« December 2005 | Main | February 2006 »

January 30, 2006

レッズフェスタ2006

最後の挨拶byキャプテン

入場者数が4万2千人超だったそうです。人数が発表されるまでもなく500のフロアまでたっぷりなので去年より多かったであろうことは一目瞭然。わたしはもう、短絡的に毎試合、最低これだけの観客を埼スタに集めたいなという風に感じてしまいました、レッズフェスタ2006に行ってきましたです。行くかどうしようかなぁ…と思いつつ1年に3日しか働かない緑色のかぷーるを見に行ってきました(←フェスタ・サポカレンダー撮影・オールスター)…もちろんそれだけじゃないですが…チャリティーオークションとかさー(トミーのスーツが出品されていた!)…どんなに選手達との距離が離れていても行かなきゃわからないこともあるし。でもだって緑色の2名はこれを逃したら来年まで見られないこともあり得るわけで。

諸般の事情により到着が遅れ、まぁでも入場はいつも朝礼のように長いので、まーいっかと。思いましたが、行ってみたらシーチケ優先席が受付終了だったのはおろかパンフレットも置いてなかった(笑)。去年より1万人くらい多いのか?

相馬恒例の子供達に囲まれて行う選手への質問コーナーで「オフにしたことについて」という設問に「日本で一番長いOFFだったのでスペインに行った」という相馬選手は自虐ネタで初っぱなから飛ばしてくれるし(^m^)、リラックス法を聞いた質問で、子供に「ありえねー」といわしめた、芸が細かいんだかそうでないんだか微妙な絵で山田家の人々を描いてくれた暢久とか、闘莉王が描いてくれた友ちゃんのあごしゃくれ似顔絵はよく似てたとか、スパサカの収録でスパサカチームにすらPK戦に(中略)という前途多難・超不安な兆候を見せられるとか、堀之内が最後に美味しいところを持って行ったような気がするとか、ロビーのしゃべりをバリさん越しに初めて生で聞いたら噂通りにお茶目だったとか、山田家の温泉WANTEDで伸二がものすごい勢いで観客席に駆け上がったと思ったら親友の平川を見つけ岩沢さんに「匂いで見つけた」といわれるとか、所々見所はありましたが、やっぱりあれだけ大人数になってしまうと、選手達と握手&お見送りとかがなくなっていたり、去年の豚汁のように「前年やったと聞いていた」or「それがあった」というのが毎年減ってしまうのは残念だけれども、しょうがないのかなぁと思います。。。それならそれなりにトークをもっと引っ張るとか(去年の南・長谷部によるラブラブな旅行話とか、赤星による暢久への仰天質問とか、そのあたりは選手に仕込んでおかないとダメか?)ができると、行っておもしろかったなぁと思うんですが、その辺は来年の演出に期待いたしましょう(来年も行くのか?(笑))。スパサカに取られる時間も多いんだよなー、正直。そうだな、握手は時間がかかるから、願わくば、柵越しのお手ふりでもしてくれるとよかったかなぁ。でも、そういうものがなくなっても、集客力が高まって、良い選手が来て、たくさんのゴールが見られて、もっともっと高いステージに上がっていく方がわたしは絶対に幸せだから…と思うことにする。やっぱり時間見つけて大原に行くことにするかな。

冒頭にあげた暢久キャプテンによる挨拶はやはり慣れてきたのかな(お互いに(笑))、安心してみていましたよ。

帰りがけにオトコマエ13さんに遭遇。お客さんが少なくなっていたとはいえ、あの会場でびっくり(声かけてくれてありがとーv)。管理人1号さん(仮)なみの遭遇率かも(笑)。

そんな感じで、今夜あげないと今週も忙しそう=二度とそんな時間がなくなってしまいそうなので頑張ってあげちゃいました。思い出したら追記するかもですが、しないかな…(<あ(笑))。

[追記]('06/1/31)
・画面で見ていたうっちーと黒部くんが結構ダブって見えた。実は似ているのか?
・おとなしめ?の髪型の永井が一瞬だけ室井に見えたよ。
・写真で見ると遠目には近ちゃんと相馬くんが似て見えた。
・去年のフットサルは若手の新人くんも駆り出されていたので、そういう意味で今年のスパサカは不完全燃焼。
・せっかく選手・スタッフ・ボランティア・スポンサーを総動員し拘束し場所を借り…といろいろな力を注ぎ込むのなら、企画にもう少し時間が割ければ何か見られるんじゃないかと思いつつ、無料なので無理強いできるモノでもないと思いつつ。

バナナんレディア[追記]('06/2/2)
・珍しく小技をきかせるレディア
(...とはいえスパサカ収録中にバナナを手に持っているだけ=レディアクオリティー)

| | Comments (7) | TrackBack (1)

January 28, 2006

1月生まれのお誕生日祝い

…produced by Samemoon!(←大げさ^^;)

リアルタイムでブログにはあげられませんでしたが、

15日うっちー@32さい
18日マコさま@22さい
24日ギド@45さい

の1月生まれさん達、お誕生日おめでとうございました!

うっちーは昨年終わりの怪我がどれくらい回復に向かっているのか、よくはわかりませんが、約1ヶ月少々あとのリーグ開幕に向けて調子を上げて行かれますように。

マコさまは大学に行っていれば今年卒業だったはずですが、わたしの周りにいる新卒生(あるいは大学4年生ともいふ)を見るにつけ思うのは、普通の大学生以上にその4年間で一回りも二回りも大きく成長したであろうこと。今年は代表にも呼ばれ、ドイツのピッチに立てるかどうか、それはまだわからないけれど、また新しい世界が広がりますように。

ギドは3年目の勝負の年になりますね。言い訳のできないほど豪華な補強を実現し、その分大変なところも増えるでしょうが、信じてついていきます(^-^)…しかし今年は去年以上に「打倒浦和」で向かってくるチームが多そうで武者震い。

(忙しかったとはいえなんて手抜きなΣ( ̄▽ ̄;;)…イメージとしては幼稚園の月例お誕生日会?)

と、と、とにかく、早生まれオトコたちに幸あれ!


そして、浦和を卒業したOBニューフェイス(←表現がヘン?)、トミーもドイツで?33歳のお誕生日をお迎えのことと思います。在日中には残念ながらその日を迎えられなかったけれど、ROMっていたMASAさんのブログなどでその動向を嬉しく見ていました。どうか残りシーズンを良き日々で迎えられますよう…休みなくまたシーズン後半を戦うとは…怪我にはどうぞ気をつけて。

そんな感じで、早生まれ勝手に応援スタンスblogはあと2ヶ月ほど続きます(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

初チケ取り完了

寝坊する夢を見ましたが(笑)本年の初チケ取りはCNプレイガイドで2分以内に無事終了(ほっ)。

試しにやってみたら1人様1公演につき1申込のみというのがちゃんと有効だった。good、good。

CNで買った(買えた)のは初めてなので引きかえ方が良くわかりませんが(笑)、調べて今日のうちに引き取ってこよう…。

次は開幕戦か…難関だ…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 26, 2006

オフシーズンのお財布が狙われるー

天皇杯優勝記念レプリカユニフォームが売り出されるそうで、なんかこういう特別版のレプリカって久しぶりのような気がするんですが(少なくともわたしがグッズを買うようになってからは見てない)、サイズがL以上かぁ…。

…The door to ASIA is opened.の台詞もなんとなくワクワクさせられるんですけどね。

あとDVDは特別版が税込みの7014円ですか…amazonさんのところとかに出てくるのを少し待つことにします。

Yearブックは…実は買ったのは去年が初めて。我々のお財布をピンポイントで狙われる雑誌も出るのかな…きっと。まぁ雑誌類はたかが知れているか…。

…そんな感じです~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2006

大雪の日の出来事

「何も大雪の日にしなくても…」とその日を迎えて恨めしく思いつつも、でもやっぱりうきうきしながら浦和関係者の集いを二連チャンしてきましたv


「新春 お祈り監視隊ミーティング」@浦和

都築選手の前半後半キックオフ直前のお祈りを監視する人々の集い(<長っ)をして参りました。といっても、タイトルを想起させるような内容はほとんど話題に上りませんでしたけど(笑)、名目はともかく浦和モノが集まって、浦和の天皇杯の決勝戦映像なんて見ていれば、話題は自ずと決まってくるわけで、TINA LOUNGEというお店でランチタイムにご飯を食べながら、ひたすら赤い話かブログの話に終始しましたです。

参加者は華月@隊長さんちよ@隊員2号さん、体験入隊?のandyさんcicoさんの5名で、参加の予定だったmaoさんは諸般の事情(っていうか雪の影響^^;)により残念ながら欠席(;;)されましたが、また今度ご一緒しましょう~v

ご飯を食べたら隊長はお仕事のためお帰りになりました…お疲れ様です(ぺこり)。そして残る4名で雪の中、調神社へ。なにげに初めて行きましたです、調神社。

雪の調神社

もちろん今年のリーグ優勝ほかを祈願。

そのままRVに行ってきましたが…この雪の日、意外なことに結構人がいました。

「雪の日になんでこんなに来ているんだろう…」

ってたぶん自分たちもそうだよね(笑)。そのあとは伊勢丹方面に向かい、そこで各自そのあとの予定に向け散会となりました。雪は舞うし寒かったですが、楽しかったです~。

そうそう、最後に参加が決まったcicoさんに「みんなよくご飯とか食べに行っているんですか?そんなところに参加してよかったのかなぁ…と思って」みたいなことを聞かれたんですが、答えは「ぜ~んぜん!(笑)」。面識があったのはその一部だけで、実際に会うのも数ヶ月ぶりとかそんな感じなんですが、四六時中ネットで行動をかいま見ているせいか、"久しぶり感"や"初めて感"が皆無で、不思議だけれど楽しい時間でした。ありがとうございました。また機会があったらよろしくお願いしますv

さて、浦和でのランチ&散策のあと、実家に頼まれたお買い物をして、表参道で軽く雪ですっころんで(鬱)、いつもならもう少し歩く距離が多いところですが、ココは無理せず地下鉄に乗り、夜の新年会に向かいます。


「をとなの祝勝会」@新宿

名目は…いちおう天皇杯の祝勝会ですか?まぁそれもどーでもいいですね(<ああ゛)。お誘いメールはnaka0419さんからやってきたんですが、誰が来るのか良くわからず(笑)。でもバスのアウェイツアーつながりが多そうということで、行ってみれば確かにaridaさんもいたし、そのほかにもアウェイやバスツアーで見かける人がちらほら。面子は違いましたがこれまた楽しい会でした~。

メインディッシュはいちおう↓

北京ダック

でも一番の肴は浦和の話ですよね~。

てっきり出席だと思っていたら実はトリがダメという理由で欠席されたらしいもいるので、次は別のお店ですね~(名前は出たけどご本人の姿は見えないので残念がられていましたよ)。え?六本木のパフェですか?(笑)

こちらの会はランチでお会いした方々よりもアウェイ参加組が多く、それぞれいろいろな方法でアウェイに参戦しつつ、仕事との折り合いをつけつつ、ツアーやチケットを手配している話、今年もまたバスツアーをやっていただけそうなのでそのお話、「どこまでがアウェイか?」という話(やっぱり関ヶ原を超えるか否かという見解が一般的みたい…←一般的?)、そもそもまことしやかに流れている日程の話、平日の水曜参戦どうしようか話、霞ヶ丘がなくなって寂しいよね話等々、気がつけば3時間くらい話していましたか?それでも話題は尽きなかったですね。初対面の人が多くてもね。

アウェイに参加している面子ばかりとはいえ、それぞれの生息域が違うせいか、参戦の時にお会いすることはほとんどない方ばかりかも知れないけれど、でも確かに同じ空間にいたのは特に説明しなくても「あぁあの試合は…」と話題が続くこと。つまりはそれぞれに接点が無くても参戦していたということ。なにより今回の出会いでこれからはスタジアムであえばきっと挨拶くらいできそうな、そんな有り難く、そして和気藹々とした会でした。

お開きのあとは地下鉄・新宿三丁目の駅に向かい、地下への入り口で記念撮影!までして、楽しい時間でした。"チーズ"の代わりに"おぉぉぉぉーーー"というかけ声(試合後の場内一周でやるあれ)が口をついたり、レンズがあいていなくてシャッターが降りずブーイングしたり、これまた周囲とは少し違う、不思議な空間を作っていたと思われ。

その後三々五々帰宅の途についたり、マックで「ぶつ森」通信をしたりしながら散会と相成りました。

そんなわけで、忙しさ諸々にかまけてブログに挙げないネタもたまり、気づいたら来週はもうフェスタですか…(うひゃ)。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

January 14, 2006

伸二、伸二、伸二…‥・・

・・・と、いなり寿司のように頭の中を離れないくらい、今その2文字が頭を巡っているよ(←歳がばれるか)。

どういう事情で帰ってくるか、本当に本当のところは知らないんですが…

埼スタをホームにして走り回る浦和ユニの伸二のことを想像したら、もー嬉しくて、じったんばったん身悶えしています(笑)。伸二といったら駒場か霞ヶ丘だなぁ…当然だけど。伸二がいた頃は自分のいろいろに余裕がなかったし何より今のようにチケを持っていなかったから数えるほどしかスタジアムには行っていなかったけれど、駒場で光っていたプレーはやっぱり記憶に残っているし。

本当は…あと少しあっちで蹴っているのかなぁと思ったけれど…ま、こういうこともいいよね。さらに大きくなったサポートをできるといいな。また伸二に引っ張られて浦和の試合に足を運ぼうという人もいるかもしれない。伸二のサッカーはホントに見ていて幸せになれるサッカー…というのは褒めすぎかしらん。

平川とのコンビも楽しみだし。

でも…きっとこれは一過性の台風だから…テラスハウスぶち抜くにはまだ早いよね。

とにかく、数ヶ月でも半年でも一年でも、また一緒に頑張ろう。

おかえり。そして伸二が「ただいま!」と言ってくれる日を楽しみに開幕を待つことにしよっと。でも今いる選手たちだってそんなに簡単にスタメンの座をあけわた…さないよね。

うっひょーv

さ、これからサカマガ&ダイを読んでから眠ろう。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

January 13, 2006

天皇杯の余韻

仕事で浦和に行く用があったので、RVへ寄ってNINTENDO DSを浦和仕様にするためのシールを買い、ついでに記念のポスターをいただきました。

そして楽天ブックス経由で「浦和レッズの2005年全記録」を申し込んでいたのですが、年明けに版元で売り切れと言われて勝手にキャンセルされてしまい#、期間限定のポイントがふいになってしまった…というくらい、非常に売れている?らしいその本、東京では見つける気がなくて(笑)、今日浦和で買おうと手っ取り早く須原屋に行ったら売り切れでした。コルソも売り切れだった。どこで売っているかなぁと…思いめぐらして、いつも駒場に行く途中に見かける浦和駅東口の本屋さんを思い出して行ったら無事ありましたvよかった。サカマガもサカダイも、東京の自宅近所のコンビニでは売っていなかったけれども、まぁ職場のそばの本屋でなら買えるからねぇ(…たぶん…え゛?^^;)。

それから伊勢丹で飾られているという天皇杯を見に行ったら…

天皇…杯?

出張中でした...orz

来週まで飾られているのかなぁ…。

そんな一日。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 12, 2006

オフの日常:お財布の中身把握中

スカパー!で昨年のリーグ優勝チームの全試合を放映中なので、時間があれば負け試合だけ見ている黒Samemoon!@管理人です。いや~来シーズンの傾向と対策にね(棒読み)。今日は4-2で新潟が勝ったゲーム。うむ。最終的に優勝するチームでも2位のチームでも負け方が悪いゲームというのはあるからねぇ…。C大阪はまだ12位とかにいるし、大分も16位だし、まだまだ順位は動くんだよなー。

さて、去年のお財布のやりくりを整理中です(…といっても大したことはしていないけど)。2003年に比べて、1年間の貯金の額からちょーど参戦費用分くらい減っているかなぁという感じでしょうか。2003年と比べているのは、2004年がやっぱり引っ越しの費用とかが同じ額くらいかかっているので…貯金の額としては2年連続でほぼ同じ。

PCで家計簿をつけ始めてもう5年くらいになりますが、今年は元旦に新しい項目「浦和費」というのを新設したので、ついでに時間を見つけて2005年の費用の傾向をざっくり見て、今年の対策に繋げたいなぁと思っています。2007年のACLは現実的には参加が難しそうですが、それを名目に貯金をするのも一興だと思い…(使わなければそれで良いんだもん)。

今年の目標としては去年と同じレベルの通常貯金をしつつ、+αでACL貯金ができればいーなーと思います。具体的には…出張を引き受けるとか、そのあたりで収入を増やせるかどうか…。あと今年は諸般の事情により臨時収入があるはずなのでそのあたりをそのまま回せば達成できるなとか。

傾向としては食費は月2万円くらいなのでわたしとしてはもう限界かなぁとか、今年のお給料が幾ばくかでもアップしたらその分を貯金に回せばいいし~、とか思っております。あとは周りの人が結構もう結婚し尽くしたところがあるので、その辺のご祝儀も減ったしのが大きいかもですね…(ある年は3ヶ月間に同じグループで3組とかいうことがあったし<出席者の面子が一緒といふ(笑))。

関連して、昨日は疲れていたので帰宅後にネットにも繋がらず、就寝前の読書だけして眠りました。昨日読んでいたのは図書館で借りたこんな本です。

実家を出て、基本的なインフラは整備できてきたので、そのあたりは故障しないことを祈って…まだ大丈夫か…。使えるのに買い換えるとかそういうことはするつもりないです。この本を読むまでもないのですが、長く大事に着られる服を買いたいなぁとか思うので、バーゲンでもそのあたりを意識しながらふらふらしています。

あんまり多いとはいえない収入ですが、とりあえず月収20万よりは多くいただいているし、そのなかで参戦費用を無理せず捻出できればいいなぁと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2006

オフの日常:MyBlogList移行中

オフシーズンのまたーりしているときでないとできないことをぼちぼち片付けています。

たとえば借りようと思っていて借りていなかったサッカー雑誌、片っ端から図書館で検索かけて取り寄せるとか。

たとえばMyBlogListからDRECOM(ドリコム)RSSへの移行とか。リストに入っていてお引っ越しされたのを知っておきながら反映させていないページとか。いつも見ているけれどリストに入れていない奴とか…(巡回コースはだいたいサイトのアドレスの頭がわかるので、そうするとアドレスの窓に3文字くらい打てばお望みのページが出ちゃうし)。

ブログをお引っ越しされた方の情報は一部だけだし、まぁとりあえずじぶんが困らなければゆっくり修正しても良いんですが、MyBlogListの方はそれ自体が今年の3月に完全に移行してしまうそうなので今のうちに引っ越さないとだめぽ…(シーズン始まったら絶対余裕無いだろうし)。

少しずつ移行作業を進めてみたら、新しいリストの方はスタイルシートが反映されていないのかなぁ…でもFirefoxの一部の設定だけみたいで、窓の大きさとかは指定したとおりになってはいる…試しにIEで見てみたらちゃんと色づけも有効だったので、どこかで無効になっているみたいということで深く悩まないことにする。


ん、寝坊はしたけどそれなりに朝から活動していたらなんか眠くなってきたのでこれにて本日の営業は終了(午前中に僕らの井原さんに会ってきましたよ~)。明日は高校サッカー楽しみです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

歴代ユニストラップ顛末

昨年末、コンプリートまであと2つというところまでいき、12月半ばに寄ったRVで「売り切れだよーん」という表示を発見してさらに最後にもがきましたがそれでもやっぱりダメで、いい加減自力でのコンプリートを断念(^^;)、ちらっと書いたエントリーを発見してくださったあけびさんとYさんのおかげで無事全部揃いましたですv

さて、2回の箱買い(←バカ)等々の過程、あるいは交換・譲渡をしてもまだダブっている、早い話が大人買いのなれの果てが手元にあります。ダブりのみの一覧を右サイドにあげておきますです。

なので、もしご希望の方がいらっしゃいましたらコメント欄に書き込んでいただくか、プロフィールページに記載した連絡先にメールいただければ実費で対応いたしますのでどうぞ~。

なお、プロフィールの所にも書いてあるように、infoseekのアドレスにメールをいただくと折り返し自動返信メールが届くはずです。スパムが届く関係でそのように設定してありますが(ヘンな返信メールでスミマセン)、わたしの手元にはきちんと届いていますのでご心配されませぬよう。

さて、全部揃った方はいま飾り方を思案中~。オトコマエ13さんのとこの飾り方も良いなぁ。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

January 07, 2006

わたしの周りの人々~あけこと浦和レッズ・パート2

うちの親戚にいらっさる千葉サポ一家(の大黒柱)といちおう年賀のご挨拶。いちおう「ナビおめでとう」と、それから「今年は手を使わないでよね」、と。そしたら

「うちのあれは手じゃなくて足だから!」

まだいうか(笑)。昨シーズンは埼スタにもおいでいただいたようです。ただしナビ準決勝の駒場は

「チケが取れなかった(;_;)」

とお嘆きでした(ホームでもそうですからね…ぶっちゃけ、出島を取ろうとする人はどれだけ大変なんだろう…知らないけれど)。あと、わたしはフクアリに行ったことを告げ、「今年は勝つぞー&頑張るぞー」と宣戦布告。去年は結局勝ててないからね。

そういえば祖母がその千葉サポの運転する車に乗っているときに「うちの(=Samemoon!)が年がら年中、浦和・浦和で本当にサッカーバカなんだから」と何の気なしに話したら

「おばさん、それ言ったらうちは家族でそうだから」

と(笑)。「そんなつもりじゃなかったんだけどね」と祖母は恐縮していましたけど。

それからオシムさんは嫌いではないので例の本の話をして。わたしはとりあえず図書館で予約済み。すでに数名が待っているようなので、今年のシーズンが始まるまでに読めればいいなぁと思います。

それでも職場の先輩@鹿サポと同様、同じリーグで戦っている相手だから、一緒に盛り上げられればいいと思っている。戦って戦って、レベルアップして、そしてそのうえで1番高いところに浦和がいれば最高☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2006

わたしの周りの人々~あけこと浦和レッズ

カレンダー通りに昨日が仕事始めだったので職場へ。開口一番

「おめでとーございまーす」

と"わかっている"人々に囲まれて幸せ(笑)。早速買ったばかりのエルゴラをばーんと披露。と思えば

「そういえば元旦は行ったんですか?」

と改めて聞く人もあり(<あ、優勝したことは知っていたらしい)、その人はもう少し!まぁ「愚問ですわ」とお答えしておきましたが(笑)

[追記]
なんかタイトル、自分の意図と微妙に打ち間違えてた(汗)ので直しました...キーボードを強制清掃したら、どーも変換が鈍くなりました(←言い訳)('06.1.7)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 03, 2006

Dear Tomy MARIC, Dankeschön!

トミーとホリ~7月の大原で

わたしがある意味大人の事情を考慮して実家で過ごしていた頃、トミーがドイツ帰国の途についたようでした。大晦日からネットに接続できない状態で帰国の予定を知る方法はさほど多くないのですが、今日家に帰ってきてネットに接続してみれば早朝に大原に登場して多くの仲間達に見送られて日本を発ったとのこと。わたしたちは元旦に試合を終えていたし、もう日本にいる理由のない人が1日おいて3日に帰る理由もないだろうから、おそらく2日に帰るんだろうなぁと思い覚悟していたけれど、おふぃさるの記事・トミーのコメントを見てやっぱりうるうるとしてきました。まただからこそ覚悟の上で国立で最後まで見送ったんだけどね。

トミーが5ヶ月半という短い間に放った輝きとその強さは決して忘れることはないだろうし、とりわけ彼と過ごした過去最高の天皇杯を忘れることもないはずで。彼が日本を去るのも大人の事情の一種だろうけど、これからも同じような出会いと別れを経験するんだろうけれど、7月の時点で期待した幸せな関係というのが築けたというのはわたしの思いこみだけではないですよね?

場内一周が終わり、すべての選手・関係者がいなくなってからも、コールリーダーに導かれて何度も何度も、ゴール裏からメインからバックから、三拍子のマリッチコールを繰り返すわたしたち。

「このコールができるのは今日で最後なんだぜ!」

といった声がメガホンの向こうから聞こえたように思うのですが…とにかくしつこいくらいに何度も何度も。コンサートでアンコールを求める拍手のように。

トミー再登場そして再度わたしたちの前に現れてくれたトミーは深々とお辞儀をしてくれて、マフラーを掲げて記念撮影、さらにゴール裏の最前列に引き上げてもらって記念撮影をしていたように見えました。


日本はドイツからもクロアチアからも遠いけれど、何か機会があったらまたうどんを食べに帰ってきてね(笑)。そしてもちろん浦和に顔を出してよね。

トミー・マリッチ選手、あなたのサッカー人生はまだまだ続くはず、そこには輝かしい未来が待っていますよう、心から祈っています。


トミー、ありがとう

今日は早朝から見送りに行ってくれた仲間達に感謝。



トップにあげた写真は7月の柏戦の翌日にボロボロの状態で大原に行ったときに撮った写真です。当時はトミーがどこの人かもわからず(当然)、このどん底の状態を救ってくれるのか不安一杯で。しかもその日たくさん撮った写真を改めて見てみるとトミーはともかく、堀之内がサテライトにいて、赤星や細貝やセルもサテだし、そして西谷がいて徳重がいて、達也もうっちーも平川も大原で普通に動いている。

なんかいろいろが今とずいぶん違っていて、だからすごく時間が経った気がする。

今年はどうも2月25日までにはまたある程度の形にしておかないといけないみたいだし、リーグ戦の初っぱなに前年シーズンの1・2位をいきなりぶつける協会の中の人のセンスは正直ワケワカンネーですが、わたしにその辺のレールを変える力はとてもないし、やっぱりそのとき自分のできることをする、それ以上でもそれ以下でもないみたいです。

改めまして今年もよろしくお願いします(^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

清水戦@霞ヶ丘:天皇杯決勝・2006.1.1...2-1☆

表彰式

タイトルを取るっていうのはやっぱり最高に気持ちいい。

今日のトミーの得点に至るまでのつなぎ方、どうよ、あれは(ぞくぞく)。家に帰って映像を見て、改めてその美しさに感動しました。浦和のボールの流れに翻弄される清水の選手達。試合全体としてはつまらないミスも多かったし、そのあたりたとえば去年戦ったバルサにはまだまだ及ばないかも知れないけれど、あの連携プレーに絡んだ選手達に意識の共有ができていたのか…。

しかもそこにルーキーの赤星が絡んでいて、来季への明るい希望を感じて。細貝も幾度となくピンチの芽を摘むような守りを見せてくれて。元々レギュラーを張っていた選手が怪我やら退団やらでいなくなり、戦術は常に修正を求められて、少なくともシーズン当初に感じたおぼろげな完成型とは全く異なる形で多様な闘い方ができるようになった、そんな兆しが見えたところでJのシーズンは終了、そして天皇杯の最後にはこんなこともできるようになっていたんだなぁ…と。

そしてまたしても堀之内の得点に萌えました。帰宅して映像を見たらヒーローインタビューがホリでした。ステキ(〃▽〃)vv…「(夏までに)もぉー使っちゃった」と言い放った某ヤスさん、きちんと謝っておくようにネ(^m^)

一方、今日は清水も若い子たちが生き生き動いているように思いました。もちろん2人の外国人の選手への依存度は高いと思うのですが、そこへのつながりとかで。チームの中で少しずつ世代交代が進んでいるのかも知れません。うちの赤星だって細貝だって1年目にタイトルのかかった試合に出られたんだし、短い間でも驚くほど成長する余地はあるんだと思う…ひょっとしたら来季の清水は去年のようなことはなくなるのかしら…と思ったり。

今日のPride of Urawaは歌い出しが早くてちょっとびっくりした(時計では後半31~2分に見えたけど)。それがはじまってすぐに替わったばかりの市川に1点返されて即座に大宮戦のことを思い出し、イヤな気分になってしまった。でも選手は慌てることなく残りの時間を時に攻め上がり、時にやりすごし、たとえば主導権を持ったままライン際でボールを弄ぶ、そんなアレの見慣れた姿もあった。このあたりで落ち着いて見えたのはやっぱり岡野が赤星と交代して山田が右に入って全体的にバランスが改善されたように見えたからか…。

チャントといえば、ゴール裏に選手がやってきたとき、我々が歌ったチャントに合わせて選手が跳ねていてくれたのが嬉しかったです。普段はBGMの1つくらいにでも聞いてくれているかなぁとは思うのですが、それでもあっちとこっちが同じ空間で繋がっているかどうか、いつも実は不安だったりするので。同じ空気を共有しているという、そんな確かな手応えというか。

でも今日はなによりトミーの再登場と再退場ののちに、ありったけのチャントを歌い、コールをした時間が至福の時だった。今日ゴールを決めた堀之内、トミーをはじめ、暢久、長谷部、アレ、控えの選手達、今出られていない達也の2曲、闘莉王、うっちー、平川などなど、コールリーダーさんに次から次へとリクエストがいったのか、挙げ句の果てにはギドから千島からこんちゃんまでコールしたぞ(笑)。どうも係の人に注意されながらいつまでもいつまでもコールをして、そして陽も完全に落ちた頃、最後の最後に「やっぱこの曲を歌わないとね」といつもの歌を高らかに歌ってようやく終了。

「明けまして浦和レッズ・今年も浦和レッズ」

の挨拶でシーズンを締めくくり、最高の終わり方をしたと同時に2006年をスタートさせることができました。天皇杯の呪いなんてクソ喰らえ(笑)


1つ苦言。表彰式の時くらいガムをかむのをやめるように!誰か言ってくれ、中の人。先日のJリーグの表彰式でもまるで「朝礼で立ってらんない子供」みたいな落ち着きのない選手が散見されたように思えたのは錯覚でしょうか?せめてうちの選手くらいジェントルマンでいて欲しいんですが、頼むよー。これってわがままー?

以下、気に入ったショットから。

パルちゃん今日はさすがに試合前のパルちゃんショーはないだろうと思ったら甘かった(笑)。レディアと対極にある働き者さんのパルちゃんは衣装はお正月仕様なのか着物風に扇子は取り出すわ、試合前に始まった元気な清水サポのチャントに合わせて踊り出すわ、なぜかアウェイ側にいる浦和サポの生息域にまで行って骨抜きにしようとするわ(笑)、試合中もメインスタンドの清水側コーナーで立って戦況を見つめているわ、ホント働き者!

旗が途中で…清水さんも旗の広げ方、次は頑張ってくださいね。途中でひっくり返ったままだったから(汗)。あとはこのように選手達が登場する前にいろいろなチャントを聞かせるとか、多様なショーを見せてくれるチームはやっぱりよくわからないですね…清水だけではないですが。

岡野写しているときには気づきませんでしたが、実は表彰式で高円宮妃殿下と握手をしないまま上がっていこうとする岡野ですた(笑)。TVの映像ではしっかりその辺の様子がおさめられていておかしかった。

親分子分記念撮影の時に最後列にいる都築&南の親分・子分が跳ねている姿が映っていました。別のところで蹴りを食らわせている都築もこの目で確認しているんで(^m^)、やっぱり仲がいいのかなぁと思う。

三色旗今日のビジュアルはデカ旗三色があがって、それがひっこむのを合図に赤か白のシートを掲げるという指示でしたが、デカ旗の下ですでに赤と白で☆を描く演出が仕込まれていたのですね。こういう二段構えの演出が時々ありますが、スタジアムではなかなか確認できないので、NHKの映像で少しだけみられて良かったです。この写真では三色旗の途中で穴が空いているように見えるのはウォーリアでリーダーがいたスペースであって「日本中に浦和の声を聞かせようぜぃ」という気合いから始まった試合、映像で確認したら90分間、ずっと聞き慣れたチャントが大音量で流れていました。

胴上げ今日の胴上げはギドから始まったのですが、トミーとかゲルトさんとかが空を舞ったけれど、途中で蹴りを食らって地面に転がっていた選手がいたのはやっぱり岡野?(笑)

歩いてくる選手たちバックスタンドからゴール裏に歩いてくる選手たちの姿。うっちーとか、達也とか、啓太とか、今日のピッチに立っていなくてもずっと戦ってきた仲間達。穏やかな表情…優勝するっていいなぁ(はぁと)…(クリックすると大きくなります)。

七人衆ちょっとぼけているけれど、記念撮影する啓太・岡野・ロビー・アレ・長谷部・トミー・ツボ。この誰が欠けても天皇杯の優勝はなかったんじゃないかと思うキープレーヤーばかり。

誰かいるの?誰がいたのかわからないんですが、バックスタンドを指さしているうっちーと都築と、そして達也と暢久の姿が好きな写真…(クリックすると大きくなります)。



トミーを囲む輪そして、試合終了直後、表彰式のあと、トミーのまわりには何度も何度も選手達の輪ができました。

そんなトミーとのことについてはまた別エントリーで。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »