« 暴風雪予報キター(゚∀゚) | Main | 甲府戦@埼スタ:第3節:2007.3.17...2-0 »

March 12, 2007

新潟戦@ビッグスワン:第2節:・2007.3.11...2-2

雪ー!

うーん、難しいなぁ。

…勝てた…とは思うんですが、結果的に追いつかれて引き分け。あそこを勝ちきるための術をとっていなかった…のかな。誰かを交代させる?っていう展開でもなかったと思いますし。選手が疲れているだろうなぁということはACLから中3日、ものすごい強風と低温(もちろんこれは相手チームも同条件…例え経験値が高いとしても)で想像はついたけれど、失点のタイミングまで、それほど致命的なものには思えなかったので…選手は自分から交代して欲しいとは…言わないだろうなぁ。先日のワシントンの交代もそうだったけれど、難しいんだろうなぁと思います。ワシントンも待望の点が入ったし、先日の試合に比べれば少し調子が上向いてきていたし、本人もすごく嬉しそうだったv

はぐー

風下にたった前半は、ロングボールが風に乗って思いがけず距離が出ていたような印象だったので、逆に風上にたった後半のはじめの方でもっとミドルとかロングとかが打てていたらぱこーんと入ったり?と思ったりもして。

時折陽も差しました

あとは阿部くんのコールも初めてかな?と思うんですが、歌いたいなぁと思ったところで起こってちょっと泣きそうでした(涙もろすぎ?w)。でも危ない芽を摘み次の展開へ繋げる、というところで良かったような印象です。あとは打てそうなときに横パス症候群wの仲間に入らず、時々は打って欲しいなぁという願望もちょこっと。

映像をほとんど見ていないので今の時点で確認できないのですが、点の取られ方はカウンターで良かったでしょうか?たぶんそうだったと思うのですが、試合中にあのパターンが何度か浦和の陣地に切り込んでいったものの、最終形にまで至らず(シュートにもならず)、浦和のDFにとられる…という繰り返しだったと思います。だから途中のどこかで失点していれば、ひょっとしたらまた何かが違っていたかも知れないと思ったりもします(=たらればです)。もちろん闘莉王が病み上がりだったのも影響しているだろうし、DF陣の連携が甘かったのかも知れない。

とにかく浦和の子たち以上に球扱いがへたくそなチームにあの時間帯に追いつかれて悔しいやら腹立たしいやら、寒さが堪えるやら。

新潟はそのカウンター&浦和の選手には必ず素早く詰め、2名以上つくようにする…状況を見て選手を交代させる…という作戦以外見えませんでしたが(セットプレー、スローイン、ゴールキックの類は全然怖くない)、ワシントンの得点のあたりでは新潟の選手の詰め方が甘かった時間帯に思えました(だから交代をかけてそれが嵌ったのでしょうが…にしては交代の時間帯が…微妙です…でもあと5分あったら負けていたかもね)。ホームで負けない戦い方を超える何かができないと総合的な結果は残せないと思うんですが、ホーム良ければ全て良しならそれもありかなと(去年もそんな感想を書いたような…)。

永井、悔しそうだったなぁ。何かこういう試合すると次早く来ないかな!と思うんですが。

1点目はセットプレーから永井の得点でした

とりあえず選手達が風邪を引きませんように…(もちろんサポも)。TVではどう映っていたのかわかりませんが、時折スタジアムの観客席にも吹き付ける白くて小さくて痛い固形物と戦った人々に乙…(雪のようにすぐには溶けないっていうあれは…霰なのかな?)

川崎も引き分けたそうですね。まだ1試合だけなんで関連づけには時期尚早ですが、ACL優勝とJリーグ優勝という高みをどれだけの人が見据えているか…あるいは現実的にそう考えている人がいるのかはわかりませんが、ACL決勝リーグ進出、Jリーグ優勝争い…という目標に下げたとしても、試合を戦っていくだけで困難な道なんだな…とふと身をもって実感した一日でした。

それに関連して。

バスの中で話題になったんですが、ACL第2戦(シドニー・アウェイ)のあと、24日に代表戦があると思いますが、拉致られ方はどうなんだろう。

1.代表が優先される
→おそらく通常なら代表に選ばれるであろう選手を抱えるACL出場チームはACLを面子落ちで戦う
2.ACLが優先される
→最速で22日夜に帰国するであろう浦和組は実質的な合宿合流が23日になるから、浦和ははじめから代表戦免除(川崎は…どうだろう?)

代表に呼ぶならそれで仕方ないけど、呼んだら使えよなって感じで。

これがないとナビ杯がない浦和は大分戦まで少し休めるんだけど。

…最早、選手達が今後迎える試合を終える毎に、いかに休められるかしか考えてないかもw

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■スタジアムについて:たぶんどーでもいい話■

東北電力がネーミングの権利を買って東北電力とつける…どういうメリットを持つんでしょうか(素朴な疑問)。

公式サイトに収容人数42,300人とありますが、入場者数40,524人…うーん、とても95.8%が埋まっているようには見えなかったなぁ。4万レベルのスタジアムで約96%っていうと空席の固まりがほとんど見えないと思うんですが、メインの2階は結構空席あったのに(画像参照のこと・クリックすると少し大きくなります)。うぃあーがアウェイ席に全部集まったってこと???あるいはホームのゴール裏?

がら空きポイントあり

がら空きポイントあり

2階はアウェイ側もエリア指定なのですかね。指定席だとあの入場率でこれだけまとまってごっそりいないことって結構考えにくいのですが1階のメインも結構空席目立ちますよねぇ…(スポンサー席がチケの段階で無駄になっている…なんてことないですよね…いや、それにしても95%以上入ってこの空席は…ぶつぶつ)。

駐車場の出口付近の渋滞は比較的スムーズに運営されていたように思います(どこぞの鹿さんちも見習って欲しいわ)。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

集合場所の雨がある意味一番堪えたかも知れませんが、スタジアム周辺のくるくる変わる天候と寒さには参ったですよ。2005年の最終節以上の厳しさだったと思います。

今回もバスツアーで行って参りました。安く日帰りで行くにはバスが楽ちんです。プロのドライバーさんなので雪でも心配しないで車中でうとうと。

試合があぁいう結果だったせいか(゚∀゚)駐車場からの撤収もスムーズで、いつもより早めに高速に乗れたような。

nakaの人、ありがとーございました~。

■3.12(16:00ごろ)追記■

昨日の疲れた頭で書ききれなかったこと…。

ぬこー
ぬこーぬこー

蹴っくは前後半とも祈っていましたが…前半は旗に邪魔されたorz

サブ

控え組は室内でアップしていました。

正直ACLのあと中3日だったのでもう少し苦しむかと思いましたので、今振り返ればある意味85分くらいまで省エネモードで上手くいきすぎたのかも…と思います。でも水曜日に試合の無かったチームに全力で向かえるほどの体力はなかっただろうし…。

開幕2試合目でオジェック監督は1年目、鈴木監督は2年目、流れを変えるなり逃げ切りに走るなり、選手を交代するという方法を使うにはそのあたりの差はあったかなぁと。

くそったれコールも3回出ました。多かったですね。これを嫌う非浦和サポも多いようですし、わたしだってこのコール自体は好きはありませんが、そういうコールをされるような汚いプレー(おおむね削る、エルボーする等々)をするチームの方がもっと嫌いです。

新潟サポブログをざっとロムった印象では新潟の選手達の技術力のなさに言及するブログや、「追いついて良かった」「奇跡」という言葉は散見されましたが、ALC後の中3日のチームと戦ったことを指摘している(浦和がだから追いつかれたという言い訳に我々が使うのとは違い、たとえば新潟が追いつけた遠因としてあげていた)方が見つからなかったのはちょっとがっかり。

とりあえずナビスコ決勝リーグ進出あたりが現実的な目標になりそうですかねぇ(Jリーグ優勝を掲げるのはどのチームも同じだと思いますが、本当に一歩一歩向かって歩くならば現実的な目標も必要…もちろん浦和だってわたし自身が生きるのだってそうです)。タイトルを取るには何かしらの勢いなりが必要だと思っていますが、昨日の試合では2得点で追いついた時間帯(正味5分間)にのみ新潟にそういう可能性を感じましたので、あれを奇跡と片付けないで予選6試合を戦えたら、とりあえず決勝リーグには行かれるかも知れません。何より新潟が進出してきたら今年中にアウェイでもう一回叩くチャンスが出て来るんでガンバって下さい。A代表でもU付きでも、代表チームに拉致られる選手を抱えている限り、そのあたりの対策がないと難しいと思いますが…。

しかしスカパー!が全試合生放送とかほざくおかげで、3月の頭に16時開始の試合があるとか、「ホームはスタジアムで」なんてまやかしですわね!とくにアウェイに行くサポは良い迷惑ですわ、好きで行くんだからいいんだけど。新潟サポだってこんな吹雪の中で試合することは想定の範囲外だったのでは?新潟サポブログに行って「こんな吹雪は○○年の××戦以来だね!」というエントリーを期待していたのですが、あれだけ酷かったのはどうも初めてだったっぽい?wで、わたし的には冬の寒さより夏の暑さの方が嫌いなんですが、まさか8月の土日に16時キックオフとか、し な い ですよね!(しそうでヤダ・汗)…善し悪しは別にして朝から並ぶうぃあーがいる現状はとても心配です。

あと、あれだけの雪を浴びながら、わたしは必ずしも秋-春開催に反対しているわけではありません(え゛w←前エントリをよく見てくださいね)。素人考えて言うと、リーグの切れ目を3月開始から12月終了ではなく、単純にずらして9月開始6月終了というのも無理なものなのか?という素朴な疑問はあります。今の12月上旬~2月いっぱいくらいまでのオフ期間は残すとして…3ヶ月近いオフが妥当なものなのか(それじゃ天皇杯という最大の難関の4回戦以上を12月か1月か2月にできないものなのか)、移行初年度はどうなのか?という諸々の懸案事項は一切考えていないのであしからず…。いわんや2月中に札幌や仙台や山形や新潟あたりで試合をしろとか、そーゆーチームはアウェイ行脚をしろとか人工芝にしろなんてこと、申し述べるはずもありませんので誤解無きよう。日本は水に恵まれているかわりに、多くの地域が山地、豪雪地帯であること、そのおかげで都会の水や食糧が確保できていることを忘れている人多いと思う。

途中のSAでの風景w

展望台の向こうは川です

うぃあー襲撃中w

帰りのSAはお腹と心がペコペコのうぃあーで真っ赤っかでした(仕様ですw)。


(そのほか、本文中の一部の語句を直しました。画像を追加し、それに合わせて文を追加しました。)

|

« 暴風雪予報キター(゚∀゚) | Main | 甲府戦@埼スタ:第3節:2007.3.17...2-0 »

Comments

★通りすがりさま

こんばんは&ようこそいらっしゃいました。

わたしも秋-春開催には賛成でも反対でもないのです。それを判断するための客観的な材料がよくわからなくて…(そもそも実際にプレーする選手はどう思っているのかすらわかりませんし)。

毎年どの程度の吹雪の可能性がある時点で春のスタートを設定するのが妥当なのか…非雪国の人間には全くわかりません…。3月半ばに出張程度なら北海道に足を運んだことがありますが、少なくともあの状況ではサッカーするのも見るのも大変だろうなぁと想像しました。

今年でいうと4月・5月にそれぞれリーグ戦5試合・ACL2試合をこなしたと思ったら6月前半にA3がある(A3の存在意義がもはや良くわからなくなっていますが)。7月にはナビの2試合だけ(しかも準々決勝だから予選敗退のチームはほぼ1ヶ月近いオフ)。8月は隔週で水曜日に試合...って暑い夏にたくさんの試合は辛いなぁ…9月以降のACLは当面考えないことにして…なんてことを手帳見ながら漠然と考えています。

…となると現在のACLは春-秋開催には合わせやすいということで…よいのか?

日本よりサッカーが盛んな国々に秋-春が多いのであれば、移籍のことを考えるとそちらの方に合わせた方が何かといいのかも知れない(出すのも取るのも)。

冬の寒さが厳しい国では秋-春にこだわらず春-秋と聞いていますが、それじゃそういう国はどうやって秋-春の国々と折り合いをつけているんだろう??それを検証してくれた人はいるのかな?

等々。

一つ一つの要素を考えると春-秋、秋-春のどちらがよいかというのは比較的わたしでも感覚的に想像がつくのですが、それではそれらを総合してよりメリットが多いのは?となると…本当に「教えて、偉い人!」と叫びたい気分で一杯です…。

このことを考えるときにいつも思うのがサマータイム導入の是非です(これは絶対に反対しています)。

最低限、唱える官僚が一庁舎全部でサマータイム試行を実施して、それの効果(省エネでも仕事効率でも明るいアフター5の使い方でも良いです)を第三者が"客観的に"判断してくれて(←この時点で官僚がやるとは思っていないわけですがw)、それで有効な結果が出たりメリットがあると認められたりしたなら"そこで初めて議論してもいい"と思っています。

長くなってしまいましたが、秋-春開催の是非については頭の片隅におきながら単なる感情論ではない検証を求めて、こっそりアンテナを張りたいと思います。とりあえずわたしとしては2005年の最終節やこの11日の試合に行ったことのみで秋-春反対を叫ぶつもりもない…といったところでしょうか。

Posted by: Samemoon! | March 14, 2007 at 00:36

過去に新潟に住んだことがありますが、あのくらいの吹雪は
「普通の冬」なら当たり前のようですよ。
吹雪の中での開幕戦もあったとのことです。

秋春制は試合開催のみを考えれば可能でしょうね。
練習等々を考えると・・・。
まーこっちに住んでると細かい事情は想像しかできませんから
よくわかりませんが・・・。

通りすがりに失礼しました。

Posted by: 通りすがり | March 13, 2007 at 23:22

★どりかめさま

こんにちは!お疲れ様でした~。
「暴風雪」ってバスのフロントガラスに音を立ててぶつかるんですね!(←うとうとしていたところにぱさぱさぱさと鳴る音で目が覚めたwなるほど)

>オシムじーさん
>22日に帰国したらそのまま合流しろ

やっぱりー。あの方だけはそう言いそうな気がしましたw

Posted by: Samemoon! | March 12, 2007 at 15:01

「暴風雪」というものがどういうものだか、
たんまり体感させていただきましたね…(~_~;)

>24日に代表戦
なんかオシムじーさんは、
22日に帰国したらそのまま合流しろみたいなことを
言ってるらしいですよ・゚・(つД`)・゚・

Posted by: どりかめ | March 12, 2007 at 12:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 暴風雪予報キター(゚∀゚) | Main | 甲府戦@埼スタ:第3節:2007.3.17...2-0 »