« 大宮戦@埼スタ(H): 第16節: 2010.7.31 | Main | ドイツ国旗、ただいま増産中&さしあげます »

November 30, 2010

フィンケ監督退任の報に寄せて

フィンケ監督のもとでのサッカーは今年で終わることが
浦和の公式サイトから発表されました。

発表の内容には来季の具体的な構想も含め
わたしが知りたい情報は一切含まれておらず
また契約更新の意志がないことを告げたのは
クラブ側だったのか、フィンケさん側だったのかすらもわからない状態ですが…。

きっと良い方向にクラブが向かっている、
3年目が勝負の年になるだろうと勝手に思い込んでいたこともありますが
今日のクラブからの公式発表の一言一句に心底落胆させられました。

現在の成績・結果は芳しからずとも、
最近ピッチに立つ選手たちは前を向いてサッカーをしているように見えただけに
来年もこのメンバーで紡ぎ出すサッカーが見られないと思うと
とにかくやるせない気持ちでいっぱいです。

-------------------------------------

振り返れば2003年の最終節、オフト監督の2年間が終わりを告げました。
その頃のわたしはまだ今ほどには浦和への思い入れもなく
あまり偉そうなこともいえませんが、
今思えばそこでの監督交代は賢明ではなかったと考えています。

もちろん後任のギドのもとで2004年2ndシーズンの高揚、
そしてタイトル奪取が見られたこと、
それらの幸福感自体は替えがたいものでもありました。

かつての貯金を目減りさせていたのだとしても
タイトルに恵まれた日々はこの上なく甘美で、至福の時でした。

あるいは2004年にギドが来ていなければ
2005年のトミーやロビーとの縁はなかったかもしれない。

それら一つ一つを思うと2003年→2004年の監督交代を含め
当時の犬飼社長が明確で強い意志を持って浦和にやってきておこなった、
強引ともいえる様々な改革を全否定することもできない自分がいます。

クラブ発足から十数年の歴史の中では
まだまだ経験も足りなかったと思うこともできるでしょうし、
そもそも不可逆な時の流れの中では
その時々で考え得るベストの選択をしていたのだと
そう考えるしかないと思っています。


何にせよ2008年以降、かつてオフト監督の築いた貯金が底をついたということも大きいのでしょう、
タイトルとは無縁で混迷の時期に突入、
2008年にも今感じているような虚しさを何度か感じ、
何人かの選手との別れも経て。

そして…2009年のフィンケさんとの出会いがあって。

最初は疑心暗鬼、なかなか目に見えた成果も感じられなかった。
その間にも代表クラスの選手が少しずつ減り、
タイトルからは遠ざかり、順位も下降線を辿ってはいたけれど
それでも今度こそ浦和に確固たる土台を築くために動いているものと期待し、
その覚醒の時を楽しみに、これまでと変わらずに、ホームもアウェイもスタジアムに通って。

今年のアウェイ名古屋戦、結果負けはしたけれども、
この試合の後から何となくそれまでと違う空気を選手から感じたわけで…

そしてようやく最近になって選手の中で同じような絵を描けるようになったか?
(少なくとも頭の中では…)と実体を伴いつつ感じ始めたところだった…それなのに!


「こうなる前にサポとして何かが出来たのではないか」
と今でも思えるのならまだよかったのですが
「サポが何をしても変えられないところで全てが決まっている」と思わざるを得ない、
今日それを突きつけられた感じです。


歴史をやり直すことはできなくても
歴史から学ぶことはできる。

ましてそこは自分たちがいつか通ってきた道じゃなかったのか。

---------------------------

契約は相手があることで
どちらが一方的に悪いと、簡単に白黒つけられるものでもないだろうけれど、
わたしの中ではクラブへの不信感がこれまで以上に高まっています。

エルゴラの古屋氏の記事で伝えられた、
フィンケ監督を追い出すために躍起になった人間達が何を目指しているのか、
正体の見えない「関係者」なるものが
どこに向かおうとしているのか…正直わたしには全く理解不能で。

その人達は最近わたしが目にしたものを見て何も感じなかったのか…。
あるいは別のものを感じているのか…感じようとしないのか。

内容の是非はともかく、
たとえば犬飼さんの時には感じられた意志、ビジョンのようなもの、
今どんな形であれ、クラブの中でその関係者は持っているのですか?

夢物語でも、理論に破綻があっても、例えウソでもいいから
「関係者」のそれを教えて欲しい。

イソップ寓話のガチョウと黄金の卵を思い出しながら
ただひたすら虚しく溜息ばかりが出ます。

---------------------------

最後に…

こういう事態になっても
来年のシーズンが始まればまた試合には足を運び、
浦和の選手達を見守りたいという気持ちに変わりありません。

ただしわたしはわたし自身の考えに基づき、
来年の参戦方法を少し変えるつもりで思いを巡らせているところです。


それとは別に、まずは最終節でフィンケ監督への賛同の意思表示するために
仲間の力も借りながら動き出すことにしました。

フィンケ監督絶対主義・無条件礼賛とまではいかないけれど、何かせずにはいられない。
今回の退任を無念に思っていることだけは伝えたいと思って…。

|

« 大宮戦@埼スタ(H): 第16節: 2010.7.31 | Main | ドイツ国旗、ただいま増産中&さしあげます »

Comments

★gogonohiさま

こんにちは。
書き込みをありがとうございます。
レスが遅くなってすみません。

彼のサッカーがどういう花を咲かせようとしていたのか、
まだつぼみにもなっていなかったのかもしれませんが、
今回のお別れは本当に残念です。

声の大きなサポに惑わされたのか、よくわかりませんが
せめて彼への気持ちを伝えたいと思います。

Posted by: Samemoon! | December 04, 2010 11:38

いつもブログ拝読させていただいております。
フィンケ監督退任についてのご意見にばかりです。
自分のもやもやし気持ちを整理して頂けた
気分です。
最終節、彼のサッカーが大好きだったサポが
いる事をなんとかお伝えしたいです…。

Posted by: gogonohi | December 03, 2010 08:26

★Star*Redさま

おはようございます。
レスをありがとうございます。
お!国旗仲間ですね♪
どこかで感じあいましょう、よろしくお願いします。

ロビーさんのセレモニー、やるんですか(一時的に情報に疎い…)。
もちろんそのこと自体に何の異存もないですがねぇ。
いろいろ素直に受け取れなくなってしまいます…。

なお国旗製作はただいま仲間が頑張ってくれています。
ただ、今回賛同した仲間の人数以上に作っちゃうので(笑)
ただいま知り合いにも呼びかけ中です。

その他にも同じ思いの方に使っていただきたいなと思っていますので
あとでエントリーあげようかと…。

Posted by: Samemoon! | December 02, 2010 09:57

こんにちは

私も、フィンケさんにせめて感謝の気持ちを伝えたいと考えていた時、ツィッターでドイツ国旗を用意したと見たので、真似をして準備しています。既製品ですが。
できるだけたくさんの国旗が翻るといいですね。

それにしても・・ポンテのセレモニーのことを聞いても、クラブへの批判を逸らそうとしているのではと思えて・・・。もちろんポンテさんにはいくら感謝してもしきれないので、ホームスタジアムで見送れるのはいいことなのですが。 

Posted by: Star*Red | December 01, 2010 16:16

★kabasannさま

こんばんは。
書き込みをありがとうございます。

今回のことを見るにつけ
きっと短いスパンでこのようなことが繰り返されるのだろうな…
そう思うと溜息が出てきます。
そうして一時的に何かで盛り上がっても
長期的には体力もなくなり、漸減傾向になるのでしょうか。

観客数確保が至上命令だったのか、
目標の順位不達成=監督交代という重要な数値目標だったのか…
クラブのどこかに黒幕がいるのかor明確にはいないのか、
彼らの意図・意向等が全く見えてこないことも
わたしの中で虚しさが増長する一因です。

マスコミ云々以上に、
クラブに一企業としての体すらなしていないことは薄々感じていましたが…
今回の件で垣間見えたいろいろがお寒い限り…。
(心あるスポンサーの方々は何も言わないのでしょうか…それとも…?)

Posted by: Samemoon! | November 30, 2010 23:58

★高橋ちよみさま

こんばんは。
書き込みをありがとうございます。
一晩経って、そしてともかく何か年内に動こうという気持ちに転化させたことで
心の持ちようは少し落ち着きましたが
残念な思いでいることに変わりはありません。

動き出しの具体的な内容ですが、
わたしは「ドイツ国旗を作って掲げる」という方法をとることにしました。

わたし自身が週中を忙しく過ごすこともあり
この後の行程は裁縫が得意な仲間に託すべく
今日ドイツ国旗用の3色の布を大人買いしてきました
(単純計算でも数十枚出来そうな感じです…^o^;)。

当日の配布はまた別の仲間と手分けをし、
共感してもらえた仲間たちと最終節、天皇杯と
旗を共有できたらいいなぁと考えています。
(わたし自身はもう年内の天皇杯に行かれないので
残りを仲間に託したいという勝手な思いもあり…)

私たちのささやかな行動に共感された方は同じようにしていただけたら心強いですが
すでに断幕やゲーフラを作っている仲間もいるでしょうし、
幸い最終節までまだ数日あるので
とにかく今回の一件を残念に思っているサポーターが
各自の思いをスタジアムで目に見える形にすることで、
コーチ陣に何かを伝えられたらいいのではないかなぁと思っています。

Posted by: Samemoon! | November 30, 2010 23:24

無念。
そしてクラブは無責任。
数年に一回こういうことを繰り返すクラブだってことでしょうか。

Posted by: kabasann | November 30, 2010 10:57

私も、フィンケ監督をはじめコーチ陣に、この無念さを伝えたい。私たちの多くが、彼らを信じ、3年目に期待していたことを知らせたいと思っていました。
ここ数日、解任のことを考えると涙がでてくるほとです。
「仲間の力も借りながら動き出す」ことに、可能ならば私も参加したいです。

Posted by: 高橋ちよみ | November 30, 2010 10:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フィンケ監督退任の報に寄せて:

« 大宮戦@埼スタ(H): 第16節: 2010.7.31 | Main | ドイツ国旗、ただいま増産中&さしあげます »