« December 2006 | Main | February 2007 »

January 31, 2007

これは悪癖かな

発売日9:30に時計を見ながらアクセスするあのどきどき感は、何かと同じでイヤな感じです(^o^;)

というわけで3/31-4/1の福岡往復航空券を無事予約完了♪

往復予約できるので、単発では取れないらしい帰りの分も予約して。

保険のために申し込んでおいたツアーの方はキャンセルしてごめんなさい。

3月の方は少し高いんですが「搭乗1回ごとに500マイル」とか「お買い物券プレゼント」とかのキャンペーンもあるし、旅割はそもそもマイルがそれほど減らないし、あとはカード払いとかでさくさくたまる…はず…なのでツアーとほとんどかわらない…はず。

4月は帰りが5分早まっているようですが…あとは移動中の無事を祈るのみ(-人-)

取りこぼしのないように少しずつ準備をしていると、手帳のカレンダーがものすごいことになっています(笑)。試合だけでなく、チケや航空券の発売日があるとどうしてもねー。先行発売とかの情報に乗り遅れることが多いので今年はそのあたりをぬかりなくやりたいなぁ。

当面の課題はXEROXのチケの発売日が休日出勤になっていることでしょうか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サカダイに癒されたv

KIOSKで表紙に導かれてふらふらと購入しました。

残業帰りの疲れた身体(というか気持ちの部分)が癒されましたよぅぅ(うるるるる)。

小倉×長谷部対談も面白かったし、阿部くんのインタビューはまだ不思議な感覚が残っている状態で読んでみたり。そして都築のインタビューが良かった。ギドやつっちーとのくだりとか…そして改めて西野ガンバを倒して制したこの天皇杯の価値を反芻(゚∀゚)w

若手くん達の声を拾うまでもなく、去年の優勝至上主義で果たせなかった部分もあると思うわけで、選手同士のアピール合戦というのはもう激しく始まっていると同時にトレーニングも厳しいみたいで。幸い練習回数は多いようなので、早く大原に行きたいなぁ♪

また、阿部くんについては上手いことは間違いないですから、千葉にいたときに否応なく背負っていたであろうチームというものの重さを、浦和では少し軽くした状態でプレーに専念できる、そんな環境が提供できればいいなぁと思いました。

ウラマガにはウラマガの良さがあるとは思いますが。とりあえず今回のサカダイは文字スキー・対談スキーにはお値打ちな号となりましたvvということで。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 28, 2007

辞書をひきひき

残業・出張と続いたせいか、起きたら身体が疲れてたのでフェスタはパスで。

某所で書いた予想があたったのか、日本一面白い紅白戦はポジション総取っ替え?だったんですかね。見たかったなぁ。


さて。オジェックや阿部くんの向こう側にあった文字…。

「Sing out Together Heartily」

ですか。

…。

heartilyをheavilyと見間違えw、パッと見たときにどういう意味かわかりませんでしたorz

まずはsing outを手元にあった一番大きい辞書(CD-ROM版ランダムハウス英語辞典Ver.1.1)をずずーーっと下の方にスクロールしてかいつまんでみると。

sing out
(1)((話))大声で歌う;大声を上げる,叫ぶ:
(2)((話)) はっきり言う(speak up).
(3)((話)) 密告する,告げ口する,「ちくる」.

…ここはやっぱり(3)ですか(お約束w)。あとは

heartily
【1】心から,真心込めて
【2】十分に,思う存分;勢いよく,盛んに
【3】徹底的に,完全に,すっかり

最近買った辞書をまだ使いこなせていないのですが(え)、さすがに本体の2倍くらいあるマニュアルは持ち歩きたくないので取り扱い練習中。まぁ訳の内容は上とほぼ同じで。

「共に叫ぼう!高らかに」といったところなのか?あるいは「叫ぼう」を「歌おう」に置き換え?

教えて、偉い人!(懐)っていうか、いつも誰が考えるんだろうねぇ。

まぁその辺もいずれ発表されるでしょう、有料サイトではなく公式サイトで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2007

優勝グッズ届いたー

J1ちゃんぷv

ストラップとニットマフラーが届きましたv

昼間仕事で留守している間に来たようで、不在票が入っていたから明日になるのかなぁと思っていたら、何も連絡せずに再配送してくれましたvv佐川さんGJ!

