« 福岡戦@博多の森:第7節・2006.4.9...1-0 | Main | 福岡戦@駒場:ナビスコ杯予選2・2006.4.12...3-1 »

April 11, 2006

福岡道中記2006

■往路■

ANA981便、6時半の飛行機に乗り込むため都内でも5時には家を出なくてはいけない(汗)…ということに前の晩に気づく始末。旅割で一番安かった(単純)とはいえ、さすがにキツイっすねー、前の晩早く眠らないと。

山々今回の飛行機は西行きの飛行機では初めて?右側の窓際に座れたので、ふと見ると萌え萌えな山脈風景が。険しい山並みです。程なく雲に覆われた地域に動いてしまいましたので街の様子は見られなくなってしまいましたが。

夢うつつなまま着陸。子供の頃はもっとわくわく着陸態勢に臨んだものですが…着陸の揺れで目覚める始末…まぁ朝早かったしねぇ。

福岡に着いて天神の方に行く予定で地下鉄に降りていこうとしたら、すでにスタに行くと思しき同志を発見です。きっと前乗り隊なのでしょう。わたしはそこから福岡の一日を満喫する予定だったので、焦らずに朝風呂へ行って眠気覚ましです。

温泉~こちらで紹介されていた「薬院しろやま乃湯」に行く心づもりでクーポンまで印刷してましたが、どうも直前に調べたら8時~10時半はやってなさげ?ちょうどその時間に到着…むぅ…。なので急遽昨日の夜に調べた天神の方の温泉「天神ゆの華」へ。立地は天神にも近く、週末は混んでそうな書き込みもありましたが、さすがに日曜の朝8時台はまだそれほど多くありませんね。鏡の前の化粧席はお化粧する人や髪を乾かす人で少し混んでいましたが。浴槽も洗い場も全くストレスなく。

願掛け今日の靴入れの鍵は「頑張れ岡野」の30番です。ホントに大活躍で良かったvvその鍵はフロントに預け、代わりに脱衣所のロッカーの鍵が渡されるシステム(選択権はナシですがセルでした)。貴重品ロッカーは長谷部。

土日は8時からやっているようで、ゆったり1時間ほど湯につかり、日頃の疲れを癒しました。日本人はやっぱり温泉だねぇ~v

さて、温泉を出て忘れ物がないように細心の注意を払い(笑)、貴重品ロッカーから取り出して詰め直していたら呼び止められる…。何のことはない、こちらの方でした(笑)。ちょうど入れ違いにひとっ風呂浴びにいらしたようで。

福岡大正門■お礼参り■

スタジアムへ行くにはまだ早いです。何をしましょうかねぇと。福岡に来たのはざっと数えて5回目?になりますので、太宰府とかキャナルシティあたりは訪問済。地図を見ていてふと思いついて、せっかく福岡に来たので「浦和戦士たちの母校巡り~浦和戦士たちを育ててくれてありがとう~」という完全に行き当たりばったりの思いつき企画。

1.福岡大学

弁慶くんもいるぞなにせ現地で地図を見ながら急に思いついたもので、市内にはあるはずですが具体的な行き方がわかりません。が、どうも地下鉄で行くと良さげ?わたしの持っている福岡市の都市地図は2001年発売のもので、2005年2月3日に開通したという七隈線の存在は全く反映されていませんが、おそらく坪井や黒部がいたころにはバスが足の一つであったろうと。今も走っているのであれば天神界隈にバス停があるだろうと適当に見ていたらちょうど歩いているそばにありました。本数は適度にあるようで、ほどなく来たバスに乗り込んで30分弱?で福岡大の通用門前に出ました。昼食は天神で食べることにしていたのでさくっと表門の方へ周り、グラウンドを確認して…坪井&黒部はこのあたりで蹴っていたのかなぁ…と勝手に想像。黄色い弁慶くんも確認。

昼食その頃福岡に飛行機で着いたらしいmaoさんぱぴさんが到着した模様なので、お昼に合流することに。福大から乗れる地下鉄はまだ1年くらいしか経っていないだけあって駅も電車もぴかぴかでした。わたし的には大江戸線みたいなイメージです。それに乗って天神方面に戻ったところ、西鉄の天神駅北口前のマック前にいるという連絡が入り、無事合流。ども~。時間もないし、お二人がガイドブックで見つけたという和のお店へ行って定食を頼みました。関アジの定食は売り切れ?で残念。大分戦まで待てということらしいです。お店の名前は…確認漏れ。

時間もあまりなかったのですぐにスタジアムへ移動…ですが、ここでわたしだけお二人と暫し別れ、東比恵で降りて次の目的地へ。


東福岡2.東福岡高校

駅から歩いてすぐのはずだったので、てくてく歩いていく。途中おじさんに「博多駅はこちらですか?」と道を聞かれ(←世界のどこに行っても話しかけられる人種)、「多分こっちだと思いますけど~」と適当に答える(<を)。旅行者に道を聞くなよと。思いつつも間違ってはいなかったようです(ほっ)。

時間もあまりなかったので表門へは行かず、グラウンドを外から眺め学校の名前を確認して自己満足。

近ちゃんを育ててくれてありがとう(心の中でお礼)。

広告■おまけ■

スタジアムのアウェイ側ベンチの後ろに広告が。


再び地下鉄に戻れば空港は隣駅。博多の森の競技場は空港からのアクセスはよく、道なりに歩いていけば遠くに照明灯が見える、そのあたりが競技場でした。途中、タクシープールで客待ちをしていた運ちゃんに呼び止められ(世界のどこに行っても…以下略)、聞かれたところは「みんながその首にぶら下げているIDはなんですか?」だと(笑)。うちの人たちはみなチケホルダーをぶる下げているのが不思議に見えたのだな、きっと。「シーズンチケットホルダーです」と説明したら「ちなみにいくらですか?」と聞かれたので値段を言ったら「高っ!」と言われてしまった…(^o^;)…まぁ20試合分ですからと説明してはおきましたが…一般にはそういうことなのかも知れません。


///試合のことは参戦記参照下さい。///


■復路■

ANA272便が20時40分発。日帰りならおみやげも買ってちょうど良いくらいの時間かなと。maoさん&ぱぴさんと空港駅で再び合流。天神のラーメン屋&わたしの希望で白玉屋さんへ。

一風堂ラーメンは福岡出身の友人の薦めもあり一風堂の本店へ。本店限定のメニューがあるそうなのです。途中、支店?を見かけましたが、本店が混んでいたらそっちに行きましょう、ということで本店へ行ったところ、並びも大してなかったので本店で決定v3人でメニューを見ながら今日の試合をふるふる思い起こしたり。なんだかんだ言っても勝つって素晴らし~。わたしがレプリカを着ていたせいか、一人の店員さんが試合結果を聞くものだから、うちの勝ちをご報告vうほぉ~い。

かえし味にトッピング全部乗せ(生春巻きとおにぎり付き)という本店限定メニューもおいしく制覇したし(殿方なら替え玉を頼んだ方が良いと思われ)、さて、食べるものは食べたし…と席を立とうと思ったら管理人1号さんに発見さる(笑)。いろいろな人に会うなー。でも意外に帰りは赤い人が少なく見えたのは前乗り部隊が多かったからか?

帰りがけにも同じ店員さんが「次は負けませんよ!うちの北斗が頑張りますから」みたいなことを言われてこちらも「また勝って食べに来ますから」と負けずに答えておきました(笑)。そのほかの店員さんも明るく楽しい気分で食事できました、感謝。

引き続き福岡大丸へ移動。maoさん経由grafさん情報の吉兆の明太子をゲット。まだ食べてないですが、あけるのが楽しみです~v

白玉そしてわたしたっての希望で白玉屋さんへ(感謝)。本店が熊本で出店はそこにしかないそうです。おみやげの白玉を買い、時間もあったのでイートインも制覇。白玉と言えば白いものと思ったら、桜風味とヨモギ風味のものもあって、今日はちょっと奮発して両方の桜+こしあん、ヨモギ+粒あんという白玉2種にバニラ&抹茶アイスが乗っている季節限定メニューをいただきました。ウマー。桜餅もよもぎ餅も大好きなのでgoodでした。赤い人で混むとアレなのでリンクは貼りませんが(笑)、適当に調べてください(放置)。支店は少ないですが、物産展等での都内への出展は定期的にあるようですね(イートインがあるかどうかは不明)。

福岡空港に行ったら妙に若いギャルが搭乗口に大挙している…とよく見ればその人たちは飛行機に乗るんではなく誰かを待っているようなんですな。maoさんによればココの人とのことでした。服装もノリも、赤い人たちとの外見の乖離は…ねぇ…戦い終わった人々に比べ、おされで眩しいですよ、多くの若い娘さんたちは(もちろんすべてがそんな娘ばかりでは…以下略)。

持ち物チェックを終え搭乗口へ。すでにかなりの人が飛行機に乗り込んでいたのでゲートは程よい空き具合。ゲートの外にいるのと同じような格好で東京から来て一緒に帰ろうという人?もちらほら…そして欲がないってそういうことなのか、チケットを通して角を曲がろうというタイミングで、我々3名はご本人6名様と遭遇し、前後を6人&護衛の人に挟まれる形で飛行機への細い通路を降りていきました。二十歳そこそこの若者たちは細めの身体をゆったりめの衣で覆い、グラサンやら帽子やらを身につけ後ろの方の入り口から搭乗していました…一見すると不良風?な6名について、maoさんが小声で名前を教えてくれましたが、元の知識として名前がわからないので…誰が誰だったのやら。そうと知らなかったら街であっても近づきたくないなぁと思う外見だったけど、うちらには言われたくないだろうな。でもどうせ同じアイドルと遭遇するなら浦和の選手と替えてくれないかなぁ…ぼそっ。

羽田に着けば着いたで同じような「あたしたちのアイドルを一目見たい若い娘さん」がまたたーくさん!空港の喫煙ルームにまでいたのは降りてきた人をおそらく最も早く見られるスペースだから。でも制服の高校生とか(汗)がそのスペースにいるのはどうなの…もう夜22時をとっくに過ぎてんのにー。日曜日の夜にもっとすることはないのか(笑)


そんな勝って見て食べて食べて買って遭遇した旅を満喫。20時間近く過ごした長い一日が終わりました。おかげであまりにネタが満載で、参戦記&道中記で一晩では書き上がらなかった罠。参戦記は長さにすると道中記の半分しかないですが(^o^;;)、最後が劇的とはいえ90分のほとんどは…あれな試合でしたし。あまりサッカーに詳しいわけでもないのであんな程度でご容赦。

福岡暖かかったのになぁ…東京に帰ってきたら寒いよー。

□■今回の精算■□

計31'837円
(都内移動費をのぞく)

(内訳)
チケット代:1'800円
航空運賃:23'350円(旅割)
福岡市内移動費:340円
福岡地下鉄:600円

温泉代:700円

朝食(おにぎり):245円
昼食(定食):880円
夕食(ラーメン+餃子):1150円
甘味:882円

吉兆:1575円
白玉:315円


★福岡市の地下鉄は東京の営団よりも初乗りが高く、逆に一日券が安いので、3回乗ればペイします。しかも地下鉄の線が増えたのでさらに"乗りで"がある計算。空港に到着して、試合前と後に少し動くだけでも一日券を買った方がお得です(^-^)

旅割キャンペーンで半券1枚につき200円クーポンをもらえるらしいので、月末の福岡戦で羽田に行ったときにもらってこよう(今回で400円分ですね)。
★ANA IC de Edyキャンペーンも参加可能なので登録するとあとで1往復あたりEdyが500円もらえるはず…。

|

« 福岡戦@博多の森:第7節・2006.4.9...1-0 | Main | 福岡戦@駒場:ナビスコ杯予選2・2006.4.12...3-1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 福岡道中記2006:

« 福岡戦@博多の森:第7節・2006.4.9...1-0 | Main | 福岡戦@駒場:ナビスコ杯予選2・2006.4.12...3-1 »