« 忙しさを言い訳に置いてきたものの一部 | Main | 鯱戦@埼スタ:第6節・2006.4.2...0-0 »

April 03, 2006

瓦斯戦@駒場:ナビスコ杯予選1・2006.3.29...2-0

西から見た風景セル、プロ初ゴールおめでとう(^-^)

友ちゃん、途中のピンチを救うだけではなく、久しぶりのスタメンでだめ押しの2点目。良かったなー。わたしはちょうど西のゴール裏にいたのですが、視界の手前にギシがいて、ミッキーマウスのように"うっほーい"という感じの大の字ジャンプで喜びを爆発させていたですよ。思いがけず良いものを見られましたvその久しぶりのギシ、安定してましたvv

うっちー、あわや失点?というところでよくぞボールを掻き出してくれました。やっぱり浦和にはあなたが必要です♪

試合後、ヒーローインタビューはセル。内容は残念ながらよく聞こえなかったけれど、それが終わったあと、体中で喜びを表しながら観客席の方に向かって走ってくるセル。だがしかし(笑)、西側ではなくバックの中央にいきなり行こうとするので「おおおおおぉーーーい、セルーーー、こっちーーーー」と西側から何十人もが呼んで手を振ったら気づいてくれた、よかったよ(^^;)

赤星も萌タンも見られて、ナビの位置づけが若くて元気のある子たちの活躍の場となるのもありありだと思う。

穴沢さん、2004年シーズンまでとはうってかわってカード出さなすぎぢゃ(汗)…基準がぶれなければ必ずしもカード出さなくても良いけどさ、どう見てもうちの選手が痛い思いをしていたような…少なくともファールはきちんと取って欲しい…です。

平日の夜は大人の事情でギリギリの到着。なんとか行かれただけよしとせねばですが。定位置の東に行くにはCurvaを通り抜けなければならずそれは大変なので本日は西で。そのおかげでゴールシーンが2つとも向こう側になってしまいましたが仕方ない、そういうこともあるね。またスタメンが良くわからなかったので、試合の途中で起こった山岸コールを聞くまでキーパーがギシだとは思いもよらず。そしてセルが出てるとか、エーコちゃんと中村くんが控えにいたらしいとか、いろいろびっくりでした。

出島の外あと到着が遅かったおかげで、出島の外をうにょうにょ動く瓦斯サポの奇妙な行進を目にすることが出来たです…あの人たちはあのあと中に入ったの?…そして西の出島寄りは瓦斯サポのチャントがよく聞こえるので、いつものようにササのコールが耳をついて離れない罠。

そういえばちょうど1年前のサカダイ「This is MY BEST」でうっちーの回がありましたっけ。浦和を去った選手たちで構成した「My Best イレブン」の中に伸二がいて、浦和時代のポジションじゃないけど「アイツは何でもできるから」とボランチに据えて。それから1年後の今、浦和には伸二が帰ってきていて再び一緒にプレーしてるんだなぁ。うっちーからすれば「アイツ」呼ばわりで全然不思議じゃないんだけど。でもちょっと不思議な気分でもある。

|

« 忙しさを言い訳に置いてきたものの一部 | Main | 鯱戦@埼スタ:第6節・2006.4.2...0-0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 瓦斯戦@駒場:ナビスコ杯予選1・2006.3.29...2-0:

« 忙しさを言い訳に置いてきたものの一部 | Main | 鯱戦@埼スタ:第6節・2006.4.2...0-0 »