« January 2006 | Main | March 2006 »

February 27, 2006

J開幕を前に~ブログ模様替えなどなど

いちおうPSMも終わったし、模様替えなぞをしてみました。

あとはDVDレコーダーの中身を明けて容量を確保しないと。W杯の中断前に20試合でオッケーかな?ってことは40時間分かぁ。ちゃっちゃとDVDに移さないといかんねぇ。

今週は週末の日帰り参戦を前に、お仕事をいろいろこなさねばなりません。土曜日に大阪往復したら週明けには北方への出張が待っているし、その準備も今週中にしなくちゃ…と…(-。-)ふぅ。

忙しくしていたら危うくMDP増刊号の郵送申し込みに間に合わないところでした(28日必着)。

で、あれだけ大挙して撮影したはずの写真の行方が結局わからないんですね。報道の仲間たちに浴びせられるブーイングのことを取り上げたのもサポ(敵味方中立問わず)のブログやウェブぐらいでしか確認できていないんでしょうか…。あのひどい構図に、向こうにいる人は何か対応をしてくれるのか…(二度とあのようなことが起こらなければそれでよいですけど、とりあえず)。

それからニッカン式スコアの支配率がガンバ58:浦和42というのもちょっと意外だったかな。シュートはガンバ9に対して浦和8。ただし枠内はガンバ4:浦和5で、うち得点がガンバ0:浦和3(ガンバはオウンゴールだからノーカウント)ということだったらしい。

とりとめもなく。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

G大阪戦@霞ヶ丘:XEROX Super杯・2006.2.25...3-1

堀之内一発

まぁ、勝っても負けてもそこそこ賞金のいただける贅沢なプレシーズンマッチということでよいですか?去年の草津戦よりは暖かかったし、地上波放送はあるし、近かったし行くの簡単だったし(重要)。合宿であまり一緒にできなかった代表組、疲れているであろうに出場させたので、連携を同じリーグの相手との実践で確かめられたのがよかったのではないかと(思いたい)。

浦和が勝てたのも練習の積み重ねによる連携というよりは、相手のミスと、うちの中盤のできるお子たちの個人の力ゆえに球が繋がったとわたしは思っておりやす。おかげでミスも多かったけれどワクワク・ぞくぞくさせられた瞬間は草津戦より遙かに多かったです。いろいろ期待させてくれました。

時々球があっちゃこっちゃ行っていたのは、そもそも自分もボケボケでスタに向かったのであまり言えんなぁと(汗)。

週末までに選手もサポもしっかり備えていきまっしょい(平日は仕事・仕事)。


以下、テキトーに写真で振り返りながら雑感…試合自体の感想が少ないのは気のせいです(笑)(1番小さい画像はクリックすると大きくなります)。

ホーム側エリア・試合前のアップ中に選手たちのチャントメドレー?をしていたですが、ガンバ側のポンテチャント(もちろん歌詞違い)が終わるのに合わせて、うちがポンテのビッテゴール♪チャントを大音量で歌っちゃったときは…「Curvaの中の人、グッジョブ(・∀・)」と心の中で拍手喝采。

・霞ヶ丘の北側に誂えられた巨大な布のその後が気がかりです。天皇杯でうちが描いたお花畑がなんとなくデジャブで蘇ってきた、そんな景色(ちなみに、あまりにデカすぎて持って行った望遠レンズでは精一杯ひいても全部入りきらなかった…orz)。

・試合前の両チーム勝ち上がりの経過映像でトミーが出てくるとちょっとしんみり…。

頑張ります-その1頑張ります-その2・都築の髪型がさっぱりvしていた。今季初のお祈り「がんばります」を見られてホッとする。

・オウンゴール献上、久しぶりに見た…気がする…けどいつ以来でしょう。

・審判ルーレットの出来不出来に今年もドキドキさせられそうな予感で鬱。そういえば両チームのメンバー紹介のあとに審判4人も顔写真付きで紹介されていた。これが標準になるのか今回だけなのかは不明。

・セットプレーでうちらが堀之内コールをしているのに止められなかったガンバは来週までに修正できるのかどうか。

・加地さんが投入されたときに浦和側からどよめきが起こったような気がするのはわたしだけ?(笑)

GKはメダルがまだなのに…・杯を掲げるのは全員がメダルを掛けてもらってからにしましょう(GKはまだメダルを掛けてもらってません(汗))。

プリンス萌・萌タンの頭にSuper杯を被せていた永井が面白かった。

常識知らずの人々・終了後の例の伸二ほか囲い込みは自粛を心より願いたく。試合後のあの時間帯はサポと選手たちが近寄れる数少ない時間なのです。

ダルマ避難中

…ってこんなことを書かなくちゃいかんのか!暗黙の了解を知らないで我々の空間にやってくる初心者とは、どうもスタに来る新しいお客様ばかりじゃないようです…。どうか報道の先輩たちでその辺の所をきっちり締めていただきたいですね。

賞金ボードを掲げるホリ…を写さない報道陣--;;ってか、ひでーよ(つд`)・。何もあんなに近寄らなくったって、あれだけ何十万円もする(だろう)馬鹿デカいバズーカ持ってるんだから、ちったー離れろや。

なお、中坊さんのところにプレス番号が出てたので思わず自分の撮影写真の中で探しちゃいました(笑)。写ってたかもしれませんがわかりません…ということでお茶を濁してみる。

これくらい離れてくれ

伸二&アレ・でも、それでも!伸二はいつもの伸二だった。アップ中でもキックオフ直前でも試合後でも、チャントで呼ばれれば両手を上に掲げ拍手で応えてくれるし、笑顔でこちらを向いてくれる。やっぱり復帰を知った日の予感に間違いはなかったと思った。

・今回、新しく買ったデジカメを本格稼働。画素数も多いし、少しずつ使い慣れていこうと思いますが、やっぱり首が重い(^^;)...テレコンつけるとあと500g重くなるんでどうするか検討中…。前のコンパクトデジカメと同じ要領でガシガシ撮っていたらCD-Rがさっさと埋まりそうで困りもの。しかし何にせよパソコン自体が非力なのでとりあえずJPEGモードで撮り貯めていこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2006

"長谷部の"代表戦見ました

本当は情報シャットダウンして自宅でビデオ観戦の予定が、職場で残業しながらJ's Goalのページをつい開いてしまいました。アドレスのところにjsと打てば後は自動的に出てくるため、ついつい習性が。伸二が先取点を入れたところまででかろうじて押しとどまり、そのあとは帰宅するまで我慢のコ。

夕食を急いで作り(15分で作れる焼きそば(笑))、そのあとはずーっと長谷部長谷部長谷部と伸二とアレ(<を)の様子を凝視し続けていました。いつもならパソコンや雑誌片手に見ているものですが。

限りあるチャンスをつかみ取るべく、その存在意義を十分に発揮した長谷部選手をスゴイと思います。それは途中出場の佐藤(寿)選手も然りですが。

疲れてない?土曜日の試合で会える?ちょっといろいろが心配だけれど。

…彼のプレーを見て、心の底から元気が出ました。おかげでなんとなく消沈気味だった気分が一掃されたよ、ありがとう。疲れているけれど、今日は朝から元気でした。

行きたかったなぁ…でもとてもいける状態ではありませんでした(大人の事情ってやつだ)。が、きっとこれから代表に定着するに違いないと思ったら、今日周りに迷惑をかけなくてもいつでも行かれると思いました。ツボやアレや伸二のように。それが勘違いではないことがわかって嬉しい。心配は海外に行っちゃうことだけか…それでもサッカーを続けている限りまた会える。

まぁ、代表初ゴールは今度わたしが行ったときまでお預けだ!行くのか?<え゛

もう少し仕事忙しいみたいですので、また神出鬼没で。メールのお返事は追々。

…しかし検索ワードでいきなり増えそうですね(笑)←あえて選手たちのフルネームを書かないようにしている人(長谷部のみならず)。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 15, 2006

2月生まれさん、お誕生日おめでとう

浦和の2月生まれさん、勝手に誕生祝いエントリーです。

2月1日 土田尚史コーチ
2月14日 永井雄一郎選手

おめでとうございました~(過去形でスミマセンスミマセン)。

とくに毎年キャンプ中に誕生日を迎える永井選手におかれましては豪州ではきっと派手にお祝いされたことでしょう。ぱちぱち。

しかし永井選手のお祝いは毎年毎年決まってキャンプの風物詩になっていそうですが、これってどうなんでしょうねぇ。明日はおふぃさるに誕生日ケーキが写るんでしょうか。2年前と同じように。

ちなみにわたしの学生時代は春休みか試験中でした...orz
社会人になってしまえば関係ないですが、でも年度末ですからそれなりに忙しいですよ、この時期は。

祝日生まれの人はそれはそれで祝福される機会が少なかったかもしれませんが、最近はそれが全国的にズレたりしてますからね!

人生何が起こるかわかりません。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 14, 2006

チケット続々

仕事から帰った時、大家さんから預かりものがあると呼び止められた…。

シーチケだった...orz

さ、さ、佐川ー(笑)

いや、まぁ大家さんはいい人だからいいんだけどさ。封筒の表に「シーズンチケット事務局」とか書いてあるのを当然見られたなぁと思うと、あひゃvとか思う小心者。

セーフティーサービスの貴重品扱いだけれど宅配便ではないのか?再配送の対象外?

とにかく、今年の前半戦のチケが続々と揃って参りました。ナビスコの決勝トーナメント以降の優先購入券が決勝を除き早くも挿入され、また来年は免除されるであろうナビスコ杯の予選チケ3枚をみて、また思いも新たに(ってか油断してJ2落ちするなよ、と(汗))

昨日ローソンとCNで売り切れていた鞠戦のアウェイチケは、実はぴあでは残席があったようで、今日ネットで見たら○印だった(発売日にはネットで残部が確認できない)。ホッとしてサンクスで購入した、よしv(サンクスでもぴあはクレジットカード払いは×のはずだけどカードでチャージしたEdy払いはOKなのでマイルをためたい自分には便利)。あとは広島戦のチケを引き取りに行って…忘れていた日常が帰ってきた気分で一杯のひとときです。

あとは去年の教訓で

チケを買ったか
団体チケ購入に申し込んだか
ツアーを申し込んだか
飛行機を予約したか
代金を入金したか
その試合はナビかリーグか

が訳わからなくならないよう、手帳をフル稼働しております。手帳もさぞお喜びだろう(笑)。飛行機のチケ発売は2ヶ月前なので、そのあたりのメモもいろいろ。でも試合がまだ無い日々、それもまた楽しいわv

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2006

部活、五輪、収集癖、小田さん、そして浦和

トリノで五輪が開催されているようです。

これでも長野のジャンプ団体を見に行ったときはひたすらピンバッチを買いあさったものですが(←成長がない証)。長野に出て今回も出ている一部の選手達(特に自分と同期の人たち)を激しく尊敬しながら、本人達に納得の結果が出ると良いなぁと祈っています。

が、実はあまり五輪五輪してません。実家を出てTVをつけっぱなしにする生活がなくなったせいか…。

でも一番の理由は浦和に向ける思いが大きいからだと思う。

小田さんに費やした時間も、学生時代の部活やサークル、そのほかの収集活動や趣味に費やした時間も、人生のその時々でかなり大きかったつもりですが、どうもその手のものを入れることのできる自分の中の器の大きさはあまり大きくないようで、今のわたしのとっては浦和が一番大切。そのほかのものを入れる隙間があまりないみたい。いつか浦和に回しているその熱がほかに回される日が来てもわたしはそれを受け入れるつもりだし、その日が来ても今注ぎ込んでいるエネルギーとWe are REDSな人々と一緒にオン・オフで過ごしている日々は大切な宝物であると思えるはず。

さぁあと2週間。今週もお仕事頑張りましょう(ここのところ毎日曜日の決意)

なんてぼーっとしていたら横浜のアウェイ席が売り切れとる…orz

まぁ再販されるだろうから慌てない慌てない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の出来事

ブログを巡っていると、浦和な人々は多かれ少なかれ、大体同じよーなことを目指して活動していたと思われますが。my備忘録としてめもめも。

1.開幕戦ほかチケット発売

特にそのチケット購入が今シーズン最難関の1つに数えられるであろうG大阪戦、いかがだったでしょうか。幸い今回わたしはおともだちから事前に譲っていただける旨の連絡があり(感謝感謝)、有り難く頂戴することができますが、10時にはそれでも臨戦態勢。ここでチケット関係のサイトへ接続することは仲間の首を絞めることになるので我慢我慢。その後頃合いを見計らってネットチェック…ぴあが一瞬で売り切れたようで、なんだ、プレリザーブで儲けてうはうはなのか?(--;)...ブロガーさんでも取れた人、そうでない人といるようですがどうぞチケットが見つかりますよう。

あとでガンバ系サポのブログをこっそり覗いてみると、発売の時刻にはまだ臨戦態勢になかった方もいらっしゃるようで…あ、ありえねぇ…。まぁ地元で直売されているところもあるようですから、地道に探されれば見つかるでしょう。それこそホームの利なわけですから。

あーっと、今さら書くまでもないですが、間違っても権利購入のオークションなど利用されませぬように。有効期限のあるものだから、そこで手を出さなければまたチケットの大本に流れますから。

それから、理由の如何を問わず、チケットのオークションに手を出す行為をわたしは認めない。特定のグループに属さなくったって、おともだちはできるし、発売日に売り切れたからって、まだまだ浦議とかネットとかブログとか、チケットを正当な手段で手に入れる方法はまだまだあるよ。

2.代表戦

・3点取られて長谷部の出場が早まっていたりしたら結果オーライ。初出場として上々だったかと。まだまだチャンスあるよ、きっと。今日は当確線上にもいるかどうか…という選手達が頑張っていた気がする。
・伸二ももう少し…。
・アメリカには何というか、聞き慣れたサッカーの応援というのはないようですね。ささやかなUSAコールは聞こえましたけれど。
・しかしW杯だって開催したのに、アメフトの会場の1つも空いていなかったのか(--;)
・ベンチのツボがなぁ、都築がなぁ…
・さて、このままシドニーに合流するということは、2年前のような写真を見られるのか。思いがけず都築が復活し、暢久の代わりに伸二と長谷部がいるのか。

3.スパサカ放送

・2時間?の収録が当然ながら超コンパクトに。楽しみと言えば、現場ではマイクを通しては流れてこない、選手のちょっとしたやりとりだったりするわけですが、そういうのを見られてまぁよし。でもルール説明に映像が使われた友ちゃんはともかく、カニの動いている映像がなくて不憫じゃ…やっぱりあれでもフェスタには行かないとダメなのかなぁと思ったり。
・"観客3万人"って?…公式発表は4万2千のはずですが。
・スタジオの福田にはもっと都築のことをプッシュして欲しかったなぁ…。
・レディアが伸二の後ろに入り込んでいるせいか、TVによく映り、つまりはものすごく働いている気がする。でもそれはきっと錯覚。
・で、なんであそこでホリが選ばれたのかがやっぱり不明。

さぁ、リーグ前哨戦まであと2週間。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 10, 2006

2006年初大原

気心の知れた2人

ワシントン選手に会いに。

新しく買ったデジカメの試運転に(←また買ったのかよ)。

寒かった~。でも行って良かったです。

13時スタートということでしたが、遅れて行ったらギド&ゲルト以下トップ・サテを問わず、ひたすら走っていました。十数秒で一定の距離を刻む(終わりの方はペースがゆっくりになる)という持久走でした…(←説明になってる?)

ワシントン・啓太・ロビーワシントン選手…いい人オーラが出てました。。持久走に参加していたほとんどの選手が去る頃に発見しました。選手達がクラブハウスに向かう口と逆側にいたのでいつ頃からそこにいたかはわかりません。気づいたらコーチ陣と話をしていて、そのあとロビー、相馬くん、啓太、セル…といった人々と握手したり肩を抱き合ったりしていました。で、ゆっくりグラウンドをランニング、途中2周ぐらいを相馬くんと並走、手を振るサポに笑顔で応えたりしながら。

つか、ワシントン、でけー。ギドより大きく見える選手なんてそうはいないと思った。そしてロビーと並んだ時、改めてロビーちっさいなーと思った。

一方、ワシントンが大回りでゆるゆるランニングをしている頃、同じグラウンドの内側で達也が持久走組と見間違うくらいのランニングをしていました。あまりに違和感がなくて、はじめ達也とわからなかった(外見が重装備の暢久と区別つかなかったせいもある(笑)…ニット帽はいかんよね←?)。びっくりした。全速力はまだ無理なのかも知れないけれど、ホントに開幕に間に合うんじゃないかと素人考えしてしまった…。

ワシントンはシトンって呼んでいいのかなぁ…っていうかこれからそう呼ぼう…(^^*)

オーストラリア、気をつけて行ってらっしゃい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 06, 2006

2006シーズン・前準備

そろそろ2006シーズンの開幕に向け、アウェイのチケットの発売とか、ツアーや航空券の手配とかをし始めています。それらの発売日・時間を手帳に書き込み、あるいは照会し。

たぶんそうやっているうちに、またあの忙しい、一喜一憂する日々が帰ってくるんだろうと思う。

それまでしばし、通常の150%くらいでお仕事に励むことにしよう。

あとはチームが前進する姿に負けないよう、個人的に密かな目標もあるので、それの実現に向けて少しずつ前を向いていくことにして。

追加招集という都築のその呼ばれ方は微妙ですが、でもアメリカの空の下にいる浦和色の選手達5人ができればピッチ上で活躍してくれることを。J'sGoalの日本代表の選手紹介の写真写りもなかなかステキでつが、JFA関係は選手の名前をアルファベットで書くときにちゃんと日本語の姓→名の順で綴ってくれるのが好きv今見たらJAFのトップページには浦和の選手がたぶん4人写っていて、ニューフェイスの長谷部が赤い靴、ユニは青いんだけど、漏れ出づる情報からはまだまだ俺様っぷりが見えてこないけれど、でもピッチではきっといつも通りできることを信じて。そして2/25に霞ヶ丘、3/4に万博で元気な姿で会えるといいなぁと思う。

その前に開幕のチケット取りがんばれよ>自分。

...と、去年の鹿戦@ぼこぼこの鹿スタを見ながらふと思う。

もうすぐだ…もうすぐだね…。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »