« Kuwaitに着きました | Main | ただいま帰国 »

September 24, 2008

Al Qadsia戦@Mohammed Al Hamad Stadium:ACL準々決勝・2008.9.17...2-3

んー。Kuwaitに来てまで
勝ち点がとれなかった…(´・ω・`)

とはいえアウェイで2点取ったことを無駄にしないために
あとは勝つしかないんですが。

試合終了後のロビーの挨拶は
ホームでぜってー勝たないと!…と
改めて決意をさせるに十分で。

しかし失点はすべてセットプレーという事実はいかがなものかと。

何となくだらだらしても三位に居座っているせいか
いつものリーグ戦のように
惰性のてれてれプレーという時間はなかったのかと。

アル・カドシャの方がシンプルにプレーしてたなぁ。
暑さと乾きにはきっと慣れているにしても。
止める、はたく、走るという動作に
無駄がなかったように思えました。

うちだって去年はあんなにいろいろができていたのに。
(例え個の力に頼っていたにしろ...
1+1が2.5くらいにはなっていたのに
今は1.8くらいなんじゃないか?)

つか、なんだ、あの暢久のジャンプ力は。

やればできるんだろ?
なんでいつもやらないの?

そして何で動いてプレーできる永井を下げて
代わりに司きゅんを出さなかったの?とか。

と少しいらつきつつも
Kuwaitでのきりきりするような敗戦が
リーグにも好影響を及ぼすことを期待しながら
スタジアムをあとにしました。

あー少なくとも準決勝までは行きたいなー。

もちろん審判は下手くそだなーと思ったけれど(--;)

去年は決勝トーナメントを勝ち上がれば勝ち上がるほど
審判のまともさかげんに助けられていたような気がしたんだけど
逆に今回のことを教訓に
審判に左右されないプレーの確保、
それに奔走してくれないものかと思いました。

審判への文句は勝ってこそ言う価値がある。

にしてもあの暑さですら
暢久の跳躍のすばらしさといったら!

あれはいったい…(ぶつぶつ)。

そして大分戦の時にも思ったけれど
いい感じのツボが戻ってきた。
状況を見て、動けるときなら上がって
チャンスに絡んで欲しいな。


長い長いKuwait道中記+αはまた別に。

|

« Kuwaitに着きました | Main | ただいま帰国 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Al Qadsia戦@Mohammed Al Hamad Stadium:ACL準々決勝・2008.9.17...2-3:

« Kuwaitに着きました | Main | ただいま帰国 »