« November 2008 | Main | January 2009 »

December 29, 2008

行く人・来る人・年の暮れ

年の瀬ですね。

来る人もあれば、去る人もある。

岡野とうっちーにつづき
若手くん達の動向も発表されました。


以下、発表順で。

愛媛FCに完全移籍、2004年のステージ優勝が決まったあとでの柏戦、ひたすら楽しかった思い出とセットでの記憶が、大山くんデビューでした。愛媛でも湘南でも、スカパー!で大山くんの名前が聞かれるのが嬉しかったなぁ。残念だけれど、必要とされる場所で活躍して、そしてまたいつか浦和に戻ってきてね。

坂本くん、岡山に完全移籍、線が細いけれど貴重な左利きで、なかなか見に行けないサテライトで、CKを蹴っていたっけなぁ。レストハウスで見かけた私服の姿が最後になっちゃったなぁ。大学3年生を終わろうとしている子と同じ年なんだよねー。若い若い。

赤星は、お帰りなさい。スカパー!で目にした水戸の試合で幾度となくアナウンサー聞かれる赤星の名前にほくほくしていましたよ。

入れ替わりで高崎くん、水戸に期限付き移籍。大卒で身体もそこそこできていて、若いFWくん。今年それほど活躍できなかった原因はどこにあるかはわからないけど、試合に出ないことには始まらない。向こうでの活躍を期待してますよー。そして必ず戻ってきてね。

えーこ、ザスパ草津へ期限付き移籍、去年のガンバ戦アウェイで絶好のチャンスで決められなかった試合があったっけ。あれが決まっていればなぁと思わなくもなく…。タイムリミットは着実に近づいていて、ここが正念場だと思うけど、絶対に帰ってきて、ユース出身の選手としてまたA契約へ繋げて欲しいなぁと思います。

徳重くん、完全移籍(神戸)、今年に入って出場機会を得ている様子が嬉しかった。ぶっちゃけエノタツなら食い込む余地はあると思うので(゚∀゚)、頑張って正GKの地位を掴めますように。


ここ数年、若手くん達がなかなか育ってこなかったのは
華やかなタイトル奪取の影で犠牲になった部分もあったと思います。

フィンケさんはどうやって新しくやってくる&戻ってくる子たちを使ってくれるだろう。
また、動きの悪かった選手達と
どうやってハーモニーを奏でてくれようとするだろう。


いろいろがある程度軌道に乗るまで時間がかかるかも知れないけれど
今はまだ指揮者の手腕が見えない分、不安だけ感じてもしょうがない。
期待を大きく持って新年に臨みたいと思います。


ただ、スポーツ紙のサイトを斜め読みしている限りでは
契約更改がなかなか進んでいないようですが
とことん話し合ったら宜しいと思います。

わたしだって毎年その手の話し合いを職場と持ちますからね。
(契約更改という形すら取っていないですがw)

そこで何か納得のいかないことは相手に伝えるようにして
(たいがいは給料のことではない・きっぱり)
なるべくすっきりした形で継続したいと思う、その繰り返しです。

/////////////////////////////////////////

さて、世の中にはまだサッカーが現在進行形で進んでおり、
昼過ぎからお年賀の買い物をして、年内に必要な振込関係の処理を終え
帰ってTVをつけたら天皇杯のエコパでの戦いが終わっていました。

…やっぱりここは新年早々アメリカ次期大統領オバマさんからの花輪でしょうか!(わくてか♪)

しかし霞ヶ丘はお客さん入ってないなぁ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2008

「2008シーズンの検証について」を読んで

…読書感想文のようなタイトルですが。

浦和の公式サイトの「2008シーズンの検証について」を読みました。


検証した内容の全てを
つまびらかに発表する必要はないにしても
少なくとも今日読んだ文章では
「クラブはきちんと検証したのか?」と疑いたくなるほど
日本語としてお粗末な内容。


何よりあんなに短い文章なのに、その構成がなっちゃいない…

---------------------------------------------
・今年掲げていた方針の確認
・第2節終了後の監督交代
・一時的な回復.....(→え、回復ってホント?)
・シーズン最終結果
-----------
・開幕直後に浮き彫りになった問題点("闘う"姿勢の未達成、コミュニケーション不足、連動性無し)
・監督解任の言い訳
-----------
・新監督の「挑戦」
・一時的な反転...(→つか、反転ってなんだ…好転ということかな…好転…したのか?)
・夏場前後の不安定さ...(→まるで監督交代~夏場前の間はチームの形があったとでも…?)
・全体的な方針の不達成
-----------
・選手育成の話...(→いきなりw)
-----------
・全体的な目標の不達成...(またここで繰り返しか…)
・シーズン途中で目標とのギャップが漸増...(→というか、掲げていたのはズレが発生するような目標か?)
-----------
・スタジアム運営の問題...(→主にガンバ戦の一悶着ですな)
・クラブ内・チーム内のコミュニケーション不足と前年のアジア制覇→理念や長期ビジョンの構築の遅れ...(→それを1つの文で語るには無理があるような…)
・ホームゲームの勝率の低さ...(→いきなり?w)
・ナビスコ杯惨敗、天皇杯途中敗退、ACLの敗退...(…それを一気に語るか…)
・内容・結果共に不十分のお詫び
-----------
・2009年の展望?
・レッズスタイル...(を構築中なんだか、もう構築されたんだか、追求中なんだかもう…(´△`))
---------------------------------------------


以上の斜体部分は思わずせずにはいられなかった心のツッコミ、
"------"は段落の区切り(…と思う行間)


あれだけあちこち目線が移ると
「内容」「結果」「方針」「目標」が混乱します…。


最後の展望で掲げた

・「哲学(レッズスタイル)」
・「レッズスタイル(本当の意味で強くて魅力あるチーム。人もボールも動き夢のあるフットボール)」

の関係となると、もう何を言いたいのかも…(溜息)


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


全てがそんな感じでどこをとってもツッコミどころ満載なので
いちいちあげつらうまでもないんですが。たとえば…

「開幕にあたっては、チームづくりのベースとなる、一体となって闘う姿勢がチームに作られませんでした。チーム内コミュニケーションが不足し、プレーの連動性も高まる兆しはありませんでした。」

→戦う姿勢が作られなかった、コミュニケーションが不足した、プレーの連動性が高まらなかった理由は?ベースとなる姿勢が作られていればもっとマシだったとでも?

「そのような展望が開けない状況での監督交代はクラブにとっても苦渋の決断でした。」

→展望が開けなかったから監督を交代したのか?

そのほか、「想像力あふれる」とは「創造力あふれる」ではないのか、
など、そもそも推敲すら不十分な文章を
公式に発表する神経がまず理解しがたい。

とはいえ、検証した内容があったとして、
それに相応しい文章のレベルといえばそうなのかも知れない。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

何にせよ、事実の追認だけでは検証とは言えない。
2008年シーズンを終えて、本当に苦しかったと思うのなら、
まずは事実ときちんと向き合わないと…(自戒も込めて)。

というか、クラブのレベルでは、事実の認識すら正しく行われているのか疑わしい。

少なくともあんなものは検証とは言わない。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

あぁ、残業して疲れて帰ってきたのに
読んでいたらあまりに呆れて
次第に腹立たしくなってきた。


ひ、ひどい、ひどすぎる…。

もー、まとまらなくてもエントリーで気持ちを静めるしかないわー。


おやすみなさいー。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2008

鞠戦@埼スタ: 第34節:2008.12.6...1-6

終わってみればシュート2本……。
少ないだろうなぁとは思ったけど。

でもまさか後半20分台に
今年で契約満了する選手をピッチに送り出すとは…。
暢久との交代はまぁそれしかないんだけど。

FWに怪我人が多かったようで
せっかくスタメンだった高崎くんの動きも
セルが交代してからは落ち着いてしまったような印象。

相馬がスタメンでないのも…よくわからないけどね。


今年の迷走ぶりを象徴していると言えばそれまでなのか…。

でも時間の経過とともに
全体的に走り負けていたしね。

色々な媒体で見聞きしていたことですが
やっぱり浦和の練習はちょっと短いみたいですね…。
(下に書いたレッズバーでもそんな話題が出ていたし。)

オジェックの時は二部練とかもしていたように記憶しているんだけど。
…どこかで緩んでしまったのかな。

せっかくいろいろなチームから選手が移籍してきているんだし
自分たちの劣っているところがあるなら
どこかで修正できればいいのにね。


…なんてことをつらつら思っています。


試合そのものは2008年の1/34としても不完全燃焼この上なかったですが…。

081206ceremony

試合後のセレモニーでは
思わず言葉に詰まるうっちーの大写しの顔に泣き
浮かび上がる30と19のビジュアルに心ふるわせ
北ゴール裏前に整列する選手達へのWe Are REDSコールに泣き
送別歌としてのWe are Diamondsにまた泣いて声が出なかった。

0812063019


選手達が退場し、いつものシーズン終了後の映像を見て。
そして今年掲げられた、あるいは今日初めて掲げられた断幕の数々を横目で見つつ
しばらくして席を立って「寒いなぁ」と思いながら
珍しくアフターゲーム・レッズバーなるものに
吸い寄せられるようにふらふらと立ち寄ってみれば…
水内さん・阿部ちゃん・ロボの3ショット。

時折冗談とも本気ともつかない言葉に
大笑いしたり大きくうなずいたりして。

そして思わせぶりな司会者(ラジオのパーソナリティ?)の予告は
果たして現実のものとなり
スペシャルゲストが岡野とうっちー!

寒い中待っていた甲斐があった…。

さすがにもう涙はなく
それでも寂しさを反芻しながら
ふたりの姿を眺めていました。

あの場に立ち会えて幸運でした。


2人のベテランを送り出すというセレモニーを通して
一つの時代が終わろうとしているのを見届けた感があります。


うむ。


今日の浦和の街は飲食店の予約が難しかったみたいで
おそらくシーズンの終了と総括で
楽しく、あるいは悔しさを共有しながら
仲間と過ごしている人が多かったのでしょう。

一方わたしは仲間と駅で別れてからは
ひとりでふらふらし、ご飯を食べてました。


そしてわたしを元気にしてくれるであろう人から連絡ももらって
会いに行くという手もあったんだけど
今日はそのままひとりで過ごすことにすると返事しました。

とても苦しくてもどかしいシーズンが終わった今、
そうすることが自分の気持ちにあっている気がして。


今日はちょっとだけ落ち込むことにするけれど
また明日から来季に向けて
いろいろ少しずつ準備を始めていくんだろうなぁ。

そう思える一つの理由はひょっとしたら
夕食を食べながら読んでいたMDPの小齋さんのコラムで
すでに再び動き始める何かを(根拠もないのにw)
期待できているからかもなぁと思ってます。

言葉に力というか命がある文章に救われたのか
単に触発されたのか、やぱりエントリーとしてまとめておこう、と思い
何より自分で言葉を紡ぐと少し心が落ち着くな、と思う。いつものことながら。

スタジアムでは久しぶりに目から汗が出すぎて
まだしゅぱしゅぱするけれど…

何はともあれ、2008年シーズン、お疲れ様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

関西遠征ラスト2008

081130obanzai

試合の翌日はブランチをおばんざいで済ませ(画像は食べたもの…の一部w)
かねて行ってみたいなぁと思っていた場所に行ってきました。

それはススキが美しいという曽爾高原

081130soni1

幸い良い天気で(ベンチコート無しではいられないくらい寒かったけど!)
ちょっと山にも登ってみたりして。

081130soni2

残念ながら見頃は過ぎていたみたいですが
角度を変えてあちこちから眺められる一面の薄野は美しかったです。


ススキを見たあとは近くの温泉へ。

081130spa

これがまたとても良いお湯でv
露天はちょっと塩素臭が気になりましたが
暮れなずむ景色は美しく寒いくらいの風が入浴には心地よかった…
内湯の源泉風呂が塩素控えめだったようなので
ぬるぬるとした泉質はそちらで楽しみました。

また来たいなぁ…。

そうそう、休日の入浴料が大人700円のところ
回数券を譲ってくれる人があり500円で入れました。
(つか「買ってくれへん?」と声をかけてくれた神な大阪のおばちゃんに感謝)

081130noodle

そのあとは奈良で寄り道をして
うどんを食し…

京都の夜景スポット(写真なし)にふらっと立ち寄ったあと
帰りの夜行バスまでの時間を狙って
昨日入り損ねたお寺を再訪しました。

比較的夜遅くまでやっているライトアップのお寺ということで
それが高台寺なんですが…。

50人以上が2年かけて作ったという
日本刺繍の展示「源氏物語五十四帖展」もそれは美しかったのですが…

081130kodaiji

何より心を奪われたのは
臥龍池のまわりにある紅葉が水面に映り込む光景…。

081130kodaiji2

そこに谷が見えるような錯覚…。
その怖いくらいの美しさはとても写真では伝わりません。

昨日見た紅葉が足元にも及ばなかった…。

081130bamboo

また、竹林も美しかったです。

満喫満喫♪

この上なく気持ちよい温泉も入ったし
美味しいうどんも食べたし
紅葉の美しさに魂抜かれつつもw
元気いっぱいで東京に帰れました。

…まぁ試合結果に一喜一憂してもしょうがなくて
いつも気持ちは元気で前向きなんだけどね♪


紅葉の美しい時期に関西の遠征があってラッキーだったなと思う。
また来年も上手くオプションを見つけ
楽しみながら遠征したいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2008

G大阪戦@万博: 第33節: 2008.11.29...0-1

今日こそ、と思いながら足を運んだけれど
あまりに低レベルなゲームに落胆しました。
あれではサッカー興行として成り立たないだろう…。

サポとしては常にチームの勝利を信じていたい。
こんな状態でもKick Offまでそれなりに期待を高めるものの
あちこちバラバラな状態は変わらなくて…。


勝利の歌も久しく歌えないけれど
Pride of Urawaだって歌っていない…。


ガンバ戦なら…と期待した永井も
結局アップしているだけで終わりました…。

監督にしてみれば彼は
ゴール前のクオリティとか、決める選手
ではないみたいだけど…

でも交代枠を2つも残すって…ありなんだろうか。

かように情けない浦和も浦和だけど
ガンバもよっぽどACLで魂を抜かれたのか
ボロボロも良いトコ。
(ガンバが3試合で10失点って
去年のうちよりも酷いと想像はしていたけれど
それが納得のチーム状態…。)

両チームして今年のホーム(埼スタ)で見せてくれた、
あの緊張感のかけらも残っていなかった…。


監督も違約金?であと1年間暮らせたところで
他クラブから監督のオファー」なんて…呑気だわ…。
そのあとの監督人生はあるのかしらね…。

今与えられた仕事で前途が無くなったら博打ばかり、
もう少し何かしようという気概も見せられなかった人、
こんな状態で「内容的には全然大丈夫」なんて言えちゃう神経の人に
わたしなら大事なチームを任せようなんて気にはならないけど。

あまりスポーツ紙の記事の言葉尻をとらえてもしようがないだけど
闘莉王の「皆のことを分かってる」って
小学生の「みんな持ってるから買って!」というお強請りじゃあるまいし。

…40人のクラスでせいぜい3人程度の「みんな」ね。

現監督下の闘莉王はわたしにとって<無し>なんだけど、
でも力のある選手だと思うからこそ
身体を大事にして欲しいのに
あげく膝の手術だなんて…
気持ちの使い方を間違えているよ(;;)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

残り1試合になりました。
試合後、どういう顔で出迎えれば良いんだろう。

ましてや今年生まれた2世ちゃん達がたくさんいて
一緒にお父さんと場内一周するだろうに。

まさか来年のACLがほぼなくなってホッとしている自分がいるとは…
シーズンはじめには思ってなかった。
今の状態ではACLなんてとてもとても。

もちろんチームはまだあるのだから
またひとつひとつ石を積み上げるだけなのだろうけど
浦和のために戦ってくれる選手が残ってくれるだろうか、
心配はつきません。

081129camera

試合前、メインスタンド側に集まるカメラ群…
噂の監督でも捉えていたのか…。

081129lecture

クラブ主導?によるビジュアル…。
試合前にあげる色を指示する、
わざわざDJが案内するってある意味新鮮…。

081129visual

結果はこんな感じで。

081129cwc

試合前、CWCのチケットが売っていました…。
そんなに簡単に買えるものだったっけ…。

ここのところ試合後に恒例となっている癒しの旅は
京都で紅葉、奈良で温泉他…でした。

特に京都の紅葉には癒されました。

081129momiji


…これはジャブみたいなもので。
境内の紅葉はそんなレベルじゃなかったです。

それについてはまた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »