« 20年ぶりのドイツ紀行(2)~出国~入国までの出来事 | Main | しばらく更新できない模様.... »

July 09, 2006

20年ぶりのドイツ紀行(3)~Hoffenheimへ行こう

■Hoffenheimへ行こう■

ドイツといえば…今年の天皇杯優勝の翌日に日本を離れてしまったトミーの現所属チーム、Hoffenheimがあ~るじゃないですか。えぇ、浦マガの創刊号の記事で目にしたあそこですよ。これは行ってくるしかないでしょう~。別にこの期間中にその場にトミーはおらずとも、あの写真の駅舎と共に写真に納めてきたいじゃないですか。

アルパイのいるKölnは比較的アクセスがしやすい街なのですが、今回は動線に無理が生じるので諦めました。来季もKölnに残ってくれるみたいなので…近いうちに行きたいモノですが。

というわけで、Hoffenheimへのその道中記。

HoffenheimはHeidelbergからローカル線で30分ほど。ただし、1時間に1本しかないのが難関。旅程としてはHeidelbergから往復する形で、滞在時間は1時間単位で設定可能という状態。ふむ。

ドイツ到着は現地の朝。時差のことを考えると、あまりで精力的で夜遅くまでの活動は身体のことを考えても厳禁ですが、あとの日程を考えるとどうしても初日に入れるのがベストのことがあり、昼間のうちに済ませてしまうことに(…ドイツはこの時期、昼間が長いですが(・∀・))。

あまり遅れないという噂のドイツの鉄道でしたが、入国手続き後フランクフルト空港の駅からフランクフルト中央駅に向かう電車が20分くらい遅れたためHeidelbergへの接続が叶わず(汗)。んもー。

空港の地下駅

いきなり出鼻をくじかれますが、ここは幹線なので列車は比較的数多く走っておりますから、次の列車でHeidelbergに向かいました。図らずも1時間空いたので、T/Cをユーロに換金することに。Heidelberg駅に入っていて日曜日にも営業していた(!)Reise銀行の窓口ではW杯キャンペーン中で、T/C→現金への交換の手数料が無料との表示がvそれまで一切の現金ユーロを持ってなかったので駅のトイレすら利用出来ない始末(←有料トイレが多い…まぁその分綺麗ですし、多少安心出来るんですが)。

銀行にて

また駅にあるスーパーでミネラルウォーターも入手し、1日持ち歩く算段でしたが、ドイツのミネラルウォーター事情を忘れて、うっかりガス入りをつかまされた買ってしまった(^^;;)。ガス入りの水は苦手なんだけどいきなり1.5Lも買ってべっこり。つか、このあたりから駅舎の中で暑さにうだる…ドイツに来たのは初めてではありませんが、こんなにクソ暑いのは初めてっす…。半袖をメインに衣類を揃えて正解でした…。

駅舎外観

Heidelbergは過去に観光済なのでココは予定通りHoffenheimへ向かいますよ~。

さて、いちおう車掌さんに確認の上、無事Hoffenheim行きの電車に乗って、谷間を走る電車に乗ること、30分。そろそろお目当ての駅ですかねぇ。

・・・む?

あの照明は(汗)

あの高台の上に見えるのはひょっとしてアレですか、照明ですか、スタジアムですか。

エエエェェ(´Д`)ェェエエエ

この暑いのに、あそこまで登るの?(汗)…浦マガには歩いて5分って書いてあったんですが…それは嘘だ(汗)

「だ、騙されたー(笑)」

(おことわり・写真は帰りに撮った写真です)

でもここに来てまで行かないわけに行かないので、下車しましたよ、それは当然。

降りてみれば、ほら。

駅舎

どこかで見た風景~夏Ver.~v

と感動にうちふるえる暇もなく、歩き出しますよ。1時間で行って帰ってくるとしたらあまり時間がありません。しかも坂だし(汗)。

今回はわたしにしては荷物を少なめにまとめたため、2つの袋を機内持ち込みにしたのですが、それでも2つを抱えて坂の上を上がるには…大変ですよ。いやいや、成田空港で(安くはなかったけれど)軽めの荷物運搬用のカートを買っておいて良かったと、心から思いました…。

坂道~

そしてあちこち写真を撮りながら歩き出し(振り返れば周りは牧歌的で良い景色でしたから)、あらかじめ印刷していった地図を見ながらゆるゆる歩いて20分くらいでしょうか。何度か家並みの向こうに見えた照明灯の存在を頼りに到着。クラブの事務所の住所を見るとココみたいです。サポーター用のカフェを含み、営業中ではありませんでした…グッズか何かあったら良かったのにな(´・ω・`)

カフェ

しかし立派なカフェで、本格的なお料理が出てきそうなレストラン?ビストロ?という感じです、いいなぁ。そばにはフットサル場もあるし。そのあたりは某・新社長に期待しましょう(何を?<笑)

ピッチ

そしてメインのサッカー場を見てみれば…駒場に比べても遙かに小さなスタンドですが、サッカー専用のスタジアムで臨場感のある試合を楽しめそうです。

メインスタンド

以下、無人のスタジアムの写真だけ。

ホーム側
ホーム側のゴール裏。

アウェイ側
アウェイ側は金網で囲まれていました。

座席
座席にはスポンサーの名前とロゴ入り。

練習場
スタジアムと道を挟んだところにある練習場。

練習予定?
練習予定?が貼ってありました。

スタジアム
坂の上から見た風景。

カフェもやってなかったし、メインスタンドの座席に座り、そこに吹く心地よい風で汗が引くのを待ち、結局列車を1本遅らせる形でスタジアムをあとにしました。

滞在時間、約2時間でした。

列車
線路は単線で2車両、昼間の時間帯は1時間に1本くらいしかありませんでしたが、それで問題ないくらいの乗車人数なのでしょう。

自転車、乗せられます
自転車を乗せられる車両。ドイツを走る鉄道の多くがそうであるように、自転車がそのままの形で車両に乗り込んでくるのが印象的でした。また鉄道と並行して走る道をサイクリングする人も多く、街中の歩道には並行して自転車道路もあったり(←うっかり進入してベルを鳴らされてしまった(汗))…そういえばオランダもそうだったな。あとは特に書いていないけど、自転車をおけるスペースには日本とは比べものにならないくらい大きなベビーカーを押して来るお母さんも多いし、車いすの人もガシガシ街の中を移動しています。それを可能にする設備が鉄道以外でも普通に備えられていますからねぇ…。

さて、ではいよいよ浦和の選手たちがキャンプをしているはずの保養地、Freudenstadtへ向かうため、一旦Heidelbergに戻りますよ。


(つづく)


■参考サイト■

Hoffenheimの地図

街の中心はSinsheimのようで隣駅になるのでしょうか?Hoffenheim駅は地図の北西部(F-4)にあるBahnhof(=駅)と付記された箇所がそれに該当します(鉄道のラインは日本のJRと同じですね)。

|

« 20年ぶりのドイツ紀行(2)~出国~入国までの出来事 | Main | しばらく更新できない模様.... »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 20年ぶりのドイツ紀行(3)~Hoffenheimへ行こう:

« 20年ぶりのドイツ紀行(2)~出国~入国までの出来事 | Main | しばらく更新できない模様.... »