« March 2007 | Main | May 2007 »

April 27, 2007

■短報:上海より帰ってきてます

1泊2日の短い渡航ながら、それ以上の長さにも感じる遠征終了です。

いろいろな意味でアウェイだったわけですが。

「ここはホームか?アウェイか?」と現地の新聞に書かれるくらいたくさんの仲間と駆けつけても、あんなチームと戦って勝ち点1しか取らせられなかった自分は何をしに行ったんだろうね。

数的不利を被って、不用意な失点を喰らわなかったのがせいぜいだったのか。

…上海料理と買い物とマッサージと。

常に自陣に9人いるチームへの戦い方を攻略出来ていない気がしますが、それで片付けて良いものでもないような…。

でも、とりあえず次は鹿島で。

その前にもう一踏ん張り働きましょう…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2007

行ってくるよ

明朝は早いので今日のうちに行って来ますのご挨拶。

最大のお土産を持ち帰るために…精一杯やってきます。

もちろん可能な限り気をつけて。

日本でも同じ気持ちの仲間がいると信じています。

シドニーでそうだったように、もしもめげそうになったときは、わたしの気持ちが萎えないよう叱咤してください。

一緒に戦いましょう。


(…なお、空港でフリーのパソコンでもない限り、帰国するまでエントリーしません。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2007

初めての国への準備

今度の上海戦がいよいよ目前に迫ってきました。

川崎戦を軽視したわけではないけれど、並行していろいろ情報を集めざるをえなかった上海情報。

わたしにとって、アジア圏への渡航はほぼ2回目と言っていいでしょう。

漢字の筆談は通じそうだけど、気をつけないと足下見られるよ、とか。

トイレ周りはどーだとか。

チケットは手に入ったの?とか。

誰が誰と行動を一緒にしていそうとか。

どこで食べたらいいの?とかw

いろいろな情報を裏で交換しています。

あとはお知り合い宛に「わたしと一緒に行動する人・旅程・携帯番号・宿泊先の番号」諸々の情報を、シドニー遠征にも増していろいろな人に連絡先を送りつけてます(すみません)。

上海在住の知り合いの連絡先も持っておいたし。

どこかで何かが起きたとき、いろいろなパイプを持っておいた方が、もしもの時に安心だと思うから。

保険と同じで、使わないことになればそれが一番良い。

でもあのシドニーですら、管理人1号さんの携帯から、わたしの海外用携帯に繋がらないという想定外のことも起きたし(…逆は問題なかったし、メールは届いていたのでかろうじて連絡は取れたという次第)。

ひょっとしたら日本の携帯は回線が共有で通じにくいこともあるかも知れないし、グループでいろいろなキャリアを持っておいた方が安心だと思う(わたしのは英国のキャリア)。

もしもこのエントリーを読んでいて、リアルに知っている仲間で、海外の番号&メアドを知りたい方はご連絡を…(国内用のPHSは通じませんので)。向こうで何かあったら遠慮なく連絡してください。

ただし今どこにいるの?的・ノー天気な電話はご遠慮下さいw←着信料かかっちゃうので

うだうだ書いてきましたが、全ては勝ち点3をお土産に元気で戻られるよう、頑張りましょう、ということで。

向こう3日間でたくさんの仲間が移動すると思いますが、気をつけて行ってきましょう。


しかし…王子…肉離れ、て…また筋トレ部が増えた…○TZ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2007

川崎戦@埼スタ:第7節:2007.4.21...1-2

とうとうJ1で川崎に負け、とうとうホームの無敗記録がとぎれました。

どちらもいつかはやってくるものだと思っていましたが。

勝負事に負けて納得ということはなく、常に悔しい気持ちはあるけれど、ぽろっと落としたような勿体ない負け方ではなかったし、相手に合わせるのではなく、その時点でできるお互いのサッカーをしながら攻め続ける…冷静に考えてみれば、日本で見られるサッカーの試合として、決して恥ずかしくない内容だった…そう自負していいと思う。

ずっと見続けている浦和について言えば、球の繋がり具合とか、常に攻め続けていた内容とか、次に希望の持てる、手応えのある試合内容だったと思います。選手達はどうだったかな?あぁ、川崎が効果的に押していたのは前半は我那覇のシュート、後半はあの時間帯だけだったのに!

そして川崎は足のつった選手を次から次、交代枠を使い切り、試合が終われば控えの選手も含めて水色のサポーターの前で挨拶。あー、気合いが違ったな、やっぱり…とあれを見て思ったもの。で も 次 の 全 南 戦 は 大 丈 夫 で す か?

川島くんは必要とされていて生きることも出来るチームに上手く移籍できたように思えたし、他の選手達も関塚監督の下、変わらぬ外国人選手達と連携を熟成させている最中なんだと思う。

そして特筆すべきは、川崎との試合でやっと試合の勝ち負けに影響するほど遺恨を残すような審判のジャッジがなかったことでしょうか…。

久しぶりのホリはよかったと思う。カードが残念だったけど、幾度となくオフサイドを取れたのは彼のおかげではないのかな。川崎のような裏にボールを入れてフィニッシュに持ち込もうとするチームには、オフサイドがきちんと取れるというのはとても重要なことだと思うから(失点シーンは丁度一番遠いところだったのでよく見えなかったけど、オフサイド取れなかったらもう少しきつかったんじゃないか?)。闘莉王がいないことが敗戦の理由じゃない。ホリにはホリの良さがあって、今日の試合では少なくとも有効なプレーが随所にあったとわたしは思っています。しかも点まで決めてくれて。やっぱり浦和の出木杉くんなの~(←勝手なイメージ)。

だのに某所で「外国人選手がいなかったから」とか日記あげてるバカがいたのでむかっっときて続きを読みに行ってみたら単なる阪神ファンのおっさんだった模様。そんな奴にホリの真価がわからんでもいいw

ハセは絶好調までもう少しだな。やっぱり彼のように動いてくれて次に球を繋げてくれる選手がわくわくするし、好きなんだなぁと思う。

そして…ワシントンが落ち着いて点を入れられますように(-人-)…今日はびったりマークに付かれるわ、体落としみたいなことされてるわでイライラしていたけれど、できる選手だから、もう少し辛抱強く待とう…。

都築はピンチを防いだものの、珍しく2度蹴り出してましたね…。確かにメインからバックに向かって風吹いていたけどさ。とくに2本目は時間帯も時間帯だっただけに残念…。

ロビーの中盤での動きはやぱりえーねー。

伸二のミドルや阿部くんの上がりもそれぞれワクワクさせてくれて。

深々と挨拶してくれる阿部くんもポイントが高いし。

U-13の試合も良かったみたいだし(伝聞)。←トップと関係ねーよw

あ…気づけば懐かしの「負けた試合の良かった探し」?(笑)

いやいや、総じて希望は感じられた試合なので、わたし的には新潟戦や大分戦の時に感じたようなもどかしさややるせなさはないので、切り替えて上海戦に臨みたいと思います。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

試合が終わった後、友達と上海の相談。一番の心配はチケットのこと。どこでやりとりできるか…現地での連絡は…?

そして小腹が空いたので1号さんとイオンで夕食を…(ついでにオープン1周年記念のセールにつられてバッグを衝動買いww←バカ)

で、フードコートをうろうろしていたらaさん&kさん&その後輩さんに遭遇してちょこっとお話。そうしている間に試合に負けたことも少しずつ消化されていき、気持ちがだんだんと上海に向かっていく。少し前ならブログに書くことで消化していた分を、仲間との会話で肩代わりしてもらっている気がしている。

そしてもちろん別れの挨拶は

「じゃ、次は上海で!」(←バカばっかり~(゚∀゚)w)


豊田充穂さんのコラムを読みながら、そんなわれらが愛すべきバカな仲間達のことを思っては反芻しています。

悪いけれど韓国に150人動員の川崎さんをはるかにしのぐ人数(のはず)のバカが、ACLの上海にもいっぱい駆けつけますんで、川崎も頑張れよ。つかホームなんだし今度こそゴール決めて勝てよ。不調だって知らなかったくらいの選手が自信を持つのは勝手だけど、あっさり負けんなよ。かなり強力ですからね、うちに勝ったチームにかかる呪いは。

■追記(4/22-21:00)■

ビデオ見ました。

・前半32~33分頃のホリ→暢久→ワシントン→駆け抜ける長谷部→マイナスにロビーの流れでご飯3杯行けそうです。すげー。面子同じなのに去年こんなプレー見たっけ?(記憶にないのか加齢で忘れっぽくなっただけか…)

・たびたび闘莉王の映像を抜くのは止めれ(特に2失点目)。

・つか、1失点目がアレで2失点目がアレか…orz…集中していれば2失点目はなかったよなー。

(追記終わり)

以下、近況ほか。

Continue reading "川崎戦@埼スタ:第7節:2007.4.21...1-2"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

柏戦@霞ヶ丘:第6節:2007.4.15...2-0

かなり風邪ッぴきの状態で、ギリギリ到着。聖火台のほぼ真下辺り(微妙に柏寄り)に陣取りました。ギリギリ到着のおかげで噂の柏バカ一代?は残念ながら聞くことはできませんでしたが…大きなフラッグは選手入場前に疲労して仕舞う…柏さんも不思議集団でしたっけ。


かたや浦和。ぼーっとした頭で見ていた自分にも前半と後半の変わり様は不思議なくらいでしたが、データで見る替わりっぷりはなんでしょうか(汗)

闘莉王のイエローは勿体なかったなぁ。フランサのシミュレーションをきちんと取ってくれたのは良し(…つか見え見えだわなw)。

むしろPA内のワシントンに対するユニ引っ張りがほとんど取られませんでしたねぇ(怒るのも無理はないですわなぁ)。

でも柏が球の出し所を探してもたついている間に暢久がボールを奪っちゃうシーンは…(・∀・)うふふvとかなったりしてましたが。

あの試合を見る限り(≒ボールの受け方のヘタさ加減)、これまで首位を走っていたのは出来すぎだと思いますが、選手層に不測の事態が発生しなければ、今後も悪い戦い方はしないのでは?今年あっさりJ2に逆戻りするみたいな。

だから誤解を恐れずに言えば、柏さんは何年も残留争いをしたあげくJ2に落ちたのがよかったというか、その1年を糧にして悪いところを出して戻ってきたのではないでしょうか。石崎さんの薫陶のたまものなのか、サポの後押しのおかげなのか、1年少し前には悲壮感漂ったチームと別のものとなっていました。方や緑色のチームさんは当分アレっぽいし。

いやー、甲府との戦いが楽しみですね。

しかし途中交代の山根さん…骨折って(汗)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

上海申花戦@埼スタ:ACL予選3・2007.4.11...1-0

雨の水曜日夜7時半、足を運ぶことのできた仲間は第1戦目よりだいぶ減ってしまいましたが、寒い中お疲れ様でした。

大分戦で見た阿部くんのヘディングが目の前で見られて良かった(^。^)

彼のあれはもう一つの型になっていて、わかっていても、それでも止められないのではないかと思えるくらい、同じような弾道?という印象でボールがネットに吸い込まれていった気がします。

残念ながらヒーローインタビューは裏で行われていたみたいですが、そのあとにまこりんwと一緒に一周してくれました。嬉しかった。インタビューで阿部くんはなんて言ってたのかな。

まぁでもそれ以外のほとんどの時間帯は雨に打たれ、苦行に近かったですね…。あれだけ雨に降られたのはいつ以来だったか…降るとわかっていたのに合羽の下を持って行かなかったのが失敗。

映像を確認していないので、よく覚えていない部分もありますが、上海のあの下手なサッカーには負けたくなかった!

技術はあるんだけど、でも盤石な勝ち方にはまだ少し距離があった印象…決して手を抜いたとかそういうことはないと思うのですが「うちの子ならもっとできるはず!」という伸びしろへの期待感がまだまだあるかなぁと。

雨だからかえって慎重にプレーしてた所もあったかな…とか思ったこともあるけれど。

あとは都築が足を滑らせたりするのはどきどきで。

いろいろは思いつつも。

とにかく、4月も半ば近いのに、予報で覚悟していたとはいえ、寒さが身に堪えたナイトゲームでした。

-------------------------

そして帰りの電車でつらつら友達と話して、そして思ったこと。

朝から試合に駆けつけるギリギリまで働いてそこから1時間近く立ちっぱなしの通勤ラッシュに揺られ、試合後には雨の後と言うこともありくたくたでした。でもよくよく聞いてみれば、こんな平日のナイトゲームに前抽とか当抽があったとか?…体力のないわたしにはとても真似できませんが、そういった労力が他の所に回せると良いのだろうと、端から見れば思えるのですが、無責任に一言で片付けられるほど簡単な問題ではないのでしょう。

でもわたしが少しずつ歩き始めて最近では試合後のスタジアムがとても綺麗になったように、試合に訪れたことのある自分の友達が少しずつ増えてきたように、それぞれが自分にできることをやれば、もっと幸せなスタジアムになって、もっともっと居心地の良い(他チームには居心地の悪い、いつからか難攻不落と呼ばれるようになった)我が家になると思うんだ。

並びをしないという道への第一歩もその一つだと思う。

今のところわたしが直接それに関わることはなさそうなので、どういうスタンスを取ればよいのか考えていたのだけれども…とりわけココに表すのに上手い言葉が見つからないのだけれども。少なくともクラブに責任を押し付けるのではなく、みんなが浦和の抱える問題を自分たちで考えて、一つ一つ上を目指して行こうという姿がやっぱりわたしは好きだなぁ。

わたしも何か頑張ります。

ギドに試合はアウェイでやってもらわなくてはなんて言わせちゃった頃を思えば幸せなスタジアムになってきたな~(TvT)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2007

備えあれば憂いなし

ちょっとご無沙汰でしたが、試合はいちおう行っておりますので書きためたものを…あとであげ…たいな(下書きはしたため中)。

いろいろ近況なぞ。

・先週末から風邪引いたフリ(現在進行形?)。
→明日くらいまで冷えるようなので養生しましょう。上海戦があれだったな(自己分析)。

・連絡用のメアドを替えた。
→スパムが増えたので(知りたい方はプロフィールの所を参照のこと)。

・上海には行かれそう(ツアーの案内もキター)。試合のチケットも手に入りそう。ヽ(´ー`)ノ

・インドネシアは微妙(たぶん無理)。

・友人の薦めもあって、今回はきちんと旅行保険に入ります。

…。

…今回

えーっと、実は先日の豪州へは未加入で行きました(つかオーストリーも…汗)。

というのもここのところちょっと薬を所持してまして(いわゆる投薬を受けている状態、ただし重病ではないのでご心配なく←重病なら参戦も無理だべw)、そうなるとネットで加入できる保険は×なのですね。

もちろん探してはいたのですが、いつもぎりぎりの加入なものでずるずると。かといって告知義務に違反してまで加入するのは憚られ。

しかしいろいろ調べてみると既往症を持っているなどの場合でもそれを除いて設定してくれる保険があるとのことで、某社の問い合わせセンターに電話してきました(今日)。

結果、簡単に症状を説明したところ、わたしの場合は幸いなことに、身分証明書を持参し、投薬を受けている旨を保険の取扱窓口で言ってくれれば(=告知すれば)、とくに適用除外することなく加入できるとのことでした。

なんかホッとしました。これですっきりと上海に行かれそうです。

デリケートな問題で、全ての人にそうとは行かないのが哀しいですが、わたしと同じように、もし気になっている方がいたら…と思ってあげてみました。ネットでの加入は難しいですが、念のため窓口で相談されてみてはいかがでしょうか。さすがにこういう相談窓口は24時間受付ではないと思うし、気になる方はぜひ早めに。やっぱり告知義務を偽ってまで掛けたくはないと思うのです。

また、今回は間に合いませんが、AIUさんからも新しい保険が発売されるみたいです。

保険金が必要な事態に陥らないのがベストですが、そうなってもどうにかなるための対策を取っておきたいと思うのでした。

いろいろ注意を促す勧告も出てますし。

間違ってものほほんと赤いユニフォームで出歩くことのないように。

しっかり準備して、無事に行って、勝ち点3を奪って、そして無事に仲間の元に帰ってきましょう。


■追記■

あ、中国語の辞書買ったよ!(←辞書ヲタw)

明日届く勢いでしたがたぶん家に居ないのでwいそうな日を再指定。クロネコさんは前もって通知されるし、変更もできるし、便利だにゃぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2007

磐田戦@埼スタ:第5節:2007.4.7...2-1

都知事選挙に行ってこないと(軽く案内)。

さて、磐田戦です。

1点取られても2点取り返すサッカーができましたね(はぁとw←ぽじてぃぶしんきんぐ)

MDPの表紙に選ばれた選手(ロビー)がまた重要な仕事をしてくれてほくほく。決勝点のシュートには痺れました。美しかった。

伸二の身体の調子も良さそうで、何度かドキドキするようなシュートを放っていましたね。1点目のアシストも彼だったかと思いますが、ほぼワンタッチであげてそれをワシントンが決めてくれましたvv

350試合出場達成の暢久もおめでとう。気がつくと左にいたり右にいたり縦横無尽でどうなってるんでしょう。

久しぶりのホームでゴールポストも大活躍!^^;(…叩いた瞬間は肝を冷やしましたけどね)

そして後半途中から降り出した雨が強運を読んでくれたでしょうか(傘と合羽と持って行って良かった…)。

でも…あれ?…3バックじゃなかったのか?wあとうちのセットプレーで残っているのが3対3とかいうのはありなんでしょうか(素朴な疑問)。

システムシステム、ってうるさいなぁ…って中の人たちは思ってるのかな。3でも4でもいいけれど、フィットするまで辛抱強く待ちたいと思います。

川口選手、脳震盪だったのでしょうか…(汗)。立ち上がったもののワシントンにぐったりもたれかかる様子を見ていてびっくりしました…。

あと、長谷部との1対1で負けていたので(・∀・)見ていたら、途中で交代してしまった成岡選手…自分の足で歩いていたので重傷ではないと思いますが、大事ないと良いなぁと思います…。村井選手は怪我からの復帰、良かったですね。

磐田の戦い方は…。よく走ってらっしゃいましたね…。磐田とカウンターか…。


南のゴールポストが2度のピンチを救ってくれたのは、もちろん蹴っくが後半のお祈りを忘れなかったおかげです。

いや、最近南の住民も頑張ってるしね!(゚∀゚)b

後半の立ち位置に着いたとき、北のようにチャントで迎えられるわけではないけれど、野太い声援や拍手が蹴っくを出迎える、その音量が前より大きくなっているような気がする。

もちろんヤジも多いですが…南の上段でどうやってサイドを割ってないことを断言できるんだろう…(ある意味すげぇと思います)。そうやって審判の判定にざわめくと何かイヤな感じです、場の空気が落ち着かなくて(伸二のあのファール判定はないと思うけどね…副審の役割ってなんなんだろね)。

あとは最近いろいろな旗が南にも増えたような気がするのが好ましいと思う…幸いうちにはスポンサーの作ってくれた揃いの大旗を振る文化はないですしね(…南でのゲーフラは自分の視界を確保しているのに後ろの人の視界を広く奪うので、その配慮ができない人には遠慮して欲しいですけれど)…それと子供にDSをやらせてまで連れてくるのはどうかとも思うけれど(←試合中ずっとそれで遊んでいる--;)。

そうかと思えば普段は北にいると話していたお嬢さんが2名ほど近くにいまして。コールリーダーを「kくちゃん」呼ばわりして、いつもの仲間の場所を「ほらほらあそこだよ~」と話していたから、普段はよっぽど中心に近いエリアにいるのかも知れませんが…90分でチャントに合わせて声を出すことも拍手をすることも一切なくなっかり(´・ω・`)そんなものなの?…体調不良で声を出せなかったのかと思えば2人とも終始、試合に関する戦評に一所懸命で。

「おいおい、磐田の選手の方が(ピッチを)広く使えてるよ~」
「××、もっと走れぇ」
「ほら、また取られた」
選手の軽率なプレーに「おぃおぃおぃ」を連発。
雨が降り出せば「これくらいの雨じゃいつもなら(=北にいるなら)着なくていいよね」

…北でもそんな感じなんでしょうかね(-_-;)やれやれ

南におしゃべりに来たんでしょうか。とりあえず周りにマイナスの運気を満たさないで欲しいなぁと思いました、萎えるので。

ちなみにそのお嬢様、予想通りゴミ(タリーズ)のカップは捨て置いて帰られましたので代わりに捨てておきましたよ!親の顔が見たいですね!(はぁと)

そうそう、最近書いていませんでしたが、南の観客席はとても綺麗です。大きなゴミ袋を抱えた名も知らぬゴミ友wと、通りすがりにちょこっっと拾ってから座席をあとにする仲間と、自分のものをゴミ箱に入れてから帰るたくさんの仲間が、かなり綺麗にしていると思います。あとはうっかりタリーズのスリーブが残されていることくらいかなぁ(笑)

北も以前に比べるととても綺麗になったと伺いました。なんだ~、やりゃーできるじゃん!(カコイイです♪)自分の出したゴミを自分でゴミ箱に持って行くだけでいいんだもん。


入居が始まったと聞いた浦和美園の新しい街に、ちらほらと赤く揺れるものが見えました。きっとあの辺りに居を構えた仲間がいるのでしょう(羨)。

また、行きには自分の気持ちの余裕がなかったのか(←別にギリギリの到着ではない)、道ばたに咲くサクラに気づきませんでしたが、帰りは夜空に浮かぶそれに気づくことができました。

さー、次はACLのホームです。

今週も忙しいですが、川崎戦の後は移動日含めて中2日とか3日とかいう厳しい日程に突入なので、心身共にケアしつつ、できれば仕事の貯金を作りつつ、生活していきたいと思います。そして疲れたら勇気を持って休むことも心の片隅において。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 07, 2007

お掃除中:DVDレコーダの中味など

今日はゲームまで時間がたっぷり使えます!
幸か不幸か4月のナイトゲームなので!

...orz

なんか違和感ありあり。

そういうわけで久しぶりに天気も良いし、あちこち気になっていたところをお掃除したり、整理したりしています…。

少し埃が溜まっていた階段とか…
去年のMDPとか浦マガとか…(<正月にやっておけよ)
優勝記念号の雑誌とか…(<もっと前に…以下略)

そしてDVDレコーダの整理とか…

レコーダはここ最近HDDの空き容量が常にぎりぎりな状態だったので、細切れのスポーツニュース映像とか、DVD1枚に収まらなくて×2に落としてダビングせざるを得ない映像とかを集中的にDVDに移しています…なにぜ2時間を大幅に超える映像だとDVDへの高速ダビングモードが使えなくて録画時間と同じだけかかる~。だから2006年1月1日の天皇杯の映像がNHK版もスカパー!版も移せていなかったり…(←ここで4時間半くらいくってる)。天皇杯の映像は2時間18分とか微妙な感じなので、残りの1時間42分をスカパー!の全チームハイライトやらスポーツニュース抜粋やらを埋めてみたり。

あとは代表戦ね…だいたい代表戦はキリンカップ(啓太が呼ばれ山瀬のプレーに癒された試合)とか、アジアカップの予選とか…(イエメン戦…缶詰にしんさんの所でブレークしたこともあって改めて見直そうと思いつつできないでいた試合)。解説陣の面子は…(´・ω・`)うるさいねぇ。

スポーツニュースの場合、意外に収めどころに迷うもので、DVDに移せないでいるものが細々あるのですが、そうすると2005年の柏の降格決定試合の映像とか(スタジアムやサポに流れている空気が今とは全然違う!)、逆に大喜びの甲府・バレーとか、2006年のACLを戦っている緑色のチームとか(ACLに参加している現在としては"なんて無謀で勿体ないことを…"と心から思った)、ACLのホームで負けたのにゴールシーンだけを抜かれているあまり意味のない映像とか(ゴールは決めたけど負けなんて!予選のホームでそれは致命的であることを当時実感できるはずもなく)、時間をおいてみるとなかなか興味深かったりしますですね。

なお、我が家の機種の場合、DVD1枚に収めるに丁度良いモード(SP)だとアナログでだいたい72時間が目安となっています。

今はその何倍も録画できる大容量のHDDを積んだレコーダーがたくさん発売されていますが、定期的に整理することを考えると、72時間でも300時間でも同じ気がします、わたしの性格を鑑みて(←捨てられない人)。もう入りきらないというときにちまちまorばさっと整理するの繰り返しなので、でも今日の作業でまた数試合分は余裕ができるかな~。

そういえば最近ほとんど地上波を見てない…そもそもバラエティーは好きじゃないし(芸人さんが芸を見せる番組であればOK)。最近情報番組も見ないなぁ…(時計代わりの朝の番組以外は)。そのかわりスカパー!で時々ライブのプロ野球放送も見られるので、見るとはなしに見ていますが、それはたとえば地上波(主に巨人)の放送に比べると解説陣が静かで、BGMに流していても邪魔をしないというか。まぁ条件さえ合えばNHKの大リーグ放送でも同じかも知れない(ただし平日の夜にライブでやるわけはないので^^;)。春高バレーも悪くない。

やっぱり地デジ入れようかな…(結局はそれかw)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2007

ACL特需?ACL病?…他。

「あぁ…インドネシア、行きたいなぁ」

と思いながら情報を捜索中です(逃避行動とも言ふ)。

一方で、BS朝日が見られないかなぁ…どうやって今ある機械と接続すればいいのかなぁ…等々、地デジの見方と録画の仕方も検討中です。チューナーは必須として、アンテナが…間借り先の屋根には立ってなさそうだな…どうでしょう。

「えぇーぃ、面倒くさい、地デジ上等なHDD内蔵DVDレコーダとか、プラズマTVとか、一切合切、買ったろー!スカパー!?入ったろー!ケーブルTVでもえーよ!」

…。

いや、我が家はもちろん「すでにあるものでどうにかできないか?」が検索ポイントです(…スカパー!も旧Jリーグセットのままだしw)。

でもきっと景気の良い特需が、浦和方面のあちこちに起こっていると思われ。

そうかと思えば。

“赤い悪魔”が敵地を占拠!浦和サポーター、上海に4500人!

えーっとえーっと。

4月4日(水)のナビスコは…

8会場の入場者総数→42,736人
8会場の平均入場者数→5,342人

参考:【ヤマザキナビスコカップ】本日の試合結果 [ J's GOAL ]

…計算あってるかな?

なんか平均入場者数と平日に上海に行っちゃおうとしている頭の劣った人々の試算が…あまり人数変わらないように見えるのは錯覚?水曜の夜のACLでは埼スタだけで31,303人集まってくれたのになぁ…(´・ω・`)

浦和の集客がすげーとか言ってる場合じゃなくて、それぞれのサポがホームの動員に頑張って欲しいなぁ…(-。-)クラブに責任押し付けるんじゃなくて。例えチケットは捌けたとしても、動員って今いるサポがどこかで少しずつ頑張るっきゃないと思っているので…。

ところで、「赤い悪魔」ってあまり好きじゃないの、わたしだけ?


■軽~くお知らせ。

結構前に最新トラックバックのリストは右カラムの所から外してあるのですが、さらに少し前からトラックバック自体を承認制とさせていただいています。

というのも一時期(3/20前後)、クレジットカードのトラックバックがうざかったからで、不本意ながらそういう手段を取らせていただきました。

別に先方のエントリーにうちへのリンクが貼ってなきゃダメとか、そこまで厳しいものではないつもりですので、普通に浦和ネタとか、サッカーネタとか、時事ネタ等々で何かしらの繋がりを(わたしが)見いだせるのであれば、遠慮なく送っていただいて構いません。悪意がない限り、他サポからのものでも承認するつもり…と、かなり寛容なつもり…。

しかしクレジットカードの案内をしたところで、ご訪問者・数百人程度の我がブログに送っても何にもならないと思われ。

以下、プロフィールページに記載してあるお断りです。

//////////////////////////////////////////////////
■おことわり■

およそ浦和レッズやサッカーやエントリー内容に関係ないと思われる、とくに商用サイトの宣伝と思われるTBやお子様にお見せできないようなコメントは、削除させて頂くことがあります。(2005.3.18追記)

また、ほとんどその意図が読めないTBにつきましても、TB元を確認の上、そのエントリーのオリジナリティ、加えてRHB、ウラツウアンテナ、さっかりんに登録されているかどうか等を参考にしつつ、管理人の完全な独断と偏見により削除することがあります。(2005.5.7追記)
//////////////////////////////////////////////////

ちなみにeメールにスパムが届きだしたら速攻メアド変更を検討するほどスパムを嫌悪しております…それと(浦和者ではほとんどないんですが)、知らない人のメアドをCcでずらずら並べたようなメールも要注意です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ACL:シドニー2007道中記(5)~スィーツ三昧vv&帰国(完)

マンリー

さぁ、あとは帰国まで、一気にうpしますよ。とにかく一日食べまくりですww

そういえばカメラの充電器を自宅に置いてきてぴーんちでしたが、Sydneyへは2台持って行ったので、かろうじて間に合いました(^。^)

ではまた畳みます…。

Continue reading "ACL:シドニー2007道中記(5)~スィーツ三昧vv&帰国(完)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2007

ACL:シドニー2007道中記(4)~またチャイナタウンへ

ナビスコ予選、鞠vs清水をスカパー!で見られるので、見てますたが…現場は寒そうですたね…{{{(>_<)}}}ぶるぶるぶる

大分戦、うちの選手交代に物言いをつけているスカパー!の解説にむかついているのはわたしだけですか、そうですか…新潟戦の繰り返し…んなこたーわかってるよ!#「ベンチにいる選手も含めて18人を使え」っておまいは監督か!と。憤っておりますが、何か。

でもシステム云々への質問をあっさりかわしたオジェックがステキです(なんとなく答え方がオシムさんのようw)。

…な~んだ大分負けとるやん、やっぱし。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、気を取り直して。

ワイナリー巡りからSydney市内に戻ってその後…の話。

ベンチ

畳みます。

Continue reading "ACL:シドニー2007道中記(4)~またチャイナタウンへ"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

大分戦@九石ドーム:第4節:2007.4.1...2-2

ココログのメンテナンスをすっかり忘れていた管理人です(でも検索窓がついていた…のは良いかな…どうでしょ)。窓の外は時折雷雨…ナビスコ…。


さて。

大分戦。

ご挨拶

あと1点が遠かったですね…(´・ω・`)

3対1にしていればもう少し楽だったのに。シュートも8本だったし。

システム云々に詳しくないのですが、暢久の位置とか見ながら「4バック…で来ているのかなぁ?」と思ったらやっぱりそうだったみたいで。

実戦で4バックを試すなんて、オジェックもなかなか勝負師だすなぁ…とか思ったりしています。今までずーっと3バックだったんだもん、不慣れなのはしょうがない、実戦でしか試せない何かを試すには今しかなかったのかも?と思ってみたり。ギドで膠着した戦い方の引き出しを増やしたくてオジェックを呼んだと思っているので、フィットするまで前向きに待っていたいです。

失点の1点目は「直前にファウル→早い球出し→あわぁゎする浦和の選手→失点」……という悪い癖が出たような印象があります…ファウルを犯したあとの処理はもともと浦和に隙が出やすいタイミングですが、危ういプレーを流れに合わせて流し気味の吉田さんの試合ではとくに注意が必要だと思うとです。

また久しぶりにピッチへ復帰したホリのところでファウルが生まれ、そして同点へのきっかけとなってしまった…のはホリ贔屓として至極残念ではありますが。それでもその時間帯に至るまでに大分の勢いとか気持ちといったものに飲まれているのが手に取るようにわかったので、終わってみればあの引き分けは妥当な結果だったと(←ギドちっくw)。

向こう側の出来事で正直よく見えなかったのですが、阿部くんの2ゴールには浦和ゴール裏が「おぉぉぉぉ」と盛り上がりましたよ!大分戦では相性がよいそうですしね。コールもできたし、あとはホームで決めてくれるといいなぁ、もっとたくさんの仲間がいる前で。

そういえば両チームともセットプレーかその流れでしか点が取れてないのか…。

阿部くんが2点目を決めたとき、西川くんが腹立ち紛れにボールをピッチに叩きつけたときは気持ちよかったのになぁ。終盤に何度か上がることで気持ちを見せた西川くん…それを見たとき、いっそのこと蹴っくにズバンッとがら空きのゴールへ一発決めていただきたかった(をい)。でも同点に追いついたときの西川くんは嬉しそうで…あーこういう感覚久しぶりだなぁ…逆にあれを浦和の選手ができるか?っていうと…好むと好まざるとにかかわらず金星を与える側になってしまったので、全く同じことはそれは難しくなってしまったんだろうな。


勝ったかのように喜ぶ引き分けチームのサポと、引き分けなのにまるで負けたかのように落ち込むチームのサポと。

それぞれが感じるかも知れませんが。それでも勝ち点は同じ1。

浦和と戦ったあと「勝った」という気持ちが残るせいか、次の試合に燃え尽き症候群に陥るチームが多かったことは、過去の歴史が証明しています。大分さんがこの結果に慢心することなく戦っていかれるのであれば、もっと大きくなれるでしょう。

新潟戦後にも同じようなことを書きましたが、ナビスコの決勝トーナメントでたたけることを楽しみにしていますよv(少なくとも新潟よりは引き出しも多く、良いサッカーをしていると思います…胸スポンサーが早く現れると良いですね)。

あと、大分のゴール裏で(おそらく)くねくね棒の旗を振っている人数、あれはリーグ内でも有数な気がする…。でもサポが後ろから支えるぜ!というよりは、チームの展開と同じような盛り上がり方をしていた気がするな…(逆転された後の声が小さかったような…うちらがうるさかっただけかしら…現場にいた感覚としては同点に追いついたあと、やっと元気を取り戻したようなそんな感じ…逆にその瞬間Pride Of Urawaの調子が悪くなったような…自分でも歌っているんだけど音程がうまく制御できなかった…)。ま、でも次は屋根の反響なしに戦えるといいなぁと思います(そういえばいままで計4回行っているのに大分で屋根なしの試合をしたことがない!…つかその前にアウェイ側の座席は埃かぶってましたよ(´・ω・`)そんなもの?)。

今週の浦和(と川崎)はナビスコがないぶん休めるので(すっっかり忘れたふり…J'sGoalに行ったらプレビューとかされていて素で驚いた)、ホームの磐田戦には全力で向かっていきましょう…来週はACLがあるけどさ。


以下、旅のメモは畳みますです。

Continue reading "大分戦@九石ドーム:第4節:2007.4.1...2-2"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 02, 2007

おふぃさるが!(ひとこと)

入り口がいきなり変わっていて

「…エイプリルフールはもう終わったはずなのに!?」

とか思ってゴメンナサイごめんなさい。


ココに行くとまだ古いデザインが見られるけどね...orz

根本的に変えたとかいうのではないのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »