« いい天気 | Main | 2006年に感謝 »

December 31, 2006

鹿戦@霞ヶ丘:天皇杯準決勝・2006.12.29...2-1

2本とも美しいゴールでした。とにかくシュートに至るまでに描かれた選手とボールの軌跡が美しかった。

1点目は伸二が足下のボールをほとんど持ち直すことなくシュート。こねくりまわしたり持ち直したりすることなく、ぴたっとボールを落ち着かせて次のプレーに移れるのはさすが…他の人も頑張って!(というか王子!)ボールを奪ったあとの流れが何度見なおしても良いです。

1点目

仁賀先生も嬉しそう(^-^)

2点目は向こう側でしたが、「ひゃ!?」と思ったら決まっていた!びっくりした。家に帰ってきて確かめたら伸二がヒールで後ろにいるロビーに球を出していた。2人とも運動量の多さでは逆甲乙つけがたしwですが、やっぱり何か感じあうものがあるのだと思わずにいられません。そしてそれにワクワクさせられて。

また、ほとんどの時間で見られるプレーはあれだけ面子が変わっていても今年の浦和そのままなんだろうと思いました。ピースは違っても、描こうとしている絵はほとんど同じ。むしろワシントンや闘莉王がいない分、そのほかの選手が少しずつ力を出し合っているイメージ。

萌タンも良かった!結果的には失点に繋がってしまったファウルを犯してしまいましたが、ガツガツ行って負けないところは成長の証。出場回数は少なくても練習で一緒に鍛えられているんだろうなぁ。

うっちーも準々決勝より良かった。というか、逆でなくて良かったw

上手いとわかっていてもネネのフィードは時に前方へ正確に送り出されて良かった。

ホリも帰ってきてくれて良かった。無理しないで欲しいなと思うけど。


鹿さん、フィジカルが弱いのかファウル狙いなのかコロコロ倒れたり、逆にうちの選手を倒したりしてたように感じたのですが、浦和への愛情に起因する錯覚かしら。せっかく出番が回ってきた友ちゃんがくるっと飛んでいたように見えたのも錯覚かしら(--#)

各チームがどういう応援を知ったこっちゃないですが、鹿の国からやってきた、ジーコ魂の断幕を未だに掲げられる人々の価値観は、やはりわたしにはさっぱりさっぱり。

デザイン強制統一旗を持って磯の人々数名が、CKのたびにするするっと左右へ移動していたのは…隣席の人がつぶやいたように、カーテンのようでしたねぇ、ホントに。国立じゃピッチまで遠いのに…。

煽ってみますか。するするする。

煽ってみます

また煽ってみますか。するするする。

普段はこんな感じです

普通の時はこんな感じで。

煽ってみます2

うちのチームもDFの選手とかが上がるのを待ってCK蹴るから時間あるんだよなぁ。

また、客席で「内田」の文字が点滅していたように見えたので、あれはやめて欲しいけど。というかあーゆーネオンのように思いっきり光る小道具はスタジアムでありなんでしょうか?↓の写真の中心ぐらいにピコピコ光ってました。

ピコピコ光っていたあたり

あ、でも今回はあやすぃ幟は見えなかったなぁ。

今の状況なら、鹿さんのタイトルはもう過去の九冠と十冠の距離は相当ありそうで、しばらく封印した方がいいのではないでしょうか。とりあえずうちを踏み台にしたタイトル奪取は勘弁願いたいですが。2003年に激しく争ったナビスコの舞台からはかなり遠い、お寒い風景でした。来年はわかりませんが。タイトルの前に観客離れをどうにかしないとまずいんだろうなぁ。今日も上の方はガラガラだったし。

本田選手はお疲れ様でした。

神戸で行われていたレディースは残念だったなぁ…(´・ω・`)



試合後にスタジアムの内外でチケットを求める仲間達が多くいたようです。わたしが帰り道に利用した信濃町駅でも掲げている人がいましたし、実際そうやって手に入れた知り合いもいたようです。

今回は準々決勝あたりから集客の期待できるチームが残っていたせいか、いつもよりチケの売り切れが早かったような印象があります。

鹿さんのブログをROMって見るとスタジアムでの募集行為に否定的な人、肯定的な人いるようです。が、もし自分で見に行く気がないなら定価で譲ってあげて欲しいなぁ。ましてや金券ショップに高く売るっていうのはなんか読んでいて哀しかったです…。そういうの、因果は巡ると思うのですが…。自分の贔屓チームが負けたからって死にチケにするというのはわたしには理解できないなぁ。浦和のサポでも2年前に磐田に負けたあと、チケを燃やしたというとんでもない書き込みをどこかで見て憤ったものですが…なるべくならJを好きなサポ全体でチケットを生かすという傾向になればいいのになぁ…と思わずにいられません。


帰宅してから見た録画はNHK総合。解説が元日本代表のGK・小島さん。GK出身ということを生かした解説に「これぞ解説者」と思いました。ダジャレでその場を寒くする某氏とは大違いですよ。ただ、今回の試合に関しては、友ちゃんとホリの交代の件は怪我があるんじゃないかなぁ…と思うので「?」でしたが、そういう見方も可能なのかと。説得力のある話し方は試合を通じて好感が持てました。

小島さんはちょっと前にテレ朝でやっていたえらぃ中途半端な深夜討論番組でもそうだったように、今回も丁寧な口調で、時に「小野くん」と君付けで解説してくれる姿勢がとてもステキですvちなみに討論番組ではギシのことを「山岸くん」と呼んでくれていて「おぉ!」と感動したのでした。

件の討論番組で思ったことは、Jの現場を経験した選手はそれぞれに期待が持てそう!ということでした。これは小島さんばかりではなく。方や人の話を聞かず、サッカー中継ではうるさいばかりでイライラさせられる解説者。他スポーツではマラソン中継の増田明美さんの解説がとても安心できると思うのですが、サッカーの番組も同じようにきちんと人を選んで解説とか実況とかを任せて欲しいなぁと思います。

ちなみに、天皇杯はラジオ文化放送で湯浅さんとコラボだってw

わー、聞いてみたい(゚∀゚)

そういえばわたし的選手三大ブログ(シェフ・萌・王子)は争うように更新していますが、コメント数争いでもしているんでしょうか(笑)。それぞれ面白いからイイ!んですが。



さっきスカパー!をつけたらギドが映っていたので何かと思ったら金子勝彦さんの「蹴球源流」#5という番組でした。途中からしか見ていないのですが、金子さんのゆっくりした口調がとてもやさしくて。そしてまた、闘莉王について、暢久についてギドがどう思っているか、あるいはギドがいかに組織を掌握していたかという点について一番近くにいたであろう山内さんのコメントも聞くことができたりするのですが(それってギド本人にどうやって伝えるんだろう(^^;))、TV番組のチェックが甘くて録画してませんでした(´・ω・`)…おふぃさるに出てたのかな?気づかなかった。


幸い再放送が何度もあるようなので、来月録画したいと思いますけど。

その頃にはギドはもう帰国の途につくかつかないか…なんだろうなぁ。

…あぁ、1月もスカパー!のJリーグパックをお休みできなくなっちゃったwまあJリーグ31があるからいいか。

最後の試合、うちはさらに怪我が増えたみたいですが、選手が替わっても描く絵がそう変わらない。キープレーヤーが変わったくらいでバタバタしたチームには負けたくないなぁ。向こうはベストに近い布陣かも知れません。でも同じ絵が描けるようにしてくれたギドを、最高の形で送り出したいと思います&2008年ACLのきっぷをゲットできますように…。

■霞ヶ丘観戦メモ■

ゴール裏の人はともかく、着席観戦者は相当寒くなることを覚悟して用意した方が吉。最上段の通路なんかに回されると風は強いし、観戦どころじゃないから!

膝掛け、手袋、耳当て、カイロ、暖かいブーツ、暖かい下着(上下)などなどで装備していきますよ。

暖かい下着を持っていない人はユニクロのヒートテックモイストシリーズを買ってこいw

でも椅子の下の空間がないので(今回のホーム側自由席でそうでした)、試合に関係のない買い物の荷物などは持ってこないが吉。途中のコインロッカー(駅は一杯の可能性アリ)に入れると良いかと。

|

« いい天気 | Main | 2006年に感謝 »

Comments

★kotaさま

こんにちは。情報をありがとうございます。
今日わたしが利用したJR信濃町も試合開始2時間前ぐらいに通りましたが、まだ空きがありましたね。意外に利用されないものなのか…^^;

Posted by: Samemoon! | January 01, 2007 18:08

4~500人の方が殺到したらすぐ一杯になってしまうと思いますが、今年の決勝の時は、地下鉄大江戸線国立競技場駅のコインロッカー(千駄ヶ谷門側にある入口を降りていったところにあります)は比較的空いていました。

Posted by: kota | December 31, 2006 15:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鹿戦@霞ヶ丘:天皇杯準決勝・2006.12.29...2-1:

« いい天気 | Main | 2006年に感謝 »