« 平日の浦和詣で | Main | グミの実、鈴なり »

May 27, 2006

机上の空想旅行と過去の回想

W杯代表が一足お先にドイツへ入り、おそらくそれに引き続いて浦和の選手たちもドイツでキャンプをはり、そして浦和のサポがW杯へと足を運び…あるいはW杯には目もくれずドイツのキャンプへと(笑)

元々旅好きであるので、机上で組み立てた旅行の数は学生の頃から数知れず。またMASAさんmitsukさんのエントリーを拝見して、行かれないけどドイツへ行くことをいろいろ夢想してみた。国が繋がっていると鉄道での移動も楽しいよね~とか。

折良く?阪急交通社さんから旅のカタログが送られてきたりして、それをぱらぱらめくってみたり。

また、こちらのエントリーを拝見してそして過去に辿った自分の空港歴をまとめてみたり…(一部の空港名が正確ではないかも…いちおう全部調べ直したけれど…)。


日本国内
新千歳空港
旭川空港(着のみ)
函館空港(発のみ)
成田空港
羽田空港
伊丹空港
関西国際空港(発のみ)
広島空港
松山空港
福岡空港
大分空港
宮崎空港(着のみ)
熊本空港(発のみ)

アジア
仁川空港(韓国・ソウル)

オセアニア
キングスフォード・スミス国際空港(オーストラリア・シドニー)
アデレード空港(オーストラリア)
アーミデール空港(オーストラリア)(発のみ)
コフスハーバー空港(オーストラリア)(着のみ)

ヨーロッパ
スキポール空港(オランダ・アムステルダム)
旧オトペニ空港(現・ヘンリ・コアンダ国際空港)(ルーマニア・ブカレスト)

北米
バンクーバー国際空港(カナダ)
ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港(アメリカ)
オヘア国際空港(アメリカ・シカゴ)...トランジットのみ
ルイ・アームストロング・ニューオリンズ国際空港(アメリカ)


うーん、アジアが少ないなぁ…(・∀・)

そのほか、少なくとも香港、ニューヨーク、サンフランシスコ、ハワイ、パリ(発のみ)、ロンドン、ミラノ(着のみ)、ローマ(発のみ)、マドリッドの空港を使っているのは間違いないが、すべて親に連れて行ってもらったし、一部は物心ついてないころだし、物心ついていても空港名が定かではないので割愛。たとえば「『羽田空港で降りました』って書いたら実は『その頃に東京から海外へ行くなら普通成田だろう」的な間違いをしかねないので。

絶対に間違いがないのは西ドイツ(←時代だな^^;)のデュッセルドルフ空港、トランジットで使ったハンブルグ空港、そしてアメリカのアンカレジ空港でしょうか(笑)(←これも時代だ…冷戦だったからねぇ…)。で今はデュッセルへの直行便はない?のね(´・ω・`)

こう考えてみると飛行機での旅は鉄道での旅に劣らないくらい結構好きなのかも知れない、自分は。

でも旅っていうのはいった瞬間から帰ってくるための旅になるわけで。

ヨーロッパの国々はいわゆる子供の事情により(笑)、あちこち親に連れて行かれたのですが、それももう20年以上前のこと…壁も壊れていなかったし、国を変わるたびになかなか両替が大変だった。今、大人の目で見たらいろいろ気づくこともあるのだろうなぁ…。最近仕事でいった国々だって見聞きするすべてが新鮮だったもの!今もしヨーロッパへの往復が格安航空券なら10万円とかで出来るのであれば、それはオトナになった自分には不可能ではないのだ、決して多いとは言えない収入であっても。

また今の仕事をしていると他人のお金で(<をい)海外に行くチャンスは決して少なくないのですが、もう少し頑張れば(=英語力をつければ等々)、もっともっと行く機会が増えると思うのだ。地道な努力とかいうのは好きじゃないんですが(はっきりゆーな、をい)、でも海外に行くのは楽しいし(注・海外に限らず未踏の地での経験をすべて楽しめる性格)、なんか、もっといろいろ出来ないかな、とつらつら思う雨の午後。

|

« 平日の浦和詣で | Main | グミの実、鈴なり »

Comments

★☆たまもさま

ようこそお越し下さいました(^-^)

浦和も少し前まではナビの予選通過すら綱渡り状態でしたのに、今では最終戦を迎える前に決勝進出が決まるようになりました。次はアジアへの切符を手にするのがデフォになってそこから…が本当の勝負になると良いなぁ…

というわけで、わたしも浦和が理由でアジア方面の渡航機会が増えないものかと密かに期待しております、はい。

☆たまもさんのブログはいつもこっそり伺っては旅心と撮影心(笑)を刺激されて帰ってきています。

>私が撮影したマリッチの写真を手渡してもらいました。

きっと↓こちらの企画ですよね^^(違ったらスミマセン)

http://homepage2.nifty.com/hrvgo/report/maric.htm

トミーとアルパイが現役の間にドイツに行かれるといいなぁ…と本当に思いますよ…。

しかしなぜトミーが鱧天のシャツを着ているのかと(笑)

Posted by: Samemoon! | June 01, 2006 22:24

はじめまして。

トラックバックありがとうございました。

あちこち行っているのですが、もう何年かすると、レッズの観戦目的での渡航が増えるかもしれないですね。
#そんな金と暇は無いですが。

先日、知り合いの記者さんを通じて、私が撮影したマリッチの写真を手渡してもらいました。
お礼にメッセージをもらえたんですよ。めちゃくちゃうれしかったです。

マリッチ、1部まで辿り着いてほしいですね。

Posted by: ☆たまも | May 31, 2006 04:07

★MASAさま

こちらこそいつも旅心を刺激してくださってありがとうございます^^

わたしもホッフェンハイム・サポにお会いしてみたいですね~。いや、トミーに、そしてアルパイに会いに。うちがオフの2月ごろ…行けないかしら…ドイツの冬の時期に行ったことがないし、とかとか、半分本気で夢想していたりします。

でもこの6月は日本から応援ですね!

Posted by: Samemoon! | May 27, 2006 21:23

Samemoon!さん、TBありがとうございます。僕もドイツ行きたいです。ホッフェンハイムのサポーターさんたちにも会ってみたいのですが。日本から応援しましょう!

Posted by: MASA | May 27, 2006 17:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 机上の空想旅行と過去の回想:

» Urawa Reds News(100) in Germany [MASA-NET]
浦和レッズのドイツ合宿で行なわれる試合スケジュールが判明しましたので、ご覧下さい。 レッズ選手の滞在先のシュリフコプフホテルです。とっても豪華ですね。黒い森の中にある4つ星ホテルです。 [ ....Ende Juni 2006 z. B. wird die erfolgreichste japanische Fussballmannschaft, Urawa Red Diamonds um Trainer Guido ... [Read More]

Tracked on May 27, 2006 17:22

« 平日の浦和詣で | Main | グミの実、鈴なり »