« あえて四方山話をしてみよう | Main | 相手のいる戦い »

June 08, 2006

川崎戦@等々力:ナビスコ杯準々決勝2ndLeg・2006.6.7...1-2

んー、残念。今年の試合が最大もうあと3試合増える予定だったのに、それがあいてしまいました。

勝ち点、得失点差は同点でしたが、今年からアウェイゴール重要視のルールが適用された形で、準々決勝敗退と相成りました。

浦和は足が重かったな…。川崎は苟もJ1の1位にいるチーム、代表拉致による面子欠けもないチームにやすやすと勝てるほど、今日の浦和の調子は良くなかったです。

それでも時折あるうちの時間で点が入らなかったのが何とも残念。

ギシが中盤~守備陣のミスで絶体絶命のピンチを迎えながら全身でシュートを防いだのは嬉しい。

暢久のシュートがバーにあたったのも残念。でも打ってくれたのは嬉しい。

PA内にいるときは5人くらい駆け寄るシトン体制も、その周りでのその他の動きが機能してないと…なかなか難しいですね。

今日の審判何かは、十分想定の範囲内でした。あの程度の判定は失笑で流せるくらいでないと、2006年シーズンのJの審判には対処できないぞ、と。ま、ココで消化できたのが良かったかな、西村カード(…あ、書いちゃった)。今年はもう2枚出てるしね。

7月の鹿島・浦和・G大阪戦の3連戦を修羅場3と称して会場のファンを煽っていた川崎の中の人ですが、そのときにはもう少し体勢を立て直して戦えるといいなと思います。高速FWsには高速DFをあてたいし、ひょっとしたらもう一人のDFも帰ってくるかしら…。お誕生日おめでとうでした、のネネ選手。

去年の試合から

清水:△(1-1)→○(1-0)→○(1-0)→○(1-0)→○(2-1)→●(1-2)
川崎:△(3-3)→○(3-2)→○(2-0)→○(4-3)→?

と来ていたので、状況としては監督が変わってから全く負けていなかった清水に、ちょっとだけダブると思いながら、今日勝てばいいなぁ…と実は昨日書かなかったりしたわけですが…不安的中しちゃったなぁ…(´・ω・`)

ナビスコのルールも流動的で、アウェイゴール重視はこれからも変わらないと思いますが、準々決勝が中3日で2試合、準決勝も本来は中2日だったのが、もっと大きな力の中で約1ヶ月の空きができたり…また代表戦があれば誰か日本人選手が欠けることはありうる…そうしたナビスコの置かれた状況に飲まれることなく、次の課題は「誰かが欠けても同じサッカーが出来るチーム作り」になるかな、という気がしました。ロビー、伸二、達也、アレ、坪井の穴が埋められるチーム、今日はいたけれど、啓太、長谷部、シトンがかけても変わらず勝てるサッカーが出来るチーム。

川崎は確かに強くなってきたというか、昨シーズンにJ1に復帰したチームとしては優秀だと思いますし、悪いサッカーはしていないと思いますが、去年の天皇杯の状況のように、うち以上に「誰かが欠けても勝ち上がれる」ほどのチームではまだないと思います。

また、川崎はたぶん空中に浮いたボールの処理に長けている選手が少なくとも今日の時点で浦和より多い印象があります。これは全くの印象で信憑性は0ですが、その現時点の川崎の特長を生かすように、等々力のピッチの芝でボールが良く跳ねるんではないかという印象すら受けました。ひょっとしてそんな手入れをしてはいませんか?と…ま、それだけ浮いたボールさばきでうちが負けていただけかもしれません…浮いたボールに身体を入れる…そーゆーのが上手い選手はうちにもいるけど(少なくとも2人いるとわたしは思っていますが)、1人は今日はいなかったし、もう1人はまだちょっと復帰に時間がかかるみたい。

うーん、力及ばず、悶々と遠くから祈っていた皆さんには申し訳ないですが…また1つ1つ、積み木を積み上げていきましょう。よろしくお願いします(ぺこり)

そんなわけで負けはしましたが、打ちのめされるほどではなく(=落ち込んでいないわけではなく、つまりはあいつらには勝てねぇと心身困憊に陥る状況)、しかし負けたことによる悔しい気持ちを忘れずに、中断明けの直接対決はもちろん、リーグ優勝は譲らないぞ!という決意も新たに等々力を後にしました。

負けてイイ試合なんて、浦和にはないんだよ。(`・ω・´)


等々力アウェイ席は1階と2階に分かれていまして、前半30分過ぎくらいに到着したのではじめは1階に、後半から2階に移動。試合終了後は2階のゴミ拾いをしました。

比較的捨て置きは少なかったです。捨て置かれた大きなビニール袋(←このこと自体は問題なわけですが^^;)に拾って集めても大した量になりませんでした。

またふと下を見下ろしたら、1階のクルヴァだったエリアも大勢の仲間が綺麗に後片付けをしていました(たぶんあとはほうきが必要になるレベルのゴミだと思う)。

あとは断幕を貼り付けた後に残る赤いガムテープの後片付けがまだ不十分かな…(・_・`)

白いガムテープなら目立たないのに!

近いうちにまたこのスタジアムに来るとき、運がこちらに向きますように…。


ココログがこの深夜からメンテナンスにはいるようなので、早めに更新。

|

« あえて四方山話をしてみよう | Main | 相手のいる戦い »

Comments

夕方にちょっと時間があったのでコメントつけようとしたら…まだメンテ中でした(´・ω・`)

★andyさま

改めましてこんばんは。

そうですか、声はブラウン管(…ではないかも、今の時代(笑))を通して届いていましたか…。でも選手たちには届いていなかったのか、あるいは逆に萎縮したのか?(え…)。

そしてTVでも跳ねてみえましたか…今回あまりブログ巡りをしていないせいか、同じようなことを書いている人を見てなくて、本当に印象かも知れないですが。環境のせいかプレーのせいか、足下にボールが収まらない試合はやっぱり良くないな…という気がします。

★naka0419さま

お疲れっずさまでした…。
わたしも関塚川崎がこの3日間であらゆる戦術を練ってきそうなイメージがありました…。しかも負けないお守りを家に忘れる始末…(←iPodShuffle)。

くそぅ。

「負けてイイ試合なんて、浦和にはない」と書きましたが、そのことに関連してまた別エントリーあげます。

Posted by: Samemoon! | June 09, 2006 01:38

お疲れ様でしたぁ。

不安・・・実は昨日の昼間は勝つイメージがまったく出てこなくって、案の定というのか・・・。イメージが乏しかったようですorz。

負けていい試合はホンマにひとつもないってまた思いました。
カップ戦は本当にまけちゃあ何も収穫がないっす・・・。

Posted by: naka0419 | June 08, 2006 23:45

★andyさま

ココログがあと数分でメンテに入る時間なので!(汗)

コメントありがとうございます、メンテが終わったらまた!とりいそぎ!!

Posted by: Samemoon! | June 08, 2006 01:57

お疲れ様でした。
私はいけなかったのですが・・・応援すごかったです~。
録画を見た印象は私もボールがよくはねるなあ?と思いましたよ・・・
そういう対策もされていたかもしれませんね。

中断前に敗戦で終わるのはイヤだったのですが、カップ戦の負けというのは
リーグ戦の負けより痛いところもあるので、いい糧にもなるかと思います。

川崎とはまだ2試合ありますもんね。
同じ相手に続けて負けないことが大事かな~って思います。

Posted by: andy | June 08, 2006 01:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 川崎戦@等々力:ナビスコ杯準々決勝2ndLeg・2006.6.7...1-2:

« あえて四方山話をしてみよう | Main | 相手のいる戦い »