« 鯱戦@埼スタ:第2節:2008.3.15...0-2 | Main | 神戸戦@埼スタ:ナビ杯予・第1戦:2008.3.20...0-1 »

March 17, 2008

監督交代ほか

日曜の午後、友より届いたメールは
名古屋戦のあとでまた切り替えようと思っていた自分にとって
かなり衝撃的なニュースでした。

なぜ第2節終了という、このタイミングでの解任だったのか。
なぜ後任がゲルトなのか。
マスコミへの発表のお粗末さ、あれは何なのか。
キーとなる選手たちの掌握がなぜできていないのか。
キャンプも補強もオジェックの意向が大きく反映されたのではなかったのか。

昨年の清水戦の顛末で感じたことではあったもののこと
フロント陣の器というものについても???を感じずにはいられない出来事で。

たとえばわたしが気になったのは
ゲルトをだしにして公式ページに「流暢な日本語」とか
そうかと思えば「しばらくはそっとしておいて上げて」とか
全く、慇懃無礼な話だなと思う。

そりゃーオジェックは日本語はダメダメだけど…
言葉だけの問題じゃないはずなのに、まるで当てつけのように。
(日本語が話せるからOKという単純な話でもないし
実際、他ならぬゲルトは千葉でだめ出しされた過去もあったそうだし…
→祖母井さん著の「祖母力」参照のこと)


プロなら楽しんでやる前に勝利を求める姿勢はないのか?
戦術が与えられなかったのならそれを求めないのか?求めても得られなかったのか?
与えてくれない中、自分たちで何かを作り出すというのはサッカーではタブーなのか?

そういえば学生時代の同好会みたいなクラブで
「レベルアップか」「楽しくやるか」ということを
侃々諤々、それは大議論したことがあって。

その時は「レベルアップを求めるのであればついて行けない、退部するしかないかも」
という友がいた一方で、
「体育会系でもない自分たちなら、最優先は"楽しく"だけど
だからといって上手くなるためにたくさん練習すること、
趣味とはいえ向上を希求するのを否定するのもそれは違っている、
やっぱり上手くできるようになりたいし」
という友の発言に大きくうなずいた…
そんなことを思い出しました。


楽しく楽しくって、まさか仲良しクラブでサッカーをやっていると
勘違いしているわけではないよね。
直接会話できない上司ではダメで
わきあいあいできる上司ならOKなのか?

真実がわからないから、いろいろ不毛な想像が頭を巡っています。
昨日一日ブログを起こす気にもなれず。

……。

今回監督を更迭したことで喜んだ人は
他人に責任を押し付ける前に何かやったのだろうかね?
今年の成績はどうなるかわからないし、
上位に絡めなかったからと言って文句をつけるつもりはもとよりないけれど
選手やフロントが「少なくとも楽しくサッカーできたからそれでOK!」
とか言ったら張り倒したくなるだろうな…。

そんなことにはならないよう祈るのみです。

素人が見ても、シーズン途中に指揮官を替えるリスクは小さくないと思うし
監督を替えたから、いきなりどうにかなるものでもないだろうと思うのだけれど。

売店でEdyが使えるようになったとか、浦和からのバスのアクセスを改善するとか、
そういうのもチームという土台があってこそなのに…。

まぁ、それでもなんでも。

わたしはサポとして愚直に信じ、浦和を応援していくしかないんだろうけど…
ただ、あまりがっかりさせないで欲しいなぁと思う。

オジェック、あの多忙な状況で
2007年のACL優勝とCWC3位というプレゼントをありがとう。
経験豊富なあなたの中に、当初はあったかも知れない戦術が
浦和で実現するのを見てみたかったです。

ゲルト、困難な状況で引受けてくれてありがとう。
一緒に戦えると信じて…よろしくお願いします。

■名古屋戦の映像■

ネットで目にした文字と、スタジアムで感じた自分の印象とが
相違しているところを少しだけ確認しました

それは2失点目について。

確かに都築のミスと細貝?の対応の不足のようなものはあったにせよ、
そして試合の流れからいっても、そう判断されてしょうがないとは思うのですが…

あれは都築が"挽回を焦って"素早くリスタート→速攻につなげようとしてのミスだったのか?
また「都築がミスキックで相手に球を出してしまいました」という単純なものだったのか?
とネットで目にした文章を見てちょっと違和感というか「違うんじゃないの?」
「あの場(ペナルティエリア周辺の空間)に起こっていたのはそれだけと違うんじゃないのか?」
というのを感じていて(たとえば都築のパスの出所を阿部くんと見ていた人もいた等…)。
そして「自分の記憶を他人の情報で反芻する&辿っているだけでは
その場で起こったことが自分の中ですり替わってしまうんじゃないのか?」という気持ちと。

だから南から見ていたわたしの記憶(…感覚的なもの)を
映像を見ながら一つ一つ思い出していくと、
副審がオフサイドをとったあと、GKから見て右の方に、
倒れていた阿部くんと名古屋の選手がいたはずで
そこで主審か副審が一旦プレーを中断するか、
都築がそのために球出しをすると思ってわたしは見ていたんだよね。

結果として名古屋の選手がそのふらふらボールを見逃さなかったわけで
何にせよ、ある意味セルフジャッジによるリスタートの対応がまずかった、
ということには違いないと思うので、都築らを弁護するつもりはないけど。

都築がどういう気持ちであの球を処理しようとしたかは現時点では知らないし
真実とは違っているのかもしれないけれども
わたしがスタンドから見ていた感覚・記憶と、録画されていた映像は
そう違っていなかったことがわかって、少しだけ気持ちが落ち着きました。


でもこれでGKが変わったりしちゃうのかな…。
それが気がかりです。

■今更ですが■

6週間発言の元であったであろう映像、録画したGGRで見せてもらいました。英語のインタビューだったんですね。

でも、どうも「"シーズンが始まって4~5週間、あるいは6週間ないと機能するには時間がかかる"と仕上がりの遅れを認めた」という新聞記事から受けた印象とは違うんだよね…。なんか、もっと一般的な話…手元にないので正確な訳ではないけれど、ニュアンスとして「浦和はスロースターターだから、いつもエンジンが掛かり出すまで1ヶ月くらいかかっている」みたいな。

GGRくらいなら別に良いけれど、ちゃんとした会見はドイツ語の方が良いんだろうなぁ。

まぁそれも今となっては、ですけれども。


■追記('08/3/21)■

一部論旨がおかしいという指摘を受けたので書き直し&書き加えしました。

|

« 鯱戦@埼スタ:第2節:2008.3.15...0-2 | Main | 神戸戦@埼スタ:ナビ杯予・第1戦:2008.3.20...0-1 »

Comments

★オトコマエ13さま

こんばんは。
わたしもすっきりしないです…。

オトコマエ13さんのブログも拝見しました。
「『勝つべきチーム』『勝たなきゃいけないチーム』」というのは
モチベーションの維持などに自身で役立てるのであれば良いけれど
そこに「『勝ちたい!』って気持ち」がないのであれば
確かに驕り以外の何物でもないな、と思いました。

試合に負け続けていた時代でも「勝ちたい」という気持ちだけは
負けなかったんじゃないのかなぁ。

で、件の映像を見直せてはいないんですが、間違っても
「今年の浦和は調整が遅れたから
機能するようになるまであと6週間かかる」
なんてことは言ってなかったと思うんですよね。

あは、わたしも書き起こそうかと思いましたよw

コジェックさんがいたらもう少し何かが違っていたかもしれないな…と思いますね…。
たらればですけれど。

まぁ中の人同士がお互い歩み寄る気もないのであれば
関係ない話だったかも知れないけれど。

Posted by: Samemoon! | March 19, 2008 at 00:23

こんばんは。
なんだかまだすっきりしません。

GGRで聞いたオジェックの試合後コメント。
私も新聞報道と全然違って拍子抜けしました。
オジェックは浦和のことなんて一切言ってません。
「チームってものは、シーズンがスタートしてリズムをつかむまで5~6週間かかる」
みたいな、一般論みたいな言い方をしてました。
全部聞き起こしてやろうかと思ったくらいです。
今となっては、もうそれも必要ないみたいですけど…
もし、オジェックがドイツ語で会見をしていて、
もし、横にコジェックさんがいて訳してくれていたら…
なんてことを考えてしまうんですよね…

Posted by: オトコマエ13 | March 18, 2008 at 01:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59025/40537033

Listed below are links to weblogs that reference 監督交代ほか:

« 鯱戦@埼スタ:第2節:2008.3.15...0-2 | Main | 神戸戦@埼スタ:ナビ杯予・第1戦:2008.3.20...0-1 »