« 20年ぶりのドイツ紀行(4)~Freudenstadt:喜びの街~へ | Main | 20年ぶりのドイツ紀行(6)~Freudenstadt徘徊 »

July 15, 2006

20年ぶりのドイツ紀行(5)~Freudenstadt~浦和の選手に会いに行く

■Freudenstadt~浦和の選手に会いに行く■

緩い坂道を上る途中にあるはずの練習場へ、カートをころころ引きながら、よろよろ移動します(暑い…)。

しかし敷地に入ってみれば…

レッズバス

青いレッズバス発見v

エンブレム~

エンブレムありvv

ロビー?

遠くに選手発見vvv

競技場はここからさらにもう少し階段を上ったところなのでいそいそ移動(笑)。

設立?

スタジアムの入り口にあった建物にて。50年も前に作られたということなのかなぁ。

入り口

入り口です。右の向こうに写った、赤い服着ている人はうちの選手ですが、今日の試合に出ない選手がそこらへんを普通に歩いていました(笑)。喉が渇いたらジュースとか買ってたし。

入場料を払います

有料試合なので、左のところで払いますよ~(オトナの男性?は5ユーロ、そのほかの女性や子供や高齢者は2.5ユーロのようです)。

アップ中

屋根のあるスタンドあたりから写真を撮りました。選手たちがアップ中です。明日も試合だし、今日は若手くんたちが多いのかな。

座布団(笑)

座席はコンクリートの打ちっ放しのようなスペースだったせいか、座布団が用意されてました^^。ツマラナイ試合だったりしたら乱れ飛ぶんだろうか(笑)

そういえば試合前にうろうろしてたら、やっぱり今日の試合には出ないらしいトップ選手が座席のすみでまたーり横たわってDVDを見たりしてました。もちろんスルーして通り過ぎましたけど。そのほか、ほとんどの選手が座席とは逆側の木陰や日向でやっぱりまたーり。くつろいでましたよ~。オフィシャルで写っている「ユースチームですか」とか聞かれている写真の時の状態ね。まぁセルはユース世代だし、長谷部や達也はともかく、だ。暢久の苦笑いはどうなんだ、をい(笑)

入場前

今日のキャプテンは代表帰りのため前日から合流したらしい坪井。珍しいですね。そのほか、伸二やアレも出場。ほくほく。

なんちゃってGRG

練習試合ですがしっかり臨時GRGスタッフもいます(違)。そのあたりがステキだなぁと思います。あと、入場の時のためにきちんと子供たちが準備してくれるところ。すごいです。浦和の選手名が読み上げられて、ほとんどの選手は反応がないわけだけど、その中で反応が大きかったのはわたしの印象ではロビーかな。やっぱりドイツに長くいたからということか。あとはアレか伸二か…といったところでしょうか。

あと、座席に座っていたら、フロントの人と目があって、ちょっと会釈。何も言葉は交わさないでも、きっと我々をサポと気づいてくださったのでしょう…そういう時間も思いがけず貴重でありがたい。

集合写真

おふぃさる用の写真を撮影中。今日のうちのユニはバイエルンさんが赤ということで、グレーバージョンです。

ちょっとぶれてるけど中村くん

試合は…中村くんの柔らかい球さばきが印象的だったかなぁ…。まだあまり本格的に彼のプレー見たことがないのですが好印象。とはいえまだ線が細いかなぁ…。

現地サポ?

気がつけばピッチの反対側に即席?応援旗を持っている現地の方を発見。ちょっと嬉しい光景です。

前のエントリーにあげたように、前半を終えた頃に一旦宿に帰ってチェックインしました関係で、再度スタジアムに戻ったらもう後半20分は過ぎていたでしょうか…結局宿泊する人は少なかったので、あのまま試合を見ていても問題なさげでしたが。一旦帰る途中で坂を上ってくる日本人数名を発見。日本人とわかると挨拶してしまうよね。どうもスタジアムが見つからなかったようで軽く道案内してあげる(…といってももう道なりに行けば良いところでしたが^^;)

ギド

試合を終えるとギドがマイクを向けられていました。また地元の人が思い思いに選手の所に駆け寄ってファンサタイムへ突入。若手くんたちもたくさんサインしてあげていたみたいです。いーなー。わたしはといえばその様子をずーっと眺めていたり(阿呆)。

永井

気がつけばその後ろを永井がコーチと一緒に黙々とスタジアムをランニング。万全ではなかったのかな。向こうにPride of Urawaの断幕が見えます。浦和サポやW杯でドイツに来ていたファンが来ていたみたい。

ホテル

ちなみに今日と明日の宿です。1階が本格的なレストラン。ただしディナーを食べると軽くその日の宿代を超えるのがわかったので(^^;)、宿泊料金内の朝食以外は食べていません…残念。そもそもきちんとした服装も持ってきてないしなー(´△`)いつか旅先で普通にそういう食事をできるようになりたいものです~。

新聞

翌日の地元紙。ロビーの写真が使われています。(クリックすると解読可能な巨大な画像になります^^;…記事に興味のある方はどうぞ。右側の一部が切れてますが…えへvとごまかしてみたり<をい)

よく見るとカニの名字がYokohamaになっていたり、さかもっちゃんがKozuyaになったりしたのはご愛敬か。

ちなみにその地元紙?のサイトは↓こちら。

http://www.sw-online.de/
あるいは
http://www.schwarzwaelder-bote.de/

この記事は帰国してすぐ検索したけど載っていなかったみたい。6月30日頃のキャンプ?に関する記事はヒットしたんですが…今日見たらなくなってた...orzなっかり


まだまだつづく。



ココログの重複記事がこの前のエントリーを投稿した途端に消えた…なんだったんだろう。

あと、画像を挿入していて、クリックして大きくするような設定は一切してないのに勝手にタグが挿入されてしまう…しかもいきなりそうなってしまった…そしてまた元の設定に戻る…戸惑ってしまうんですよね、そういうの…やれやれ。

まだ使いやすいブログにはほど遠いな。

|

« 20年ぶりのドイツ紀行(4)~Freudenstadt:喜びの街~へ | Main | 20年ぶりのドイツ紀行(6)~Freudenstadt徘徊 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 20年ぶりのドイツ紀行(5)~Freudenstadt~浦和の選手に会いに行く:

« 20年ぶりのドイツ紀行(4)~Freudenstadt:喜びの街~へ | Main | 20年ぶりのドイツ紀行(6)~Freudenstadt徘徊 »