« March 2006 | Main | May 2006 »

April 29, 2006

福岡戦@博多の森:ナビスコ杯予選3・2006.4.26...3-1

この日の福岡の森での出来事を個人的な印象も含めて思いつく限りに記録。時系列的に記憶違いがあるかも知れません(おことわり)。


[試合前]

・スタジアム到着はKick Off1時間前くらい。

アビスパ秘密練
・スタジアムへの階段を上るあたり、メインスタンドの下・階段のわきで福岡の選手がボールを蹴っている様子が見えました。「おぉ、千代反田だよ!」といっているオトコノコがいたのできっといたんでしょう(←いい加減)

18:16ごろのアウェイ席
・中に入れば浦和のゴール裏に集まった猛者。一方端っコの方には傘がちらほら。わたしも一瞬だけさしてみたりした(笑)(←貴重な体験)。そして一旦屋根のある入り口方面に戻り、カッパを羽織りました。まだ雨宿りしている人もいるので座席は空き気味です。

背中萌え
・選手のアップ開始はGKが18:20ぐらい。フィールドの選手はその5~6分後くらい。

選手紹介
・アウェイ側の選手紹介があったが、淡々としたアナウンスだったので?いつもの「おぉぉぉーおぉぃ!」(であってるか?)をほとんどやらなかった(わたしは小声でやった…ふり(笑))

・でも相手の紹介へのブーイングはなぜかしっかり。

・審判陣の紹介には拍手で。

千島!・ものすごーく久しぶりの千島!登場。元気にお帰りvv(写真の一番右側)

一眼レフで撮った最後
・アップ中から雨が時折強く降ったりするので一眼レフ撮影は断念。正確に測ったわけではないですが福岡のスタジアムの照明は明るい気がしたので残念(少なくとも駒場よりは明るいと思われ)。というわけで人数も少ないので限りなくCurva寄りのブロックへ移動…そうですね、普段なら絶対行かないような。

・そしたら隊長を発見。はじめはその2列後ろくらいに荷物を置いたのですが、お話ししていてよくよく見てみるとお隣があいているようなので混ぜてもらった(嬉)。

・この日ばかりは屋根の下を棲息地とする福岡Curvaが羨ましく(笑)。向こうの屋根のないゴール裏は当然ながらほとんど観客なし。

・アビスパの社長が新しくなったそうで…ご挨拶していました。お名前は都筑さん。うーん、木が足りないなぁ。読み方も違うし。

お祈り[前半]

・ポストにお祈りはしっかりゆっくり。

・福岡は今月だけで3回戦いましたが、何だろう、試合を追うごとにレベルダウンしていったのは…いかがなものでしょうか。あの初戦の集中力はどこへ…と思いましたが、ナビスコはそれとして割り切っているのかな、と。

・1点目は「?」なミスキックでもらったCKからだった。ゴールネットが揺れたのは見えたが、ゴールとして認められたかどうか、すぐにはわからなかった。審判が戻り、かつ両チームの選手が定位置に戻ったのを見て、とりあえず点が入ったのはわかった。そういえば伸二が誰かと抱き合っていた?でも誰が入れたかは場内アナウンスがあるまで全くわからなかったぞぃ。いや、ホントに。

・伸二の状態は…まだまだ出来ると思うな。でもいちおう手術明け…なんだよね…。

FW暢久・暢久はFW登録でしたがシュートを打たないFWはFWと認めないぞ!っていうか闘莉王の方がよっぽど前線に張っていたような。

・久しぶりの友ちゃんは相変わらず落ち着いていました。本人は納得していないようですが。そういえばアップ中の長谷部のパートナーがいつもは坪井だと思うのですが、この日は友ちゃんでした。

・永井の独特のドリブルのリズムが戻って悪くない感じ。そして時々群衆につっこんでいくのは…まぁ仕様か…(を)。

・でもって2点目は左から相馬が駆け上がって、真ん中に出したボール?に永井が合わせて流し込んだような記憶。得点らしい得点といえばそう。これはゴールを入れたのがわかったから今度はすぐに永井のチャントが歌えたよ。

・前半の3点目はGKの遅延行為によるファールがきっかけだったかと。遅延というよりは「どこに蹴ろうかなぁ…あそこの味方のそばには浦和の選手だし…こっちの味方のそばにも浦和の選手いるし」と考えあぐねているうちに結果として時間が経っちゃったように感じた。そして誰が入れたのかわからなかったのは1点目と一緒(^^;;)

・サイドを割るか割らないかというボールを追いかけて結果として割らせなかったプレイが前半にあったような気がする…メイン側だったので相馬だったかなぁ(うろ覚えで自信なし)。

[ハーフタイム]

・気がつけばCurvaの管理人1号さん発見v~声は聞こえなかったけれど試合後にアフターをご一緒することになっていたので「あとでメールするね(?)」というのが読み取れた、了解~v

・そしてまた気がつけば向こうはバックスタンド(Curvaうしろ)の断幕を仕舞いはじめていた。でも後半始まってみれば応援をやめるというわけではなかった。

メインスタンド
・ちなみにメインの様子はこんな感じ。


[後半]

・福岡のキーパーが替わっていた。やっぱり前半のパフォーマンスはいかがなものかと思ったのかどうか。

・前半はいなかった?TVクルーが3名ほどアウェイゴール裏のあたりに立ってました。

・萌タン登場で後半開始前に「細貝コール」、いただきました。

・何分頃だったか、平川と伸二の連携があったような…細貝と赤星の連携もあったような…ワクワクした!という感覚は残っている…ゴールは決まらなかったけれどさ(-"-)

・浦和は総じて後半はペースダウンというか、福岡が少し立て直してきたというか、うちのシュート数も少なかったのでは?

・それでも、面子が入れ替わっても、しようとしているサッカー自体にそれほどぶれがなくなってきたに思えるのは、レギュラー・サブを含めて一定の方向性というか、ビジョンが描けているのかなぁと激しく妄想してみたりする。

・伸二のCKのチャンス、バックスタンドのアウェイ寄りコーナーで、写真撮りたさに前方に駆け寄るファンが散見。

・たらればの話を書いてよければ、もし後半で5点差くらいにしちゃったりしていたら、ひょっとして千島が出たりしないかねーと隊長と話していた。あいにく1試合を通じてこっち側のゴールネットが揺れることはなかった。そしてちょっとしたエアポケットのような時間帯に1点を献上してしまった、むぅーー。

・黒部はもう少し長い時間試合に出させてあげたいなぁ。早くゴールが決まるといいなぁ。

・左を駆け上がる相馬がペナルティエリアに近いところで転んだらシミュレーションでイエローをとられてしまった。あー、今日の審判はそーゆー判定をするからねぇ…(傾向と対策)。無理して踏ん張って怪我をされても困るんですが、そのへんも上手く折り合いをつけて欲しいです…。ただでさえリーグの方は出場機会がまだ少ないんだし…。期待しているんだけど。

・でもブーイングするとまたイヤなことを思い出しちゃうし、落ち着こう、みんな。努めて冷静に。

・赤星の天井シュート?(笑)は入らなくて残念。2004年の暢久再び、な感じの山なりシュートが1回ありました。なんでも指を骨折していたらしいですが、早く治りますように。

・ロスタイムは2分だったか…あっという間だった。汚いプレーがほとんどなかったせいか?(ファウルを犯すまでもなかった試合ということなのか…少なくとも荒れる要素はなかったかと思われ)

[試合後]

キャプテン!・選手たちの挨拶がゴール裏(2箇所でやった…ような記憶)、メイン前で行われたあと、永井だけ呼び出されて中央の方へ。インタビューかと思ったら、MOMに選ばれたそうで。何か賞品をもらってたよ。この前のリーグ戦もそうだったけど、アウェイの選手もMOMに選ばれるだよね(そのときはもちろん闘莉王…今日はキャプテンマークを受け取ってました)。

・勝ったので歌を歌いました。

・コールリーダーのK田さんは頭にタオルを巻いてガテンな兄さんだった。

・曰く、次はホームを赤く染めようという企画?があるらしい…。

・それを受けて、いつも上半身裸でトラメガを持っているお父さん(…でわかるか?今年のホーム開幕戦でビジュアルの方法を説明して歩いていた方←きっと)はどうするんだと促されて「・・・」と言い淀んでいたせいか?仲間からブーイングを浴びていた(笑)。

・そしてまたK田さんは、明日朝一で帰る人もいるだろうが、会社で小さくなっていて下さい、みたいなことを言っていたのが可笑しかった。きっとそういう仲間は多かっただろう、お疲れ。

・みんなにこにこ。勝ったのでまったりと良い時間ですた。

・またその頃空港に走っている人もいるだろうなぁ…間に合うようになぁ…滑らないようになぁと祈ってました。

・入場者数は7千人台。うぃーあーな人たちはメインも入れて千人はいたかしら?という感じ??(←感覚です)…つまり、メイン・バックに福岡ホームの人たちが予想以上にいましたよ。雨でも来てくれる人がいるということはやはり頑張っているのだと思います。アクセスもいいし、他のチームの試合結果(入場者数)を見てもそこそこ健闘しているといえるのでは…。惜しむらくは試合内容がアビスパサポから見ても「・・・」だったようで。

・終了後ゴミ拾いをしていたら開いていない缶チューハイ?と未使用の雨合羽を拾っちゃいますた。捨てるのも勿体ないので拾ってきたです(お酒はK子さんがもらってくれました)。今日は雨合羽のゴミがいくつかありましたね。使用済のものはしょうがないので廃棄してきましたけど。あれもちゃんと乾かせば破れるまで何度も使えるんですがねぇ…(わたしも自分のはそうしています)。今日は人数も少なかったし、ゴミ拾いもそれほど時間をかけずにサクサク拾って会場をあとにしました。

・試合終了後にふとみるとメインスタンドへの入り口が解放されていて、雨に濡れたサポ達が着替えたりトイレに行ったり断幕をしまったり…という空間になっていた。わたしもカッパを脱いで袋にしまうことが出来ました、ありがたい措置だったと思います。


・勝利の味もいちおう思い出し、次はダービーと称される試合です(…っていうかあと4時間後だが…)。チケットの売れ行きも上々のようで、もうすぐ出掛けます。GWの埼スタ劇場を盛り上げて平日の夜に九州くんだりまで駆けつける猛者とまではいかなくても「また来てもいいかな」という"We"が1人でも増えるような試合にしたいと思います。わたしもそのWeのひとりとして。

これはきっとあれだ…[おまけ画像~誤字シリーズ?]

微妙です。

道中記につづく?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2006

ただいま

ちょっと前にただいま~(午前様かよ)。

復活組(小野・永井・平川)が揃って活躍(=結果を残した)のが良かったです。福岡もあまりガツガツ攻めてくるように感じなかったし…相馬も2点目をアシストか?

実は3点とも前半の得点で1点目と3点目は

「…入った…?入ったのか??」

みたいな感じだったので、リアルタイムで喜べたのは2点目の永井のだけだったりする。

っていうか、選手も入ったんならもっと爆発的に喜んで!!(笑)

雨が結構強く降ったり止んだりだったので一眼レフでの撮影はアップ中に限定し、試合中は拍手で参戦。それに適した場所に移動した際隊長を発見したのでお隣に入れてもらいました。

試合後は管理人1号さんとAさんと…計6名で美味しい居酒屋さんに行って祝杯あげてました。アウェイに行ってこういうのは初めてだったので管理人1号さん、声をかけていただきありがとうございました~。

明日は朝二?の飛行機で帰京→仕事しますので今夜はこの辺でおやすみなさい。

お腹一杯(げふ)

といいつつ部屋に帰ってきてから白玉草餅を食べたりしたのは内緒だ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 26, 2006

博多の森へ移動します

パソコンは持って行けません。
PHSは持って行きます。
カメラは持って行きます。

レスはまたあとで…。

では行ってきます(`・ω・´)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

現在地、福岡

リーグ戦の時より寒いです。はい。また中2日で試合ですから風邪を引かないよう、花冷え程度の寒さ対策は必要かと思われ。

個人的には眠いですが、無線LANのポイントがあるコーヒーショップで仕事道具持ち込んでしこしこ作業中。

とか書きつつブログ更新中(笑)

もちろん室内にいますが時々風が通るのでオープンテラス用においてあるであろう膝掛けも持ってきちゃいました。

こんな日に福岡に来られる人は少ないでしょう。今朝もさすがにうぃーあーな人は少なかったです(…しかしいるにはいるんだ、これが(笑))。清水戦の時もそのあとも、こんなわたしに思いを託される方があまりに多いので嬉しく思いつつ責任重大ですよ。職場のWEBカメラを拝借してこっそり…とも思ったけどPHSじゃ無理そうだ…。現地で画像のアップ…というのも考えたが天気的に無理そうだ。あるいはいっそ先着1名でわたしの電話口を解放!とも考えた…。でも中継はできないしな(汗)。WILLCOMの定額プランの人がいたらかけてくれたらいいかも(←浦和な知り合いで持ってる人いないけど)。

(結論)
現地で手を叩いて声を出して写真を撮ってあとでageる(←それっていつも通りじゃん!…)

というわけで、今日ほどREDS WAVEがその存在意義をアピールする日があろうか?いや、ない(反語)。これで上手く音声が入らなかったりした日には浦和で暴動が起きるんじゃないだろうか…。

貴子さん、上手く中継してね…(汗)

これから来る人は道中お気をつけて…。

あ、窓の外に傘さしている人が歩いているよ。もう降ってきたか…。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 23, 2006

清水戦@エコパ:第9節・2006.4.22...1-2

我々は去年の磐田や鹿島や大分とのアウェイの戦いでそれを学ばなかったのでしょうか。

選手はピッチで喧嘩を売ってはいけない相手がある。
我々はそれでも心して選手を気持ちで落ち着かせ、そして盛り上げなくてはいけない。

今日の試合は去年苦杯をなめ続けさせた相手がたてた対策にしっかりはまったということでよいんでわ…うちはよくわからないままスロースタートというか、攻めきれないまま後半で点が入るとか。ここんとこそんな試合ばっかりだったし。清水はうちの悪いところをしっかり突けた上に、うちも判定にイライラしてたし、まだまだ未成熟。1点目も抗議に気を取られているうちに早いリスタート。2点目は向こうの身体の入れ方が上手いように見えました。そのあと危うく3点目が入りそうだったのも早いリスタートであわや…と肝を冷やしました。集中!

あー…とそれから、ボールがポンポンポンポンよく空を舞っていたしね。落ち着かせられていなかったよね。

唯一幸いなことにこの試合に対してあまり悔しくないのは、清水がうちに対して周到な準備をして、前半の攻撃と後半の守備に分けて集中してきたことかなぁ。去年のリーグ千葉戦(ホーム&アウェイ)のような走り負け、あるいは全盛期の磐田のボール回しで敵わない…という完膚無き負け方(「今すぐうちがそれと同じことができるか!できねーだろ」みたいの)と質が違うというか。昨シーズン4勝1分けで超悔しかっただよ、超勝ちたかったんだよ、みたいな必死さが伝わってきたし、それをしっかり実現していたのではないでしょうかねぇ。カウンター&リアクションには違いなかったけど。

ま、向こうもあと他の16チームにもそれぞれのチームに「そういう周到な準備を監督がいろいろやってくれ」て、それを実現できるのであれば、リーグ優勝できるんじゃないでしょうか。

こっちは同じような相手をあと何チームも戦うのかと思うとげんなりですが。それでもあのカードの乱発はあり得ないけどね。

うちはこの試合の反省を今シーズンの残り試合に生かせればいいのであって。ようやくついた黒星というのがかえってびっくりというか。去年はあれほどまでに簡単にくらった黒星でしたからねぇ(遠い目)。そう思うと少し前の「まだまだ何も始まっていない」というコメントは広島とC大阪を見ての思いだったのですが、その直後に両方とも監督さんが替わっちゃいました…。交代となるからには問題があるでしょうけれど…。去年のうちの勝ち点とそうは違わないと思っていただけにちょいとびっくりし。


今回はnaka0419さんのところのバスツアーに参加してきましたよ~。

今の季節にあの時間にあそこから東京に帰ってくるとそこから自宅までの帰りの足がなくなる&寒いということで、ひとっ風呂浴びたあとで車中泊という算段。高速も行きは事故渋滞がありましたけれど、帰路がものすごく順調で気がついたら海老名?に3時前でしたか(^o^;;)…そのままだと4時前には新宿つく勢いだったので1時間、時間調整しましたが。6時前には自宅に帰ってこられました。

全く、他のチームと同じくらいもう少し早い時間に試合が終わってくれれば日帰りできたものの。

4月末のスタジアムは曇っていたこともあり冷えました。温かいお茶と毛のマフラーとUNIQLOフリースの毛布(汗)は荷物にはなったですがどれも役に立ちました(メモメモ)、持って行ってよかったです(心底)。カイロがあっても良かったかも。

