« 柏戦@霞ヶ丘:第6節:2007.4.15...2-0 | Main | 初めての国への準備 »

April 22, 2007

川崎戦@埼スタ:第7節:2007.4.21...1-2

とうとうJ1で川崎に負け、とうとうホームの無敗記録がとぎれました。

どちらもいつかはやってくるものだと思っていましたが。

勝負事に負けて納得ということはなく、常に悔しい気持ちはあるけれど、ぽろっと落としたような勿体ない負け方ではなかったし、相手に合わせるのではなく、その時点でできるお互いのサッカーをしながら攻め続ける…冷静に考えてみれば、日本で見られるサッカーの試合として、決して恥ずかしくない内容だった…そう自負していいと思う。

ずっと見続けている浦和について言えば、球の繋がり具合とか、常に攻め続けていた内容とか、次に希望の持てる、手応えのある試合内容だったと思います。選手達はどうだったかな?あぁ、川崎が効果的に押していたのは前半は我那覇のシュート、後半はあの時間帯だけだったのに!

そして川崎は足のつった選手を次から次、交代枠を使い切り、試合が終われば控えの選手も含めて水色のサポーターの前で挨拶。あー、気合いが違ったな、やっぱり…とあれを見て思ったもの。で も 次 の 全 南 戦 は 大 丈 夫 で す か?

川島くんは必要とされていて生きることも出来るチームに上手く移籍できたように思えたし、他の選手達も関塚監督の下、変わらぬ外国人選手達と連携を熟成させている最中なんだと思う。

そして特筆すべきは、川崎との試合でやっと試合の勝ち負けに影響するほど遺恨を残すような審判のジャッジがなかったことでしょうか…。

久しぶりのホリはよかったと思う。カードが残念だったけど、幾度となくオフサイドを取れたのは彼のおかげではないのかな。川崎のような裏にボールを入れてフィニッシュに持ち込もうとするチームには、オフサイドがきちんと取れるというのはとても重要なことだと思うから(失点シーンは丁度一番遠いところだったのでよく見えなかったけど、オフサイド取れなかったらもう少しきつかったんじゃないか?)。闘莉王がいないことが敗戦の理由じゃない。ホリにはホリの良さがあって、今日の試合では少なくとも有効なプレーが随所にあったとわたしは思っています。しかも点まで決めてくれて。やっぱり浦和の出木杉くんなの~(←勝手なイメージ)。

だのに某所で「外国人選手がいなかったから」とか日記あげてるバカがいたのでむかっっときて続きを読みに行ってみたら単なる阪神ファンのおっさんだった模様。そんな奴にホリの真価がわからんでもいいw

ハセは絶好調までもう少しだな。やっぱり彼のように動いてくれて次に球を繋げてくれる選手がわくわくするし、好きなんだなぁと思う。

そして…ワシントンが落ち着いて点を入れられますように(-人-)…今日はびったりマークに付かれるわ、体落としみたいなことされてるわでイライラしていたけれど、できる選手だから、もう少し辛抱強く待とう…。

都築はピンチを防いだものの、珍しく2度蹴り出してましたね…。確かにメインからバックに向かって風吹いていたけどさ。とくに2本目は時間帯も時間帯だっただけに残念…。

ロビーの中盤での動きはやぱりえーねー。

伸二のミドルや阿部くんの上がりもそれぞれワクワクさせてくれて。

深々と挨拶してくれる阿部くんもポイントが高いし。

U-13の試合も良かったみたいだし(伝聞)。←トップと関係ねーよw

あ…気づけば懐かしの「負けた試合の良かった探し」?(笑)

いやいや、総じて希望は感じられた試合なので、わたし的には新潟戦や大分戦の時に感じたようなもどかしさややるせなさはないので、切り替えて上海戦に臨みたいと思います。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

試合が終わった後、友達と上海の相談。一番の心配はチケットのこと。どこでやりとりできるか…現地での連絡は…?

そして小腹が空いたので1号さんとイオンで夕食を…(ついでにオープン1周年記念のセールにつられてバッグを衝動買いww←バカ)

で、フードコートをうろうろしていたらaさん&kさん&その後輩さんに遭遇してちょこっとお話。そうしている間に試合に負けたことも少しずつ消化されていき、気持ちがだんだんと上海に向かっていく。少し前ならブログに書くことで消化していた分を、仲間との会話で肩代わりしてもらっている気がしている。

そしてもちろん別れの挨拶は

「じゃ、次は上海で!」(←バカばっかり~(゚∀゚)w)


豊田充穂さんのコラムを読みながら、そんなわれらが愛すべきバカな仲間達のことを思っては反芻しています。

悪いけれど韓国に150人動員の川崎さんをはるかにしのぐ人数(のはず)のバカが、ACLの上海にもいっぱい駆けつけますんで、川崎も頑張れよ。つかホームなんだし今度こそゴール決めて勝てよ。不調だって知らなかったくらいの選手が自信を持つのは勝手だけど、あっさり負けんなよ。かなり強力ですからね、うちに勝ったチームにかかる呪いは。

■追記(4/22-21:00)■

ビデオ見ました。

・前半32~33分頃のホリ→暢久→ワシントン→駆け抜ける長谷部→マイナスにロビーの流れでご飯3杯行けそうです。すげー。面子同じなのに去年こんなプレー見たっけ?(記憶にないのか加齢で忘れっぽくなっただけか…)

・たびたび闘莉王の映像を抜くのは止めれ(特に2失点目)。

・つか、1失点目がアレで2失点目がアレか…orz…集中していれば2失点目はなかったよなー。

(追記終わり)

以下、近況ほか。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

風邪から回復するのにほぼ1週間かかってしまいました(´・ω・`)

大宮戦のアウェイチケット(カテ4)、発売日は知っていたけれど、そんなわけで風邪の引きはじめの体力温存→柏戦ときた後に買いに行ったら売り切れでした(´・ω・`)幸いお友達から譲っていただけることになりましたが(感謝-人-)

細々書きためておいた参戦記は下の方↓にうpしてあります。

かなり遅いのを承知でうpするのは、あとで昔の参戦記を読み返したときに、その時どう思っていたかを知るため。やはり残しておいた方がいいなぁと思うことがあるので。

ただ柏戦の映像なんですが、スカパー!の放送(306)は初回は野球放送で延長のテロップが、2回目はなんと津波のマークが画面に映っている…○TZ

…んだよー(--#)

どっちをとっておくかなー。表示時間は津波マークの方が断然長い…。

追記:津波マークが時間掲示をしっかり隠しているので2回目の方を消します

そしてインドネシアの参戦を諦めました。1泊3日の強行ツアーの情報もいただきましたが(1号さんありがとう)、この過密日程で自分の体力と相談して、そして仕事との兼ね合いを見て、行かない選択もアリだろうと。リーグ戦もちょっと参戦が難しい日が出てきたしね(仕事の都合で)。

あと、うちはBSが見られないので、テレ朝チャンネルがスカパー!だってのをつい最近知ったので、とりあえず来月は630円払ってそれで見ますわ(これっててっきり地デジか何かで見られるのかとww←テレ玉も見られないみたいだし地デジはしばらく保留だな)。

|

« 柏戦@霞ヶ丘:第6節:2007.4.15...2-0 | Main | 初めての国への準備 »

Comments

★naka0419さま

ありがとうございます。
お互い身体はいたわりながら行きたいですね。

監督変わったばかりなのに、ここまで負けがなかっただけでも上出来ではないでしょうか。負けてニュースになっちゃうんですよ!(きゃっv)
毎試合少しずつ良くなっていると思うし、悲観するにはまだまだ。

ただ、向こう1ヶ月が今年の第一の正念場だと思います。
あとは若手くん達の突き上げも期待したいなぁ…。
5点差くらいつけて余裕の交代で経験を積ませる…なんて状況もないですしねぇ。ナビの予選もないし…。

>じゃあ鹿島で♪

そこもまた体力を削りそうです…。
外国のようなものですから(-。-)
かろうじて日本語は通じるはずですが、話が通じるかどうかは不明です。

Posted by: Samemoon! | April 23, 2007 at 01:11

お大事に&行ってらっしゃいませです。
かくいうあちきも先週の柏の後に熱をだしてたのは内緒です。

試合内容がぼろぼろでなく、お互いのベストの状況での
結果なので個人的にはサバサバしちょります。
1試合ごとにダイナミックになる手ごたえがあって結構
((o(´∀`)o))ワクワクっす。

じゃあ鹿島で♪

Posted by: naka0419 | April 22, 2007 at 23:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59025/14808158

Listed below are links to weblogs that reference 川崎戦@埼スタ:第7節:2007.4.21...1-2:

« 柏戦@霞ヶ丘:第6節:2007.4.15...2-0 | Main | 初めての国への準備 »