« 京都戦@駒場: ナビ杯予・第3戦: 2008.4.16...1-1 | Main | 北京五輪メンバー発表 »

July 17, 2008

大分戦@九石ドーム:第16節 :2008.7.12...0-2

終了間際のあがり、
試合後の深く長いおじぎと、
そして「ゴメン…申し訳ない…」
と両手を胸の前で合わせる阿部くん、
同じように深々と頭を下げる司くん、
ホテルで仲間に見せてもらった阿部くんのコメント、
それらにだいぶ救われた大分の夜。

わたしは携帯の公式ページを見る術を持っていないので
そういった情報は友達から見せてもらったり
ネットで見かける二次情報だったりでしかない。

たとえどんな言葉を口にしようとも
本当は試合できちんと姿勢を見せてくれるのが何より大切。
内容で勝っても結果がついてこないことは往々にしてある、
それでも内容が良ければ納得できるものなんだけれど。

今は言葉も姿勢もトンチンカンだったのを見せられて
その度にうちらの後押しに足りなかった何かを考える力がしぼんでしまって…

今日のパフォーマンスだけでなく、
試合後のコメント(というか現状分析を表現できること)を見せてくれた
阿部くんと、そして司くんのために
次の試合もわたしに出来ることを頑張ろうと思う自分がいる。

そしてどんなパフォーマンスを見せてくれるのだろうと、
達也や永井や萌タンや都築や堤やセルを見たくて
またスタジアムに通う日々は変わらない。

…そうなんだけどさ。

浦和っていう"チーム"はどこにいっちゃったのさ?


■そのほかの雑感

・総じて至極妥当な試合内容と試合結果。番狂わせがおこらなかったので何より。試合内容は過去の繰り返し。

・たとえば大分がどこかで間違ってうちにオウンゴールなんて与えてくれたらどうしようかと思った。

・今年になってポストの女神様にどれほど頼っているんだろう…(遠い目)

・堤が交代という時点で負けを覚悟。交代直後、案の定(´・ω・`)

・ただしセルは悪くはなかったと思う。

・決してサッカーが上手くない(とわたしは思ってる)啓太は試合に出続け、丁寧にまた積み重ねていくことでしか試合勘が取り戻せないとしたら、今この状況で試合に出させてもらえることは考えようによっては悪くないよ、きっと。

・達也が90分出場できた、その分メリハリがなくなったような…でも戦術は達也、いつまでもそれでは困るんです。

・闘莉王は史上最強の「アジアの壁」になる資格を十分持っていると思うんだけど。高原と比べて動きがMFやFWのそれじゃないから相手DFが守れずにゴール…なんてことがあるだけなんじゃないか。闘莉王のボランチ、それのために犠牲になっている部分が一体どれほどあるのだろう…。闘莉王はチームで孤立してないの?

・首位にいること、それを口に出す選手がいると知り、引きずり下ろしてくれないかと思ったが、今節それがよりによって鹿だった、それが何とも哀しい。

・それでもこれから上位をキープすること、J1にいること、それらを守ろうとしている選手が出たら上位にいるチーム、J1で戦っている17チームを応援する自分が出てきそうで…やっぱり哀しい。

・東京V戦では負けたくないなぁ…。そのくせ鹿島戦だけものすごくやる気出されたらどうしようか思う自分…(いや、別に勝って良いんだけど、やれるのにやらないのを見せられたりしたら怒るよ)

・2005年の主審大暴れで負けたあの試合、2人退場、暢久の怪我、それでも走ることを止めなかった、勝たせてあげたいと思ったあのチームはどこに行ったんだろう…。

・あのあとトミーが来て、ロビーが来た、そして悪い2005年ではなかった。今年は空いている外国人枠に誰が来ようとも、今のチーム状態では劇的に何かが変わることはあり得ない、相当の覚悟が必要なんだなと思わせてくれるに十分な大分遠征でした。


■今日はここから

今日はここから

ビッグアイ、開眼!

ですが、吉兆ならず(´・ω・`)

福岡往復で初の敗退です(´・ω・)(・ω・`)なっかりですな

大分サポが毎年増えているのは喜ばしいことなのだろうけれど。


■消化

コーンスープ

トウモロコシのかき揚げが絶品です

ランチのデザート

残念会ですが何か

えびちゃんw

にくー

揚げとうもろこし…これも絶品v

ホテルの朝食

抹茶氷

梅が枝餅

うなぎー

以上、ごちそうさまでした(-人-)
(ただしこれでも食べたものの一部ですがww)

美味しい食べ物と共に、いろいろ心に溜まった黒い黒い思いも
少しですが消化したふり。

あぁ、また来年も福岡のおいしいどころは必須ですな!

…J1なら大分、J2ならそのほかの九州のチームと戦えるだろうしorz


少なくない出費で往復するのだから
試合だけの往復、なんて修行僧みたいなことは無理!(…いや、そういうときもありますがw)
というわけでかように試合以外で出来るところは楽しんでまつ。
(るるぶを楽しみます、基本です、温泉も入りました。)

別に遠い近いで試合の重さは量れないし
ただ浦和が好きで行っているんだから
負けた、行って損したーなんて単純なことは思ってないし
鹿戦だってその日の午前中まで仕事だけど駆けつけるし、
クウェートだって手配しちゃった(!)し
これからも辛抱強く浦和を見つめていきたいと思っております。

なのでクラブの中の人、もうちょっと希望を感じさせる何かがみたいものですがー。
無理なんでしょうか…(遠い目)

■追記

そしてなぜ鹿島は負けるのだ、このタイミングでorz

|

« 京都戦@駒場: ナビ杯予・第3戦: 2008.4.16...1-1 | Main | 北京五輪メンバー発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大分戦@九石ドーム:第16節 :2008.7.12...0-2:

« 京都戦@駒場: ナビ杯予・第3戦: 2008.4.16...1-1 | Main | 北京五輪メンバー発表 »