ツアーでご一緒したNさんのグループに混ぜてもらったり(感謝)、SAや現地でお友達に会えたり、それはいつもの遠征かな。近くても遠くても。

□■今回の精算■□

計7'865円
(都内移動費をのぞく)

(内訳)
チケット代:2'125円
バスツアー代:5'200円(往復バス・銭湯代:タオル使用料込)

昼食(サンドイッチ):180円
夕食(おにぎり):360円

今回も食事は地元調達、水筒持参でしたから、チケット代と銭湯代以外のお金は一切アウェイに落とさずv

というわけで無事帰ってきました。さぁ、車中で3時間くらいしか眠っていないので一眠りするか。今週も中3日と中2日で忙しいしね。


□追記□('06.4.23深夜)

荒川静家風

運ばれて退場後ろ姿

お約束の芸達者パル一座は広告を使った階段コント?に始まり、イナバウアーは衣装もしっかり五輪本番の荒川静香風。Y字バランスが出来たら完璧ですねv一生懸命アウェイ側の骨抜きにかかっていました。各スポンサーの決めのポーズもお約束。肝心の?冷凍ミカンの歌は…微妙でした。試合前に並んでいた人々はリハーサルで何度も聞かされていた模様。

集合写真

清水はチーム・サポーター共に基本的にサッカー以外で楽しもう・楽しませようという姿勢らしく(パルちゃん一座、前座ライブ、子供たちの体操(2回の即興?公演有り)、中途半端なチアー、アップ中のゴール裏ショー、花火などなど)、なぜか試合前にアップ直前の選手たちがシーチケ所有者の中から選ばれた?人たちと記念撮影。一つ一つが不思議な光景。

誤字

うーん、残念。意味もアレだが、こんなに短い文で誤字が2つもあるのが致命的。

お祈り

前半のお祈り。後半は諸般の事情により確認できず。

アウェイユニ

アウェイユニ、試合では初お披露目?

そういえば名前を知らない外国人がアウェイのゴール裏に来て煽っていたっけ。

坪井のは2枚目じゃないのかなぁと思っていたのに赤が出るのに時間があったから坪井じゃなかったのかなぁ??と思ったら当事者曰く「忘れられていたんで自分から“2枚目”と言」ったとのことなので、きっとそういうことなのでしょう。これって根本的な資質としてどうなんでしょうかねぇ、いやしくもSRを任命されている主審さんは。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

April 22, 2006

エコパ2006、春の陣へ

この時期の19時スタートはまだ寒いですかも
何かの罰ゲームみたいです(´・ω・`)

それじゃ、明日の準備をしましょうかねぇ。

------------------------
パルちゃん新ネタ観覧ツアー
■清水エコパ2006~持ち物チェーック■

□試合のチケット(重要)
□マフラー
□傘
□タオル
□ゴミ袋

□New!カメラ
□ミニカメラ
□充電池
□双眼鏡

□日焼け止め(念のため←入場待ちの時間帯では必要かも?)
□サングラス(同上)

□iPod Shuffle(負けないお守り)

□ビデオの録画予約(スカパー!は月曜日だけどね^^;)

□Smile(^_^)

□お財布
□コンタクトレンズ
□PHS


[ひとっ風呂(笑)&車内泊用]
□着替え一式
□洗面用具一式(歯ブラシとか)
□携帯エアー枕
□アイマスク
□メガネ&ケース
□マスク(喉の調子が悪いので)
□フリース(防寒用)

※当日着用服
・'04レプリカユニ(S)
・赤シャツ
・ジーンズ
・帽子
・黒ジャケット
・フリースシャツ

------------------------

・行きに一脚を買っていこうかどうか思案中。
・水筒に温かい飲み物を入れていくかも。冷たいものは出てきそうな気がする(・∀・)
・冷凍ミカンはどうしようかねぇ…。


去年はエコパに2回?行っているわけですが、今回は普通に土曜日の試合なので無駄なくバスツアーに参加できますvよかった(←1試合は平日の木曜日なんかにやりやがるせいで往路・新幹線、復路・バスツアーとかいうのがありましたから)。

バスは集合時間があるからゴミ拾いはあまり出来ないかもだけど、いつもより綺麗なのを期待して。

在宅組の皆さん、留守をよろしくお願いいたしまする…。わたしもオレンジ色でJ一番の働き者に魂抜かれないように気をつけてきます(を)


そういえばそろそろ中断後の遠征の計画を立て始めましょうかねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

留守中の出来事。

諸般の事情やオトナの事情によりエントリーが滞っておりますが。備忘録代わりの最近の出来事。


■お誕生日おめでとうございました■

中村選手 4/14
都築選手 4/18

中村選手はようやく怪我明けでサテで活躍し始め…というところでしょうか。初めて大原に行ったときに黙々と走っていたのが彼だったんですけれど。ずーっと誰かに似ているなぁ…と思っていたら職場の新人くんでした(←誰もわからないって^^;)。

都築選手は明日も先発でしょうかねぇ。鉄壁でしかも点も取れるDFに守られ、ここぞと言うときにはしっかり最後の砦を守ってくれる都築選手には、明日もいつも通りの守備とお祈り(^^)を期待して。


■新しい未来に幸あれ■

中川くんが早稲田大学の商学部に合格されたとのこと、おめでとうございます。プロのサッカー選手としての未来は開かれなかったけれど、新たに踏み出した一歩一歩が光り輝く未来となりますように。


■彼が帰ってくる■

あちこちのブログやら新聞記事やらで既出ですが(引用先を明示できずすみません)、達也がみんなと一緒の練習に参加していたとか?(;_;)...豪州キャンプに行く前に見た大原を走る小さな身体が彼とわかるまでかなり時間がかかった、それくらいびっくりしたけれど…W杯にはちょっとだけ間に合わなかったけれど…(T_T)

達也がもうすぐ帰ってくる!

夏が待ち遠しい!なんて初めてかも(←暑いの嫌い)。

ネネも夏頃には帰ってこられるのかなぁ…(・∀・)うふ…もちろんその前には永井が帰ってきて伸二も全開で…(・∀・)うふふふ

去年の大宮戦では所用のため試合終了と同時に埼玉スタジアムを飛び出した、あのあと遠くで聞き慣れた大好きな彼のチャントを聞いた(涙)。その1週間前に駒場で止まった時計はきっとその中でしっかり復活の準備を整え、また元通りの時を刻めるよう、その日に向けて最後の調整をしているのだろう。

試合後のインタビューで達也のことを心配していたトミーは今はすでに日本を離れているけれど…。きっと復活を喜んでくれるだろうなぁ…。MASAさんのところの紹介だとトミーの方はなかなか厳しくなってしまっているようですが…(´・ω・`)


■サカダイの表紙の彼■

その日の朝、いつもどおりKioskに目をやったら(←すでに習慣)、赤い服の啓太が表紙でこっちを見てた(笑)。顔だけでそれとわかったけれど、職場に持って行くと見たくなるだろうと帰りまで我慢。お家までは我慢できずに電車の中で立ち読み(笑)。途中で席が空いたので座ろうとした瞬間に床に落とすΣ( ̄д ̄;;)

いい記事と写真でした。横浜戦のはわたしも似たような角度で撮れたけど(・∀・)、いい絵だったよねー。

今開いたら折り癖がついていた…orzべっこり

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2006

京都戦@埼スタ:第8節・2006.4.15...3-0

シトン貯金にAコースで参加している人の"ひゃー(汗)"な悲鳴が聞こえます(^^;)...あの幻の3点目が入ってたら今日のチケ代とほぼ同じ。すごいことになってたですね。1試合に1得点ペースで最後の方にハットトリックとか決めたら1試合に1万円近く飛ぶですか?うひゃー。

さて。

前置きはそれくらいにして。

試合の感想ですが。

…なんだろう。

去年の川崎のような、がむしゃらさというか、あるいはたとえば福岡でこのあいだ見たばかりの、下から上がってきて失うものもないはずで、ひたすら勝利を目指してぶつかって来るというそれはなく。かといって、初っぱなのホリにかましたような汚ーいプレーはあったものの、試合全体でそれをせざるを得ないような荒っぽいプレーに終始したわけでもなく(推奨しているわけではもちろんない)。J1とJ2との戦い方が違うとはいうけれど、7戦+ナビを戦ってきてまだわからないのか、あるいはJ1の戦い方を知らないのか…そういうわけでもなかろうに、去年結構ぶっちぎりでJ2優勝決めたはずの京都さん。

というのがお相手の感想。

うちの前半の状態は、わたしがスタへの到着がギリギリだったので落ち着かなかったせいか、同時進行では正直良くわかっていなかったんですが(アレの動きに比べて平川いまいちだなぁとか、長谷部のカードは余計だったなぁとか、ロビーの球がどっか行っちゃってたとか、シトンには相変わらず3人も4人も詰めているとか…の割りにフォローは?とか…)。後半になってみると前半とは違うような動きと、やっと決めた1点目、そこからはもう京都を相手にやりたい放題でさらに2点追加。もう何点か取れそうな勢い。で、あとできいたらやっぱりハーフタイムにギドの雷が落ちたようで。わかりやすく前半と後半の動きが違っていた選手たちに前半から飛ばしてくれる薬はないものでしょうか(溜息)。

アレジャーンプ!まぁ、とにかく点差をつけて勝てた功労者のアレ@とくに後半はいつもにも増してキレキレの大活躍でした。W杯に合わせてこれだけ調子が上がっているのは最高じゃないかなぁ。でも、最後に倒れてシェフと交代しておきながら、場内一周で例のジャンプを決めたのは、えーっと。ん?

スピードスターの平川はまだ試合勘が戻ってないとか、そういう問題?と思いつつ。達也や永井のような選手が不在の中で「走るだけで歓声が起こる」岡野に依存というのもなんなんで、今いる選手、しゃきっとお願いします。長谷部の不満そうな顔にまだまだ出来ると思っていると期待しているから。次は怒られる前にね。

細かく目をやれば、おおむね我が道を逝っちゃう夫の闘莉王があがったあとには啓太が、一方おそらく必要なときだけ(笑)ホリが上がった後には平川が?、甲斐甲斐しい嫁vとしての役目をしっかり果たしていたし、ぐだぐだでも守りの最後は割らせない、おかげでファンサカのDF陣のお値段が高いこと!5億円スタートで平均点そこそこの得点でいたところ、そのまま買いそびれてしまった闘莉王に坪井…2度と買えないんでは?orzそういえば坪井も上がってたなぁ…。

ともかく、守備陣の活躍により失点4のまま。失点4って言やー、鞠さんとこが今節だけで失った点と同じですよ(-m-*)ぷぷ。

京都サポさんは複雑な歌を何曲も歌っているように聞こえました。何曲ぐらいあったんだろう…。人数は少なかったですが声は通って聞こえましたよ。何でもホームの動員数がJ1で一番少ないようですが(平均6千弱)、それをたとえば1万人に乗せるのもかなり大変でしょう。わたしだってさらに動員を増やすために何が出来るだろうか…考えてますが、特効薬はないわけで。身近なところではうちのそばの栗鼠さんちも頑張ってるよー。J1の多くのチームは、だいたいホーム平均で1万5千がひとつの目安になっているような印象ですが、甲府さんも頑張ってますね(現時点で千葉を上回ってるし(^^;))。大分もかなり頑張ってますよ。新潟はいうまでもないですね。京都さんがどう目指すかはわからないですが、チケット収入がそれだけチームの強化に回るわけだし、フロントはフロントで、サポはサポで地道に動いていくしかないんでしょうね。こればっかりは急に増えるものではないので。それでいうと鹿の所なんかはわかりやすーく少なくなっていて。収容人数が4万近いのにね。

バーの様子試合終了後、南寄りのバックでゴミ拾い開始。捨て置く人もそれはいますが、でもゴミは以前よりかなり減っていて、少し拾うだけでとても綺麗になります(はぁと)。そして紙コップを積み重ねて集めていたら、それを「もらってきまーす」と持って行ってくれた仲間もいたv(その人もゴミ拾いをしている人でした)。また、断幕を片付けている仲間とは目があって、どちらからともなく「お疲れ様でした~」と交わす声も清々しく。あとで「ゴール裏で拾ったよ~」とメールくれた人もいたし、ブログでわたしがぐだぐだ訴えるよりも、現場で捨て置きのことに気づいてくれる、より親しい仲間の出したゴミは仲間で集めちゃう、そういう仲間がいることが何より大切ではないかと思っています。いつもありがとう。

それからバー界隈でブツをやりとりしてステージを見ていたら、たくさんのアウェイ仲間やブロガー仲間と会いました。いろいろな人と話したのは福岡戦のことや、来週の清水戦のこと。そしてバーに設けられたステージではスーツを纏ったホストとゲストたちに拍手し、盛り上がり…。しかしハートフルのスタッフはそろいも揃って回答になってなかったんすけど(笑)。フリーキックが得意な正樹さん(笑)への質問を仕込んだ親御さん?もなかなか。

ふぅ、勝って何よりでした。


帰ってからつらつらと思ったこと。

南にいると、目の前でゴールを見られる機会というのが非常に少なくなっています。みんなで南をピースフルで、しかし熱い心を持ったサッカー空間にできるようにしたいなぁと。そしたらゴール見たさに北に"行っちゃう"人が減るかなぁとか。北は試合を傍観する、ましてや戦う人を見物する場所でもないけど、もしかして南ではゴールが見られないなんて思っちゃう人がいるかなぁとか。ひょっとして南の努力が足りないのかなぁとか。いろいろ思いを巡らせてみたりする。

そして昨日、HDDレコーダを整理しながら2004年のナビの映像を見た。あのときは旗をみんなで持って行ったんだっけねぇ。タイトルのかかった試合というのは、あとで見てもいろいろ思うもので。今、冷静になって見ても綺麗な旗の海を作り出していたのだなぁと。あの日足りなかったのは何だったのかなぁ。今年もあの場にいられるかどうか、今はまだ何もわからないというのは去年のナビスコを見てもわかること。とりあえず8戦を終えて首位にいるらしいけれど、降格の危険性がなくなるまで安心できないという思いがあるのは、浦和にはたくさんいるだろう。去年だって数字上でその危険性がなくなったということを、やっぱり同じようなことが気になっている仲間から聞いた、それはやっと秋になってからのことだったと思うよ。

まだ4月。まだまだ何も決まっちゃいない。目の前の勝ち点をしっかりとっていきましょう。浮かれず、ただひたすらに。

■追記■

一部脳内変換ミス(笑)の修正。
右カラムのタイトルのCSS?が修正されたと思ったら画像が出てこなくなっちゃいました(´・ω・`)わたしは何もやってないんですが。ちょっと直してみるか?直せるのか??

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 14, 2006

自戒を込めて…ほか

昨日は微妙に遅刻してそれが落ち着かない時間帯だったため、失点には気づいたものの(アナウンスで)、出島から浴びせられた浦和へのエールを聞き損ねた負け組です、こんばんは。

さて。

あちこちのおともだちが体調不良を訴えている様子を見て、体調管理、気をつけないとなぁと改めて思うこのごろです。何より自分がゆるゆると低空飛行状態だしねー。37度くらいの微熱状態で半休にしちゃったりしちゃダメなんですよね(反省)。そもそも運動不足のOL?という感じではいかんのですが。浦和が生活の支えっていってもその活動を支えているのは平日のお仕事だしねー。そっちに迷惑かけないよう、心して毎日を生きなくてはと思いつつ夜更かしはいけません、はい。

そーいえば昨日の試合のビデオを見てたんですが…なんかお休み中の選手のうしろに相方さんが映ってませんかー。スタに来た人が双眼鏡で見るのと違うんだから、あんなに無防備な人々を公共の電波で何度も大写しにしちゃって良いんでしょうか…とちょっとだけ気になりました。あれくらいの赤ん坊はまだ顔は区別つかないでしょうけどぉー。

浦マガ5月号買いましたよ。ホリという人選が良いですね(はぁと<めっさ個人的趣味)。関東A選抜チームの写真に若きシェフが写ってびっくりとか。お父様のお話もステキでした。ふと市高のウェブサイトを紐解いてみたら彼の名前を発見できてそんなこともなんとなく嬉しい。そうですか、市高というのは県下有数の進学校なんですね(メモメモ)。大学に入るまで埼玉に縁がなかったので、そもそも感覚としてよくわからないことがまだまだたくさんあります…。東京には市立高校というのがないから、県立高校との違いとかもわからない(…違いがあるのか、ないのかすら)。制服(標準服)がある高校は多いのか少ないのかとか。ま、どーでもいいことかも知れませんが。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 13, 2006

福岡戦@駒場:ナビスコ杯予選2・2006.4.12...3-1

リーグ戦の先発選手くんたちを半分休ませ、リーグ戦で控えに甘んじている選手たちも、2試合連続で点を入れた子も頑張りました。そしてサイドを使って試合が生き生きですたねー。久しぶりにシュートも打ちまくったし。控えの子たちといってもばりばりに頑張れる子たちばっかりですから、そこに必要な共通意識とかに先日の反省が生かされていたのでしょう、きっと。出会い頭の一発に不意打ちされましたが、ほとんど危なげなく見えた…のはわたしが風邪の予兆でぼーっとしていた頭のせいということもないだろうと。3人の選手がセットプレーや流れの中で入れた点はどれも爽快でした。

審判ルーレットもシェフへのカード1枚で済みました。PKのチャンスよりもシミュレーションを取られないことにホッとしてしまう心理状況。またそのシェフもセットプレーにセンタリングに大活躍。今日のエントリーが楽しみです。

うちの試合がわり?トップページ写真もいつも楽しみですが、・・・アビスパのウェブサイトのトップページ、早くも今日の先取点の写真がupされています。中の人の仕事の速さにびっくりです。

帰り、電車で座ってMDPを読んでいたらカコイイお嬢さんに話しかけられました。曰く、東京方面に帰ってくる同志は少ないですよねと。埼スタは209あたりに棲息していらっしゃる学生さんとのこと。あとまた中2日でやってくる試合にちょびっっとばかりくらくらしながらも「お疲れ様でした!またどこかで!」と交わす言葉も心地よく。

う゛ー、風邪の予兆のような体調の具合なのでさらっとあげて眠ります、ぐぅ。思いついたら追記します。

あー、ホリが表紙の雑誌も欲しいなと思いながら買えなかった…。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 11, 2006

福岡道中記2006

■往路■

ANA981便、6時半の飛行機に乗り込むため都内でも5時には家を出なくてはいけない(汗)…ということに前の晩に気づく始末。旅割で一番安かった(単純)とはいえ、さすがにキツイっすねー、前の晩早く眠らないと。

山々今回の飛行機は西行きの飛行機では初めて?右側の窓際に座れたので、ふと見ると萌え萌えな山脈風景が。険しい山並みです。程なく雲に覆われた地域に動いてしまいましたので街の様子は見られなくなってしまいましたが。

夢うつつなまま着陸。子供の頃はもっとわくわく着陸態勢に臨んだものですが…着陸の揺れで目覚める始末…まぁ朝早かったしねぇ。

福岡に着いて天神の方に行く予定で地下鉄に降りていこうとしたら、すでにスタに行くと思しき同志を発見です。きっと前乗り隊なのでしょう。わたしはそこから福岡の一日を満喫する予定だったので、焦らずに朝風呂へ行って眠気覚ましです。

温泉~こちらで紹介されていた「薬院しろやま乃湯」に行く心づもりでクーポンまで印刷してましたが、どうも直前に調べたら8時~10時半はやってなさげ?ちょうどその時間に到着…むぅ…。なので急遽昨日の夜に調べた天神の方の温泉「天神ゆの華」へ。立地は天神にも近く、週末は混んでそうな書き込みもありましたが、さすがに日曜の朝8時台はまだそれほど多くありませんね。鏡の前の化粧席はお化粧する人や髪を乾かす人で少し混んでいましたが。浴槽も洗い場も全くストレスなく。

願掛け今日の靴入れの鍵は「頑張れ岡野」の30番です。ホントに大活躍で良かったvvその鍵はフロントに預け、代わりに脱衣所のロッカーの鍵が渡されるシステム(選択権はナシですがセルでした)。貴重品ロッカーは長谷部。

土日は8時からやっているようで、ゆったり1時間ほど湯につかり、日頃の疲れを癒しました。日本人はやっぱり温泉だねぇ~v

さて、温泉を出て忘れ物がないように細心の注意を払い(笑)、貴重品ロッカーから取り出して詰め直していたら呼び止められる…。何のことはない、こちらの方でした(笑)。ちょうど入れ違いにひとっ風呂浴びにいらしたようで。

福岡大正門■お礼参り■

スタジアムへ行くにはまだ早いです。何をしましょうかねぇと。福岡に来たのはざっと数えて5回目?になりますので、太宰府とかキャナルシティあたりは訪問済。地図を見ていてふと思いついて、せっかく福岡に来たので「浦和戦士たちの母校巡り~浦和戦士たちを育ててくれてありがとう~」という完全に行き当たりばったりの思いつき企画。

1.福岡大学

弁慶くんもいるぞなにせ現地で地図を見ながら急に思いついたもので、市内にはあるはずですが具体的な行き方がわかりません。が、どうも地下鉄で行くと良さげ?わたしの持っている福岡市の都市地図は2001年発売のもので、2005年2月3日に開通したという七隈線の存在は全く反映されていませんが、おそらく坪井や黒部がいたころにはバスが足の一つであったろうと。今も走っているのであれば天神界隈にバス停があるだろうと適当に見ていたらちょうど歩いているそばにありました。本数は適度にあるようで、ほどなく来たバスに乗り込んで30分弱?で福岡大の通用門前に出ました。昼食は天神で食べることにしていたのでさくっと表門の方へ周り、グラウンドを確認して…坪井&黒部はこのあたりで蹴っていたのかなぁ…と勝手に想像。黄色い弁慶くんも確認。

昼食その頃福岡に飛行機で着いたらしいmaoさんぱぴさんが到着した模様なので、お昼に合流することに。福大から乗れる地下鉄はまだ1年くらいしか経っていないだけあって駅も電車もぴかぴかでした。わたし的には大江戸線みたいなイメージです。それに乗って天神方面に戻ったところ、西鉄の天神駅北口前のマック前にいるという連絡が入り、無事合流。ども~。時間もないし、お二人がガイドブックで見つけたという和のお店へ行って定食を頼みました。関アジの定食は売り切れ?で残念。大分戦まで待てということらしいです。お店の名前は…確認漏れ。

時間もあまりなかったのですぐにスタジアムへ移動…ですが、ここでわたしだけお二人と暫し別れ、東比恵で降りて次の目的地へ。


東福岡2.東福岡高校

駅から歩いてすぐのはずだったので、てくてく歩いていく。途中おじさんに「博多駅はこちらですか?」と道を聞かれ(←世界のどこに行っても話しかけられる人種)、「多分こっちだと思いますけど~」と適当に答える(<を)。旅行者に道を聞くなよと。思いつつも間違ってはいなかったようです(ほっ)。

時間もあまりなかったので表門へは行かず、グラウンドを外から眺め学校の名前を確認して自己満足。

近ちゃんを育ててくれてありがとう(心の中でお礼)。

広告■おまけ■

スタジアムのアウェイ側ベンチの後ろに広告が。


再び地下鉄に戻れば空港は隣駅。博多の森の競技場は空港からのアクセスはよく、道なりに歩いていけば遠くに照明灯が見える、そのあたりが競技場でした。途中、タクシープールで客待ちをしていた運ちゃんに呼び止められ(世界のどこに行っても…以下略)、聞かれたところは「みんながその首にぶら下げているIDはなんですか?」だと(笑)。うちの人たちはみなチケホルダーをぶる下げているのが不思議に見えたのだな、きっと。「シーズンチケットホルダーです」と説明したら「ちなみにいくらですか?」と聞かれたので値段を言ったら「高っ!」と言われてしまった…(^o^;)…まぁ20試合分ですからと説明してはおきましたが…一般にはそういうことなのかも知れません。


///試合のことは参戦記参照下さい。///


■復路■

ANA272便が20時40分発。日帰りならおみやげも買ってちょうど良いくらいの時間かなと。maoさん&ぱぴさんと空港駅で再び合流。天神のラーメン屋&わたしの希望で白玉屋さんへ。

一風堂ラーメンは福岡出身の友人の薦めもあり一風堂の本店へ。本店限定のメニューがあるそうなのです。途中、支店?を見かけましたが、本店が混んでいたらそっちに行きましょう、ということで本店へ行ったところ、並びも大してなかったので本店で決定v3人でメニューを見ながら今日の試合をふるふる思い起こしたり。なんだかんだ言っても勝つって素晴らし~。わたしがレプリカを着ていたせいか、一人の店員さんが試合結果を聞くものだから、うちの勝ちをご報告vうほぉ~い。

かえし味にトッピング全部乗せ(生春巻きとおにぎり付き)という本店限定メニューもおいしく制覇したし(殿方なら替え玉を頼んだ方が良いと思われ)、さて、食べるものは食べたし…と席を立とうと思ったら管理人1号さんに発見さる(笑)。いろいろな人に会うなー。でも意外に帰りは赤い人が少なく見えたのは前乗り部隊が多かったからか?

帰りがけにも同じ店員さんが「次は負けませんよ!うちの北斗が頑張りますから」みたいなことを言われてこちらも「また勝って食べに来ますから」と負けずに答えておきました(笑)。そのほかの店員さんも明るく楽しい気分で食事できました、感謝。

引き続き福岡大丸へ移動。maoさん経由grafさん情報の吉兆の明太子をゲット。まだ食べてないですが、あけるのが楽しみです~v

白玉そしてわたしたっての希望で白玉屋さんへ(感謝)。本店が熊本で出店はそこにしかないそうです。おみやげの白玉を買い、時間もあったのでイートインも制覇。白玉と言えば白いものと思ったら、桜風味とヨモギ風味のものもあって、今日はちょっと奮発して両方の桜+こしあん、ヨモギ+粒あんという白玉2種にバニラ&抹茶アイスが乗っている季節限定メニューをいただきました。ウマー。桜餅もよもぎ餅も大好きなのでgoodでした。赤い人で混むとアレなのでリンクは貼りませんが(笑)、適当に調べてください(放置)。支店は少ないですが、物産展等での都内への出展は定期的にあるようですね(イートインがあるかどうかは不明)。

福岡空港に行ったら妙に若いギャルが搭乗口に大挙している…とよく見ればその人たちは飛行機に乗るんではなく誰かを待っているようなんですな。maoさんによればココの人とのことでした。服装もノリも、赤い人たちとの外見の乖離は…ねぇ…戦い終わった人々に比べ、おされで眩しいですよ、多くの若い娘さんたちは(もちろんすべてがそんな娘ばかりでは…以下略)。

持ち物チェックを終え搭乗口へ。すでにかなりの人が飛行機に乗り込んでいたのでゲートは程よい空き具合。ゲートの外にいるのと同じような格好で東京から来て一緒に帰ろうという人?もちらほら…そして欲がないってそういうことなのか、チケットを通して角を曲がろうというタイミングで、我々3名はご本人6名様と遭遇し、前後を6人&護衛の人に挟まれる形で飛行機への細い通路を降りていきました。二十歳そこそこの若者たちは細めの身体をゆったりめの衣で覆い、グラサンやら帽子やらを身につけ後ろの方の入り口から搭乗していました…一見すると不良風?な6名について、maoさんが小声で名前を教えてくれましたが、元の知識として名前がわからないので…誰が誰だったのやら。そうと知らなかったら街であっても近づきたくないなぁと思う外見だったけど、うちらには言われたくないだろうな。でもどうせ同じアイドルと遭遇するなら浦和の選手と替えてくれないかなぁ…ぼそっ。

羽田に着けば着いたで同じような「あたしたちのアイドルを一目見たい若い娘さん」がまたたーくさん!空港の喫煙ルームにまでいたのは降りてきた人をおそらく最も早く見られるスペースだから。でも制服の高校生とか(汗)がそのスペースにいるのはどうなの…もう夜22時をとっくに過ぎてんのにー。日曜日の夜にもっとすることはないのか(笑)


そんな勝って見て食べて食べて買って遭遇した旅を満喫。20時間近く過ごした長い一日が終わりました。おかげであまりにネタが満載で、参戦記&道中記で一晩では書き上がらなかった罠。参戦記は長さにすると道中記の半分しかないですが(^o^;;)、最後が劇的とはいえ90分のほとんどは…あれな試合でしたし。あまりサッカーに詳しいわけでもないのであんな程度でご容赦。

福岡暖かかったのになぁ…東京に帰ってきたら寒いよー。

□■今回の精算■□

計31'837円
(都内移動費をのぞく)

(内訳)
チケット代:1'800円
航空運賃:23'350円(旅割)
福岡市内移動費:340円
福岡地下鉄:600円

温泉代:700円

朝食(おにぎり):245円
昼食(定食):880円
夕食(ラーメン+餃子):1150円
甘味:882円

吉兆:1575円
白玉:315円


★福岡市の地下鉄は東京の営団よりも初乗りが高く、逆に一日券が安いので、3回乗ればペイします。しかも地下鉄の線が増えたのでさらに"乗りで"がある計算。空港に到着して、試合前と後に少し動くだけでも一日券を買った方がお得です(^-^)

旅割キャンペーンで半券1枚につき200円クーポンをもらえるらしいので、月末の福岡戦で羽田に行ったときにもらってこよう(今回で400円分ですね)。
★ANA IC de Edyキャンペーンも参加可能なので登録するとあとで1往復あたりEdyが500円もらえるはず…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

福岡戦@博多の森:第7節・2006.4.9...1-0

最後にスタジアムの観客席に舞う桜吹雪。まるで出来過ぎた時代劇のようでした。我慢に我慢を重ね、終わり数分前、ぐぅの音も言わさぬ印籠登場で爽快なゴールが生まれる展開!(微妙に番組が混乱してます(笑))

じりじりとするような90分弱、負ける予感はしなかったのですが、点が入る気配もしなかった…正直、先週と同じような引き分けは覚悟しました。しかし岡野と黒部が投入され、いろいろな選手が疲れている中に少しだけ動きが出始める…。そのホンの10分にも満たない時間で、80分以上成功できなかった値千金のセンタリングとゴール。ビデオは岡野が入ってからのを残しておけばいいかな(笑)。岡野がベンチに座っている間に状況を冷静に見て、そしてピッチに入ってそれを具現化したことは彼の試合後の発言からもはっきりして…。

「右サイドが空いていたんですけれど、そこになかなかボールが出なかったんで、ピッチに出たときに『とにかくボールを出してくれ』と言いました。相手の左サイドが疲れているのもわかったんで、ここで勝負をすればチャンスになるだろうなと、アップしながら状況を見ていました。それと中が揃っているのにセンタリングで終わらないなというのを思っていました。簡単に上げたら点が入るんじゃないかなと思いながら見てたんで、それがたまたま上手くいったなという感じです」(J's Goalより)

まさしく彼の分析通りに事が運び、あのセンタリングがゴールに結びつく前にも、右をえぐって上がってきてたように思うのですが…ビデオをまだ見てないので記憶違いがあるかも…(このあたりあとで追記するかも)。

勝ち点を失うことなく、3を取れたこと。何よりでした。

今月まだあと2回も対戦がある福岡の本調子が出るのはもう少し後でよいわけですが。

ビジュアル総じて福岡の選手たちの守備は悪くなかったと思います。なにより戦術というか、意識が統一されていたように思います。そういう意味では千葉に近いかも。わかりやすく詰める福岡の選手たち、時に後半、シトンやロビーが苛立っているようにも見え。それは審判の判定にも影響されているとは思いますが…。そんな、選手の力を組織で補っていくというのはJ2からあがってきたチームが取り得る戦術の一つだと思いますが、あそこに絶対的に強いFWとかがいたらもっと怖かったかなーと思います。福岡には怪我人も出ているようですが。チャンスはあったけれど、そこでゴールを脅かすことなく大きく外してしまう、そのあたりがもう少しだと思いました。記憶ではうちが危なかったのは都築が止めた?たぶんその1回しかなかったのでは?少なくとも前に行こうとする姿勢はあり、名○屋よりは良いサッカーをしていたと思いますし、お客さんもそこそこ入っていたようです。まだ勝ち点には恵まれていないようですが、前を向いた面白いサッカーをしてくれれば、サポーターはつくと思います。ビジュアルも頑張ってたし。我々が勝利の歌に酔っているときも席を立たなかった大勢のアビスパCurva組は何か心に期するモノがあったのでしょうか…。

マスコットまた、箱である会場は良いスタジアムでした。ピッチはちょびっと荒れていたかな…。印象としては埼スタを小ぶりにしたような感じで、神戸ウィングの弟という感じか…。スタジアムへの途中の道にものぼりがたくさん立っていたし、地下鉄では試合のチケットと一日乗車券をセットにしたお得なセット券が発売されるなどしているし、J1復帰1年目をいろいろな人で盛り上げていって欲しいなぁと思います。顔はあの怖いままながら、お尻のあたりが憎めないマスコットもしっかり働いていたしね。

取り払われた緩衝地帯事前に知らされて懸念されていたスタジアムの座席の区割りについて、いろいろな方々のブログを見る限り、列整理などで多少の問題点は散見されたものの、思ったより臨機応変に対応していたようですね。わたしが到着してアウェイ席に入り、ふと見るとSAのメイン側は予想以上に浦和の赤が広く浸食しているということは、詰め込みながらもその増加に応じてエリアを広げていったのか…。また、陸の孤島?のようなアウェイ席横に設置されたホーム自由も、その席を買ったうちの仲間が入っていたのか、あるいはおとなしめのお客さんが入っていたせいなのか、試合開始1時間前には目視で軽く150席分くらいはありそうな緩衝地帯が取り払われ、細い柵が申し訳程度に置かれているだけになりました。まぁ、キックオフが近づけばきっとCurva寄りに席詰めが行われるので、1時間くらい前に入っても座る席に困ることはほとんどないんですが。この解放へは浦和者たちも拍手を送っていたし、会場の運営に感謝をいたしたいと思います。

ただし、わざとだかなんだかわかりませんが、試合中、浦和への威嚇のタイミングでハンドマイクから発せられていたハウリングの時にも似た音は非常に不愉快でした。生理的にイヤな機械音は仲間にも気持ちの良いものではないのでは…。

自販機レプリカ着用率が異様に少ないと思って会場に向かったら、maoさん曰く、福岡はそういう文化なのだそうで…なるほど。会場の外でサイン会と並び、試合用のレプリカを着るイベントが行われていましたが…。レプリカを着る文化の方が運営的には潤うのかなぁと朧気ながら思いました。1着1万円として、5千人が買えばそれだけで主たる選手が一人二人まかなえそう?なんだかんだいってグッズの中ではレプリカが一番高いわけだし。自販機で売っているジュース以上に大きな資金源となるんでは?

美しいスタジアム試合終了後、ほくほくしながらゴミ拾いしました。アウェイ側の席は有志の仲間が拾ってくれたのか、自分でゴミ箱に持って行ってくれたのか、残っているゴミはほとんどなく、とても美しかったです!!柵の向こうに設置されたわずかなホーム自由席、そこに残るビジュアルの残骸("この紙を選手入場に合わせて掲げましょう"というアレ)や無料?のMDPやちらしが悲惨な状態でしたので、浦和者が置いていったものではないのかな…と思いつつ拾って歩きました。とくにビジュアル用の紙は青と銀?の2色があり、良い紙を使っていて立派に作られていたにもかかわらず捨て置かれたものがかなりあり、それらを片っ端から拾っていきました。せっかくスポンサーさんが作ってくれたのにね。浦和が使っているビニールのようなものだと何度も使えて良いのか…でも集める人がいないと運営が無理なのか。もし使い捨てるならもう少し適当な紙でいいと思うし…そのあたりが微妙ですね。しかもなぜか端っこにテープが貼り付けてあったりして、あとから重ねて集めるのが意外に面倒でした…が「全部拾うのは無理ーー」とぶつぶつ言いながらも、それでも知り合いと拾っていたら終わりました。仲間ってありがたい。綺麗になって気持ちよかったですよ。

しかも今日はあとから拾うだけでなく、おともだち曰く、試合前にさるグループのリーダーさんが前の方にきちんとゴミ置き場を作っておいてくださって「ゴミは入れろー」と呼びかけてくれていたようです。うゎぉ、カコイイです(はぁとv)。グループの人が動いてくださると大きいですね。今はまだ捨て置く人が多いと思うので、しばらくはいろいろな人で動ける人が動いて、それでいつか改めて誰かが呼びかけたり、ゴミ集めをしたりしないでもいいようなスタジアムが出来るといいなぁと思います。


■今回の旅のおみやげ■

・勝ち点3
・初参戦スタジアムでの勝利実績1
・笑顔...(^◇^)v

・明太子
・白玉(黒胡麻味)

忘れ物…はないと思われ(^^ゞ)

しかし日曜の試合、スカパー!の放送が水曜の夜というのがまた。ナビの2戦の夜だし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2006

福岡・初参戦~!

のその前に。

4月6日、大山くん
4月7日、翔太くん

お誕生日おめでとうございましたv(いつも過去形でスミマセン…)


…さて。

明日は福岡戦ですね!(そーですね>条件反射)

福岡自体は初めてではないですが、参戦で行くのは初めてですv(大分戦の往復で使ったあれは除く(笑))

すでに福岡入りしているお友達もいるようですが、わたしはまだ東京です。明日早朝に発って、勝って、食べて幸せな気持ちで帰ってきたいと思います。そのためには心おきなく戦えるよう、気になる仕事を今かたしちゃっているよ。その合間にあちこちでエントリーやら書き込みやらを読んでいますが…前のり隊の皆様、くれぐれも飲み過ぎ食べ過ぎ注意!(^m^)


■博多の森2006持ち物チェーック■

□試合のチケット(重要)...なんと売切れですか…(汗)
□ANA Card(重要)...スマートeチェックインするために必須

□マフラー
□雨合羽
□傘
□タオル
□ゴミ袋
□博多の地図

□New!カメラ
□ミニカメラ
□充電池
□双眼鏡

□iPod Shuffle(負けないお守り)
□NINTENDO DS

□日焼け止め
□サングラス

□Smile(^_^)

※明日バッグに入れるもの
□お財布
□コンタクトレンズ
□PHS

※当日着用予定服
・'04レプリカユニ(130cm)
・赤シャツ
・ジーンズ
・帽子
・黒ジャケット
------------------------

このあいだも注意されていたのに忘れ物したしな…(阿呆)。幸い気づいてその場で発見されたので紛失未遂で済みましたが(仲間に感謝感謝)

持ち物の一部がそろそろ初夏仕様ですが…防寒具代わりにマフラーはまだアクリルのでいいや。風や雨にさらされても1本あると違うので。

今回の放送は当面BSしかやってくれないみたいなのでわたしの録画(スカパー!)は帰ってきてから(メモメモ)。



"心で見なくちゃ物事は分からない・・・大切なことは目に見えない"という有名な「星の王子様」がいっているそれとはちょっと違うかもですが、ある事象が表出していても、意識がそこに行ってない、知識がないと見えないものって身の回りにたくさんある。事象自体は変わらずにそこにあるのに。足を怪我して歩道の段差に気づくように、子供が出来て食べ物の安全性が突如気になりだすように。

明日は遠くのアウェイです。ゴミの捨て置きが気がかりですが、杞憂に終わってくれるといいなぁと毎試合思っています。

わたしは自分の意志でゴミを拾ってますが、だからといって「ゴミを拾おう」という表現で呼びかけたことは一切なく(少なくとも意識としては)、ましてや「他人の出したゴミを拾わなくてはいけない」という強迫観念に似たものを感じているわけでもないし他人に強要しているつもりもありません。ゴミを捨て置く人の首根っこ捕まえることはおろか、「ゴミはゴミ箱に持っていってください」と口に出して言えない小心者なので、黙ってゴミを拾っている姿で「はっΣ( ̄□ ̄;;)」と感じてくれないかな、と。同時にこのブログに問題提起をあげることで、たとえばグループ参戦の人はより近しい仲間と自分たちの出したゴミに気づくことができるとか、そういうことがあればいいなあと思う。つまりは…

まずは自分のゴミのことに気づいてくれますように。
いつかゴミを拾わなくても済みますように。

いつも願ってます。そのためのポイントはたとえば勝利の歌を歌っているときにおもむろに拾い始めること。自分の出したゴミに気づいてくれると忘れずに帰ってくれるみたい…なので。

よそさまのスタジアムを汚くして帰るのは同じ色の服を纏うものとして恥ずかしいと思うから拾っているだけ…。これ以上悪い評判を生み出されないと解決できない、それを待つくらいなら、今その試合で拾うことは造作もないことです。

クラブに専用のゴミ袋を作らせてしまった状態を見ても、いつどこで誰からどのように出るかわからないような批判が出るまであの状態を放置すること、何もせずにいることはわたしにはできない、だから拾う。そんなところです。自分の活動を思い違いされないよう、改めて書いてみました。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

April 05, 2006

長谷部本、買いました

・・・なんで長谷部本が創刊号を飾っているのかは不可解ですが。

どういう位置づけの本かは全くよくわからないで中身も確かめずに買ってしまいましたが。

活字スキーとしてはなかなか楽しめる1冊です。無意味に大きかった某雑誌よりは。

下の方にある「The magazine of new heroes!」とあるのでそういうコンセプトなのか。僕らの長谷部に続く来月号・再来月号は一体誰なのか。そもそも創刊号とあるのに「スポーツアルバムNo.15」とあるのはこのあたりを見るといいのかな。

というわけで、長谷部本にエネルギーもらったんで明日も頑張りましょう(単純)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 03, 2006

鯱戦@埼スタ:第6節・2006.4.2...0-0

えーっと。

名古屋は埼玉くんだりまで勝ち点1を取るためにやってきたのか?名古屋の選手たちのコメント見てもそういうステキな戦略が成功したことがありありとわかるし。

何より見ていて名古屋の方は球が繋がる気配がなかったし。うちの選手が球の出し手に再三詰めて球を奪っていたし。交代のタイミングといい。露骨すぎ。

何度か攻め込まれはしたけれど怖さがないせいか、負ける気はしなかったなぁ。特にうちの前半はやたら南でコーナーがあったので、そこから1点あればまた違ったんでしょうが。

名古屋も「これが繋がれば怖いな」という意図はあったようにみえるんですが、それが実現に至らないことが何度もあった印象。絵は見えていてもそれを描けないのか…。2005シーズン・うちの幻の16番さんが交代で出たあとはちょっと危ないかなと思った瞬間もありますが。

カードが出なかったのは好材料。

あと引いてくる相手がこれから増えるに違いないこと、それも改めて認識させられたし。

試合のメインのアクターsの半分に求められているはずのそれをする気がないんじゃなぁ。例えうちが負けたとしても、興行として面白くない試合をやられると集客に影響するんで勘弁願いたいわけで。

まぁ、ぐだぐだ言ってるわたしも今週は仕事に連戦にと疲れが溜まっていたので無理せず南ゴール裏の、しかも上方へ。いつもみたいにぽつりとあいてる席を探して下の方にいるんでも良いんですが、ホントに疲れていると「その席空いてますか?」と聞いて無表情でダメと言われるだけでも疲れちゃう。自分に余裕がないってイヤだなぁ。そして願わくは空席がわかりやすいといいなぁ(…ぼそ)。

上の方に行くと席には困らないし(傘は広げるなよ、坊や…と心の中で呟くだけ←小心者)、何よりスタを俯瞰するのには良くて、「あーあーアレが何度も手を振って、左があいているなぁ…あんなに混んでる中につっこまなくても」とか、名古屋ゴール前に何人もいて「あー、狭い中に球があっちゃこっちゃ行きつ戻りつでピンボールマシーンみたいだなぁ」とか見てました。それでも前半に見た、短い球の繋ぎがほんの少しわくわくさせられて。そしてピンチの芽を摘んだ堀之内と坪井と啓太あたりに希望は見えて。で、幻の2点で終了か…。

そしてちょうど帰る頃にものすごい雨。コンコースで一旦脱いだカッパの上下をもう一回着ようと再度屋根のある門の内側に入ろうとしたら、警備のおねぇちゃんに「再入場はご遠慮いただいているんですが」って雨宿りくらいさせてくれよ、と。思いつつ心の中で(以下略)。ぶつぶつ。

そして着込んで再び雨の中に出ていったら開店休業状態のアフターバーの椅子がいくつも倒れて地面をスライディングしていたです…あ、あぶねー。

また浦和美園駅では年端もいかない幼児を連れた親を何人も見かけましたが、どの子供もぐったりしてたよ。大人だってくたくただったからなぁ。「濡れちゃったぁぁぁ」と泣きやまない子もいたし。あぁいうのを見るとどうなんだろうねぇと思ってしまいますが。今日は春休み最後の試合だったからもう少し楽しい試合だと良かったよなぁ。大人も子供も。せめて点が入っての引き分けとか。

まぁ、そんなこんなで行った人はみんな大変な思いをしたであろうこの試合、春休み最後とはいえ予報の段階から雨という試合で4万5千人超えは上々でしょうか…。2階の混み具合のわりに1階が詰まってみてたのは先日のC大阪戦と同じです。南のゴール裏の上の方は並びなどしそうにない中学生か高校生のサッカー部の男の子たちも結構いました。

帰ってきて映像をみたらシトンが後半にペナルティエリアの中で首を絞められているじゃないですか…けっ。

以上、まとまらないエントリーでした。

■追記■

雨が降ってもゴミ拾い。試合終了直後は風がそんなに強くなかったので良かった。雨だった割りには飲み残しの紙コップも少なく、何ブロックか歩いて集めて大きなビニール袋一杯程度でした。まぁ南の上の方はそんなにお客さんいないんですが。ちょうど冬物をしまい、春物を出すシーズンなので、クリーニング袋大活躍です(^-^)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

瓦斯戦@駒場:ナビスコ杯予選1・2006.3.29...2-0

西から見た風景セル、プロ初ゴールおめでとう(^-^)

友ちゃん、途中のピンチを救うだけではなく、久しぶりのスタメンでだめ押しの2点目。良かったなー。わたしはちょうど西のゴール裏にいたのですが、視界の手前にギシがいて、ミッキーマウスのように"うっほーい"という感じの大の字ジャンプで喜びを爆発させていたですよ。思いがけず良いものを見られましたvその久しぶりのギシ、安定してましたvv

うっちー、あわや失点?というところでよくぞボールを掻き出してくれました。やっぱり浦和にはあなたが必要です♪

試合後、ヒーローインタビューはセル。内容は残念ながらよく聞こえなかったけれど、それが終わったあと、体中で喜びを表しながら観客席の方に向かって走ってくるセル。だがしかし(笑)、西側ではなくバックの中央にいきなり行こうとするので「おおおおおぉーーーい、セルーーー、こっちーーーー」と西側から何十人もが呼んで手を振ったら気づいてくれた、よかったよ(^^;)

赤星も萌タンも見られて、ナビの位置づけが若くて元気のある子たちの活躍の場となるのもありありだと思う。

穴沢さん、2004年シーズンまでとはうってかわってカード出さなすぎぢゃ(汗)…基準がぶれなければ必ずしもカード出さなくても良いけどさ、どう見てもうちの選手が痛い思いをしていたような…少なくともファールはきちんと取って欲しい…です。

平日の夜は大人の事情でギリギリの到着。なんとか行かれただけよしとせねばですが。定位置の東に行くにはCurvaを通り抜けなければならずそれは大変なので本日は西で。そのおかげでゴールシーンが2つとも向こう側になってしまいましたが仕方ない、そういうこともあるね。またスタメンが良くわからなかったので、試合の途中で起こった山岸コールを聞くまでキーパーがギシだとは思いもよらず。そしてセルが出てるとか、エーコちゃんと中村くんが控えにいたらしいとか、いろいろびっくりでした。

出島の外あと到着が遅かったおかげで、出島の外をうにょうにょ動く瓦斯サポの奇妙な行進を目にすることが出来たです…あの人たちはあのあと中に入ったの?…そして西の出島寄りは瓦斯サポのチャントがよく聞こえるので、いつものようにササのコールが耳をついて離れない罠。

そういえばちょうど1年前のサカダイ「This is MY BEST」でうっちーの回がありましたっけ。浦和を去った選手たちで構成した「My Best イレブン」の中に伸二がいて、浦和時代のポジションじゃないけど「アイツは何でもできるから」とボランチに据えて。それから1年後の今、浦和には伸二が帰ってきていて再び一緒にプレーしてるんだなぁ。うっちーからすれば「アイツ」呼ばわりで全然不思議じゃないんだけど。でもちょっと不思議な気分でもある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2006

忙しさを言い訳に置いてきたものの一部

遅くなっちゃったけど今年最後の早生まれさんたち、お誕生日おめでとうございました。

3/6 黒部光昭選手
4/1 ワシントン選手

・・・早生まれ勝手に応援サイトなので、シトン選手も一緒にひとくくり(←9月スタートの国?には関係なかろうが(笑))。

あと、ただいま神戸にいる徳重(3/6)もおめでとうございました。

それからアレの新しいサイトが出来たそうで。オフィシャルの告知で「人見知りするボクなので(笑)」を「ボケ」って読んじゃったよ、ごめんね。で、相馬友ちゃんのそれは告知されないのか?友ちゃんのオープンが4/1だったら公式とは信じなかったかも知れない…。

...花見の場所取りを1000円で引き受けて迷惑条例で逮捕ですか。ふーん。桜の下で飲み会はしたことないけどね。

さぁ、チケ取り前にもう一眠りしますか…昨日夕方から夜中まで爆睡して懲りずにまた寝て早朝に目が覚めたというわけです。久々に化粧して落とさずに寝入ってしまいましたですよ、くは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »