全員のコンディションが問題ない場合、まだ先発を外れてしまうポジションなのか?ホリは。

萌たんのDF起用にはびっくりですが、時々ポカもやっていましたが^^;、時間を追うごとにそれなりに見られるようになってきたように思いました。前半だったか1度前に上がっていったときも、上がっていくのはたぶんツボより落ち着いてできるだろうし、後ろのフォローを誰かにやってもらえれば問題なしなので。

しかーし、川崎は汚ねーファールだったなぁ。外国からやってきた高速FWにあとどれだけのオプションができるかが上位にいける鍵だと思うのですが、まだそこまでの段階にはいってないようです…。あと、やはり相馬選手の最後の試合になったことは寂しいなぁと思う。彼が代表の時は鹿の選手だったけれど、リーグ戦では相手にしたくなかったけれど、代表に入ってくれるのが楽しみだった。お疲れ様でした。

ヒーロー…今日のゴール裏にはためく無数の赤白のチェッカーフラグはきっとトミーのための物だったのだろう。クロアチアの国旗もお手製のものだったのか、2つほど確認したし。ハーフタイムに我々がロビーのチャントを歌っていたとき、それに合わせて手拍子していたと思う。

そういえば、天皇杯は試合前にお互いに握手するんだよね。あと、平等に両チームのチーム紹介をするんだよね、選手の顔写真付きで。ただし読み上げる人はNHK仕様ですが(愛媛は例外だと思う)。

吉田さんの笛は流れの中でファウル気味のプレーを流したりする判断や、早いリスタートへの対応が、見ている側からすればおおむね納得できる物であるのかなぁと思う。たまーに試合全体でわけわからなくなっちゃうことがあるけれど。

・・・さぁ、のこりあと2つ。

相手は図らずもダービー五たび…となりました。「国立で会おう!大宮~?うちが負けるわけないだろう」と曰っていた職場の鹿サポの先輩に月曜日に会うのがめっさ楽しみですね(はぁと)

今日も北風が強く、寒かったですが、わたしは新潟仕様の格好で行ったので、試合中は思ったほどきつくはなかったです。ただ、ゴール裏のバックスタンド寄りに陣取っていたら後半20分ぐらいまでは太陽の日差しの恩恵に浴していたのに、一旦日陰に入ったらいきなり寒いの何のって(ブーツ履いていて良かった…)。むしろ一番厳しかったのが終了後にスタジアムの外に出てそのゲートをくぐるあたり。強風で凍えそうでした。選手はもっと寒かったかな。upしているときに毛糸の帽子をかぶっている某選手もいたし、風邪など引かぬよう、また木曜日にお会いしましょうv

うな重とりあえず今日は勝ったし。クリスマスだし。うなぎでお祝いだ(←どれもこれも相関関係が微妙・笑)

| | Comments (9) | TrackBack (2)

December 24, 2005

最近の出来事&明日も頑張りましょう

年末進行(というかクリスマスが仕事にならない国々(^^;)に合わせた前倒し進行)のそれなりに忙しい1週間弱を過ごし、その間にもいろいろありましたので軽くまとめ。

ワシントン選手獲得のこと

まだ来年のことなので詳細はもう少し後でワクワクすることにしますが、今年のサッカー誌の記事やヴェルディサポのブログをかいま見た限りでは好印象の選手でした。来年よろしくお願いします。

西谷選手完全移籍

MDCの1枚を飾ったくらいなのでもう少し見られると思いましたが…向こうでJ1昇格に向けた大きな戦力となれますように…。

ギドの契約更新

あと1年、一緒に戦えることを嬉しく思います。指揮を執って3年目を迎える監督…ステキな響きv


さぁ、あと12時間後には川崎戦だ。2ヶ月前の映像を見直しているけれど、あの試合の向こうのFWはやっぱり脅威だなぁ。都築がいなかったら…どうだっただろうと。明日はギシなのかなぁ…。川崎の公式を見に行ったらアウグスト選手退団のスペシャルインタビューが掲載されていてふとクリックしてみたらとてもステキなページに仕上がっていた。どんな理由であれ、大事にしてきた仲間がいなくなるというのは、どのチームでもそれほど変わらないんじゃないかと思いました。

でも…なんか…年があけたら、うどん大好き・トミーが、うどんにつられて他のJのチームに行っていたらどうしよう…とあり得なくもない自分の想像にちょっと寒気がする管理人でした。オシム千葉とか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2005

来年の日程着々

ナビスコの来年の予定がすでに発表になっています。

Aグループ:浦和・瓦斯・鞠・福岡
Bグループ:鹿・川崎・京都・大分
Cグループ:千葉・新潟・清水・広島
Dグループ:大宮・甲府・磐田・名古屋・C大阪

5チームのブロックは…なんとなく大変そう。やっぱりACL出場なのに落ちちゃったチームがあったから?

日程が都合8日分設定されていて、うち水曜日開催が6日…。ってことはリーグ戦の予定を埋めてそこしか空いていなかったっぽい?W杯期間以外は超過密スケジュール?でも普通に考えて、アウェイを水曜日に設定されても困るんだけどねぇ。

とはいえうちは遠くのアウェイは福岡のみなので比較的ありがたいグループですね…(あくまで参戦の可能性のみを考えた場合)。福岡へのアクセスは大分や広島に比べれば充実していると思われますし。スタジアムも空港に近いし。水曜の夜開催なら日帰りは無理にしろ完全に2日休暇を取らねばいけない事態とかになったらかなり無理ー。

たとえばCグループの千葉の立場になった場合…新潟、清水、広島に水曜日に行かねばならないとしたらどうでしょう。

たとえばDグループの大宮の立場になった場合、甲府、磐田、名古屋、大阪のどこか3都市に…以下同文。

・・・考えただけでヤダ(^^;)

とりあえず4チームのグループがどこにどういう日程で割り振られるのかわからないので、手帳に落とすのは保留。

昨日はシーチケの申し込みも来て継続すべく早急に投函してきたし。できることはして、でも今考えてもしょうがないことは天皇杯が終わってから考えることにして、なによりストーブリーグのことはあえてスルーしまして、1日も長くトミーと戦えることを信じて、週末に備えましょう。

しかし、都築のベストイレブン落選は納得いかねー#なんで?なんで?イエロー累積の出場停止とかが足を引っ張ったの?

| | Comments (3) | TrackBack (1)

December 16, 2005

忘年会シーズンの覚え書き

今日は職場の忘年会でした。

鹿サポの先輩や、実家が甲府の小瀬に近いという取引先の人などとそれなりにワイワイ話しました。また、今年は残念ながら浦和サポで鬼籍に入った取引先の方がいて(お友達と呼べる人を亡くしたのは初めてかもしれない)、その人のことをしんみりと思い出したりしながら、来年の健闘と張り合いを誓い合いました。小瀬の人はあるいは参戦帰りに歩いてよれるかもな近さ。「駐車場に借りられる?」ときいたら、「少し離れた作業場ならバスも駐められるぜ」と(笑)。

相変わらず鹿サポの先輩とはいろいろ張り合うわけですが、準決勝は国立で、と。まぁそれはいいんですが、決勝のチケを買ってあることを言ったら「生意気な!引き取ってやる」と。もー、今年も去年も鹿の上にいるのに(^^;)

それでも海外のサッカーのソシオであることを自慢げに話し、国内のクラブを卑下する有名人に比べれば、地元や自分の愛着ある土地のクラブ至上主義で、代表以上に自分のクラブが大切、そういう意味ではよりシンパシーを感じる相手でもある、たとえ鹿サポであっても。たとえ「アルパイはまた契約解除でしょ?」と勘違いしていても、だ。


遅ればせながらSOCCERZのトミー&ロビーの対談を読みました。言葉もわかる古くからの友というだけあって、その組み合わせでしか出てこないだろうと思うような会話があちこちにあり、とても面白かったです。ロビーがまじめじゃないとか(笑)。岡野の口調の物まねとか。読んでいて楽しかった。あぁ、やっぱりトミーとはお別れなのかなぁ。天皇杯を勝ち進んで、少しでも長くトミーと闘えたらと思いました。そうだ、トミーのいるうちにクロアチア料理に行ってこないとな…。


先々週にRVに行ったときに「ユニストラップ完売」の文字を見て慌ててスポーツオーソリティを何店か梯子したんですが、それでもまだ手に入らないユニが2つ。青ユニの片方('94)と去年の優勝ユニ。その他のは結構ダブっていて、いい加減もうしょうがないので、近いうちに整理してageたいとおもいます。持っている方がいれば交換しましょう。タイトルストラップはほとんどダブりがないんですが、今日3個買ったのにうち2個がエメ記念(笑)というように、なぜかエメのだけは4つもあるんですよ。交換してもまだダブっているヤツは希望の方がいたら実費でおわけしようかと。


あげられないでいる参戦記と道中記、週末にかけるかな。愛媛帰りにブログの長文をどれくらいの時間をかけて書くか聞かれたのですが(笑)、1時間ないし2時間くらいでどうにか…と考えています。さすがに仕事が忙しいとなかなか平日の夜にあげられないなぁ。なにより写真をあげるのがココログはちょっと面倒です(スタイルの指定をいちいちしないといけないので)。今日はとりいそぎあとであげるほどでもないエントリーを先にageてしまいますけど。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

December 11, 2005

瓦斯戦@愛媛:天皇杯5回戦・2005.12.10...2-0

暢久ゴールげっつシュートが少ないなぁ…と思ったら、5本ですか…まぢで?…でもそのうちの1つをトミーが、もう1つを暢久が決めてくれましたvよかよか。

サッカーの45分時計が無くて、微妙に今何分だかがわからなくて、終了間際のPride of Urawaは予想より少し長く歌うことになりました。今日は比較的いろいろなチャントを歌ったように思い。選手のヤツも暢久のそれ他いろいろ。

瓦斯もよくわからないところで何度もこけていて、そこからうちがチャンスになったような気がするんですが…感覚として…映像がないので確認できないけど。ホリの攻め上がりとか。細かい萌え箇所をちりばめる一方、都築の怪我が少し心配で、そこにすぽっと入れる山岸の調子を見るにつけ…(>_<)。

いやー、とにかく勝って良かった。さぁ、お家へ帰ろう。在宅組の仲間が待っているよ。

次は準々決勝。川崎になったようですね。川崎はつい先日闘ったばかりの気がしますが、あの、判定に水を差された試合、少なからず帰するものを感じていると思われる相手…。大宮と共にJ1年目を無事に残留で終えたチームの1つですし、緩むことなく我々のホームにお迎えしましょう。


今日の足■往復■

さて、本日は晴天なり。昨日よりもだいぶ暖かくなりそう。

というわけで、今日の足は自転車にしてみました。

レンタサイクル岡野号(自転車番号が30)です(^-^)…スタジアムは昨日お城から見えたし、天気いいし、安いし。ただちゃんと下調べしておけば、レンタルした人は無料でコインロッカーが使えたらしいんですが、ちょっと損した気分…。動き出しが少し早かったばかりに(デパートのコインロッカーを使う手もあったけれどその開店時間よりも早かったのでコインロッカー相場?の定価で払ってしまいましたorz)。いつかまた来ることがあったら利用しよう…(T_T)

地図を見た感じではスタジアムまでゆるゆるの上り坂ではあるようですが、直行すればまぁ1時間見当でつくだろうと、そんな感じで。実際は大街道のレンタサイクルやさんから食事の調達のため道後に行ってから。途中、仲間たちの乗るタクシーや、野田ナンバーや、レンタカーが横を通り過ぎてゆきました。わたしは写真を撮りながらでしたので、ゆるゆると50分くらいかけて到着。

・・・明日は筋肉痛になりそうだわ...^^;

でも晴れ間がのぞく暖かいお昼過ぎ、久しぶりの自転車走行は爽快でした。

帰りは少し寒くなっていましたが、ゴミ拾いを追えたあと、混雑にも無縁で、40分弱で市内に戻りました。競技場を出るときに選手バスを見送ったんですが、もう1度その姿が視界に入った気がする…遠目だったから違うかもですが。


今日もいつも通りゴミ拾い。区分の仕方がわからなかったので、とりあえずペットボトルと缶とそれ以外にわけることに。あの、かねて不思議なのは切れ切れのトイレットペーパーが散乱していることでしょうか。それだって捨て置かれたら別の誰かが拾わないといけない。今日、ゴミ拾いをしてくれていたボランティアの人は地元の協会の人っぽいし、それに高校生が手伝ってくれている感じなんだけど、そういう中でいつものように手に持ちきれないからといってゴミを放置して帰ることができませんでした。ゴミは地元の人も出していたけれど、断幕を剥がしたあとの赤や黒や白のガムテープは間違いなく仲間だし、そもそもそういうことはホームでもよくあるし…いつもは使わないスタジアム、いつも使っているスタジアム、大切に使いましょうよ。最後の最後まで残っていたのは10人かそこらだと思う…拾っていればいつかは終わるんだけど、もっと各自が出したゴミに心を寄せて欲しいなぁと思います。


前の日にホテルで延々と流れていたFC愛媛の特集(…なのか?)や、JFL最終節の試合のビデオなどを見ていたせいか、なんかどこかで見たスタジアムという感じでした。そして天皇杯なのに、妙にハイテンションなアナウンスと。

都築が怪我で退く前に、瓦斯から信じられないことに「つまみ出せ」コールが。センスのかけらもないな。っていうか、その状況でそのコール、人としてありえない。

そういえば試合前にバックのコーナーあたりに陣取った瓦斯サポが、歌いながら芝生席と座席の間にある通路の所をバック側からメイン側に一往復だけ行進していたのには浦和が大受け(大笑い)でした。訳わからない人たちだなぁ…(^^;;

[おまけ]

W杯の組み合わせが決まった直後とはいえ、入れ替え戦まで後回しになっちゃったうえに、天皇杯の時間の短さといったらなんだろう(-_-;)…今の家では衛星が見られないのになぁ。

あと、皮の手袋を片方なくしてしまいました…(べっこり)。かなり気に入っていたし、手袋ホルダーを買おうと思っていた矢先でした…(つ_<)・。えーん。

帰京したらもう少し追記したいなぁ…とは思っておりますが。

| | Comments (6) | TrackBack (2)

December 10, 2005

道後温泉とFCの街~松山道中記2005

すでに松山市内に投宿しております。行きの飛行機の中からホテルまで、同志がちらほら。マフラーがわかりやすくていいわv

では忘れないうちに道中記、れつぎょ…。


7:25 ANA583便 羽田→松山

もう国内移動では距離感覚がかなり麻痺してきました(笑)。念押しされなければ四国ほぼ初上陸だという感覚が0です。機内ラジオで小田さんの特別番組をやっているのにきづかなくて凹む。ま、帰りに聞けるからいいや。

9:25ごろ松山空港からリムジンで市内へ移動

9:45ごろ松山市駅到着(荷物をコインロッカーに入れるため)

J2昇格・愛媛FC市駅の駅前に見つけた幕。

今日はこれだけではなくあちこちの街角でJ2昇格を祝福する文字を見ました。なんか、嬉しいなぁ、と思う。

1dayチケット市内観光に便利な1dayチケットを購入。明日も買っちゃうかも。市内電車とループバスに乗り放題のチケットが1dayで300円(笑)(通常大人1回が150円)。長崎の市電は10年ほど前に行ったとき100円だったけど、1日券は500円だった。それに比べるとかなり使いでのある松山のいよてつ。やっぱ明日も買うか(←可能性up)。ほかにも坊ちゃん電車とかいう特別仕様の市電やデパートの上に作られた観覧車の割引券にもなっていて、結構使えそうです。興味のある方はどうぞv

堀之内そこから市内の図書館へ←住居表示がある地図が欲しかったのでコピー。その図書館は堀之内という場所にあるわけで(笑)<こいつは縁起がいいや^m^(つまりは城のお堀の中にある施設)。新潟に行く途中にもその名前があるし、また何かやってくれないですか。…帯同しているよね…(汗)

さらに市電で移動して、さるサッカーショップへ立ち寄る。中に入ってみたらお父さんが一人いて、一軒丸ごとサッカー用品だらけで、わたしが浦和のサポであることを告げたところ、少しいろいろお話を。愛媛におけるサッカーの地位とか、愛媛FCの話とか。昇格を決めたときの愛媛新聞の記事のコピーをくださいました。埼玉新聞がそうであるように、地元のチームを取り上げてくれていて、全国紙からからはわからない状況が伺われますね。

で、途中、「FC」「FC」と話題に出るものの、なんか話が違うなぁと思ったら、FCは瓦斯ではなくて愛媛FCのことだったというわけで…ごめんなさい。愛媛では依然野球が強い地位をしめて坊ちゃんスタジアムと並んでもう一個マドンナスタジアムとかができるとか?と憤っておられました。明日の試合も「不便なところにあってね」ということで。話している途中、明日のチケットを買いに来られた方がいて「田中達也はやっぱりまだ出られないんですか?」と聞かれて、嬉しいけれど残念な気分でいっぱい。

なんか、Jリーグが始まって13年過ぎようとしていて、ようやくJ2に上がったチームがいて、5年後にJ1にあがるぞとそんなチームを応援しているとか。1度山形との戦いにいわきまで15時間かかって行ったことがあるらしくて相当だと思われ^^;。いつか浦和と闘う日が来るといいなと思わせてくれた、心温まる時間をありがとう、お父さん。なんか名刺をいただいたところではブログもやっているようで、あとでチェックしてみよう(…チェックしました…かなり本格的です…興味のある方はこちら)。思いがけずおみやげまでありがとうございました。何をもらったかは…ココに書くのがはばかられるほどのびっくり(汗)

本日の昼食昼食は大街道のアーケードから一本入ったところで見つけたお安いランチメニューのお寿司。「すし徳本店」さんというお店の名前。これで730円でした。ほかにも地魚にぎり2000円というのにも惹かれたけど、昼食だしね。そこまで豪華にしなくてもね。

午後は松山城方面へ。ロープウェイとリフトがあるというので、いちおうそちらの方に行きましたが、往復500円…でも脇に登山道があるし、500円払う気にならなかったのでてくてく歩いて登っていきました。まぁわたし的には歩いて正解だったかな。

お城は残念ながら天守閣が工事中でしたが、さすがにあれだけ高いところにあると眺望もなかなかで、土足ではなくスリッパで歩くそのお城は、昔の急な階段そのままで、良い残され方をしていると思いました。天守閣の入場料は500円でしたが、ロープウェイに乗るなら天守閣に逝っておけ…と思われ。

ココで一旦荷物を取りに行き、ホテルへチェックインすることにしました。宿泊パックのツアーなので、いつも泊まるビジネスホテルよりは広いのかなぁ…。まぁ立地も便利だし。

道後温泉1時間ほど休んでから道後温泉方面へ移動。日は落ち、昼間よりいくぶん寒くはなっていますが新潟に比べれば楽勝ですね。いよてつで移動した道後温泉、とりあえずは温泉の本館に行かないと話にならない。いろいろなコースでお茶付だったりするわけなんですが、明日の夜は土曜だし、仲間で少し混んでいそうだから、今日のうちにお茶付コースを体験。おせんべいが2枚付いて800円。お風呂だけなら400円か?なかなかよぅございました。下調べ通り、Edyで支払えました。

鯛めし夕食は道後温泉本館に行く途中で見かけた見本に釣られて鯛めしを。

ウマー。お吸い物も付いて、これで1000円也。そうそう、ここもEdy対応。お店の名前は「味倉」さん。アーケード入ってすぐなのでわかりやすいかと。うわー今回は魚ばっかり食べてそうだ。

十万石…でわないやっぱり「うまい、うますぎる、うまいってば」みたいな十万石×1.5倍にしたようなCMでもあるんでしょうか(笑)

仕事に使えそうなものからこんなくだらないものまで、今日はスマメ1枚使い切らんかの勢いでいろいろなものにカメラを向けていました。撮れば撮るだけそれがネタになるんですが、さすがにあげきれないのでこれでもポイントだけ。そのほか、旅行貯金をしたり(←意味のわからない人はググって下さい>説明が面倒くさい...^^;)、

とりあえずそんなところか(実はめっさ眠かったりする)

では明日も頑張りましょう。埼玉に帰ってくるのを待っている仲間がいっぱいいるはずだしね。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

December 09, 2005

四国上陸準備

平日に休みなんか取るため、メールの返信もエントリーのネタも消化しないままですが、とにかくわたしは少し早く、明日の朝に東京を出発してしまうので、恒例持ち物チェックだけはあげておかねば....(というか、今回は実際に準備しなければいけないと思いながら下に晒しているだけという余裕のなさ…まぁ準備不足で凍え死ぬようなことはないだろう)。

■しまなみ街道~持ち物チェーック■

□試合のチケット(重要)
□宿泊プラン(ツアー)の概要メモ(チケットレスの番号・宿泊先)

□Edyカード
□Suicaカード
□2泊目のホテルの会員カードと割引券

□マフラー
□雨合羽
□レインコートの下
□傘
□タオル
□ゴミ袋

□耳あて
□カイロ(普通サイズ)
□手袋
□フリース膝掛け

□せっけん...(・∀・)
□てぬぐい(タオルだけど(笑))

□カメラ
□テレコンレンズ
□スマメ
□充電池・充電器
□双眼鏡
□パソコン+アダプター

□ビデオの録画予約(試合は…BSのみ?地上波ないのかな?…なのでスポーツニュースだけ)

□Smile(^_^)

□2泊3日の旅に必要な下着などの着替え

※明日バッグに入れるもの
□お財布
□コンタクトレンズ
□PHS


※当日着用服
・タートルネックの白セーター
・ジーンズ
・黒帽子
・タイツ (ユニクロのヒートテックモイストシリーズ)
・ババシャツ (同上)


[補足]

実際にはしまなみ街道は通りません(たぶん)。

Edyはタッチの差でパソリの到着が間に合わず(昼間留守中に配達に来たらしい...orz)、でもできたての新しいANA Cardを持って行きますv<マイル貯めるぞぅ。なにせ立ち読みしたまっぷるによれば、道後温泉の本館もEdy対応なほか、使えるお店がコンビニ以外でもありそうなので、羽田でチャージしておいてから、ちょっとふらふらしてきたいと思います。

Suicaはね、なんか空港で福引き?スロット?があるらしく、わたしの往路は朝早いのでできないけど(9:00-19:00)、帰りは1回試せそうなので。まぁそれがなくても普通に持って行くわけですけどー。あと、「駅も街ナカもSuicaで。」キャンペーンがあるので、それで使うかも知れないし…(ケータイでウェブが見られる方はこっち?:わたしは見られないので未確認)。

それから、前回異様に反応があったやきそばは今回はリストにありません(笑)。というか、まだ新潟戦の参戦記も満足にあげていないわけですが。新潟でつましく過ごしたのは、松山でドカンと食べるつもりだからだったりするくせに、お店のリサーチが不十分なのはなぜでしょう…。


エントリーやメール返信の必要性の有無にかかわらず、長距離の移動にPC持参はデフォですので、明日以降、時間を見つけて書きたいと思い(ぺこり)。エントリーも4つや5つ、ネタはあるのにー(笑)。この状況がなんかに似ているなぁと思ったら海外出張直前の忙しさだ^^;

では、勝ち点3をしっかりとって、ヒロミ・ハーラに引導を渡す旅へ一足お先に行って参ります。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

December 04, 2005

お疲れ~っず2005リーグ戦終了

リーグ戦終了しました。

良い試合でした。この試合は今季の中でも指折りのわくわくな試合でした。あぁいう試合が来年以降も(特にホームで)紡ぎ出せればいいのですが。今年も新潟が観客動員が一番だったそうで、うちも埼スタの試合が増えるみたいですし、観客動員がそのままチームの補強に繋がりますし、ホームでの試合を盛り上げることでさらにお客さんが増えればみんな幸せだと思う。

今年の我々の成果が2位というのが相応しいといえるのかどうかはわからないのですけれど、得失点差を着実に積み上げたおかげで、とにもかくにも、2005年に1億円と小さなお皿を手に入れることができたのはよしとすべきなのかも知れません。1位だったセレッソは一気に5位とか(汗)。

ただ、試合数が4試合も少なかったはずの去年の浦和の勝ち点の方が今年の優勝チームより10点以上も多かったという、うちも他も含めてヘタレだった上位陣の中で、やはりうちに諸々の問題点があったのは素人の目にも感じるところですが、あともう少しだけ試合が続きますね。来年のシーズンへどのように繋げていくのか、たとえば若手の起用などで天皇杯をその試金石とできるのか…。とにかく来週は愛媛に向かい、ひとつひとつ残りの試合を積み上げましょう。

そういえば…トミーはホントにお別れなの?今日の試合でも思ったけれど、いい選手だよ~。一人で切り込んでいくタイプではないけれど、ロビーにしろ永井にしろ岡野にしろ、組み合わせることによってすごく引き立つ選手だと思うんですが。もしお別れが近いならすごくまた寂しくなるなぁ。

そしてガンバの皆さん、おめでとうございます。本来ならもう少し早く引導を渡されていたような覚悟はしていたので(^^;、今日までいい夢が見られたなぁと同時にホッとした気分が正直なところかも。

そして時に雪かひょう?という悪天候の中、50人超の仲間を連れて行ってくれたnakaの人、どうもありがとう~。

明日も所用で外出なので、とりいそぎ。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

December 02, 2005

2005年リーグ最終戦支度~新潟紀行

11/23にエントリーした時点では、確か曇りがちの最高気温9度という予報だったはずなんですがぁ。

全く同じ天気予報サイトなのに、いつの間にか「暴風雪・最高気温5度」というステキな予報になっています。

むーー(汗)。

5度といわれてもねぇ…比較対象があればいいかなと、スキーは7~8年前くらいに行ったきりだからそのGALA湯沢はどれくらいだろうと思ったら、まだ山開きしていない模様...orz苗場あたりだと-2度とか、そんなところか?スキー場を想定していけばよさげな気がしてきた。

でも風が吹くと体感気温がさらに下がるし、スタジアムの座席の場所がどこになるものか…。

というわけで、そのへんも考えた上で持ち物チェック。

■新潟持ち物チェーック■

□試合のチケット(重要)
□マフラー
□雨合羽
□レインコートの下
□傘
□タオル
□ゴミ袋

□耳あて
□カイロ(普通サイズ+靴用)
□手袋
□フリース膝掛け

□下着の替え(追加)

□カメラ
□テレコンレンズ
□スマメ
□充電池

□ビデオの録画予約

□Smile(^_^) 0円

※明日バッグに入れるもの
□お財布
□コンタクトレンズ
□PHS

□朝ご飯(おにぎり)
□昼ご飯(おにぎり+おかず)
□夕ご飯(やきそば:予定)
□水筒(可能なら)

※当日着用服
・タートルネックの白セーターorフリース
・ジーンズ
・黒帽子
・白い綿入りジャケット
・赤セーター
・黒ブーツ
・タイツ
・ババシャツ(←最早、恥も外聞もなく・笑)

※試合中のタイツとババシャツはユニクロのヒートテックモイストシリーズがよさげかなぁーと思って、昼休みに買ってきました(追記)

んー、万博より3倍くらい着ぶくれていそう(^^;)

明日は帰宅が遅くなりそうで、エントリーできても少しだけだと思います。支度もできるところは今日のうちに準備しておきます。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

磐田戦@埼スタ:第33節・2005.11.26...1-0

中2日の3連戦の最後。そしてホーム最終戦。今日は試合前に選手のコメントが流れるはずとわかっていながら、諸般の事情によりキックオフギリギリで入場。ビジュアルに参加すらできず凹む(写真は撮った)。

いつもならバック自由席エリアに空席が見つかるものですが、今日はさすがに一杯ですね。まぁそうは言っても1人分くらいあるとこにはあると思うのですが、面倒なのでさっさと南へ。久しぶりの南ゴール真裏は試合全体が視界に入って「ココもいいなぁ」と再認識。退場した誰かさんの反則行為もしっかり目に入ったし。見逃さなかった徹さん、ぐっじょぶ(とりあえずココは褒めておこう)。引っ張ったんならともかく、あまりにも露骨な、ガキのような足の引っかけ方に、鹿の誰かさんとはまた別の嫌悪感を覚える。そういえば西はいなかったんだなぁ。

千葉戦の時に戦っていなかったという選手がいたのか、わたしにはそうは見えなかったけれど、今日は暢久がゴール前に球を出したことで相手のオウンゴールを誘った。そういうこともある。横にこねくり回すよりは遙かにゴールに近い気がする。

磐田はなんであんなになっちゃったんかなぁ。憎たらしいほどの球さばきの片鱗も見られないまま、終わってしまったような感じ。

あ、後半のゴールポストを叩いたあれはお祈りのおかげね(信じるものは救われる)。

場内一周で思ったこと、箇条書き。

・永井は最初見たとき、一瞬どこのモデルのねーちゃんだと思った。
・パパ達はほほえましい(^_^)(ギドも)
・しかし今年はたくさん生まれたなぁv
・ホリ&ヒラ、黒髪隊に萌え
・うっちーJr&暢久Jrたちは大きくなったねぇ。
・松葉杖で歩く達也を見たときはぐっときた。
・水上広報さんはカメラマン役?
・去年の名古屋戦@駒場のアルパイファミリーを思い出した



試合終了後の映像は、結局録画機器を買うこともなく、最低限のデジカメ動画機能頼り(リサーチ無しに新たに予算数万円の機器へぽんと出せるほどの余裕も無く)、切れ切れになりながら、ただひたすら撮りためていった。35秒×5本。たぶんその2倍くらいの画像が流れていたはずで、それはアフターバーでもう1回流してくれてまた撮った、ありがたかった。どのシーンも忘れがたいけれど、啓太のミドルや、永井の鞠戦の決勝点がスローで流れたシーンは感動したなぁ。

今年のメッセージはこんな感じでした。

ピッチに向けて心を、魂を注ぎ込む。

完全に一体となったスタジアム。
その光が、地球の輝きとなる。

次の試合もまたその次も、
地球は輝き、回り続ける。

Reds Wonderland
みなさん ありがとう

BGMの選曲もいいよね。あいにく曲名がわかりません…ときどきCMか何かで耳にした気がするんですが…。映像をまとめてくれた中の人、お疲れ様でした。でも、アルパイ、ネネ、エメがいなかったような気がするのも残念だったりはする。。。

さぁ、あと1試合。最後の1ページを忘れられない戦いで終わりにしよう。


バーに行こうと階段を下りていったら、スタジアム下の駐車場の所に集まるものすごい警備員の数。その理由はしばらくしてからわかった。バーになんと選手達が来てくれたのだった(ドーピング検査に拉致られた啓太と赤星は除く←西野さん曰く「水分取りまくって大変」らしい)。「疲れているはずだろうに、いいのかな?」と思いつつ、本当は嬉しくてなかなか煩悩がなくならない自分(^^ゞでもやっぱり全員連れてこなくてもいいのに。スポンサーの言うことは断れなかったのか?スポンサーは誰のためにそうしたのか?等々、思いが去来します。

そのあとのゲストはヤスさん。13時キックオフ→15時終了の甲府での仕事(解説)を終えたあと、車と電車とタクシーを乗り継いで来てくれたとのこと。「1本乗り過ごしたらココにいない」とかで、お疲れ様でした。前回と違ってきちんと舞台と椅子が用意されて(笑)かなり長いことトークを聞くことができたのですが、ヤスさんって、どちらかというと三の線に近いのか?(^^;)いろいろな反応が面白かったです。最終節、セレッソと当たる瓦斯の話が出て「原さんはきっと"ここは…俺だな"と思っているはず」だから最後にデカイ贈り物をくれるだろうとか、今日の試合のリプレーを見て、啓太とホリのそれぞれ惜しい場面があると「啓太は春に使っちゃった」「ホリもー…春に使っちゃったから」的な発言をしちゃうとか、次の最終節は理論上5つの競技場に優勝の可能性があるからそれを考えて人と表彰式グッズを揃えなきゃいけないわけだけど、鈴木チェアマンと川淵キャプテンが優勝に近い1位、2位にそれぞれ行くらしくて、ただ、2年前の埼スタ最終戦ではキャプテンが試合終了直前まで鹿の優勝かと思って下に降りていったらエメがゴールを決めて優勝を逃したっけと言う話で「ってことは川淵さんが来ると(中略)…だから来なくt(以下略)」みたいなことを言ってしまって「お前、サッカーの業界で食べていくのにそれはまずいよ」と西野さんにつっこまれるとか、あぁ、書ききれない(笑)

そんなわけでゴミ拾いとビジュアルの後片付けを自主的にすませたあとに向かったので、いつもより遅かったとは思うのですが、寒い中、最後までいて良かったと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2005

どうもローソンチケットは逝きたいらしい

ホーム最終戦諸々や雪の準備(^m^)はあとで書くとして、ですね。

今日帰宅してメールチェックしたらこんなものが。

-------------------------------

Subject: ステージパス年会費更新手続き完了

本文:××様

事前にご登録いただいたクレジットカード情報による
ドットコム・ステージパス年会費更新手続きが完了しました。
年会費更新をお受けした会員情報は以下の通りです。

■ステージパス会員ID
XXXXXXX
■有効期限
 2006/12/31まで

---

お問い合わせ先
株式会社 ローソンチケット
TEL 0570-000-777

※このメールへのご返信は受付いたしかねます

-------------------------------

・・・勝手に更新するなっちゅーの。(--;

解約しようにもネットが閉鎖中だから不可。でも、冗談じゃないと、ソッコーで公衆電話にいったら(わたしのPHSからでは0570にかけられない)、オペレーターに繋がらず、ナビダイヤルとかで、番号を押して次のステップに進めるんだけど、退会の手続きの番号にたどりつくまでに50円、そこからオペレーターにつないでくれるはずのところまでに延々と待たされて、でもさらに100円近くかけてもたどり着けなかったってどういうこと...orz

メール内の「返信は受付いたしかねます」というのは送信専用アドレスで、そこに送っても宛先不明のエラーが帰ってきました。

はー、解約するまでにいくらかかるんだろうー、やれやれ。せめてオペレーターに繋がるまでの電話代ぐらいそっちでもてよなー。実質的に2ヶ月はそのサービスを使えないでいたわけだし、会費自体、2ヶ月分返して欲しいくらい。

これが会社の姿勢なんだろうかねぇ。ちょっと前のエントリーに書いたところで薄々感じてはいたけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« November 2005 | Main | January 2006 »