« セパハン戦@埼スタ:ACL決勝H・2007.11.14...2-0☆ | Main | 遠くにありて思うもの…ではなくて。 »

November 25, 2007

鹿戦@埼スタ:第33節:2007.11.24...0-1

大宮戦には参戦できなかったので久しぶりの敗戦でした。

あぁしかし終わってみればなんて緊張感のない試合だったろうと思う(なんとなくサポの手拍子も声もふわふわしている感じ)。

シーズンの最後までに1勝すれば自分で決められるという緩みだったのか。

…萌タンが五輪予選でものすごく成長したんだろうなぁという頼もしさを見せてくれたのは良かったんですけれど。

伸二が久しぶりにわくわくさせてくれたのも嬉しかったんですけれど。

鹿の美しくない行為の数々「あぁ、奴らが戻ってきたなぁ」という感じが、何とも気持ちが悪い。"邪"なのは来年のユニだけで飽き足らないのか?終了間際のライン際でのキープは理解できるんだけど、萌タンをすっ飛ばしても勝てばいいのか?とか。ACLで見たような激しいあたりとはまた違うんだよなぁ、Jの汚いファウルってなんか怪我に繋がりそうというか…。

1年の最初にいつも感じる勝ち点3を1回1回加えることの重み、あんなプレーで平気の、1年に6敗もしているチームに優勝なんかわたさないっという思い、負けない試合運びを「面白くないサッカー」と言われていても、少なくとも外連味のない試合運びで来週きっちり掴もうという思い。

試合終了に合わせるように昇ってきた満月輝く空の元、そんな数々の思いもあらたに。


しかし…審判…やる気あったのかなぁ(カードを出す気満々とかいうのではなくって)。浦和幹部の大学の後輩だからってあたかもうちが彼のことを認めているみたいじゃないか(ありえん--;;)…そもそも同一記事に「第1、2戦とも同一主審というケースは「聞いたことがない」と鹿島関係者。」って、うちはつい先日の清水戦"も"そうだったから、そこまで人材不足なのか、少なくともJの方はそれでOKなのかと思ってましたよ(それがいいとか思っているわけではなく、単なる事実として)。


それから…甲府の降格が決まったらしい…とても残念だ。あのチームが目指しているサッカーは好きなのに。甲府のしているクラブ経営を取り入れられるチームはもっとあるんだろうな、と端から思わせてくれるチームなのに。クラブの中がしっかりしていれば、きっとまた一回り大きくなって戻ってきてくれると思う。なんてわたしがエールを送ったところで何にもならないだろうけど。

|

« セパハン戦@埼スタ:ACL決勝H・2007.11.14...2-0☆ | Main | 遠くにありて思うもの…ではなくて。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鹿戦@埼スタ:第33節:2007.11.24...0-1:

« セパハン戦@埼スタ:ACL決勝H・2007.11.14...2-0☆ | Main | 遠くにありて思うもの…ではなくて。 »