« 鞠戦@埼スタ:第13節:2007.5.27...1-1 | Main | 清水戦@日本平:第17節:2007.6.23...1-0 »

June 20, 2007

瓦斯戦@味スタ:第15節:2007.6.17...2-0

開始早々、ゴールを決めて駆け回る姿を見たら、反射的にぼわっと目に汗が…。

理屈どうこうでなく…ただぼわっと。

お帰り、達也。

去年は果たせなかった復帰戦勝利をおさめることが出来て良かった…。映像を確認したら、ゴールを決めたあとに仲間が叩きすぎ!というくらい祝福してましたね。

(…まぁ個人的にはその瞬間おにぎりをパクついていたわけですが(<バカバカバカ)。タオル取り出したり大変でした(汗))

それにしても達也ひとりフィールドに帰ってきただけでワクワク度の高まりと言ったら!

長谷部はよく動くし(゚∀゚)…相馬もここのところ中を見てあげるようになったとは思いますが、いつもより良い球あげていたような印象。

しかしあの都築が何度も足を滑らせていたように、なんか足下が不安定でしたねぇ…アウェイと言ってしまえばそれまでですが。闘莉王の怪我が心配でしたが、芝生の影響もあったのでしょうか…。

A3から帰ってきて疲れているでしょうに…。今月まだもう少し試合がありますが、怪我のないように試合に臨めて、勝ち点を積み重ねられればいいなぁと思います。

それ以上に、まぁ、なんというか。

単純に「見てて楽しいサッカー」への序章が奏でられ始めたかな…というほのかな期待のようなものが感じられたり。

…いや、達也ばっかりに負わせるのは酷だと思うんですが。いつまでも2004年2ndを追憶するのでは虚しいですから。

ロビーとワシントンの言い合い、現場ではちょっとドキドキしながら見ていましたが、お互いを高めるための衝突だったということで良いのでしょうねぇ。それよりも後半に入るとき、両手首のテーピングをし忘れていたワシントン…慌てて巻いていたのですが、それでも後半の入りが遅れたので都築がお祈りできないんじゃないかとドキドキ…A(^^;;)忘れず祈っていましたが定位置に着く前にセンタサークルでプレーが始まっていたくらい、ギリギリのタイミングでした。

瓦斯はセットプレーもパワープレーも恐れるに足らず、怖いのは浦和の選手があまり打たないミドルでしょうか…それも精度が全く持ってアレだったので…失点の気配もしなかったですねぇ。人の連動性はある程度作られつつあるのかなぁとも思いましたが、結局はゴールへの精度がない限りは…ねぇ。

平山に至っては、投入を知った瞬間、周りの浦和サポが何となく妙な雰囲気にwざわざわざわっとww

それでもユニを引っ張るといったことは、まぁ日常茶飯事ですが、それを超える外連味たっぷりなファウルとかプレーとかはあまりなかったように思います、瓦斯さんも。


…明日も試合があるので簡単ですが、遅くならないうちにこのエントリーだけは。


それと備忘のために。

チケット売り切れでアウェイの待機列がどれくらいになるのか見当がつかなかったのですが、2階席もあることに前日に気づいたため「それなら席はあるだろう」と判断し、アップの時間帯すら回避してギリギリに到着。ゆるねばを歌うか歌わないかのタイミングで来れば、並ぶ必要も席取りに悩むことも全くなく、メイン寄りの2階に位置取りしました。

その席から偉そうなことは言えないですが、チャントが落ち着いていて良かったと思います。また太鼓隊の方も努めて落ち着いてリズムを刻まれていたような印象を受けました(感謝)。

また、試合後の周辺エリアは捨て置かれるゴミが無く美しかったですv

|

« 鞠戦@埼スタ:第13節:2007.5.27...1-1 | Main | 清水戦@日本平:第17節:2007.6.23...1-0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 瓦斯戦@味スタ:第15節:2007.6.17...2-0:

« 鞠戦@埼スタ:第13節:2007.5.27...1-1 | Main | 清水戦@日本平:第17節:2007.6.23...1-0 »