« 行く人・来る人・年の暮れ | Main | 2009年シーズン、いよいよ »

January 08, 2009

永井移籍

永井の清水への移籍が公式に発表されました。


長谷川健太のいる清水…というのがわたしとしては正直微妙な感じですが。


でもそこそこ活躍できるプロサッカー選手の人生が10年として…
サラリーマン人生が40年として…
ドッグイヤーならぬサッカーイヤーが
勤め人のざっくり1/4くらいかなぁ…なんてことを
自分に当てはめ、思いを寄せてみると…。

わたしなら自分の人生の向こう8年を、
信頼できない上司の元では働きたくないなぁ…と
おぼろげながら思ったりします。

残るリスクと出るリスク、それを天秤にかけて
永井の場合は少なくとも2006年が終わったときに
「出ない」という選択をしたと聞き及び…。

でも2007年は少なくともオジェックの元で
それなりに幸せな時間を過ごしていたのではないだろうか。

それが2008年シーズン開始間もないオジェック解任で
残りの半分近くを棒に振ったわけで。

思えばあのような形でオジェックを切った時点で
もう気持ちは離れていたのではないだろうか。

諸々を思えば、残るという選択はなかっただろうなぁと思う。

あるいは永井がその身をもって何かを訴えようとしたのかも…
というのは考えすぎかぁ…。

最早同僚がどうの、サポがどうの、という段階も超えていたのかもしれない…。

でも…。

でも、こうなる前に何かできなかったのか…とも思うのです。

二度と永井のように「このような形」で去る選手を見なくて済むように。

////////////////////////////////////

2003年のナビスコ杯決勝は不本意な形での交代出場だったのか、
表彰台までの階段を不満そうな表情で登っていた。

2004年のステージ優勝では一転、
サポから送られた王冠やらシャンパンやらを
手に持って喜んでいる姿があって。

2005年は横浜で見たゴールが忘れられない。

2006年はあなたの決勝点でガンバを下し、
天皇杯を再び手にすることができた。
ガンバ戦での勝負強さ、本当に頼りになった。

2007年、シドニーで目にした同点弾、
あれは決勝トーナメントへの扉を開けてくれた1点だと信じている。
終わってみればMVPまで手にしていて。
CWCなんて夢まで見せてくれた。

曽ヶ端を置き去り、
無人のゴールに決めたシュート、
2008年シーズンで目にした数少ない僥倖の1つでした。


思い通りのプレーができず
シュートを外し天を仰ぐ姿を目にしては
いらいらさせられた時期もあったけれど
永井がくれた数々のゴール、
そして歓喜の瞬間に立ち会えるのが喜びでした。

これまで本当にどうもありがとう…。

「人は岐路に立たされたとき、必ず最善の道を選んでいるもの」
という友の言葉で、わたしは自分の選択を後悔するということが減りました。

あなたの選択があなたの人生に吉と出ますように。

そして願わくばもう一度、
浦和で一緒に戦える日が来ますように。


////////////////////////////////////

「ながい」と打って変換すると
つい「永井」となってしまう、
そんなパソコンに何台も仕込んできましたが
これからは少しずつ「長い」と変換するようになっていくんだろうな。

////////////////////////////////////

最後になりましたが、明けましておめでとうございます。
今年もマイペースで言葉を紡いでいければと思っております。

|

« 行く人・来る人・年の暮れ | Main | 2009年シーズン、いよいよ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 永井移籍:

« 行く人・来る人・年の暮れ | Main | 2009年シーズン、いよいよ »