早く使いたいなぁ(^o^)

でもマフラーは危うく置き忘れそうになったことがあるので、その扱いに注意が必要だったり(笑)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

少しネットを留守した間にいろいろニュースがあって。

出先でオジェックのインタビューも見たし、今さっき阿部くんのインタビューも見たし、アレがキャンプに合流したみたいだし。リーグの予定も発表されたし。そうかと思えば大分の梅崎くん、レンタル移籍だし。うちの若手くん達もたくさん出場機会があるように、頑張れっ。応援しているよ。

さ、手帳に今年の予定を書き込まないと。もちろんアウェイの予定も。いろいろ本格的に動き出さないとね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 24, 2007

2007シーズン新ユニフォーム

阿部選手の入団公式発表より前でしたが。

2007年のユニフォーム及びスポンサーさまの発表がありました。

うーん、アウェイのデザインと色はどうなんじゃろか。

前にも書いたけれど、赤と黒が基調のグッズは個人的に使いにくい。というか、白・アイボリー・クリーム系の色がもっと増えて欲しいと思っているわけで。一番気になるのがアウェイのユニがアイボリー系にならないかどうかということ。

わたしが2003年のアウェイCOLTを求めて止まないのは、デザイン性もさることながら、その色がアイボリーだったというのも大きいのですが…(&ナビスコ初戴冠の時に着ていたMITSUBISHIユニに近いしね)。

とはいえ、新ユニフォームはシンプル好みの自分としてはどちらかといえば好きなデザインです。脇や襟ぐり、身頃の全体によくわからない黒い差し色がある2005や2006よりは第一印象がよいです。愛着がわけばさらに好きになることは過去が証明してます。

また、過去とは全く違う業種のスポンサーさまがついてくださったのはとてもありがたいことだと思います。スポンサー期間だけでなく、のちのちまでご贔屓にさせていただくのは間違いないです。少なくともわたしは恩に報いるべく、数年がかりで職場のPCを全て元スポンサーさまに切り替えさせた実績がございます(笑)。まぁD社のサポセンがあまりにあまりだったという理由はありますがw…わたしの場合、たとえばスポンサーブースで直接的な恩恵に浴することは少なそうですが、今後ともよろしくおつきあいできればと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2007

うぃあー茶会2007:春

赤い香りに誘われて(って誘った幹事は自分w)、昨日は浦和のうぃあー御用達ホテル(たぶん)の1階にあるカフェで「うぃあー茶会」をやってきました(←会の名前はさっき思いついた…)。

つまりはオンナノコ限定・アルコールなし・甘味系の新年会です。

その前に調神社で「今年取れる全てのタイトルがとれますように」と、お賽銭の割にずーずーしいお願いをしてから、新年初ぼるて参り。その後ホテルへ移動。

つどいし人々はブロガーさんとそのお友達という計9名でしたが、各自おそらく一人は「はじめまして」という方がいたのかなと思われ。

ますが。

赤い繋がりとはかくも深いもの、赤いというだけで初対面でも話がとぎれることなく、ACLのことから選手のうわさ話まで(゚∀゚)、お店の人が何も言わないのをいいことに、フリードリンク・スィーツバイキングで6時間弱(!)居座ってゴメンナサイゴメンナサイ。

ほら、箸が転んでもおかしい年頃なものですから。

参戦のスタイルも、居場所も違うんですが、とにかく話が盛り上がりすぎて帰ってきたら疲労困憊wでも楽しい時間が過ごせて幸せでした。

体よく追い出されることもなく、追加のドリンクも毎回サーブされるとても居心地の良いカフェでしたので、ぜひ!(軽く宣伝)

浦和ロイヤルパインズ「ラ・モーラ」

バイキングの規模はそんなに大きくないですが、時間制限なく、ドリンクの種類を替えることができるのもよいかと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

来る人・去る人

ようやく公式発表されました。

改めまして阿部勇樹選手、ようこそ。これからよろしくお願いします。フェスタでの第一声を楽しみにしています(・∀・)

そして千葉へ完全移籍する黒部光昭選手、バイエルン戦でのゴールをのぞくと、浦和で目に見えた活躍・結果というのはなかったのかも知れませんが、プライベートで若手くん達と写真に収まる姿に、その活躍の場があればいいなぁと思っていました。いろいろなクラブでの経験に加え代表の経験もある、しかしベンチに座ることも難しかったシーズンでしたが、出番に備えて過ごす日々の姿が後輩くん達に良い見本となっていればと思います。新天地における浦和戦以外での活躍と一日でも長い選手生活が続きますよう、祈っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2007

生誕祝い:いち党員より

日付かわりそうになりながら慌てて更新。

長谷部誠選手、23歳のお誕生日おめでとうございますー。

今年もひきつづきマコ党員(仮)として、ひっそりとですが熱い視線を送らせていただきます(〃▽〃)v

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2007

新しき仲間

浦和以外のJチームでそのサッカー人生のほとんどを過ごし、代表も経験し、そして前途ある若い選手が今度新しくわたしたちの仲間になることが決まったようです。

噂の段階であれ、自分たちの応援するチームに「移籍するかも?」と聞けばそれは嬉しいですから、普段はほとんど行かない2chとかにアクセスしてみたり、決まったらなんとなく心踊るかな?なんて思う準備はあったんですが、いざ所属先のクラブに公式に発表されてみても、どうもすっきりとは踊れない自分がいたりして。

思えばあの選手の時も、あの選手の時も、結果として浦和の意図しないものとなって、そして今回、ひょっとしたらまた同じになるかな、と半ば覚悟しながら様子を見ていました(←ネガティ部)。でも昨日のニュースでまずは選手本人と浦和のフロントの望みが叶った形になったということを知った…その辺の微妙なギャップがまだ頭の中で埋まっていないかも知れない。

うん、選手自身の在籍クラブでの存在の大きさや、我々が過去経験してきた移籍の経緯を鑑みて、嬉しくはあるんだけれど、戸惑っているんだな。

もちろん去年だってミドリのチームから新しいメンバーを受け入れ、気づけば欠かせない仲間になっていた。天皇杯のヒーローであるトミーが契約を延長できない理由が新しくやってくることになっていたワシントンであったり、ポジションが重なるレギュラーがいるにもかかわらず、あえてやってきたのが相馬だったりして。でもその事情と今回はちょっと違うだろうという気がして。

闘莉王やアレの時は、まだネットで貪欲に情報を求めるということをしなかったし、サッカー誌はほとんどと言っていいほどチェックしていなかった自分ですが(ナビの優勝の時ですら買ってない!)、今はブログも発達し、いろいろなアンテナやら、RSSリーダーやらで、その気があればいくらでもリアルタイムに近い形でどこかに公開される、そんな情報やら人々の思いやらが山のように転がっている。

そんないろいろな情報を求めていると、ACLに2年連続で出場可能という事実がこういう結果をももたらしうるのだということもニュースの文言で知らされたりして、正直驚いてもいます。というか、毎年J1残留を計算している貧乏な脳みそではそこまで想像がつかなかった(笑)。

またACLという流れでいうと、他サポやらマスコミやら電波系ライター(とわたしが思っている人)やらも含めて、「きっとアンチ浦和が多いに違いない」と被害妄想的に思いこんでいる(←ネガティ部)。でもROMって見ればACLだけは何か妙に期待されているような…そんな雰囲気がそこここで感じられるような気がして。そんな彼らを「身勝手だな!」と腹立たしく思う気も強いのだけれど、一方で秋頃にJ2落ちの回避にホッとする自分から、ふと気づけば浦和の大きさと存在がとても大きくなっていたのか。そんな隔世の感に落ち着きのなさを感じるのか。

そんなこんなを思うにつけ、なんとなくこそばゆいこのごろ。

当然ながら、それらを手に入れてきたのは今チームにいる全ての選手やもうチームを去ったトミーやアレの頑張りのおかげだったわけで、そうそう横から入り込めるものではないこと、覚悟の上の移籍と信じています。また、過去の所属クラブと戦うときはきっと敬意を払うことを忘れないでくれるだろう、闘莉王とアレがそうである(あった)ように。

というわけで浦和の公式発表はまだですが…

何はともあれ、阿部勇樹選手、浦和へヨウコソ。

ポジション争い、それは熾烈だと思います。そもそも監督も替わりましたから、一から組み立てると考えて良い状態。これまでのレギュラーですら「アピール合戦」をしなければいけないとホリは言っていました。すでに浦和で実績を積み、愛されてきた選手がたくさんせめぎ合っている、そんな競争の場にあえてやってきた阿部選手に敬意を払いつつ、浦和でのサッカー人生が輝けるよう、サポはサポとしてできることをします。スタート時点ではある意味未知数というか、何らアドバンテージがない状態であっても、浦和の衣を纏った選手が精一杯戦う姿を、仲間として全力で応援します。安心してください。


今回の移籍やいろいろなニュースを見て改めて思ったことは、これまでと何ら変わることなく、そしてこれまで以上の心構えでACL、そして浦和に対峙する全てのチームとのゲームに臨む所存であるということ。



ココログのメンテナンスがあるそうです(自分メモ)
2007年1月16日(火)15:00~1月17日(水)15:00の約24時間

| | Comments (1) | TrackBack (1)

January 10, 2007

昔の試合

今スカパー!でスカパー!10周年記念 中田英寿・もう一度見たいあの試合というのをやっています。

今日は平塚vs川崎(1998.03.21)で小島選手とか北澤選手とかもちろんキング・カズとか高木選手とかが普通に走っていた。ユニがどちらもミドリ基調でちょっとわかりにくかったかも。

当時はチャントとか無かったのかな…?音声を調整している?とにかくとても静かなスタジアムに見えました。そうかと思えば平塚はゴミ袋みたいな大きなビニル袋を応援に使っていたりして。断幕もまだまだシンプル。ゲーフラはまだないのかな。ちょっと気づかなかった。

解説は後入れみたいで、原さんが「当時は浦和の監督をしてまして伸二がルーキーイヤーで云々…」という話が突如出てきたりするとドキドキします。でもこーゆー昔の試合が見られるのは面白い。原さんの解説がまたしばらく聞けないのが本当に残念。

今はHDDもあるので、浦和の昔の試合を流してくれればいいのになぁ。別料金でもえーよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2007

ACL2007・アウェイの準備状況

以下はマイレージ云々の前にあげる予定のエントリーでしたが、マイル話が長くなったので分けた次第。

■ACLアウェイの準備で済ませたこと、継続中のこと■

1.とりあえず豪州行きの足と宿はツアーで確保。
2.マイレージの貯めやすそうなスカイチーム系のプログラムへ会員登録(前エントリー参照のこと)。
3.いろいろな物資の調達を検討中。
4.パスポートの更新申請

1、3の詳細は長くなったので下の方に畳んでおきます。


昨日今日のエントリーは独身社会人♀一サポのお財布状況として「ふむふむ」と読んでいただければ本望ですが、全世界に晒さずとも、自分がどれだけ使っているか、またどこを削れそうか…とかわかるので、お金に糸目をつけたい方wは総ざらえや記録をオススメいたします。

副次的効果として、いま世の中はバーゲンの季節ですが余計なものを買わなくなるというものが現れましたよ(゚∀゚)b…あとは外食を控えるようになるとか。

もちろん明らかに必要でお買い得なものなら買うんですが、定価と割引価格の並んだ値札を見ると買い物に対する抵抗が弱くなる…というバーゲンの雰囲気を少し克服できた気がします。

これから必要なお金と買いたい物資を自分の中で明確にしてしまったら、よっぽどのものでないと購入意欲なんてわかないデス(^^;)

Continue reading "ACL2007・アウェイの準備状況"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マイレージ・勉強メモ

以下のまとめは、正確ではないかも知れませんが(おことわり)、わたしが運用しているメモなので、もし間違っていたら真っ先にわたしが損していますw

また、網羅的に調べたわけではなく、万人向けでもありません。あくまで自分の過去の搭乗回数や今後の仕事の兼ね合い、ライフスタイルといったもの等々に基づいた実践となっております。マイルってのは乗れば乗るほど貯まりやすくなるという性質があるので、毎月のように中国やら台湾やら香港やらに出張に行く、我が父のような人はまた違った戦略が必要でしょう。

というわけで、本エントリーもご興味のある方のみ↓ご覧下さいませ。

Continue reading "マイレージ・勉強メモ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2007

ギド係数(似非):費用総括2006

昨年の傾向を探り今年の対策を練るため、ギド係数(小田嶋隆さん(C)?)ではないですが、浦和関係にかかった費用をこの週末にまとめてみました。家計簿はPCでつけているので、浦和費というくくりで、ざっくり把握できます。去年も2005年シーズンについて計算しましたが、あまり詳細を出さなかったので(家計簿を浦和仕様に細分化しなかった=再計算が面倒)、今回は少し細かく出してあります。

で、改めて抽出してみたらMDPを13冊しか買ってなかったとか!(<実際は全試合買ってますってばw)

忘れっぽい自分ですから、レシートをもらうようにしているのですが、レシートなしの買い物が忘れられやすいです(傾向と対策)。

と思えばカード払いのスカパー!を1ヶ月も休んでいないのに8ヶ月分しか払っていないことになっていたとか!(<明細が届いていたのに…単なるつけ忘れっす)


ということで、あちこち微修正しながら集計してみました。一の位まで出すと何か妙に生々しかったので、百の位で四捨五入してありますが、興味のある方は↓をご覧下さい。

Continue reading "ギド係数(似非):費用総括2006"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2007

ありがとう、行ってらっしゃい

■ギドがドイツへ帰国■

昨日の午前中のルフトハンザ便で母国ドイツへ一時帰国w

2004年にギドがやってきたときの初練習の日だったか、その様子を浦議かどこかでチェックしたっけなぁ。アルパイやトミーとはまた違って、その帰ってくるだろう感が強いのがギド、という気がしています。


■若手くん達の移籍■

そして、若手くん達が一気にその活躍の場を外に求めることになりました。

翔太くん、完全移籍で愛媛。生え抜きがトップで活躍する夢はもう少しお預けらしい。

大山&こんちゃんはレンタルでやはり愛媛に

レンタル移籍していた南は完全移籍。J2がスカパー!で放送されるので見ていましたが、頼りにされているようで良かったと思っていました。猫の親分やたれ目の親友は寂しがると思いますが。

こんちゃんは手薄なDF陣の若手として今年こそ!と思ったのですが…サテ暮らしが長かったホリが下積みを経てトップに上がったように、じっくりと育てる…にしてはサテライトの存在意義というのがよくわからなくなっている今、真剣勝負の試合に出て行く可能性を求めてJ2という選択をするのはありなんだろう。もちろんホリは大卒だったのでちょっと条件も違うだろうけど。

機会を与えさえすれば、そこで何かを掴めるだろうと期待できるのも若手くん達の特長だと思うので、その成果が実りあるものとなるよう、浦和から祈っています。今回の移籍の数年後、UターンとなるかJターンとIターンとなるか、それはまだわからない。これまで応援してきた選手達が浦和に戻ってきてくれれば何よりだけれど、本人がサッカーで輝けることが一番だと思うので、怪我のないように、まずは今年のシーズンを活躍できますように。

外に出れば今までの環境の良いところも悪いところも、そして自分のこともよく見えてくるでしょうしね。

愛媛との連携関係についてはかねて話を聞いていましたが。まさかこれだけ何人も移籍するとは。千島も南も頑張っていることも関係してるんだろうな。

んー、でも柏と横浜FCが上に来ちゃったから、東京にいながらにして観戦するにはヴェルディ戦くらいしかないでしょうか。あとは土日開催でハシゴできる試合が地方であるかも知れませんね。そういうときはきっとうぃあーが潜んでいそうな気がしますw。あるいは条件さえ合えば、愛媛←→大分広島というのも楽しそうですよ。どうせ往復かかるんなら、その間の移動なんて時間も費用もたかが知れているし。アビスパが残っていたら小倉という選択もあったのにねー。

条件さえ合えばどこのサッカー場にも足を運ぶ。結局うぃあーってサッカーが好きなんだなと思うです。


そして、カニは山形へレンタル。東北チームがまだJ1に戻ってこないから、やっぱりヴェルディ戦?こうなるといつまでもヴェルディには…(以下略)。いきなりイングランドでゴールを決めちゃったカニが持っている何かは、ここ最近見られないでいたけれど、その輝きが山形で再び取り戻せますように…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 05, 2007

お屠蘇気分も今宵まで

家にいればTVはずーっとサッカーの録画を流しているので、お正月の特番や喧噪といったものとはかなり離れたところで過ごしてきました。

そして今日、エルゴラを購入。ようやく天皇杯記事を読み、改めて幸福に浸る。

でもふわふわとした気分は今日でお終い。

気づけばACLのことを調べてみたり、照会してみたり、予約してみたり、手帳を埋めてみたり、こそこそ動いています。国内のJの詳しい情報はもう少し待たないと行けないのでしょうが、きっと今月中にXEROX杯のチケットが売り出されるはず。

一方で浦和の若い子たちが武者修行の名の下に外へ出されるとか出されないとか言う話を目にしましたが、とりあえずはクラブの公式発表を待ちたいと思います。

■おまけ■

自身は下戸なのでお屠蘇は飲んだことすらありませんので、タイトルは「浮かれ気分」…くらいに読み替えていただければと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2007

G大阪戦@霞ヶ丘:天皇杯決勝・2007.1.1...1-0☆

ギドからサポータへおそらくそれぞれの持ち味を発揮しつつ、浦和はリーグ戦でベンチを温めていた選手たちが、リーグ戦でわたしたちが見ていた絵とそう変わらないものを完成させたのだと思う。試合前の期待の通りに。それは宮本選手がパズルと表現しているけれど、ガンバは最後の1枚を押し込む力がないシーズンだったと。そんな気がしています。

そしてわたしは、あれだけゴールに迫られ、CKを許していたにもかかわらず、負けるような気がしなかったのはなぜだろう。

唯一の得点を我々が手にするまで、わたしはPK戦まで覚悟していました。

せっかく奪ったあとの球の出しどころが悉く向こう側だったことや、隙を狙われて危うくゴールを割られそうになったことも再三。

でも負けは覚悟していなかった。


ギドは選手の精神力はもちろん、戦いを共にしていたサポの気持ちをも強くしてくれたのだろう。

ありがとう、ギド。


あとは羅列で。重複があるかもですが。

・都築の好セーブ無くしてこの戴冠はありえなかった。感謝感謝。
・永井はナビ03の時は途中交代だったし(表彰式の時は憮然としていたからね!)、去年の天皇杯もジャージ姿だったし、06リーグ優勝もサブだったから、今回は唯一の得点を決められて本当に嬉しかっただろうと思う。エンブレムちゅvもやっていたし(たぶん)。とにかくサポの前に駆けつけようという看板越えは本当ーに嬉しそうだった。

永井&岡野!!

・国立で絵を描くというのは難しいのに、ビジュアル班の人は相変わらずGJです。感謝。
・チケット完売のはずなのに入場者数4万7千弱てどーゆーことかと#(去年は5万1千強)。
・セレモニーをボイコットというわけではないんでしょうが、ガンバの選手達は浦和が壇上に上がっている最中に悔しさを焼き付けることなく、ガンバサポの前に移動していったのにちょっとだけ違和感…。
・去年は浦和の控え選手がジャージだったけれど、今年は全員がユニフォーム姿で壇上に上がったのが良かった。
・FIFAのサイト(Shot of the day)にも取り上げられているととても不思議な感じ。ギドのことも


・・・以下は2006年シーズンの簡単な総括がわりにぐだぐだと書き留めておきます。

Continue reading "G大阪戦@霞ヶ丘:天皇杯決勝・2007.1.1...1-0☆"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2007

ここに2006年が終わり、2007年が始まる

ビデオを見に&録画セット、そして着替えのため一時帰宅。これから実家に戻りますが、とりいそぎ更新。

ほぼベストメンバーのガンバの前に、天皇杯というタイトルを奪取したことが素晴らしいと思う。ACLに行く上で望みができた。

また、永井にとって初めて納得いくタイトル奪取だったのではないか。サポのいる方向へ看板を越えてきた王子に萌えましたよ!

そして2006年のシーズンを不本意に終えたであろう都築が古巣相手に大活躍。どんなもんだい♪

みんなおめでとう&ありがとう。

また2008年用ACL貯金をしないとねー(^ー^)

おふぃさるの中の人も本気だ。行ってみたら早速トップ画像が入れ替わっていた!


今日は最後まで残らないで帰ってきてしまいましたが、スタジアムでギドにお別れしたのかな…。でも絶対またしあわせな形で会えるよね。

ギド、ありがとう。


これから再度実家に戻りますので、いずれまた。

■追記■

ヒーローインタビューがキックだったんだ!BGMがきちんと彼のもので、しかもツボがそれに合わせて口ずさんでいる映像が出て笑った(^-^)


■追記2■

ギドの涙にウルウル…(>_<)・。

で、なぜ表彰式に登っていくガンバの選手はコート姿なんだろう…と現場で思ったことを思い出しました、セレモニーなのに。

そしてトミーのことをまた思い出して。

今年もいい年にしましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »