« 鹿戦@埼スタ:第33節:2007.11.24...0-1 | Main | 横浜FC戦@日スタ:第34節:2007.12.1...0-1 »

November 28, 2007

遠くにありて思うもの…ではなくて。

あの日…南ゴール裏に入るためのゲートで…なんとチケット確認のスタッフがいてびっくり。(確認自体は厳しくなかったけれど…埼スタに来てこんなことがあったの初めて!アウェイ席チケの鹿サポが紛れ込むことによるトラブルの回避のため?それとも指定席のチケで南ゴール裏に来ようとする人の抑止だったのかな?)

試合開始の10分前くらいに着席、なんてことが日常茶飯事の自分、あの日はサッカー初観戦の友を導くため、開門30分すぎには埼スタに到着していた…にもかかわらずたった2人分の席を探すのに苦労したこと(結局後ろから数えた方が早い位置に確保…あぁ連れて行く試合を今年の最初にホーム鹿戦と決めていたばっかりに…)。

その友が北を見て「あの白い人たちは意味があるんですか?」と問うたのを、きっと白い揃いのシャツを纏ったグループがあそこにいるのだと答えたんだけど、通路に沿ってあれだけ縦に並んでいたグループって普段はあまりいないような…ということはいつもの居場所が取れなかったということだったのか?と今になって思い。

漏れ伝わる、北のゴール裏で起こった現象のあれこれ…。北とバクスタを合わせても12,000席くらいしかないであろうA席を確保するために、どうして1200を超える抽選参加者がいるんだろう(もはや理解不能)。

そして南から見られる北の波状の応援があの日は全く!見られなかったこと。

失点後に北から聞こえてくる声があまりに小さくてどうしようかと思ったこと。

断幕や席取りに使ったガムテの残骸を残して帰っちゃう人。つか、テープ張り禁止、複数列の一斉確保禁止ということにはならんのか。

配布物とお弁当で「試合後のためにそこの席取りでもしているのか?」と見まごう状態のまま帰ってしまった南の呆れた二人連れ。アウェイに行ったときの浦和エリアもホームでの南ゴール裏も最近かなり綺麗になってきたけれど、観戦歴が浅いと思しき人が散見される試合は…んー、まだまだだなぁ。

そういえば先日、他サポの知り合いに「選手がそばにいたら何をしたいのか?」と聞かれた。サインとか記念撮影とかそんな答えを期待されていたのだろうが「膝つき合わせて話がしてみたい、サポに何をやって欲しいか、我々がサポートと呼んでいる行動はぶっちゃけどうなのか、どうして欲しいのか真面目に聞いてみたい」と答えたら「なんてストイックなんだろう」という感想。

んー、そうかなぁ。


わたしに出来ることは何だろう。

浦和の仲間達がもっとよい時間を過ごせるようになるにはどうすればよいんだろう。

あちこちでうぃあー複数集まればそんな会話が交わされているに違いなく。

既得権に胡座をかくのではなく、10年来のサポも昨日から試合行き始めた人も平等にくじを引けるシステムは端から見たら民主的であろうとする浦和の良心だと、そしてあんなこんなを一サポが考え、可能であればそこから実行に移せるところが浦和のいいところだと信じて止まない。

|

« 鹿戦@埼スタ:第33節:2007.11.24...0-1 | Main | 横浜FC戦@日スタ:第34節:2007.12.1...0-1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 遠くにありて思うもの…ではなくて。:

« 鹿戦@埼スタ:第33節:2007.11.24...0-1 | Main | 横浜FC戦@日スタ:第34節:2007.12.1...0-1 »