« March 2008 | Main | July 2008 »

April 19, 2008

京都戦@駒場: ナビ杯予・第3戦: 2008.4.16...1-1

司キュ(ryの素敵ゴールを勝利で飾れなかったー。

うーん、ピリッとしない試合でした……。

後ろで回して回してバックパス…のつもりが
狙われて奪われてピーンチ!みたいな。

…ある意味懐かしいというか(えー)。

モチベーション…だったのかなぁ。
ACLの高揚感に比べるとそれは小さいかも知れないけれど。
国内の土台を疎かにして世界にはつながらないし
直結はしなくても重要なピースを占めていると思うんだけどなぁ。

デイリービジネスって何かの新聞の名前ですか(をい)。
いや、何かの冗談ですか。

あぁ、マスゴミの伝える言葉に一喜一憂しないと思っていたのに…。
言葉一つ一つに過剰反応してしまう…。

腰痛の永井は休ませたかったよなぁ。

でも高原がようやく…何となく浦和のリズムにのり始めたかなぁ…という印象です。
ドイツのそれから、いきなり日本というのもあっただろうし。
もう少し、もう少し…。信じてるー。

2失点目になるか!?という絶体絶命のあれを掻き出してくれた阿部くんに震えました。
何でそこに詰められるんだよー(T_T)

ツボがなんだか元のツボに戻ってきたような気がしました。
落ち着きなくあっさり抜かれる、球を出せば向こうにナイスパスばかり…という状態ではなく
鋭く球を奪って前に進められるような、見ていて「よしっ」と思えるプレー。


自力出場はなくなったみたいですが…。
AグループはJも好調なチームばっかりでなかなか大変ですが…。
1試合1試合を大切にし、その時々でできることをするしかないんだろうなぁ…。

ロビーさんが帰ってきていたようで…
お帰りなさいませ(TωT)ノ
闘莉王のアレは冗談って言ってきかせてやってくださいw本当に。


かくいう自分は微熱の状態で駒場へ向かいました…。
そういえば乗り場が東口になったんだっけ…無理せずバスで行けば良かったかも。

体調管理不十分...orz(反省)


■今日はここから■

駒場のバック1F

駒場の明かりは日本中にある国体系?のスタジアムの姿とダブりますです。

そのせいか試合後のMDPに昔の光景(わたしがまだ浦和に染まっていない頃のこと)を見たせいか、
なんだかノスタルジーを感じるんだけど…
ただそれだけの、目に見えない力をもらえるような雰囲気からは遠くなった…
普通の競技場になってしまったように思いました。

キッズスペースで大人並みに煽ろうとする姿がほほえましかったとか。
(これぞ英才教育ーwうはーいいねーと思いながら眺めてました。)
埼スタにはできないいろいろはあるんですけれどねー。

あと、今回のように、体調イマイチの時はバックの自由はとても助かります…。

でも…1万6千も入らないのかぁ…(´・ω・`)
どこかに消えたチケットが5千枚?
A席としてざっくり1千万円分かぁ…。

うーん…(-ω-;)

数年前でもナビスコなら(と言うのも変だけれど事実として)
発売日でなくてもチケットが手に入った駒場…
その頃の方がお客さんは確実に入ったよなぁ…。

やっぱり優先購入券で良いんじゃないですかねぇ。


■ついでに代表ばなし■

川崎の寺田選手が呼ばれたそうで、
(お友達のお友達からちょっとお話を聞いていたせいか)
他チームながら少しだけ贔屓目に見ているのでw
あるいは今は柏に行った茂原君も
それぞれ個人的にはおめでとうございます……なんですが…。

どうして自チームのことだと素直になれないのだろう…。

…というか腰痛持ちの王子を呼ばないでーーー(本音)。

…でも選手達は嬉しいのかな…やっぱり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2008

鹿戦@埼スタ:第6節 :2008.4.13...2-0

永井…頼もしくなって…(´;ω;`)

ヒーローインタビューのコメントも…(´;ω;`)ぶわっ

永井の輝きは、もー、キラキラキラキラ★でしたわ。

2点目なんて、DFを抜いた瞬間に一気に血圧急上昇、
ンガハタをかわした瞬間には「くわぁぁ!」と立ち上がりましたとも。
ゆっくりゴールに蹴りこんだのをみて叫びましたとも。きゃー。

場内一周の時も珍しく控えの選手も一緒に挨拶してましたしw
またインタビューは場内一周のあとにしてくれるのが
いいと思う、やっぱり。

永井がその輝きを増した背景には、
今年移籍してきたFWの存在も大きかったんだろうな。
(永井は入団を知らされてなかったらしいけれどw)

ライバルの方はまだまだフィットしている状態にはほど遠い感じだけれど、
長いシーズン、遠くない未来にその日が来ることを待ってるから。
ロビーさんがその引き出しを上手く開けてくれるかも知れないしね。

あぁ、とにかく試合終了後、
高らかにWe are Diamondsを歌えて嬉しかったことといったら!

うふ(〃▽〃)v

試合後、メインとバックと南に向けてトラメガを向けてくれた
われらがコールリーダー、ちゃんと聞こえましたよ!


都築のセーブは好調でしたねー。
良く集中してゴールを割らせず、
最後にとびきりの照れ笑いでハートを鷲掴みw

暢久は絶好調ではないかも知れないけど
タイミングを計っては、ほいほいボールを奪っていたなぁ。
ジャンプの高さと間合いの詰め方が普通に戻った気がする。
都築の球の出先になっていたし。

今日も得点に絡んでいたのに何ですが
闘莉王のMF…そろそろ満足しませんか?
たまに上がるくらいで良いんじゃないですか?
でないと嫁と萌タンが壊れちゃいそうで、見ていて心配です…。


鹿さんちもACLが挟まると辛いよね。
今年の元旦に「献身的に動き回る小笠原は嫌だ」と思ったけれど
さすがに身体も重そうだったし。怪我人も多いみたいだし。
これで代表招集カードが切られたら、さらに大変ですよね。

まぁうちはそれを乗り越えても優勝したんで
弱音を吐くに早すぎると思うけれど。まだ4月だし。

あとは早い段階で岩×2にカードが出てくれて助かったなぁ。
中国に当った直後でそのままラフなプレーとか出てきたらどうしようかと思っていたし。
(…そういうプレーが出てないとはいわないけれど。)


例の文字は…南ゴール裏で横から見たら
ワカメがぴらぴら動いているようでした。

うちの北ゴール裏が明らかに笑ってたし…。

本来だそうとした単語もやれやれですが
ビジュアル的に全然なってなかったし…
またうちのビジュアルが対照的に美しかったし。

ビジュアル

帰宅して見たTVの映像では
試合前、いつもなら選手入場を控えて緊張感漂うはずの北ゴール裏が
揃って(・∀・)(・∀・)(・∀・)(・∀・)なんですもの…。
TVだけ見ていた人は不思議に思ったでしょうね。


試合前に期待した明るい未来は…
うーん、正直まだよく見えなかったけどね…。

まだまだ守りは落ち着かないし…
全般的に良いサッカーをしていたのは
鹿島なんだろうと思う。

うちはあとから振り返ったときに
あの試合がターニングポイントだった、というふうになるかどうか。


そういえば…社長とGMは
「…あの言葉を言ってもらえなかったね」
としょんぼりしているのかな…。

もう少し何か必要なんだろうなぁ。
それが何かはわからないけれど。
まだわたしの中でも光明が見えないと思っているあたりと
それほど違わない理由かも知れない。


まぁでも、それでも、鹿戦での勝利は至上の喜びでした。
(試合終了直前にダメを押しという状況がまたv)

今日の結果にはとりあえず満足をし、
でもまだ足りない何かを求めて
また前を向いて歩いていきたいなぁと思います。

■今日はここから■

南上段より

いつもより到着が遅くなりましたので、アウェイ寄りで上段の方に席を見つけて座りました。
毎試合いちおう観客数当てクイズを自分の中でやってますが
今回は5万5千でニアピンでしたv(自己満足w)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2008

何かが見えてくるか?:鹿戦前夜

試合に向かうときはいつだって、
理屈抜きで、勝ちてー!と思う。

ましてその相手が鹿となれば、なおさら。

明日の試合、願わくば将来につながるよな、明るい何かが見えたらな、と思う。


自分のPHSの画面上で、浦和関係の予定イベントを
あらかじめ表示させるようになっているので
明日が鹿戦であることはもちろん清水戦の前後から認識しているわけです。

実はその前の数試合(特に新潟戦のあたり)は
その日の朝、起きてみて改めて相手を確認してみて
そこで気合いを入れる、みたいなところがありましたが。

さすがに今週は違いましたね、自分の中で。

夢の中でも出てきましたよ、名も知らぬ鹿サポと電車の中で牽制しあう…
ってなんつー内容かとw

でも、試合中は必要以上に気負いすぎず、そして集中を切らさないようにしないと。

うちよりもチームとして完成された相手と戦うことで
何かが見えてくるだろうか。
それとも見えないだろうか。
ACLがあのチームから何かを奪っているのだろうか、いないのだろうか。

闘莉王大作戦が続く限り、浦和で熟成される何かは封印されてしまっている気がするのだけれど
素人が気づかない間に、化学反応が起きるとも知れないし。
1試合1試合で一喜一憂しすぎず、長いスパンで見ていけるようになりたいなぁと思う。

でもこの天気模様はなんだろう…。雨でしかも寒いのは困りもの…。
またユニクロの保温セットをひっぱりだすか?一旦仕舞ったのに。



解任から千々に心乱されて&連戦続きで&身辺整理中で&年度末・年度初めで&そのほか諸々でw
筆が止まっていましたが、少しずつリズムを整えていきたいと思っています。

それでもちょこちょこといろいろ書きためていたものを一気にうpしました。
読むものがなかったら折り込み広告でも文字を追うぜー!な
文字スキーな方wはどぞー。

よく考えたらPHS機種変あとにいろいろなプログラムも入れてあるんだから
それでメモしていけばよいのだろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

磐田戦@エコパ:第5節:2008.4.6...2-1

今年に入って導入されたチャント「赤き血のイレブン」(リーグ版というらしいです)、
それを歌っている間に反撃ののろしが上がった!

新しいチャントもはじめは歌い慣れなくて、
でもそうやってチャンスを掴んでいく中で、
言霊の力を増していくように思いました。

試合終了間際に歌い始めるPRIDE OF URAWAに
不思議なパワーを感じるように。

今日でいえばウォーリアのあとから
何かがあがっていったように。


1点目の阿部君、「そこにいたか!」という、
絶妙な上がりに萌えましたvあれでこそオーバーラップだよなぁ。
次はホームで決めてインタビュー受けてほしいな。

闘莉王、あそこで決められるのは偉いねぇ、なのですが。
でも阿部君の上がりとは異なり
常に上がりっぱだし^^;
相変わらず守備は全然…。
それで最後につじつまを合わせた感があったりします…。

梅ちゃんは(←ちゃん付けw)途中で交代でしたが、
チャントもでき(何かエンドレスで頭の中を回りそうなメロディーです)、
出場中はわくわくさせてくれました。


1失点目はさすが駒野と言うべきか…
上手いなーと思ったら駒野。
今日のゴールを決めたのが誰だか忘れても
駒野の上手さは忘れないだろうなぁ。

∴ただでさえ守備が疎かな相馬では無理、
というか役者が違いますなぁ。
交代させられちゃったのもしょうがなかったかなぁ。
多少の攻撃力ダウンは覚悟の上で。


…振り返ってみても、清水戦につづきまだまだ綱渡り状態ですが、
逆転勝ちとか、ゴールが全て浦和側とかで
何か楽しい気分で試合から帰ってこられています。

渋く固く守って逃げるという芸風は取り戻せていないですが
得られる勝ち点は勝てば3と変わらないところ、
ちょっと不思議な感じです。


■今日はここから■

はじめて2階に来てみた

土曜日の午後イチ、
関東から参戦しやすい条件が整っていたせいか、
いつもなら難なく探せる1Fの空席、
今日はびっしり、雰囲気も戦うそれで
居場所を探すのもはばかられ、2Fへ移動した次第。

エコパに向かう途中の日向は汗ばむ陽気でしたが
日陰で風の通るスタジアム2Fは少し肌寒かったです。
でももうそろそろ暖かい参戦シーズンになるかなぁ…

初めての2Fはあれだけ広く見えますたが
トイレとなると2ヶ所しかなく、
女子トイレの内部構成はメイン寄りで個室3、
バック寄りで個室5って少なくないか?


そういえばよく考えたらエコパから昼間に帰ってくるのは
初めてなのかもなー。
というのも愛野駅に向かう道中、
向こうに見える景色に見覚えなく。

そして入場制限している駅…(´・ω・`)あう゛

幸い沼津行きに座ることが出来
魚のおいしい静岡県内で途中下車することもなく
沼津乗り換えの東京行きも時に爆睡しつつw
仲間と楽しくおしゃべりしての帰京でした。

長い一日、春の遠足も楽しく、
つつがなく終了でございます。

ただ、とても良い天気の観戦日和だと思ったのに
なんかあんまりお客さん入ってなかったなぁ…

チケットをしっかり売ってくれないかなぁw

団体チケ


他会場の数もあまり多くないし…
あー、うちが独り勝ちでは困ると言ってるのになぁ…ぶつぶつ。


駒野

ファーストネームを全部大文字、
名字は最初だけ大文字…というのはありなのだろうか…
普通逆なんじゃないだろうか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

清水戦@日本平:第4節:2008.4.3...2-1

一試合一試合、堤が目に見えて上手くなっていく。
それを見るのは極上の楽しみ。
A契約を結ぶことが出来たという堤、おめでとー!

まだ迷っている様子が見えもするんだけど、
大胆に球に向かっていく様子が頼もしい。
出たての頃の萌タンよりは落ち着いているなぁ。

でも出しどころに困って後ろで回しているうちに
堤に回ったところでそこを狙われて奪われて(´・ω・`)
頑張れ、兄貴達。

ここ数年、いろいろを犠牲にして
若いお子たちの試合出場の機会を与えられないでいたと思うのですが
今年に入っての数試合、若くて吸収力抜群な若手が
ぐんぐん経験値をためていく様子が嬉しいです~。

試合終了後にバクスタやゴール裏のサポに近寄って握手していくエジミウソン、
新潟仕込みの人なつっこさを見ました。
とても新鮮でv

時間を稼げるエジミウソンも梅崎も頼りになります。
アレがいなくなってあぁいうプレーがとんとご無沙汰でしたし…。

個人的にはこれで日本平負けなし記録継続中。

水曜日に仕事をやりくりしてまでやってきた清水、
簡単に負けるわけには行かないんよ。


スカパー!の放送をあとで見ましたが
「王者の旗」とかいうのを歌いたい清水サポ、
一方、試合後に勝利の余韻に浸っているうぃあーを映して
公共交通機関で帰れないと盛んに心配してみたり。
応援合戦をしているつもりもないし。
「アウェイはスカパー!で」とかいっているのに
アウェイを応援している人の神経を逆なでするような実況でよいのだろうか…。

それとスタジアムのどこかに啓太が座っていたらしいのですが、
前半33分過ぎ、チャンスを逃した浦和の様子を見ていた彼を紹介するために

「力こぶを握りながら…」

とか意味不明なことを言っていたような。

力こぶ…そんなものを握ってどうするorz

…拳でも握りしめていたのかな。

そして浦和の2Fにある定点カメラ、
今回も揺れが酷くて中継にはほとんど使われていませんでしたw

つか、1Fにいると圧迫感があって怖い&落ち着かないので
今回は最前列に座っていましたとさw

というわけで。

■今日はここから■

かぶりついてみる

広告に隠れてラインが見えないのが難ですが
それでも常に目の前を遮る人がいないというのは悪くないデス。
1年に1回くらいは良いよねーw

パルちゃん

パルちゃんはいつも通り働き者です。
今回のパルちゃんショーはパルザイルでした。
試合前、しっかりアウェイ側にも挨拶に来たのは良いんですが、
なんか乱暴な人に手荒い歓迎を受けて頭に怪我させられていたような(汗)


■おまけ■

日本平2F

初めて2階に行ってみた。

ゴミの回収器が…

埼スタと同じタイプの使用済み紙コップの回収器があった。

車を出してくれたmxxxさん、ありがとうございましたー。
帰りに拾いものをする等々、
今回もネタにことかかない遠征となりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オジェック帰国

解任から帰国の報を聞くまでの間、
マスコミに向けて監督批判してるような選手の記事や
それに踊らされる赤サポ・他サポ・サッカーファン達。
そして全く流れてこないオジェックの声。

ちょうど読んでいたのが「ローマ人の物語」、
ローマ全盛期を迎えようとしていたカエサルの時代でも
次々に起こる戦闘、異国の征服、権力争い、派閥の攻防、
虎視眈々と後釜を狙う人々等々が
何となく浦和の混乱に重なって見えもしました。

耳や目に入る何を信じて良いのか分からない日々が続きました。


あるサッカー誌でオジェックのインタビューが載っていましたが、
つけられたタイトルとは対照的に、
拍子抜けするぐらい淡々とした内容で。

オジェックは審判批判ということはしない人でした。

去年あまり話題にならなかったと思いますが、
明らかに減った2007年の反則ポイント
直接的には浦和の成績が良かったということが背景にあったのかも知れませんが、
2005年2006年の反則金と比較してみても
審判への対決姿勢を一切見せなかったオジェックにオーバラップしています。


去年のMDPで連載していた福永ヤスのコラム「僕とオジェック」が好きでした。
MDPの316号、オジェック退団後にヤスに送ったという手紙を紹介してくれた回は泣けました。
日本を離れてもなお浦和のことを気にかけてくれていたオジェック。

そんなオジェックのことを悪く言う気にはなれませんでした。
本当にコミュニケーションが問題の原因であったのなら
それに関わった人の全てが関係していたはずなので
オジェックを全面的に肯定するのもおかしいのだろうけれど。

人間だから合う合わないはあって当然だと思うし
自分を生かせる舞台に自ら動いていくのもありだとは思うけれど…
なんでここまで深刻な事態になってしまったのかなぁ。

監督としてではなく、何かの機会に
浦和にまた来て欲しいと願うことはわがままなのだろうか。

コミュニケーションをとるのが難しいってことだったのかなぁ...(しみじみ)。
自分も決して上手い方ではないのでなかなか悩ましい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新潟戦@埼スタ:第3節:2008.3.30...3-0

再び箇条書き。

・今のチームに何より必要だったのは勝利という二文字だったと思うので
それが達成できて何より。
・堤のカードはそれはねーだろー。
・これで3試合連続雨ですね。雨合羽、フル活躍です

相馬v

・2年越し?の相馬のヒーローインタビューv笑ったw次は阿部くんでよろ。というかあわや同点かというシュートを防いだ功績ではダメですか、そうですか。
・試合中、TV映像が北のオーロラビジョンに映るんですが気が散ります。どうにかなりませんか。
・というか相手の選手が誰か知りたい時に困るんですけど。
・Curvaの友達に聞いたところ、南のビジョンには映らないらしいです。


■今日はここから■

雨が続くなぁ


■おまけ■

Hand in ...(´・ω・`)

・浦和美園から埼スタに向かう途中の電光掲示…Hand in ...(´・ω・`)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京都戦@西京極:ナビ杯予・第2戦:2008.3.23...3-3

箇条書きですが。

・エジミウソン、ようやく大回転vいきなりハットトリックかー。
・でも試合が見えにくい西京極でよく見えなかったよぅ(´・ω・`)
・なんか、2005年に徐々にフィットしてきたトミーのことを思い出した。
・だってあれも瑞穂の見にくいスタジアムだったからorz
・2点差ついたときは…やっぱり追いつきそうだったかorz(イヤな悪寒という奴か…)
・雨は予想より弱かったです…。

■今日はここから■

見にくいスタジアムだなぁ


■終了後■

行きはムーンライトながら、帰りは深夜バス。

餅ー

試合の前に餅を食べ、某所で仮眠、
終了後はひとっ風呂浴びてから居酒屋でうまー。

おばんざい

シチュー

別腹v

ホントにうまー。
おばんざいを少しずつ食べられるのがまた!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | July 2008 »