« October 2008 | Main | December 2008 »

November 28, 2008

うっちー&岡野…

おふぃさるで2人のベテランの契約満了が発表されました。

写真を見ただけですが…切ない…。

タイトルに恵まれた一瞬のきらめきのような時代を
うっちーと一緒に過ごせて幸せだった。

あの細い足でどうして、と思いつつ
交代で出てきてはその役割を十分に果たしてくれる、職人だと思う。
巡り合わせでうっちーのゴールを見られなかったのが悔やまれます。

今シーズンの岡野には物申したいこともあるんだけど。
…今は何も言えないや。


ネットで見た彼らへの賛辞を見ていたら
少しうるっときました…。

2人とも、これまでありがとう。

ベテランだろうと若手だろうと
いつか選手としての別れは来るわけですが
今年の監督・フロントの元で
浦和最後の年を終わらせるようなことはさせたくなかったです…。


もしも…

去年の同じ時期にオジェックの元でそれを言い渡していたら
それはまた別のショックだったと思うけれど…
でも納得できたような気がする。


…寂しくなるなぁ。

願わくはユニは違えども
もう少し選手としてフィールドでプレーが出来ますように。


また、うちの現監督も解任との報がマスコミで流れていますね。

先ほどNHKのニュースでもそれがニュースになっており
「ACL準決勝敗退・リーグ4位」
というテロップが解任の理由として表示されましたが
わたしの感覚ではそういうことじゃないんだよなぁ…。

でも柏の石崎さんの契約終了のニュースにはもっとびっくりです…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

清水戦@埼スタ: 第32節:2008.11.23...1-2

これ以上ないくらい妥当な試合結果でしたね。

(´・ω・`)


良かったこと…

…。

あ。

穴沢さんの笛が素晴らしかったです。


…そこか。

///////////////////////////////////////////

ボランチに闘莉王…今年何度も見たパターンでした。最悪。
今年何がないってその選択こそないでしょ、と思うそれ。

代表でDFをやっている彼は本来彼が生きる場所にいるように見えるのに
本拠地である浦和では好き放題にさせている…勿体ないなぁと思う。


そしてチーム全体でこれほどまでのサイドの生かさなっぷり、
横パスの横行、カウンターの決まらなさ加減、
シュートの打たなさぶり。


今の監督は選手に最低のリスクで(というかリスクを冒すことを禁じながら)
最大の成果(順位・タイトル)を、とでも要求しているのだろうか。
とはいえ実は彼の采配が一番リスキーというか博打だと思うんだけど。


監督の与えた中で選手自身が取り得るリスクを負い
しかし成功する可能性が高いギリギリのところを自分で見極めながら
かつきちんと成功させ、
そしてゲームに躍動感を与えてくれているのが達也なんだと思う…。

その達也だって今日の使われ方では…orz


ブーイングも起きず、かといって拍手をする気にもならない…

「早く残りの試合を終えて来年が来ないかな」

とスタジアム全体が思っているような閉塞した感覚。
明るい未来は待っていればやって来るものではないのに。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

札幌道中記?2008(下)

…横浜FM戦にも行かれず今年の天皇杯は終了してしまいました。

ちょっと間が開いてしまいましたが。
次いつ札幌に行かれるか分からないので
簡単に写真だけあげておきます。

081109unista

札幌ドームのそばにあるコンサ巨大ユニ看板。
ウエストのところのたるみも再現されている…不思議な風景です。

081109drclark

羊ヶ丘に来たのは初めてです。
クラークさんの向こうに銀色のスタジアムが見える様子はなかなか。

081109austria

オーストリア館という
札幌五輪の時に使用した建物だそうで。

081109austriahouse

古い建物ではありますが
かように大きなイベントのあと、いろいろな建物を移設して再利用というのは
きっと全国にあるんでしょうねぇ…。
(そういえば大昔に千葉でタンザニア館という建物に泊まったことあるぞ…
大阪万博の建物だったような…)


そのほか雪祭りの資料館があり結構楽しめました。

081109postcard


メールがこれだけ盛んになれば
自ずとハガキの使用頻度が減っているに違いないとはいえ
こうやって並んでいる歴代の絵はがきセットを見るのは悪くないです。

081109pyskii

ロシア語の表記があるのは土地柄でしょうか…。

081109olympic

五輪に関する様々な資料。
今盛んに活動中の東京五輪はどうなるんでしょうね。


そのほか夜景も見に行って綺麗だったんですけど
とにかく寒かったー。
まだ市内には紅葉が綺麗なのに雪も降って
札幌満喫…といったら書き過ぎかな。

でも楽しかったです。
また札幌と試合ができますように。
…もちろんJ1で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2008

札幌道中記?2008(上)

今回もよく食べ、よく入り、よく回りました。
(なにげにこれまで札幌市内の観光スポットをあまり回っていなかったので
あちこちふらふらしてきました。)

写真でさらっとまとめておきまつ。

■今回の食い道楽(順不同)


◆六花亭にて。

081108rokka1

081108rokka2

081108rokka3

このソフトクリームは絶品だったな…。

081108rokka4

こんだけ食って他に珈琲(おかわり自由)とか頼んでも
2千円台です。ビバ、六花亭の喫茶!

◆常(JOE)@羊ヶ丘にて。

081108joe

081108tenboen

建物全体の雰囲気はアレですが…。

081108

ラーメン屋さんの店構えはこぎれいです。


◆豊平峡温泉にて。

081108curry


くろつら亭

081108genghis

081108kimuchi

081108niku

生ラム…だそうです。
うまーでした。

ちなみに野菜・肉・野菜くらいの感じで頼んだんですが、
さすがにしばらくニクーはいいです、という感じになりましたw
でも隣のグループは肉・野菜・肉・肉と頼んでた…
わたしにはちょっと無理だわ(^^;)

ホットペッパーやFREEのるるぶに
クーポン券がありますv持って行くと1品お得などの特典ありv

…なお、ここまでの飲食店内で赤いイナゴ(とおぼしき)は見ませんでした!(驚異?)
もう1軒行ったお店もものすごく美味しかったのですがやはりイナゴはおらず。
なんかそれはそれで達成感ありw

◆空港にて

081108rokka5

(六花亭の直営店で買える冷蔵品…なので2時間以内に食べてね、というので「じゃ、飛行機で食べますね!」といったら、きちんとスプーンを付けてくれた!六花亭GJ!)


そして。

生涯最大重量記録…●■〓

つか、身体が重いw

ダイエットってしたことがないので
身体を軽くする術が分かりません…
こまめに自転車に乗るかなぁ…。

まぁ加齢に伴ってさび付いてきてますし、
体力作りを兼ねるのが良いかな。

こんな状態では選手にあーだこーだ言えないっすよね、まじで。

////////////////////////////////////////////////////////////////

■今回の温泉道楽(順不同)

◆「豊平峡温泉」@定山渓

081108hoheikyo


◆「竹山高原温泉」@北広島市

081108kitahiro

(つづくー)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

札幌戦@札幌ドーム: 第31節: 2008.11.08...2-1

081108stadium

久しぶりに戻ってこられた永井、
幾度となく起こる彼への拍手と一瞬見せてくれたドリブルに少し涙目。

達也は良いな、代表戦で酷使されないと良いんだけどな。

ほぼフル出場に近かったセル、達也とともに後半は失速しちゃったけど
もらったチャンスを頑張ってものにしようとしていたなぁ、という印象です。
これがまた次に繋がると良いね!

でもあれほどガス欠になるのが早い印象があるのは
システムがないことによる無駄な動きが多いからなのか
あるいは…選手の嫌がる(であろう)フィジカルのトレーニングって
どれほどやられていたんでしょうか…あんなに休みが多くて(-。-)ぼそ

暢久、400試合おめでとう。
また途中交代だったけど。
ゴールに向かってくれるのがやっぱり嬉しい。

ボランチは闘莉王でしたが…
札幌相手だったからボロが出なかっただけのような…

あとで聞いたらぶっつけ本番だったとか?

…。

…また?

...○rz

定着すれば奇策ではなくなるのかも知れないけれど…。
この後に及んでまだそれかよ、と思う…。

総じてまだまだ辛抱は続くな、という感じですが。

でもどこかで「変わらなきゃ!」という意志は漂っていたかなぁ…と思わなくもなく。
ミドルがいつもより増えていた?とか。ちょこっとしたこと(印象だけかも)。


でもって、それはサポも一緒だと思うの。
今の閉塞した感覚を変えていきたい。
「変わらなきゃも変わらなきゃ」となる前に。


札幌ドームのアウェイ側の席に陣取った赤い人は
8千とも1万とも聞いたけれど
少なくともわたしの前に陣取っていたグループのおっさんは
選手に文句いい、交代にけちを付け、札幌の選手を褒め、
そしてビールを手にし、拍手は全くせず腕を組み。
チアが登場すれば望遠レンズ付きの一眼を仲間から借り(をいをい)。

とにかく浦和のことを腐す度に

「あんた、札幌に来てまで何文句ばっかり言ってんだ!」

…と首根っこ捕まえたい衝動に駆られつつ
何も出来なかった…(´・ω・`)
どうすればいいのやら…やれやれ。

081108oyaji


さて、外せないイベント仕事のため
丸亀に行かれないのが残念ですが
階段をもう1段上がれることを祈って…。


そして気がついたらガンバがえふしー瓦斯に負け…
翌日の一般紙にガンバのリーグ戦のタイトルが絶望的との見出し…
これはやっぱりACL効果でしょうか。

去年の浦和はACLの優勝を決めるまで、引き分けはしても
もうちっと緊張感はあったはずなんですけど
(つか何で平山にゴールを破られるのか全く理解不能…)。


■追記('08/11/28)
そうそう、これは書いておかねばと思っていたのだ。
家本主審の笛が安定していました。
黒子のレフリーが良かったことはネタにもならんのだけど
良いと思ったときにはそう書いておかないと。


■今回のアウェイの洗礼

081108taiki

Kick Off1時間半前(12:20ごろ)にドーム北側の路線バスの停留所に到着、
歩けども歩けども待機列は見えず。
ドームから離れるばかり。

チケットの譲渡とかがあったとはいえ
入場できたのは50分後(13:10ごろ)…
そのほとんどが寒空の下でした(´・ω・`)

1万人近いアウェイサポを初めて扱うにしても
いくらなんでも待たせすぎだろう…(汗)

札幌サポとアウェイサポを分離するために
何か対応していたらしいという事情もあるようですが。

なんでも入場から退場まで徹底的にエリアを分けたのだとか?
(…地下鉄の駅の中もそうだったの?)

あぁ、ベンチコートを着ていって良かった!と思う。
しかし荷物になるかも知れないと
厚手のセーターを置いてきてしまったのは誤算。

しかもどんなセキュリティチェックをしているのかと思えば
レベルは埼スタに入るときと変わらなかったですわ…(=かなり軽い内容)。

チケットチェックや荷物チェック等を
複数列にしておけば十分対応できたんじゃね?と思う…。


■スタジアムの光景

来年は来られないので珍しくスタジアムグルメを探索しようと思ったのに
入場に手間取ったせいでそれが出来なかったわ…。

081108baway

B自由席は売店もあるし大混雑ですが…

081108ssa

S席などがあるエリアはわりかし空いてます。
トイレも少し待てば入れる程度。

ホントはBアウェイ席のチケでは入れないエリアだったと思うんですが
下層エリア(トイレのあるエリア)のチケットチェックってば
あまりに緩かったのか気づかないうちに通れちゃったw
ただしさらにもう1回チケット席種チェックがあり
つまり上層には行くための階段は通れなかったかと思われ。

081108annai

壁にある場内案内が…ハンドメイドな可動式でした…。

081108beer

だるさま。

081108ballboy

ボールボーイ大活躍。
思わず浦和のゴール裏からも拍手w
(ドーレ君の中の人のダンスもあぁ見えてなかなか。
よく足が上がってました。チアも揃ってました。)

081108danmaku

札幌のロング断幕…試合中に旗の振りすぎ?で後半が下がってしまってた…。

081108grass

試合後に見た、芝生の養生?エリア。
まるで水のない貯水池のようでした。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

秋春制についてはまた今度…
とするといつになるのかわからないのでw書いておこう。
(道中記は別途…ということで)

相変わらずグダグダ書いているので畳みまする。

Continue reading "札幌戦@札幌ドーム: 第31節: 2008.11.08...2-1"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 08, 2008

愛媛戦@駒場: 天皇杯4回戦・2008.11.3...1-0(延長)

081103ehime

今年の最悪な90分は
アウェイのヴェルディ戦だったと
個人的に思っているのですが
愛媛戦は別の意味で悲しい試合でした…。


…。

阿部くんのあんな姿は2度と見たくないなぁ…。
そのほかの選手達はなんで東の前を素通りしていこうとしたのだろう…。

闘莉王はよっぽどブーイングが嫌いなんだろうけど
Curvaの最前列で言い合いをしているような姿も見たくないなぁ…。

勝っても負けてもブーイング、というのとは
ちょっと違う気がするんだけど…。
何かお互いが思っていることがすれ違っている…
きちんと伝わっていないか…あるいはバラバラなんだよね。

それじゃわたしが何できるか…って…良いプレーに拍手するくらい?
浦和のピンチにささやかにぶーぶー言って威嚇に荷担する(荷担できてるのか?)くらいなのかな…
それでいいのかな…と思うけど…よくわからなくなってきている。

つか、そもそも選手達だって勝ったのに笑ってないじゃない。

そんなスタジアム全体の苛立ちの中で見せた愚かな報復行為で
萌タンにレッドがでたのは当然だったのかも知れないけど
不可避なものだったのかな…と思う。

主審もあんなハンド見逃しはないよな…と思ったけどな。


試合後のブーイングについては、
わたしの中ではまだ整理がついていません。
東の人々はどう思ったのだろう。
(ちなみにわたし自身は仲間へのブーイングはしない姿勢。
黙って見守るか、不甲斐なければ挨拶すら見ずに帰るだけ。)

無言でさっさといろいろ片付けちゃった方が良かったのかなぁ…。
(それが選手の心に響くかどうかは分からないけど…)

達也とセルの交代の時のブーイング?(どよめき?)に至っては
もっとよくわからない…。
達也の身体の調子はサポの誰もが知らないと思うしね。
FW同士でのあの交代はブーイングが必要なほど
理解不能なものではなかったと思うんだけど。

あと、セルも前線では駆け回ろうという気概が見えなくもなかったんだけど
後ろの方やボールのないところでの動きがもっと見えたら
もっともっと良いのになぁ。
達也とエメのように小さな犬が阿吽の呼吸で駆け上がっていく、
そんなイメージにもっと近づくんだけど。


…あからさまな時間稼ぎをしていたセルに対して
バックスタンドからブーイングやら野次やらが上がっていたと思うんだけど
(あるいは彼にというだけではなかったのかな…)
それについて「まぁまぁまぁ…」と
スタンドに対してなだめるような仕草をして見せたのは
ちょっと可笑しかった…あんなことができるんだ…。

天皇杯のアンセム?はきっと毎年毎試合流れていたんだろうけど
どうしても2005年の映像(輝く星のビジュアルと試合後の表彰式、特にトミー)の印象が強くて
なんだかとても大切なものに思えて
でも2008年の天皇杯初戦は
そういった気持ちからはとても離れていた試合だったように思います。


入場者数1万6千人少々。

これまでわたしの中のイメージとして4万3千人くらいというのが
「雨が降ってもとりあえず浦和の試合に来る」サポだと思っていましたが
「チームがどんな状況・どんな試合であっても必ずホームの試合には足を運ぶコア層」というのは
愛媛戦のあの人数だったのかも知れないと思いました。

いつもならまた数千のもったいないチケが!と嘆くところですが
今回に関しては…前日でも残券があったしね…。


劇的には変わらない…という社長のコメントを
ネットで目にしましたが…。

良くなることは難しいかも知れないけれど
悪くなることは十分にあり得るのにね。
しかも簡単にね。

…だってこんなわたしでも
チームの姿勢に対する小さな反抗の一つとして
シーチケの継続購入どうしようか、
まだ決めかねているんだもの。

もちろん自分が所有している権利がA席1枚の購入で
駒場のチケットが優先購入の権利に変わりそうだという告知も
それに拍車をかけるわけですが。


チケットとグッズ収入とに大きく依存しているのが浦和の経営…ということらしいけど、
劇的に悪くなるよりもいろいろがボディーブローのように効いてきそうな悪寒がするのは
わたしだけかなぁ。


そして昨晩遅くにおふぃさるに上がったメッセージ
残念ながらわたしには何も伝わってこなかった。

でも札幌で何かが変わるかも知れない。
やっぱり変わらないかも知れない。

それを見に、また足を運ぶことにします。

■おまけ

081103mikanbus

みかんバス?
ちょい悪な感じだけど、出島にも入っちゃうあのキャラクターかぽーは
なかなか好感触です。今年はクリスマスの衣装が着られませんでしたねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大分優勝

今年に入ってかわいいマスコットが決まったり
(最近わたしが送るメールでの定番文句が
「おつかめさま」であるのはここだけの話だw)

行くたびに観客動員数が増えているような印象もあり
(どう考えても都市圏として大きくないと思うのですが)。

浦和がJ2から昇格した年、
涙をのんだのが大分でしたっけ…。

そこから再度チャレンジの末J1にあがり。
最近では胸スポンサーも付けさせてもらえないとかあったけれど
(またそれが不可解な理由で)。

なんか、色々な意味で光明を感じるチーム、
大分の優勝だったように思います。

大分さん、おめでとうございます。


…でも汚めのファウルは減らして欲しいなぁ…とは思うけどね(ぼそ)。

わたしにとって未だ特別な輝きを放っている2003年ナビスコ杯優勝。
今わたしが持っている携帯には2006年優勝記念のストラップがついていますが
その前まではずーっと2003年のものが付けられていました。

またいつか、浦和が新しい時代を迎える幕開けの時に取れたりすると嬉しいな、と思う。

なんとなく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新潟戦@ビッグスワン: 第30節: 2008.10.26...1-0

達也はよく動くなぁ…
割りそうで結局割らなかった球を諦めずに追っていったところなんて
ここ久しくない素敵な瞬間だった。

そーゆーのが見たかったのよ!

その達也が出てくるまで
一番よく動いていた萌タンに
ご褒美の絶好球とゴールが転がり込んだ感じ?

まぁ何だ、でも前半は自信がないのか
ちぐはぐでしたが。


今日は新潟が主審の岡田さんにブーイングしていた?ようですが
適切ではない判定もあったような気がしますが
でも全体的にはそれほど判定にぶれはなかった印象…
(きしょーくんなどが同じプレーで何度もファイルをとられるのは愚)

081026niigata

そーいえば新潟で久しぶりに勝った気がする…♪

勝てばどこでも嬉しいが
新潟はファミリームードを壊してスミマセンねー
と思いながら(・∀・)にやにやする感じ。

081026ahiru

なんかいつのまにみにくいアヒルの子が3羽もいたよ!
(親はどちらかといえば美形なのに
ホントに可愛くなかった…童話に倣ったのかと思うほど(汗))

それから、今日はJA新潟さんの提供で
ローソンのおにぎり(高い方)が
アウェイの方にもしっかり配られて。
新潟さん、太っ腹v
しかもお気に入りの生たらこで嬉しかったっすー、ごち。

…新潟は相変わらず公式発表される入場者数(4万)と実感(3.5万くらい?)との乖離はあるんですが…
中居君だけ見ちゃって帰った人とかいるのかな?

081026baseball

国体の準備のためでしょうか、近隣に野球のスタジアムが着々と。さすが新潟県…なのかどうか。

最後に、今回は新潟入りの移動手段を直前で変更せざるを得なかったのですが
急遽助けてくれた仲間に感謝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »